会員登録はこちら

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜皐月賞2016〜

第76回 皐月賞 G1

2016年4月17日()中山11R 芝2000m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 18 89.2 ディーマジェスティ 牡3 57.0 蛯名正義 二ノ宮敬 美浦 476(0) 30.9 8 1.57.9
2 2 3 95.7 マカヒキ 牡3 57.0 川田将雅 友道康夫 栗東 498(+2) 3.7 3 1.58.1 1 1/4
3 6 11 93.3 サトノダイヤモンド 牡3 57.0 C.ルメー 池江泰寿 栗東 504(+6) 2.7 1 1.58.3 1 1/4
4 7 15 95.5 エアスピネル 牡3 57.0 武豊 笹田和秀 栗東 480(-4) 16.1 4 1.58.4 ハナ
5 8 16 95.3 リオンディーズ 牡3 57.0 M.デムー 角居勝彦 栗東 500(0) 2.8 2 1.58.4 降着
6 3 5 89.9 マウントロブソン 牡3 57.0 T.ベリー 堀宣行 美浦 472(+2) 25.9 6 1.58.6 1 1/4
7 5 9 90.2 ナムラシングン 牡3 57.0 田辺裕信 高野友和 栗東 504(-2) 85.9 9 1.58.7 1/2
8 7 14 92.9 ロードクエスト 牡3 57.0 池添謙一 小島茂之 美浦 452(-2) 21.8 5 1.59.1 2 1/2
9 2 4 91.3 アドマイヤダイオウ 牡3 57.0 福永祐一 友道康夫 栗東 486(-2) 27.4 7 1.59.5 2 1/2
10 4 7 88.4 ウムブルフ 牡3 57.0 柴山雄一 堀宣行 美浦 464(-4) 306.4 16 1.59.6 3/4
11 7 13 89.8 プロフェット 牡3 57.0 戸崎圭太 池江泰寿 栗東 460(+12) 90.1 10 1.59.8 1 1/4
12 3 6 87.2 ミライヘノツバサ 牡3 57.0 柴田大知 伊藤大士 美浦 482(-4) 124.3 11 1.59.9 1/2
13 4 8 88.7 ミッキーロケット 牡3 57.0 横山典弘 音無秀孝 栗東 474(+2) 150.4 14 2.00.0 1/2
14 5 10 80.7 トーアライジン 牡3 57.0 大野拓弥 村山明 栗東 492(+4) 481.4 18 2.00.3
15 1 1 89.5 ドレッドノータス 牡3 57.0 藤岡佑介 矢作芳人 栗東 470(0) 149.1 13 2.00.5 1 1/4
16 1 2 87.5 ジョルジュサンク 牡3 57.0 吉田隼人 鮫島一歩 栗東 508(0) 129.0 12 2.01.0
17 6 12 86.8 リスペクトアース 牡3 57.0 石川裕紀 小笠倫弘 美浦 534(+4) 267.0 15 2.02.6 10
18 8 17 86.0 アドマイヤモラール 牡3 57.0 内田博幸 上原博之 美浦 500(-10) 414.6 17 2.03.2
ラップタイム 12.0-10.7-11.5-11.7-12.5-11.5-12.4-12.2-11.6-11.8
前半 12.0-22.7-34.2-45.9-58.4
後半 59.5-48.0-35.6-23.4-11.8

■払戻金

単勝 18 3,090円 8番人気
複勝 18 530円 8番人気
3 160円 3番人気
11 150円 2番人気
枠連 2-8 450円 2番人気
馬連 3-18 6,220円 18番人気
ワイド 3-18 1,730円 17番人気
11-18 1,760円 18番人気
3-11 320円 3番人気
馬単 18-3 17,680円 38番人気
3連複 3-11-18 6,000円 17番人気
3連単 18-3-11 70,390円 172番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

