会員登録はこちら
桜花賞 G1   日程:2013年4月7日() 15:40 阪神/芝1600m

レース結果

桜花賞 G1

2013年4月7日() 阪神/芝1600m/18頭

本賞金:8,900万 3,600万 2,200万 1,300万 890万


レコード:1分32秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 7

アユサン

牝3 55.0 C.デムー  手塚貴久 484(-12) 1.35.0 18.0 7
2 7 14

レッドオーヴァル

牝3 55.0 M.デムー  安田隆行 430(+4) 1.35.0 クビ 4.5 2
3 5 9

プリンセスジャック

牝3 55.0 福永祐一  加用正 464(-2) 1.35.4 2 1/2 87.4 14
ラップタイム 12.4-11.0-11.4-12.1-12.0-11.9-11.5-12.7
前半 12.4-23.4-34.8-46.9-58.9
後半 60.2-48.1-36.1-24.2-12.7

■払戻金

単勝 7 1,800円 7番人気
複勝 7 460円 7番人気
14 200円 2番人気
9 1,860円 15番人気
枠連 4-7 1,120円 6番人気
馬連 7-14 3,300円 14番人気
ワイド 7-14 1,100円 11番人気
7-9 12,830円 88番人気
9-14 7,100円 57番人気
馬単 7-14 9,350円 33番人気
3連複 7-9-14 102,860円 195番人気
3連単 7-14-9 679,300円 1,128番人気

桜花賞のニュース&コラム

【3歳次走報】ティサージュ、オークスへ直行
 ★…桜花賞5着ローブティサージュ(栗・須貝尚、牝)、15着コレクターアイテム(栗・須貝尚、牝)、はオークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)へ直行する。 ★…桜花賞18着サマリーズ(栗・藤岡健、牝)は、ユニコーンS(6月16日、東京、GIII、ダ1600メートル)でダート戦に戻す。 ★…伏竜Sを勝ったコパノリッキー(栗・村山、牡)は、兵庫チャンピオンS(5月2日、園田、交流GII、ダ1870メートル)で重賞Vを狙う。
2013年4月12日(金) 05:01

 395

【皐月賞】コディーノ動き悪くないも“地味”
《調教チェッカーズ》 桜花賞で推奨馬2頭が見事ワンツーを決めた新企画『調教チェッカーズ』が、今週の牡馬第1冠「第73回皐月賞」(14日、中山、GI、芝2000メートル)も大胆に斬る! 馬券攻略のカギとなるのは、実力No.1といわれながら、ここ2戦敗れているコディーノの取捨。11日に美浦で行われた追い切りを見てチェッカーズが弾き出した結論は…ズバリ、いらない。 大注目のコディーノの追い切りには物足りなさが残った。 「前日追いをしなくても済むように」と藤沢和調教師が判断し、一般的な水曜追いを避けた木曜追い。雨の降る美浦Wコースに姿を現したコディーノは、フラムドグロワールを1馬身追いかけていき加速。横山典騎手と呼吸を合わせながら、ペースを上げていった。 折り合いはスムーズにつき、直線は内に馬体を入れた。手綱は持ったまま、グロワールの歩調に合わせるように余裕十分のフィニッシュ。動きは決して悪くないが…。 はっきり言って、“地味”だ。5F70秒5、ラスト1F13秒7は、クラシック直前にしてはやはり平凡。水曜追いのカミノタサハラ(ラスト1F12秒7)、エピファネイア(同11秒7)などライバルたちとの単純比較でも、迫力の点でインパクトはかなり薄かった。 横山典騎手の感触は、「前に馬を置いて直線で並びかける形。具合がいいのは毎日見ていてわかっているし、乗った感じも良かった。1回ずつ良くなってきて、今回も順調のひと言。精神面でもいろいろクリアしてきているし、このままの状態で本番にいってくれればいい」とOK。しかし、攻め込まなかったことに一抹の不安を感じる。 直前の追い切りが軽かったのは3着に敗れた前走・弥生賞も同じ。テンションの高さを考慮されて、Wコース6F88秒1と大きくセーブされた。完勝した東スポ杯2歳S時は5F68秒8で、2着だった朝日杯FS時は5F66秒4。明らかに何かが違う。気持ちの難しさと、本格化はダービー以降であることを感じざるを得ない。 馬は数時間、いや、数分間だけでも状態が変わることがあり、あと3日間のうちに急浮上する可能性もあるが、調教(追い切り)だけで取捨を判断するチェッカーズの最終結論は、コディーノはいらない。もちろん能力はトップクラスであり、関東を代表する藤沢和調教師、横山典騎手のGI級のジャッジに異論はないが、期待はダービー以降としたい。(夕刊フジ)◆『調教チェッカーズ』は、実績に関係なく調教で最も動きの良かった馬をピックアップする春の新企画。第1弾となった先週の桜花賞では、レッドオーヴァルの前走・チューリップ賞(7着)からの激変を確信して1番手に推奨し、栗東入厩の効果で急上昇をアピールしていたアユサンを2番手にプッシュ。レッド2着、アユサンVといきなり“乱桜”を斬ってみせた。今週の皐月賞も絶対王者不在の大混戦。最終結論は13日(土)発行紙面に掲載します。14日中山11R「皐月賞」出馬表★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月11日(木) 12:31

