注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

ドゥモワゼル(競走馬)

注目ホース
ドゥモワゼル
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2014年4月20日生
調教師粕谷昌央(美浦)
馬主小田切 統二
生産者木下牧場
生産地新ひだか町
戦績 9戦[1-2-0-6]
総賞金1,741万円
収得賞金400万円
英字表記Demoiselle
血統 ショウナンカンプ
血統 ][ 産駒 ]
サクラバクシンオー
ショウナングレイス
ステキプレゼント
血統 ][ 産駒 ]
ジェニュイン
アララットサン
兄弟 クラシックマークワタシダイナマイト
前走 2017/02/05 春菜賞
次走予定

ドゥモワゼルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/05 東京 10 春菜賞 500万下 芝1400 164712.966** 牝3 54.0 田辺裕信粕谷昌央446(+2)1.22.4 0.333.6⑬⑫ライズスクリュー
17/01/15 中山 6 3歳500万下 芝1200 167136.547** 牝3 54.0 勝浦正樹粕谷昌央444(+4)1.10.2 0.635.9⑦⑥マンカストラップ
16/12/23 中山 9 クリスマスR OP 芝1200 1671431.0102** 牝2 54.0 勝浦正樹粕谷昌央440(+2)1.10.0 0.135.7⑦⑦マイネルバールマン
16/12/11 中山 9 黒松賞 500万下 芝1200 167134.529** 牝2 54.0 柴田善臣粕谷昌央438(0)1.10.6 0.436.0⑧⑥ラッシュアウト
16/11/20 東京 9 赤松賞 500万下 芝1600 146915.568** 牝2 54.0 勝浦正樹粕谷昌央438(-6)1.36.1 0.435.5コーラルプリンセス
16/09/04 小倉 11 小倉2歳S G3 芝1200 155911.777** 牝2 54.0 北村友一粕谷昌央444(0)1.09.4 1.435.2⑪⑪レーヌミノル
16/07/24 函館 11 函館2歳S G3 芝1200 167149.335** 牝2 54.0 池添謙一粕谷昌央444(+12)1.09.7 0.535.5⑪⑪レヴァンテライオン
16/07/09 函館 1 2歳未勝利 芝1200 10771.311** 牝2 54.0 勝浦正樹粕谷昌央432(+4)1.09.9 -0.734.8⑦⑤ティラール
16/06/19 函館 5 2歳新馬 芝1200 111171.5102** 牝2 54.0 勝浦正樹粕谷昌央428(--)1.09.6 0.234.5モンドキャンノ

ドゥモワゼルの関連ニュース

 12月23日の中山9Rクリスマスローズステークス(2歳オープン、芝・外1200メートル、別定)は、柴田大知騎手騎乗の3番人気マイネルバールマン(牡、美浦・栗田憲厩舎)が中団から鮮やかな差し切り勝ちを収め、オープン初勝利を飾った。タイムは1分9秒9(良)。1/2馬身差の2着にドゥモワゼル(10番人気)、さらに3/4馬身差の3着にはレジーナフォルテ(12番人気)が入り、3連単は3179.7倍の好配当となった。

 マイネルバールマンは、父ジョーカプチーノ、母クリスビーナス、母の父シンボリクリスエスという血統。

 ◆柴田大知騎手「枠((12)番枠)が良かったですし、レース自体も流れてくれたので、いい位置で競馬ができました。距離を延ばして千四ぐらいの方がいいかもしれません」

★23日中山9R「クリスマスローズステークス」の着順&払戻金はこちら

【小倉2歳S】レースを終えて…関係者談話2016年09月05日(月) 05:07

 ◆川須騎手(カシノマスト3着) 「馬のリズムで競馬をしました。ポジションも良く、直線でもひるむことはなかったですね。勝ち馬をつかまえに行ったぶん、最後でかわされたけど、評価できる内容です」

