注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

テイエムヒッタマゲ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2014年4月4日生
調教師福島信晴(栗東)
馬主竹園 正繼
生産者テイエム牧場
生産地鹿児島県
戦績 8戦[3-1-2-2]
総賞金3,753万円
収得賞金1,900万円
英字表記T M Hittamage
血統 テイエムオペラオー
血統 ][ 産駒 ]
オペラハウス
ワンスウエド
テイエムクレナイ
血統 ][ 産駒 ]
ティンバーカントリー
グラヴィール
兄弟 テイエムマッケカ
前走 2017/03/25 毎日杯 G3
次走予定

テイエムヒッタマゲの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/25 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 822106.888** 牡3 57.0 田中健福島信晴480(-2)1.51.7 5.239.5アルアイン
17/03/12 中京 10 昇竜S OP ダ1400 121131.291** 牡3 56.0 田中健福島信晴482(-4)1.25.3 -0.037.2グッドヒューマー
17/02/07 佐賀 9 たんぽぽ賞 ダ1400 12--------1** 牡3 56.0 田中健福島信晴486(--)1.28.7 -0.1----テイエムチューハイ
17/01/16 中京 10 はこべら賞 500万下 ダ1400 1681539.483** 牡3 56.0 古川吉洋福島信晴488(+2)1.25.7 0.739.5アディラート
16/09/04 小倉 11 小倉2歳S G3 芝1200 15814106.01314** 牡2 54.0 田中健福島信晴486(+6)1.10.2 2.235.8⑬⑫レーヌミノル
16/08/27 小倉 9 ひまわり賞 OP 芝1200 16366.132** 牡2 55.0 田中健福島信晴480(-2)1.10.3 1.236.4カシノマスト
16/08/13 小倉 9 フェニックス OP 芝1200 73341.863** 牡2 54.0 田中健福島信晴482(+14)1.09.9 0.535.7⑤⑤クインズサリナ
16/07/31 小倉 5 2歳新馬 芝1200 18353.111** 牡2 54.0 田中健福島信晴468(--)1.11.2 -0.436.7テイエムミナンカゼ

テイエムヒッタマゲの関連ニュース

 3月25日の阪神11Rで行われた第64回毎日杯(3歳オープン、GIII、芝・外1800メートル、別定、8頭立て、1着賞金=3800万円)は、松山弘平騎手騎乗の2番人気アルアイン(牡、栗東・池江泰寿厩舎)が2番手から直線早めに先頭に立ち、後続の追撃を振り切った。タイムは1分46秒5(良)。アルアインは前走のシンザン記念では直線で前が壁になり6着に敗れたが、今回は離して逃げたテイエムヒッタマゲの2番手でクリアザトラックと併せる形で追走できたし、直線も内めを早めに抜け出して終始スムーズにレースを運べた。

 1番人気のサトノアーサーは8頭立ての最後方を追走し、直線は大外から脚を伸ばしたが、半馬身及ばずの2着。きさらぎ賞に続いての重賞2着で、またしてもタイトルには手が届かなかった。

 さらに半馬身遅れた3着には7番手追走から直線は内めを伸びたキセキ(7番人気)。

 毎日杯を勝ったアルアインは、父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ、母の父エッセンスオブドバイという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主はサンデーレーシング。通算成績は4戦3勝。重賞は初制覇。毎日杯は、池江泰寿調教師、松山弘平騎手ともに初優勝。

 ◆松山弘平騎手(1着 アルアイン)「最後は、何とか頑張ってくれと追っていたのですが、馬が頑張ってくれました。自在性があって、どこからでも競馬ができるし、最後の脚もすごいものがあります」

