会員登録はこちら

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜菊花賞2017〜

第78回 菊花賞 G1

2017年10月22日()京都11R 芝3000m 18頭

天候:
馬場:不良
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 7 13 96.5 キセキ 牡3 57.0 M.デムー 角居勝彦 栗東 488(+2) 4.5 1 3.18.9
2 2 4 94.5 クリンチャー 牡3 57.0 藤岡佑介 宮本博 栗東 482(-8) 30.9 10 3.19.2
3 7 14 95.3 ポポカテペトル 牡3 57.0 和田竜二 友道康夫 栗東 478(-4) 44.2 13 3.19.2 ハナ
4 3 6 91.6 マイネルヴンシュ 牡3 57.0 柴田大知 水野貴広 美浦 458(+6) 31.5 11 3.19.5 1 1/2
5 7 15 96.3 ダンビュライト 牡3 57.0 武豊 音無秀孝 栗東 478(-2) 8.3 4 3.19.7
6 6 12 96.7 ミッキースワロー 牡3 57.0 横山典弘 菊沢隆徳 美浦 480(-2) 5.2 3 3.19.7 ハナ
7 8 16 98.4 アルアイン 牡3 57.0 C.ルメー 池江泰寿 栗東 520(-6) 4.9 2 3.19.7 ハナ
8 5 9 90.7 クリノヤマトノオー 牡3 57.0 幸英明 高橋義忠 栗東 452(+4) 69.6 16 3.20.3 3 1/2
9 8 17 94.8 プラチナヴォイス 牡3 57.0 田辺裕信 鮫島一歩 栗東 518(+8) 96.7 18 3.20.6
10 6 11 95.7 サトノクロニクル 牡3 57.0 福永祐一 池江泰寿 栗東 464(+2) 14.7 6 3.20.8 3/4
11 4 8 95.8 サトノアーサー 牡3 57.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 482(+2) 14.0 5 3.20.9 3/4
12 1 1 87.7 ブレスジャーニー 牡3 57.0 柴田善臣 佐々木晶 栗東 462(+14) 33.3 12 3.21.0 1/2
13 5 10 95.1 ベストアプローチ 牡3 57.0 岩田康誠 藤原英昭 栗東 482(-2) 17.6 9 3.21.8
14 2 3 92.3 スティッフェリオ 牡3 57.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 442(+4) 51.1 14 3.22.5
15 3 5 91.6 トリコロールブルー 牡3 57.0 戸崎圭太 友道康夫 栗東 494(-12) 15.7 8 3.23.6
16 1 2 92.3 ウインガナドル 牡3 57.0 津村明秀 上原博之 美浦 460(+2) 14.7 7 3.24.0 2 1/2
17 4 7 89.9 アダムバローズ 牡3 57.0 池添謙一 角田晃一 栗東 512(+4) 95.4 17 3.24.3 1 3/4
18 8 18 94.7 マイスタイル 牡3 57.0 四位洋文 昆貢 栗東 460(-2) 68.3 15 3.30.0 大差
ラップタイム 13.2-12.6-12.0-13.1-13.2-13.5-14.5-14.3-13.5-13.0-13.1-12.9-13.4-12.7-13.9
前半 13.2-25.8-37.8-50.9-64.1
後半 66.0-52.9-40.0-26.6-13.9

■払戻金

単勝 13 450円 1番人気
複勝 13 210円 1番人気
4 770円 11番人気
14 1,110円 14番人気
枠連 2-7 3,070円 15番人気
馬連 4-13 10,660円 34番人気
ワイド 4-13 3,730円 43番人気
13-14 4,940円 54番人気
4-14 12,360円 98番人気
馬単 13-4 15,890円 57番人気
3連複 4-13-14 136,350円 319番人気
3連単 13-4-14 559,700円 1,385番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

菊花賞関連記事

キセキ、菊花賞V一夜明け清山助手「筋肉疲労だけ」
 菊花賞でGI初制覇を飾ったキセキ(栗・角居、牡3)は一夜明けた23日、栗東トレセンの自厩舎の馬房でレース前とほとんど変わらない様子を見せていた。「落ち着いていますね。激しい競馬をしたのかなと思うくらい。筋肉疲労はありますが、それだけで済んでいることに感謝ですね」と担当の清山助手が目を細める。 キャリアが浅く、今後の伸びしろは十分に見込め、次走は未定ながらも期待が高まる。「まだ良くなる素材ですし、(菊花賞勝ちで)これからの責任がありますね」と同助手は気を引き締めていた。★22日京都11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら
2017年10月24日(火) 05:00

