ミックベンハー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ミックベンハー
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2015年3月7日生
調教師畠山吉宏(美浦)
馬主有限会社 キラット・ワン
生産者リトルブルーファーム
生産地清水町
戦績 8戦[2-2-1-3]
総賞金2,085万円
収得賞金900万円
英字表記Mic Ben Hur
血統 スマートボーイ
血統 ][ 産駒 ]
アサティス
アンラブル
クロエチャン
血統 ][ 産駒 ]
スパイキュール
トレローニー
兄弟
前走 2018/06/17 ユニコーンステークス G3
次走予定

ミックベンハーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/17 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 1681697.91411** 牡3 56.0 藤田菜七畠山吉宏474(0)1.36.8 1.836.3⑬⑭ルヴァンスレーヴ
18/04/28 東京 6 3歳500万下 ダ1600 161212.851** 牡3 54△ 武藤雅畠山吉宏474(-8)1.38.4 -0.038.6⑤⑤コスモロブロイ
18/01/27 東京 7 3歳500万下 ダ1600 151123.3611** 牡3 53▲ 武藤雅畠山吉宏482(-2)1.39.5 2.137.5⑮⑭ダンケシェーン
18/01/06 中山 6 3歳500万下 ダ1800 1671410.353** 牡3 53▲ 武藤雅畠山吉宏484(+2)1.55.5 0.239.6⑦⑦⑦⑧ワカミヤオウジ
17/12/17 中山 7 2歳500万下 ダ1800 15357.757** 牡2 52▲ 武藤雅畠山吉宏482(-4)1.57.9 1.239.6⑤⑤⑨⑨タイキフェルヴール
17/11/25 東京 9 カトレア賞 500万下 ダ1600 86625.862** 牡2 55.0 武藤雅畠山吉宏486(+2)1.38.3 0.136.7⑤⑤ルッジェーロ
17/09/30 中山 1 2歳未勝利 ダ1800 16234.421** 牡2 51▲ 武藤雅畠山吉宏484(0)1.56.9 -0.439.7④⑤コパノステラート
17/09/10 中山 4 2歳新馬 ダ1800 164773.8142** 牡2 51▲ 武藤雅畠山吉宏484(--)1.57.4 0.239.2⑫⑫⑩⑥スペースファルコン

ミックベンハーの関連ニュース

 ◆田中勝騎手(エングローサー3着) 「勝った馬は(力が抜けていて)仕方ないけど、直線半ばで2着馬に前をカットされたのが痛かった」

 ◆柴田大騎手(ホウショウナウ4着) 「最初は少し一生懸命だったが、その後はうまく息を入れて、最後もひと踏ん張りしてくれた」

 ◆江田照騎手(セイウンクールガイ5着) 「内枠なので行くしかないと思っていた。真面目に走るようになり、かわされてからも頑張っている」

 ◆津村騎手(トキノパイレーツ6着) 「少し出負けしたが、馬群では掛かるぐらいの勢い。いつもと違う形の競馬だったが、頑張ってくれた」

 ◆藤田騎手(ミックベンハー11着) 「ゲートはポンと出たが、そこから物見して進んでいけなかった。最後はジリジリ伸びています」

★17日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら

【ユニコーンステークス】U指数的考察2018年6月17日() 11:00

ユニコーンステークスの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
指数上位馬は比較的安定しており、指数1~3位馬が揃って2着連対を逃した年はない。

1位→⑦グリム
2位→⑨コマビショウ
3位→⑭ルヴァンスレーヴ

<ポイント②>
馬券絡みの勝負ラインは指数9位。これを下回っている馬の好走は2013年以降ゼロ。ゆえに、穴を狙うにしても低指数馬の組み合わせは避けたほうがいいだろう。

指数10位以下

セイウンクールガイ
プロスパラスデイズ
トキノパイレーツ
ベストマイウェイ
リョーノテソーロ
ダンケシェーン
ミックベンハー

<ポイント③>
指数上位馬が幅を利かせやすい一方で、指数6~9位馬が毎年のように上位に食い込んでいる。好配当の使者になるケースもあるので、決して侮れない存在といえよう。

