ゴライアス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 青鹿毛 2015年3月5日生
調教師高木登(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者三城ボクジョウ株式会社
生産地日高町
戦績 4戦[1-1-2-0]
総賞金1,150万円
収得賞金400万円
英字表記Goliath
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
ジョウノファミリー
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エビスファミリー
兄弟 ライジングリーズングランフィデリオ
前走 2018/05/27 3歳500万下
次走予定

ゴライアスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/27 東京 5 3歳500万下 ダ1600 15351.512** 牡3 56.0 H.ボウマ高木登490(0)1.38.4 0.637.7⑥⑥プロスパラスデイズ
18/03/17 中山 4 3歳500万下 ダ1800 15222.713** 牡3 56.0 大野拓弥高木登490(+2)1.56.1 0.939.1⑥⑦⑥⑦キャベンディッシュ
17/10/29 東京 2 2歳未勝利 ダ1600 16365.131** 牡2 55.0 大野拓弥高木登488(-6)1.37.3 -1.237.4ジェイエルスピード
17/08/13 新潟 6 2歳新馬 ダ1800 156113.723** 牡2 54.0 吉田隼人高木登494(--)1.55.9 1.139.4⑫⑫ルヴァンスレーヴ

ゴライアスの関連ニュース

 【東京】4R新馬(芝1400メートル)=ヒシコスマー(栗・清水久、牡、父ブラックタイド

 ◆C・デムーロ騎手 「走りながら途中で鳴いていた。直線でフラフラしながらも勝ってくれた」

 5R新馬(芝1800メートル)=サトノソルタス(美・堀、牡、父ディープインパクト

 ◆M・デムーロ騎手 「4コーナーでプレッシャーを受けて内にモタれたけど、この馬場でもよく頑張った。良馬場の方がいい」

 2R未勝利(ダ1600メートル)=ゴライアス(美・高木、牡、父ゴールドアリュール

 ◆大野騎手 「スムーズで終始手応えも良く、力が違いましたね」

 *半姉に今年のGIIIフェアリーS優勝馬ライジングリーズン(父ブラックタイド

 3R未勝利(牝馬、芝1600メートル)=ミカリーニョ(美・木村、父ハーツクライ

 ◆ルメール騎手 「能力の高い馬だし、距離はマイル以上でも大丈夫」

 *半姉に昨年のGIIIファンタジーSを制覇したミスエルテ(父フランケル)

 【京都】4R新馬(ダ1800メートル)=マリオ(栗・安達、牡、父エスポワールシチー

 ◆古川騎手 「素直で乗りやすい。まだまだ余裕がある感じだったし、まだ良くなりますよ」

 *母は2006年サンスポ賞フローラSなど芝、ダートで重賞4勝のヤマトマリオン(父オペラハウス)

 5R新馬(芝・内1600メートル)=レッドサクヤ(栗・藤原英、牝、父ディープインパクト

 ◆浜中騎手 「ゲートがすごく速くて強かった。完勝ですね。良馬場の方がもっと走れると思います」

 *半姉に08年GIヴィクトリアマイル優勝馬エイジアンウインズ(父フジキセキ

 6R500万下(芝・内1200メートル)=アンヴァル(栗・藤岡、牝、父ロードカナロア

 ◆藤岡康騎手 「決してこういう馬場(不良)は得意ではないと思うのですが、能力でカバーしてくれた感じです」

 【新潟】5R新馬(芝・外1600メートル)=ノーブルアース(栗・牧浦、牝、父ハーツクライ

 ◆石橋騎手 「ノメることもなく、追い出しを待つ余裕があった」

【2歳新馬】新潟6R 出遅れたルヴァンスレーヴが楽勝  2017年8月13日() 13:28

 8月13日の新潟6R・2歳新馬(ダート1800メートル)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気ルヴァンスレーヴ(牡、美浦・萩原清厩舎)が楽勝した。タイムは1分54秒8(稍重)。

