メイショウタチマチ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2013年3月5日生
調教師河内洋(栗東)
馬主松本 好雄
生産者富田牧場
生産地浦河町
戦績17戦[2-5-3-7]
総賞金5,018万円
収得賞金450万円
英字表記Meisho Tachimachi
血統 スペシャルウィーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
キャンペンガール
サーリセルカ
血統 ][ 産駒 ]
ウォーエンブレム
ラストリゾート
兄弟 マーシャラーメイショウマルコマ
前走 2017/11/19 3歳以上500万下
次走予定

メイショウタチマチの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/19 京都 7 3歳以上500万下 芝2400 156117.4313** 牝4 55.0 幸英明河内洋502(+4)2.30.1 3.640.3ムーヴザワールド
17/11/05 京都 8 3歳以上500万下 芝2000 14454.126** 牝4 55.0 武豊河内洋498(-4)2.00.0 0.437.5メイケイレジェンド
17/10/07 京都 8 3歳以上500万下 芝2000 157122.318** 牝4 55.0 武豊河内洋502(+4)2.00.6 1.136.5リングオブハピネス
17/07/23 中京 7 3歳以上500万下 芝2000 15464.322** 牝4 55.0 川田将雅河内洋498(+8)2.00.7 0.134.8ナリタピクシー
17/07/01 中京 12 3歳以上500万下 芝2000 11442.113** 牝4 54☆ 岩崎翼河内洋490(-4)2.01.3 0.135.3ドラゴンカップ
17/06/10 阪神 9 生田特別 500万下 芝2400 14342.812** 牝4 55.0 岩崎翼河内洋494(+4)2.24.4 0.035.8サトノシャーク
17/05/21 京都 9 御室特別 1000万下 芝2000 10664.132** 牝4 55.0 岩崎翼河内洋490(+6)2.00.6 0.134.5レイホーロマンス
17/04/30 京都 9 糺の森特別 1000万下 芝1800 148149.053** 牝4 55.0 岩崎翼河内洋484(-2)1.46.4 0.034.3エマノン
17/01/17 京都 12 4歳以上1000万下 芝2000 9225.924** 牝4 54.0 武豊河内洋486(+2)2.01.8 0.535.7フロリダパンサー
16/12/24 阪神 9 ジングルベル 1000万下 芝2000 1271010.548** 牝3 54.0 幸英明河内洋484(+4)2.03.8 0.737.4ギモーヴ
16/06/12 阪神 9 三田特別 1000万下 芝2200 11796.734** 牝3 51.0 松若風馬河内洋480(+2)2.11.5 0.735.6ジュンヴァルカン
16/05/29 京都 6 3歳500万下 芝2000 11111.711** 牝3 54.0 幸英明河内洋478(+2)2.00.1 -0.035.1シンゼンドリーム
16/04/10 阪神 9 忘れな草賞 OP 芝2000 118102.513** 牝3 54.0 戸崎圭太河内洋476(+6)2.03.5 0.233.9ロッテンマイヤー
16/03/12 中山 11 アネモネS OP 芝1600 16112.616** 牝3 54.0 柴田大知河内洋470(-6)1.35.9 0.435.2⑧⑪⑪チェッキーノ
16/01/31 東京 9 セントポーリ 500万下 芝1800 11224.022** 牝3 54.0 田辺裕信河内洋476(-14)1.47.4 0.133.9⑤④サトノキングダム
16/01/11 京都 9 福寿草特別 500万下 芝2000 10786.322** 牝3 54.0 川田将雅河内洋490(0)2.00.5 0.134.2⑦⑦⑦⑧ロイカバード
15/12/20 阪神 5 2歳新馬 芝2000 14575.921** 牝2 54.0 川田将雅河内洋490(--)2.02.7 -0.235.6ステイキングダム

メイショウタチマチの関連ニュース

 夏競馬の馬券戦略を組み立てる上で欠かせないのが、クラス編成で降級した4歳馬。先週も降級馬は13勝、2着8回と大暴れした。改めてクラス編成のシステムを確認するとともに、“狙える降級馬”を見極めるポイントを特別取材班がチェック。今週の注目馬をピックアップしてお届けする。

 先週、クラス再編成が行われ、例年同様、降級した4歳馬が大活躍している。3、4日は19レースに51頭の降級馬が出走して13勝を挙げ、ワンツーフィニッシュも6レース。降級馬が1頭しかいなかった3レースでは2勝2着1回と、圧倒的な成績を収めた。