 ◆高倉騎手(キョウヘイ4着) 「ハミを取らず、思うように行けなかった。ただ途中からバランスを重視して乗ったら、ラストは伸びてくれた」

 ◆藤岡康騎手(シゲルベンガルトラ5着) 「勝ち馬を見ながら進めたが、勝負どころで離された。ラストはじわじわと来ているけど…」

 ◆川田騎手(クインズサリナ6着) 「向こう正面で勝ち馬に内からぶつけられました」

 ◆北村友騎手(ドゥモワゼル7着) 「馬場を気にしたのか、向こう正面から思ったほど行けなかった」

 ◆幸騎手(ブラックランナー8着) 「ゲートが悪く、外に張るようなところもあった」

 ◆松若騎手(オールポッシブル9着) 「道中、外に逃げるようなところがありました」

 ◆国分恭騎手(ビーカーリー10着) 「この馬には距離が短すぎた感じです」

 ◆松山騎手(メイソンジュニア11着) 「枠が外だったし、展開も向かなかった」

 ◆藤岡佑騎手(ドリームアロー12着) 「馬場に脚を取られ、さらに外に行くようなところもあった」

 ◆大野騎手(ハルクンノテソーロ13着) 「若さを出して、コーナーで外に張るようなところがあった」

 ◆田中健騎手(テイエムヒッタマゲ14着) 「この馬なりには頑張っていますが…」

★4日小倉11R「小倉2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【小倉2歳S】厩舎の話2016年09月02日(金) 05:04

 ◆オールポッシブル・喜多助手 「トップスピードへの切り替えが速く競走馬らしくなった」

 ◆カシノマスト・関野助手 「連闘になりますが元気。小さいけど走る馬です」

 ◆キョウヘイ・吉永助手 「追い切り時計もよく、しまいがしっかりしていい感じ」

 ◆ダイイチターミナル・高市師 「体を減らさないように早めに小倉に入厩。具合はいい」

 ◆テイエムヒッタマゲ・田代助手 「崩れずに走ってきていますが今回は相手が強いので…」

 ◆ドゥモワゼル・長嶋助手 「カイバも食べています。調子は変わらずいい」

 ◆ドリームアロー・上村助手 「2走目で上積みがあるはず」

 ◆ナムラアイドル・久保助手 「順調で体も減っていません」

 ◆ハルクンノテソーロ・大野騎手 「荒れた芝はいいと思います。雨は歓迎」

 ◆ビーカーリー・山田真助手 「連闘になりますけど、馬は元気。体も変わりありません」

 ◆ブラックランナー・鈴木孝師 「芝は心配していない」

 ◆メイソンジュニア・渡辺師 「前走はスピードを見せてくれたし、外枠を引ければ」

 ◆レーヌミノル・本田師 「カリカリしたところがないし、力は出せる状態」

★小倉2歳Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉2歳S】ドゥモワゼル、シャープに11秒92016年09月01日(木) 05:11

 関東馬ドゥモワゼルは、小倉ダートで5ハロン68秒8、3ハロン37秒8−11秒9をマーク。直線ではシャープな伸びを見せつけた。美浦からの長距離輸送をへての臨戦過程になるが、疲れは一切、感じられない。

 長嶋助手は「落ち着いていますし、カイバも食べています。調子は変わりなくいいですね」とほほえんだ。前走の函館2歳Sはしっかりと脚を使って5着。発馬に甘い面は残るが、末脚はたしかだ。「もし馬場が悪くなっても気にならないタイプだと思うので」と同助手は期待している。

★小倉2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉2歳S】ドゥモワゼル、ラスト1F11秒92016年08月31日(水) 11:28

 函館2歳S5着のドゥモワゼルは先週末に美浦から小倉に移動。けさはダートコースで五十嵐騎手が騎乗し、単走でラスト1Fだけ仕掛けられ、11秒9と機敏な反応を見せた。「先週土曜に小倉に着いたが、カイバをしっかり食べ、落ち着きもある。馬場が悪くなっても問題ないね」と、長嶋助手は体調の良さを伝えた。(夕刊フジ)

★小倉2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉2歳S】レース展望 2016年08月29日(月) 18:14

 夏の小倉開催最終週の日曜メインは、第36回小倉2歳S(9月4日、小倉、GIII、芝1200メートル)。競走馬としてのキャリアが浅く、各馬の対戦経験も少ない2歳戦だけに波乱の要素は十分で、過去10年で1番人気は2勝、2着3回とやや苦戦傾向にある。一方、6番人気以下の伏兵が5連対し、いずれも小倉で勝ち星を挙げている点には注目だ。

