ドロウアカード(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ドロウアカード
写真一覧
現役 牝4 栗毛 2014年2月19日生
調教師角田晃一(栗東)
馬主株式会社 G1レーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績15戦[2-2-3-8]
総賞金3,945万円
収得賞金900万円
英字表記Draw a Card
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
アスドゥクール
血統 ][ 産駒 ]
ジャングルポケット
アイリッシュカーリ
兄弟 ソルヴェイグデクレアラー
前走 2018/03/25 四国新聞杯
次走予定

ドロウアカードの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/25 阪神 9 四国新聞杯 1000万下 芝2000 8777.245** 牝4 55.0 四位洋文角田晃一454(-2)2.02.2 0.335.0エールデュレーヴ
18/03/03 小倉 8 4歳以上500万下 芝2000 10553.521** 牝4 55.0 D.バルジ角田晃一456(0)2.01.5 -0.236.0パラノーマル
18/02/18 小倉 10 日田特別 500万下 芝2000 128117.344** 牝4 54.0 和田竜二角田晃一456(+2)2.00.7 0.336.9アルマレイモミ
17/12/09 中京 9 3歳以上500万下 芝2000 184820.698** 牝3 54.0 藤岡佑介角田晃一454(+8)2.01.4 0.835.4ブルークランズ
17/11/12 福島 7 3歳以上500万下 芝2000 16129.545** 牝3 53.0 秋山真一角田晃一446(+4)2.00.8 1.036.2イタリアンホワイト
17/09/24 阪神 7 3歳以上500万下 芝1600 183613.557** 牝3 53.0 四位洋文角田晃一442(-12)1.34.0 1.335.4⑤④モズアスコット
17/09/02 札幌 8 3歳以上500万下 芝2000 16354.2213** 牝3 52.0 四位洋文角田晃一454(+6)2.05.3 2.839.3④⑤エルリストン
17/05/07 京都 9 矢車賞 500万下 芝1800 9113.722** 牝3 54.0 四位洋文角田晃一448(0)1.48.1 0.334.3ディアドラ
17/04/09 阪神 9 忘れな草賞 OP 芝2000 10113.123** 牝3 54.0 武豊角田晃一448(+6)2.04.3 0.036.8ハローユニコーン
17/03/20 中山 11 フラワーC G3 芝1800 136848.673** 牝3 54.0 武豊角田晃一442(0)1.49.5 0.836.1ファンディーナ
16/11/27 京都 9 白菊賞 500万下 芝1600 111120.083** 牝2 54.0 松若風馬角田晃一442(-2)1.38.7 0.538.1ゴールドケープ
16/11/05 京都 11 ファンタジー G3 芝1400 122215.856** 牝2 54.0 福永祐一角田晃一444(+2)1.22.3 0.534.6ミスエルテ
16/09/18 阪神 2 2歳未勝利 芝1600 17599.861** 牝2 54.0 C.ルメー角田晃一442(0)1.36.9 -0.235.2ハムレット
16/07/23 中京 1 2歳未勝利 芝1600 168169.7410** 牝2 54.0 武豊角田晃一442(-4)1.36.2 0.935.2⑮⑮⑭ラヴィングアンサー
16/07/03 中京 6 2歳新馬 芝1400 12224.632** 牝2 54.0 C.ルメー角田晃一446(--)1.22.7 0.235.3⑥⑥ディーパワンサ

ドロウアカードの関連ニュース

 4月9日の阪神9R・忘れな草賞(3歳オープン、牝馬、芝・内2000メートル、別定)は、田辺裕信騎手騎乗の3番人気ハローユニコーン(栗東・鮫島一歩厩舎)が最後方から差し切り勝ちを収めた。タイムは2分4秒3(稍重)。

 レースはドロウアカードが逃げ、ジョウショーホマレが2番手。ヤマニンアンプリメアルメリアブルームサツキユニヴァースと続いた。直線に入ると、ドロウアカードが最内で粘り、アルメリアブルームが追撃したが、道中は最後方を進んでいたハローユニコーンが一気に脚を伸ばして、ゴール前で差し切った。アルメリアブルーム(4番人気)がアタマ差の2着で、さらにハナ差の3着にドロウアカード(2番人気)。1番人気のイストワールファムは4着だった。

