ナムラムラサキ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2014年3月27日生
調教師岩戸孝樹(美浦)
馬主奈村 睦弘
生産者いとう牧場
生産地日高町
戦績11戦[2-2-0-7]
総賞金2,360万円
収得賞金450万円
英字表記Namura Murasaki
血統 トーセンホマレボシ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
エヴリウィスパー
ナムラオーキッド
血統 ][ 産駒 ]
チーフベアハート
ビストロドゥパリ
兄弟 ナムラファルネーゼ
前走 2018/06/17 3歳以上500万下
次走予定

ナムラムラサキの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/17 東京 12 3歳以上500万下 芝1800 1281215.1710** 牝4 55.0 津村明秀岩戸孝樹428(-2)1.48.1 1.135.4ウラヌスチャーム
18/02/12 東京 9 テレビ山梨杯 1000万下 芝1800 13228.9510** 牝4 54.0 津村明秀岩戸孝樹430(+10)1.48.3 1.336.0イストワールファム
17/11/26 東京 8 オリエンタル 1000万下 芝1800 17118.6512** 牝3 52.0 津村明秀岩戸孝樹420(0)1.47.8 1.035.4サンティール
17/10/09 東京 9 山中湖特別 1000万下 芝1800 11337.442** 牝3 53.0 津村明秀岩戸孝樹420(0)1.47.8 0.233.7⑤④ブルックデイル
17/09/09 中山 11 紫苑S G3 芝2000 1871424.3812** 牝3 54.0 津村明秀岩戸孝樹420(-4)2.00.8 1.035.2ディアドラ
17/08/13 新潟 7 3歳以上500万下 芝1800 17483.711** 牝3 52.0 津村明秀岩戸孝樹424(+2)1.46.5 -0.233.7⑥⑥ヒストリア
17/06/17 東京 9 八丈島特別 500万下 芝1800 112212.262** 牝3 52.0 津村明秀岩戸孝樹422(+2)1.47.3 0.033.2⑤⑤ペイドメルヴェイユ
17/05/28 東京 3 3歳未勝利 芝1800 1871319.071** 牝3 54.0 津村明秀岩戸孝樹420(0)1.48.0 -0.234.2⑧⑦⑧パルフェクォーツ
17/04/30 東京 4 3歳未勝利 芝1600 184716.464** 牝3 54.0 津村明秀岩戸孝樹420(+2)1.34.8 0.535.0⑩⑧ジェイケイオジョウ
17/01/28 東京 5 3歳未勝利 芝1800 161294.3147** 牝3 54.0 津村明秀岩戸孝樹418(0)1.48.1 0.935.8⑨⑦⑦イストワールファム
16/11/20 東京 6 2歳新馬 芝1600 1681557.586** 牝2 54.0 北村宏司岩戸孝樹418(--)1.37.8 1.035.0ハナレイムーン