 ルヴァンスレーヴは出遅れたが、後方2番手から大外を回ってグングンと進出。3コーナーを迎えるまでに早くも先頭に立つと、直線でも持ったままで後続を突き放し、3番手から伸びてきた2着ビッグスモーキー(3番人気)に7馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。直線でいったん2番手に浮上していたゴライアス(2番人気)が、さらにクビ差の3着だった。

 ルヴァンスレーヴは、父シンボリクリスエス、母マエストラーレ、母の父ネオユニヴァースという血統。4代母ダイナフェアリーは1987年のサンケイ賞オールカマーなど重賞5勝。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「返し馬で掛かり気味だったので、スタートはあまり出したくなかったですからね。最後は流す余裕もあったし、芝でもやれそうです」

★13日新潟6R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【今日のキラ星】ゴライアス2017年8月13日() 05:03

 【新潟6R】半姉に今年フェアリーSを制したライジングリーズン(父ブラックタイド)、伯父にはダートGI7勝のブルーコンコルドがいる。ゴールドアリュール×キングカメハメハの配合は5頭中3頭が勝ち上がり、計9勝を挙げる堅実さ。高木調教師は「かき込むような走りで力強く、父の影響を感じる。初戦からやれても」と期待を寄せている。

[もっと見る]

ゴライアスの関連コラム

閲覧 3,737ビュー コメント 0 ナイス 6

 今年も残すところあと1か月。今月は12月10日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月17日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月28日のホープフルステークス(2歳GI・中山芝2000m内)と、各路線の2歳チャンピオン決定戦が立て続けに施行されます。今年からホープフルステークスがGIに昇格したので、JRA賞最優秀2歳牡馬ならびに牝馬のタイトル争いがどうなるかも興味深いところですね。

 個人的に、JRA賞は「当該カテゴリーでもっとも“頑張った”馬=当該カテゴリーにおいてもっとも多くの賞金を獲得した馬」が受賞すべきだと考えているものの、実際は「出走数の少ない馬ほど強く見えがち」「施行時期の遅いレースほど高く評価されがち」「距離の長いレースほど格上に見られがち」などといった傾向がありますから、おそらくホープフルステークスの勝ち馬は(牡牝を問わず)ほぼ無条件でタイトルを獲得することになるでしょう。例外として考えられるのは、ホープフルステークスを超人気薄の馬が勝った場合、すなわち投票者の大半がその馬の潜在能力を見誤っているケースくらい。客観的な指標とは関係なく決まる賞だからこそ、結果がどうなるか楽しみで仕方ありません。

 2017年の当コラムは本稿が最終回で、ウマニティPOGも仮想オーナー募集枠の開放は12月4日が最後。“総括”的な意味合いを込め、今回はウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬がこれまでのレースで見せたパフォーマンスをランキング化してみました。入札の検討材料として、さらには2歳GI3競走のヒントとして、ぜひご活用ください。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧いただきましょう(11月19日終了時点。以下同)。

●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7

 トップは11月12日の福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)を圧勝した牝馬のアンヴァルアルーリングボイスの2015)。高いU指数が出やすいレースではあるものの、見た目の派手さに見合うだけの価値はあります。年内は休養予定とのことですが、マイル前後の距離も問題なくこなせるようであれば今後が楽しみです。
 2位タイは10月7日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・東京芝1600m)をレコード勝ちしたダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)と、11月4日の京王杯2歳ステークス(2歳GII・東京芝1400m)を制したタワーオブロンドン(スノーパインの2015)。どちらも朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているそうで、おそらく人気の中心となるでしょう。
 個人的に注目しているのはリュウノユキナ(ネオカラーの2015)。9月3日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)に加え、2着だった福島2歳ステークスのU指数もベスト10入りを果たしました。なお、前走までは北海道の桑原義光厩舎に所属していましたが、現在は船橋の齊藤敏厩舎に移籍しています。再度のJRA挑戦に期待して指名するのも面白そうです。

 ここから先は、クラス(新馬、未勝利、500万下から上のクラス)とトラックおよび距離(芝1600m以下、芝1700m以上、ダート)ごとに集計したランキングをご覧いただきましょう。U指数は上級条件のレースほど高い数字が出やすい指標ですし、ここから先の番組は路線もより明確になってくるので、ご自身の指名戦略に合わせてご活用いただければと思います。なお、世代限定戦のU指数には「遅い時期のレースほど高い数値が出やすい」という傾向もありますので、付記してある日付にもぜひご注目ください。