 ハローユニコーンは、父ハーツクライ、母サンタローズ、母の父パントレセレブルという血統。

 ◆田辺裕信騎手「リラックスして走れていた。最後も余裕があったし、距離が延びても大丈夫だと思います」

★9日阪神9R「忘れな草賞」の着順&払戻金はこちら

【フラワーC】レースを終えて…関係者談話2017年3月21日(火) 05:04

 ◆武豊騎手(ドロウアカード3着) 「スローだとのみこまれてしまうので、予定通り1分1秒のペース。距離は延びても良さそうですね」

 ◆吉田豊騎手(エバープリンセス4着) 「外枠だったので、前に馬を置いて後ろから。リズムよく走れていたので、もう少し内めの枠だったら…」

 ◆シュタルケ騎手(ハナレイムーン5着) 「いい競馬はできたと思うが、流れが向かなかった。まだこれから成長する馬だしね」

 ◆内田騎手(ディーパワンサ6着) 「リラックスして折り合いがよく、手応えも楽だった。もっとはじけるかと思ったが、久々だし、次はよくなる」

 ◆津村騎手(サンティール7着) 「上がっていきたいところで反応し切れなかった」

 ◆蛯名騎手(トーホウアイレス8着) 「急にスイッチが入ったり、抜けたりする。もう少しリラックスできればいいと思う」

 ◆江田照騎手(モリトシラユリ9着) 「いい感じで運べていたし、外から惰性をつけていきたかったが…」

 ◆大野騎手(サクレエクスプレス10着) 「もう少し(ペースが)流れてほしかった」

 ◆ルメール騎手(デアレガーロ11着) 「めっちゃ掛かったので、4コーナーで止まってしまった」

 ◆田辺騎手(ブライトムーン12着) 「脚がたまるところがなかった」

 ◆吉原寛騎手(ヴィーナスアロー13着) 「体が(25キロも)減っていましたからね。かわいそうでした」

★20日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フラワーC】ファンディーナが楽勝でクラシックへ名乗り 2017年3月20日(月) 15:53

 3月20日の中山11Rで行われた第31回フラワーカップ(3歳オープン、牝馬、GIII、芝・内1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3500万円)は、岩田康誠騎手騎乗のファンディーナ(栗東・高野友和厩舎)が単勝1.3倍の断然の人気に応えて楽勝し、重賞初制覇を果たした。デビューから無傷の3連勝。陣営は次走について明言していないが、クラシックに出走すれば有力候補となる。

 タイム1分48秒7(良)は、2006年にキストゥヘヴンがマークした1分48秒9(良)を0秒2更新するレースレコード(11年にトレンドハンターがマークした1分47秒0は阪神競馬場での開催だったため参考記録)。また、2着シーズララバイとの着差は5馬身で、1990年にユキノサンライズが2着ヤマタケサリーにつけた3馬身1/2差を更新する最大着差での勝利となった。

 レースはドロウアカードがハナへ。ファンディーナは2番手に控えたが、4コーナーで早くも先頭に立つと、持ったままで後続をグングンと突き放し、大物ぶりを見せつけた。後方から伸びたシーズララバイ(8番人気)が2着に入り、ドロウアカード(7番人気)がさらにクビ差の3着。先行集団の中にいた2番人気のデアレガーロは11着に終わった。

 ファンディーナは、父ディープインパクト、母ドリームオブジェニー、母の父ピヴォタルという血統。北海道浦河町・谷川牧場の生産馬。馬主は(有)ターフ・スポート。フラワーC高野友和調教師は初勝利。岩田康誠騎手は11年トレンドハンターに次いで2勝目。

 ◆岩田康誠騎手「期待通りに成長しています。(4コーナーで先頭に立ったのは)完歩自体が(他の馬とは)違いますし、無理に抑えることなく反応してくれました。(マイルでも距離が延びても)どちらでも対応可能で、レースに行ったらすごくいうことを聞いてくれます。次に向けて期待が高まるレースでしたし、チャンスのある馬に乗せていただいているので頑張ります」

★20日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フラワーカップ】入線速報(中山競馬場)2017年3月20日(月) 15:47

