レッドシャーロット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝2 鹿毛 2015年1月27日生
調教師庄野靖志(栗東)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[1-1-1-1]
総賞金981万円
収得賞金400万円
英字表記Red Charlotte
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
シルバーフォックス
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
ビーポジティブ
兄弟 パンツァネッラ
前走 2017/11/19 秋明菊賞
次走予定

レッドシャーロットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/19 京都 9 秋明菊賞 500万下 芝1400 10113.228** 牝2 54.0 M.デムー庄野靖志448(-6)1.24.9 1.335.7⑤⑤シグナライズ
17/10/08 京都 9 りんどう賞 500万下 芝1400 8663.023** 牝2 54.0 岩田康誠庄野靖志454(+12)1.21.8 0.133.8⑧⑧マドモアゼル
17/07/16 中京 1 2歳未勝利 芝1400 11671.811** 牝2 54.0 M.デムー庄野靖志442(-8)1.21.8 -0.235.6④④ルールダーマ
17/07/02 中京 5 2歳新馬 芝1600 156115.832** 牝2 54.0 M.デムー庄野靖志450(--)1.36.8 0.034.7④④トロワゼトワル

レッドシャーロットの関連ニュース

 10月8日の京都9R・りんどう賞(2歳500万下、牝馬、芝・外1400メートル)は、松田大作騎手騎乗の4番人気マドモアゼル(美浦・斎藤誠厩舎)が好位追走から直線、馬場の真ん中を抜け出して2勝目を挙げた。タイムは1分21秒7(良)。

 半馬身差の2着に中団追走から伸びたアリア(3番人気)。さらにアタマ差遅れた3着は2頭が同着、後方追走から直線インをついたスズカフェラリー(1番人気)と大外から追い込んだレッドシャーロット(2番人気)。

 りんどう賞を勝ったマドモアゼルは、父ブラックタイド、母ポールポジション、母の父ピヴォタルという血統。通算成績は3戦2勝。

 ◆松田大作騎手(1着 マドモアゼル)「ゲートで立ち遅れ気味でしたが、スッと反応して好位置に。道中はリラックスして走っていたし、直線は二枚腰を使ってくれました。距離はもう少し伸びても大丈夫そう」

★8日京都9R「りんどう賞」の着順&払戻金はこちら

レッドシャーロットの関連コラム

関連コラムはありません。

レッドシャーロットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 10

今週のPOG戦線は日曜日に3頭が出走します。

【出走】
・11月19日 東京2R
☆イルーシヴグレイス(内田博幸騎手)

先陣を切るのは東京の未勝利戦に出走するイルーシヴグレイス。

イルーシヴグレイス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト美南W重 73.2 57.2 41.8 14.1[6]馬なり余力
 助 手 ◇ 函芝良 68.3 52.5 38.3 13.2[8]一杯に追う
 助 手10.26美南坂重 1 回 58.5 43.0 28.1 14.1 強目に追う
 助 手10.29美南坂重 1 回 59.7 43.7 28.7 14.2 馬なり余力
 助 手11. 2美南W良 69.6 54.2 39.4 13.4[6]G前仕掛け
       マローブルー(古1600万)馬なりの外同入
 助 手11. 5美南坂重 1 回 58.7 42.8 27.3 13.3 馬なり余力
★助 手11. 9美南W良 69.8 54.8 39.7 12.7[7]一杯に追う
       マローブルー(古1600万)馬なりの外を0.6秒先行同入
 助 手11.12美南坂良 1 回 57.6 42.1 27.5 13.3 馬なり余力
☆助 手11.15美南W稍 55.0 39.5 13.2[7]馬なり余力
       ルーカス(二500万)馬なりの外を1.8秒先行0.1秒遅れ

ここ目標という感じで十分に調整されている感じです。層の厚い堀厩舎のそれなりの格の馬と3週連続での併せ馬を消化しているので、やはり未勝利戦なら決めてほしいところ。
想定では10頭しか名前がなかったのに、蓋を開けてみると16頭立てになりました。
しかしこれといった相手もいないみたいなので勝機はあるとは思います。楽しみです。

・11月19日 東京9R 赤松賞
☆ウラヌスチャーム(大野拓弥騎手)