【新馬、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●08月19日 小倉05R 芝1200m モズスーパーフレア 84.9
●10月21日 京都04R 芝1400m ナディア 84.6
●10月29日 新潟05R 芝1600m ノーブルアース 84.5
●11月19日 東京06R 芝1400m ロードライト 84.1
●11月19日 東京06R 芝1400m マートルリース 84.1
●08月06日 小倉06R 芝1200m サイエン 84.0
●08月19日 小倉05R 芝1200m ジャスパープリンス 83.9
●11月05日 京都06R 芝1400m サウンドキアラ 83.9
●10月01日 阪神05R 芝1400m アルモニカ 83.8
●08月05日 小倉05R 芝1200m バーニングペスカ 83.4
●08月05日 小倉05R 芝1200m ラブカンプー 83.4

 トップのモズスーパーフレア(Christies Treasureの2015)はデビュー2~3戦目こそ7着、5着に敗れていますが、この2戦はどちらも重賞でしたし、展開にも恵まれなかった印象。それぞれ勝ち馬とのタイム差はわずかでしたから、これからまた地道に賞金を稼いでくれるかもしれません。

【未勝利、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月19日 東京04R 芝1600m テトラドラクマ 89.6
●11月11日 京都03R 芝1600m パクスアメリカーナ 89.5
●08月19日 札幌02R 芝1200m リンシャンカイホウ 88.2
●11月11日 京都03R 芝1600m ラセット 88.0
●10月21日 東京03R 芝1400m ラストプリマドンナ 87.9
●08月26日 小倉01R 芝1200m ペイシャルアス 87.7
●09月03日 小倉01R 芝1200m アンヴァル 87.3
●08月13日 小倉01R 芝1200m アサクサゲンキ 87.2
●10月07日 京都02R 芝1600m レッドランディーニ 86.9
●10月09日 東京02R 芝1600m プリモシーン 86.6
●10月09日 東京02R 芝1600m テトラドラクマ 86.6

 リンシャンカイホウ(トリプルアクトの2015)は9月30日のカンナステークス(2歳オープン・中山芝1200m外)でも2着に好走。同等の指数をマークした馬は要注目です。

【500万下から上のクラス、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m カーボナード 91.4
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m テンクウ 91.4
●11月11日 京都11R デイリー杯2歳S 芝1600m ジャンダルム 91.4

 サウジアラビアロイヤルカップ組は4着のテンクウ(ピサノドヌーヴの2015)までがランクイン。人気の中心だった上位2頭はもちろん、3着のカーボナード(ディアマンティナの2015)あたりも引き続き期待できるのではないかと思います。

【新馬、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月08日 東京05R 芝2000m ブラゾンダムール 82.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●10月08日 東京05R 芝2000m ジェシー 81.0
●10月22日 京都05R 芝2000m グレイル 80.9
●10月22日 京都05R 芝2000m ストーミーバローズ 80.9
●10月28日 京都05R 芝1800m スーパーフェザー 80.8
●10月28日 京都05R 芝1800m レッドヴェイロン 80.8
●11月19日 東京05R 芝1800m ブラストワンピース 80.7
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●10月09日 京都05R 芝1800m タングルウッド 79.7

 ダノンプレミアムは6月25日の時点で81.0をマーク。次走のサウジアラビアロイヤルカップも優秀な内容でしたし、今後もしばらくは“主役”として君臨できるんじゃないでしょうか。

【未勝利、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 東京02R 芝2000m カフジバンガード 86.6
●09月02日 小倉02R 芝2000m シャルドネゴールド 85.7
●09月02日 小倉02R 芝2000m ウォルビスベイ 85.1
●11月11日 京都04R 芝1800m アイトーン 84.8
●11月18日 福島04R 芝1800m トーセンクリーガー 84.6
●09月30日 阪神03R 芝1800m ヘンリーバローズ 84.4
●09月23日 阪神03R 芝1800m マイスターシャーレ 84.3
●09月23日 阪神03R 芝1800m ムーンレイカー 84.3
●11月18日 東京03R 芝2000m エイムアンドエンド 84.2
●11月18日 東京03R 芝2000m ニシノマメフク 84.2