皐月賞関連記事

【3歳次走報】ゼンノタヂカラオ、京都新聞杯へ
 ★皐月賞8着のロードクエスト(美・小島茂、牡)の次走は、NHKマイルC(5月8日、東京、GI、芝1600メートル)かダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)の二択で近日中にも決まる見込み。 ★はなみずき賞を勝ったゼンノタヂカラオ(栗・中内田、牡)は、京都新聞杯(5月7日、京都、GII、芝2200メートル)へ。 ★皐月賞2着マカヒキ(栗・友道、牡)、4着エアスピネル(栗・笹田、牡)、9着アドマイヤダイオウ(栗・友道、牡)、15着のドレッドノータス(栗・矢作、牡)、16着ジョルジュサンク(栗・鮫島、牡)はダービーへ。 ★忘れな草賞を完勝したロッテンマイヤー(栗・池添学、牝)は、T・ベリー騎手とのコンビでオークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)へ。 ★皐月賞12着ミライヘノツバサ(美・伊藤大、牡)は放牧へ。ラジオNIKKEI賞(7月3日、福島、GIII、芝1800メートル)か、北海道シリーズのいずれかに出走し、秋はセントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)を目指す。 ★16日の中山500万下を勝ったミエノドリーマー(美・国枝、牡)はNHKマイルCに登録する。
2016年4月20日(水) 05:01

 642

【フローラS】ビッシュ、樫の主役奪取だ!
 関東圏の競馬は中山から東京へ舞台が移る。開幕週の日曜メインはサンケイスポーツ賞フローラステークス(24日、GII、芝2000メートル)。上位3頭に与えられるオークス(5月22日、GI、芝2400メートル)の出走権を目指して登録した27頭の中で、注目を集めるのは2戦2勝のビッシュだ。皐月賞で上位を独占したディープインパクト産駒で、その末脚はまさに父譲り。3連勝で樫の舞台へ向かう。 前週の皐月賞で1〜3着を独占したディープインパクト産駒。その能力と勢いは、やはり無視できない。2戦2勝でフローラSに参戦するビッシュも、小柄な馬体に大きな可能性を秘めている。 「まだ能力だけで走っている現状だけど、少しずつ成長している。ここでも互角に戦える力はあると思う」 管理する鹿戸調教師も手応えを感じている。ゆっくり成長を促したためデビューは2月21日と遅くなったが、初戦の東京で5馬身差圧勝。続く中山の500万下一般戦も半馬身差でVと、牡馬相手に連勝を決めた。小回りの前走はなかなか勢いがつかず苦しい状況だったが、ラスト1ハロンだけで先行馬をのみ込む好内容。横山典騎手も「コーナーがあまり上手じゃないのでペースが上がったときに手応えが怪しくなったが、直線を向いてからはしっかりと伸びてくれた」と振り返った。 トレーナーと主戦が「広いコースの方が良さそう」と口をそろえるように、舞台が東京に戻るのは大歓迎だ。ディープ産駒は2010年のデビュー以降、東京芝の188勝に対し、中山芝は106勝。芝重賞に絞ると東京28勝、中山12勝となる。もちろん、勝率はどちらも東京の方が上だ。初めての2000メートルについても、「距離は延びてもいい」と鞍上は太鼓判を押す。 桜花賞上位組が優勢とみられるオークス路線だが、無敗で重賞Vを果たせば、勢力図が変わるのは間違いない。遅れてきた大物ビッシュが、樫を意識させる走りを見せる。★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年4月19日(火) 05:05