重賞では残念な結果に終わったウラヌスチャームでしたが、自己条件で巻き返しを図ります。

ウラヌスチャーム
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト美南W稍 82.9 67.6 52.8 38.7 12.9[5]一杯に追う
 石橋脩 ■美南W稍 56.1 42.8 13.2[5]直強目追う
 井上敏 ◇美南W良 84.5 68.6 53.6 39.3 13.2[6]馬なり余力
★井上敏11.12美南W良 57.0 41.3 13.8[4]馬なり余力
☆大 野11.15美南W稍 84.9 68.3 54.3 40.8 12.9[6]G前仕掛け
       ミッシングリンク(古1000万)馬なりの内を0.6秒追走0.2秒遅れ

アルテミスSは馬場と展開に泣いたわけですけど、あれを受けて人気を落とすようであれば、今のところは「極端な脚質」というイメージが強いだけに人気が落ちるのは好材料。
人気の馬を見ながらの競馬になるでしょうから、なんとか追い比べに持ち込めればチャンスが出てくるでしょう。とにかく9頭立てというのは歓迎。

・11月19日 京都9R 秋明菊賞
☆レッドシャーロット(ミルコ・デムーロ騎手)

返す刀で京都の秋明菊賞にレッドシャーロットが出走します。

レッドシャーロット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 6ベスト 栗CW良 51.6 37.2 12.1[7]強目に追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 60.7 45.1 29.4 13.5 馬なり余力
 助 手 ◇ 栗坂稍 1 回 53.9 39.6 25.7 12.1 馬なり余力
 助 手11. 2 栗坂良 1 回 54.1 39.3 25.5 12.5 馬なり余力
 助 手11. 5 栗坂良 1 回 58.8 43.5 29.2 14.8 馬なり余力
 助 手11. 7 栗坂良 1 回 56.2 41.3 27.2 13.9 馬なり余力
★Mデム11. 9 栗坂良 1 回 52.4 37.8 24.4 12.3 末強目追う
       ヒデノトパーズ(二未勝)一杯を0.4秒追走0.4秒先着
 助 手11.12 栗CW良 60.2 44.0 13.2[7]馬なり余力
☆助 手11.15 栗CW稍 85.7 68.4 52.6 38.4 11.9[6]馬なり伸る
       ウォーターレスター(古500万)馬なりの内を0.4秒追走同入

とにかくミルコに手が戻るのは大歓迎。
人気を集めるシグナライズと比較した時に京都の外回りを経験しているのは大きなアドバンテージ。負ける気はサラサラないですw
とりあえずスタートがカギでしょうね。前走は出遅れましたから。
正直なところ、今週の3頭の中でこの馬が一番勝つチャンスが大きいと思っています。


【在厩】
☆スヴァルナ(11月26日の京都2000mの未勝利戦を北村友一騎手で)
△フロンティア(11月11日のデイリー杯2歳Sは4着)
△サウンドキアラ(11月5日の新馬戦を快勝)
△カヴァロディーオ(7月30日の新馬戦は4着)

【放牧】
☆アドマイヤアルバ(10月21日の未勝利戦で初勝利→千両賞を予定)
☆レディバード(ヤマボウシ賞は5着)
☆シエラネバダ(紫菊賞は球節炎のため回避)
☆リシュブール(10月28日の未勝利戦は2着)
△ダンツクレイオー(7月23日の函館2歳Sは9着)
△ヴェロニカグレース(10月1日の未勝利戦を快勝→年明けの自己条件へ)
△アントルシャ(ききょうSは9着)
☆ベストヴォヤージュ(NF天栄に移動)
△クリッパー(9月23日の新馬戦は2着)
△スペイシー(11月11日の未勝利戦は7着)
☆ダブルフラット(ゲート試験に合格)

【故障者リスト】
☆ローズベリル(骨折が判明。全治6ヶ月)
△ギルトエッジ(左前屈腱炎の疑い)

【Out】
☆ブルーメンクローネ
☆ソーグレア

【調教】
スヴァルナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト 栗CW不 100.0 83.2 68.1 54.2 40.4 12.9[7]一杯に追う
 川 田 ◇ 栗CW良 52.6 38.4 12.0[6]馬なり余力
★助 手11.10 栗CW良 83.2 68.4 52.9 38.9 11.8[7]一杯に追う
       スプマンテ(古500万)一杯の内を0.5秒追走クビ遅れ
 助 手11.12 栗坂良 1 回 59.1 43.2 27.6 13.5 馬なり余力
☆北村友11.16 栗CW稍 80.6 65.2 50.4 36.7 11.9[7]一杯に追う
       サンラモンバレー(新馬)一杯の外を0.8秒先行アタマ遅れ