 トップは2000mのレースで86.6をマークしたカフジバンガード(エミリアの2015)。11月18日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・東京芝1800m)は4着どまりだったものの、2000m以上のレースが増える今後は楽しみです。

【500万下から上のクラス、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ゴーフォザサミット 90.5
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ナスノシンフォニー 89.9
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ディロス 89.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ジュンヴァルロ 89.5
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ルーカス 89.3
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m シャルルマーニュ 89.3
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ケイティクレバー 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ドンアルゴス 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m タニノフランケル 88.9

 ランキングを見る限り、11月5日の百日草特別(2歳500万下・東京芝2000m)はなかなかレベルの高い一戦だった模様。上位馬は引き続きマークしておくべきだと思います。

【新馬、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●11月04日 東京05R ダ1300m ミスターメロディ 90.2
●10月28日 東京04R ダ1400m プロミストリープ 88.3
●10月15日 京都04R ダ1200m クレヴァーパッチ 88.2
●11月19日 京都06R ダ1200m ヌーディーカラー 84.6
●11月19日 京都06R ダ1200m ブライトエンパイア 84.6
●09月24日 中山04R ダ1200m デンコウケンジャ 84.5
●08月13日 新潟06R ダ1800m ルヴァンスレーヴ 83.4
●07月30日 札幌06R ダ1700m ハヤブサマカオー 83.3
●10月28日 京都04R ダ1200m ロードエース 83.2
●10月14日 東京04R ダ1400m ダークリパルサー 83.0

【未勝利、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●09月16日 阪神01R ダ1200m ヤマニンレジスタ 89.5
●09月16日 阪神01R ダ1200m バイラ 88.8
●11月04日 福島01R ダ1150m スリーチェイサー 88.2
●09月02日 札幌01R ダ1700m ハヤブサレジェンド 87.8
●10月08日 京都01R ダ1400m マッスルマサムネ 87.2
●11月18日 東京02R ダ1600m ショーム 87.1
●11月04日 福島01R ダ1150m ソングオブファイア 86.8
●08月27日 新潟01R ダ1200m タマモアモーレ 86.5
●08月19日 小倉01R ダ1000m ニシノダンテ 86.2
●10月29日 東京02R ダ1600m ゴライアス 86.0

【500万下から上のクラス、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m オーロスターキス 88.7
●09月30日 阪神09R ヤマボウシ賞 ダ1400m ドンフォルティス 88.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m ビッグスモーキー 87.9
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ユニオンローズ 87.6
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サージュミノル 87.5
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m ダークリパルサー 87.4
●10月14日 東京09R プラタナス賞 ダ1600m ルヴァンスレーヴ 87.2
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m クレヴァーパッチ 86.8
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サクラアリュール 86.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m コマビショウ 86.7

 ダート路線の馬は今後の入札でもそれほど人気にならないはず。低額で落札できそうなポイントゲッターが欲しい場合は検討してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋~2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

ゴライアスの口コミ


口コミ一覧

単勝の動き

 4月の桜 2018年6月1日(金) 00:02

閲覧 100ビュー コメント 0 ナイス 22

5月27日 東京競馬場5レース 1600ダ

1着 プロスパラスデイズ 川田騎手
2着 ゴライアス ボウマン騎手

2着に3馬身1/2差の余裕で勝ちました。
ゴライアス(単勝1.5倍)は負けました。

このレースのパドックを私がグリーンチャンネルで見た時はプロスパラスデイズは5番人気で単勝20.5倍。レース終わってみたら、2番人気の単勝11倍でした。

ダービーの日だから売上もあったなか、短時間で20→11倍の変動って、どんだけこの馬の単勝につっこんだ人がいたんだろうと。
前走9着 3ヶ月ぶりのレースで、ボウマン騎手の1.5倍の1番人気相手に、プロスバラスデイズは仕上げに余程の自信があったのでしょうね。ちなみに馬主はゴドルフィン。
2着3着の差は3/4ですが、さらに3着と4着は4馬身差でした。
ちょっと今後ゴドルフィンの馬の単勝オッズに注意してみようかなと思った一件でした。

