注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

ダノンケンリュウ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2014年6月1日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主株式会社 ダノックス
生産者チャンピオンズファーム
生産地新ひだか町
戦績 5戦[1-0-1-3]
総賞金630万円
収得賞金400万円
英字表記Danon Ken Ryu
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
レインデート
血統 ][ 産駒 ]
Unbridled's Song
Missed the Storm
兄弟 ミュゼリトルガールセレブデート
前走 2017/04/09 3歳500万下
次走予定

ダノンケンリュウの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/09 阪神 5 3歳500万下 ダ1800 156119.557** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝466(-6)1.52.1 1.138.1⑦⑦タガノアンピール
17/03/19 中山 11 スプリングS G2 芝1800 1111129.3109** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝472(0)1.50.6 2.238.1⑥⑪ウインブライト
17/02/26 阪神 3 3歳未勝利 ダ1800 12562.621** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝472(-6)1.54.3 -0.436.2メイショウハチク
17/02/12 京都 2 3歳未勝利 ダ1800 143415.853** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝478(+12)1.52.9 0.837.5ナムラカブト
16/10/30 京都 5 2歳新馬 芝1800 118119.9511** 牡2 55.0 松若風馬音無秀孝466(--)1.52.1 1.535.4⑨⑨アンセム

ダノンケンリュウの関連ニュース

 ◆Mデムーロ騎手(トリコロールブルー5着) 「勝ち馬の後ろで運べたが、最後はジリジリだった」

 ◆柴山騎手(エトルディーニュ6着) 「2、3番手に行きたかったが、ゲート内でイライラして行けず。折り合いは大丈夫だったが、最後まで我慢できなかった」

 ◆内田騎手(オールザゴー7着) 「ハナを主張したかったが、内((2)番)が行ったので2番手から。1800メートルでもやれないわけではないが、マイルぐらいの方が競馬はしやすそう」

 ◆シュタルケ騎手(ストロングレヴィル8着) 「いいポジションは取れたが、相手が強かった」

 ◆松若騎手(ダノンケンリュウ9着) 「スタートして少しノメるような走り。ダートの方が良さそう」

 ◆大野騎手(モンドキャンノ10着) 「前に壁を作れず、力みがあった。最後は走る気をなくした感じだった」

 ◆水口騎手(サウンドテーブル11着) 「出たなりで進めようと思っていた。強い馬と競馬をしたことが、今後のいい経験になれば…」

★19日中山11R「フジテレビ賞スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら

【スプリングS】ウインブライトが重賞初Vで皐月賞へ 2017年03月19日() 15:53

 3月19日の中山11Rで行われた第66回フジテレビ賞スプリングステークス(3歳オープン、GII、芝・内1800メートル、馬齢、11頭立て、1着賞金=5400万円)は、松岡正海騎手騎乗の5番人気ウインブライト(牡、美浦・畠山吉宏厩舎)が制して重賞初勝利を飾り、2着アウトライアーズ(2番人気)、3着プラチナヴォイス(6番人気)とともに、皐月賞(4月16日、GI、中山、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分48秒4(良)。

 レースはサウンドテーブルが引っ張り、オールザゴーモンドキャンノダノンケンリュウなどが続く展開。7番手から直線で内を突いたプラチナヴォイスが一旦、先頭に立ったが、後方3番手から末脚を伸ばしたウインブライトが差し切った。ほぼ同じ位置から追撃したアウトライアーズが1/2馬身差の2着。粘ったプラチナヴォイスがさらに1/2馬身差の3着だった。昨年の最優秀2歳牡馬サトノアレス(1番人気)は出遅れが響いて最後方を追走し、4着止まり。トリコロールブルー(3番人気)は5着に終わり、騎乗していたミルコ・デムーロ騎手の日曜メインの連勝勝利は「6」で止まった。

 ウインブライトは、父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーンという血統。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は6戦3勝。スプリングSは、畠山吉宏調教師、松岡正海騎手ともに初勝利。

 ◆松岡正海騎手「ソラを使っていたので、一生懸命追わなければならなかったですね。(さらに後方でレースを進めていたサトノアレスなどについては)まだ僕の馬は競馬(のスタイル)が固まってはいないので、気にしていませんでした。(デビュー時から)走ると思って、期待している馬です」

★19日中山11R「フジテレビ賞スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】厩舎の話2017年03月17日(金) 05:03

