サクレディーヴァ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝5 芦毛 2013年2月6日生
調教師加藤征弘(美浦)
馬主K.S.ヤップ
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績18戦[3-0-5-10]
総賞金3,406万円
収得賞金950万円
英字表記Sacre Diva
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
ラフェクレール
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
アドマイヤマカディ
兄弟 エピックアンアルフヘイム
前走 2018/06/10 小金井特別
次走予定

サクレディーヴァの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/10 東京 9 小金井特別 1000万下 ダ1400 16126.938** 牝5 55.0 武豊加藤征弘530(+6)1.25.2 1.238.0アンティノウス
18/02/17 東京 7 4歳以上500万下 ダ1400 16354.421** 牝5 55.0 F.ミナリ加藤征弘524(-2)1.25.0 -0.637.1ヒルダ
17/07/15 福島 8 3歳以上500万下 ダ1700 158152.113** 牝4 55.0 横山典弘加藤征弘526(+6)1.47.1 0.438.8⑥⑤④⑤ピントゥリッキオ
17/06/24 東京 7 3歳以上500万下 ダ1600 16596.643** 牝4 55.0 横山典弘加藤征弘520(+10)1.36.9 0.136.8ノーブルサンズ
17/04/22 福島 12 花見山特別 1000万下 ダ1700 1571210.9510** 牝4 52.0 吉田隼人加藤征弘510(+6)1.47.7 1.840.0⑧⑨⑥④シンゼンドリーム
17/03/25 中山 7 4歳以上500万下 ダ1800 15118.241** 牝4 55.0 横山典弘加藤征弘504(+2)1.54.5 -0.038.7ウェイアップハイ
17/01/08 京都 8 4歳以上500万下 芝1800 1661116.8712** 牝4 53☆ 小崎綾也村山明502(-2)1.51.6 1.737.0⑦⑧ラルク
16/12/17 中京 12 高山特別 500万下 芝2000 1561111.054** 牝3 54.0 中谷雄太村山明504(+2)2.01.2 0.335.1⑬⑬⑩⑩ピースマインド
16/12/03 中京 9 3歳以上500万下 芝2200 1881619.9710** 牝3 53.0 国分優作村山明502(-2)2.12.8 0.633.9⑰⑰⑱⑱ストンライティング
16/11/13 京都 7 3歳以上500万下 芝2400 15465.7314** 牝3 53.0 M.デムー村山明504(-8)2.27.0 1.335.3⑤⑤⑨⑪ショパン
16/10/08 京都 8 3歳以上500万下 芝2000 1761134.893** 牝3 53.0 F.ヴェロ村山明512(0)1.57.9 0.033.8⑭⑭⑬⑬サンデーウィザード
16/09/25 阪神 7 3歳以上500万下 芝1600 1881615.4614** 牝3 53.0 F.ヴェロ村山明512(+4)1.34.8 0.934.2⑮⑭マコトサダイジン
16/05/01 東京 11 スイートピー OP 芝1800 1871320.795** 牝3 54.0 吉田豊村山明508(0)1.48.4 0.333.6⑭⑪⑪ジェラシー
16/04/10 中山 9 デイジー賞 500万下 芝1800 136910.953** 牝3 54.0 国分優作村山明508(+2)1.48.3 0.634.1⑫⑫⑫⑩キンショーユキヒメ
16/03/05 阪神 11 チューリップ G3 芝1600 1636487.6169** 牝3 54.0 秋山真一村山明506(+2)1.33.5 0.734.3シンハライト
16/01/17 京都 4 3歳500万下 ダ1800 8667.745** 牝3 54.0 秋山真一村山明504(0)1.55.3 1.138.8ケイティブレイブ
15/12/26 阪神 1 2歳未勝利 ダ1800 16474.111** 牝2 54.0 秋山真一村山明504(-6)1.53.8 -0.239.1デルマチャチャ
15/11/23 京都 5 2歳新馬 芝1400 187156.123** 牝2 54.0 秋山真一村山明510(--)1.22.9 0.335.8④⑤ウォーターピオニー