中山11R・フラワーカップ(2回中山8日目 中山競馬場 芝・右1800m サラ系3歳オープン)は、1番手12番ファンディーナ(単勝1.3倍/1番人気)、2番手6番シーズララバイ(単勝76.1倍/8番人気)、3番手8番ドロウアカード(単勝48.6倍/7番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連6-12(23.7倍) 馬単12-6(25.6倍) 3連複6-8-12(139.9倍) 3連単12-6-8(365.2倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017032006020811
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【フラワーC】追って一言2017年3月16日(木) 05:02

 ◆サンティール・鹿戸師 「加減しないでやっている。ずいぶんと良くなっているし、楽しみ」

 ◆ディーパワンサ・松下師 「動きは良かったですね。休ませて馬はたくましくなっている」

 ◆ドロウアカード・角田師 「動きは悪くなかったですよ。体も増えていい感じです」

フラワーカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フラワーカップ】特別登録馬2017年3月12日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドロウアカードの関連コラム

閲覧 494ビュー コメント 0 ナイス 0

3月18日(土)に行われました中京11Rの「中日スポーツ賞ファルコンステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【13位】▲コウソクストレート(5.3倍)
2着:総合ポイント【5位】ボンセルヴィーソ(4.7倍)
3着:総合ポイント【1位】◎メイソンジュニア(14.3倍)

第4グループ・総合ポイント13位のコウソクストレートが1着、第2グループ・総合ポイント5位のボンセルヴィーソが2着、第1グループ・総合ポイント1位のメイソンジュニアが3着という結果でした。

メイソンジュニアが見事期待に応えて好走してくれたお陰で久しぶりの的中です!(^^)! 穴で期待した☆ダイイチターミナルとの夢も一瞬だけ見れましたがそう上手くはいかないですね。

【ワイド】
5

9,11,12,13,16

計5点 払い戻し2040円


続いて3月19日(日)に行われました阪神11Rの「阪神大賞典G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○サトノダイヤモンド(1.1倍)
2着:総合ポイント【1位】◎シュヴァルグラン(4.9倍)
3着:総合ポイント【6位】☆トーセンバジル(33.5倍)

第1グループ・総合ポイント1位のサトノダイヤモンドが1着、第1グループ・総合ポイント1位のシュヴァルグランが2着、第3グループ・総合ポイント6位のトーセンバジルが3着という結果でした。

こちらは的中はしましたが、シュヴァルグランの頭で夢を見ていたのでまずまずといったところです(+_+)しかし、サトノダイヤモンドは強かったですね!天皇賞(春)も最有力と思います!

【3連単フォーメーション】
3,9

3,9

1,4,6 計6点 払い戻し740円



続いて3月20日(月)に行われました中山11Rの「フラワーカップG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】◎ファンディーナ(1.3倍)
2着:総合ポイント【5位】△シーズララバイ(76.1倍)
3着:総合ポイント【10位】△ドロウアカード(48.6倍)

第1グループ・総合ポイント1位のファンディーナが1着、第4グループ・総合ポイント5位のシーズララバイが2着、第4グループ・総合ポイント10位のドロウアカードが3着という結果でした。

こちらはまず◎ファンディーナ、とにかくインパクト大のレースでしたね!やはり相当な器ですね、今年のダービー馬候補ではないでしょうか。馬券の方は○ハナレムーンが伸びきれず、的中できませんでしたが、勝ちにいった競馬でしたので清々しいです!(^^)!

【3連単フォーメーション】
12

10

1,2,3,4,5,6,7,8,9

12

1,2,3,4,5,6,7,8,9

10

計18点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年3月22日(水) 15:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/18~3/20)山崎エリカプロが3日間全てプラス収支でトップ回収率201%をマーク!!
閲覧 780ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、18(土)に中京競馬場でG3ファルコンS、19(日)に阪神競馬場でG2神大賞典、中山競馬場でG2スプリングS、20(祝月)に中山競馬場でG3フラワーCがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファルコンSは、レジーナフォルテが逃げてほぼ全馬一団の隊列を引き連れて4コーナーを通過。迎えた直線、内から3頭目の位置取りからボンセルヴィーソが先頭に出掛けますが、ここに内を割ってメイソンジュニアが強襲の構え。残り200m過ぎて、この2頭が間にメイショウオワラデスティニーソングを挟んで内外に分かれての叩き合いを展開。これらの外からはコウソクストレートが手応えよく進出。ゴール直前でメイソンジュニアボンセルヴィーソコウソクストレートが横一線になってこの3頭による優勝争いとなる中、これを外のコウソクストレートが制してV。重賞初制覇を飾っています。クビ差2着はボンセルヴィーソ、さらにそこからクビ差の3着にメイソンジュニアが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロスガダイプロ山崎エリカプロ岡村信将プロマカロニスタンダーズプロ導師嵐山プロら計9名が的中しています。
 
