会員登録はこちら
東京優駿(日本ダービー) G1   2017年5月28日() 15:40 東京/芝2400m

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜東京優駿(日本ダービー)2017〜

第84回 東京優駿(日本ダービー) G1

2017年5月28日()東京10R 芝2400m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 6 12 95.3 レイデオロ 牡3 57.0 C.ルメー 藤沢和雄 美浦 480(-4) 5.3 2 2.26.9
2 2 4 93.8 スワーヴリチャード 牡3 57.0 四位洋文 庄野靖志 栗東 492(-12) 5.9 3 2.27.0 3/4
3 8 18 97.0 アドミラブル 牡3 57.0 M.デムー 音無秀孝 栗東 514(+4) 3.4 1 2.27.2 1 1/4
4 2 3 90.3 マイスタイル 牡3 57.0 横山典弘 昆貢 栗東 462(+10) 188.8 14 2.27.2 クビ
5 4 7 95.7 アルアイン 牡3 57.0 松山弘平 池江泰寿 栗東 516(-2) 6.3 4 2.27.2 ハナ
6 1 1 95.2 ダンビュライト 牡3 57.0 武豊 音無秀孝 栗東 464(-2) 14.5 7 2.27.3 1/2
7 6 11 96.2 ペルシアンナイト 牡3 57.0 戸崎圭太 池江泰寿 栗東 478(-2) 11.9 6 2.27.4 1/2
8 4 8 92.3 トラスト 牡3 57.0 丹内祐次 中村均 栗東 472(0) 219.1 16 2.27.5 3/4
9 5 10 94.9 ベストアプローチ 牡3 57.0 岩田康誠 藤原英昭 栗東 474(+6) 61.2 11 2.27.6 1/2
10 3 6 92.0 サトノアーサー 牡3 57.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 466(-6) 8.0 5 2.27.6 クビ
11 7 13 93.3 カデナ 牡3 57.0 福永祐一 中竹和也 栗東 454(+2) 17.1 8 2.27.7 クビ
12 8 16 88.8 キョウヘイ 牡3 57.0 高倉稜 宮本博 栗東 424(0) 200.2 15 2.27.8 3/4
13 3 5 92.4 クリンチャー 牡3 57.0 藤岡佑介 宮本博 栗東 472(-4) 30.2 9 2.28.1
14 7 15 94.1 ダイワキャグニー 牡3 57.0 北村宏司 菊沢隆徳 美浦 484(-2) 40.9 10 2.28.1 ハナ
15 8 17 92.6 ウインブライト 牡3 57.0 松岡正海 畠山吉宏 美浦 472(+6) 133.6 12 2.28.4 1 3/4
16 5 9 87.1 マイネルスフェーン 牡3 57.0 柴田大知 手塚貴久 美浦 450(+4) 289.8 17 2.28.5 1/2
17 1 2 88.5 アメリカズカップ 牡3 57.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 448(+2) 187.6 13 2.28.5 クビ
18 7 14 91.1 ジョーストリクトリ 牡3 57.0 内田博幸 清水久詞 栗東 500(+10) 335.6 18 2.28.9 2 1/2
ラップタイム 13.0-11.2-12.9-12.8-13.3-12.5-12.1-12.6-12.7-11.5-10.9-11.4
前半 13.0-24.2-37.1-49.9-63.2
後半 59.1-46.5-33.8-22.3-11.4

■払戻金

単勝 12 530円 2番人気
複勝 12 180円 2番人気
4 200円 3番人気
18 150円 1番人気
枠連 2-6 1,180円 3番人気
馬連 4-12 1,620円 4番人気
ワイド 4-12 650円 4番人気
12-18 470円 1番人気
4-18 490円 2番人気
馬単 12-4 2,860円 7番人気
3連複 4-12-18 2,220円 1番人気
3連単 12-4-18 11,870円 8番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