★25日阪神11R「毎日杯」の着順&払戻金はこちら

【毎日杯】特別登録馬2017年03月20日(月) 17:30

2017年3月25日(土)に阪神競馬場で行われる毎日杯(GIII)の登録馬は以下の通り。

アドマイヤウイナー 牡3
アルアイン 牡3
エンドゲーム 牡3
ガンサリュート 牡3
キセキ 牡3
クリアザトラック 牡3
サトノアーサー 牡3
テイエムヒッタマゲ 牡3
デュパルクカズマ 牡3
トラスト 牡3
プラチナムバレット 牡3
モズカッチャン 牝3

毎日杯(GIII)の重賞攻略はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】レイデオロ、皐月賞を目標に調整2017年03月15日(水) 05:00

 ★デビュー3連勝でホープフルSを制したレイデオロ(美・藤沢和、牡)は14日に放牧先から帰厩。予定通り皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)を目標に調整される。

 ★京成杯2着ガンサリュート(栗・安田隆、牡)、昇竜Sを逃げ切ったテイエムヒッタマゲ(栗・福島、牡)は毎日杯(25日、阪神、GIII、芝1800メートル)に出走する。

 ★昇竜S2着グッドヒューマー(美・高橋裕、牡)は端午S(4月30日、京都、OP、ダ1400メートル)を視野に。8着レヴァンテライオン(栗・矢作、牡)はひと息入れ、函館スプリントS(6月18日、函館、GIII、芝1200メートル)を視野に調整する。

 ★アネモネS2着ディアドラ(栗・橋田、牝)は桜花賞(4月9日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。7着ショーウェイ(栗・斉藤崇、牝)も同レースに登録する。

[もっと見る]

【3歳戦結果】テイエムヒッタマゲ、昇竜S制す2017年03月13日(月) 05:00

 【中山】6R500万下(芝・内2000メートル)=リカビトス(美・奥村武、牝、父ディープブリランテ

 ◆ルメール騎手 「すごく乗りやすい。少し反応には時間がかかったが、エンジンがかかってからは、いい脚を使ってくれた。次はもっと良くなる」

 【阪神】5R500万下(芝・内1200メートル)=エンゲルヘン(栗・五十嵐、牝、父マツリダゴッホ

 ◆和田騎手 「スムーズな競馬ができ、最後もバランス良く走ってくれた」

 【中京】10R昇竜S(OP、ダ1400メートル)=テイエムヒッタマゲ(栗・福島、牡、父テイエムオペラオー

 ◆田中健騎手 「スタートが良かったし、内枠((1)番)も生かせてうまくいきましたね」

[もっと見る]

【昇竜S】9番人気テイエムヒッタマゲが逃げ切り勝ち 2017年03月12日() 15:10

 3月12日の中京10R・昇竜ステークス(3歳オープン、ダート1400メートル、別定)は、田中健騎手騎乗の9番人気テイエムヒッタマゲ(牡、栗東・福島信晴厩舎)が制し、オープン初勝利を飾った。タイムは1分25秒3(良)。

 テイエムヒッタマゲは最内枠から好スタートを切ってハナに立ち、直線に向いてからも粘り腰を発揮。出負けしながらも中団から追撃してきたグッドヒューマー(2番人気)をハナ差で退けた。2着馬とともに伸びてきたシゲルベンガルトラ(1番人気)が、さらにクビ差の3着。

 テイエムヒッタマゲは、父テイエムオペラオー、母テイエムクレナイ、母の父ティンバーカントリーという血統。通算7戦3勝(うち地方1戦1勝)。

 ◆田中健騎手「スタートが良かったし、内枠も生かせてうまくいきましたね。最後は詰め寄られたけど、よく頑張ってくれました」

★12日中京10R「昇竜S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【小倉2歳S】レースを終えて…関係者談話2016年09月05日(月) 05:07

 ◆川須騎手(カシノマスト3着) 「馬のリズムで競馬をしました。ポジションも良く、直線でもひるむことはなかったですね。勝ち馬をつかまえに行ったぶん、最後でかわされたけど、評価できる内容です」

