会員登録はこちら

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜皐月賞2017〜

第77回 皐月賞 G1

2017年4月16日()中山11R 芝2000m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 6 11 91.7 アルアイン 牡3 57.0 松山弘平 池江泰寿 栗東 518(-2) 22.4 9 1.57.8
2 4 7 92.5 ペルシアンナイト 牡3 57.0 M.デムー 池江泰寿 栗東 480(-2) 8.1 4 1.57.8 クビ
3 5 10 92.5 ダンビュライト 牡3 57.0 武豊 音無秀孝 栗東 466(-4) 56.1 12 1.57.9 3/4
4 8 16 85.5 クリンチャー 牡3 57.0 藤岡佑介 宮本博 栗東 476(0) 76.7 13 1.58.1 1 1/4
5 3 5 91.7 レイデオロ 牡3 57.0 C.ルメー 藤沢和雄 美浦 484(+8) 10.4 5 1.58.2 クビ
6 1 2 89.4 スワーヴリチャード 牡3 57.0 四位洋文 庄野靖志 栗東 504(+4) 7.0 2 1.58.2 クビ
7 4 8 95.9 ファンディーナ 牝3 55.0 岩田康誠 高野友和 栗東 504(-4) 2.4 1 1.58.3 クビ
8 8 17 90.2 ウインブライト 牡3 57.0 松岡正海 畠山吉宏 美浦 466(+6) 14.7 6 1.58.3 アタマ
9 2 4 90.6 カデナ 牡3 57.0 福永祐一 中竹和也 栗東 452(-8) 7.2 3 1.58.3 クビ
10 5 9 90.4 プラチナヴォイス 牡3 57.0 和田竜二 鮫島一歩 栗東 504(0) 41.7 10 1.58.3 アタマ
11 7 13 90.3 サトノアレス 牡3 57.0 戸崎圭太 藤沢和雄 美浦 500(0) 19.8 8 1.58.4 1/2
12 3 6 90.3 アウトライアーズ 牡3 57.0 田辺裕信 小島茂之 美浦 480(-2) 16.5 7 1.58.4 アタマ
13 8 18 89.2 トラスト 牡3 57.0 柴田大知 中村均 栗東 472(+4) 153.6 17 1.58.6
14 2 3 90.7 コマノインパルス 牡3 57.0 江田照男 菊川正達 美浦 460(-2) 127.3 16 1.58.6 クビ
15 7 14 83.0 キングズラッシュ 牡3 57.0 柴田善臣 久保田貴 美浦 520(-2) 224.4 18 1.58.7 1/2
16 1 1 90.8 マイスタイル 牡3 57.0 横山典弘 昆貢 栗東 452(+2) 79.0 14 1.59.6
17 7 15 90.2 アダムバローズ 牡3 57.0 池添謙一 角田晃一 栗東 498(-6) 43.7 11 2.00.3
18 6 12 92.8 アメリカズカップ 牡3 57.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 446(-4) 84.1 15 2.00.5 1 1/2
ラップタイム 12.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.7
前半 12.1-22.9-35.1-46.8-59.0
後半 58.8-46.4-34.5-23.1-11.7

■払戻金

単勝 11 2,240円 9番人気
複勝 11 650円 9番人気
7 320円 4番人気
10 1,340円 12番人気
枠連 4-6 2,380円 10番人気
馬連 7-11 8,710円 31番人気
ワイド 7-11 2,250円 25番人気
10-11 16,960円 102番人気
7-10 6,770円 58番人気
馬単 11-7 20,720円 67番人気
3連複 7-10-11 176,030円 306番人気
3連単 11-7-10 1,064,360円 1,646番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