 クインズサリナ(栗東・西村真幸厩舎、牝)は6月12日の阪神芝1200メートル新馬戦、8月13日の小倉芝1200メートル・フェニックス賞と2連勝。前走は幼さも解消して、スキのないレースぶりを見せた。4キロ増の420キロと、小柄だけに少しでも体重が増えていた点には好感がもてる。中間は小倉に滞在。さらにパワーアップした姿で出走してくるはずだ。

 鹿児島産の関東馬カシノマスト(美浦・蛯名利弘厩舎、牡)は、7月31日の九州産限定新馬戦を除外されたものの、同日に一般馬相手の新馬戦(芝1200メートル)に回って圧勝。続くフェニックス賞はクインズサリナの1馬身1/2差の2着だったが、8月27日の九州産限定戦ひまわり賞(芝1200メートル)を7馬身差で圧勝した。タイムも1分9秒1(良)と、開催5週目としては上々だ。ただ、420キロと牡馬としてはかなり小柄なだけに、連闘がどう出るか。小倉に滞在しているとはいえ、馬体のキープが大きなポイントになる。

 メイソンジュニア(栗東・渡辺薫彦厩舎、牡)は8月14日の小倉芝1200メートル新馬戦を快勝。タイム1分10秒1(良)も開催半ばなら悪くなく、それ以上に勝ちっぷりに余裕があった点を評価したい。492キロの馬体も迫力があり、時計もまだまだ詰められるはずだ。管理する渡辺調教師には重賞初Vの期待がかかる。

 レーヌミノル(栗東・本田優厩舎、牝)は8月7日の小倉芝1200メートル新馬戦をセンス十分のレースぶりで勝ち上がった。タイム1分9秒3(良)も上々。ここでも好勝負を見込んでいい。先週までに26勝をマークして関西リーディング5位と躍進著しい厩舎の勢いにも注目だ。

 シゲルベンガルトラ(栗東・服部利之厩舎、牡)は7月31日の小倉芝1200メートル未勝利戦を1分9秒1(良)で快勝。デビュー3戦目だったが、その前は重馬場の阪神芝の新馬戦で3着、不良馬場の中京芝で2着と晴雨兼用タイプなのが頼もしい。過去10年で未勝利戦を勝って挑んだ馬が4勝、2着2回と活躍している点も強調できる。

 キョウヘイ(栗東・宮本博厩舎、牡)は7月30日の小倉芝1200メートルの未勝利戦を勝っての挑戦。当時のタイム1分9秒0(良)は登録15頭中、最速だ。早くも5頭が勝ち上がるなど注目を集めるリーチザクラウン産駒という点からも注目したい。

 その他、中間の調整が意欲的なオールポッシブル(栗東・高橋亮厩舎、牝)、トウカイテイオーの近親にあたるハルクンノテソーロ(美浦・高木登厩舎、牡)、函館2歳S5着のドゥモワゼル(美浦・粕谷昌央厩舎、牝)、福島未勝利戦で5馬身差の圧勝劇を演じたダイイチターミナル(美浦・高市圭二厩舎、牡)なども上位争いを演じて不思議はない。

★小倉2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドゥモワゼルの関連コラム

閲覧 372ビュー コメント 0 ナイス 2

 本日の予想を担当してくれるのは、馬体と走法からその馬のベストの適性を見抜く“神の目”を持った、ウマニティ公認プロ予想家のサラマッポさんで、2週連続の登場となります。先週の新潟2歳Sは残念ながら外してしまいましたが、2歳戦を大得意とする天才相馬師が、このまま黙っているとは思えません。今週はリベンジを果たすべく、小倉2歳Sの予想を披露してくれました。
今開催の小倉は例年に比べ時計がかかり、パワーが必要な印象。加えて週末は雨模様なので、その傾向が顕著になりそう」と分析したサラマッポさんの本命はドゥモワゼル。「前アシをかきこむような走法で、道悪などのパワーを要する馬場への適性は高い」と判断しました。
 対抗は「荒れ馬場を苦にしない走りや、前さばきの硬さから、かなりのパワーを秘めていそう」なオールポッシブル。馬券は単複、馬連・ワイド┃で勝負します。本レース以外のサラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAX でご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢28名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<


