注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

レッドシャーロット(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牝2 鹿毛 2015年1月27日生
調教師庄野靖志(栗東)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[1-1-0-0]
総賞金780万円
収得賞金400万円
英字表記Red Charlotte
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
シルバーフォックス
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
ビーポジティブ
兄弟 パンツァネッラ
前走 2017/07/16 2歳未勝利
次走予定

レッドシャーロットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/16 中京 1 2歳未勝利 芝1400 11671.811** 牝2 54.0 M.デムー庄野靖志442(-8)1.21.8 -0.235.6④④ルールダーマ
17/07/02 中京 5 2歳新馬 芝1600 156115.832** 牝2 54.0 M.デムー庄野靖志450(--)1.36.8 0.034.7④④トロワゼトワル

レッドシャーロットの関連ニュース

 【福島】5R新馬(芝1800メートル)は、逃げた馬の外で併走した3番人気ノームコア(美・萩原、牝、父ハービンジャー)が4コーナーで先頭に立って圧勝した。タイム1分49秒1(良)。石川騎手は「今週の動きが良かったので強気に乗っても、と思いましたが、出していって少しかんでいました。次から折り合いを覚えさせていきたいですが、初戦からこのパフォーマンスですから能力は高いです」と絶賛した。

 1R未勝利(芝1200メートル)=ジスモンダ(美・谷原、牝、父スズカマンボ

 ◆岩部騎手 「まだ遊びながら走っているので、千四でも大丈夫でしょう」

 【中京】6R新馬(芝1200メートル)は、6番人気テイエムスグレモン(栗・山内、牡、父ディープブリランテ)が3番手のインからしぶとく伸びて初陣を飾った。タイム1分10秒3(良)。「ゲートが速くていいスピードがあります。肩ムチだけで反応してくれましたし、なかなかスグレモンです」と新人の川又騎手は馬名を引き合いに出して高く評価していた。

 1R未勝利(芝1400メートル)=レッドシャーロット(栗・庄野、牝、父ロードカナロア

 ◆M・デムーロ騎手 「きょうはスタートが速く、道中もしっかり折り合いました。すごくセンスのいい馬です」

 【函館】5R新馬(芝1800メートル)は、3番手を進んだ1番人気ディロス(美・木村、牡、父ステイゴールド)が直線入り口で先頭に立って楽に押し切った。タイム1分52秒8(良)。「ペースが遅すぎたので3番手を取りました。それからはリラックスしていたし、4コーナーからもいい脚を使いました。余裕がありましたね」とルメール騎手。GI6勝馬ゴールドシップの全弟ゴールドフラッグは4着だった。

 1R未勝利(芝1200メートル)=ヤマノグラップル(美・田中清、牡、父ワークフォース)

 ◆横山武騎手 「パドックからいい感じで気合が入っていた。状態がいいので前に出していった」

【2歳新馬】中京5R トロワゼトワルが2番手から完勝  2017年07月02日() 12:38

 7月2日の中京5R・2歳新馬(牝馬、芝1600メートル)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気トロワゼトワル(栗東・安田隆行厩舎)が2番手追走からゴール前で抜け出しデビュー勝ち。タイムは1分36秒8(良)。外め3番手から直線伸びたレッドシャーロット(3番人気)がクビ差の2着に入り、逃げたエムケイフローラル(5番人気)がさらに1馬身3/4遅れた3着だった。

 トロワゼトワルは、父ロードカナロア、母セコンドピアット、母の父ハーツクライという血統。新種牡馬ロードカナロアの産駒はJRA3勝目。

 ◆福永祐一騎手「最後は抜けてから遊んでいたけど、そんな中でも勝ったのはセンスがある証拠だと思う。操縦性がよくて性格もいい。スピードがあるけど、マイルくらいまでがいいと思う」

★2日中京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

レッドシャーロットの関連コラム

関連コラムはありません。

レッドシャーロットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 39ビュー コメント 2 ナイス 14

今週のPOG戦線は大挙5頭が出走します。
いずれも楽なレースなんて1つもありませんが、5頭全てに勝つチャンスはあると思っています。

【出走】
・7月22日 福島5R
△ヴェロニカグレース(石橋脩騎手)