G2神大賞典は、単勝1.1倍の圧倒的1番人気サトノダイヤモンドに注目が集まる中、1週目のスタンド前でウインスペクトルが先手を奪い、そのまま後続を7~8馬身ほど引き離す軽快な逃げを展開。サトノダイヤモンドはこの流れを終始後方2~3頭目で追走します。ほぼ馬なりで徐々に進出を開始し、2週目の3コーナーへ。前では、2番人気で前年覇者のシュヴァルグランが早々先頭を射程圏に入れ連覇に向けてスパートを開始。直線に入って1馬身後方のサトノダイヤモンドを尻目にシュヴァルグランが単独先頭へ。これをすぐさま捉えたサトノダイヤモンドが抜け出し、シュヴァルグラン以下を完封。今季初戦を勝利で飾り、4連勝で重賞5勝目を挙げています。1馬身1/2差の2着にシュヴァルグラン、さらにそこから2馬身1/2差の3着にトーセンバジルが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾プロはははふほほほプロ他16名が的中しています。
 
G2スプリングSは、内枠からサウンドテーブルオールザゴーの2頭が1、2番手を確保し、淡々としたラップを刻み3コーナーへ。一杯になったサウンドテーブルに代わってオールザゴーを先頭に、各馬差が無く続く形で横に広がって直線に突入。その中からプラチナヴォイスが鋭い伸び脚で一気に先頭へ。内ラチピッタリに進路をとった先頭のプラチナヴォイスに、3分どころを通って今度はウインブライトが末脚を披露。間からはアウトライアーズも迫ります。外の1番人気サトノアレスは伸びいまひとつで脱落。坂を駆け上がってプラチナヴォイスを交わしたウインブライトが差し切りを決めて重賞初V。1/2馬身差2着にアウトライアーズ、そこから1/2馬身差の3着にプラチナヴォイスが入り、ここまでが皐月賞の優先出走権を手にしています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロサラマッポプロ山崎エリカプロスガダイプロシムーンプロ霧プロほか11名が的中しています。
 