6位→⑤グレートタイム
7位→⑫エングローサー
8位→⑧ハーベストムーン
9位→⑩バイラ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ユニコーンステークス】斬って捨てる!2018年6月17日() 10:35

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のユニコーンステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
キャリア9戦以上の連対例は皆無(2008年以降)

セイウンクールガイ
タイセイアベニール
バイラ
エングローサー

前走でG1に出走していた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

リョーノテソーロ

前走500万クラス以下のレースで敗退、あるいは1着でも着差が0秒3以下だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

トキノパイレーツ
ホウショウナウ
ベストマイウェイ
エングローサー
ミックベンハー

【人気】
10番人気以下の連対例はゼロ(2008年以降)
※10時00分現在の10番人気以下

セイウンクールガイ
タイセイアベニール
トキノパイレーツ
ホウショウナウ
ベストマイウェイ
ダンケシェーン
ミックベンハー

前走500万下1着かつ、当日3番人気以下の連対馬はなし(2008年以降)
※10時00分現在の3番人気以下かつ、該当馬

プロスパラスデイズ
トキノパイレーツ
ホウショウナウ
ベストマイウェイ
エングローサー
ミックベンハー

前走で芝のレースに出走かつ、当日4番人気以下の連対馬は皆無(2008年以降)
※10時00分現在の4番人気以下かつ、該当馬

セイウンクールガイ
リョーノテソーロ

【脚質】
前走で4角8番手以降だった馬は、前走オープンクラス以上のレースで連対していた馬を除くと連対例はなし(2008年以降)

セイウンクールガイ
エングローサー
リョーノテソーロ
ダンケシェーン

【枠順】
前走で3着以下敗退かつ、1~2枠馬の連対例はゼロ(2008年以降)

セイウンクールガイ

【血統】
ヌレイエフ系またはヴァイスリージェント系を除き、ノーザンダンサー系種牡馬を父に持つ馬の連対例はゼロ(2008年以降)

セイウンクールガイ
タイセイアベニール
プロスパラスデイズ
バイラ
エングローサー
リョーノテソーロ
ダンケシェーン
ミックベンハー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
グレートタイム
グリム
ハーベストムーン
コマビショウ
ルヴァンスレーヴ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ユニコーンS】ルヴァンスレーヴが単勝2.6倍で1番人気 2018年6月16日() 18:14

 4月21日から行われてきた東京開催は残り2週となったが、今週は最後の平地重賞となる3歳ダートGIIIユニコーンS(1600メートル)が17日に行われる。優勝馬の約半分が後にGIを制している出世レース。世代のダートの猛者が一挙に集結するレースだけあり、この一戦を勝った馬は将来の飛躍が約束されているといっても大げさではない。

 昨年の交流GI全日本2歳優駿を制したルヴァンスレーヴが単勝2.6倍で1番人気、ユニコーンSと同舞台の青竜Sの勝ち馬グリムが単勝4.0倍で2番人気、オープンの鳳雛S2着のグレートタイムが単勝7.0倍で3番人気、鳳雛Sを勝ったハーベストムーンが単勝7.3倍で4番人気、4戦ぶりにダート戦に戻る米国産馬リョーノテソーロが単勝11.0倍で5番人気となっている。



 ユニコーンステークスは17日、東京競馬場(11R)で、午後3時45分にスタートが切られる。

 前日最終オッズは以下のとおり。



(左から)枠番-馬番 馬名  単勝オッズ

1-1 セイウンクールガイ 72.3

1-2 タイセイアベニール 99.4

2-3 プロスパラスデイズ 47.4

2-4 トキノパイレーツ  60.9

3-5 グレートタイム    7.0

3-6 ホウショウナウ   42.8

4-7 グリム        4.0

4-8 ハーベストムーン   7.3

5-9 コマビショウ    16.7

5-10バイラ       30.1

6-11ベストマイウェイ  59.3

6-12エングローサー   32.5

7-13リョーノテソーロ  11.0

7-14ルヴァンスレーヴ   2.6

8-15ダンケシェーン   60.4

8-16ミックベンハー   43.7



ユニコーンSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ユニコーンステークス】ズバリ調教診断!2018年6月16日() 16:30