 銀色のサムライ 2017年8月14日(月) 19:53
馬券メモ(2017/8/12・13)
閲覧 87ビュー コメント 0 ナイス 7

昨日のうちに重賞回顧をしましたが、
今日は先週予想した重賞を含む全レースの回顧をしていきます。


【3回小倉5日】

■5R コウエイアンカ 6人気5着

スタート後すぐに頭を上げてしまい、二の脚がつきませんでした。
2週連続で坂路好時計をマークしていたんですが、
スタートを失敗し、直線でも真っ直ぐ追えない、という状態ではさすがに厳しいですね。

■7R コペルニクス 1人気11着

終始外々を回る展開になったとはいえ、11着というのはさすがに負けすぎ。
小倉の暑さにやられてしまったんでしょうか。

■8R クリノキング 6人気4着

1400mからの距離延長だったので、先行する競馬ができる、と考えていたんですけど、
スタート後の行きっぷりが全然でした。
最悪な展開になっても4着まで追い込んでいますから、クラスにメドは立ったと思います。

■9R イイコトヅクシ 2人気5着

新馬戦は時計・内容ともにイマイチだったんですが、
最終追い切りで坂路51.0秒という素晴らしい時計を叩き出していたので、
新馬戦からの変わり身を見込んで◎にしました。
でも、良かったのはスタートだけで、道中の追走に余裕が無く、5着に凡退。
調教だけのタイプなのかもしれません。

■10R フロムマイハート 1人気3着

今回の相手関係で連対できないとは…。
降級組ですけど、このまま1000万下でウロチョロする形になってしまうのでしょうか。

■11R メイショウウタゲ 1人気8着

直線でブライトアイディアに弾かれた事も痛かったんですけど、
3~4角での手応えがかなり悪かったので、スムーズに走っていても3着以内に入る事は無かったと思います。

■12R ジョーマイク 4人気7着

スタートで出遅れて、4角入口でまさかのシンガリ追走。
直線でも大外ブン回しでしたし、参考外の一戦にしたいです。


【2回新潟5日】

■5R ヴォウジラール 3人気3着

スタートで出負けしてから、少しずつポジションを上げていったものの、直線での末脚比べで完敗。
道中で脚を溜めきれなかったですし、500kgという馬体重はさすがに重かったと思います。

■7R マッタナシ 1人気3着

直線競馬得意の西田騎手に頼る、というシンプルな予想。
でも、枠の不利を覆す事ができず、3着に入るのが精一杯でした。

■8R バイタルフォース 1人気1着

4角で外を回すのではなく、馬群に突っ込んだのが最大の勝因だと思います。
詰めが甘いタイプでしたが、デムーロ騎手が詰めの甘さを解消してくれました。

■9R ミュートロギア 2人気11着

中1週の強行軍が影響した、としか思えない大惨敗。
厳しいローテである事を考慮した予想をすべきでした。

■10R レッドアヴァンセ 1人気1着

マイナス18kgで出てきましたけど、輸送で体重が減るタイプなので気になりませんでした。
直線でもしっかりとした脚色でしたし、1000万下の牝馬限定では格が違いましたね。

■11R アポロノシンザン 4人気1着

後続に突かれる形での逃げでしたが、
55kgというハンデも味方して、地力上位・ビップライブリーの追い上げを凌ぎ切りました。

■12R エクスシア 7人気5着

直線で大外に出すのではなく、もっとコースロスが少ない競馬ができれば良いんですけど、
この馬は大外に出さないとダメなタイプなんでしょうね。


【1回札幌5日】

■5R ハイヒール 1人気1着

好位で折り合いをつけていましたし、直線での脚色もまずまず。
相手関係が微妙だったので、上のクラスでも即通用、とまでは言えませんが、
レースセンスはありますから、立ち回りの上手さが活きるレースになれば上のクラスでも好勝負できるかも。