G3フラワーCは、ドロウアカードが逃げて単勝1.3倍の支持を集めたファンディーナを2番手に従えてレースを展開。ファンディーナ以下は、ディーパワンサハナレイムーンデアレガーロあたりの人気どころが好位につけます。逃げるドロウアカードが若干ペースを落ち着かせ、隊列が短くなったところで3コーナーを迎えます。ここで、岩田騎手の手綱が少し緩むやいなやファンディーナのエンジンが点火。他馬とは明らかに搭載エンジンが違うと言わんばかりの“4角突き抜け”を披露したファンディーナが、直線独壇場の競馬でゴール。鞍上がビジョンで後続との差を確認するシーンも印象的な圧勝ぶりで無傷の3連勝&重賞初勝利をあげています。5馬身差の2着には後方から末脚を伸ばしたシーズララバイが入り、さらにそこからクビ差3着にはドロウアカードが逃げ粘っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ佐藤洋一郎プロら5名が的中しています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
18(土)を、中京9Rブロンズテーラー中京11RファルコンSを◎メイソンジュニアで的中し、この日250%超の好成績で終えると、続く19(日)は中山11RスプリングSでの◎○▲パーフェクト予想などで回収率190%を達成!20(祝月)も中山11RフラワーCをしっかり仕留め回収率158%で締めくくり。3日間ともにプラス収支を達成した先週は、トータル回収率201%・収支9万1350円プラスのトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
18(土)阪神10Rで◎▲○のパーフェクト予想を披露(馬券は単勝&馬連的中)!続く19(日)阪神6Rでは単勝56.9倍のクリノライメイに本命◎を打ち馬連的中、11万3940円を払戻し。20(祝月)中山12Rでは◎○馬単本線的中し18万円払戻しと3日間続けて冴えわたる予想を披露。週末トータル回収率111%、収支6万6320円プラスの好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(日)中山5Rで◎△○3連単的中を披露し18万8400円を払戻し。同阪神10Rでも◎△○で3連単的中・54万4400円払戻しとこの日2本目のスマッシュヒットをマーク。さらには翌20(祝月)中京12Rで◎○×的中で40万1500円払戻しと連日の大活躍。週末トータルでは回収率165%、収支47万780円プラスの好達成を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
19(日)中山10Rを○ナンチンノン-◎アトランタの印で的中。単勝・馬連併せて計50万3300円払戻しのビッグヒットとなりました。20(祝月)中京12Rでは◎レッドアフレイムから馬連・単勝・複勝をゲットし10万2990円の払い戻しをマーク。3日間ともに安定した的中率で高回収率を維持した先週は、トータル回収率166%、収支47万8750円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
18(土)の阪神2Rで◎ミラクルシップ(単勝104.9倍)を狙い、3複816.2倍ほか複勝&ワイドをゲット!しめて12万1150円払戻しのスマッシュヒットとなりました。他に、19(日)中山11RスプリングSの◎ウインブライトアウトライアーズ、20(祝月)中京5Rの◎メイショウモウコ(単勝22.8倍)など好調予想を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
20(祝月)の中山8Rで◎ハヤブサライデンを「逃げてこその馬で、ここは楽逃げ可能な組み合わせで。」と狙い、◎△△で3連単764倍を800円分的中など計61万3480円払戻しのビッグヒットをマーク!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
19(日)阪神12Rで◎ソーディヴァインからの3連単864倍(500円分)的中し、43万2450円払戻しのスマッシュヒットをマークしました!
 
この他にもろいすプロ (160%)、dream1002プロ(136%)、伊吹雅也プロ(130%)、馬単マスタープロ(116%)、馬っしぐらプロ(116%)、エース1号プロ(115%)、蒼馬久一郎プロ(113%)、河内一秀プロ(107%)、おかべプロ(104%)、3連単プリンスプロ(101%)、岡村信将プロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年9月22日(木) 18:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/17~18)はははふほほほプロの穴馬◎がズバリ!週末プラス32万を記録!
閲覧 811ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は18(日)阪神競馬場でG2ローズSが、中山競馬場でG2セントライト記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2ローズSは、曇り空の下重馬場発表でスタートの時を迎え、断然人気のシンハライト含め各馬一斉に出揃うきれいな発馬を決めての幕開け。先手を主張したのは最内枠から11番人気クロコスミア。この馬がペースを握ると、好発から2番人気のジュエラーは意表を突く先行策で3、4番手をキープし、シンハライトは中団後方という位置取りに。馬場状態を考慮すると淡々としたラップを刻み比較的縦長の馬群は、4コーナーに掛けて徐々に密集していきながら直線勝負へ。依然最内で粘るクロコスミアを、2、3番手からアットザシーサイドカイザーバルあたりが追撃を開始。好位を追走していたジュエラーが伸び今一つのところへ、大外を通って1番人気シンハライトがエンジン点火。残り200mを過ぎたところから猛然とスパートを掛け詰め寄ります。内クロコスミアを、ゴール寸前でハナ差差し切った樫の女王シンハライトが人気に応えて秋G1に向け好スタートを決めています。2着クロコスミアから1/2馬身差の3着には6番人気カイザーバルが入り、ここまでが秋華賞の優先出走権を手中にしています。
 
公認プロ予想家でははははふほほほプロくりーくプロら6名が的中しています。
 
G2セントライト記念は、キークラッカーが1コーナーまでに先手を奪って11頭を従える形で展開。3、4番手に2番人気ゼーヴィント、馬群が途切れて後方に3番人気プロディガルサン、1番人気ディーマジェスティといった人気各馬の位置取りでレースは中盤にやや緩むラップを形成し流れていきます。向こう正面過ぎて、押さえ切れないといった手応えで手綱引っ張りきりのまま突き進むようにしてディーマジェスティが進出しはじめると、3角を前にして鞍上が満を持してのGOサイン。解き放たれた矢のようにスーッと静かに、それでいて力強く着実に外から各馬を飲み込んだディーマジェスティが直線早々先頭に立つと、内で食い下がるゼーヴィントと2頭の叩き合いに。さらにその後ろからはプロディガルサンも迫ります。しかし、ここは力が違うと言わんばかりの推進力をゴール前で再び見せつけたディーマジェスティが勝利。休み明け緒戦を勝利で飾っています。クビ差2着にゼーヴィント、さらにそこから1馬身1/4差の3着にプロディガルサンが入り、ここまでが菊花賞への切符を獲得しています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾育成プロら16名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
  