日曜日に行われるユニコーンステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


セイウンクールガイ
最終追い切りは坂路で併せ馬を実施。リズム感のある走りを見せ、馬なりで併走先着を果たした。1週前にも坂路でマズマズの時計をマークしており、状態面の不安は少ない。ただし、前脚の柔らかさに欠け、いかにも短距離馬という印象。動きを検証する限り、距離延長に対する疑問は残る。

タイセイアベニール
この中間は栗東坂路でみっちり乗り込まれ、調教量は十分すぎるほど。坂路で行われた最終追い切りは上がり重点の調整だったが、ブレの少ないフォームで最後までしっかりと駆け抜けた点は好感が持てる。順調とみていいだろう。

プロスパラスデイズ
中2週かつ再度の東上ということあってか、この中間は栗東坂路で軽めの調整。とはいえ、最終追い切りでは軽々とラスト2F25秒1のタイムをマーク。まとまりのあるフォームで駆けるさまは、なかなかのもの。いい状態をキープしているのではないか。

トキノパイレーツ
2週前、1週前と2週続けて南Wで併せ馬を行い、好時計を記録。最終追い切りも鞍上の合図に反応良く応えて、キッチリと追走先着を果たした。若干、伸びやかさに欠けるところはあるが、許容範囲の部類。現状の力を出せるだけのデキにある。

グレートタイム
最終追い切りは栗東CWで長めから。僚馬を追いかけるかたちで負荷をかけ、軽く促されると徐々に差を詰め、最後は前を捕まえてゴールした。全体時計は遅いものの、ラスト1Fは11秒台半ばの好ラップを計測。馬体も良く、好仕上がりととらえてもいいのではないか。

ホウショウナウ
この中間は栗東坂路と栗東CWを併用して、順調にメニューを消化。とはいえ、中間の時計に目立つものはなく、CWで行われた最終追い切りの内容も平凡。ケイコ駆けしないタイプではあるが、相手強化の重賞では一抹の不安を感じる。

グリム
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、タフな馬場状態にもかかわらず、余力残しでラスト1F12秒台前半の好ラップを計測。栗東坂路で行われた最終追い切りでは、4Fタイム自己ベストを更新、ラスト1Fも12秒3のラップを叩いてきた。軸のブレない走りには目を見張るものがある。いい状態でレースに臨めるのではないか。

ハーベストムーン
最終追い切りは栗東坂路で上がり重点の調整。序盤は頭が高く、脚元もバタついていたが、仕掛けられてからの動きは上々で、キッチリと加速ラップを刻んできた。全体時計は遅いものの、6月10日に坂路で4F51秒6をマークしており、問題はなさそう。及第点の仕上がりとみていい。

コマビショウ
間隔が詰まることもあってか、この中間は栗東坂路で上がり重点の調整。最終追い切りの全体時計こそ平凡だが、終いの脚はしっかりと伸ばしているので、大きな問題ではない。とくに悪い点が表面化しているわけではなく、この馬なりに順調ととらえてもいいのではないか。

バイラ
1週前に栗東CWで6Fから追われ、全体80秒割れの好時計を記録。場所を栗東坂路に移して行われた最終追い切りでは、余力残しでキレイな加速ラップを踏んできた。若干、首の動きに硬さが見られる半面、四肢の動きについては文句なし。今回の条件がマッチするかどうかはさておき、好ムードであることは間違いない。

ベストマイウェイ
栗東坂路で行われた最終追い切りは、多少ズブい面を見せて併走馬を抜き去るまでに時間を要したものの、長くいい脚を使ってラスト1Fを12秒2でまとめてきた。少しワンペースな走りだが、力強さは十分。自身の力を出せる仕上がりとみてとれる。

エングローサー
栗東CWで実施した1週前追い切りでは、タフな馬場状態を問題にせず、好時計を記録&併走馬を圧倒。栗東坂路で行われた最終追い切りでも、躍動感のある走りを披露した。頭の高さが少し気になるものの、気配は決して悪くない。

