ベルクワイア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝2 鹿毛 2016年2月23日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 1戦[0-1-0-0]
総賞金280万円
収得賞金0万円
英字表記Bell Choir
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
スカーレットベル
血統 ][ 産駒 ]
エリシオ
スカーレットレディ
兄弟 ダノンリバティフォンターナリーリ
前走 2018/06/17 2歳新馬
次走予定

ベルクワイアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/17 東京 5 2歳新馬 芝1600 167131.312** 牝2 54.0 C.ルメー国枝栄496(--)1.36.5 0.035.3トーセンギムレット

ベルクワイアの関連ニュース

 デスク 17日の東京芝1600メートルで新馬勝ちしたトーセンギムレットは見事だったな。

 片岡 在厩で調整して、札幌2歳S(9月1日、札幌、GIII、芝1800メートル)を目標にするみたいや。「まだ体に余裕はあったけど、いいレース内容だった」と山口助手の期待は大きいで。

 デスク 評判馬ベルクワイアに競り勝ったのは評価できるな。他にも情報はあるのか。

 片岡 牝馬GI5勝を挙げたメジロドーベルの最後の産駒ピンシェルが、今週末に美浦トレセンに入厩するらしいわ。全兄ホウオウドリームは芝2400メートルで全4勝。高橋文調教師は「捻挫で入厩が延びた。先日、牧場で見てきたら、体がゆったりとした感じになり、良くなってきた」と雰囲気の良さを伝えてくれましたわ。

 漆山 函館競馬場からは祖母にトゥザヴィクトリーを持つ良血馬を。一昨年のセレクトセール当歳市場で9072万円(税込み)の高値をつけたリオンリオンが現在、ゲート練習に励んでいます。「手脚が軽く、柔らかいフットワークで乗り味もいい。血統もいい馬だし、来年の春が楽しみ」と額田助手はクラシックを意識しています。

 デスク 最後に栗東からも頼む。

 宇恵 7月7日の中京芝1400メートルでデビューを予定しているアスカリの報告を。こちらもセレクトセールで8856万円(同)の期待馬です。「調教通りの走りをできれば楽しみですね。母はダートの血筋ですが、父はキンカメですから。真面目で前向きな馬ですよ」と西園調教師も高評価。馬体は現段階で510キロほどで、ゲートは無難に出るようです。「将来的にうちの厩舎を背負う馬になってもらわないと」とまで期待していますよ。

【新馬戦結果】トーセンギムレット、クビ差で制す 2018年6月18日(月) 05:00

 【東京】5R新馬(芝1600メートル)は、中団の内から伸びた3番人気トーセンギムレット(美・萱野、牡、父ディープブリランテ)が好位から早めに先頭に立っていた1番人気ベルクワイアとの競り合いをクビ差で制して勝ち上がった。タイム1分36秒5(良)。「調教から動きがいいと思っていて、レースでもその通りの走りでした。大きい仕事ができそう」と岩部騎手。札幌2歳S(9月1日、札幌、GIII、芝1800メートル)を視野に入れる。

 6R新馬(芝1400メートル)は、ロードアクア(栗・浅見、牡、父ロードカナロア)が3番手から抜け出し、1分24秒8(良)で1番人気に応えた。「強かったね。きょうは折り合えたし、1600メートルも大丈夫だと思うけど、次は折り合いは少し心配」とM・デムーロ騎手。

 【阪神】5R新馬(芝・外1600メートル)は、ショウリュウイクゾ(栗・佐々木、牡、父オルフェーヴル)が出負けしながらもしぶとく脚を伸ばして勝利を飾った。タイム1分35秒8(良)。「スタートで横によろけるところがありました。(勝負どころで)思いのほか物見もしていましたけど、直線でステッキを入れたらしっかり反応してくれました」と浜中騎手。母はチューリップ賞など重賞を3勝したショウリュウムーン(父キングカメハメハ)。今後は放牧に出て、様子を見ながらになるが、佐々木師に全10場重賞制覇がかかる新潟2歳S(8月26日、新潟、GIII、芝1600メートル)も視野に入れられる。

 【函館】5R新馬(芝1200メートル)は、3番人気ナンヨーイザヨイ(栗・松永幹、牡、父エイシンフラッシュ)が2番手から抜け出して快勝した。タイム1分9秒4(良)。オーナー、鞍上、厩舎、担当助手、生産牧場は、昨年の開幕週に芝1200メートルの新馬戦を制したナンヨープランタンと全て同じだった。「まじめな馬でゲートも速かった。まだ太くてモコモコしていたので、上積みはありそう」と岩田騎手。函館2歳S(7月22日、函館、GIII、芝1200メートル)への参戦を予定している。

[もっと見る]

【2歳新馬】東京5R トーセンギムレットが差し返してV 2018年6月17日() 12:48

 6月17日の東京5R・2歳新馬(芝1600メートル)は、岩部純二騎手騎乗の3番人気トーセンギムレット(牡、美浦・萱野浩二厩舎)が中団追走から直線、内めを追い込んでV。直線半ばで先頭に立ったトーセンギムレットは、一旦は外のベルクワイアにかわされたものの、しぶとく盛り返してのデビュー勝ち。タイムは1分36秒5(良)。

 クビ差の2着には2頭並び逃げの外から直線は馬場の真ん中を伸びたベルクワイア(1番人気)、さらに2馬身半差遅れた3着に好位追走から外めを伸びたプッシーウィロー(14番人気)。