皐月賞関連記事

【ズバッと的中大作戦】フローレス推しか消しか意見真っ二つ
 東京開幕週のメインを飾るサンケイスポーツ賞フローラステークスの出走馬が、20日に確定した。編集局長から“社杯”的中の厳命を受けた板津雄志記者(37)と千葉智春記者(32)は美浦で取材。僚誌週刊ギャロップの和田記者、夕刊フジの漆山記者を交えてトークバトルを繰り広げた。特別企画はいったん終了し、結論は23日のレース当日の紙面で。 社杯の追い切りは全て終わっており、穏やかなムードの木曜。それでも千葉は追加取材の手を緩めない。そこへ、近づくスレンダーな男がひとり。僚誌ギャロップの本誌予想を務める和田記者だ。さらには幸せいっぱいの大男、夕刊フジの漆山記者も乱入した。 和田 水戸さん、森本さんときたら、そろそろオレの助けも欲しいころだと思ってな。 千葉 和田さんは予定に入っていないです。 和田 遠慮深いヤツだな。せっかくいい情報があるのに。本命候補は絞れているのか? 千葉 フローレスマジックが候補の1頭。アルテミスS2着で、メンバー唯一の重賞連対馬。のちの阪神JF、桜花賞で2着のリスグラシューと接戦しましたから。 和田 そんな当たり前の話をされても局長には響かないぞ。甘いなあ。 漆山 いや、千葉君は正しいでしょ。 千葉 新婚の漆山さんじゃないですか。皐月賞も◎●(=二重△)で当てていて頼りになります。 漆山 戸崎騎手は「前走の感触だと距離は延びた方がいいし、全兄サトノアラジンと比べると器用さがあって、課題も特に感じない。戦ってきた相手から実績も上位だから」と能力には自信をもっている。あっさり勝つ可能性あり。 和田 ちゃんと木村調教師に取材したのか? 「心と体のバランスがとれていない現状」だって言っていた。これは本心だと思うぞ。工夫した追い切りをしていたけど、どうもピリッとしない動きに見えただろ。 千葉 でも木村師は「週ごとに良くなっている」とも言っていましたよ。 和田 とにかく狙うなら次だ。皐月賞のレイデオロ(5着)と同じイメージだ。 千葉 ところで、板津さんはなんでうなだれているんですか。 板津 ほぼ◎で気持ちを固めていたブラックスビーチが除外。まいった。素直にホウオウパフュームでいくか、それとも「距離延長はいいし、上積みもあると思う」と大竹調教師がいうキャナルストリートにするか。レッドミラベルも…。迷う。 千葉 結論は日曜の紙面ですから、それまでしっかり考えましょう。★サンスポ賞フローラSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月21日(金) 05:06

 2,712

【マイラーズC】エアスピネル高速馬場仕様!
 マイラーズCの追い切りが19日、東西のトレセンで行われた。栗東ではエアスピネルが坂路の併せ馬で力強い走りを見せ、状態の良さをアピールした。美浦では2014年の皐月賞馬イスラボニータが、Wコースでスピード感のある動きを披露。サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。 前日までの豪雨で湿ったチップの上を、力強く弾んだ。エアスピネルが重馬場の坂路で4ハロン52秒2−12秒3の好タイムをマーク。万全の仕上がりをアピールした。 「きょうの馬場を考えても、いい時計だった。先週に(武豊)ジョッキーが乗って、スイッチが入っているみたいだね」 見届けた笹田調教師は満足顔だ。12日に武豊騎手が騎乗(坂路で4ハロン54秒7)したことで精神面が充実。この日はメイショウワカアユ(500万下)を3馬身ほど追走し、徐々にペースアップを図って手応え良く並びかけた。最後までスピード感にあふれる動きで併入した。 「もともと体はある程度できあがっていたけれど、徐々に筋肉が締まってきている。精神的に幼いところがあった面も、少しずつ落ち着きが出てきている」とトレーナーは成長を感じ取る。 マイル路線に照準を定めた今年は、年明けの京都金杯を快勝。56・5キロのハンデを背負って、1分32秒8の好タイムをマークした。今回は当時と同じ舞台。開幕週の絶好馬場で行われ高速決着の可能性が高いだけに、時計の裏付けがあるのは大きな強みとなる。 前走の東京新聞杯は上がり3ハロン32秒3を駆使したものの、スローペースに泣き3着。断然人気に応えることができず、武豊騎手もリベンジにかける思いは強い。 「前回は本来の走りではなかったので、今回はエアスピネルらしい走りをしてほしい。大目標は次だけど、勝って安田記念に向かえたらいいね」 大阪杯1着(キタサンブラック)、桜花賞2着(リスグラシュー)、皐月賞3着(ダンビュライト)と、春のGIで存在感を見せつける名手は、勝って安田記念に王手をかけるつもりだ。 (斉藤弘樹)★マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月20日(木) 05:05