■8R ユキノカトレア 1人気10着

詰めの甘い馬にルメール騎手、というつい買いたくなってしまう組み合わせに釣られたんですけど、
この馬は道悪が苦手なんですよね。
基本的な馬の特徴を把握せずに予想してしまいました。

■11R ヒルノマゼラン 3人気4着

好位の内で上手く立ち回ったんですけどね…。
上位馬の実力が一枚上手だったようです。

■12R メイショウフェイク 4人気5着

楽に先行できていたように思いますが、
途中で他馬が外から一気に捲ってきて、ペースが上がってしまった事が痛かったです。


【3回小倉6日】

■5R チャームリング 1人気2着

小柄な牝馬なので、1200mという短距離でこその馬です。
勝ち馬には上手く逃げ切られてしまいましたけど、
後続に交わされそうになりながらも2着を確保できたのは立派だと思います。

■7R フライングニンバス 1人気8着

先行争いが激しくなる事は織り込み済みだったんですけどね…。
前走で復調気配を示していましたが、まだ本調子じゃないようです。

■8R シェアザモーメント 2人気7着

相手関係が楽、と考えていたので、長期休養明けでも大丈夫だと思っていました。
でも、勝負どころでのペースアップに対応できなかったので、休み明けの影響が予想以上に大きかったようです。

■9R ウェーブヒーロー 2人気5着

久々の1800mで勝ち負け、と思っていたんですが、
スタートでの大出遅れでレースプランが完全に狂ってしまいました。

■10R タイセイラナキラ 5人気9着

前走の内容が良かったので、1000mにも対応できるだろう、と考えていました。
でも、追走に戸惑っていましたし、相手も強かったようで、今回は完敗でした。

■11R ガンサリュート 4人気5着

逃げるコパノマリーンを早めに捕まえに行ったんですけど、直線半ばで脚が上がってしまいました。
前向きな気性の馬なので、距離短縮で巻き返しを期待したいです。

■12R ワールドオンライン 5人気10着

道中の行きっぷりも悪く、口向きが悪い面も見せていました。
昇級して即通用するほど甘くなかったようです。


【2回新潟6日】

■6R ゴライアス 2人気3着

勝ったルヴァンスレーヴがかなり強かったので、今回は相手が悪かったという事でしょう。
未勝利はすぐに勝ち上がれる馬だと思います。

■7R ヒストリア 3人気2着

中団やや後ろのポジションからよく追い上げたと思います。
古馬相手の500万下クラスにメドを立てた内容なので、今後も好勝負必至です。

■8R アプト 3人気4着

好位の内で脚を溜める競馬でしたが、イマイチの伸びでした。
1400mは合うと思っていたんですけど、1200mでこその馬なのでしょうか。

■9R カルムパシオン 4人気2着

出ムチを入れてハナを奪い、最後の最後までしっかりと粘り切りました。
ハナさえ切れれば好走できる馬なので、今後も同型との兼ね合い次第でしょう。

■10R ドルチャーリオ 2人気3着

中団から上手くレースを運んでいたんですけどね…。
エンジンの掛かりが遅く、新潟の内回りコースでは忙しかったようです。

■11R(関屋記念)マルターズアポジー 7人気1着

抜群のスタートから楽にハナを奪い、そのまま押し切ってみせました。
距離云々よりも、マイペースで逃げられるかどうかがこの馬を見極めるポイントですから、
前走から人気が落ちていて、他馬のマークが緩くなった事も追い風となりました。

■12R ユイノルフィ 6人気12着

有利な大外枠に入ったんですけど、スタート後に外側にヨレてしまい、ダッシュがつきませんでした。
1000mは些細なアクシデントも許されない条件ですから、スタートダッシュの失敗が大きく響きました。


【1回札幌6日】

■5R アドマイヤツルギ 4人気7着

フラットレーに本命を打つべきレースでしたが、
馬場が悪かったので、穴人気していたオルフェーヴル産駒・アドマイヤツルギに懸けてみました。
外枠だった事も痛かったですし、道悪馬場にも苦しみ、見せ場なく凡退。
良馬場で変わり身を見せる事ができれば、先々も楽しみだと思います。