サクレディーヴァの関連ニュース

【オークス】特別登録馬

2016年5月8日() 17:30

【スイートピー】うまやの話2016年5月1日() 05:05

〔1〕フロムマイハート・久保田助手「脚をためて運べれば」

〔2〕コルコバード・木村哲師「今週のけいこも目いっぱい攻めた。オークスの権利を」

〔3〕クリノサンスーシ・大根田裕師「連闘でも疲れはなさそう」

〔4〕ギモーヴ池添学師「中山より東京向き。あとは輸送をクリアしてくれれば」

〔5〕カジノブギ・猿橋助手「順調。輸送も問題ないタイプ。前進はあると思う」

〔6〕アオイサンシャイン・土谷助手「今回はさらに体が絞れてくるはず。いい状態で臨めそう」

〔7〕カマクラ・戸田博師「力を付けているし、左にモタれる面も解消しつつある」

〔8〕ウインクルサルーテ・喜多助手「オープン特別といっても、ほとんどが1勝馬。何とか権利を取りたい」

〔9〕ジェラシー・菊沢徳師「東京は好材料。力は十分通用する」

〔10〕フェイズベロシティ萩原清師「東京はレースしやすいはず。展開が向けば、前走のようなことはない」

〔11〕リルティングインク・高野友師「東京は実績を残しているし、距離延長もプラス」

〔12〕アグネスフェアリー・影山助手「体は大幅に増えていると思うが、太くはない。能力はある」

〔13〕サクレディーヴァ村山明師「直線の長い東京コースは合いそう」

〔14〕シンシアズブレス・杉山晴師「テンションの高さが課題だが、将来性を感じさせる馬」

〔15〕ラインセイラ・水野貴師「好仕上がりだし、芝でも走れる馬。展開ひとつで善戦が可能では」

〔16〕ラブリーアモン・谷原助手「ここ3走はスムーズさを欠いた。スムーズならもっとやれていいはず」

〔17〕スマートアリシア・鹿戸雄師「前走は出遅れてしまい、突っ張るような走りになった。うまく流れに乗れれば、もっとやれていい」

〔18〕ソロフライト・竹内正師「現状ではオープンだと荷が重い印象」

[もっと見る]

【デイジー賞】キンショーユキヒメが3馬身半差で快勝 2016年4月10日() 14:31

 4月10日の中山9Rデイジー賞(3歳500万下、牝馬、芝1800メートル)は、内田博幸騎手騎乗の2番人気キンショーユキヒメ(牝3歳、栗東・中村均厩舎)が好位から抜け出してV。タイムは1分47秒7(良)。道中は3番手を追走し、直線の坂の上りで先頭。後続に3馬身半差をつける快勝だった。

 2、3着には後方から追い込んだカマクラ(3番人気)と サクレディーヴァ(5番人気)が入線。1番人気のフィビュラは勝ったキンショーユキヒメの内で早めの競馬をしたものの、伸びを欠き5着に敗れた。

 キンショーユキヒメは、父メイショウサムソン、母アップルティー、母の父サンデーサイレンスという血統。通算成績は8戦2勝となった。

 ◆内田博幸騎手(1着キンショーユキヒメ)「現状ではあまり切れるイメージがなかったので早めに動き、ジワジワと伸びてくれました。うまく行きましたね。強かったですよ。相手がさらに上がっても楽しみ」

★10日中山9R「デイジー賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【チューリップ】レースを終えて…関係者談話2016年3月6日() 05:04

 ◆ヴェロン騎手(クィーンズベスト4着) 「ワンペースだが、最後までよく頑張ってくれた」

 ◆川田騎手(デンコウアンジュ5着) 「直線でもたれたのは久々のぶん。次はもっとよくなります」

 ◆四位騎手(カイザーバル6着) 「直線は内をついたが、スムーズにあいていれば…」

 ◆勝浦騎手(クロコスミア7着) 「気負いながら走っていたが、着順ほど負けていない」

 ◆武豊騎手(レッドアヴァンセ8着) 「スタートが苦手でよくなかった。直線も伸びなかった」

 ◆秋山騎手(サクレディーヴァ9着) 「今の時点での力は出せた」

 ◆松岡騎手(ウインファビラス10着) 「休み明けでモサッとしていて、折り合いもつきすぎていた。次は巻き返します」

 ◆福永騎手(エルビッシュ11着) 「体調はいい感じだった。右にもたれたのも気にはならなかったが…」

 ◆内田騎手(ヴィブロス12着) 「行き(逃げ)たくなかったが、行っちゃった。ペースは速くなかったが、行ったのが駄目だったのかな」

 