カヴァロディーオ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 6ベスト 栗坂良 1 回 58.0 41.4 26.5 13.0 末一杯追う
 ティー ◇ 札芝良 64.7 49.7 35.2 12.0[6]強目に追う
★助 手11. 8 栗坂良 1 回 61.6 44.3 29.2 14.8 馬なり余力
 助 手11.15 栗坂稍 1 回 61.9 45.1 29.2 14.3 馬なり余力
☆助 手11.16 栗坂稍 1 回 53.2 38.7 25.4 12.8 叩き一杯
       シエラ(新馬)馬なりに0.1秒遅れ

今週3頭使うとまた在厩状況が手薄に。
カヴァロディーオの状況が思ったより進んでいないのでこっちは12月の1週目かとは思いますけど、いずれにせよカツカツの状況に変わりはないので、もう少し在厩馬が増えてほしいところ。

今回の表題はもちろんあの3人組の女性グループを意識したものですがw
ちなみに
イルーシヴグレイス=かしゆか
ウラヌスチャーム=あ〜ちゃん
レッドシャーロット=のっち
というイメージにしております♪

 藤沢雄二 2017年11月15日(水) 12:40
失意のサタデー…〜POG第24節〜
閲覧 56ビュー コメント 2 ナイス 17

先週のPOG戦線は土曜日に2頭が出走。
デイリー杯2歳Sは非常に期待していたのですが、残念な結果に終わってしまいました。


【出走結果】
・11月11日 福島4R
△スペイシーリ 7着 2.02.8・良(1着馬とのタイム差+0.4)
単勝オッズ 21.2倍(6番人気)
【採点 5.0】
《ラップタイム》12.6-11.5-12.1-12.7-12.7-12.2-12.2-12.3-11.8-12.3

福島の未勝利戦に出走したスペイシーは7着でした。
福島にしてはメンバーが揃った感はありましたが、前走とはうって変わって外目の3番手を追走。前に行けたのは収穫でしたね。
でも勝負所で前の組では真っ先に鞍上の手が動き出して、4コーナーでは2着にバリエンテに外から交わされて大敗やむ無しのシーンもあったわけですが、いくら直線の短い福島とはいえ最後まで懸命に抵抗して0.4秒差という結果は悪くないとは思います。
確かに着順は7着と次走へ向けて優先出走権を確保できなかったのは残念でしたが、内容としては納得しています。
続戦して阪神か中京の2000mならもう少し上積みがあってもいいかと思います。


・11月11日 京都11R デイリー杯2歳S
△フロンティア 4着 1.36.9・稍重(1着馬とのタイム差+0.6)
単勝オッズ 2.4倍(1番人気)
【採点 4.5】
《ラップタイム》12.6-11.0-12.1-13.0-12.3-12.4-11.6-11.3

重賞で1番人気を背負ったフロンティアでしたが4着に敗れました。

《岩田康誠騎手》
向正面で故障した馬が下がってきた時にヒルんでいたけど、促していって頑張ってくれた。
でも思っていたほどは切れなかった。

とにかく「ガッカリ」の一言。
戦前に「もう一列後ろからでもいい」というコメントが出ていた時に嫌な予感はあったのですが…。
それにしても、いくら重賞で勝ち星を計算してはいけないと肝に銘じているつもりでも、メンバー的にも連は外さないと踏んでいただけに失望感が大きいですね。
ただ、負けを経験することで戦法が定まるのであればそれは悪くないことだとは思います。前に行く馬にとって人気を背負うことほど厄介なものはないですから、次は少しは気楽に競馬ができることでしょう。

【特別登録】
次週は、日曜日の東京の赤松賞にウラヌスチャームが、京都の秋明菊賞にレッドシャーロットが特別登録をしています。
勝ったところで中2週になる阪神JFを使うかどうかはわかりませんが、先々に希望がつながるレースをしてほしいですね。

《ウマニティPOG今シーズン成績》
12-11-4-13/40
《指名馬の騎手成績》
ミルコ・デムーロ:3-4-1-3
川田将雅:2-0-0-1
内田博幸:1-1-1-0
戸崎圭太:1-1-0-2
池添謙一:1-1-0-1
岩田康誠:1-0-1-1
石橋脩:1-0-1-0
和田竜二:1-0-0-0
武豊:1-0-0-0
福永祐一:0-4-0-1
中谷雄太:0-0-0-2
カリス・ティータン:0-0-0-1
ジョアン・モレイラ:0-0-0-1