■10R タイセイアプローズ 7人気7着

逃げる競馬ができればひょっとしたら…と考えていましたが、
スタートの出が悪く、後方で構える競馬になってしまいました。

■11R(エルムS)テイエムジンソク 1人気2着

道中で積極的な立ち回りをしていれば勝っていたかもしれませんけど、
冷静に考えても、重賞初挑戦で単勝オッズ1倍台というのは過剰人気ですよね…。

■12R ドラゴンシュバリエ 1人気1着

脚抜きの良い馬場を得意としていますし、
相手関係も前走より楽になってしまいましたから、順当勝ちとみるべきでしょうね。


今振り返ってみても、関屋記念は絶対に当てなきゃいけないレースなんですよね…。
マルターズアポジーの単勝勝負、という選択肢を考えるべきだった、
と今更ながら反省しています。

新馬戦の的中率も下がってきてしまったので、
変にオッズを意識するのではなく、追い切りの動きが良かった馬をガミるのを覚悟で買っていきたいです。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年8月13日() 11:44
関屋記念・エルムS・2歳新馬戦の予想の巻
閲覧 84ビュー コメント 0 ナイス 0

☆関屋記念の予想☆
馬場状態
コース内柵沿いに若干の傷みが見られますが、全体的に良好な状態です。

天気予報
明日も微妙な天気っぽいけど、雨の心配はなさそうなんで、稍重から回復して良馬場かな?

過去5年(稍重馬場の2014年を除く)の傾向
単勝人気
1番人気馬の成績(1.1.1.1)
2番人気馬の成績(1.0.0.3)
3番人気馬の成績(1.0.1.2)
馬場に関係なく1~4番人気のどれかが勝ってるレースなんで、あまり人気薄の単勝狙いすぎても期待薄かも。

時計:1分31秒台後半~1分32秒台前半の決着に対応できる軽快さがないと辛そう。
展開:瞬発力勝負になりやすい。
脚質:逃げ・先行馬がよく勝つ。(過去5年の勝ち馬は全て3・4コーナー6番手以内)
年齢:1着馬4頭中、4歳が2頭、5・7歳が1頭ずつ。
性別:1着馬4頭中、牡馬が3頭。牝馬が1頭。
枠順:1着馬4頭中、8枠が2頭、1・7枠が1頭ずつ。
斤量:1着馬4頭中、57kgが2頭。56kg・54kgが1頭ずつ。

予想
過去の傾向を見ると、
直線長い新潟1600mなのに、メンバー中最速の上がり3Fを出した馬が過去5年で1度も勝ててなくて、
過去5年ともに3・4コーナーで6番手以内にいるような先行勢が勝ってるっていうのは重要なポイント。

新潟1600mだと、ついつい瞬発力の質の高い馬を高評価しちゃいたくなるんですけど、それは単勝的には危険なので、
単勝を買うなら、前めで競馬ができる器用系で、1600mで瞬発力勝負になっても対応できて、1分31秒台や1分32秒台の速い時計の決着にも対応できる軽快さのある馬を狙っていきましょう。

☆結論☆
◎ヤングマンパワー
去年の関屋記念の1着馬なんで過去の傾向にバッチリ合うのは当たり前ですね~。
前走の安田記念が1.6差16着の大敗でしたが、あのレースは逃げ・先行勢には辛いレースで、1~7着馬のうち逃げて2着のロゴタイプ以外の6頭は4コーナー10番手以降だった後方待機の馬達だったんで、安田記念で大敗したからといって今回評価下げる必要はなさそう。
去年勝ってるレースやし、2走前の瞬発力や軽快さが問われたマイラーズCでは2番手から競馬して上がり3F33.6でイスラボニータの0.3差3着と好走してるんで、マイラーズCぐらい走れれば勝ち負けできてもよさそう。

☆関屋記念 買い目☆
単勝 11(ヤングマンパワー) 3000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆エルムSの予想☆
天気予報
明日の天気が回復したとしても、雨の影響が残ると思うんで、稍重~重馬場ぐらいになるのかな?