★5日阪神11R「チューリップ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【チューリップ】シンハライト無傷V3でいざ桜へ 2016年3月5日() 15:45

 5日の阪神11Rで行われた第23回チューリップ賞(3歳牝馬オープン、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3500万円、1~3着までに桜花賞の優先出走権)は、池添謙一騎手騎乗の2番人気シンハライト(栗東・石坂正厩舎)がゴール前の叩き合いを制してV。無傷の3連勝を飾り、2着ジュエラー、3着ラベンダーヴァレイとともに桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムはレースレコードの1分32秒8(良)。

 人気2頭の壮絶な叩き合い。クビの上げ下げで写真判定に持ち込まれた争いを制したのは、池添謙一騎手とシンハライトのコンビだった。ミルコ・デムーロ騎手の重賞6連勝という記録を打ち砕いて、無傷の3連勝。2歳女王メジャーエンブレムが待つ桜花賞の舞台に、胸を張って乗り込む。

 レースはヴィブロスが積極的に先行。クィーンズベストが2番手につけ、サクレディーヴァがこれに続く。人気のジュエラーは中団のやや後ろ。シンハライトもこれをマークする位置につけた。よどみないペースで流れ、直線に入ると2番手のクィーンズベストが抜け出す。これに食い下がったのはラベンダーヴァレイ。2頭が先頭に立ったが、直線半ばになると外から人気2頭が一気に迫ってきた。内ジュエラー、外シンハライトが叩き合いを演じながら前の2頭をかわして、さらに競り合いを続ける。最後まできわどい争いが続いたが、わずかにハナ差、シンハライトが先着した。ディープインパクト産駒は5週連続の重賞勝ち。2着は1番人気のジュエラーで、さらに1馬身1/2差の3着には10番人気のラベンダーヴァレイが入っている。

 シンハライトは、父ディープインパクト、母シンハリーズ、母の父Singspielという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)キャロットファームの所有馬。通算成績は3戦3勝。重賞初勝利。石坂正調教師はチューリップ賞初勝利。池添謙一騎手は2004年スイープトウショウに次いで2勝目。

 池添騎手は「着差はギリギリでしたけど、しっかり勝ち切るところが勝負強いですね。3連勝はなかなかできることではないと思います。あの差なので(最後は)どうかと思いましたけど、ミルコが重賞を5連勝していて“日本人は何をやっているんだ”と思われてしまうので、気合が入りました。まだ2歳女王とは走っていませんし、トライアルを勝つことができたので堂々と挑戦できます」とメジャーエンブレムとの桜決戦に向けて闘志を燃やしていた。

★5日阪神11R「チューリップ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【チューリップ】うまやの話2016年3月5日() 05:01