登録済みの方はこちらからログイン

2016年08月02日(火) 11:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) 〜第5回U指数から見た将来性の高い2歳馬
閲覧 1,633ビュー コメント 0 ナイス 12

 現2歳世代にとって最初のJRA重賞、7月24日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)を制したのはレヴァンテライオン(Ghostly Darknessの2014)でした。筆頭オーナーであるmizumizuさん(スペシャル)、東風はるちゃんさん(GI)、ネーハイシーザーさん(GII)、じょーじDXさん(GIII)、2rakiさん(オープン)ほか計28名の皆様、おめでとうございます。
 ちなみに、仮想オーナー枠が1頭につき1枠しかない(=仮想オーナー募集枠の開放がない)スペシャルワールドのmizumizuさんは、第1回の入札で早々に同馬を確保。しかも、落札価格は募集価格と同額の120万PPだったんですよね。入札可能な頭数や金額に限りがある中、もっとも効率が良い形での“単独指名”に成功したわけで、相馬眼だけでなく戦略性においてもお見事というほかありません。私自身「これは気持ちイイだろうなぁ〜」と羨ましく思いました(笑)。

 夏季競馬の後半戦に突入し、2歳戦はこれからますます熱を帯びてきます。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは今週を含めて計5回の仮想オーナー募集枠開放を残しており、手持ちの所有枠やPOGポイント次第ではどの馬も指名が可能。また、7月24日終了時点で既に722頭の馬がJRAのレースを使っていることから、今後は実戦を経験した馬たちの評価も重要なポイントになってくるでしょう。
 今回はウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、将来性が高そうな2歳馬をピックアップしてみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(7月24日終了時点。以下同)。

●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S モンドキャンノ 89.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S タイムトリップ 87.8
●7月24日 函館11R 函館2歳S メローブリーズ 86.8
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●7月10日 福島01R アフターバーナー 86.1
●7月23日 中京09R 中京2歳S ディーパワンサ 85.8
●7月24日 函館11R 函館2歳S ドゥモワゼル 85.8
●7月2日 函館01R フクノクオリア 85.2
●7月23日 中京09R 中京2歳S エントリーチケット 85.1

 ランクインした馬の大半は、7月23日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)や7月24日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)で好走した馬。集計期間中に施行されたオープンクラスのレースはこの2鞍だけなので、極めて順当な結果と言えます。
 大前提として、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすいものです。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちな印象。これらの傾向も踏まえつつ、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。

 新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●7月24日 中京05R クライムメジャー 81.7
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●7月2日 中京05R メイショウソウビ 81.4
●6月18日 函館05R ザベストエバー 81.3
●6月19日 函館05R モンドキャンノ 81.1
●7月10日 中京05R ジューヌエコール 80.7
●7月2日 函館05R ガーシュウィン 80.4

 函館2歳ステークスで敗れてしまった馬も入っていますが、POG期間全体の番組体系から見れば時期的にも条件的にも特殊なレースだけに、この段階で見限るのは早計。血統的にも将来性が高そうなアエロリット(アステリックスの2014)、アンジュシャルマン(シーズアンの2014)、クライムメジャー(クライウィズジョイの2014)らを含め、引き続き注目しておくべきだと思います。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●7月2日 函館01R フクノクオリア 85.2
●7月2日 函館01R ラッシュアウト 83.1
●7月9日 中京01R マルモレイナ 82.7
●7月24日 函館01R ソレイユフルール 82.5
●7月24日 函館01R ウィンドライジズ 82.5
●7月17日 中京01R アカカ 82.4
●7月23日 中京01R ラヴィングアンサー 82.0
●7月17日 福島01R スズカゼ 82.0
●7月9日 中京01R シゲルベンガルトラ 81.6