 ◆高倉騎手(キョウヘイ4着) 「ハミを取らず、思うように行けなかった。ただ途中からバランスを重視して乗ったら、ラストは伸びてくれた」

 ◆藤岡康騎手(シゲルベンガルトラ5着) 「勝ち馬を見ながら進めたが、勝負どころで離された。ラストはじわじわと来ているけど…」

 ◆川田騎手(クインズサリナ6着) 「向こう正面で勝ち馬に内からぶつけられました」

 ◆北村友騎手(ドゥモワゼル7着) 「馬場を気にしたのか、向こう正面から思ったほど行けなかった」

 ◆幸騎手(ブラックランナー8着) 「ゲートが悪く、外に張るようなところもあった」

 ◆松若騎手(オールポッシブル9着) 「道中、外に逃げるようなところがありました」

 ◆国分恭騎手(ビーカーリー10着) 「この馬には距離が短すぎた感じです」

 ◆松山騎手(メイソンジュニア11着) 「枠が外だったし、展開も向かなかった」

 ◆藤岡佑騎手(ドリームアロー12着) 「馬場に脚を取られ、さらに外に行くようなところもあった」

 ◆大野騎手(ハルクンノテソーロ13着) 「若さを出して、コーナーで外に張るようなところがあった」

 ◆田中健騎手(テイエムヒッタマゲ14着) 「この馬なりには頑張っていますが…」

★4日小倉11R「小倉2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

テイエムヒッタマゲの関連コラム

閲覧 555ビュー コメント 0 ナイス 3

【絞り込み条件】
〜袷、3着以内(33頭中33頭)<100%>
∩袷、4角4番手以内で競馬をしていた逃げ・先行馬(33頭中32頭)<97%>
A袷、小倉出走であること(33頭中29頭)<88%>※小倉以外は全頭前走1着が条件
そ仭、全レースで上がり3Fタイムが3位以下になったことが1走もないこと
(33頭中29頭)<88%>
チ袷、た裕ぐ米癲33頭中33頭)<100%>
α袷1番人気で1着(30頭中16頭)☆毎年1頭か2頭が必ず馬券内
В鈎絨米發防陲5回・和田、小牧が4回ずつ。

【凡走条件】
×前走5番人気以下【0-0-0-25】
×前走未勝利・OP特別だった馬で当日10番人気以下【0-0-0-38】
×前走オープンで4着以下【0-0-0-18】
×前走0.6秒以上負け【0-0-0-19】

////////////
【О奮阿旅チ条件を満たした馬】
※○は前走/裕ぃ叡綰

カシノマスト〔テン1位&上がり1位−1.1秒差〕≪超抜好走ポジ≫
 クインズサリナ〔前走テン2位&上がり2位〕
ダイイチターミナル〔前走テン2位&上がり1位タイ0.0秒差〕
メイソンジュニア〔前走テン1位&上がり2位〕
レーヌミノル〔前走テン3位&上がり2位〕
 キョウヘイ〔前走テン4位&上がり1位−0.3秒差〕
 テイエムヒッタマゲ≪凡走条件前走0.6秒以上負けアリ【0-0-0-19】≫
 ブラックランナー(ダート)
の実質上から6頭
////////////

【見解】
昨年は【絞り込み】に残ったのは3頭のみでそのうち2頭が1、2着☆

さらに好走率を上げるこのレースに必要な材料として
☆他頭数レースで勝ちあがった馬(12頭立て以上)
☆前走、小倉の勝利
☆出来れば中3週以上の間隔
この3つがポイント!全部を満たしている馬は・・・いませんね(^o^;)
逃げて勝ってきた◎カシノマスト『連闘』◎メイソンジュニア『中2週』が該当に近いですが
どちらもレース間隔の無さが気になります。特にカシノマストは中1週→中1週→連闘(?_?)