〔1〕フォールインラブ・佐藤助手「コースは違うが、マイルで勝っているし、直線が長い外回りも合う」

〔2〕デンコウアンジュ・佐藤助手「仕上がりは心配ない。本番に向けて、楽しみが膨らむレースを」

〔3〕ヴィブロス・友道康師「能力はあるし、いい状態でここまできた」

〔4〕アドマイヤリード・須貝尚師「乗り込んだし、落ち着きもある。具合の良さがレースにつながれば」

〔5〕クィーンズベスト・大久保龍師「前回はフケ(発情)のようだ。後ろからつつかれる形がいいので、行き切れれば」

〔6〕サクレディーヴァ・鹿屋助手「芝は大丈夫。相手は強くなるが、どこまでやれるか見たい」

〔7〕ラベンダーヴァレイ・田代助手「右回りは初めてだが、調教の感じなら問題なさそう。何とか権利を」

〔8〕エルビッシュ・前川助手「使いつつ良くなっいる。2連勝も好内容。重賞でも、今の状態なら楽しみ」

〔9〕ジュエラー・仲田助手「前走はスタートで挟まれ、力み気味になった。ここを目標に順調な仕上がり」

〔10〕ブランボヌール・中竹和師「たくましさが出て、走りもパワフルになった。折り合いさえスムーズなら」

〔11〕シンハライト・荻野斉助手「前回は急仕上げ気味。能力は高いと思う。ゲートをクリアすれば」

〔12〕ウインファビラス・畠山吉師「ガラッと変わってきた。力は出せる」

〔13〕カイザーバル・前川助手「前走は道悪で力を発揮できなかったが、潜在能力はある。スムーズなら」

〔14〕クリノラホール谷潔師「前走は久々で少し反応が鈍かったが、使った方が良くなるタイプ」

〔15〕クロコスミア・西浦勝師「前走後はリフレッシュ放牧。落ち着きを感じるし、良馬場でやりたい」

〔16〕レッドアヴァンセ・音無秀師「少しソフトな仕上げがどう影響するかだが、能力は高い」

チューリップ賞の枠順はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

サクレディーヴァの関連コラム

関連コラムはありません。

サクレディーヴァの口コミ


口コミ一覧

小金井特別

 しんすけ46 2018年6月9日() 19:31

閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 14

条件戦は3歳馬か降級馬を狙えと言いますが
ここには3歳馬がいないので降級馬を狙ってみる。

東京9R 小金井特別

◎⑭ビックリシタナモー
△②サクレディーヴァ
△⑧ヤマニンシャンデル
△⑫アオイサンシャイン
△⑯アンティノウス

馬連⑭ー②・⑧・⑫・⑯への4点へ300円。
馬単⑭ー②・⑧・⑫・⑯への4点へ200円。

早い時計でも対応できるしもしかしたら府中の千四が最適条件かも知れんね。
勝ってもびっくりしないけどね。2着にヤマニンシャンデル連れて来てくれて
ビックリシタナモーと世界の中心で叫びたい!

WIN5は⑭ー⑧・⑪ー①・⑦ー⑬ー⑩への4点とランダム1点。

明日も4レースで勝負します。
何とか明日こそ当たります様に・・・。

 浪花のクマ 2018年6月6日(水) 21:39
今週の武豊J騎乗予定馬
閲覧 148ビュー コメント 0 ナイス 11

今週は阪神(土曜)、東京(日曜)です。

6/9 阪神
④ アレグレメンテ (3歳未勝利)
⑤ キュウドウクン (2歳新馬)
⑧ フォレストタウン (3歳以上500万円以下)
⑨ プリュス (鶴橋特別) ②

6/10 東京
⑤ ダノンシティ (2歳新馬)
⑨ サクレディーヴァ (小金井特別)
⑪ スマートオーディン (第35回 エプソムカップ ・GⅢ) ⑤

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年7月18日(火) 20:05
馬券メモ(2017/7/15・16)
閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 7

先週のセレクトセールに引き続き、
今日行われたセレクションセールも大盛況だったようですね。

売却総額は過去のレコードを約6億円更新し、
売却率も驚異の80%超え!

