リヴェルディ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年1月26日生
調教師中川公成(美浦)
馬主有限会社 佐藤牧場
生産者スガタ牧場
生産地平取町
戦績 7戦[2-2-1-2]
総賞金3,182万円
収得賞金900万円
英字表記Liverdy
血統 スマートファルコン
血統 ][ 産駒 ]
ゴールドアリュール
ケイシュウハーブ
オートキュイジーヌ
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
メヤディーニ
兄弟 ウインランブルシナモン
前走 2017/10/22 3歳以上1000万下
次走予定

リヴェルディの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/22 東京 12 3歳以上1000万下 ダ1600 15352.412** 牡3 55.0 吉田隼人中川公成520(0)1.37.2 0.035.5⑦⑥エニグマ
17/09/23 中山 10 茨城新聞杯 1000万下 ダ1800 168162.514** 牡3 54.0 吉田隼人中川公成520(+8)1.51.9 0.338.8⑥⑥④④ブレスアロット
17/06/18 東京 9 青梅特別 1000万下 ダ1600 16128.743** 牡3 54.0 柴田大知中川公成512(0)1.37.5 0.135.5⑭⑭クインズサターン
17/05/21 京都 10 鳳雛S OP ダ1800 102220.692** 牡3 56.0 荻野極中川公成512(-2)1.51.9 0.037.7④④⑦⑧ローズプリンスダム
17/04/02 中山 10 伏竜S OP ダ1800 1055----** 牡3 56.0 吉田隼人中川公成508(-6)0000 ------リゾネーター
17/02/19 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 152323.068** 牡3 56.0 和田竜二中川公成514(+4)1.38.5 0.736.1⑦⑦エピカリス
17/01/28 東京 7 3歳500万下 ダ1600 16597.041** 牡3 56.0 吉田隼人中川公成510(+2)1.38.5 -0.337.0⑦⑥パレスハングリー
16/11/05 東京 5 2歳新馬 ダ1600 137108.151** 牡2 55.0 浜中俊中川公成508(--)1.39.8 -0.036.1サノヘッド

リヴェルディの関連ニュース

 まさに飛車角落ちの’17砂のダービー。シゲルベンガルトラが玉座に腰を下ろしても何ら不思議はない。

 ベンガルトラを将棋の駒に例えれば香車、はたまた桂馬か。5戦連続でOP特別ばかりを走り、(7)(3)(4)(3)(3)着。例年なら単なる善戦マンの評価で終わるところだが、今年に限ってはそう簡単に問屋は卸さない。

 確かに地方交流GI勝ちがあるリエノテソーロが別格、に異論はない。しかし、肝心要の中央のOP実績馬となると大いに心許ない。3歳ダOP特別勝ち馬の動向を以下に並べると…。

 ヒヤシンスS=エピカリス→不出走、昇竜S=テイエムヒッタマゲ→出走、伏竜S=リゾネーター→不出走、端午S=マイネルバールマン→不出走、青竜S=サンライズソア→出走、鳳雛S=ローズプリンスダム=不出走、となる。

 つまり、各レースの覇者6頭のうち出走するのはたった2頭だけ。ヒヤシンスS、昇竜S、伏竜S、青竜Sの勝ち馬がそろっていた昨年とは比べるべくもない。

 さらにヒヤシンスS2着アディラート、鳳雛S2着リヴェルディまで除外の憂き目に。もし、今回不出走のOP上位馬がベンガルトラの前5戦でも不在だったら、机上の空論とはいえ(1)(2)(2)(2)(3)着に様変わりしてしまうほどだ。

 もちろん、鬼の居ぬ間に…だけの期待だけではない。2走前は4角12番手から、一転、前走は逃げていずれも3着と見せ場を作った。「どんなポジションであろうとしぶとい脚を使える。そういう意味では長い直線は合う」と、服部調教師もファイティングポーズを崩さない。

 この自在味あふれるベンガルトラに、こちらも変幻自在の横山典騎手が降臨。あまりにもお似合いすぎて怖いくらいだ。

 “究極の3連単”は“別格”リエノテソーロとの1・2着固定で勝負といく。

(夕刊フジ)

ユニコーンSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

【ユニコーンS】追って一言2017年6月15日(木) 05:03

 ◆ウォーターマーズ・内山助手 「まずまずの動き。坂路で自己ベストが出たし、上積みもある」

 ◆サヴィ・福永助手 「しまいをサッと伸ばす感じ。きびきびとしたいい動きでした」

 ◆サンオークランド・前川助手 「じっくり攻めてきたし、いい感じ。長くいい脚を使える」

 ◆シゲルコング・松永康師 「動きは十分。ゲートは練習でだいぶ良くなった感触はある」

 ◆シゲルベンガルトラ・服部師 「今週は上がり重点。しぶとい脚を使うので東京は合う」

 ◆タガノカトレア・内山助手 「先週びっしりとやっているので、今週はサラッと。順調」

 ◆テイエムアンムート・柴田光師 「いつも通り、しまい重点で悪くない動き」

 ◆テイエムヒッタマゲ・福島師 「十分に乗ってきたし、今週も上がり重点で12秒1の時計ならいいね」

 ◆トラネコ・堀井師 「いい動きだった。中間も順調で本数もこなしている。うまく流れが向けば」

 ◆トロピカルスパート・高橋文師 「しまいだけで、反応をみる程度。調教で走る馬ではないし、我慢ができていた」

 ◆ハルクンノテソーロ・高木師 「動きはよかった。途中(ハミを)かんでいたが、リラックスして走れていた」

 ◆バンケットスクエア・矢野師 「もともとけいこは動くタイプ。うまく折り合って進めれば」

 ◆ブライトンロック・江田照騎手 「行きっぷりがいいので、うまくタメを利かせれば」

 ◆ブルベアバブーン・藤沢則師 「しまいまでフォームを崩さずにしっかり走れていた」

 ◆ホーリーブレイズ・佐藤正師 「予定通りしっかりやった。乗り替わりも問題ない」

 ◆ラユロット・千島助手 「前回よりも動きはいい。前回のような差す競馬ができれば」

 ◆リヴェルディ・柴田大騎手 「力強くて、追ってからの反応もよかった」

ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ユニコーンS】リヴェルディ1馬身抜け出す2017年6月14日(水) 10:59

 リヴェルディは新コンビの柴田大騎手を背に美浦Wコースで併せ馬。外コスモクウェンチに楽な手応えで並びかけると、ゴール前でグイッと1馬身抜け出した。

 ●篠島助手「前走は最後の200メートルくらいしか競馬をしていない。まだ雑な面はあるが、特徴をつかんでもらえれば違うはず。スムーズに外に持ち出せれば」(夕刊フジ)

ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ユニコーンS】リヴェルディ、アクターと鍛えて強化! 2017年6月14日(水) 05:04

 3歳世代で最初のダート重賞となるユニコーンS(18日、東京、GIII、ダ1600メートル)。近年の勝ち馬の多くがGI馬へと飛躍している砂の登竜門だ。現在、19分の12の抽選対象である収得賞金900万円の馬で注目したいのがリヴェルディ。前走の鳳雛(ほうすう)Sは2着に敗れたが、非凡な能力を感じさせる走り。1週前に先輩GI馬とスパーリングを行い、重賞奪取の態勢を整えている。

 粗削りだが、走りっぷりに大物感があふれている。リヴェルディは前走の鳳雛Sで致命的なポジションから豪快に追い込み、ハナ差の2着。“負けてなお強し”の印象を与えた。

 「最後の200メートルくらいしか競馬をしていないね。普通に回ってくれば勝っていたと思う競馬だったけど、テン乗りの鞍上(荻野極騎手)にも馬の情報がなかったから」

 中川厩舎の番頭の篠島助手が苦笑いを浮かべて振り返る。

 前走は初コンビの難しさが出た。道中は砂をかぶって後退し、向こう正面で早くもムチが数発入った。すると、今度は勢い余って4コーナーのインで詰まって前の馬に乗りかかるちぐはぐな競馬。それでも能力だけで盛り返した。

