注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

フィビュラ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牝4 芦毛 2013年3月2日生
調教師萩原清(美浦)
馬主株式会社 G1レーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 9戦[1-3-1-4]
総賞金2,270万円
収得賞金400万円
英字表記Fibula
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
エイグレット
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ノーザンプリンセス
兄弟 ミトラモンドアルジェンテ
前走 2017/05/20 4歳以上500万下
次走予定

フィビュラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/20 東京 7 4歳以上500万下 ダ1600 16352.926** 牝4 55.0 内田博幸萩原清504(+4)1.38.6 0.437.0クレオール
16/10/08 東京 7 3歳以上500万下 ダ1600 165102.314** 牝3 53.0 戸崎圭太萩原清500(-4)1.36.4 0.136.5シークザフューチャ
16/08/07 新潟 9 月岡温泉特別 500万下 芝1800 1571312.962** 牝3 52.0 石川裕紀萩原清504(-4)1.47.0 0.233.9ロッカフェスタ
16/07/16 福島 8 3歳以上500万下 ダ1700 156111.913** 牝3 51☆ 石川裕紀萩原清508(+2)1.47.8 0.138.3エミノマユアク
16/06/11 東京 8 3歳以上500万下 ダ1600 168154.722** 牝3 52.0 三浦皇成萩原清506(-4)1.38.4 0.836.5クロフネビームス
16/04/10 中山 9 デイジー賞 500万下 芝1800 13452.415** 牝3 54.0 北村宏司萩原清510(-2)1.48.3 0.635.3④④キンショーユキヒメ
16/02/27 中山 7 3歳500万下 芝1800 138126.122** 牝3 54.0 三浦皇成萩原清512(+2)1.48.8 0.235.2⑤⑥ゲッカコウ
16/01/16 中山 9 菜の花賞 500万下 芝1600 15356.544** 牝3 54.0 三浦皇成萩原清510(0)1.34.8 0.334.6⑧⑩⑪エクラミレネール
15/11/28 東京 5 2歳新馬 芝1600 186116.731** 牝2 54.0 三浦皇成萩原清510(--)1.36.2 -0.134.1シャリオヴァルト

フィビュラの関連ニュース

 4月10日の中山9Rデイジー賞(3歳500万下、牝馬、芝1800メートル)は、内田博幸騎手騎乗の2番人気キンショーユキヒメ(牝3歳、栗東・中村均厩舎)が好位から抜け出してV。タイムは1分47秒7(良)。道中は3番手を追走し、直線の坂の上りで先頭。後続に3馬身半差をつける快勝だった。

 2、3着には後方から追い込んだカマクラ(3番人気)と サクレディーヴァ(5番人気)が入線。1番人気のフィビュラは勝ったキンショーユキヒメの内で早めの競馬をしたものの、伸びを欠き5着に敗れた。

 キンショーユキヒメは、父メイショウサムソン、母アップルティー、母の父サンデーサイレンスという血統。通算成績は8戦2勝となった。

 ◆内田博幸騎手(1着キンショーユキヒメ)「現状ではあまり切れるイメージがなかったので早めに動き、ジワジワと伸びてくれました。うまく行きましたね。強かったですよ。相手がさらに上がっても楽しみ」

★10日中山9R「デイジー賞」の着順&払戻金はこちら

【3歳500万下】5番人気ゲッカコウが積極策でV 2016年02月27日() 13:39

 27日の中山7R3歳500万下(芝1800メートル、牝馬限定)は、松岡正海騎手騎乗の5番人気ゲッカコウ(美浦・高橋義博厩舎)が向こう正面でまくって先頭に立ち、そのまま押し切って快勝。オープン入りを果たした。タイムは1分48秒6(良)。

 人気のクィーンズベストが好スタートを切ったが、これを制して内からホッコーモモタンがハナを切る。クィーンズベストは2番手に控え、その後ろにルミナスティアラミスユーが続いた。しかし、流れが落ち着いた向こう正面で、中団の後ろにいたゲッカコウが外から一気に進出してハナを奪う。これに対応してクィーンズベストホッコーモモタンをかわして2番手に上がり、外からフィビュラも並びかけて直線へ。ゲッカコウの脚いろは急坂を迎えても鈍ることはなく、後続の追撃を振り切って快勝。奇襲が成功してオープン入りを決めた。1馬身1/4差の2着は2番人気のフィビュラ。単勝1.5倍の人気に推されたクィーンズベストは伸び切れず、2着と3/4馬身差の3着に終わっている。