 1,257

【天皇賞・秋】レース展望
 今週の東京日曜メインは天皇賞・秋(29日、GI、芝2000メートル)。出走予定の18頭中、GI馬8頭を含む16頭が重賞ウイナーで、秋の古馬中距離チャンピオンを決めるにふさわしい豪華メンバーが集結した。先週の菊花賞は雨に煙る不良馬場で行われたが、週間予報では府中の杜の古馬最高峰レースは澄み切った秋空の下、良馬場で行われる可能性が高い。 最大の注目は、史上5頭目となる同一年の天皇賞春秋連覇を狙うキタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡5歳)。20日に年内いっぱいでの引退、種牡馬入りが発表された。春はGIに昇格した大阪杯をV、続く天皇賞・春を3分12秒5のレコードで制して連覇を決め、GI・5勝目をマーク。前走の宝塚記念では9着に敗れたが、体調管理が難しい梅雨どきの競馬で、激戦だった天皇賞・春の反動が出たものとみられる。 9月16日に栗東トレーニングセンターに帰厩し、1週前追い切りは栗東CWコースで6ハロン80秒9、3ハロン38秒9、ラスト1ハロン12秒9の好時計で、僚馬に半馬身先着と活気あふれる動きを見せた。「秋初戦ですが、ここが叩き台という気持ちは全くありません。調教をやるごとに良くなってきていますね。馬体の張り、つやが変わってきています」と清水久詞調教師は仕上がりの良さに目を細める。名誉挽回に向け、調整はすこぶる順調。再び強いキタサンブラックの姿が見られそうだ。なお、天皇賞・秋の後は昨年同様、ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)→有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)の2戦が予定されている。また、コンビを組む武豊騎手は、勝てば2008年のウオッカ以来9年ぶり6度目の天皇賞・秋制覇だ。 昨年の香港ヴァーズでGI初勝利を挙げたサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)は、前走の宝塚記念で並み居る強豪を撃破。国内GI初制覇を果たした。天皇賞・秋は3年連続の参戦だが、過去2年は17着→14着といずれも大敗。一方で東京では新馬戦→東京スポーツ杯2歳Sと2勝をマークしており、コース適性は示している。「いつもの休み明けに比べるとトモ(後肢)の状態がいいし、一昨年、昨年は思うような結果が出ていませんが、この距離は守備範囲」と森一誠調教助手。GI・2勝を積み上げ、勢いは過去2年と違う。スプリンターズSのレッドファルクス、菊花賞のキセキと秋GI・2勝のミルコ・デムーロ騎手とのコンビは頼もしい限り。三度目の正直で盾取りなるか−。 昨年2着のリアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)は、国内GI初制覇に挑む。前走の毎日王冠で、GI初勝利を飾った昨年のドバイターフ以来1年6カ月ぶりのV。調整が難しいドバイ遠征(出走回避)からの帰国初戦で好結果を出した。昨年は5カ月ぶりの実戦で、上がり3ハロン最速タイの33秒5の末脚を繰り出し、勝ったモーリスから0秒2差。臨戦過程は昨年以上だ。キタサンブラック、サトノクラウンとは同世代。ここで一矢報いる可能性は十分にある。フランスの若き天才ヴァンサン・シュミノー騎手との初コンビも魅力だ。 ソウルスターリング(美浦・藤沢和雄厩舎、牝3歳)は年長馬との初対戦だった前走の毎日王冠で8着に敗れたが、4カ月の休み明けでやや気負う面が見られたことと、デビュー以来初めて逃げる形になったことが影響したものだろう。実戦を1度使われたことで、精神面の落ち着きを取り戻し、中間の気配は間違いなく前走以上。先週まで147勝でリーディングトップに立つクリストフ・ルメール騎手の手綱さばきで、3歳牝馬初となる天皇賞・秋制覇の期待がかかる。 一昨年2着、昨年3着のステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、大阪杯で勝ったキタサンブラックに0秒1差まで迫る2着を含め、今年4戦はいずれも勝ち馬とは小差。自在性と器用さが増し、どんな状況下でも上位争いを演じる堅実さを見せている。前走の産経賞オールカマーは2着だったが、最内を通った勝ち馬ルージュバックとはコース取りの差が出ただけで、力負けではない。元来が叩き良化型で、休み明け2戦目は【2・3・1・1】の良績。今年も勝ち負けに加わることは必至だ。 前述のリアルスティールと同じ決め手鋭いディープインパクト産駒で、毎日王冠の2、3着馬にもVの可能性は十分ある。2着のサトノアラジン(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)はデビュー25戦目だった2走前の安田記念でGI初勝利を挙げ、6歳にしてなお成長を見せている。全姉ラキシスが芝2200メートルのエリザベス女王杯を勝っており、前走から距離が200メートル延びるのも問題はない。毎日王冠では上がり3ハロン最速タイの32秒6の鬼脚を披露。直線での切れ味比べならまとめて差し切っても不思議はない。 毎日王冠3着のグレーターロンドン(美浦・大竹正博厩舎、牡5歳)は、安田記念に続いてサトノアラジンに先着を許したが、サトノアラジンと並ぶ上がり最速タイをマークしている。過去に蹄葉炎を患うなど脚元に不安を抱えており、これまで9戦とキャリアは浅いが、持っている能力は間違いなくGIレベル。先週の菊花賞では同じ下河辺牧場の生産馬で、近親にあたるキセキが優勝しており、いい流れがきている。 キセキと同じ角居勝彦厩舎所属で日経賞優勝馬シャケトラ(牡4歳)は、今週から短期免許で騎乗するクリスチャン・デムーロ騎手と新コンビを組む。宝塚記念でも見せ場を作っているように、底力はGI級。フランスでトップジョッキーの仲間入りをしたホープの騎乗が興味深い。 他では、香港GIクイーンエリザベス2世Cを勝っているネオリアリズム(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)、昨年のダービー馬で前走の毎日王冠6着を叩かれ、良化確実のマカヒキ(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)、札幌記念の覇者で伯父に1995年の勝ち馬サクラチトセオーがいるサクラアンプルール(美浦・金成貴史厩舎、牡6歳)、芝2000メートルで重賞4勝、大阪杯でも3着に好走したヤマカツエース(栗東・池添兼雄厩舎、牡5歳)などが争覇圏内をうかがう。★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月23日(月) 19:08