テンから飛ばしあいになり3F33.0〜33.5の毎年超ハイペースになるこのレースでは
当週の追い切りでも負荷をかけないと、肺活量・心肺機能が落ちて息切れしてしまうので
まず調教の判断が必要☆厩舎コメント『もう身体が出来ているので』などで調教が軽い場合は
軽視する必要ありです┐(´〜`;)┌
前の強い馬の脚が鈍るかも!?が予想されるならテンの速いレースをと崋螳米發ら
上がり1位で差し切ってきた、キョウヘイシゲルベンガルトラの台頭があるかも(*^O^*)
クインズサリナレーヌミノルは他頭数で揉まれないか?だけですね♪

執筆者:馬券のエース(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

テイエムヒッタマゲの口コミ


口コミ一覧
閲覧 63ビュー コメント 2 ナイス 10

前走:皐月賞

12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

やや中弛みの加速勝負だが緩みも小さく、
速い流れからでも脚を使えるマイラー寄りの馬が有利な流れ。

また公式ラップの話になってしまいますが、
中山2000はどうも序盤の計測にズレが目立ちます。
10.8→12.2→11.7なんてラップを刻むことはまずありませんし、
映像を見てもそんなペースの上げ下げは見られません。
そしてラスト1Fも実際には11.5前後のはず。


1着アルアイン

飛び出しは下手だが行き脚が付き
最序盤でやや脚を使う形で先行4番手をキープ。

中盤の緩みで少しスピードを落とす形になるが
掛かることなくしっかり折り合っての運び。

4コーナーからの加速でモタつき置かれ気味になるが、
直線に入るとコーナーで脚を使った組を逆転。

ゴール前では中央G1初制覇がかかった
松山騎手が必死に追ったため外へ寄れてしまったが、
馬自身は脚色を落とすことなく、直線を伸び切っての1着。


コーナリングでの加速に手間取ってしまったが、
結果的にはここで消耗しなかったことが功を奏したので
多少は恵まれた部分もあるのかなと思う。

ただ、スタートで脚を使って
中盤も若干ではあるが緩めてからの再加速となっているので、
そういった流れでもしっかり勝ち切った点は評価できる内容。



2走前:毎日杯

12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.1 - 11.3 - 12.0

単独で逃げるテイエムヒッタマゲを
残り1000mから捕まえに行く競馬。


1着アルアイン

出負けから気合いを付けると反応良く加速、
隣にいたクリアザトラックと競るような形になるが
2F目過ぎからは馬を抑えて落ち着いた運び。

3F〜4F目を12秒前半で進めて残り1000過ぎから徐々に加速。

残り800で先頭に並びかけると
再びクリアザトラックと競る形になり
馬もムキになったのか、やや持って行かれるような手応え。

最後はさすがに少し苦しくなり
脚色も落ちたが、サトノアーサーの追撃を凌いでの1着。


クリアザトラックに煽られるような運びで
鞍上の意としないペースアップにはなっていそうで、
馬がエキサイトした分、終いも少し落ちた印象。





中盤が然程緩まない流れからでも
速い脚を使えることが長所の馬なので、

かなり極端な例を出してしまうが、
オークスに出走したレーヌミノルのように
東京2400では良さを発揮できない可能性はある。

ただもちろん、
レーヌミノルとはまったくの別馬で、

皐月賞では最後の直線で
しっかり加速して伸び切る競馬もできているし、

走法的にも長い直線に耐えうるものは持っていそうなので、
そこが逆に予想を悩ませる部分にもなる。

 ファストタテヤマだ 2017年04月12日(水) 21:43
皐月賞前哨戦振り返りと簡単な考察
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 6

3/25【毎日杯】

12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.1 - 11.3 - 12.0

序盤は逃げたテイエムヒッタマゲが単独で刻んだラップ。
2番手以降は前半をこれより遅く追走、12.7の中弛みで位置を上げる競馬。


1着アルアイン

出負けから行き脚を付けて2番手へ。
道中は前を単独で行かせて
この馬は12秒前後のラップで運ぶ実質逃げのような形。

直線が長く走りやすい阪神1800コースで
淀みなく運べているので、展開としてはとても楽だが、

出負けから行き脚を付ける格好にはなっているし、
序盤である程度引っ張られる運びにもなっているので、
この流れで勝っているのは皐月賞に向けて好材料と言えそう。

ただ、頭数も少なくとにかく走りやすい条件だったし
全4戦中3戦で出負けしている点も気がかり。


5着トラスト

出脚は良かったが、ハナから行く気がないのか抑えて中団。
アルアインが中弛みで押し上げるところも冷静に見送り、
残り600から急に思い出したように追い始めてキレ負け。

