注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

ユノディエール(競走馬)

注目ホース
ユノディエール
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年3月7日生
調教師岡田稲男(栗東)
馬主株式会社 KTレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 6戦[1-1-1-3]
総賞金1,152万円
収得賞金400万円
英字表記Hunaudieres
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
ジュピターズジャズ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ビーバップ
兄弟 スズジュピターダノンハラショー
前走 2016/11/12 デイリー杯2歳S G2
次走予定

ユノディエールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/11/12 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 104482.2910** 牡2 55.0 四位洋文岡田稲男438(+8)1.36.0 1.434.6⑧⑨ジューヌエコール
16/09/17 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 86610.853** 牡2 54.0 C.ルメー岡田稲男430(0)1.49.0 0.534.6アメリカズカップ
16/09/03 札幌 2 2歳未勝利 芝2000 15586.331** 牡2 54.0 四位洋文岡田稲男430(-2)2.05.2 -0.235.7⑤⑤④バトルスピリッツ
16/08/13 札幌 2 2歳未勝利 芝1800 14586.535** 牡2 54.0 四位洋文岡田稲男432(-6)1.51.2 0.735.3⑭⑭⑫⑦エトルディーニュ
16/07/30 札幌 1 2歳未勝利 芝1800 102229.672** 牡2 54.0 四位洋文岡田稲男438(-2)1.50.8 0.335.3⑧⑦⑦⑥ニシノキララコ
16/07/03 中京 5 2歳新馬 芝1600 13566.237** 牡2 54.0 C.ルメー岡田稲男440(--)1.36.6 1.336.3⑥⑦⑧モーヴサファイア

ユノディエールの関連ニュース

【デ杯2歳S】追って一言

2016年11月10日(木) 05:05

 ◆サングレーザー・川上助手 「動きは素軽かった。体は締まっているし、気性的にも落ち着いています」

 ◆サンライズソア・河内師 「芝の動きは悪くなかった。夏に比べてグンと成長している」

 ◆タイセイスターリー・矢作師 「少しずつ走り方はよくなっている。跳びが大きく粗削りなところはあるが、能力は高い。良馬場で走らせたい」

 ◆ディーパワンサ・松下師 「3頭併せで、しっかりと負荷をかけた。重たい馬場でも動いていたし、落ち着きもある」

 ◆ビーカーリー・西村師 「中1週でも元気で、時計も出過ぎたくらい。折り合いがつくので距離延長は歓迎です」

 ◆ベルカプリ・西浦師 「目いっぱいにはしていないが、動きはよかった。引き続きいい状態」

 ◆ユノディエール・内山助手 「前走時より調教は動いている。マイルになるのもいいんじゃないかな」

 ◆リナーテ・須貝師 「テンションも上がっていないし、いい動きだね。牡馬相手になるが、センスのよさに期待したい」

デイリー杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【デ杯2歳S】レース展望 2016年11月07日(月) 19:18

 京都では土曜に第51回デイリー杯2歳S(12日、GII、芝・外1600メートル)が行われる。素質が高そうな良血馬がそろい、朝日杯フューチュリティS(12月18日、阪神、GI、芝1600メートル)、阪神ジュベナイルフィリーズ(同11日、阪神、GI、芝1600メートル)を占う意味でも重要な一戦になりそうだ。

 2戦2勝の馬が2頭おり、ともに上がり3ハロン最速の脚を発揮して連勝している。そのうちディーパワンサ(栗東・松下武士厩舎、牝)は中京2歳S以来、3カ月半ぶりだが、調整は順調。中京2歳Sはスタートで後手に回ったものの、すぐに中団につけ、直線で外に持ち出すと一気に前を抜き去った。センスの高さと瞬発力は一級品。新種牡馬ディープブリランテの産駒として初の重賞Vがかかる一戦で、母ポロンナルワが今年のオークス馬シンハライトの半姉という血統面からも大物感が伝わる。

 もう1頭の2連勝馬は、ききょうSを勝ったジューヌエコール(栗東・安田隆行厩舎、牝)。こちらもダービー馬ロジユニヴァースのいとこで、血統面はヒケを取らない。1400メートルしか経験がない点も大きな問題はなさそうだが、初戦が重馬場、2戦目が稍重馬場だった。パワータイプが多いクロフネ産駒だけに、良馬場での高速決着に対応できるかがポイントになる。

 良血という点では、菊花賞馬サトノダイヤモンドの半妹リナーテ(栗東・須貝尚介厩舎、牝)が最右翼。父がディープインパクトからステイゴールドに替わったが、3番手から抜け出して快勝したデビュー戦の内容は、兄同様のセンスを感じさせる。キャリア1戦で勝ち時計も平凡なことに加え、牝馬限定戦だったため、評価はそれほど高くないが、大化けする可能性は十分。今回は浜中俊騎手とのコンビで挑む。

 牝馬が優勢という印象の顔触れだが、牡馬も負けてはいられない。NHKマイルC優勝馬ミッキーアイルを半兄に持つタイセイスターリー(栗東・矢作芳人厩舎、牡)も1戦1勝ながら有力な一頭だ。デビュー戦は京都の芝1400メートルで好位から楽々と抜け出しての勝利。兄はスピードで圧倒するタイプだが、こちらは追ってからも味がある。レースぶりに幅がありそうで、連勝で重賞Vなら、先々が大いに楽しみだ。

 内回りながら京都芝1600メートルの未勝利戦を楽に逃げ切ったベルカプリ(栗東・西浦勝一厩舎、牝)は、展開次第で面白い存在。前走の野路菊S(3着)など、長めの距離に出走してきたユノディエール(栗東・岡田稲男厩舎、牡)は、タフなレースになれば台頭の可能性がある。武豊騎手がデビューからコンビを組み続けるディープインパクト産駒サングレーザー(栗東・浅見秀一厩舎、牡)は中間の動きが目立つ一頭。ここでも軽視は禁物だろう。

デイリー杯2歳ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【野路菊S】順風受けてアメリカズカップがV2 2016年09月17日() 14:44

 9月17日の阪神9R野路菊S(2歳オープン、芝・外1800メートル)は、松若風馬騎手騎乗の3番人気アメリカズカップ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)が優勝。タイムは1分48秒5(良)。直線は早めに抜け出したモーヴサファイアが内で粘り込みを図るが、アメリカズカップがしぶとく差を詰め、ゴール寸前で前を競り落として新馬→オープン特別と無傷の2連勝を決めた。

 3/4馬身差の2着にモーヴサファイア(1番人気)、さらに2馬身半離れた3着にはロングスパートをかけたユノディエール(5番人気)。

 アメリカズカップは、父マンハッタンカフェ、母ベガスナイト、母の父コロナドズクエストという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 ◆松若風馬騎手「ペースが遅く序盤は少しハミを噛んでしまったけど、その後は前を見ながらスムーズに運べました。最後は少し甘くなったけど、抜け出してから物見をしていたように、まだ余裕はあったと思います。きょうはゲートまでおとなしく臨めましたし、距離は延びても対応できそうです」

★17日阪神9R「野路菊ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ユノディエールの関連コラム

関連コラムはありません。

ユノディエールの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ユノディエールの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ユノディエールの写真

ユノディエール

ユノディエールの厩舎情報 VIP

2016年11月12日デイリー杯2歳S G210着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ユノディエールの取材メモ VIP

2016年11月12日 デイリー杯2歳S G2 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。