 751

【3歳次走報】トーセンソレイユ、オークスへ
 ★…桜花賞7着トーセンソレイユ(栗・池江寿、牝)はオークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)へ直行。また、僚馬で若葉S3着サトノノブレス(牡)は、青葉賞(27日、東京、GII、芝2400メートル)へ。 ★…アルメリア賞を勝ったリグヴェーダ(栗・池江寿、牡)は京都新聞杯(5月4日、京都、GII、芝2200メートル)へ。同レースにはアザレア賞2着ウインアルザス(栗・西園、牡)も参戦予定。 ★…桜花賞12着シーブリーズライフ(美・菊川、牝)は、葵S(5月12日、京都、OP、芝1200メートル)へ。16着クラウンロゼ(美・天間、牝)は一両日中に短期放牧へ。その後オークスに向かう予定。 ★…ニュージランドT3着ストーミングスター(美・藤原辰、牡)、6着モグモグパクパク(美・高橋祥、牡)は、NHKマイルC(5月5日、東京、GI、芝1600メートル)へ。 ★…中山で500万下を快勝したツクバローレル(美・菊沢、牡)は、青葉賞か、プリンシパルS(5月4日、東京、OP、芝2000メートル)。
2013年4月11日(木) 05:00

 528

アユサン、樫は丸山騎乗!復帰で再タッグ
 桜花賞馬アユサン(美・手塚貴)は丸山元気騎手でオークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)に向かうことが10日、分かった。手塚貴調教師は「桜花賞は元気のアドバイスを伝えて、クリスチャン(デムーロ騎手)が好結果につなげた。ケガも大事には至らなかったし、次は乗ってもらうつもりです」と話した。 丸山騎手はアユサンの主戦として2戦目から4戦目まで鞍上を務め、桜花賞でも騎乗予定だったが、レース前日の福島5Rのゴール手前で、騎乗馬が急に外側に逃避して落馬。腰椎横突起骨折と診断され、無念の乗り替わりとなった。ただ、症状は軽かったようで、10日には早くも美浦トレセンで調教に騎乗。「大丈夫です。がんばります」と支障はなさそうで、今週末は土日とも福島で騎乗する予定だ。
2013年4月11日(木) 05:00

 431

桜花賞のニュースをもっと見る >

【桜花賞】アユサン、デビュー以来最高のデキ!
 栗東の水が合っているのだろう。チューリップ賞3着のアユサンがひと追いごとに洗練されていく。 先週に続き、丸山騎手を背にCWコースへ。馬なりに終始したが、走りたい気持ちは隠し切れない。道中はスピード感たっぷり。もちろん、手綱は絞られたままだ。1Fごとにスムーズに加速し6F81秒6、ラスト1F12秒6をマークした。 「予定より時計は速かったけど、乗っていてそんな感じはなかった。それだけ具合がいいということでしょう」と、抜群の手応えに鞍上から笑みがこぼれた。 涼しい顔で刻んだ好時計に手塚調教師も、「予定どおり。前走よりはるかにいいね。腰がしっかりしてきたし、カイバもちゃんと食べているよ」と大きくうなずいた。 先週28日はCWコース6F79秒4の猛時計で古馬1000万下に2馬身先着しており、仕上がりは十二分。「デビュー前は熱発があり、阪神JFのときはソエが出て、年明け初戦に予定していたクイーンCはトモの状態が悪くなって使えなかった。チューリップ賞も様子を見ながらだった。それが今回は何もないし、叩かれて馬体に張りも出てきた。万全だね」と言い切るトレーナー。デビュー以来最高のデキで逆転を狙う。(夕刊フジ)4月7日阪神11R・桜花賞の確定枠順★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月4日(木) 12:40