リョーノテソーロ
この中間は坂路と南Wの併用でビッシリと乗り込まれ、毎週のように好時計をマーク。南Wで行われた最終追い切りでは半マイルから追われ、ラスト1F12秒台前半の好ラップを叩いてきた。攻め巧者だけに、過剰な評価はできないが、好気配であることは疑いようがない。

ルヴァンスレーヴ
最終追い切りは南Wで6Fから併せ馬を実施。動きそのものは決して悪いわけではないのだが、鞍上の合図に対する反応が鈍く、とにかくズブい。走破時計は及第点なので、マイナス材料にはならない半面、好評価をするわけにもいかない判断に悩ましい1頭である。

ダンケシェーン
再度の東上となるが、2週前に栗東CWで6Fから好時計をマーク。栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、不良馬場をモノともせず、4F51秒6の好ラップを馬なりで記録した。同じく坂路で実施した最終追い切りは軽めに流して加速ラップを計時。とにかく元気の良さが目立つ1頭だ。

ミックベンハー
1週前追い切りは南Wで5Fから追われ、上々の時計をマーク。同じく南Wで行われた今週の追い切りでも、マズマズの動きを見せた。半面、前脚の出が堅く、一本調子な面は否めない。良くも悪くも平行線、といったところか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ユニコーンステークス】重賞データ分析2018年6月16日() 14:20

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるユニコーンステークスのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
2013年以降の勝ち馬すべてに東京ダート1600mでの勝利経験

プロスパラスデイズ
トキノパイレーツ
グリム
ルヴァンスレーヴ
ダンケシェーン
ミックベンハー

芝戦もしくは芝スタートのダート戦での勝利経験がある馬が好調(2013年以降)

セイウンクールガイ
タイセイアベニール
プロスパラスデイズ
トキノパイレーツ
ホウショウナウ
グリム
バイラ
エングローサー
リョーノテソーロ
ルヴァンスレーヴ
ダンケシェーン
ミックベンハー

【人気】
1~5番人気で1~2着をほぼ独占(2008年以降)
※土曜日14時00分現在の1~5番人気

グレートタイム
グリム
ハーベストムーン
コマビショウ
ルヴァンスレーヴ

【脚質】
差し、追い込みタイプが台頭(2008年以降)

グレートタイム
グリム
ハーベストムーン
ベストマイウェイ
ルヴァンスレーヴ
ダンケシェーン

※近3走の走りを参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
6~8枠(大外馬番除く)優勢(2008年以降)

ベストマイウェイ
エングローサー
リョーノテソーロ
ルヴァンスレーヴ
ダンケシェーン

【血統】
ゴールドアリュール産駒が活躍(2011年以降)

ホウショウナウ

父サンデーサイレンス系が毎年のように上位進出(2011年以降)

ホウショウナウ
グリム
ハーベストムーン

父もしくは母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬に注意(2011年以降)

プロスパラスデイズ
トキノパイレーツ
グレートタイム
コマビショウ
エングローサー
リョーノテソーロ


【4項目以上該当馬】
グリム(5項目)
ルヴァンスレーヴ(5項目)
ダンケシェーン(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミックベンハーの関連コラム

関連コラムはありません。

ミックベンハーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 166ビュー コメント 0 ナイス 1

面白いロケットニュース24
狙うは万馬券の完全的中! 3連単予想マシン「マンバくん」が導き出す夢馬券 / ユニコーンS・函館スプリントSのシンクロ予想─ロケットニュース24  / 2018年6月16日 9時26分原田たかし昨日
https://rocketnews24.com/2018/06/16/1074484/

USA! USA!! 相変わらずDA PUMPの勢いがヤバいですね。今週末も理論無視で数字を導き出してくれる「マンバくん」のお時間がやってきました。全国的に梅雨らしい天気が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。もちろん競馬で一勝負ですよね、分かります。

さてさて、今週末は東京競馬場で「ユニコーンS」、函館競馬場で「函館スプリントS」が開催されます。来週(6月24日)は2018年の前半戦を締めくくる「宝塚記念」があるので、ここいらで軍資金をガッポリ稼いでおきたいところですね。それでは、マンバくんよろしく〜!!