 トーセンギムレットは、父ディープブリランテ、母エラドゥーラ、母の父スルトリーソングという血統。3代母のMocita Miaは1982年タンテオデポトランカス・チリGIの勝ち馬。



★17日東京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新馬戦スター発見伝】ベルクワイア2018年6月15日(金) 05:01

 2冠牝馬アーモンドアイを送り出した国枝厩舎から、同じロードカナロア産駒の素質馬が登場だ。今週は水準級の時計だったが、先週6日にWコース(4ハロン50秒9-12秒6)の3頭併せで内に2馬身、外に5馬身先着と軽快な動きを見せた。「先週しっかりやって、できている。アーモンドアイとはタイプが違うけど、いいものを持っている」と佐藤助手。ダート5勝の半姉フォンターナリーリ(父クロフネ)など兄姉はパワータイプが多いが、「最初はそう思ったけど、動かしたら軽くなってきた。意外と大丈夫かな」と芝適性を見込む。



ベルクワイアの競走馬詳細はこちら

[もっと見る]

ベルクワイアの関連コラム

関連コラムはありません。

ベルクワイアの口コミ


口コミ一覧

新馬戦の1倍代

 シャルロット 2018年6月30日() 19:20

閲覧 51ビュー コメント 0 ナイス 5

新馬戦でよく単勝1倍代のオッズになっている馬がいると思うがそのような馬を買うのはトータルで見るとリスキーだと思います〜。
今年だとサートゥルナーリアやベルクワイアなどがいますがまだまだゲートや能力で不安な部分も多いので大金をつぎ込むのはやめたが良さそうですね。

こんなこと言っている私も去年はブレステイキングの新馬戦で単勝しこたま買って痛い目見た覚えがあります笑笑
(次走で単勝3倍だったので取り返しましたけど)
ブレステイキングは堀厩舎の去年の1番とか言われてましたね。しかしクラシックは出れていません。
よって新馬戦に大金つぎ込むのはやめましょう!
結論↑

では明日も競馬頑張りましょう〜!

 ムーンシュタイナー 2018年6月17日() 18:06
18-19 POG 6/17新馬戦 注目馬:ショウリュウイクゾ
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 4

■阪神5R 芝1600m

ショウリュウイクゾ
オルフェ産駒らしくパドックの印象は「緩そう」。
二の足が利かないスタートから最後方。
昨年のオルフェ産駒の牡馬はほとんどが
こんな感じで走れなていませんでしたが、
残り800から手を動かしはじめて先団にとりつくと、
少し狭くなった直線も気にすることなく
坂での減速少なく、ストライドで勝ちました。
残りの3頭はラスト200で甘くなっているので、
その差ではありますが、緩いなーと思う馬なので、
伸びしろを考えるとなかなかいい馬です。

ブールバール
マイル+外回りOKなので、選択肢は広そう。
体が小さいが、この厩舎なので使ってはくれそう。

テルモードーサ
そこそこの素質はありそう。
思ったより真面目に走っていたのが収穫です。
ただ長い脚使うタイプではないので内回りかな。
マイルもこなせそうだけど、
最終的には1400ベストとなりそう。
この厩舎がどう育てて使っていくか、
不安があるにはありますが。頼みます。

フォートワズワース
これも血統や走りからマイルベストではない。
1400以下内回りですね。
結構しっかり乗り込んでいたので
ちょっと期待外れでした。


■東京5R 芝1600m

ベルクワイア
やっぱり調教のとおり、固い感じが強いですね。
早め先頭で出し抜けで負けたわけではないと思います。
父カナロアで牝馬でしたが、さすがに母系のパワーが
強すぎる感が強い。
今の時期でこれだと、難しいんじゃないかと。
もちろん全体的な能力は高いのですが…

トーセンギムレット
いい馬ですね。
調教も動いていましたが、ベルクワイアと対照的に
ストライド伸びます。
まだ幼い感じなので、実が入ってくれば
もっと走れそう。これは将来性ありでは。
おっと、指名されていないですね。


■東京6R 芝1400m

レディードリー
本命でしたが5着でした。
大きく出遅れ、大外捲って直線は前の馬が邪魔。
そもそもスローペースでこの内容なら次走も
チェックしておきます。


■6/16 函館5R 芝1000

ウインスピリタス
評判馬でしたが、骨膜が出るなど、
これで出走するの?というここ2週の調教内容。
それでも楽に先手獲り単勝39.8倍。
能力だけで勝ちました。
さすがに余裕はなく、この内容で
次の1200mはどうかと思いますが、
血統的にも洋芝のここが稼ぎどころで
状態面含めて注視したい。

[もっと見る]

 柴犬ドラ吉 2018年6月17日() 17:01
結果
閲覧 81ビュー コメント 4 ナイス 29

ベルクワイア2着(>_

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルクワイアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:1人 2018年6月17日() 12:37:05
厩舎・騎手で抜きん出た人気馬だったが、まさかの2着敗戦で期待外れの一語。
スカーレットベルの仔はやはり大物は出ない模様。

ベルクワイアの写真

投稿写真はありません。

ベルクワイアの厩舎情報 VIP

2018年6月17日2歳新馬2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベルクワイアの取材メモ VIP

2018年6月17日 2歳新馬 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。