正直、何がしたかったのか分からない。



3/20【フラワーC】

12.6 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.3 - 12.4 - 11.2 - 11.7

2F目も緩く平坦で走りやすい先行有利のラップ。


1着ファンディーナ

行き脚良く2番手に付けると抑えられながらの追走。
あとはもう楽な展開だったが、手応えは圧倒的。

飛び出しの良さは皐月賞でも大きな武器になりそうだが、
問題はそこからの2F目をどうクリアするか。
近3走のような緩い運びはまず不可能なので、
もし崩れるとしたら、その辺りが要因になるのかなとは思う。

ただ、序盤が速ければ無理に付いていかないとは思うし、
今回の皐月賞のメンバー構成を見ると
そこまでテンを速めそうな馬が見当たらないので、
例年通りの流れなら危険な人気馬に映るが、
今年に限っていえば捨て切れない印象もある。



3/19【スプリングS】

12.6 - 11.7 - 12.1 - 12.2 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 12.4

先団6頭を行かせて後続はテンの1〜2Fをかなり緩めの追走。


1着ウインブライト

序盤を緩く運んで4F目から長く脚を使う形。
勝負所では大外を回ったが、
この馬自身スピードに乗りながらのコーナリングだったし、
前が苦しくなった残り600地点で捲れているので、
そこまで大きなロスはなかったかなと思う。
若竹賞の内容を見ても11秒後半のラップを続けられる展開が理想か。


2着アウトライアーズ

ゲートでチャカつき立ち遅れ。
道中は掛かり気味で4F目では勝ち馬以上に脚を使う形。
勝負所でも内目で動けず、一旦前の緩みに付き合ってから再加速。
改めて振り返ってみるとスムーズさを欠く厳しい競馬だったとは思う。
ただ、序盤の緩さが解消されないことにはどのみち難しさは感じる。


3着プラチナヴォイス

好位からの立ち回りではあったし、
勝負所でもウインブライトより内を回れていたので、
その点は有利にも思えるが、
2コーナー過ぎの下り坂で若干勢いを緩める運びではあったし、
100点の立ち回りが叶ったかといえば微妙。
直線では相変わらずヨレ方が酷いし、現状では厳しさを感じるが、
中盤が速い流れで完璧にハマれば、もう少し上のパフォーマンスは出せるかも。


4着サトノアレス

ゲートでうるさいところを見せて出遅れ最後方。
位置取り不利の競馬ではあったし、
4角ではトリコロールブルーと軽い接触もあったりと
一応は度外視できる一戦ではあるのかなと思う。
ただ、スタートが改善されない限りは
末脚不足の競馬に悩まされるだろうし、
現状では中弛みの恩恵がないと上位までは厳しいようにも。



3/18【若葉S】

12.4 - 10.7 - 11.9 - 12.1 - 12.0 - 12.8 - 12.5 - 11.9 - 11.6 - 12.4

淀みない流れからの中弛み瞬発力戦。
後続もある程度緩みに付き合う形で
器用さのある馬が抜け出せるような競馬。


1着アダムバローズ

出脚は目立たないが、気合いを付けると一気に反応。
やや持って行かれそうになったがすぐ落ち着き、
道中は淡々と運んで3角から後続を引き付けて
残り600過ぎから再加速させると伸びを見せ、最後は一杯になりながらも1着。

