ヴォウジラール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 鹿毛 2015年5月5日生
調教師尾関知人(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 1戦[0-0-1-0]
総賞金180万円
収得賞金0万円
英字表記Vaugirard
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
レジェンドトレイル
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
ハッピートレイルズ
兄弟 アドマイヤジャガーアドマイヤパーシア
前走 2017/08/12 2歳新馬
次走予定

ヴォウジラールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/08/12 新潟 5 2歳新馬 芝1800 156116.333** 牡2 54.0 内田博幸尾関知人500(--)1.49.1 0.634.4サクステッド

ヴォウジラールの関連ニュース

 8月12日の新潟5R・2歳新馬(芝・外1800メートル)は、吉田隼人騎手騎乗の7番人気サクステッド(牡、美浦・小西一男厩舎)が、好位追走から直線は馬場の外めを息の長い末脚で伸びてデビュー勝ち。タイムは1分48秒5(稍重)。

 父フランケル(GI・10勝)&母ウオッカ(GI・7勝)という血統で“17冠ベビー”として注目を集めたタニノフランケル(1番人気)は抜群のスタートから一旦はハナに立つ形。2頭に前を譲り、道中はインの3番手追走から直線は内めをグイッと伸びたが、内外離れたサクステッドに追い負けて1馬身3/4差の2着に敗れた。さらに1馬身3/4差遅れた3着にヴォウジラール(3番人気)。

 サクステッドは、父タートルボウル、母メガクライト、母の父アグネスタキオンという血統。おじに2009年日経賞・GII勝ち馬のアルナスラインがいる。

 ◆吉田隼人騎手(1着 サクステッド)「返し馬では折り合いが難しそうな感じだったし、外回りなのでリズム良く乗ろうと思っていました。ちょうど隣にタニノフランケルがいたので、競馬はしやすかったですね。早めに動きましたが、直線もソラを使わず走ってくれたし、能力の高い馬です」

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(2着 タニノフランケル)「スタートがすごく速かったし、道中で掛かるところもなかった。すごく真面目で一生懸命に走る馬。いい競馬をしてくれましたが、きょうは勝った馬が止まらなかった。体が緩くまだ子供っぽいので、これから成長して、いい馬になると思う」

★12日新潟5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

ヴォウジラールの関連コラム

関連コラムはありません。

ヴォウジラールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 7

昨日のうちに重賞回顧をしましたが、
今日は先週予想した重賞を含む全レースの回顧をしていきます。


【3回小倉5日】

■5R コウエイアンカ 6人気5着

スタート後すぐに頭を上げてしまい、二の脚がつきませんでした。
2週連続で坂路好時計をマークしていたんですが、
スタートを失敗し、直線でも真っ直ぐ追えない、という状態ではさすがに厳しいですね。

■7R コペルニクス 1人気11着

終始外々を回る展開になったとはいえ、11着というのはさすがに負けすぎ。
小倉の暑さにやられてしまったんでしょうか。

■8R クリノキング 6人気4着

1400mからの距離延長だったので、先行する競馬ができる、と考えていたんですけど、
スタート後の行きっぷりが全然でした。
最悪な展開になっても4着まで追い込んでいますから、クラスにメドは立ったと思います。

■9R イイコトヅクシ 2人気5着

新馬戦は時計・内容ともにイマイチだったんですが、
最終追い切りで坂路51.0秒という素晴らしい時計を叩き出していたので、
新馬戦からの変わり身を見込んで◎にしました。
でも、良かったのはスタートだけで、道中の追走に余裕が無く、5着に凡退。
調教だけのタイプなのかもしれません。

■10R フロムマイハート 1人気3着

今回の相手関係で連対できないとは…。
降級組ですけど、このまま1000万下でウロチョロする形になってしまうのでしょうか。

■11R メイショウウタゲ 1人気8着

直線でブライトアイディアに弾かれた事も痛かったんですけど、
3〜4角での手応えがかなり悪かったので、スムーズに走っていても3着以内に入る事は無かったと思います。

■12R ジョーマイク 4人気7着

スタートで出遅れて、4角入口でまさかのシンガリ追走。
直線でも大外ブン回しでしたし、参考外の一戦にしたいです。


【2回新潟5日】

■5R ヴォウジラール 3人気3着

スタートで出負けしてから、少しずつポジションを上げていったものの、直線での末脚比べで完敗。
道中で脚を溜めきれなかったですし、500kgという馬体重はさすがに重かったと思います。

■7R マッタナシ 1人気3着

直線競馬得意の西田騎手に頼る、というシンプルな予想。
でも、枠の不利を覆す事ができず、3着に入るのが精一杯でした。

■8R バイタルフォース 1人気1着

4角で外を回すのではなく、馬群に突っ込んだのが最大の勝因だと思います。
詰めが甘いタイプでしたが、デムーロ騎手が詰めの甘さを解消してくれました。

■9R ミュートロギア 2人気11着

中1週の強行軍が影響した、としか思えない大惨敗。
厳しいローテである事を考慮した予想をすべきでした。

■10R レッドアヴァンセ 1人気1着

マイナス18kgで出てきましたけど、輸送で体重が減るタイプなので気になりませんでした。
直線でもしっかりとした脚色でしたし、1000万下の牝馬限定では格が違いましたね。

■11R アポロノシンザン 4人気1着

後続に突かれる形での逃げでしたが、
55kgというハンデも味方して、地力上位・ビップライブリーの追い上げを凌ぎ切りました。

■12R エクスシア 7人気5着

直線で大外に出すのではなく、もっとコースロスが少ない競馬ができれば良いんですけど、
この馬は大外に出さないとダメなタイプなんでしょうね。


【1回札幌5日】

■5R ハイヒール 1人気1着

好位で折り合いをつけていましたし、直線での脚色もまずまず。
相手関係が微妙だったので、上のクラスでも即通用、とまでは言えませんが、
レースセンスはありますから、立ち回りの上手さが活きるレースになれば上のクラスでも好勝負できるかも。