・ユニコーンSの予想
まずはユニコーンSの予想からいきましょう。過去数年のレースを見ると、荒れた年もありますが基本的にはお堅い結果が多いです。同レースからG1馬も生まれているので、今後のダート界を占う一戦と言っても過言ではないでしょう。

人気になりそうなのは、全日本2歳優駿を勝ったルヴァンスレーヴ 。そしてOPの青竜Sを勝ったグリムあたりでしょうか。それでは、今週もマンバくんと真剣にシンクロし、戦いの行方を占っていきます。DA PUMPのようにカモベビってマンバくんをシェイクすると……

壊れた\(^o^)/ 上蓋が吹っ飛んだ!!

フタが飛ばないよう、控えめにカモベビって出てきた番号は……!

◎本命 「16・ミックベンハー」
◯対抗 「12・エングローサー」
▲単穴「8・ハーベストムーン」

「16」「12」「8」。来ました。さすが万馬券ハンターです。藤田菜七子騎手のミックベンハーを指名し、「史上初となるJRA女性騎手による重賞勝ち」を予想してきました。抽選を突破して出走しているので、運も味方につけて欲しいですね。

・函館スプリントSの予想
お次は函館スプリントSの予想です。ここ数年1番人気が飛び続けており、なかなか荒れるレースのイメージがあります。こんなの当てられないよ……という時こそマンバくんの出番でしょう。

人気は高松宮記念3着のナックビーナス 、G3を2勝しているダイアナヘイローあたりですかね。それでは、再び精神統一し、マンバくんから数字を導いてもらいましょう! ガチャリッ……!!

えっ……!

こ、これは……!!

◎本命 「9・ヒルノデイバロー」
○対抗 「5・タマモブリリアン」
▲単穴「12・エポワス」

「9」「5」「12」。やはり荒れるということなのでしょうか、かなり強欲なシンクロ予想結果となりました。予想が難しいとなれば、これくらい大胆にいかないと当たらないのかもしれません。なんていうか……ごきげんだぜっ!

私(万馬券原田)は、各レース3頭のボックス買いで6通りの600円を買う予定。高配当が予想されるので、当たったら高級料理を食べたいと思います。それでは皆さん、よい週末を! グッドラック!!

参照元:JRA公式サイト
予想:マンバくん
執筆補佐:万馬券原田
Photo:RocketNew

競馬ビンゴとはいかんぜよ。 ハズレ当然でしょ。そんなもんで的中するなら苦労せん。大爆笑
カンバック デンジャラスさん どこに行った。競馬やめちまったかな。?

 ブルー☆ギラヴァンツ 2018年6月16日() 22:43
6/17 特別レース 重賞レース予想
閲覧 111ビュー コメント 1 ナイス 2

こんばんは 明日 6/17 特別レース予想です
No.422 阪神 9 箕面特別(1000万下) ◎ オールドベイリー ◯ スズカグラーテ
No.423 阪神 10 灘S(1600万下) ◎ ノーブルサターン ◯ ハイランドピーク

No.424 阪神 11 米子S(OP) ◎ タイセイサミット ◯ アメリカズカップ
No.425 東京 9 青梅特別(1000万下) ◎ ムイトオブリガード ◯ フォイヤーヴェルク
No.426 東京 10 町田特別(1000万下) ◎ シヴァージ ◯ ワイルドカード
No.427 東京 11 ユニコーンS(G3) ◎ ルヴァンスレーヴ ◯ グリム

No.428 函館 10 木古内特別(500万下) ◎ アルゴセイコウ ◯ ゴールドクロス
No.429 函館 11 函館スプリントS(G3) ◎ ナックビーナス ◯ ティーハーフ
No.430 函館 12 北斗特別(1000万下) ◎ クリノヤマトノオー ◯ スティッフェリオ
続いて重賞レース予想です

No. 67 ユニコーンステークス ◎ グリム ◯ ルヴァンスレーヴ △ コマビショウ ☆ グレートタイム ミックベンハー
No. 68 函館スプリントステークス ◎ ナックビーナス ◯ ティーハーフ △ ワンスインナムーン ☆ ダイアナヘイロー セイウンコウセイ

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年12月18日(月) 21:51
馬券メモ(2017/12/16・17)
閲覧 148ビュー コメント 0 ナイス 7