 「まだ雑だね。でも馬っぷりが良くデビュー前から走ると思っていた。これから競馬を覚えていけばもっと走れる」。厩舎の評価はデビュー当時から変わらず高い。

 期待値の高さは1週前追い切りにも表れていた。一昨年の有馬記念ゴールドアクター(牡6)と初めての手合わせ。さすがに歴戦のGI馬相手に手応えでは見劣ったが、しぶとく食い下がって併入した。「3歳のこの時期にアクターと併せられるのは立派。若いときに強い馬とけいこができれば、(地力も)引き上げられる」と篠島助手。偉大な厩舎の先輩の胸を借りて、さらなるパワーアップを図っている。

 今回もテン乗りになるが、柴田大騎手には最終追い切りで感触をつかんでもらう予定。「特徴をつかんでもらえれば違うと思う。砂をかぶっても脚はたまる馬だし、道中はじっくり行って最後に外へスムーズに持ち出せれば」と篠島助手は勝機十分とにらむ。

 東京ダ1600メートルは3戦2勝と好相性。過去5年の勝ち馬からGI馬3頭が出ている出世レースを制し、ダート界の天下取りの第一歩としたい。 (板津雄志)

★近年は優勝馬の多くがGI馬に出世

 ユニコーンSは2001年から6月開催の東京ダ1600メートルで実施されるようになり、05年VのカネヒキリJCダートフェブラリーSなどGI7勝を挙げるまでに飛躍。近年はさらに上半期のJRAダート路線で重要な位置づけとなり、13年ベストウォーリア(南部杯連覇)、15年ノンコノユメ(ジャパンダートダービー)、16年ゴールドドリームフェブラリーS)と優勝馬が続々とGI馬まで登りつめている。

ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ユニコーンS】血統診断2017年6月14日(水) 05:03

 ゴールドアリュール産駒が近3年で2勝と活躍。抽選対象だが、同産駒のサンライズノヴァをトップに評価する。同じ舞台のフェブラリーSを2007年に勝っているサンライズバッカスが叔父で、母の父サンダーガルチは過去3年で2頭の連対馬を出しているミスタープロスペクター系。舞台適性は非常に高い。

 2番手は同じく抽選対象のリヴェルディゴールドアリュールを父に持つスマートファルコンの産駒で、母の父フレンチデピュティはブルードメアサイアーとして、近3年で2頭の連対馬を出している。昨年の覇者ゴールドドリームゴールドアリュール×フレンチデピュティ)と血統構成は似通っており、こちらも適性は高い。

 リエノテソーロの父はBCスプリント勝ちがあるスプリンターのスパイツタウン。父の産駒はトラヴァーズS(ダ2000メートル)勝ちのゴールデンチケットなどを出しており、距離の融通は利くタイプ。4代母クラッシーキャシーは米ダ二千のGIを勝っており、母系の質も上々。好勝負必至だ。

 サンライズソアの父はシンボリクリスエス。父は09年のフェブラリーSの勝ち馬サクセスブロッケンを出している。祖母はスワンSなど重賞3勝のビハインドザマスク。近親には07年のヴィクトリアマイル勝ち馬コイウタがおり、母系の活力は今年のメンバーの中でも上位だ。

 同じ舞台の武蔵野Sで01年に日本レコードをマークしているクロフネ産駒は近7年【0・1・1・1】の好成績。今年のアンティノウスも抽選をクリアすれば侮れない。母ミクロコスモス阪神JF3着の実績がある。クロフネ×ネオユニヴァースは今年のNHKマイルCの覇者アエロリットと同じで、今勢いのある配合だ。 (血統取材班)

[もっと見る]

【ユニコーンS】レース展望 2017年6月12日(月) 17:58

 東京競馬もあと2週を残すのみとなり、日曜メインに3歳馬のダート重賞・ユニコーンS(18日、GIII、1600メートル)が行われる。過去10年の連対馬では、2011年2着グレープブランデー(ジャパンダートダービー、フェブラリーS)、13年1着ベストウォーリア(14&15年マイルチャンピオンシップ南部杯)、14年2着コーリンベリー(JBCスプリント)、15年1着ノンコノユメ(ジャパンダートダービー)、16年1着ゴールドドリームフェブラリーS)が後にGIを制覇。出世レースだけに、今年も大いに注目される。なお、登録馬24頭のうち、収得賞金900万円の馬は12/19の確率で出走可能。いずれ劣らぬ素質馬ぞろいだけに、抽選の結果も運命を左右するものとなる。