序盤や勝負所の動きを見ると反応の良さが窺える馬。

中山2000では京成杯で惨敗してしまったが、
馬を抑え付けてまともに走らせてないので、
この一戦は度外視できるかなと思う。

ただ、クラスが上がって通用する競馬は見せていないし、
前走のように引き付ける競馬が叶う条件でもないので末脚負けしてしまう印象。



3/5【弥生賞】

12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

スプリングSとは違い、下り坂の勢いを封じた地力の加速勝負。
コーナーから徐々にスピードアップする流れで先団内目の馬が有利。
ラスト1Fの時計は実際には公式ラップより若干速いかも。


1着カデナ

勝ち方としては地味だが、
内外差を考えれば内容は抜けていたし、
ソロっと加速していく展開だったので
そこまで速い脚を使えなかったのは仕方ないようにも思う。
ただ、G1で勝ち負けできる馬なら
もう少し終いをスッと伸びてほしいようには感じる。


2着マイスタイル

この馬自身、序盤である程度脚は使っていて、
終いに余力を残し切れない展開ではあったが、
結果的にはそれで上がりの競馬を封じることもできているし、
結局はすべて鞍上の思い通りに進んだのかなと思う。

さすがにG1でこれをやったらブーイングものなので、
本番ではまた違った競馬をしてくるはずだが、
今度は逆に中盤を締めてきてもおかしくはないし、正直運びが読めない。


3着ダンビュライト

中団前の内目でコーナーでの急加速も問われず、
直線まで仕掛けを我慢できたことが好走要因か。
2着に詰め切れなかったところを見ると、この形ではこの結果が限界。
本来はもう少し流れてほしい馬には見える。


6着コマノインパルス

一頭だけ下り坂の勢いを利用して
後方2番手から位置を上げてきたが、
そこから周りに合わせてしまい最後は末脚負け。
正直もっと攻めても良かったようには見えるが、
恐らく末脚勝負でも足りると考えての騎乗だと思うし、
内容としては完全に力負けか。



2/26【すみれS】

12.5 - 11.1 - 12.1 - 12.7 - 12.9 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 11.9 - 12.3

スタート後の直線が長い阪神2200なので序盤の時計はやや速め。


1着クリンチャー

向正面から淡々と進む流れをインの2番手と好位追走。
スピードを問われず、この馬にとって走りやすい展開。
4馬身差の圧勝ではあるが、力というより適性で付いた着差のようにも。



2/25【アーリントンC】

12.3 - 11.0 - 12.0 - 11.9 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 12.3

公式ラップではラスト1Fが12.3になっているが、
現実的にありえないラップで実際には11.9程度が妥当。


1着ペルシアンナイト

やや微妙なスタートから1〜2F目はあまり攻めず、
道中をほぼ平坦に進めて直線入口から仕掛けると一気に加速。
ラスト3〜2Fでどの程度脚を使っているかは分からないが、
最後もそこまで大きな減速はしてなさそう。

ちょっと序盤が緩い運びではあったし、
少頭数でコースロスもなく加速も付けやすい展開だったので
その点はどうかなとも思うが、

締まった流れから速い脚を使えるので、
例年通りの皐月賞のペースなら案外やれていい印象もある馬。

ただ、父ハービンジャーに馬主G1レーシングと
G1にあまり縁がない組み合わせではあるので、
結局は展開が向かずサッパリなんて可能性も。



2/12 【共同通信杯】

12.6 - 11.6 - 11.8 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 11.7

若干中弛み加減も、全体的に緩く厳しさは感じない競馬。


1着スワーヴリチャード

出負けも少頭数の最内枠で2F目も緩く、楽に位置取りを挽回。
しかし道中は掛かってしまい3〜4F目で馬を抑えて中団の内目。
その後は馬も落ち着き、直線でも難なく前が空いてあとは抜け出す競馬。