東京優駿関連記事

【安田記念】レース展望
 5月7日のNHKマイルCから東京で5週連続開催の春のGIは、今週の安田記念(6月4日、芝1600メートル)がラスト。12万人を超える観客が詰めかけた日本ダービーの余韻が残る府中の杜で、春のマイル王に輝くのはどの馬か−。 2014年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡6歳)が、3年2カ月ぶりのGI勝利を狙う。前走のマイラーズCでは上がり3ハロン32秒9の脚を使い、セントライト記念以来2年9カ月ぶりの勝利をマーク。昨年はスローペースで折り合いを欠いたぶん、直線では伸びあぐねたが、0秒3の5着と力は示している。 マイル戦は、マイルチャンピオンシップでの2、3着を含む【2・3・1・1】の好成績。コンビを組むクリストフ・ルメール騎手は、ヴィクトリアマイル(アドマイヤリード)→オークス(ソウルスターリング)→日本ダービー(レイデオロ)と、史上最多タイのGI・3連勝中と乗りに乗っている。イスラボニータが最強の相棒を背に、待望のGI・2勝目を挙げる可能性は十分ある。 イスラボニータよりひとつ年上の皐月賞馬ロゴタイプ(美浦・田中剛厩舎、牡7歳)は連覇がかかる一戦。昨年は絶対王者モーリスを2着に封じる鮮やかな逃げ切り勝ち。3年2カ月ぶりの勝利をGIでマークした。今年初戦の中山記念は、軽快な先行力を発揮し、勝ったネオリアリズムから0秒2差の3着と上々の滑り出し。しかし、その後に予定していたダービー卿チャレンジTを、フレグモーネ(皮下の組織に見られる急性の化膿性疾患)で出走を見送った経緯がある。 それでも、放牧先の宮城・山元トレセンでじっくり乗り込み、帰厩後も運動量は十分。実質的な最終追い切りを1週前に美浦Wコースで行い、5ハロン65秒2−ラスト1ハロン12秒5の好時計をマークしており、仕上がりに関しては万全とみていいだろう。ただし、コンビを組む田辺裕信騎手が5月21日の東京競馬場で落馬し、戦列を離れていることが気になるところ。復活に導いたパートナーだけに、仮に乗り替わりとなるなら、一抹の不安が残る。 昨年のスプリンターズSを制したレッドファルクス(美浦・尾関知人厩舎、牡6歳)は、史上8頭目となるスプリント&マイルGI制覇に挑む。前走の京王杯スプリングCは重馬場をものともせず、上がり3ハロン33秒7の切れ味を発揮してV。右回りでGIを勝っているが、やはり左回りでは一段階上の末脚が使えるようだ。3年5カ月ぶりのマイル戦となるが、当時は2歳のデビュー2戦目(9着)。年齢を重ね、力をつけた今なら、対応は可能だろう。末脚の破壊力はメンバー中1、2位を争い、なおかつ、前記の京王杯SCのように道悪はめっぽう得意。当然、V争いの1頭で、天候に左右されず力を発揮できる点は心強い。 オープン特別の東風Sを勝って連勝を「5」に伸ばしたグレーターロンドン(美浦・大竹正博厩舎、牡5歳)は、マイル路線の新星だ。ペースを問わず、常時上がり3ハロン32秒台前半〜33秒台後半の末脚を使うことができ、東京マイルは3戦3勝。両前脚に蹄葉炎を罹い、一昨年秋から1年の休養を余儀なくされたが、復帰後は文句のつけようがないレースを続けている。中間、蹄に不安が出たため、出否は水曜の追い切り後に決まる。重賞初挑戦がGIの大舞台だが、好勝負を期待せずにはいられない。なお、出走の場合は福永祐一騎手と初コンビを組む。 前記4頭はいずれも関東馬だが、関西馬も強力なメンバーがそろっている。今年からGIに昇格した大阪杯で、現役最強馬キタサンブラックの0秒1差2着だったステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、GI・9度目の挑戦で悲願の優勝を目指す。マイルは14年の富士S以来2年7カ月ぶり。当時は10番手から上がり3ハロン32秒9の末脚を繰り出して、見事な差し切り勝ちを飾った。今回と同舞台の東京マイルで重賞勝ちがあることは大きな強みで、当時の鞍上・戸崎圭太騎手との再コンビ。GI・2着が3回。惜敗続きに終止符を打つか。 アンビシャス(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)は、GIでは【0・0・0・4】と振るわないが、昨年の産経大阪杯でキタサンブラックを2着に封じている実力馬だ。マイルは2戦2勝で、新馬戦→500万下特別を連勝。しかし、本質的には1800〜2000メートルで強さを発揮するタイプで、2年5カ月ぶりのマイルに対応できるかが鍵だ。それでも、横山典弘騎手とのコンビ復活は魅力たっぷり。先週の日本ダービーのマイスタイル(4着)で、超スローペースを作り出して場内をどよめかせたベテランの手綱さばきに注目だ。 マイラーズCでイスラボニータの2着だったエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡4歳)は、デビューからの11戦すべてが掲示板内という堅実な走りがセールスポイント。昨年のクラシックでも、皐月賞4着→ダービー4着→菊花賞3着と好走したように、適性外の距離でも高い能力を発揮している。今回のメンバーの中に入ると、ワンパンチ足りない印象を受けるが、常に手綱を取ってきた名手・武豊騎手とのコンビで、立ち回り次第で戴冠のチャンスは十分ある。
2017年5月29日(月) 18:50