☆☆☆注目プロ → はははふほほほプロ
17(土)に中山3Rで人気薄◎グローリアスロウラの複勝を仕留め7万9200円の払い戻しをマークするなどの活躍を見せると、これを序章に18(日)には勝負レース指定の東西9Rで立て続けに2本の20万オーバーを披露!まずその1つ目の阪神9Rは「切れないがしぶとい脚を使う馬で今の阪神にはぴったり。前前で流れに乗れればこのメンバーでも一発ある。」と単勝62.7倍のプリメラアスールに敢然と本命を打ち20万7800円払戻し、そして2つ目中山9Rは「調教は入念で走れる仕上がり。」とこちらも穴馬キープレイヤー(単勝77.9倍)を本命視し◎○▲パーフェクト予想を披露(馬券は◎の単複計24万600円払戻し)!!週末トータルでは、回収率168%、収支32万8300円プラスのトップ成績をマークしました。今週も穴馬予想から目が離せません。
 
☆☆☆注目プロ → 岡村信将プロ
18(日)の阪神2R(単勝9.8倍ドロウアカード)、中山12R(単勝7.0倍フクノグローリア)など、随所に高精度本命◎予想を披露!土日トータルでは回収率116%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ → スガダイプロ
17(土)中山5Rでの▲○◎3複1点的中や、中山7Rでの◎○本線的中、中山11Rでの▲◎○3複1点的中、翌18(日)阪神10Rでの◎○▲パーフェクト的中など、随所に印精度の高さを見せた先週は土日トータル回収率101%のプラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ → 霧プロ
18(日)中山6Rで◎アクートからの馬連、3連複、単勝を的中し計10万2440円払戻しを披露!続く中山7Rでは○◎▲のほぼパーフェクトな予想を披露した先週は土日トータル回収率101%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ → サウスプロ
18(日)は、中山2Rで◎○馬連一点的中し15万1000円払戻しのスマッシュヒット。さらに、中山8Rでも◎○的中し14万1120円払戻しを披露しました!
 
※全レースの結果速報はこちら


秋G1開幕間近!今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!
「ユータ」

[もっと見る]

ドロウアカードの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2018.03.25[結果]

 DEEB 2018年3月27日(火) 11:47

閲覧 76ビュー コメント 0 ナイス 4

中山11R マーチステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎13 ハイランドピーク…9着
○ 8 センチュリオン…1着
▲ 9 エピカリス…14着
△14 クインズサターン…2着
×15 ロンドンタウン…6着
[結果:ハズレ×]

中山12R 4歳以上1000万下(混合)[指定]
☆ 8 アメリカントップ…14着
[結果:ハズレ×]

阪神 7R 3歳500万下(混合)
☆10 メイショウタイシ…1着
[結果:アタリ○ 複勝10 870円]

阪神 9R 四国新聞杯 4歳以上1000万下牝
◎ 2 エッジースタイル…3着
○ 5 シャンティローザ…6着
▲ 7 ☆ドロウアカード…5着
△ 4 レイズアベール…2着
× 3 マナローラ…7着
[結果:ハズレ×]

阪神10R 淀屋橋ステークス 4歳以上1600万下(混合)
◎ 8 ★ニシオボヌール…9着
○ 2 ナガラフラワー …3着
▲11 オーヴィレール…4着
△ 6 サダムリスペクト…8着
× 4 スマートグレイス…2着
[結果:ハズレ×]

阪神11R 六甲ステークス 4歳以上オープン(混合)
◎ 4 ロジクライ…1着
○ 5 タイムトリップ…8着
× 1 ☆トラスト…5着
× 2 ☆オールザゴー …6着
[結果:ハズレ×]