 ◆アウトライアーズ・小島茂師 「調教のテーマは負荷をかけて落ち着いて走らせること。これはクリアできた」

 ◆ウインブライト・松岡騎手 「ピリッとした動き。現状でも好勝負できる能力は持っている」

 ◆エトルディーニュ・小桧山師 「センスがいいし、左右の回りも問わない」

 ◆オールザゴー・矢作師 「動きはすごく良かった。ある程度、前々で進めるのが良さそう」

 ◆サウンドテーブル・崎山師 「デキの良さでどこまでやれるか」

 ◆ダノンケンリュウ・東田助手 「ダート馬ではないと思うが、初の輸送などがどう出るか」

 ◆プラチナヴォイス・和田騎手 「中間からブリンカーを着けていることもあり、調教では真っすぐに走っている」

 ◆モンドキャンノ・安田隆師 「雰囲気はすごくいい。あとは実戦でうまくタメが利けば」

★フジテレビ賞スプリングSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フジテレビ賞スプリングステークス】特別登録馬2017年03月12日() 17:30

[もっと見る]

ダノンケンリュウの関連コラム

閲覧 1,907ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 フジテレビ賞 スプリングステークス 2017年03月19日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ芝1600〜2000m、かつ出走頭数が9頭以上、かつ未勝利を除くレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-5-5-27](複勝率35.7%)
×なし [0-0-0-26](複勝率0.0%)

 実績を素直に評価したい一戦。ダート、マイル未満、2000m超、極端な少頭数、さらに未勝利のレースでしか優勝経験のない馬は好走例がありません。特に注意が必要なのは新馬を勝っていない1勝馬。2016年5着のミッキーロケット(単勝2番人気)、2015年6着のブラックバゴ(単勝4番人気)、2014年6着のベルキャニオン(単勝2番人気)など、人気を裏切ってしまったケースが目立ちます。

主な「○」該当馬→

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

ダノンケンリュウの口コミ


口コミ一覧

紅ズワイガニ食べ放題

 ふくちゃーん 2017年03月19日() 22:07

閲覧 175ビュー コメント 10 ナイス 255

嫁の親のおごりで

嫁兄ファミリーと一緒に紅ズワイカニ食べ放題に

行ってきました!!茹でたてが出てきて、

締めにうどん、雑炊、デザートと

とてもおいしかったです )^o^(

珍しくリアル馬券も大きくプラスで上機嫌!!

贅沢をいえばスプリングSでマイPOG馬、ダノンケンリュウが

来てくれていれば言う事はなかったのに・・・。

贅沢を言ったらキリがないですね。(>_

 ファストタテヤマだ 2017年03月16日(木) 18:03
スプリングS出走馬考察
閲覧 60ビュー コメント 2 ナイス 8

アウトライアーズ

ひいらぎ賞は4角で各馬が仕掛けを待つ流れになったので、
瞬発力タイプのこの馬にとっては絶好の展開。
2走前の百日草特別は序盤から掛かってしまい、
直線では強敵2頭を相手にキレ負けしたが、
純粋な末脚比べで威張れる馬ではないし、
ここでの負けはあまり気にしなくていいのかなとも思う。

基本的にはひいらぎ賞のように
4角でやや緩んでからの加速勝負が一番となりそうだが、
ある程度高いレベルの能力がある馬だと思うし、
そこまで緩みがなくてもスッと動ける力も持っていそう。
気性の問題で序盤の運びは予測しにくいが、
ここをあっさり突破できるようなら本番でも楽しみはある。


ウインブライト

2走前のひいらぎ賞では4角の緩みに付き合う流れで、
アウトライアーズに加速負け。
前走若竹賞は2コーナー過ぎから先団がやや下手を打つ形になり、
それを中団外から見ながら走れていたので、
その分、勝負所で前を捲り切りやすかったのかなとは思う。

緩めてからの加速力で劣るため、
向正面から長く脚を使いやすい中山1800は向くタイプの馬。
ただ、相手が強化されると末脚不足を露呈しそうで、
前走のように先団が何かしらの形で消耗しないと
周りと同じ脚色で上がってくることになる印象も。


エトルディーニュ

共同通信杯は序盤で持っていかれ気味になり
ややスムーズさを欠く競馬ではあったが、
全体を通してみれば楽なペースではあったし、
後続がそこまでだったこともあって2着を確保できた印象。

東京1800の場合は道中を比較的楽に運べて
長い直線で余裕を持って加速できるコースなので、
その辺りがこの馬にとっては合っていたのかなと思う。
中山1800では位置取りの利は引き続き得られるが、
勝負所でのプレッシャーは前回以上になりそうで、
その中で残れる力があるかは疑問に思う。


オールザゴー

白梅賞は中弛みからの再加速で差を付けて勝った点は立派だが、
レースレベルには疑問が残る一戦。
2走前の千両賞は出負けに加えて躓きもあり、
位置取りが悪くなったので度外視してもいい気はするが、
もう少しどうにかしてほしかった内容。