 実績ナンバーワンはリエノテソーロ(美浦・武井亮厩舎、牝)だ。2歳時は新馬、すずらん賞、交流GIIIエーデルワイス賞、交流GI全日本2歳優駿と無傷の4連勝。その後は再び芝に路線を変えてアネモネSは休み明けで4着に敗退したが、前走のNHKマイルCでは時計の速い決着にも対応してアエロリットの2着に好走している。陣営は以前から「芝でも走るが、適性に関してはダートの方がはるかに高い」という見方を示してきた。GIを含む重賞2勝を挙げているにもかかわらず、54キロで出走できるのは断然有利。東京ダートは未経験ながらも、同じ左回りで直線も長い前走の走りを見れば不安材料は皆無に近い。1週前追い切りは美浦Wコースで6ハロン83秒6−12秒9。余力残しでこれだけ動ければ、体調面も問題なさそうだ。今回は新たに大野拓弥騎手とのコンビで臨む。

 サンライズソア(栗東・河内洋厩舎、牡)は、今回と同じ東京ダート1600メートルの青竜Sで勝利を飾り、ダートは2戦2勝。状態も高いレベルで安定している。好勝負は十分可能だろう。デビュー5年目の岩崎翼騎手は、自厩舎の馬で初の重賞制覇に挑む。

 ほかの賞金上位馬では九州産馬テイエムヒッタマゲ(栗東・福島信晴厩舎、牡)も争覇圏内。逃げて8着に敗れた芝の前走の毎日杯は参考外。その前はダート1400メートルのオープン・昇竜Sを勝っている。今回は1600メートルの克服、同型馬との兼ね合いがポイントになるが、マイペースで行ければ侮れない。

 出走可能馬で残る1頭、シゲルコング(美浦・松永康利厩舎、牡)は全日本2歳優駿でリエノテソ−ロの2着に入ったが、最近はゲートで出遅れて流れに乗れないことが多く、現状では強調しにくい。

 抽選組ではヒヤシンスSでエピカリスの3/4馬身差の2着に入っているアディラート(栗東・須貝尚介厩舎、牡)が上位の存在。UAEダービー12着以来2カ月半ぶりのレースになるが、1週前追い切りは栗東坂路で4ハロン51秒9の好時計をマーク。帰国初戦でも力は出せそうだ。鞍上には内田博幸騎手が予定されている。

 リヴェルディ(美浦・中川公成厩舎、牡)は伏竜Sで競走除外(左後管部挫創)となったが、続く前走の鳳雛(ほうすう)Sはゴール前で猛然と追い込み、ローズプリンスダムのハナ差2着と好走した。勝負どころでブレーキを踏む形になるロスがありながら、挽回したのは力のある証拠だろう。今回は3戦2勝の東京1600メートルで、体調面の上積みも見込めるだけにチャンスはある。こちらは柴田大知騎手との新コンビ結成だ。

 サンライズノヴァ(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は大崩れのないタイプ。前走の鳳雛Sも差のない4着だった。東京ダート1600メートルは、新馬戦で快勝している。そのとき以来となる戸崎圭太騎手とのコンビは魅力だ。

 アンティノウス(美浦・国枝栄厩舎、牡)は未勝利、500万下と連勝中。コンビを組むクリストフ・ルメール騎手の評価も高い。前走は良馬場としては悪くない時計で、内容的にも余裕十分。軌道に乗ってきた大型馬で、軽視は禁物だ。

 青竜S2着のハルクンノテソーロ(美浦・高木登厩舎、牡)、新馬、500万下と連勝中のサヴィ(栗東・中内田充正厩舎、牡)、未勝利、500万下と連勝中のバンケットスクエア(美浦・矢野英一厩舎、牡)、初ダートの前走を勝ったラユロット(美浦・藤沢和雄厩舎、牝)、はまったときの差し脚が強烈なブルベアバブーン(栗東・藤沢則雄厩舎、牡)なども出走枠に入ればマークしたい。

ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

リヴェルディの関連コラム

閲覧 2,090ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ユニコーンステークス 2017年06月18日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【前走が“JRAのレース”だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2011年以降)】
○3番手以内 [3-3-3-20](複勝率31.0%)
×4番手以下 [1-2-3-52](複勝率10.3%)

 基本的には先行力が高い馬を重視したい一戦。前走が“JRAのレース”、かつ前走の4コーナー通過順が4番手以下だった馬は苦戦していますし、そのうち前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以下だった馬は2011年以降[0-0-1-40](複勝率2.4%)と優勝争いに食い込めていません。差しが決まる年も少なくないとはいえ、差す競馬しかできないタイプは評価を下げたいところです。

主な「○」該当馬→アンティノウスサンライズソアサンライズノヴァ
主な「×」該当馬→サヴィハルクンノテソーロリヴェルディ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走が“JRA、かつ500万下のレース”以外、かつ前走の着順が4着以内」だった馬は2011年以降[5-6-5-15](複勝率51.6%)
主な該当馬→サンライズソアサンライズノヴァ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

リヴェルディの口コミ


口コミ一覧
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 7

先週の菊花賞はとんでもない道悪馬場になりましたが、
そんな馬場をもろともしない走りを見せたキセキがG汽織ぅ肇襪鮹ゼ茵

直線入り口付近ではクリンチャーが抜け出しそうになっていましたけど、
キセキが馬群の外から一気にクリンチャーを交わし切り、そのまま押し切りました。

週中の展望で「キセキは道悪不向き」と書いてしまい、
恥ずかしい思いをする一方、
ルーラーシップ産駒がタフな馬場を得意としている事を再確認する良い機会となりましたので、
今後の馬券検討の材料にしていかねば、と決意を新たにしています。

それにしてもキセキは圧巻のパフォーマンスでしたよね。
あの道悪で勝ち切るのですから、
来年の凱旋門賞に遠征するような事があれば、大きな期待を懸けられるのでは?と思っています。

それでは、先週の本命馬の回顧をしていきましょう。


【4回京都6日】

■1R アップファーレン 1人気9着

ペース自体はそんなに速くなかったんですけど、
外からずっとプレッシャーをかけられる展開になった事で根負けしてしまいました。
過剰人気馬に手を出してしまいました。

■2R タガノプレトリア 3人気2着

好位のポジションから上手くレースを運んでいたんですが、
勝ち馬のスピードに屈する形になりました。
ウマニティPOGの指名候補に入れていた馬ですから、そろそろ勝ち上がって欲しいんですけどね…。

■7R ダイシンカレラ 5人気9着

スタートで後手を踏んでしまった事が痛かったです。
でも、完璧なレース運びをしていたとしても勝ち負けできていたかどうか…。
中央場所だとしんどいかもしれませんが、ローカルなら何とかなるかもしれません。

■9R ワンダーアツレッタ 2人気1着

最内枠からハナを奪い、そのまま押し切りました。
この日の京都芝コースは行った行ったの決着が多かったですから、
馬場傾向を熟知した川田騎手の判断も見事だったと思います。

■10R リッチーリッチー 1人気5着

道悪馬場は大得意だったはずなんですけどね…。
得意の馬場でも、57kgのハンデじゃ厳しかった、という事なんだと思います。

■11R ウインオスカー 2人気16着

レース序盤で流れに乗れなかった事が全てですね。
オープンの壁は予想以上に高かったようです。

■12R テルペリオン 5人気1着

プラス22kgという馬体重でしたけど、
楽な感じで先行して、最後まで粘り切る、という内容の濃い勝ちっぷりでした。


【4回東京6日】

■1R ユメイチズ 2人気2着

今回も後方からの競馬になってしまいました。
直線で良い脚を使っているんですけど、
もう1列前のポジションを取る事ができれば、未勝利は勝ち上がれるレベルの馬だと思います。

■4R デルタバローズ 1人気1着

先週のダート戦を狙っていたぐらいの馬ですし、
外国産馬でもありましたから、道悪馬場が上手くフィットしましたね。
芝の高速決着では厳しそうなので、ダート替わりで今一度狙いたいです。