先陣を切るのは福島の牝馬限定の新馬戦に出走するヴェロニカグレース。
1週前追い切りの時計がなかなか良かったので人気になったらどうしようかと思っていましたが、どうやら5〜6番人気でレースを迎えられそうで、これなら馬券的にも狙い目になりそうです♪
先週の福島芝1800mの新馬戦はハービンジャー産駒が勝っているのも好材料。
小回り福島で外枠がどうかという部分はありますが、十分に勝つチャンスはありますね。


・7月22日 中京9R 中京2歳S
☆アドマイヤアルバ(福永祐一騎手)

7月1日の新馬戦で2着だったアドマイヤアルバが中京2歳Sに格上挑戦してきました。
明日の未勝利戦でもよかったのだけど、7頭立てが魅力でこちらに回ってきたとのこと。
うっかり1番人気になったらどうしようかと思っていたけど、どうやら2番人気でレースを迎えられそうで、それなら馬券を買ってもいいかな。
これ、勝ったら札幌2歳Sですかね?

まあ立場的には未勝利馬だから楽な戦いではないですよ。でも開催リーディングが懸かるユーイチなので、その勢いに期待したいところです。

・7月23日 中京5R
△アントルシャ(ミルコ・デムーロ騎手)

日曜日の中京の新馬戦にはアントルシャが出走します。
当初は新潟でのデビューを見込んでいたようですが、動きがいいとのことで『上方修正』。ミルコを確保したことからも期待の大きさがうかがえます。

正直、相手関係はロクに把握していないので何とも言えません。
でも前評判は高そうですので、それに応じた結果がついてきてほしいものです。

・7月23日 福島5R
△ギルトエッジ(内田博幸騎手)

返す刀で福島の新馬戦にギルトエッジが登場。
出走予定だったトーセンの関西馬が回避して、チャンスはかなり大きくなった反面、余計な人気を背負いそうで痛し痒しですw

ちょっとズブいらしいので、スタートしてからのスタンド前の攻防がカギになるでしょう。

組み合わせ的には『勝たないといけない』印象が強いだけに、ここは馬券勝負は控え目にしておいた方がいいかもしれません。


・7月23日 函館11R 函館2歳S
△ダンツクレイオー(池添謙一騎手)

この世代、最初の重賞に指名馬を送り込むことができました。
先々週の未勝利戦を勝ったダンツクレイオーが挑戦します。

本田調教師が早くも「逃げ宣言」をしたこと以外では特に注目を集めているわけではないので、ポンとハナを切ったら案外、マークは薄そうな気はします。

フルゲートの一戦において13頭立てを経験しているのはアドバンテージだと思っているし、キャリア2戦も今年のメンバーならむしろ強調材料。2走とも1.09.7で走っていて、持ち時計も上位。
先週の競馬がかなりの道悪の中で行われたのでスピード勝負にはならないとしても、血統的には洋芝が向きそうなワークフォース産駒であり、先週の未勝利戦を逃げ切ったのがそのワークフォース産駒だから、馬場悪化も問題はなさそう。
買い材料はかなり揃っているのに人気薄必至なのだから、ここは狙わぬ手はないよね。
今週一番、ガッツリ買ってみたいレースですw

もちろん、結果が伴いますように。

【在厩】
☆スヴァルナ(7月16日の新馬戦は3着→小倉1800mの未勝利戦へ)
☆ウラヌスチャーム(8月5日の新潟1600mの新馬戦を視野)
☆リシュブール(函館で7月14日にゲート試験に合格→8月13日の札幌1800mの新馬戦へ)
△カヴァロディーオ(札幌に入厩)
☆ブルーメンクローネ(栗東に入厩)
☆イルーシヴグレイス(美浦で7月14日にゲート試験に合格)

【放牧】
☆レッドシャーロット(7月16日の未勝利戦を快勝)
☆レディバード(7月8日の新馬戦は2着)
☆シエラネバダ(6月25日の新馬戦は6着)
☆ローズベリル(7月2日の新馬戦は9着)
☆ベストヴォヤージュ(7月9日の新馬戦は10着)
△フロンティア(7月1日の新馬戦を快勝)
☆ダブルフラット(ゲート試験に合格)
△クリッパー(函館で7月13日にゲート試験に合格)