 767

【桜花賞】メイショウマンボ3連勝戴冠へ万全
 3連勝で女王へ、フィリーズレビューを圧勝したメイショウマンボが、セオリーどおりの余力残しのメニューで軽快な動きを見せた。 快晴の栗東。コンビ再結成となる武幸騎手を背に、坂路で外メイショウユニオンを2馬身追いかけた。実戦同様に鞍上との折り合いは完璧で、楽々と差を縮めると、ラストは一杯に追われるパートナーを馬なりで圧倒。流すような格好で半馬身先着した。 1週前にCWコースで6F79秒9の猛デモを敢行。そして当週は余裕残しと理想的な調整過程となった。「4F55秒を切らないようにと指示を出した。うまいこと乗ってくれたし、動きも良かったね」と、飯田祐調教師も満足げだ。 今年は紅梅S2着→こぶし賞1着→フィリーズR1着と安定感抜群で、勝った2戦は最速の切れ味を発揮した。昨年暮れの阪神JFでは10着と唯一、崩れているが、「あのときは新馬戦を勝ったばかりでイライラして、調教前に助手を振り落としたりしていた。今はすべてを受け入れた感じで馬が全然違うと思う」とキッパリ。持ち前の切れ味で頂点へ向かう。(夕刊フジ)4月7日阪神11R・桜花賞の確定枠順★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月4日(木) 12:37

 554

【桜花賞】和田ウインプリメーラ逆転へ手応え
 ウインプリメーラはエルフィンS、チューリップ賞でともに2着。それも前走は道中で落鉄していた。やや勝ちみに遅いところはあるが、その堅実さは混戦のなかで大きな武器だ。 和田騎手が騎乗し、栗東坂路でオークヒルパークと併せた。1週前に一杯に追われて馬体はほぼ仕上がっており、内容的には終始馬なり。柔らかみ十分のフットワークでスムーズな走りだった。 「気配としては、特別に大きく変わったところはない。好状態をキープしている。とにかく折り合いがつくし、上手な競馬をする。切れがあるわけではないので、道悪になっても大丈夫じゃないかな」と、ジョッキーは逆転への手応えを感じ取っていた。(夕刊フジ)4月7日阪神11R・桜花賞の確定枠順★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月4日(木) 12:36

 514

【桜花賞】サプライズ田所秀師「力をつけた」
 (1)ストークアンドレイ・榊原厩務員「暖かくなって毛ヅヤは良化。鞍上に期待する」 (2)サマリーズ・藤岡佑騎手「小細工が利くタイプではない。スピードを生かし先行したい」 (3)クラウンロゼ・天間調教師「前走は思いどおりの競馬。調整も満点」 (4)サンブルエミューズ・加藤征調教師「今週は折り合ってラストの反応も良かった。極端な競馬も考えている」 (5)ウインプリメーラ・和田騎手「まともに競馬をしていない感じだけど、能力は高い。競馬が上手で混戦に強い」 (6)ローブティサージュ・秋山騎手「先週一杯に追ってスイッチが入った。かなり負荷をかけたし、女王らしさを見せたい」 (7)アユサン・手塚調教師「前走よりはるかにいいね。腰がしっかりしてきたし、カイバもちゃんと食べているよ」 (8)ティズトレメンダス・猿橋助手「鞍上は1800メートルまでもつと言っている。動きもいい」 (9)プリンセスジャック・加用調教師「追い切りは予定どおり。前走からの上積みは大きい」 (10)シーブリーズライフ・菊川調教師「今回はメンコを試してみる予定。カイ食いも戻った」 (11)サウンドリアーナ・佐藤正調教師「上積みは十分。ファンタジーSを勝ったとき(482キロ)くらいの体になる」 (12)トーセンソレイユ・シュタルケ騎手「細いしチャカチャカしているが、走ると競走馬らしくなる。瞬発力がすごい」 (13)クロフネサプライズ・田所秀調教師「力をつけたし勝負根性がある。前へ行けるのも強み」 (14)レッドオーヴァル・安田隆調教師「体調は前走時以上。馬体も430キロ台で出せそうだ」 (15)ナンシーシャイン・川又助手「精神面が強くてバリバリ攻められる。距離もこなせる」 (16)ジーニマジック・小笠調教師「減った体は戻った。相手なりに」 (17)コレクターアイテム・須貝尚調教師「前走は大人しすぎた。折り合えば必ずいい脚を使う」 (18)メイショウマンボ・飯田祐調教師「阪神JFで負けたときは馬がイライラしていた。今はすべてを受け入れた感じで馬が全然違う」
2013年4月4日(木) 12:34