 ダイイチターミナルベルグチケットの2014)やフクノクオリアハロースピードの2014)が勝ち上がったレースでマークした数値は、函館2歳ステークスの上位馬と比べても遜色ありません。そのフクノクオリアが函館2歳ステークスで11着に敗れているとはいえ、今後も出走するレースの条件次第では活躍を期待できるんじゃないでしょうか。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1
●6月18日 阪神05R ミスミーチャン 80.5
●6月18日 東京05R ネコワールド 79.6
●6月25日 函館06R オアシスクイーン 79.2
●7月16日 福島06R アイルキャッチユー 79.1
●7月16日 福島06R スマートニンバス 79.1
●6月18日 東京05R アフターバーナー 78.0
●6月25日 函館06R ララベスラーナ 77.6
●7月9日 中京06R フォーカード 77.5
●7月9日 中京06R クルークハイト 77.5

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●7月10日 福島01R アフターバーナー 86.1
●7月10日 福島01R ハシルキセキ 84.8
●7月16日 函館01R マンカストラップ 84.6
●7月24日 中京01R アードラー 84.3
●7月16日 函館01R ブキス 83.8
●7月16日 函館01R セラミスト 82.2
●7月10日 福島01R シャインヴィットゥ 79.2
●7月24日 中京01R エッシャー 78.4
●7月16日 函館01R アスターメープル 78.2
●7月10日 福島01R シンボリスーマラン 77.9

 芝を主戦場としている馬に比べると注目度は低いと思いますが、その分だけ落札しやすいわけですし、血統背景などから大化けが期待できそうであれば、これから入札する価値は十分にあるはずです。
 
 
※次回のコラムは9/6(火)頃の予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2016年07月24日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/函館2歳ステークス G3(スガダイプロ)
閲覧 535ビュー コメント 0 ナイス 1

本日は、ウマニティ公認プロ予想家チームの“エースで4番”といっても過言ではない存在のスガダイさんに登場してもらいます。狙いを定めたのは、今年初の2歳重賞となる函館2歳S。ウマニティユーザーから厚い信頼を寄せられているトッププロの渾身の予想にご注目ください。
 本命はモンドキャンノ。「新馬戦は余力十分に好時計勝ち。敗れた馬たちはその後続々と勝ち上がっており、レースレベルも高かった」と、この馬の能力の高さを素直に評価しました。
 対抗は「前走はロスの大きい競馬での勝利で、負かした相手も強かったレヴァンテライオン。単穴は「着差以上に余力のある勝利だったラーナアズーラ。以下、ネコワールドフクノクオリアメローブリーズバンドオンザランドゥモワゼルまで押さえます。馬券は馬連流しΒ亜■穫∧FMΒ唖´↓きで勝負です。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年07月20日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年7月20日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(4)
閲覧 2,333ビュー コメント 0 ナイス 7

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年07月23日(土) 中京09R スポーツ報知杯 中京2歳ステークス
【“JRA、かつ新馬のレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [2-2-2-5](複勝率54.5%)
●なし [0-0-0-9](複勝率0.0%)
→中京芝1600mで施行されるようになった2014年以降の好走馬は、デビュー戦で連対を果たしていた馬ばかり。中京芝1400mで施行された2012〜2013年もほぼ同様でした。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

[もっと見る]

2016年07月19日(火) 10:00 みんなの競馬コラム
【函館2歳ステークス】攻略ポイント by馬券のエース
閲覧 919ビュー コメント 0 ナイス 8

≪攻略ポイント≫【函館2歳ステークス】函館芝1200m  ※近7年の傾向

このレースは傾向が明白で、条件だけで買い目が絞れるレース!
一昨年までのようにデータ通りなら少頭数の該当馬の中で1.2.3着(ぁ櫚−番人気)も♪

日記でも何度か書きましたが、2歳3歳戦などキャリアが浅い馬の能力を測る場合は、まず上がり3Fを重視します。
タイムではなくて、残り600m(3ハロン)を何番目に速い脚を使えたか?です。
よぅはスタート位置は違っても、同じ距離を同い年と走ってその中のメンバー中1位を取れないようじゃ、『上のカテゴリーでは通用しない』ということです!!
(これは短〜中距離の2歳戦、3歳桜花賞位まではどのレースでも適応します)

【※重要情報】
◎近7年、新馬戦の持ちタイム1位・2位の馬が必ず連対(^o^)v(稍重があればその中で1位)
△距離延長馬【1-0-1-26】
△父がサンデー直系の産駒【1-1-2-34】昨年は1.2.3着がサンデー系(驚)
×ダートからの参戦【0-0-0-29】