ナムラムラサキの関連ニュース

【紫苑S】厩舎の話

2017年9月8日(金) 05:02

 ◆ガジュマル・伊藤大師 「ここを目標にいい感じで仕上がった」

 ◆カリビアンゴールド小島太師 「前走以上の仕上がり」

 ◆サロニカ・辻野助手 「春の桜花賞は蹄を痛めて回避したが、しっかりと休んで順調」

 ◆ジッパーレーン・戸田師 「1度使って素軽さが出た」

 ◆シンボリジュネス・菊川師 「体がしっかりして状態は上向き」

 ◆シーズララバイ・竹内師 「攻め馬を加減なくできている」

 ◆ディアドラ・橋田師 「しまいはいい動き。減っていた体も戻った」

 ◆ナムラムラサキ・岩戸師 「状態はよくコーナー4つにも対応可能」

 ◆ブラックオニキス・加藤和師 「いい充電ができて好仕上がり」

 ◆プリンセスルーラー・高橋康師 「成長した体と叩いた効果に期待」

 ◆フレスコパスト・中野師 「追い切りは併せ馬でいい感じ」

 ◆ホウオウパフューム奥村武師 「気性が大人になってきた」

 ◆ポールヴァンドル・上原師 「いい競馬をして次につなげたい」

 ◆マナローラ・鮫島師 「ラスト1ハロン12秒台なら十分」

 ◆ミッシングリンク斎藤誠師 「後続に脚を使わせる形になれば」

 ◆ライジングリーズン奥村武師 「上り調子で、いい状態」

 ◆ルヴォワール・手塚師 「本来はもっといい動きかな」

 ◆ワラッチャウヨネ・高橋博師 「競馬では折り合いがつく」

紫苑ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【紫苑S】追って一言2017年9月7日(木) 05:03

 ◆エバープリンセス・久保田師 「動きがよく、春先と違って全体的にしっかりしてきた。久々でも力は出せる」

 ◆カリビアンゴールド小島太師 「前走以上の仕上がり。落ち着きが出てきたのはいい。何とか出走権を」

 ◆シーズララバイ・竹内師 「動きは予定通り。攻め馬を加減なくできています」

 ◆ナムラムラサキ・岩戸師 「前走は強い内容。状態は良く、コーナー4つにも対応可能。相手は強いが期待」

 ◆ブラックオニキス・加藤和師 「放牧明けだが、いい充電ができて好仕上がり。秋華賞につながる競馬ができそう」

 ◆ホウオウパフューム奥村武師 「上がり重点。気性が大人になってきました」

 ◆ポールヴァンドル・上原師 「状態は悪くない。いい競馬をして次につなげたい」

 ◆ミッシングリンク斎藤誠師 「先頭に立って、後続に脚を使わせる形になれば」

 ◆ライジングリーズン奥村武師 「上り調子で、いい状態でトライアルを使える」

 ◆ルヴォワール・手塚師 「態勢は整ったと思うけど、本来はもっといい動きかな」

 ◆レッドミラベル・尾関師 「単走で折り合いもついていましたし、いい感じでした」

紫苑ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【紫苑S】レース展望 2017年9月4日(月) 16:13

 今週の日曜メインは2つのサマーシリーズで王者を決める重賞が組まれているが、競馬の暦の上では秋競馬のスタート。その初日となる9日には、中山で秋華賞トライアルのGIII紫苑S(芝2000メートル、1~3着までに本番の優先出走権)が組まれている。

 重賞に格上げされて2回目。昨年はここを勝ったビッシュが本番で1番人気に支持されたものの、実際に秋華賞馬に輝いたのは紫苑S2着のヴィブロスだった。さらに、ここで5着だったパールコードも本番で2着に好走。かねて設定されているトライアル・ローズSよりもはるかに本番に直結する結果となっただけに、今年も注目が集まりそうだ。

 桜花賞8着、ラジオNIKKEI賞11着とここ2戦は大敗しているが、中山では3戦3勝という戦歴を誇るのがライジングリーズン(美浦・奥村武厩舎)。2000メートルに距離が延びる点は微妙だが、コース実績は無視できない。フェアリーS、アネモネS勝利の実績は明らかに上位。得意コースで復活を図る。

 3月のミモザ賞1着以来となるが、スケールの大きさから注目されるのがルヴォワール(美浦・手塚貴久厩舎)だ。新馬戦に続いて、相手を全く寄せ付けない大楽勝でのV2。2戦とも中山2000メートルという点は見逃せない。ここもあっさり勝つようだと、本番の最有力候補になるはずだ。



 オークス4着のディアドラ(栗東・橋田満厩舎)は、ひと息入れて臨んだ札幌のHTB賞をクビ差でV。2着ラヴィエベールは1600万下でも2戦してともに2着という降級馬だけに、改めて底力を印象付けた形だ。どんな展開でも確実に伸びてくる勝負根性があり、ここも大崩れは考えにくい。

 使いつつ着実に力をつけてきたポールヴァンドル(美浦・上原博之厩舎)も期待は大きい。スイートピーS5着、江の島特別4着とワンパンチ足りないレースが続いたが、前走のかもめ島特別は2番手追走からしぶとく伸びて快勝。大型馬が徐々に本格化ムードを漂わせている。今回は三浦皇成騎手とのコンビで臨む予定だ。