 9,787

【甘辛戦記】牡馬3冠完全制覇!ミルコ悲願の大輪
 秋華賞でルメール騎手の手綱さばきを絶賛した余韻も覚めないうちに、菊花賞はデムーロ騎手が、スプリンターズS(レッドファルクス)に続く今秋2つ目のGI制覇。「ヨーロッパでも経験したことがないような馬場」で、重賞未勝利のキセキを勝たせてしまった。しかも9、10Rに続く特別3連勝と完璧な流れだった。 「能力が高いので自信はあったけど、(道悪で)大変だったよ。テンションが高く、3000メートルは得意じゃないので、折り合い面と馬の気持ちを大事にね。ノリさん(ミッキースワロー)の後ろで、直線に向いたときには勝てる自信があった」 雨が降ろうが槍が降ろうがミルコのパフォーマンスには関係ない。「こんな雨の日でも勝てるコツ!? それは秘密」と茶目っ気たっぷりながら、悪条件下だからこそどう勝とうかと楽しんでいるようにも見える。 待望の大輪。皐月賞(03年ネオユニヴァース、04年ダイワメジャー、13年ロゴタイプ、15年ドゥラメンテ)を4勝、ダービー(03年ネオユニヴァース、15年ドゥラメンテ)を2勝していたが、牡馬3冠の最終戦だけは勲章がなかった。 「今年初めてのクラシックだし、3冠をすべて勝ててとてもうれしい。京都の3000メートルを超すGIはなかなか勝てていなかったし」 菊花賞にしろ、3200メートルの春の天皇賞にしろ、世界の流れからすれば歓迎される距離ではないが、記者のようなオヤジ世代にはこの2レースを愛するファンが多い。その辺もくすぐるミルコはもう“日本人”。 秋のGIはミルコ→ルメール→ミルコ。今週の天皇賞からこの“2強”に、トップレベルの日本人ジョッキー、はたまた世界の名手たちがどう挑むのか。切磋琢磨がレースの質を上げることは間違いないし、シビれるような手綱さばき&勝負を期待したい。 (夕刊フジ・水谷圭助)★22日京都11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら
2017年10月23日(月) 11:31

 1,059

【次は買い】菊花賞4着マイネルヴンシュ
★菊花賞・11番人気4着 《レース》じっくりと後方から。上位3頭の態勢が決まってからともいえるが、キセキに次ぐ末脚でゴール寸前ダンビュライトを抜いた。 《次走ポイント》「ハミを取らなかったけど、スタミナがあるね。最後までしっかり伸びてくれた」と柴田大騎手。ステイゴールド×コマンダーインチーフの配合はなかなかの渋さで、貴重なバイプレイヤーともなれそう。1000万下を勝ち上がった直後のGIでの掲示板だけに価値は高く、準OPはすぐに勝てる。(夕刊フジ)★22日京都11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら
2017年10月23日(月) 11:30

 1,041

菊花賞のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る