■8R ドラゴンカップ 9人気9着

道悪適性の高さを見込んでの◎でしたが、
早い段階でガス欠していたので、2400mという距離が長かったんだと思います。

■9R フラットレー 1人気5着

厳しい馬場状態でも、能力の違いで何とかしてほしかったんですけどね…。
今回はノーカウントで良いと思うので、次走の走りに注目です。

■10R ドラゴンシュバリエ 3人気13着

差し馬向きの展開になったとはいえ、13着というのは負けすぎです。
東京コースだと難しいのでしょうか。

■11R(富士S)エアスピネル 1人気1着

瞬発力勝負だと厳しいタイプなので、道悪は合うと思っていました。
武豊騎手のエスコートも見事でしたし、完璧な勝利だったと思います。

■12R アフターバーナー 6人気5着

良い末脚で追い込んできているんですけどね…。
さすがに脚抜きの良い馬場では難しかったようですね。


【3回新潟3日】


■10R フォイヤーヴェルク 1人気1着

着差はわずかでしたけど、レベルの違いを見せつける形での勝利だったと思います。
派手さこそありませんが、上手く軌道に乗れれば、オープンでも戦える馬なので、
今後の動向にも注目したいです。

■11R ソレイユフルール 3人気13着

レッドラウダ相手にガチンコ勝負を挑みましたが、完敗でしたね。

■12R ウインソワレ 3人気1着

外枠だったのが気掛かりでしたが、
津村騎手が積極的なレースをしてくれて、良い形で逃げ切る事ができました。


【4回京都7日】

■1R スーブレット 1人気6着

新馬戦でもスタートで遅れましたが、今回は前回以上の出遅れ…。
馬場が合わなかった、という一言で片づけられちゃいそうですけど、単純に力不足という感じもします。

■4R アントーニオ 1人気1着

追い切りで凄い時計を出していたので、
圧倒的人気になるのは分かっていましたが、人気に違わない勝ちっぷりでした。

■5R グレイル 1人気1着

こちらも追い切りで凄い動きを見せていました。
緩い馬場もこなしてくれましたし、レースセンスも高く、今後の出世が見込めそうです。

■7R エンゲルヘン 1人気12着

道悪が敗因、という事なんでしょうけど、
セレッソブランコの速い逃げにつられてしまった事も敗因だと思います。

■9R フロムマイハート 5人気5着

とにかく詰めの甘い馬なので、
キレ味がそがれる道悪馬場なら勝てるかも…と思っていましたが、
上位人気馬に地力の違いを見せつけられました。

■10R オーヴィレール 1人気3着

2番手の位置からレースを進めましたが、ニシオボヌールに並ばれたところでジ・エンド。
オープンで2着に入っていた馬なんですけどね…。

■11R(菊花賞)ウインガナドル 7人気16着

マイスタイルとアダムバローズにリズムをかき乱された事がかなり痛かったです。
でも、マイペースで逃げていても、スタミナ負けしていたと思います。

■12R オウケンビリーヴ 1人気1着

不良馬場で差し切れるのかどうか微妙…と考えていましたが、
道中の位置取りはいつもより前めでしたし、直線でもしっかりとした脚を使ってくれました。
福永騎手とのコンビでパフォーマンスを上げるタイプですから、今後も福永騎手が騎乗した時に狙いたいです。


【4回東京7日】

■1R ワンダーツー 1人気2着

大事に乗りすぎた感じがしますけど、
追い出しを待ったわりには全然伸びていませんからね。
着差以上に勝ち馬との実力差を感じる敗戦でした。

■7R アオテン 2人気11着

道中で行き脚がつかず、何もできないまま凡退。
地方で勝ち上がってきたとはいえ、JRAで未勝利に終わった馬ですからね。
砂を被らない外枠だったら変わり身があるかもしれませんけど、まだまだクラス慣れが必要だと思います。

■8R エメラルスター 3人気6着

道悪実績があるこの馬で勝負したんですけど、どうにもならなかったですね。
馬体重が絞れていなかったので、調子自体も悪かったんでしょうし、
1000万下で通用する地力も備わっていないようです。