 前走でそのポールヴァンドルにクビ差及ばず2着だったカリビアンゴールド(美浦・小島太厩舎)は、スイートピーS2着の実績もあり、力を出し切ればここでも通用する。2勝はいずれも中山でマーク。ともにマイル戦ではあったが、距離に大きな不安はなく、軽視は禁物だろう。

 桜花賞を左後肢跛行(はこう)で出走取消となり、キャリア3戦のみで復帰するのがサロニカ(栗東・角居勝彦厩舎)。間隔があいていることに加え、力関係の比較も難しいところだが、底を見せていないのも事実だ。母はドイツオークスの勝ち馬で、未知の2000メートルもむしろ歓迎できる。一発の魅力を秘めている存在だ。

 夏に力をつけてきたナムラムラサキ(美浦・岩戸孝樹厩舎)や、フラワーC2着の実績があるシーズララバイ(美浦・竹内正洋厩舎)、中山2000メートルの寒竹賞を制しているホウオウパフューム(美浦・奥村武厩舎)、マイペースに持ち込めばしぶといミッシングリンク(美浦・斎藤誠厩舎)、スタミナ豊富なマナローラ(栗東・鮫島一歩厩舎)なども本番の出走権を目指して参戦予定。春の実績馬が勝つのか、それとも夏の上がり馬が勢力図を塗り替えるのか。本番を占う意味でも、秋競馬初日から目の離せない一戦だ。

紫苑Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【紫苑ステークス】特別登録馬2017年9月3日() 17:30

[もっと見る]

ナムラムラサキの関連コラム

閲覧 727ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「紫苑S G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ディアドラのみ1頭。
第2グループ(黄)は、ポールヴァンドルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のカリビアンゴールドミッシングリンクまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、ライジングリーズンから同差内のプリンセスルーラーナムラムラサキシーズララバイまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間と第2G→第3G間にそれぞれ2ポイント差以上の開きがみられ、この凄馬出馬表的には上位勢にも比較的力差あり、という見立てとなっているようです。

そんななか今回の私の本命は◎ミッシングリンクとしました。前走1000万下で4着に敗れはしたものの勝ち馬とのタイム差なしの決着で、マークしたU指数的にも今回のメンバーに入っても上々のものでした。本来は、前々走のようにもう少し流れてくれて上りが速くならないほうが向くタイプと見ていますので、頭数が揃って適度に流れてくれそうな今回、この馬向きの展開になるのではとみています。また、大型馬で初勝利も4戦目だったヴィクトワールピサ産駒の同馬。今回も叩き4戦目での更なる上昇と、産駒が勝率だけならこの条件トップクラスという点にも期待を掛けての本命視です。
以下、前走休み明け-12キロという点が気掛かりでも指数評価が高く外せない印象の○ディアドラ、中山戻りで期待したい▲ホウオウパフュームといったところを上位評価します。
そして今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から○▲への3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
13=8,16=2,3,7,8,9,11,12,14,16,18(17点)


登録済みの方はこちらからログイン

ナムラムラサキの口コミ


口コミ一覧
閲覧 163ビュー コメント 0 ナイス 14

の4レース購入ざます。

クイーンカップ

◎⑥テトラドラクマ
△②フィニフティ
△⑦キャッチミーアップ
△⑨アルーシャ
△⑩マウレア
△⑫レッドベルローズ

馬連⑥ー②・⑦・⑨・⑩・⑫への5点へ300円。

わっかりましぇ~んね。マウレアが強そうだけど・・・。
テトラドラクマも前走は大外枠の上、引っ掛かって他馬とも接触。
若駒にはきつかったかな。府中替わりはプラスだし今回は好枠引いて先行抜け出しに期待。
大穴でキャッチミーアップ。前走の2着馬がエルフィンステークス勝ち。
少なくとも単勝万馬券はあまりにも人気が無さ過ぎ。⑥ー⑦で決まると500倍近く。
これが来れば今までのストレス吹き飛ぶね。やったね!わーいわい♪