先週が2頭とも馬券圏外でしたので、来週はせめて複勝率が回復するような結果になってほしいところです。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年11月11日() 07:53
重賞勝ちの威光を見せつけろ!〜POG第24節〜
閲覧 45ビュー コメント 2 ナイス 14

今週のPOG戦線の出走は2頭。
力が入るのはデイリー杯2歳Sです。

【出走】
・11月11日 福島4R
△スペイシー(中谷雄太騎手)

まずは福島の未勝利戦にスペイシーが出走します。

スペイシー
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.10ベスト 栗坂不 1 回 54.4 39.8 26.1 13.2 一杯に追う
 中 谷 ◇ 栗坂重 1 回 55.6 40.6 27.3 14.0 一杯に追う
☆助 手11. 8 栗坂良 1 回 54.1 39.7 26.3 13.5 一杯に追う
       ディナスティーア(古500万)馬なりを0.9秒先行1.0秒遅れ

坂路の時計そのものは前走時より詰めているけど併せ馬では大きく水を空けられているだけに、正直、強気にはなれません。
取り消した東京の新馬戦の時に、この後は中2週で福島かな〜と思っていたので、新潟から中1週で福島を使うのは想定内どころか思惑通り。
ただ、福島にしてはメンバーが揃ったかな。本音を言うとおそらくトーセンブレイヴとバリエンテの2頭で何もないと思うのだがw
とは言うものの、スペイシーにとって外枠を引けたのは悪くないことだと思います。新馬戦の時からあと2列ぐらい前で運べれば馬券圏内もあるかとは思います。
とにかく掲示板に載って優先出走権を確保してくれれば今回はそれでいいです。

・11月11日 京都11R デイリー杯2歳S
△フロンティア(岩田康誠騎手)

さあ今週のメインイベント!
デイリー杯2歳Sの大本命がお出ましです。

フロンティア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 6ベスト 栗CW良 84.2 67.8 52.8 38.7 11.7[8] 強目余力
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 54.3 39.8 25.3 12.1 強目に追う
 助 手10.19 栗坂不 1 回 55.1 40.6 26.6 13.1 馬なり余力
       グレイトパール(古オープン)一杯を0.1秒追走同入
  10.20 栗プール 2 周
 助 手10.22 栗坂不 1 回 57.0 41.6 27.2 13.2 馬なり余力
       フェアレディ(新馬)末強目を0.8秒追走0.1秒先着
 中 井10.26 栗CW稍 88.2 71.3 55.1 40.2 12.2[7]馬なり余力
       サヴィ(古1000万)馬なりの内を0.7秒追走4F併同入
  10.27 栗プール 2 周
 助 手10.29 栗坂重 1 回 58.3 43.0 27.5 12.8 馬なり余力
       サヴィ(古1000万)馬なりに同入
 助 手11. 1 栗坂良 1 回 61.5 45.2 29.5 14.4 馬なり余力
★岩 田11. 2 栗CW良 81.9 66.6 52.4 39.3 11.8[7]一杯に追う
       サヴィ(古1000万)馬なりの内を0.8秒追走同入
 助 手11. 5 栗坂良 1 回 58.3 41.8 26.8 13.1 馬なり余力
       サヴィ(古1000万)馬なりを0.1秒先行同入
☆中 井11. 8 栗CW良 82.3 65.3 50.8 37.4 11.5[7]一杯追伸る
       サヴィ(古1000万)叩一杯の外を0.6秒先行0.5秒先着

データ的には連は外さないハズなので、頭を取れるか2着なのかの問題だと思っています。
正直なところ相手関係は手薄だと思いますよ。
どう考えてもカクリョウとナムラアッパレが賑やかしで実質7頭立て。
ここ2年が前残りの決着なので、新馬戦を後方から差し切ったヒシコスマーも厳しそう。それに東京の不良馬場からの中1週では上積みも望めまい。
新馬戦勝ちから重い印を集めているジャンダルムはその新馬戦のメンバーが今一つ。阪神の外回り勝ちは評価してもいいけど、武豊→アッゼニは疑問だし、血統的にもマイルがベターには思えない。
世代最初の新馬戦を勝ったケイアイノーテックは、負かした2〜4着馬が勝ち上がっているのでメンバーレベルはマズマズでも、その馬達がその後の重賞で見せ場もなかったので、ここで即通用かはまた疑問。ジャンダルムよりは減点材料は少ないが。
京都の内回りで勝ったカツジだが、単純に外回りになるのはマイナスだろう。人気薄ならまだしも、上位人気で内回り→外回りは買いたくない。
それなら未勝利勝ちの組に目がありそう。
やはり相手本線はメガリージョン。初戦の組からは2、5、6着馬が勝ち上がりでメンバーレベルは悪くない。でもフロンティアを負かすまではどうか。
馬券妙味ならロードイヒラニ。前走で新潟のマイルを逃げ切っているので外回り経験と脚質のアドバンテージはある。一角崩しがあるならこの馬だが、鞍上が京都を得意としているとは思えないのが難点か。