 964

マジェスティ、皐月賞疲れなんの驚きのタフさ
 皐月賞を制したディーマジェスティ(美・二ノ宮、牡3)は、激戦から一夜明けた18日、茨城県美浦トレーニングセンターの自厩舎で過ごした。 「いつもの月曜と変わらない。レース後からびっくりするくらいケロッとしているね」と島田調教厩務員は愛馬のタフさに驚き、2012年エリザベス女王杯(レインボーダリア)以来となる担当馬のGI勝利に、笑みがこぼれた。 大外の(18)番枠から皐月賞を制したのは91年トウカイテイオー、97年サニーブライアンに続く3頭目で、前記2頭は春2冠を達成。また、平成に入ってから4月17日の皐月賞を制したのはナリタブライアンとディープインパクトの2頭で、どちらも3冠馬に輝いた。“吉兆”が感じられるVだ。 この後は在厩して調整され、ダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)で、昨年のドゥラメンテに続く史上24頭目の春2冠を目指す。★ディーマジェスティの競走成績はこちら
2016年4月19日(火) 05:03

 1,232

【皐月賞】3強蹴散らすレコード!マジェスティ1冠
 第76回皐月賞(17日、中山11R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝・内2000メートル、1着本賞金1億円、1〜4着馬に日本ダービーの優先出走権 =出走18頭)蛯名正義騎乗で8番人気のディーマジェスティが、大外から徐々に進出して直線も力強く伸び、人気の3頭を堂々と打ち破ってGI初制覇。勝ちタイムはレースレコードの1分57秒9(良)だった。1馬身1/4差の2着は3番人気のマカヒキで、1番人気サトノダイヤモンドが3着。2番人気リオンディーズは4位で入線したが、5着に降着となった。 風速19メートルの強風は、3強ではなく8番人気の伏兵を後押しした。体いっぱいに風を受けて馬上で躍動する蛯名正義。その叱咤に応えてディーマジェスティの末脚が爆発する。1分57秒9の皐月賞レコード。3強を完璧に打ち負かして、クラシック1冠目を制した。 「あれ? かわすんだあ。勝つんだあ」 ゴールしても驚きを隠せないジョッキーだが、デビュー30年目、47歳のベテランの経験と技術が勝利を呼び込んだ。 大外(18)番枠からのスタートは速くなかった。しかし、後方でじっくりと構えると、向こう正面に吹く強烈な向かい風が多くのジョッキーのペース判断を狂わせた。3強の一角リオンディーズがハイペースで先頭に。だが蛯名は冷静に先行争いをみていた。「こういう展開も想定していました。長く(騎手を)やっているので、引き出しは多いから」。じっくりと3コーナー過ぎから進出を開始。4コーナーで外に持ち出して直線に向くと、「突き抜けるだろう」という感触どおりにディーマジェスティがはじけた。 「3強といわれていたけど、自分の馬の競馬をするだけ。他が前を追いかけてもあわてなかったのは、僕が年を取ったからかな」 笑いを誘うジョッキーだが、円熟味を帯びてきた騎乗ぶりは常にリーディング上位に名を連ねる名手の真骨頂だ。 「クラシックはなかなか勝てなくてねえ。困っています」 初のクラシック制覇となった二ノ宮敬宇調教師が苦笑いする。これがディープインパクト産駒の皐月賞初勝利だが、「ディープは飛ぶ走りといわれたけど、この馬は沈む走りをする」と調教師は対照的な表現をした。 ここ5年で4勝目となる共同通信杯から皐月賞の黄金ローテ。昨年のドゥラメンテはダービーも制した。もちろんこの馬も次の目標は日本ダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)だ。 24度目のダービーに挑む主戦は「中山より東京の方が向いている」と悲願達成のチャンスを冷静にうかがう。絶好の舞台設定で迎える大一番。“3強”から“4強”の図式になるが、頂点の座を譲るつもりはない。ディーマジェスティが世代最強の名を確固たるものにする。 (柴田章利)★17日中山11R「皐月賞」の着順&払戻金はこちら
2016年4月18日(月) 05:12

 2,604

皐月賞のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月28日(
根岸ステークス G3
シルクロードS G3

競馬番組表

2018年1月27日(
1回東京1日目
1回中京5日目
2回京都1日目
2018年1月28日(
1回東京2日目
1回中京6日目
2回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る