【未入厩】
☆バレエブランの2015(吉澤ステーブルWEST)

今週、まとめ勝ちできれば7月の月間賞はもちろん、シーズンAの表彰も可能性が十分に出てきます。
順位云々は気にしなくていい時期ですが、14節終了時に一瞬でいいから首位に立っていたいと思うと今週は大きな山場になりそうです。

 藤沢雄二 2017年07月22日() 06:38
レッドシャーロットが勝って3週連続の勝ち上がり♪〜
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 9

先週のPOG戦線は2頭が出走。
レッドシャーロットが未勝利戦を勝って、今シーズンの我がチームは3週連続の勝ち上がりとなりました。

【出走結果】
・7月16日 中京1R
☆レッドシャーロット 1着 1.21.8・良(2着馬とのタイム差-0.2)
単勝オッズ 1.8倍(1番人気)
【採点 7.0】
《ラップタイム》12.3-10.5-11.2-11.8-11.8-11.7-12.5

完勝。
中1週で馬体重が-8kg、中間の追い切りも15-15で終い重点の1本だけで夏負けが懸念されていたのですが、そんな心配はどこ吹く風。
むしろ逃げ馬をアッサリ交わして早め先頭の分、2着馬の差し込みを許して馬券が外れたのを思えば「もう少し、前を可愛がってもよかったんじゃないの?」と言いたくなるぐらい(苦笑)
抜け出してからは抑える余裕があったので、このメンバーでは完全に力が違いましたね。

既にしがらきに放牧に出て、りんどう賞かもみじSのどちらかが次走になるようで、秋の京都が楽しみになってきました。


・7月16日 中京5R
☆スヴァルナ 3着 2.05.6・良(1着馬とのタイム差+0.9)
単勝オッズ 4.3倍(3番人気)
【採点 6.0】
《ラップタイム》13.6-12.4-14.2-13.5-13.3-12.2-12.4-11.2-10.9-11.0

上位2頭は強かったけど、上がり32.6なんて新馬戦でやるレースじゃないよね。
なので離された3着でも悲観する必要はない。むしろ4着馬との追い比べを制した方を評価したい。

確かにディープインパクト産駒の2頭は能力は高いよ。
それは認める。
でも「昔天才、今ただの人」なんてことにならなきゃいいけどね…と小学3年の時に6年生の人に将棋で飛車角桂香落ちで勝ったことのある自分が言ってみるw

まあスヴァルナ自身も33.8という上がりは使えているわけだし、使った上積みというのも次はあるでしょう。
続戦で8月5日or12日の小倉1800mの未勝利戦をどちらであっても川田を確保して向かうとのことで、次が楽しみです。

[もっと見る]

 テラーダ 2017年07月22日() 00:56
【2歳戦評価 】7/15.16
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 0

【2歳戦評価 】7/15.16

福島
ニシノベースマン 110 未勝利クラス
オジョーノキセキ 111 未勝利クラス
ジスモンダ 110 未勝利クラス
ノームコア 109 500万2着クラス
中京
スワーヴポルトス 113 未勝利クラス
レッドシャーロット 112 未勝利クラス
ワグネリアン 99 G汽ラス
テイエムスグレモン 116 未勝利クラス
函館
サンダベンポート 119 未勝利クラス
ヤマノグラップル 115 未勝利クラス
ディロス 108 500万クラス

指数は値が少ないほうが速い馬です!

早くもG汽ラスの指数が出ましたね!
その名もワグネリアン!
2着のヘンリーバローズとどちらかがG擬茲觧間違いなし!

今週はこの世代最初の重賞、函館2歳Sです。
本命 カシアス 穴 パッセ

中京2歳S
◎アマルフィコースト

ちなみに去年の同じ時期の中京開催の2歳馬の主な指数
ジューヌエコール 103
ウゼットジョリー 107
ダンビュライト 105

[もっと見る]

レッドシャーロットの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

レッドシャーロットの写真

投稿写真はありません。

レッドシャーロットの厩舎情報 VIP

2017年7月16日2歳未勝利1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドシャーロットの取材メモ VIP

2017年7月16日 2歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。