 活躍する降級馬の傾向としては、前走、上のクラスで掲示板に載っていた馬。あるいは今回と同じクラスだが、勝った後もクラス再編成の時期まで待っていた馬だ。上級クラスで掲示板に載るほどの実力馬が降級すれば、力関係は明らかに有利。また勝った後に長い休養もせず降級を待っていた馬は、勝ったときの状態をキープしたまま同じクラスでもう一度走れるのだから、やはり力は上位といえる。

 人気になってしまうのは自明の理だが、今週も降級馬を狙わない手はない。なかでも東京日曜10R多摩川Sのメートルダールは、前走のGIII新潟大賞典3着。1600万下も(3)〔1〕着と、わずか2戦で卒業したように、地力が違う。重賞でも好勝負をした馬が条件戦に出走できるのなら、ハンデ58キロを背負っても負けられないだろう。「ハンデ差が鍵になるけど、重賞で好走した馬だし、降級すれば地力が一枚上でしょう」と戸田調教師が自信を見せるのも当然だ。

 他にも東京土曜10R八王子特別のプリンシアコメータは、前走の1600万下丹沢Sで頭差の2着。今回と同じ舞台だけに、降級戦なら信頼していい。阪神土曜9R生田特別のメイショウタチマチも、近2戦が上のクラスで(3)(2)着。牡馬相手でも力の違いを見せられそうだ。むやみに降級馬に飛びつくのではなく、きっちり狙いを定めてズバッと勝負を決めよう。 (特別取材班)

降級

 JRAの競走馬は、勝ち上がると得られる収得賞金によって、500万下、1000万下、1600万下、オープンにクラス分けされている。この収得賞金が4歳馬に限り、ダービーの翌週から半分に減額。収得賞金900万円で1000万下に在籍していた馬は、同450万円になるため、500万下のレースに出走が可能になる。こうした4歳馬を降級馬と呼ぶ。能力、実績は上位で、優位に戦えるケースが大半だ。

【忘れな草賞】ロッテンマイヤーが逃げ切りでOP初勝利 2016年4月10日() 14:42

 4月10日の阪神9R忘れな草賞(3歳オープン、牝馬、芝2000メートル)は、川田将雅騎手騎乗の2番人気ロッテンマイヤー(栗東・池添学厩舎)が、2分3秒3(良)のタイムで逃げ切り、オープン初勝利を挙げた。

 同馬は好スタートを切って主導権を奪い、直線で急追した4番人気ペプチドサプルに半馬身差をつけて快勝。1番人気メイショウタチマチは3着だった。

 ロッテンマイヤーは父クロフネ、母アーデルハイト、母の父アグネスタキオンという血統。通算成績は3戦2勝となった。

 ◆川田将雅騎手(1着ロッテンマイヤー)「2000メートルでも我慢できましたし、しまいもしっかりといい内容でした」

★10日阪神9R「忘れな草賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アネモネS】チェッキーノ、良血開花!桜切符ゲット 2016年3月13日() 05:05

 アネモネステークス(12日、中山11R、3歳牝馬オープン(混)(指)、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金1900万円、1、2着馬に桜花賞の優先出走権=出走16頭)東の桜花賞トライアルは、3番人気チェッキーノ(美・藤沢和、父キングカメハメハ)が中団から鋭く抜け出して未勝利から連勝を飾った。3戦2勝。タイム1分35秒5(良)。14番人気の2着アッラサルーテとともに桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得。1番人気のメイショウタチマチは6着に終わった。

 寒風が吹く中山で厩舎ゆかりの良血が開花宣言だ。混戦となった直線の攻防から鮮やかに抜け出したのはチェッキーノ。重賞2勝馬コディーノの全妹が2着アッラサルーテに1馬身1/4差をつける完勝で、桜花賞への切符を手にした。

 「うれしいですね。直線での手応えが良かったので、あとはしのげるかどうかだけだった。馬は良くなっていたし、(勝ち方にも)余裕があった」

 未勝利、今回と連勝へ導いた柴山騎手が頬を緩める。コディーノには騎乗していないが、全兄トレクァルティスタ、半姉カービングパス(父ハービンジャー)の主戦を務めているだけに喜びもひとしおだろう。