中京 2R 3歳未勝利[指定]
◎11 オメガプランタン…2着
○ 6 ☆メイショウバイタル…1着
▲ 3  ジョーダンヒロイン…4着
△16 アスクヴェリウェル…7着
× 7 キンショウ…12着
[結果:アタリ△ 複勝6 130円、馬連6-11 320円]

中京11R 高松宮記念 GⅠ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 9 ☆ファインニードル…1着
○ 8 レッツゴードンキ…2着
▲13 レーヌミノル…7着
△ 6 レッドファルクス…8着
× 3 ブリザード…5着
☆ 2 リエノテソーロ…14着
[結果:アタリ○ 単勝9 550円、複勝9 240円、馬連8-9 1,690円]

今日は、仕事です。
仕事が終わったら、かなりの数、当っている事を期待しています。

[今日の結果:8戦2勝5敗1分]
ファインニードルさんのおかげで、儲かりました。

 DEEB 2018年3月25日() 06:43
恥ずかしい馬予想2018.03.25
閲覧 193ビュー コメント 1 ナイス 4

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

中山11R マーチステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎13 ハイランドピーク
○ 8 センチュリオン
▲ 9 エピカリス
△14 クインズサターン
×15 ロンドンタウン

中山12R 4歳以上1000万下(混合)[指定]
☆ 8 アメリカントップ

阪神 7R 3歳500万下(混合)
☆10 メイショウタイシ

阪神 9R 四国新聞杯 4歳以上1000万下牝
◎ 2 エッジースタイル
○ 5 シャンティローザ
▲ 7 ☆ドロウアカード
△ 4 レイズアベール
× 3 マナローラ

阪神10R 淀屋橋ステークス 4歳以上1600万下(混合)
◎ 8 ★ニシオボヌール
○ 2 ナガラフラワー
▲11 オーヴィレール
△ 6 サダムリスペクト
× 4 スマートグレイス

阪神11R 六甲ステークス 4歳以上オープン(混合)
◎ 4 ロジクライ
○ 5 タイムトリップ
× 1 ☆トラスト
× 2 ☆オールザゴー

中京 2R 3歳未勝利[指定]
◎11 オメガプランタン
○ 6 ☆メイショウバイタル
▲ 3  ジョーダンヒロイン
△16 アスクヴェリウェル
× 7 キンショウ

中京11R 高松宮記念 GⅠ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 9 ☆ファインニードル
○ 8 レッツゴードンキ
▲13 レーヌミノル
△ 6 レッドファルクス
× 3 ブリザード
☆ 2 リエノテソーロ

今日は、仕事です。
仕事が終わったら、かなりの数、当っている事を期待しています。

[もっと見る]

 山崎エリカ 2018年3月17日() 03:02
本日の見所(ファルコンS)
閲覧 425ビュー コメント 0 ナイス 26

2018年 フラワーC、ファルコンS
________________

●フラワーC

今開催は中山芝1800mで、中山記念、中山牝馬S、フラワーS、スプリングSと連続で重賞が行われます。前記4レースを総合的にペースが上がりやすい順にあげると、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCであることは先週の『見所』でお伝えしました。

中山牝馬Sのときと重複しますが、古馬トップクラスが集う中山記念は、ほとんどの馬が2コーナーの急坂の下りで勢いに乗せるため、道悪にでもならない限り、向こう上面でペースが緩むことはほとんどありません。それゆえに前が潰れることがよくあり、先行策から押し切った馬は、G1級の馬ばかり。

しかし、まだ体力のない3歳牝馬同士の戦いとなるフラワーCは、騎手が2コーナーの急坂をゆっくり下ることを意識するので、向こう上面でペースが上がらず、しばしば前残りが発生します。一昨年はアルビアーノの逃げ切りが決まり、昨年はエンジェルフェイスの逃げ切りが決まり、昨年は7番人気のドロウアカードが逃げて3着に粘りました。

実際にフラワーCの過去10年を振り返っても、中山記念に近いラップ構成になったのは、2008年のフラワーCのみ。この年は逃げ馬不在で、1番枠から押し出されるようにして逃げたのは1番人気馬ブラックエンブレム。本来、逃げ馬ではないブラックエンブレムが逃げたために、前半3Fのペースは過去10年でワーストタイムの37秒1。