この勢いがサマーセール、オータムセールにも続いてくれる事を願っています。

それでは、先週予想したレースの本命馬の成績を振り返っていきましょう。


【3回中京5日】

■5R ガゼボ 2人気6着

栗東坂路での最終追い切りの動きはとても良かったんですけどね…。
スタートで出遅れ、直線でも全く見どころなし、という内容だとさすがに難しいでしょうね。

■7R ロードギブソン 7人気7着

注文通りハナを奪いましたが、残り200mくらいから急失速。
展開が向いたのに7着というのは正直ショックです。

■8R キセキ 1人気1着

福永騎手のJRA通算2000勝目のレースになりました。
500万下だったら、今回ぐらい走ってもらわなきゃ困りますし、
1000万下も通過点だと思います。

■9R ラグナグ 1人気4着

中京の芝1600m以下は外枠狙いが自分のセオリーなので、
そのセオリーに反した予想をしてしまったのがダメでした。

■10R ハイパーノヴァ 1人気8着

好位の外めでスムーズに追走できていると思っていたのですが…。
追い出してからの反応がサッパリでしたし、休み明け初戦だけが敗因とは思えない負けっぷりでした。

■11R ストロングタイタン 1人気1着

先行馬2頭が引っ張る展開になりましたけど、
持ち前のしぶとさを如何なく発揮して、レコードVを決めました。

■12R ゼットパール 1人気2着

マイペースの逃げに持ち込んでの2着ですから、
これ以上は望めません。


【2回福島5日】

■5R マドモアゼル 1人気2着

直線入り口付近では絶好の手応えだったんですけど、
直線で追い出してからの反応がイマイチ。
キレる脚が使えない事が分かりましたから、次走はもっと積極的なレースをしてくれるのではないでしょうか。

■6R タマモアモーレ 1人気13着

内枠で砂を被る競馬になったのが仇になった形に。
外枠だったら上位に来れたかもしれませんが、あまりにも負けすぎなので、
次走で一変するのかどうかは微妙なところだと思います。

■8R サクレディーヴァ 1人気3着

差し決着になってもおかしくないメンバー構成でしたから、
後方待機組の格好の的になりそうな先行タイプの1番人気に◎を打った時点でジエンドでした。

■9R クリーンファンキー 1人気1着

大外枠から好位で控えて、逃げ馬をしっかり差し切る、という大人びた勝ちっぷりでした。
1000万下でもローカルなら好勝負できそう。

■10R サプライムカイザー 3人気3着

好位で上手く立ち回るタイプなのに、直線入り口のポジションがまさかの最後方…。
直線で良い末脚を繰り出しただけに残念すぎるレースになってしまいました。

■11R コスモカナディアン 2人気1着

良化途上、という評価も出ていましたけど、
1600万下なら明らかに地力上位ですし、得意の良馬場だった事もプラスに働きました。

■12R アピールバイオ 2人気3着

好位で控える競馬を試みるも、直線でジリジリとしか伸びませんでした。
やはり逃げてこその馬なので、単騎逃げが見込めそうな時に今一度狙いたいです。


【2回函館3日】

■5R バリエンテ 3人気3着

低調なメンバーの中でしたが、
超スローペースを中団待機から僅差の3着まで追い込んだのは立派だと思います。

■10R デルマオギン 2人気3着

結果的には道中の仕掛けが遅れてしまいましたけど、
道中で脚を溜めた割には直線での末脚もイマイチでしたので、
脚の使いどころが難しく、安定した成績を残せないタイプなのかもしれません。

■11R レーヴムーン 1人気7着

道中の行きっぷりが全然でした。
レース間隔が詰まっていて、見えない疲れがあったのでしょうか。

■12R メイショウミハル 3人気2着

マイペースで逃げていたんですけど、途中でセルバンテスに捲られた事が痛かったです。
でも、今回のように先行する競馬ができていれば、いずれは現級を勝つチャンスはやってくると思います。


【3回中京6日】

■5R スヴァルナ 3人気3着

上位2頭の上がり3ハロンが32秒台。
ステイゴールド産駒にこの上がりを出せ、というのはさすがに酷ですよね。
もっと上がりの掛かる展開になれば、楽に未勝利を脱出できるはずです。

■6R ヴァルディノート 1人気3着

今週の新馬戦の中で鉄板級の扱いをしていた馬なんですが、まさかの3着…。
「スタートが速い」という陣営のコメントを信頼していたんですけど、スタートでまさかの出遅れ。
二の脚もつかなかったですし、何もかも裏目に出てしまいました。