 482

桜花賞の直前追い切り情報をもっと見る >

桜花賞過去10年の結果

2012年4月8日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2011年4月10日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2010年4月11日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 アパパネ 蛯名正義 1:33.3 2.8倍 97.4
2着 オウケンサクラ 安藤勝己 1/2 9.9倍 96.7
3着 エーシンリターンズ 福永祐一 クビ 29.1倍 96.7

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

桜花賞ステップレース

2013年3月16日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 4 サクラプレジール 横山典弘 1:50.0 3.6倍 88.9
2着 11 エバーブロッサム 戸崎圭太 ハナ 5.6倍 88.9
3着 6 リラコサージュ 柴田善臣 クビ 18.3倍 88.9
4着 2 エクスパーシヴ 村田一誠 クビ 41.4倍 88.2
5着 1 ダイワポライト 丸田恭介 1 1/4 11.8倍 86.9
2013年3月10日() 阪神競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 4 メイショウマンボ 川田将雅 1:22.1 4.4倍 95.7
2着 1 ナンシーシャイン 大野拓弥 1 1/4 10.1倍 94.0
3着 16 ティズトレメンダス 川須栄彦 1/2 38.4倍 93.1
4着 3 ノーブルコロネット 池添謙一 ハナ 13.2倍 93.1
5着 15 シーブリーズライフ 田中勝春 クビ 12.0倍 93.1
2013年3月9日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 5 クラウンロゼ 三浦皇成 1:34.7 3.6倍 90.5
2着 2 ジーニマジック 田中勝春 3/4 4.4倍 89.8
3着 16 サクラディソール 横山典弘 1 1/4 3.3倍 88.3
4着 14 ウリウリ 吉田豊 3/4 12.6倍 87.5
5着 13 マカゼコイカゼ 田辺裕信 1/2 21.8倍 86.8
2013年3月2日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 7 クロフネサプライズ 武豊 1:34.9 6.5倍 98.6
2着 13 ウインプリメーラ 和田竜二 3 1/2 24.6倍 94.1
3着 6 アユサン 丸山元気 3/4 13.6倍 93.3
4着 12 ヴィルジニア 池添謙一 クビ 12.1倍 92.6
5着 1 グッドレインボー W.ビュイック ハナ 17.1倍 92.6
2013年2月9日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 15 ウキヨノカゼ W.ビュイック 1:34.6 8.3倍 91.3
2着 4 スイートサルサ 田辺裕信 クビ 5.7倍 91.3
3着 2 イリュミナンス 福永祐一 クビ 3.5倍 90.6
3着 12 ジーニマジック 三浦皇成 クビ 37.5倍 90.6
5着 8 トロワボヌール 柴田善臣 2 1/2 28.6倍 87.5

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

桜花賞の歴史と概要


2016年の優勝馬ジュエラー

皐月賞東京優駿日本ダービー)、菊花賞優駿牝馬オークス)とともに“3歳クラシック”の一角を成すレースであり、牝馬3冠の1冠目に数えられる。仕上がりの早さとスピード能力が問われる一戦で、過去に多くの快速牝馬たちが栄冠を勝ち取ってきた。この桜花賞、約1カ月半後に開催されるオークス、秋に行われる秋華賞(このレースはクラシック外)の3タイトルをものにし“牝馬3冠”の称号を手にしたのは、メジロドーベル(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭が存在する。第35回(1975年)は単勝支持率88%で1.1倍の断然人気を集めたテスコガビーが、2着に1.9秒という桜花賞史上最大着差をつけて勝利。この圧勝劇は、実況を担当した関西テレビの杉本清アナウンサーの「後ろからはなんにも来ない」という名調子とともに、今も語り草となっている。第50回(1990年)の勝ち馬アグネスフローラ、第53回(1993年)の勝ち馬ベガは、繁殖にあがってからも優秀な産駒を輩出し、G1ホースの母となった。阪神競馬場が改修されて直線距離が延びてからは鮮烈な追い込み勝ちも見られるようになり、第69回(2009年)のブエナビスタ、第74回(2014年)のハープスター、第76回(2016年)のジュエラーらが、目の覚めるような直線一気を決めて先頭でゴール板を駆け抜けている。

▼2014年のハープスターは最後方から直線で他の17頭をごぼう抜きし優勝。

歴史と概要をもっと見る >

桜花賞の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年2月25日(
中山記念 G2
阪急杯 G3

競馬番組表

2018年2月24日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2018年2月25日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る