■10R ショウナンマルシェ 4人気6着

こちらも道悪適性を見込んでの本命抜擢でしたが、
2番手の位置から全く伸びませんでしたね。
道悪でもよーいドンの末脚勝負になると、さすがに苦しいです。

■11R サンライズソア 1人気3着

オープン特別で2戦連続3着。
現3歳ダート路線のレベルが微妙なのは分かっていましたが、
今回のメンバーで勝ち切れないとなると、オープンではちょっと厳しいかもしれませんね。
よく頑張った3着ではなく、残念な3着、という認識です。

■12R リヴェルディ 1人気2着

吉田兄弟の叩き合いになりましたが、弟の隼人騎手が騎乗したリヴェルディは惜敗の2着。
相手も強かったですし、1000万下ならいつでも勝ち上がれる器だと思います。


【3回新潟4日】

■7R モズアトラクション 1人気1着

前走の1000万下で凄い追い込みを見せていましたから、
500万下なら楽に勝ち切れる、と考えていました。

■10R フィーリングハート 8人気10着

前残りの展開を願って、先行馬のこの馬を本命にしましたが、
直線に向く前に手応えがなくなり、タイムオーバーになってしまいました。

■11R ゼンノサーベイヤー 2人気7着

果敢に先行しましたけど、他馬との実力差を感じざるを得ない負け方でした。
クラス慣れが必要ですね。

■12R ブロワ 6人気1着

道中で他馬に絡まれる場面こそありましたが、
こちらの思惑通りの逃げ切り勝ちを決めてくれました。


二桁着順に敗れた馬が目立っていますね。

道悪適性を徹底的にリサーチしてこの結果ですから、
反省が残る週末になってしまいました。

今週こそは良いお天気で競馬をやってほしいんですけど、
また台風が来ていますからね。
今週も道悪馬場になってしまうかもしれません。

 競馬が大好き(複勝男 2017年9月27日(水) 22:38
2日間の結果
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 4

2日間の結果

夕月特別

ラヴアンドドラゴン 12着 2.6倍 1番人気

まったく走れてないし
直線で大失速
意味が分かりません


甲東特別

コートシャルマン 6着 13.6倍 5番人気

逃げたかったと思うけど
馬が進まず
騎手のレースプランではなかったね
逃げてほしかった

茨城新聞杯

リヴェルディ 4着 2.5倍 1番人気

いい感じだったんですけどね
直線の脚色が前にいた馬と一緒だったのが
次走かなぁ


以上

[もっと見る]

 DEEB 2017年9月23日() 17:14
恥ずかしい馬予想2017.09.23[結果]
閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 3

中山10R 茨城新聞杯 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎14 クラシコ…2着
○ 4 サラセニア…7着
▲ 2 ブレスアロット…1着
△16 リヴェルディ…4着
×10 ☆ノースランドボーイ…16着
[結果:アタリ○ 馬連2-14 1,210円]

中山11R セプテンバーステークス 3歳以上1600万下(混合)[指定]
◎4タマモブリリアン…1着
○16ニシオボヌール…7着
▲10アドマイヤナイト…2着
×12 ☆オデュッセウス…13着
× 9 ☆ユキノアイオロス…6着
× 6 ☆スマートカルロス…5着
[結果:アタリ△ 馬連4-10 400円]

阪神 9R ききょうステークス 2歳オープン(混合)(特指)
◎11 タワーオブロンドン…1着
○ 2 ☆アイアンクロー …5着
▲ 1 バーニングペスカ…2着
△ 7 イイコトズクシ…3着
× 3 スーサンドン…6着
[結果:アタリ△ 馬連1-11 620円]

阪神11R 大阪スポーツ杯 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎ 7 サトノファンタシー …1着
○ 1 ダノンフェイス…3着
×10 ☆ガンジー …5着
[結果:ハズレ×]

今日の予定は、散髪です。
明日は、仕事です。
そ知らぬ感じで、競馬を楽しみます。

[今日の結果:4戦1勝1敗2分]
今日の結果は、普通な感じでした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

リヴェルディの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

リヴェルディの写真

投稿写真はありません。

リヴェルディの厩舎情報 VIP

2017年10月22日3歳以上1000万下2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

リヴェルディの取材メモ VIP

2017年10月22日 3歳以上1000万下 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。