先週行われたレースの本命馬回顧をしていきます。


【4回中京5日】

■7R エレクトロポップ 2人気2着

中団外めの位置からスムーズな形でレースを運びましたが、
モズアトラクションの鬼脚に屈し、2着まで。

■8R リライアブルエース 1人気2着

スローペースでなんとか折り合いをつけていましたけど、
楽逃げしていたティーエスクライにそのまま押し切られてしまいました。
安定はしているけれど、詰めの甘さを見せる、というもどかしいレースが続いています。

■9R レッドオーガー 3人気1着

スタート後の出足はイマイチでしたが、
中途半端なレースをせず、果敢に先行した事が功を奏しました。

■10R モデレイト 7人気2着

好位の内で脚を溜める競馬で2着を確保。
前走に引き続いて好結果を残していますので、500万下を勝ち上がるのは時間の問題だと思います。

■11R ラヴィングアンサー 2人気9着

可もなく不可もなく、というレースでした。
直線で馬群の外に出せれば着順を上げられたかもしれませんけど、
まだまだクラス慣れが必要ですね。

■12R マテンロウゴースト 2人気1着

ライブの映像ではキャリアベストに差されたように見えましたが、残っていましたね。
長期休養明け2戦目でも反動はなかったようですし、先々も楽しみです。


【5回阪神5日】

■7R ジオラマ 1人気4着

内枠でしたから、馬群に閉じ込められる事を事前に想定しておかなきゃいけません。
予想の基本を怠っているようじゃ話になりませんね。

■8R スズカフリオーソ 2人気3着

まずまずのレースをしていますけど、
上位2頭は上手な立ち回りをしていましたから、
位置取りやレース運びの差がそのまま着順になった、という印象を持っています。

■9R バーニングペスカ 2人気2着

アンフィトリテの実力が未知数という状況でしたので、
キャリア豊富なバーニングペスカの方を上位評価したんですけど、
直線で強烈な末脚を使ったアンフィトリテにあっさり交わされてしまいました。

■10R ランドハイパワー 9人気12着

出ムチを入れて先行する形。
直線入り口までは見せ場を作りましたが、終いはバタバタでした。

■11R アットザシーサイド 2人気5着

もう1列前のポジションにいてほしかったんですけどね…。
直線でも馬群をさばけませんでしたし、消化不良なレースでした。

■12R レプランシュ 4人気3着

スタートがまともだったら…という内容ですけど、
ボウマン騎手は精一杯のレースをしてくれました。


【5回中山5日】

■7R リアリスト 1人気6着

スタート後の出足が鈍り、中途半端な位置取りになった事がすべてです。
過剰人気馬に手を出してしまいました。

■8R アスタースウィング 2人気13着

前に取り付く時に脚を使わされ、終いはバタバタ。
古馬相手の1000万下だと3着が精一杯の馬でしたし、
馬券の軸にすべき存在ではなかったです。

■9R マイネルキャドー 6人気1着

平均ペースに持ち込んでの逃げ切り勝ち。
先行力がものを言う中山芝コースがベストですね。

■10R カフェブリッツ 1人気11着

良かったのはスタートだけで、スローペースだったのに行き脚がつかない、という厳しい競馬でした。
追い切りで好時計を出していても、休み明け初戦だったのですから、
もっと慎重な扱いをすべきでした。

■11R(ターコイズS)ラビットラン 1人気4着

中山コースは合う、と考えていましたが、
馬群の大外を回る形になり、急坂を登り切ったところで脚をなくしてしまいました。
大外一気の競馬で勝てるほどの器じゃない、というところを見抜く必要がありました。

■12R イタリアンホワイト 1人気14着

中団位置でじっと構えていましたけど、
3~4角で前にいた馬が下がってきたところでポジションを一気に落とし、
直線に向いた時には絶望的な位置取り、というどうにもならないレース運び。
不運な面があったのは否定しませんが、瞬発力がある馬じゃないので、もっと早く仕掛けるべきだったと思います。