■8R ユキノカトレア 1人気10着

詰めの甘い馬にルメール騎手、というつい買いたくなってしまう組み合わせに釣られたんですけど、
この馬は道悪が苦手なんですよね。
基本的な馬の特徴を把握せずに予想してしまいました。

■11R ヒルノマゼラン 3人気4着

好位の内で上手く立ち回ったんですけどね…。
上位馬の実力が一枚上手だったようです。

■12R メイショウフェイク 4人気5着

楽に先行できていたように思いますが、
途中で他馬が外から一気に捲ってきて、ペースが上がってしまった事が痛かったです。


【3回小倉6日】

■5R チャームリング 1人気2着

小柄な牝馬なので、1200mという短距離でこその馬です。
勝ち馬には上手く逃げ切られてしまいましたけど、
後続に交わされそうになりながらも2着を確保できたのは立派だと思います。

■7R フライングニンバス 1人気8着

先行争いが激しくなる事は織り込み済みだったんですけどね…。
前走で復調気配を示していましたが、まだ本調子じゃないようです。

■8R シェアザモーメント 2人気7着

相手関係が楽、と考えていたので、長期休養明けでも大丈夫だと思っていました。
でも、勝負どころでのペースアップに対応できなかったので、休み明けの影響が予想以上に大きかったようです。

■9R ウェーブヒーロー 2人気5着

久々の1800mで勝ち負け、と思っていたんですが、
スタートでの大出遅れでレースプランが完全に狂ってしまいました。

■10R タイセイラナキラ 5人気9着

前走の内容が良かったので、1000mにも対応できるだろう、と考えていました。
でも、追走に戸惑っていましたし、相手も強かったようで、今回は完敗でした。

■11R ガンサリュート 4人気5着

逃げるコパノマリーンを早めに捕まえに行ったんですけど、直線半ばで脚が上がってしまいました。
前向きな気性の馬なので、距離短縮で巻き返しを期待したいです。

■12R ワールドオンライン 5人気10着

道中の行きっぷりも悪く、口向きが悪い面も見せていました。
昇級して即通用するほど甘くなかったようです。


【2回新潟6日】

■6R ゴライアス 2人気3着

勝ったルヴァンスレーヴがかなり強かったので、今回は相手が悪かったという事でしょう。
未勝利はすぐに勝ち上がれる馬だと思います。

■7R ヒストリア 3人気2着

中団やや後ろのポジションからよく追い上げたと思います。
古馬相手の500万下クラスにメドを立てた内容なので、今後も好勝負必至です。

■8R アプト 3人気4着

好位の内で脚を溜める競馬でしたが、イマイチの伸びでした。
1400mは合うと思っていたんですけど、1200mでこその馬なのでしょうか。

■9R カルムパシオン 4人気2着

出ムチを入れてハナを奪い、最後の最後までしっかりと粘り切りました。
ハナさえ切れれば好走できる馬なので、今後も同型との兼ね合い次第でしょう。

■10R ドルチャーリオ 2人気3着

中団から上手くレースを運んでいたんですけどね…。
エンジンの掛かりが遅く、新潟の内回りコースでは忙しかったようです。

■11R(関屋記念)マルターズアポジー 7人気1着

抜群のスタートから楽にハナを奪い、そのまま押し切ってみせました。
距離云々よりも、マイペースで逃げられるかどうかがこの馬を見極めるポイントですから、
前走から人気が落ちていて、他馬のマークが緩くなった事も追い風となりました。

■12R ユイノルフィ 6人気12着

有利な大外枠に入ったんですけど、スタート後に外側にヨレてしまい、ダッシュがつきませんでした。
1000mは些細なアクシデントも許されない条件ですから、スタートダッシュの失敗が大きく響きました。


【1回札幌6日】

■5R アドマイヤツルギ 4人気7着

フラットレーに本命を打つべきレースでしたが、
馬場が悪かったので、穴人気していたオルフェーヴル産駒・アドマイヤツルギに懸けてみました。
外枠だった事も痛かったですし、道悪馬場にも苦しみ、見せ場なく凡退。
良馬場で変わり身を見せる事ができれば、先々も楽しみだと思います。

■10R タイセイアプローズ 7人気7着

逃げる競馬ができればひょっとしたら…と考えていましたが、
スタートの出が悪く、後方で構える競馬になってしまいました。

■11R(エルムS)テイエムジンソク 1人気2着

道中で積極的な立ち回りをしていれば勝っていたかもしれませんけど、
冷静に考えても、重賞初挑戦で単勝オッズ1倍台というのは過剰人気ですよね…。

■12R ドラゴンシュバリエ 1人気1着

脚抜きの良い馬場を得意としていますし、
相手関係も前走より楽になってしまいましたから、順当勝ちとみるべきでしょうね。


今振り返ってみても、関屋記念は絶対に当てなきゃいけないレースなんですよね…。
マルターズアポジーの単勝勝負、という選択肢を考えるべきだった、
と今更ながら反省しています。

新馬戦の的中率も下がってきてしまったので、
変にオッズを意識するのではなく、追い切りの動きが良かった馬をガミるのを覚悟で買っていきたいです。

ヴォウジラールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヴォウジラールの写真

投稿写真はありません。

ヴォウジラールの厩舎情報 VIP

2017年8月12日2歳新馬3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヴォウジラールの取材メモ VIP

2017年8月12日 2歳新馬 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。