 7,856

【日本ダービー】レイデオロV!ルメール3週連続GI勝ち
 第84回日本ダービー(東京優駿)(28日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)2014年に生まれたサラブレッド7015頭の頂点に立ったのはレイデオロ。スローペースの中、積極的にレースを運んだクリストフ・ルメール騎手(38)に導かれて栄冠を手にした。歴代3位の1351勝を挙げる藤沢和雄調教師(65)は開業30年目で悲願を達成。両者ともにオークスに続いての勝利でルメール騎手は3週連続GI制覇となった。タイム2分26秒9(良)。2着はスワーヴリチャード、3着は1番人気のアドミラブル。 12万人からの大歓声を味わう余裕があった。直線半ばで満を持して先頭に立つと、GIで3週連続のトップゴール。力強く右拳を握ったルメール騎手はデビュー戦からコンビを組むレイデオロの頭を優しくなでた。 「(母国の)フランスでダービーを勝って、今回は日本ダービーです。別の国でもダービージョッキーになれてすごく、すごくうれしいです。この馬に関わってくださった方にとっていい一日になりました」 冷静なペース判断と大舞台でもぶれない勇気が最大の勝因だった。前半1000メートル通過が1分3秒2の超スローペース。だが、13番手で突入した最初の1コーナーで名手の腹は決まっていた。「レースプランや指示はなかったけど最初の300メートルが過ぎたところでペースが遅いなと思った。初めてでも2400メートルはこなせる自信があったから動いた」。2コーナーを回ると、馬群の外から進出を開始。遅い1000メートル通過タイムに場内がどよめいたときには、2番手につけていた。ペースを乱すことなく絶好のポジションを確保すると、上がり3ハロンを33秒8でまとめて後続の追撃を完封。逃げたマイスタイル(4着)の横山典騎手が「ルメールが来ていなければ」と悔しがり、猛追及ばず2着のスワーヴリチャードの四位騎手が「もう少し流れてくれれば」と歴代のダービージョッキーが唇をかんだ“神騎乗”で、ダービージョッキーの称号をつかみ取った。 JRA移籍3年目。日本ダービーの重みは理解している。だからこそ、2週連続で美浦トレセンに出向いて追い切りに騎乗。万全の態勢で挑んだ鞍上は「一番うれしかったのは、藤沢和調教師をダービートレーナーにできたことです。これまで多くの騎手が彼のために乗って、オリビエ・ペリエ騎手もGIをたくさん勝ったけど、ダービーは勝てていなかった。それを自分がプレゼントできました」と胸を張った。JRAのGI3週連続勝利は、そのペリエ騎手以来2人目の快挙。レース後、藤沢和調教師から「オリビエの方がうまいと思ったけど、この人もうまいね」とねぎらわれ、満面の笑みで抱き合った。 今秋の路線は未定ながら、ルメール騎手は「日本でも海外でも大きなレースを勝てるポテンシャルの高さがある」と結んだ。日仏でダービー騎手に輝いた名手は、さらなる高みを見すえている。 (川端亮平)★28日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2017年5月29日(月) 05:06