前半3F目で13秒0まで緩んだだめに、外枠のスペルバインドが坂の下りで折り合いを欠いて向こう上面で捲る形。ブラックエンブレムはそれに応戦してペースを引き上げたために、中盤が速く、ラスト1Fで12秒3まで失速しました。この失速によって、500万下勝ちの実績もなかった8番人気の追い込み馬レッドアゲートがブラックエンブレムにアタマ差まで迫る結果。

ブラックエンブレムが強かったために何とか逃げ切りましたが、実際は、差し、追い込み馬が有利の流れでした。つまり、前半ペースが遅くとも中緩みせずに、差し、追い込みが決まってしまうことがよくあるのがこのコースの恐ろしさであり、面白さでもあります。

さて、今年はどうなるのかというと、明確な逃げ馬は不在でも逃げ馬候補がたくさんいるので、前半3Fのペースが速くなるのではないでしょうか。前半が上り坂のコースなので、ペースが上がると言っても前半3F目は36秒台前半くらい。過去3年のように良馬場前提で前半4F通過49秒台に持ち込めば前が相当有利になりますが、今年は楽ではなさそうです。平均ペースに近い形になることで、比較的に実力どおりの決着になるのではないでしょうか。


●ファルコンS

中京競馬場が新装オープンし、ファルコンSが芝1400mで行われるようになって今年で6年目。過去6年の逃げ馬の着順はと言うと、2012年エクセルシオール・17着、2013年カシノランナウェイ・14着、2014年ネロ・8着、2015年セカンドテーブル・9着、2016年ミスキララ・13着、2017年レジーナフォルテとことごとく馬群に沈んでいます。(全てフルゲート18頭立て)

過去6年の前半3F-後半3Fのレースラップは、2012年・34秒8-36秒8、2013年・34秒9-35秒5、2014年・33秒0秒-36秒3、2015年・34秒4-36秒9、2016年33秒3-3F39秒7(極悪馬場)、2017年・34秒0-35秒3。中京はビックアーサーが勝った2016年の高松宮記念より以前は、時計の掛かる馬場状態だったとはいえ、前半後半のペース落差が2.0秒を越える前傾ラップがほとんど。

来週の高松宮記念に出走予定のネロやセカンドテーブルも大きい着順になってしまっているのですが、前半後半のペース落差が2.0秒を越えるほどのハイペースでは仕方ないでしょう。ネロが8着に敗れた年は、シゲルカガが競り合ったために3.3秒も差があります。

つまり、ファルコンSは、全体的な傾向として、逃げ、先行馬がとても苦戦するレース。その一番大きな理由は、中京芝1400mという舞台が、スタートして約120mほど坂を上って、そこから4コーナー過ぎまで一気に坂を下って行くコースだからでしょう。馬場高速化によっていくらかはマシになっていますが、基本的には差し、追い込み馬が有利。

また、この時期の3歳馬は、レース経験を重ねて体力もつき、逃げ、先行馬が行くだけ、行かせるようなレースをさせるのも、このレースでオーバーペースが発生しやすい理由でしょう。もちろん、この先、スプリント路線に行くのか、マイル路線に行くのかも視野に入れて、全力疾走させたいなどの陣営の思惑もあるでしょう。

今年もモズスーパーフレアが逃げる展開。ペース落とせばアサクサゲンキや外から内に切り込んで来るタイセイブライドあたりが突いてくる可能性が高く、ハイペースが濃厚。デビュー2戦目の中京ダ1400mの芝スタート地点で好ダッシュを決めたミスターメロディも先行争いに加わってくる可能性が高いです。

しかし、差し、追い込み馬有利だからと言って、昨年のナイトバナレットように、追い込み馬をやみくもに狙うのも禁物。ナイキバナレットは前走のジュニアCで前崩れの流れに恵まれて勝利した馬でしたが、そういう馬に「再び」を期待しても9割方は無理でしょう。ファルコンSに限らずですが、能力と展開のバランスが重要なのです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドロウアカードの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ドロウアカードの写真

ドロウアカード

ドロウアカードの厩舎情報 VIP

2018年3月25日四国新聞杯5着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ドロウアカードの取材メモ VIP

2018年3月25日 四国新聞杯 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。