 ゲッカコウは、父ロージズインメイ、母チューベローズ、母の父シンボリクリスエスという血統。通算成績は7戦2勝となった。

 松岡騎手は「粘り強い脚を使うことは分かっていたので、スタート次第だと思っていました。(向こう正面で)行った方が勝算があると思って動きました。折り合いに課題があるし、もう少し後半に脚を使わせる競馬をさせたいと思っています。距離が延びるのはいいし、今後も楽しみです」とオークスにつながる2勝目を手に入れて、納得の表情を浮かべていた。

★27日中山7R「3歳500万下」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】フィビュラ、菜の花賞へ2016年01月04日(月) 05:00

 ★11月28日東京の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったフィビュラ(美・萩原、牝)は、菜の花賞(16日、中山、500万下、芝1600メートル)へ。

 ★12月12日阪神の新馬戦(芝1800メートル)を勝ったロワアブソリュー(栗・須貝、牡)は、セントポーリア賞(31日、東京、500万下、芝1800メートル)と、きさらぎ賞(2月7日、京都、GIII、芝1800メートル)の両にらみ。

 ★12月26日阪神の未勝利戦(ダ1400メートル)1着セカンドエフォート(栗・村山、牡)は、はこべら賞(17日、中京、500万下、ダ1400メートル)を予定。

 ★12月26日阪神の新馬戦(芝1400メートル)1着カフジビーナス(栗・中竹、牝)は、菜の花賞へ。

 

[もっと見る]

【2歳戦結果】ラニがカトレア賞V2015年11月29日() 05:00

 【東京】9Rカトレア賞(500万下、ダ1600メートル)=ラニ(栗・松永幹、牡、父タピット)

 ◆内田騎手 「少し出遅れたが、ビデオを見て、いい脚を長く使うことは分かっていた。強かったし、かなりの素質がありそうなので楽しみだね」

 *全日本2歳優駿(12月16日、川崎、交流GI、ダ1600メートル)に登録予定。

 5R新馬(芝1600メートル)=フィビュラ(美・萩原、牝、父クロフネ

 ◆三浦騎手 「まだ幼さは残るが、気性は素直。追って味があるし、距離はもっと延びてもいい」

 *半兄に昨年の福島記念を勝ったミトラ(父シンボリクリスエス)。

 6R新馬(ダ1600メートル)=タイセイスペリオル(美・池上弘、牡、父ゴールドアリュール

 ◆三浦騎手 「まだ体は中身が伴っていないが、決め手は抜けたものがある。広いコースも合う」

 1R未勝利(ダ1600メートル)=モンスターキング(美・武井、牡、父アサクサキングス

 ◆蛯名騎手 「未勝利なら力は上だと思っていたし、いい形でレースもできた」

 *新種牡馬アサクサキングスの産駒はJRA初勝利。

 3R未勝利(芝1800メートル)=アウェイク(美・斎藤誠、牝、父ディープインパクト

 ◆北村宏騎手 「馬混みの中で我慢して、いい手応えで運べた。(直線で)広いところに出すとストライドが一気に伸びて差し切ってくれた」

 *半兄に2007年朝日杯FS優勝馬ゴスホークケン(父バーンスタイン)。

 【京都】5R新馬(芝・内1600メートル)=サンライズビーム(栗・羽月、牡、父ハービンジャー)

 ◆川須騎手 「(ハナに)行くスピードはあったが、2番手に控えて途中からはリラックスして走ってくれたし、追ってからもしっかりしていた」

 6R新馬(ダ1400メートル)=ヨウチエンコース(栗・小崎、牡、父ノボジャック

 ◆小牧騎手 「調教が行き届いていて、おとなしすぎるくらい。ノボジャックにも乗っていたし、これからも頑張ってほしい」

[もっと見る]

【2歳新馬】フィビュラが競り合いを制してV 2015年11月28日() 12:22

 28日の東京5R2歳新馬(芝1600メートル)は、三浦皇成騎手騎乗の3番人気フィビュラ(牝、美浦・萩原清厩舎)が好位追走から直線での競り合いを制してV。タイムは1分36秒2(良)。

 シャンドランジュが押し出されるように先頭に立ち、外からクレッシェンドが2番手へ。外からエアオブザドラゴン、内から人気のシャリオヴァルトが3番手で併走し、その後ろにフィビュラアメジストデューなどが続いた。直線に向くと、シャンドランジュは馬場の真ん中に持ち出し、人気のシャリオヴァルトは内を突く。その間からスルスルと抜け出したのはフィビュラシャンドランジュをかわして抜け出しを図るが、ずっとロスなく内を走っていたシャリオヴァルトが外に持ち出してフィビュラに馬体を併せる。2頭の争いが長く続いたが、勝負根性を見せたフィビュラシャリオヴァルトの追撃を振り切ってV。1/2馬身差の2着が1番人気シャリオヴァルトで、さらに1馬身1/2差の3着が4番人気シャンドランジュだった。