過去5年(函館開催の2013年、良馬場の2016年・2012年を除く)の傾向
単勝人気
1番人気馬の成績(0.0.0.2)
2番人気馬の成績(1.0.0.1)
3番人気馬の成績(1.0.0.1)
エルムSは馬場に関係なく1番人気があまり連対できてないレースなんで、テイエムジンソクを負かせる可能性ある馬を探していきましょう。

時計:1分42秒台の決着に対応できる方がよさそう。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:前めで競馬できる方がよさそう。
血統:サンデー系種牡馬の産駒がいいのかな?
年齢:1着馬2頭中、5・6歳が1頭ずつ。
性別:1着馬2頭中、牡馬が2頭。牝馬が0頭。
枠順:1着馬2頭中、4・6枠が1頭ずつ。
斤量:1着馬2頭中、56kg・58kgが1頭ずつ。

予想
マリーンSのテイエムジンソクの勝ちっぷりを見ると、マリーンS組の馬が今回テイエムジンソクに先着する可能性はかなり低そう。

なので、テイエムジンソクを負かすとしたらマリーンS組以外の馬ですけど、
前めで競馬ができて、持久力勝負OKで、テイエムジンソクを負かせる可能性ある馬ってなると・・・
あまりいないですけど、1番人気馬があまり勝ててないんで付け入る隙はあるかも。

※競馬ファンとしての心情的には、3連勝中のテイエムジンソクに秋に向けて重賞勝ちしてほしいという気持ちもあるんですけどね・・・。

☆結論☆
◎モンドクラッセ
前走は1.6差の15着に大敗したけど、あれだけ派手に負けたら参考外でいいかな~。
重賞からOPでメンバーは楽になるし、距離的に1800mだとやや長いんで、5勝してる得意の1700mになるのも大歓迎。
札幌も4戦3勝で大得意なんで、札幌1700mなら期待できそう。
去年のエルムSが0.3差3着と好走してるし、休み明けも(2.1.0.0)で得意。
重賞やGIで戦ってきた馬なんで、OP特別なら1着期待したいです。

☆エルムS 買い目☆
単勝 10(モンドクラッセ) 3000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
エルムS テイエムジンソク

当たっても儲かりませんけど、予想下手なのに当たりそうな馬を差し置いて他の馬を狙うとか、まだまだ身の程知らずなので激安覚悟で指名しました。

まあ、馬券圏内ならアクシデントでもない限り大丈夫でしょう。

☆買い目☆
複勝 4 1200P


--------------------------------------------------------------------------------

☆8月13日の2歳新馬戦予想対決の指名馬☆
札幌5R(芝1800m) 指名馬 フラットレー
ハーツクライ産駒なんで直線長いコース向きかもですけど、バウンスシャッセの半弟なんで小回りコースの中距離得意かも?
生産者ノーザンファーム、馬主キャロットファーム、藤沢厩舎、ルメール騎乗で勝ちそうなニオイがプンプンしてるのもいいですね。

小倉5R(芝1200m) 指名馬 ビーコンファイヤー
キンシャサノキセキ産駒なんで2歳の短距離戦で頼りになるし、武豊騎乗なのも小倉で頼りになりますね。

新潟5R(芝1600m) 指名馬 ククルカン
直線長いコースの1600m・1800mは素直にディープインパクト産駒買っとけの法則に従います。

新潟6R(ダ1800m) 指名馬 ゴライアス
ゴールドアリュール産駒という血統に期待。


--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
超おいしいと思う馬を見つけたら下のコメント欄に書いておきます。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
今日の新馬戦でタニノフランケルは2着に負けちゃいましたけど、大型馬でまだまだ未完成で、これからもっともっと伸びる馬だと思うんで長い目で応援してあげたいです。

[もっと見る]

ゴライアスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ゴライアスの写真

投稿写真はありません。

ゴライアスの厩舎情報 VIP

2018年5月27日3歳500万下2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴライアスの取材メモ VIP

2018年5月27日 3歳500万下 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。