【4回中京6日】

■7R カウントオンイット 3人気3着

現級の最高着順が3着でしたから、この馬なりの走りを見せた、と考えるべきでしょう。
もっと上がりの掛かる馬場がベストかもしれません。

■8R スズカフューラー 1人気2着

スタート後に手綱を押していましたけど、今回も位置取りが悪くなってしまいました。
2戦連続2着で現級にメドを立てているだけに、今後も道中の位置取りがポイントになりそうです。

■9R ライトオブピース 5人気4着

後方待機から良い脚で追い込んだんですけどね…。
3着馬とハナ差の4着、という悔やんでも悔やみきれない結果になりました。

■10R モンテヴェルデ 1人気6着

直線で上手く馬群をさばく事ができず、脚を余す形になってしまいました。
スムーズな形になっていれば、馬券圏内には入れたと思います。

■11R ライドオンウインド 8人気10着

差し決着になる、という読みは当たったんですけど、買う馬を間違えました。
道中で折り合いがつかず、直線での末脚も不発に終わりました。

■12R チェスナットコート 3人気2着

レース間隔が空いた中で、僅差の2着を確保したのは立派だと思います。
次走以降も広いコースの中距離戦なら勝ち負け必至です。


【5回阪神6日】

■7R ヤマニンレジスタ 2人気6着

前走の走りが良かっただけに、今回の凡退はショックですね。
直線で全く伸びていないので、道中で脚を溜められなかった、という事でしょう。

■8R ダノンメモリー 2人気6着

勝ち鞍のあるダートに戻っての一戦でしたが、見せ場があったのは直線入り口まで。
直線では追いづらそうにしていましたし、難しい面を出す形になってしまいました。

■9R テラノヴァ 1人気2着

勝ち馬とはスタートで出遅れてしまった分の差でしょう。
現級の安定勢力ではありますけど、勝ち切れないんですよね…。

■10R クリアザトラック 1人気5着

1年前の朝日杯FSで本命を打ち、1年越しのリベンジを狙いましたが、ダメでした。
道中で行きたがる面が見せた分、直線での伸びを欠きました。

■11R(朝日杯FS)ケイアイノーテック 5人気4着

タワーオブロンドンがいた位置を取りたかったんですけどね…。
勝ち馬は別格でしたし、良いポジションを取れたとしても、勝ち切るのは難しかったと思います。

■12R ヴェンジェンス 2人気9着

道中の行きっぷりがイマイチでしたし、直線で前が壁になる大きな不利もありました。
休み明け初戦から頑張ってくれると思っていましたが…。


【5回中山6日】

■7R ミックベンハー 5人気7着

中団やや前めの内にいたんですけど、ペースアップしてからの反応がイマイチ。
前走で先着したマイネルユキツバキが3着に入っているのですから、
この馬ももっと上の着順に来てもらわきゃ困ります。

■8R デピュティプライム 1人気2着

いつも凄い脚を使ってくれるんですけどね…。
テンが速くなる中山ダート1200mがベストですから、
陣営としては、冬場の中山開催期間中に勝ち上がりたいところでしょう。

■9R スズカロング 4人気2着

直線入り口に差し掛かったところで「勝てる!」と思ったのですが…。
自分のレースを貫いて負けてしまったのですから、仕方ないですね。

■10R アレスバローズ 1人気1着

いつもより位置取りが後ろだったので、冷や冷やしながら見ていましたけど、
ハイペースになりましたから、結果的には位置取りが後方になったのが功を奏しました。

■11R ストロングタイタン 2人気7着

中山コースで着外続きだった事をすっかり忘れていました。
冬場の成績もあまり良くないので、春以降の巻き返しに期待したいです。

■12R エクラミレネール 2人気5着

勝負どころで追い出しが遅れた分、掲示板に入るのがやっと、という状況に。
次走こそはもっと積極的なレースをしてほしいです。


土曜の本命馬はまずまずの結果でしたけど、
日曜の本命馬は人気を裏切るケースが多くなってしまい、
プラス収支に持っていく事ができませんでした…(>

[もっと見る]

ミックベンハーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ミックベンハーの写真

ミックベンハー

ミックベンハーの厩舎情報 VIP

2018年6月17日ユニコーンステークス G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミックベンハーの取材メモ VIP

2018年4月28日 3歳500万下 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。