 フィビュラは、父クロフネ、母エイグレット、母の父サンデーサイレンスという血統。半兄ミトラはGIII福島記念の勝ち馬。

 三浦騎手は「まだ幼さは残っていますが、気性は素直。追って味があるし、距離はもっと延びてもいいですね。トップスピードに乗り切る前に勝ったし、先々が楽しみです」と奥の深さを感じている様子だった。

★28日東京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

フィビュラの関連コラム

関連コラムはありません。

フィビュラの口コミ


口コミ一覧
閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 7

今日、札幌競馬場でHBAトレーニングセールが行われました。

最高落札額だったのは、231番・トーコーユズキの2015。
価格は5100万円。

今年のトレーニングセールは正直小粒な印象が否めない状況だったので、
5000万円オーバーの馬が出てきたのは良い意味で想定外でした。

これで2歳馬関連のセールは全て終了。
来週の今頃には来季のPOG馬を絞っておかなきゃいけない時期ですから、
今回のトレーニングセールの結果もしっかりチェックして、
お気に入りのPOG馬を選んでいきたいです。

それでは、先週の本命馬の回顧をしていきましょう。


【3回京都9日】

■7R サンライズウィズ 1人気2着

勝ち馬に上手く逃げられてしまいましたけど、この馬の力は出し切ったレースだったと思います。
現級なら安定して走ってくれますが、詰めの甘いところが課題ですね。

■8R メイショウカミシマ 4人気3着

アルメリアブルームを終始マークしながらのレースでしたが、
キレ味勝負になってしまうと厳しいですね。

■9R ラグナグ 2人気1着

中団のポジションから堂々の差し切り勝ち。
次走は降級戦になりそうなので、引き続き勝ち負けでしょう。

■10R ヒカリブランデー 7人気3着

スタートで後手を踏んでしまい、前に取り付くために脚を使ってしまったのが痛かったです。
でも、関西への長距離輸送でも好走できたのは大きな収穫になったはずです。

■11R(平安S)ロンドンタウン 5人気12着

グレイトパールの強さが際立ったレースでしたね。
「馬場が合わなかった」と松山騎手がコメントを出していますので、本質的には軽い馬場がベストなのでしょう。
今一度最終追い切りの動きを見てみたのですが、前走の方が軽快な動きを見せていたんですよね…。
使い詰めによる調子落ちを見抜けたなかったのが悔やまれます。

■12R サイモンラムセス 5人気8着

外回りコースに替わる事を歓迎材料としたのですが、全然届きませんでした。
2000m以上の距離じゃないと今後も厳しそうです。


【2回東京9日】

■7R フィビュラ 2人気6着

半年以上の休み明け初戦という条件ではさすがに厳しかったですね…。
東京コースだとキレ負けしそうなので、小回りの福島や中山の方が合うかもしれません。

■8R スールキートス 3人気3着

直線で大外を回る大味な競馬になってしまいましたが、よく3着まで追い込んだと思います。
極端な脚質なので、3連系の馬券で勝負すべきでした。

■9R アドマイヤローザ 1人気9着

前残りの馬場を考えて、中団ぐらいの位置にいてほしかったんですけど、
道中の位置取りも絶望的で、どうしようもなかったですね…。

■10R モンドアルジェンテ 1人気1着

先行馬にとっては辛い流れでしたが、よく踏ん張ってくれました。
安定した先行力を持つ馬なので、昇級しても先行馬有利の流れになれば面白いと思います。

■11R ナスノセイカン 2人気6着

今の東京で外枠の差し馬を狙っちゃいけませんね…。
このレースを外した事でオークスのソウルスターリング本命が決まったので、
僕にとっては良い教訓になったレースでした。