 3,838

【フローラS】レース展望
 陽気の訪れとともに、今週から関東圏の主場は東京競馬場へ。開幕週の日曜メインでは、第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(23日、GII、芝2000メートル)が行われる。上位3頭にオークス(5月21日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権が与えられ、2010年の勝ち馬サンテミリオンはアパパネと1着同着で樫の女王に、昨年の勝ち馬チェッキーノは本番で2着に好走した。牝馬クラシック2冠目を占ううえで必見のトライアルレースだ。今年は桜花賞で断然人気に推された2歳女王ソウルスターリングが3着に敗れたことで、混戦模様を呈してきた牝馬戦線。それだけに、この一戦への注目度も高くなった。 中でも主役を担うのは、ホウオウパフューム(美浦・奥村武厩舎)だ。新馬戦こそ3着に敗れたものの、1800メートルから2000メートルに距離を延ばしたここ2戦は牡馬を相手に強い内容を披露。特に前走の寒竹賞では、4コーナー最後方から桁違いの末脚で2馬身突き抜けた。その後は桜花賞に目もくれず、距離適性が重視されてオークスを照準に調整。1週前も上々の動きを見せた。「目標は先だけど、きっちり仕上げていく。勝ってオークスへ向かいたい」と奥村武調教師は仕上がりに太鼓判。2走前に今回と同じ東京2000メートルを勝っており、不安らしい不安はない。 フローレスマジック(美浦・木村哲也厩舎)は、アルテミスS2着、クイーンC3着とメンバー最上位の実績を持つ。ただ、1週前の時点で木村哲也調教師が「動きがピリッとしない。心と体のバランスが崩れてしまっている感じ」と説明していたように、態勢は万全とはいえない印象。全兄サトノアラジン、全姉ラキシスとも晩成型だったように、3歳春の時点では完成途上の血筋でもある。最終追い切りの動きなど、仕上がり具合をしっかり見定めたいところだ。 ディーパワンサ(栗東・松下武士厩舎)は、阪神JFで4着に好走。同レースの上位3頭が桜花賞で1〜3着を占めたことから、この馬の地力も確かといえる。前走のフラワーCは6着に敗れたが、休み明けで馬体重は8キロ増、初めての長距離輸送なども重なっただけに、大きく評価を下げるのは禁物だ。左回りは中京で2戦2勝。叩いての上積みも期待できるだけに、距離を克服すれば上位争いできる力がある。 モズカッチャン(栗東・鮫島一歩厩舎)は芝1800メートルで未勝利−500万下と連勝。先週の皐月賞で2着に好走したペルシアンナイトなど、ハービンジャー産駒は2000メートルで好実績を残しており、本馬もさらなる距離延長でパフォーマンスを上げる可能性がある。逆に、同じ2勝馬でもアロンザモナ(栗東・西浦勝一厩舎)は勝ち鞍がマイルまでだけに、距離克服が鍵になるだろう。 13頭の枠を争う抽選組の1勝馬も、虎視眈々と樫への権利を狙う。タガノアスワド(栗東・五十嵐忠男厩舎)は、前走のつばき賞で0秒3差2着。皐月賞で1番人気(7着)に支持された素質馬ファンディーナが相手だけに、評価できる。3馬身半差Vの新馬戦で2000メートルの適性は証明済み。2戦続けて逃げており、先行力は開幕週の馬場で有利に働きそうだ。 アドマイヤローザ(栗東・梅田智之厩舎)は、前走のエルフィンSで2着だが、切れ味勝負では分が悪かった。2走前に快勝した2000メートルで本来の走りができれば好勝負だ。 キャナルストリート(美浦・大竹正博厩舎)は2000メートルで新馬勝ち。前走はマイルで忙しかったうえ、直線で前をさばけず不完全燃焼の内容だった。オークス4着、秋華賞2着と3歳牝馬GIで活躍したブロードストリートの半妹という血統背景からも、中距離で巻き返しがあっていい。 ヤマカツグレース(栗東・池添兼雄厩舎)は、1800メートルの君子蘭賞2着で距離にめど。ハービンジャー産駒だけに200メートル延長にも対応できそうだ。新たにコンビを組む横山典弘騎手の手綱さばきも興味深い。近2走のホープフルS(7着)、共同通信杯(7着)ともに出遅れながら大きく負けなかったビルズトレジャー(美浦・田中剛厩舎)、昇級後3戦で牡馬相手に好走を続けているムーンザムーン(美浦・上原博之厩舎)あたりも、距離適性は示している。 前走で勝ち上がった馬の中にも、鮮やかに3馬身半抜け出したレッドミラベル(美浦・尾関知人厩舎)や、中距離で安定感ある走りが光るアンネリース(美浦・尾関知人厩舎)、日経賞勝ち馬シャケトラの半妹ザクイーン(美浦・角居勝彦厩舎)、レースごとに力をつけているディープインパクト産駒ブラックスビーチ(栗東・角居勝彦厩舎)、先行力のあるラユロット(美浦・藤沢和雄厩舎)などが、抽選突破から樫の舞台を目指す。★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月17日(月) 19:46