テレビ山梨杯

◎②ナムラムラサキ
△③ゴールドエッセンス
△④イストワールファム
△⑨ウインクルサルーテ
△⑩レッドオルガ
△⑫アドマイヤローザ

馬連②ー③・④・⑨・⑩・⑫への5点へ200円。

今日の競馬見てると内がかなり有利だね。明日になると傾向変わるかもだけど。
ナムラムラサキは好枠引いて先行も出来るんで。前走の負けは不可解だけど。
一息入れて身体も大きく見せてるみたいなんでリフレッシュ効果有り?
ここでの穴目はゴールドエッセンスかな?定量戦?って感じだけど左回りで。先行も出来るんで。

春麗ジャンプステークス

◎①タマモワカサマ
△②カシノカーム
△③プレジールシチー
△⑤プレシャスタイム
△⑧ウエスタンレベッカ
△⑫メイショウライナー

馬連①ー②・③・⑤・⑧・⑫への5点へ200円。

休養期間が違うけど2走前でも鉄砲駆け。直線ダートも好材料。
メンバーレベルにも恵まれた感が。
人気の⑬は直線ダートが大幅割引。去年も4着止まりだったし。バッサリ切っちゃった。
バッサリ切った馬に結構良い感じで走られてしまってますが・・・。
ここの穴馬はプレジールシチー。昇級での力関係は分からんけど直線ダートは好材料なんでね。

門司ステークス

◎①ベストセラーアスク
△⑥テルペリオン
△⑨ショートストーリー
△⑮アスターゴールド
△⑯クールオープニング

馬連①ー⑥・⑨・⑮・⑯への4点へ200円。

前走で4角3番手につけた馬が7頭。かなり先行馬が揃いました。
その中でも何頭かハナ切りたい馬もいるんでかなりの先行激化を期待。
昇級でも展開向いて52kgなら再度飛んで来ないかな?
大穴で5走前に小倉千七で飛んで来ているクールオープニング。
二頭で飛んで来てくれると万馬券は間違いなし!
ウハウハ ウハウハ ワッハッハ
って感じだね。

リアル馬券では4レース購入し明日はWIN5は買いません。

とにかく当たって欲しい。入金せずに済みます様に・・・。

3日連続タコ助にはなりたくないよ~😭

 しんすけ46 2017年11月25日() 18:45
オリエンタルステークス
閲覧 75ビュー コメント 1 ナイス 4

◎⑤エンジニア
△①ナムラムラサキ
△③サーブルオール
△⑧ロードプレミアム
△⑩ワンダープチュック
△⑫サンティール

馬連⑤ー①・③・⑧・⑩・⑫への5点へ200円。

千八に若干の不安はあるけどね。このクラスで3着の実績があって
55kgは恵まれたんでないかい?東京も合うしね。

後は1レース買おうかな?どっしようかな?

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年10月10日(火) 21:35
馬券メモ(2017/10/7~9)
閲覧 155ビュー コメント 0 ナイス 6

先週行われた3日間開催の本命馬の回顧をしていきます。

【4回京都1日】

■7R メイショウサチシオ 3人気2着

スムーズに先行できるのかどうか、というところがポイントでしたので、
スッと行き脚がついて、ハナを奪う展開になったのが2着に残った要因だと思います。
今回は相手が悪かっただけなので、次走以降も勝ち負けできるはずです。