■7R ミッキーグッドネス 1人気2着

勝ち馬が上手く逃げ切ったレースでしたが、
500万下に降級しても詰めの甘さは相変わらずのようで…。

■8R カレンカカ 5人気5着

前残り天国の中京ダート下級戦で差し馬を狙っているようでは話になりません。

■9R ウインハートビート 4人気5着

位置取りが後方になるのはいつもの事ですし、
直線でしっかりと脚を使っているので、これ以上は望めません。

■10R タニノアーバンシー 1人気5着

瞬発力勝負に弱い馬である事は承知していましたけど、
良血馬ですし、勝っている1000万下なら何とかなる、と安易に考えてしまいました。

■11R マスクゾロ 除外

■12R アグネスユーリヤ 2人気11着

敗因が全くつかめない凡退です。
暑さが堪えたのか、調子落ちだったのか…。


【2回福島6日】

■5R ヘッドストリーム 2人気9着

果敢にハナを奪いましたが、勝ち馬にずっとマークされる形になってしまい、
4コーナーに入るところでもういっぱいいっぱいでした。
完全な力負けですね。

■7R フレスコパスト 2人気1着

道中で折り合いを欠く場面こそありましたが、
武藤騎手の冷静な騎乗のおかげもあって、未勝利を脱出する事ができました。

■8R アプト 2人気5着

先行しなきゃどうにもならない馬がスタートで出遅れ…。

■9R マヤノピナクル 5人気2着

右回りだと異様に走る馬ですから、福島開催のうちに勝っておきたかったです。
でも、以前よりも堅実さは増していますし、今後も得意条件なら安定して走ってくるはずです。

■10R ウインオスカー 1人気1着

道中の位置取りが後ろすぎたのでヒヤヒヤしましたが、順当に勝ってくれました。

■11R ジャストドゥイング 6人気9着

得意の夏場、得意の福島コースで一変してくれる事を願っていましたけど、
闘争心を欠いた走りになってしまい、最下位に沈みました。

■12R ケイツートール 5人気4着

直線入り口付近では「3着には入るだろう」と思っていましたが、
後続にどんどん差され、最終的には4着でゴール。
レース運びは文句のつけようがないものでしたから、仕方ないですね。


【2回函館4日】

■5R ディロス 1人気1着

道中で置かれなければ楽に勝ち切れると思っていました。
骨っぽい相手に楽勝でしたから、先々がとても楽しみです。

■10R カンデラ 3人気11着

見せ場らしい見せ場を作る事なく凡退。
昨年も札幌でルメール騎手とコンビを組んだのですが、持ち味を出せずに負けていますから。
ルメール騎手とは手が合わないんだと思います。

■11R(函館記念)マイネルミラノ 4人気11着

他馬にハナを奪われる事は想定していましたけど、
アングライフェンに並ばれたところで早々に手応えがなくなってしまったのは想定外でした。
冷静に考えれば、GⅢを1つしか勝っていない馬が58kgのハンデ、というのは重すぎますよね。
出走馬のハンデ差を考慮する、というハンデ戦の基本中の基本を見失った予想になってしまいました。

■12R メイショウガーデン 1人気6着

途中でギブアンドテイクに絡まれて、ペースを乱された事が痛かったのですが、
先行馬の1番人気なのですから、他馬から厳しいマークを受けるのは自然な事ですよね。


スヴァルナ、ヘッドストリームのPOG馬2頭はいずれも勝ち切る事ができませんでした。

スヴァルナに関しては相手が悪かったですし、
まだ上積みがありそうですから、早いうちに未勝利を脱出して、
重賞戦線に乗り出していってもらいたいです。

次走は8月の小倉!?ともいわれていますので、
まずは無事に次走を迎えられる事を願っています。

一方、ヘッドストリームは、
スタートが良かった事とスタート後に二の脚がついた事ぐらいしか強調材料が見当たらず、
乏しい内容のデビュー戦になってしまいました。

道中でタメが利かないスピード型のようなので、
結果論になりますけど、1800mという距離は長すぎました。

これからどのような路線を歩むのかは分かりませんけど、
長期間放牧に出して、細すぎる馬体の成長を促す事も必要だと思います。


スヴァルナの方はまだマシだったのですが、
牡馬のエース格として考えていたヘッドストリームが残念な結果になってしまったのが本当に悔やまれます。

今季のPOGも厳しい戦いになりそう…(ToT)

[もっと見る]

⇒もっと見る

サクレディーヴァの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サクレディーヴァの写真

投稿写真はありません。

サクレディーヴァの厩舎情報 VIP

2018年6月10日小金井特別8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サクレディーヴァの取材メモ VIP

2018年6月10日 小金井特別 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。