現時点では強いと思えるレースをしていないが、
気性難を抱える馬でまだ全力を出していない印象があり、
道中を緩みなく気分良く走れる条件に替われば
パフォーマンスを上げてくる可能性はあっても。


サウンドテーブル

前走小倉未勝利戦は一貫した流れで
先団がバテたところを狙って差す競馬。
流れとしては厳しいものではなかったし、
未勝利戦だからこそ勝てたような感じだったので、
相手強化のここでは厳しい。


サトノアレス

朝日杯FSは先団12頭が綺麗に中弛みするところを
前に見ながら運べていたので、展開利は大きい内容。
2走前のベゴニア賞も中弛みの流れで
ムーア騎手が上手く内を突いてきたので、
こちらも展開がハマった競馬だったとは思う。

緩めてからの瞬発力は相当高い馬だと思うが、
新馬や未勝利戦を見ても加速が付いてからの伸び脚は案外。
中山1800の場合はレース後半が緩みなく進む場合が多く、
果たしてこの馬の末脚で前に届くのかという疑問はある。


ストロングレヴィル

前走中山新馬戦は超スローの上がり勝負を
中団前の外目から押して押して何とか差し切り勝ち。
3〜4コーナーから加速の流れになったので、
ある程度モタついてしまうのは仕方ないが、
それでも動きの重さは目立ったし、
直線でスッと伸びるような脚がないと
いきなりの重賞では苦しいように感じる。


ダノンケンリュウ

京都芝1800の新馬戦はレース前の放馬が影響したのか、
勝負所でまったく付いて行けずに惨敗。
2戦目の京都ダート未勝利戦は序盤で脚を使っての中弛みで伸びず。
前走の阪神ダート未勝利戦は超スローの
コーナー加速勝負を外目2番手から押し切り勝ち。

近2走はダート戦を使っている馬だが、
新馬戦は度外視でもよさそうなので、
ダート馬と決めつけるのはまだ早計かなとも思う。
ただ、ダート戦でも先行するのに押していたりと
スピード不足を感じる部分はあるので、
相手強化のこの舞台では見劣りそう。


トリコロールブルー

フリージア賞は道中で余計な脚を
使わなくて済む比較的楽なペースでの追走。
直線では進路を確保するのにやや手間取ったが、
前が空いてからは力の差で抜け出して1着。

以前は仔馬並みに走りが幼かったが、
フリージア賞を見ると多少成長したのかなという印象。
ただ、走りがあまり前に出てこないので物足りなさはある。
デムーロ効果で注目を集めそうだが、実力的にはやや過剰人気にも。


プラチナヴォイス

きさらぎ賞は荒れた馬場が嫌だったのか、
走りに身が入ってない感じの負け方。
以前も口向きの悪いところを見せていたりと、
気性的に難しい面はありそう。

一応萩Sでの勝利はあるが、
レース後半の勝負になると末脚で劣る印象があるし、
コーナリングでの器用さもあまり感じられないので、
小回りよりは広いコースのほうが合うイメージ。


モンドキャンノ

朝日杯FSは好発を切ったところで、
鞍上に力ずくで抑えられ前半は掛かり通し。
やや出負けした京王杯2歳Sでも
道中は持っていかれ気味になっていて、
この気性を見ると短距離色は強いように感じる。

中山1800の場合はテンが緩くなりやすいので、
短距離寄りのスピードを活かしやすいコース条件ではあるが、
この馬の掛かり方を見ると序盤での消耗は気になるし、
走法的にも長い直線でじっくり加速させたいタイプの馬。
向正面の下り坂を上手く利用できれば、
決して走れない条件ではないが、克服すべき点は多い。

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年03月14日(火) 06:48
競馬検討 スプリングステークス
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 9

スプリングステークス

アウトライアーズ 圏内

ウインブライト 圏内

エトルディーニュ 対戦ラインから圏内

オールザゴール 逃げ、番手

サウンドテーブル さて?

サトノアレス 距離伸びて真価更に発揮

サンライズノヴァ ダートからで

ストロングレヴィル いきなりとは

ダイシンクイント ムラあり

ダノンケンリュウ ダートより?

トリコロールブルー 圏内

ナイルストーリー 逃げて

プラチナヴォイス 物差しに

モンドキャンノ マイル路線へか?

[もっと見る]

ダノンケンリュウの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ダノンケンリュウの写真

投稿写真はありません。

ダノンケンリュウの厩舎情報 VIP

2017年4月9日3歳500万下7着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダノンケンリュウの取材メモ VIP

2017年3月19日 フジTVスプリングS G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。