【函館2歳データ馬券】
・牝馬が優勢! ◎特に牝馬の1番人気はオール連対
◎前走上がり3F3位以内(過去7年3着以内21頭中15頭〔70%超〕は上がり最速)
 それ以外は1番人気の1着馬のみ
◎近7年、全21頭全ての馬が前走4角5番手以内(スピード値の違いで前につけれる)
◎近7年、全21頭全ての馬が前走テン3ハロン【1位】か上がり3ハロン【1位】で走っている
・道営馬はラベンダー賞の勝ち馬以外は馬券外(12年に同レースは無くなった)

【1着馬条件】
○当日馬体重が前走比±0kg以上であること(05年以降14年まで全勝利馬が該当)
○前走「新馬」戦組(過去、前走未勝利戦馬は1着ナシ【0-4-1-31】)

【馬券内候補馬】
真っ先に名前が挙がるのは持ちタイム1位の◎モンドキャンノ
【データ馬券】をクリアしたのは
モンドキャンノ【上り最速−0.3差】〔良:持ちタイム1位〕
メローブリーズ【上り最速−0.6差】〔重:持ちタイム1位〕
ラーナアズーラ【上り最速−0.1差】
ガーシュウィン【上り最速−0.2差】(▼距離延長組)(▼サンデー系)
この4頭が【1着馬】の条件を満たす!
以下
ドゥモワゼル【上り最速−0.7差】(▼前走未勝利)
バリンジャー【上り最速−0.1差】(▼サンデー系)
ロイヤルメジャー(▼サンデー系)〔稍重:持ちタイム1位〕
レヴァンテライオン
は、2・3着なら入る余地あり。8頭立てのレースと分析します♪

【見解】
昨年はそれまで【0-0-1-31】だったサンデーの直仔産駒が1.2.3着
【データ馬券】の条項に全頭当て嵌まっていたものの軽視してハズレ(^o^;)
一度崩れた方程式なので今年は軽視せずにいきましょう。

12年にラベンダー賞が無くなってからはほぼ1勝馬同士の戦い。
たった1戦で馬の実力を測るのは難しいが、『牝馬の/裕ぁ戞愡ちタイム1位2位』が
いる場合は絞り込みはしやすくなります。
ガーシュウィンドゥモワゼル=勝浦
モンドキャンノバリンジャー=戸崎
両騎手がどちらかの馬を選ぶのかも判断材料になりますね♪


執筆者:馬券のエース(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

ドゥモワゼルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 4

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。

80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。
「おがちゃん」で検索してね。

1月21日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

< 上位争い >

中山2R  〇スプリングフット

京都10R ◎ゥ瀬離鵐妊スタンス

1月15、16、17日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

京都4R  ▲コーカス 5着、3番人気
京都5R  〇ゥ泪好拭璽魁璽鼻。誼紂■家嵜裕

< 上位争い >

中山6R  ▲ドゥモワゼル 7着、4番人気

京都11R 〇ゥ潺奪ーロケット 1着、1番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

 おがちゃん 2017年01月15日() 05:02
馬券に絡む寸評上位馬 (1月15日)
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 3

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。

80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。
「おがちゃん」で検索してね。

1月15日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

京都4R  ▲.魁璽ス
京都5R  〇┘泪好拭璽魁璽

< 上位争い >

中山6R  ▲ドゥモワゼル

京都11R 〇┘潺奪ーロケット

1月14日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

< 上位争い >

中山1R  ◎ゥ瓮蝓璽ン 2着、1番人気

京都2R  △┘錺鵐侫ーオール 6着、1番人気
京都12R △┘織鵐モウジア 9着、7番人気

中京4R  〇┘函璽▲劵潺魁。加紂■曳嵜裕

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

[もっと見る]

ドゥモワゼルの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ドゥモワゼルの写真

ドゥモワゼル

ドゥモワゼルの厩舎情報 VIP

2017年2月5日春菜賞6着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ドゥモワゼルの取材メモ VIP

2017年2月5日 春菜賞 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。