■8R エーティーラッセン 3人気9着

前走が好内容で、3kg減ジョッキー騎乗、という状況なら勝ち切れると思っていたんですが…。
プラス14kgの馬体重も堪えたみたいですね。

■9R カルムパシオン 1人気1着

先手さえ奪えれば大丈夫、というタイプですから、
楽な形でハナに立てたのが良かったですし、不良馬場も味方しました。

■10R テラノヴァ 1人気3着

スタートでの出遅れが致命的でした…。
良い末脚で追い上げただけに、もったいないレースでした。

■11R テンザワールド 3人気2着

勝ったタガノヴェリテに完璧に乗られてしまいました。
テンザワールドも強い競馬をしていますので、現級突破も時間の問題だと思います。

■12R バルコラベーロ 4人気9着

全然前に行こうとせず、凡退…。
外枠に入った時点で疑うべきでしたね。


【4回東京1日】

■7R ハッスルバッスル 1人気6着

終始外を回る展開になったとはいえ、
これまでの実績を考えたら、解せない結果になってしまいました。
次走以降、良馬場になって巻き返せるかどうかですね。

■8R カガヤクミナノユメ 5人気10着

2週連続で美浦坂路好時計をマークしていましたけど、
キャリア2戦ではさすがに厳しかったようで…。

■9R ストロボスコープ 1人気10着

2番手の位置から上手く運んでいるように見えましたが、
速い上がり勝負に全く対応できませんでした。
もっと時計の掛かる状況であれば、巻き返してくると思います。

■10R シンボリタピット 5人気8着

道悪を想定して◎にしましたが、
思った以上に早く馬場が回復してしまいましたし、2400mの距離も長すぎました。

■11R(サウジアラビアロイヤルC)ステルヴィオ 1人気2着

負けて強しの内容でもあり、もったいなかった、という見方もできるレースだったと思います。
1800mからの距離短縮で速い流れに戸惑った面はあったはずなので、
2000m前後がベターなのかもしれません。

■12R アドヴェントス 1人気2着

ライバルのサンティールよりも前の位置にいる、と思っていましたが、
レースの流れに乗り損ねて、後方からの競馬になってしまいました。


【4回京都2日】

■5R ダノンフォワード 1人気8着

結果だけを見れば、ただの過剰人気馬、という風に見られるかもしれませんけど、
最終追い切りの動きが抜群でしたから、余裕残しの状態でも勝ち負けしてくれる、と思っていました。
次走でメドを立てておかないと厳しいですね…。

■8R キョウワエステル 1人気6着

スタート後まもなく、内ラチに接触する不利がありました。
楽な相手関係で勝ち負け必至のレースだっただけに、道中の不利が悔やまれます。

■9R レッドシャーロット 2人気3着同着

スズカフェラリーよりも前にいてほしかったんですけどね…。
直線で大外をブン回す大味な競馬になったわりには、1着と0.1秒差ですから、
そこまで悲観する走りではないのかな?という印象を持っています。余裕残しの状態でも、

■10R ミスズダンディー 7人気6着

もう1列前で競馬ができていたら…という内容でした。
でも、本質的に上がりが速い馬場は不向きのようです。

■11R ソルヴェイグ 1人気1着

スプリンターズSに出ていたら、好勝負必至だった馬ですからね。
1週スライドして、調整しづらい状況だったと思いますが、きっちりと勝ってくれました。

■12R シャンデリアハウス 8人気10着

ヴァーミリアン産駒の初ダートに期待しましたが、厳しかったです。
中京や阪神で好走しているので、急坂コースなら巻き返しがあっても…。


【4回東京2日】

■5R ブラゾンダムール 1人気1着

松永幹夫厩舎の期待馬がしっかりと人気に応える走りを見せてくれました。
レースセンスも高いですし、次走以降の走りにも注目したいです。

■8R ホウオウドリーム 2人気1着

吉田豊騎手とメジロドーベルの子供、という縁の深いコンビ。
シンガリからの追走だったので、最後までヒヤヒヤさせられましたが、
直線での末脚は段違いでした。

■9R サーブルオール 2人気6着

好位から差し切る、というイメージで◎を打ったので、
スタートで出遅れてしまったのがかなり痛かったです。

■10R ディーズプラネット 3人気2着

もう少し前の位置でレースを運んでほしかったんですが、
勝ったダノンフェイスの地力が一枚上手でしたから、今回はどう乗っても勝てなかったと思います。

■11R(毎日王冠)ソウルスターリング 1人気8着

逃げる形になるのは想定していました。
直線に入るまでは期待に胸を躍らせていたんですけど、
ダイワキャグニーに並ばれてからバタバタになってしまいましたね。
瞬発力勝負が合わなかったのはもちろん、現時点での古馬との力差を見せつけられた、という感じです。