 3,611

【マイラーズC】レース展望
 関西圏の競馬は阪神から京都に移り、日曜メインに第48回マイラーズカップ(23日、GII、芝1600メートル)が行われる。1着馬に安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦で、今年は13頭と登録が少ないながらも好メンバーがそろった。 実績最上位は2014年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡6歳)だ。同年のセントライト記念を最後に約2年7カ月も勝ち星から遠ざかっているが、昨秋のマイルチャンピオンシップ2着など、力の衰えは見られない。京都のマイル戦に関しては一昨年のマイルCSでも3着と好走しているように舞台適性も上々。阪神C2着以来4カ月ぶりのレースだが、順調に乗り込まれており、共同通信杯、セントライト記念を休み明けで制覇し、4カ月半ぶりだった昨秋の富士Sも2着に入っている。今回も好勝負が期待できそうだ。 昨年、皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着とクラシックで好走したエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡4歳)は、マイル路線に転向し、京都金杯を制覇。続く前走の東京新聞杯はスローペースの前残りで届かず3着に敗れたが、上がり3ハロン32秒3という強烈な脚を発揮した。前走から1キロ減となる56キロも有利で、巻き返しの可能性は十分ある。 ブラックスピネル(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)は京都金杯で2着だったが、東京新聞杯を勝ってエアスピネルとは1勝1敗。差し切れなかった京都金杯とは逆に、前走ではスローの逃げに持ち込んで勝った。脚質に幅が出たのは大きな武器になりそうだ。 フィエロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡8歳)は重賞勝ちこそないが、14、15年のマイルCS2着馬。マイラーズCも14年から3年連続で出走し、2、3、4着と上位に入っているように、京都のマイルは得意の舞台だ。8歳となったが、京都金杯は57.5キロのトップハンデを背負って3着。続く前走の高松宮記念でも初のスプリント戦ながら、出遅れから巻き返して5着まで追い上げたように、年齢の衰えはまったく感じさせない。 東京新聞杯でブラックスピネルとエアスピネルの間に割って入ったのがプロディガルサン(美浦・国枝栄厩舎、牡4歳)。逃げ切ったブラックスピネルを捕らえられなかったのは仕方ないとして、上がり3ハロン最速の32秒0でエアスピネルに競り勝ったのは評価できる。前走の金鯱賞は距離が延びたぶんか、力み気味の走りで7着に敗れたが、勝ったヤマカツエースとは0秒3差。マイルでスムーズに流れに乗れば、変わっていい力がある。 1番人気に支持された昨年の東京新聞杯で内ラチに激突して競走を中止したダッシングブレイズ(栗東・吉村圭司厩舎、牡5歳)は、その後なかなか結果を出せなかったが、前走の洛陽Sを快勝して復調をアピール。歯車さえかみ合うようになれば、能力は今回の相手でも通用する。 昨秋の富士Sの覇者ヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)も争覇圏内。昨年の覇者クルーガー(栗東・高野友和厩舎、牡5歳)も出走予定だが、骨折による戦線離脱が長引いて1年ぶりの実戦となる。中間の動きはいいが、昨年以上のメンバー構成だけに、分の悪さは否めない。★マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月17日(月) 18:22

 4,902

皐月賞のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月28日(
根岸ステークス G3
シルクロードS G3

競馬番組表

2018年1月27日(
1回東京1日目
1回中京5日目
2回京都1日目
2018年1月28日(
1回東京2日目
1回中京6日目
2回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る