 7,473

【日本ダービー】藤沢和師、牡馬クラシック悲願V!
 第84回日本ダービー(東京優駿)(28日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)「藤沢先生ー! おめでとー!」 表彰式に現れた藤沢和雄調教師に、スタンドのファンから声援が飛ぶ。誰もが待ち望んだ勝利だ。開業30年目で初めての牡馬クラシック制覇を果たすとともに、19頭目の挑戦でダービートレーナーの称号を手にした。 「いつか勝てるかなと思っていたけど、時間がかかりました。おばあちゃん(レディブロンド)も、お母さん(ラドラーダ)もよく知っていて、牧場時代から期待の馬だったので良かったです。感謝しています」 ゆかりの血統での勝利に、藤沢和師も笑みが絶えない。検量室前では多くの関係者から握手攻め。顔をくしゃくしゃにして戴冠を喜んだ。向こう正面でポジションを上げたルメール騎手にも「いいタイミング」と賛辞の言葉を贈った。 皐月賞を叩いての2戦目。全てはダービーを万全の態勢で迎えるためだった。この日のパドックでも、イライラしていた愛馬の姿を見て、引き手を1人から2人に。「オーロラビジョンの前を通過するときに小走りになっていて、助手が“つきますか?”と言うのでオーロラビジョン側につかせました」。厩舎一丸となっての馬優先主義が実を結んだ。 今後については「2400メートルを上手に走ってくれたけど、これ以上の距離は分からない。古馬と一緒や、3歳だけのレースもある。乗り役や馬主さんと相談してやっていきたい」と話すにとどめたが「見ての通り素晴らしい馬。ダービー馬にふさわしいローテーションを、と考えています」。世代の頂点に立ったレイデオロとともに、さらなる飛躍を目指す。 (千葉智春)★28日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2017年5月29日(月) 05:05

 2,620

【日本ダービー】キャロットファーム、初の栄冠に感激!
 第84回日本ダービー(東京優駿)(28日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)生産したノーザンファームは、3年連続V(2015年ドゥラメンテ、16年マカヒキ)で歴代1位の8勝目。けがで療養中の吉田勝己代表に代わって表彰台に上がった長男の俊介氏は、「ダービーに合わせベストコンディションに持ってこれたのが良かったのでしょう。当歳のころから見栄えが良く、能力を感じさせる馬でした」と頂点に立った生産馬をたたえた。 祖母のレディブロンドは現役引退後、アイルランドのクールモアグループに戻す契約になっていたが、出国前の検疫中に勝己代表がクールモアと交渉して購入を決めたという。2歳の全弟レイエンダは早ければ今週中にも藤沢和厩舎に入厩する。母ラドラーダはキングカメハメハの子を受胎している。 ダービー初制覇となった(有)キャロットファームの高橋二次矢代表は「言葉が見つかりません」と感激に唇を震わせていた。★28日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら
2017年5月29日(月) 05:04

 2,249

東京優駿のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月28日(
根岸ステークス G3
シルクロードS G3

競馬番組表

2018年1月27日(
1回東京1日目
1回中京5日目
2回京都1日目
2018年1月28日(
1回東京2日目
1回中京6日目
2回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る