■12R タイセイエクレール 4人気3着

モッサリした感じのスタートを切ってしまい、そこからダッシュがつきませんでした。
道中の位置取りの差がそのまま着順に出たレースでした。


【4回京都3日】

■7R ヴィクトリアマンボ 4人気15着

前に行ってナンボ、という馬が全然先行できませんでした。
解せない負け方です。

■8R タガノジーニアス 4人気2着

1800mに戻して変わり身を見せてくれました。
器用なレースができるタイプじゃないので、いつも展開待ちという馬ですが、
展開さえ噛み合えば、現級を楽に突破しても不思議ありません。

■9R タマモコーラス 6人気9着

グイグイ押してでも逃げて欲しかったんですが…。
陣営から控えるように、という指示が出ていたんでしょうかね。

■10R トーセンマタコイヤ 1人気2着

逃げたプリメラアスールを早めに捕まえに行きましたが、捕まえきれず2着まで。
あまり使い込めない馬ですから、今後も一戦一戦が勝負だと思います。

■11R(京都大賞典)シュヴァルグラン 1人気3着

スタート後に他馬に挟まれてしまった事と、コースロスが多い競馬になってしまった事が敗因です。
この馬なりの競馬はできているんですけどね…。

■12R スマートダンディー 2人気2着

好位の外め追走から押し切ろうとしましたが、
ゴール板手前でダンツユウゴウに差されてしまいました。
勝ちパターンに持ち込めただけに、悔しい敗戦です。


【4回東京3日】

■7R ジュブリーユ 3人気3着

直線半ばでアッキーと併せ馬になったので「2着には入るだろう」と思っていましたが、
末脚が長く続かず、最後の最後に3着まで後退してしまいました。

■8R ラッシュハート 3人気7着

中団あたりからレースを進める事ができていたら、もっと上の着順に来れたかもしれません。
でも、今回は相手が悪かったですね。

■9R ナムラムラサキ 4人気2着

末脚比べになり、ゴール前は各馬が横に並ぶ大接戦となりましたが、2着を確保。
1着馬を拾えなかったので、馬券は外しましたけど、この馬のレースはできていました。

■10R グランドサッシュ 7人気5着

最後の最後に3着に入ったか、という良い末脚を見せたんですが…。
パフォーマプロミスとのワイドを持っていたので、かなり悔しいレースになってしまいました。

■11R アキトクレッセント 4人気4着

差す形になりましたけど、まずまずの競馬ができたと思います。
脚質に幅が出てこれば、もっと成績が安定するはずですし、今後も追いかけていきたいです。

■12R ディライトラッシュ 8人気5着

上がり3ハロン2位の末脚を使っての5着ですから、
精一杯の走りをしてくれたと思います。
冬の中山の重いダートが合いそうなタイプなので、その条件に出てきたら今一度狙いたいです。


3日間開催の重賞3レースは、
いずれも1番人気に本命を打って、当たったのはサウジアラビアロイヤルCだけ、という結果でした。

サウジアラビアロイヤルCのステルヴィオ、
毎日王冠のソウルスターリング、京都大賞典のシュヴァルグラン。
どれかは勝つだろう、と思っていたので、3頭全部負けてしまうのは全くの想定外でした…(ToT)

今週は牝馬三冠の最終戦・秋華賞が行われます。

ローズSが波乱決着になった事で、秋華賞も混戦模様となっていますね。
混戦の時ほど、出走各馬のチェックを怠らないようにしないといけないので、
今週も気合いを入れて予想していきたいと思います。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナムラムラサキの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ナムラムラサキの写真

投稿写真はありません。

ナムラムラサキの厩舎情報 VIP

2018年6月17日3歳以上500万下10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナムラムラサキの取材メモ VIP

2018年2月12日 テレビ山梨杯 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。