というわけでフロンティアが負ける要素はほぼないハズ。
でも馬券は難しいw
ヒモをあれこれ買うなら単勝一本の方がいいかもね。


【在厩】
☆レッドシャーロット(りんどう賞は3着同着→秋明菊賞へ)
☆ウラヌスチャーム(アルテミスSは10着→赤松賞へ)
☆リシュブール(10月28日の未勝利戦は2着)
☆スヴァルナ(8月5日の未勝利戦は9着)
☆イルーシヴグレイス(11月19日の東京の牝馬限定の未勝利戦を内田博幸騎手で)
△カヴァロディーオ(7月30日の新馬戦は4着)

【放牧】
☆アドマイヤアルバ(10月21日の未勝利戦で初勝利→千両賞を予定)
☆レディバード(ヤマボウシ賞は5着)
☆シエラネバダ(紫菊賞は球節炎のため回避)
△ダンツクレイオー(7月23日の函館2歳Sは9着)
△ヴェロニカグレース(10月1日の未勝利戦を快勝→年明けの自己条件へ)
△アントルシャ(ききょうSは9着)
△サウンドキアラ(11月5日の新馬戦を快勝)
☆ベストヴォヤージュ(NF天栄に移動)
△クリッパー(9月23日の新馬戦は2着)
☆ダブルフラット(ゲート試験に合格)

【故障者リスト】
☆ローズベリル(骨折が判明。全治6ヶ月)
△ギルトエッジ(左前屈腱炎の疑い)

【Out】
☆ブルーメンクローネ
☆ソーグレア

【調教】
レッドシャーロット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 9ベスト 栗坂稍 1 回 53.1 38.6 24.8 12.3 馬なり余力
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 60.7 45.1 29.4 13.5 馬なり余力
 助 手 ◇ 栗坂稍 1 回 53.9 39.6 25.7 12.1 馬なり余力
★助 手11. 2 栗坂良 1 回 54.1 39.3 25.5 12.5 馬なり余力
 助 手11. 5 栗坂良 1 回 58.8 43.5 29.2 14.8 馬なり余力
 助 手11. 7 栗坂良 1 回 56.2 41.3 27.2 13.9 馬なり余力
☆Mデム11. 9 栗坂良 1 回 52.4 37.8 24.4 12.3 末強目追う
       ヒデノトパーズ(二未勝)一杯を0.4秒追走0.4秒先着

イルーシヴグレイス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト美南W重 73.2 57.2 41.8 14.1[6]馬なり余力
 助 手 ◇ 函芝良 68.3 52.5 38.3 13.2[8]一杯に追う
 助 手10.26美南坂重 1 回 58.5 43.0 28.1 14.1 強目に追う
 助 手10.29美南坂重 1 回 59.7 43.7 28.7 14.2 馬なり余力
★助 手11. 2美南W良 69.6 54.2 39.4 13.4[6]G前仕掛け
       マローブルー(古1600万)馬なりの外同入
 助 手11. 5美南坂重 1 回 58.7 42.8 27.3 13.3 馬なり余力
☆助 手11. 9美南W良 69.8 54.8 39.7 12.7[7]一杯に追う
       マローブルー(古1600万)馬なりの外を0.6秒先行同入

カヴァロディーオ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 6ベスト 栗坂良 1 回 58.0 41.4 26.5 13.0 末一杯追う
 ティー ◇ 札芝良 64.7 49.7 35.2 12.0[6]強目に追う
☆助 手11. 8 栗坂良 1 回 61.6 44.3 29.2 14.8 馬なり余力

ようやくカヴァロディーオとスヴァルナが栗東に帰厩。
今のところ11月最終週の出走予定がないので、どちらかが最終週の未勝利戦を使ってくれれば…というところですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドシャーロットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レッドシャーロットの写真

投稿写真はありません。

レッドシャーロットの厩舎情報 VIP

2017年11月19日秋明菊賞8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドシャーロットの取材メモ VIP

2017年10月8日 りんどう賞 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。