上がりはそこまで出ていないが、
中弛みさせた分もあるし本気で追ってもいないので、
こんなものかなとは思う。

反応良く加速できるので
皐月賞の舞台は合う印象がある馬だが、
ゲート内での物見が激しいせいか、とにかく出負けが多く、
またそこから行き脚を付けると掛かってしまうので
レース運びの難しさはどうしても感じてしまう。



2/6【きさらぎ賞】

12.9 - 11.6 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 12.4 - 12.2 - 11.7 - 12.2

重馬場で淡々とした流れから地力の加速勝負。


1着アメリカズカップ

スタートはあまり目立たず、少し促して前へ。
道中が掛かり気味だったこともあってか3角の坂を慎重に下り、
残り600から徐々に気合いを付け直線ムチが入るとしっかり反応。
最後もそこまで勢いが落ちることなくゴール。

馬場の悪さもありキレ味を問われなかったことで
いつもより加速が良く見えた印象もある一戦。

基本的には中団より前で競馬をしている馬だが、
出脚が若干遅く、気合いを付けると掛かるので
多頭数の条件になるとちょっと運びにくさは感じる。


2016 12/25【ホープフルS】

12.4 - 10.9 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 12.3 - 12.1 - 12.0 - 12.5

序盤がやや速い持久力戦。先行馬には厳しい流れ。


1着レイデオロ

ゲート内で落ち着きがなく立ち遅れ。
序盤2Fの速い流れを後方内目でやり過ごし、
道中も後方4番手の内とロスの少ない運び。
直線でも楽に前が空いてスッと抜け出し完勝。

強い競馬ではあったが、
展開としては完璧にハマったようにも見える。

序盤の流れは皐月賞にも繋がるものがあるが、
ここから更に終盤の加速を問われる条件に替わるため
現状のパフォーマンスだとキレ負けしてしまう不安はある。



2016 11/19【東京スポーツ杯2歳S】

13.0 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.4 - 12.6 - 12.0 - 11.2 - 11.9

前2頭がやや飛ばす展開で、後続は緩い流れからの直線加速勝負。


4着キングズラッシュ

伸び上がるようなスタートで出遅れ最後方。
道中は動きを見せず直線に向いてから追い出されるが
上位3頭に完全に末脚負け。

中山2000では芙蓉S勝ちがあるが、
緩めの流れで先団に付けられ末脚不足をカバーできる絶好の展開。
今回の条件では後方のまま伸びあぐねてしまいそう。

[もっと見る]

 ちびざる 2017年03月25日() 00:57
毎日杯の予想
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 0

◎:.汽肇離◆璽機
〇:ぅリアザトラック
▲:┘ンサリュート
△:ゥ肇薀好
△:Εセキ
×:アルアイン
×:Д廛薀船淵爛丱譽奪
×:▲謄ぅ┘爛劵奪織泪

【買い目】
3連単1・3着固定
、↓きキΝБ

個人的には.汽肇離◆璽機爾肪輒椶靴燭い任后
どんな形で勝つのか。
このレースの結果次第で、一躍ダービー候補になると思います。
ぜひともそういう勝ち方をしてほしいものです。

[もっと見る]

テイエムヒッタマゲの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
4:
  (E-TOMO)   フォロワー:3人 2017年3月12日() 20:23:02
500万特別のダート1400勝ちまでは期待してたけどそれを通り越してOP勝ちまでするなんて想像以上の活躍です。あざっす。
3:
  (E-TOMO)   フォロワー:3人 2017年2月14日(火) 18:43:50
たんぽぽ賞は地方交流重賞ではないのでポイント加算ないみたいです。残念ですけど勉強なりました。
2:
  (E-TOMO)   フォロワー:3人 2017年2月7日(火) 16:52:51
はこべら賞3着にたんぽぽ賞勝利想像以上の活躍です。あざっす。

⇒もっと見る

テイエムヒッタマゲの写真

投稿写真はありません。

テイエムヒッタマゲの厩舎情報 VIP

2017年3月25日毎日杯 G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

テイエムヒッタマゲの取材メモ VIP

2017年3月25日 毎日杯 G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。