■12R ビットレート 1人気13着

もっと積極的な競馬をしてほしかったんですが、
馬体重がマイナス14kgでしたから、状態も悪かったんだと思います。


【1回新潟7日】

■7R ミッキーオフィサー 3人気10着

マイナス10kgの馬体重発表で嫌な予感がしたんですけど、
前走のようなダッシュ力を見せられなかったのはやはり馬体重の影響だと思います。

■8R ミュゼリバイアサン 3人気6着

2番手からの競馬になってしまうと持ち味が活きないですね…。
楽にハナを奪える状況になれば巻き返すんでしょうが、そんな状況ってなかなか無いんですよね。

■9R スターファセット 3人気4着

中団やや前めの位置から脚を伸ばしたんですが4着まで。
前残りの展開に泣きました。

■10R フィアーノロマーノ 2人気10着

坂路での最終追い切りの時計が抜群だったので、前走からの変わり身を期待しましたが凡退。
マル外らしく、速い上がり勝負になると手も足も出ないですね。

■11R ウインバローラス 6人気3着

外枠からスムーズなレース運びを見せ3着を確保。
現級にメドを立てるレース内容だったと思います。

■12R ヴァッフシュテルケ 10人気9着

極端な競馬をしてくれれば…と思っていましたが、正攻法の競馬になると厳しいですね。
無理矢理な穴狙いになってしまいました。


【3回京都10日】

■7R トラストマヴィア 1人気3着

中団追走からよく追い込んできたんですけどね…。
今後も差し馬向きの展開になれば上位争いしてきそうです。

■8R ドルフィンマーク 3人気2着

今回も安定した先行力を武器にして2着に粘り込みました。
詰めの甘さは相変わらずですけど、前残りの展開になりそうな時はこれからも軸にしていきたいです。

■9R レイホーロマンス 4人気1着

有利な内枠からスムーズなレース運びを見せて差し切り勝ち。
降級しますから、引き続き1000万下の牝馬限定なら勝ち負け可能です。

■10R タガノアンピール 6人気6着

最低人気が1着で、ブービー人気が2着、という難解なレースでした。
前走の勝ちっぷりは良かったものの、いきなりOPで通用する馬ではなかったようです。

■11R ヴォージュ 3人気1着

前走の内容が良かったですし、展開利が見込めた一戦でもあったので、順当勝ちといえると思います。
でも、2着のスズカルパンが拾えず…。
この日の小牧騎手は乗れていましたから、シンプルに騎手で買い目を決めた方が良かったかもしれません。

■12R タガノジーニアス 1人気4着

直線平坦コースが合う馬なので、前走からのジャンプアップを期待しましたが4着まで。
勝ち急いだ分、ラストの脚が鈍りましたけど、乗り方次第では現級でも上位争いできそうです。


【2回東京10日】

■7R マツリダバッハ 5人気8着

好位からレースを進める事ができましたが、道中で引っ掛かってしまいました。
先行馬有利の馬場になっているとはいえ、折り合いがつかないと厳しいですね。

■8R レレマーマ 1人気2着

勝ち馬の格好の的になってしまいましたけど、実力は出し切っていると思います。
1着・コロマンデルは現級トップクラスの馬なので、1000万下で戦えるメドは立ちました。

■9R アヴニールマルシェ 2人気4着

最内枠から上手く乗っていたと思うのですが、
上位馬とは瞬発力の差を感じる内容でした。

■10R ワキノヒビキ 4人気13着

絶好の1枠だったんですけど、スタートでの出遅れが致命的でしたね…。

■11R(オークス)ソウルスターリング 1人気1着

内枠を引いた幸運が味方しましたけど、直線で手前を変えてからの伸びはさすがですよね。
東京コースがベストですから、秋は天皇賞⇒JC路線になるかも!?

■12R シャイニービーム 2人気3着

少頭数だったんですが、道中で動く馬が多かったレースになりました。
前走よりも時計を詰めた中で負けてしまったのですから、仕方ないですね。


【1回新潟8日】

■7R トブガゴトク 1人気2着

勝ってほしかったんですけど、勝ち馬に上手く逃げられてしまいました。
単騎逃げ以外の戦法で好走できたのは大きな収穫になったはずです。

■8R スティルウォーター 1人気1着

道中の位置取りが後ろすぎましたが、余裕たっぷりの差し切り勝ちを見せてくれました。
でも、11番人気の2着馬を拾えずハズレ…。

■9R ドルチェリア 1人気3着

マイナス18kgの馬体重が影響したのでしょうか。
いつもよりも粘りを欠いて3着に敗れてしまいました。

■10R ウイングチップ 2人気4着

好位追走から粘り込みを図りましたが、惜しい4着になってしまいました。
得意の福島コースなら更に粘りが増すはずなので、コース替わりでの一変に期待したいです。

■11R シンボリディスコ 7人気2着

アイビスSD2着の実績があるのに55kgというハンデは明らかに恵まれましたよね。
思惑通りの競馬をしてくれましたが、1着・フィドゥーシアを切ってしまいました…。

■12R クラウンアイリス 5人気7着

スタートでの出遅れが響きましたね…。
馬体を維持できていたので、新潟への遠征競馬でも大丈夫と思っていましたが…。


週単位ではマイナス収支になってしまいましたが、
オークス的中のおかげで日曜1日単位ではプラス収支に持っていく事ができました。

1日単位でのプラス収支は3月19日以来、2ヶ月ぶり。
負のスパイラルから抜け出すきっかけをつかめそうなところなので、
今週こそは週単位でのプラス収支を達成できるよう、気を引き締めて頑張りたいと思います。

フィビュラの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

フィビュラの写真

投稿写真はありません。

フィビュラの厩舎情報 VIP

2017年5月20日4歳以上500万下6着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フィビュラの取材メモ VIP

2017年5月20日 4歳以上500万下 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。