 未勝利勝ちから3カ月ぶりで6キロの馬体増。「間をあけて馬が良くなっていた」と目を細めたのは藤沢和調教師。「女の子としては使い出し(デビュー)の頃から気持ちが穏やか。このきょうだいはみんな競馬が上手だね」と一族に通ずる競馬センスの良さを強調する。

 コディーノは志半ばの4歳春に疝痛で死亡。GIを手にできなかった兄の思いを胸にチェッキーノが大舞台へ挑む。 (板津雄志)

★12日中山11R「アネモネステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アネモネS】レースを終えて…関係者談話2016年3月13日() 05:04

 ◆古川騎手(ペプチドサプル3着) 「直線に向いてから勝ち馬に置かれた。それでも最後はしぶとく来ているし、競馬が上手で崩れない」

 ◆三浦騎手(リボンフラワー5着) 「ペースが遅かったので早めに踏んで(仕掛けて)いったが、勢いがついたところで内からぶつけられてトモを落とした」

 ◆柴田大騎手(メイショウタチマチ6着) 「マイルでは忙しく、追ってからも反応し切れなかった。長い距離の方がいい」

★12日中山11R「アネモネステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アネモネS】素質馬チェッキーノが桜花賞切符を獲得 2016年3月12日() 15:54

 12日の中山11Rアネモネステークス(3歳牝馬オープン、芝1600メートル、1、2着馬に桜花賞の優先出走権)は、柴山雄一騎手騎乗の3番人気チェッキーノ(美浦・藤沢和雄厩舎)が中団追走から差し切って快勝。2着アッラサルーテとともに桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分35秒5(良)。

 好スタートを切ったワンスインナムーンが先行態勢に入るが、大外から二の脚を生かしてアッラサルーテがハナを奪う。さらにエクラミレネールも2番手の外に取り付き、その後ろにペプチドサプルオウケンビリーヴと続いた。人気のメイショウタチマチは中団のやや後ろでインからの競馬。アッラサルーテは後続を引き付けた逃げを打ち、馬群が密集した形で直線に向かう。粘るアッラサルーテはかわされそうでかわされず、しぶとい粘り。並びかけたエクラミレネールも譲らない。しかし、この2頭の外から一気に迫ってきたのがチェッキーノ。鮮やかな末脚で先行馬を差し切り、3カ月ぶりの一戦を快勝して桜花賞切符を手に入れた。1馬身1/4差の2着には14番人気アッラサルーテが逃げ粘り、この2頭が優先権を獲得。アタマ差の3着には2番人気のペプチドサプルが入っている。

 チェッキーノは、父キングカメハメハ、母ハッピーパス、母の父サンデーサイレンスという血統。通算成績は3戦2勝となった。

 柴山騎手は「最初のコーナーまでは(ハミを)かんでいたけど、そのあとはリラックスしてくれました。いい手応えだったし、最後も余裕がありましたね」と未勝利勝ち直後で3カ月ぶりの実戦を制したパートナーに目を細めていた。

★12日中山11R「アネモネステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アネモネS】追って一言2016年3月10日(木) 05:03

 ◆スマートアリシア・鹿戸師「仕上がりは悪くない。時計はともかく、動きも良かった」

 ◆ペプチドサプル・木原師 「体はできているから、坂路でサッと併せるだけで十分。1600メートルが一番競馬がしやすい」

 ◆メイショウタチマチ・河内師 「体は徐々に戻っている。前に行ける脚もあるし、牝馬同士なら」

 ◆メイショウバーズ・本田師 「変わりなくきているし、前走は芝でも走れると思っていた。距離はこなしてくれると思う」

 ◆リボンフラワー・池江師 「先週が抜群の動き。中山1600メートルは、阪神内回りの1400メートルより条件はいい」

 ◆ワンスインナムーン・相田助手「動きは良く、相変わらず好調。控えてしまいを生かす競馬をしたい」

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイショウタチマチの関連コラム

閲覧 766ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年10月7日()の凄馬!>
極凄馬
京都1R 2歳未勝利
バイラ(+5.8)

極凄馬
京都3R 2歳未勝利
アドマイヤアルバ(+4.1)

超凄馬
東京4R 障害3歳以上未勝利
エルゼロ(+3.3)

超凄馬
京都7R 3歳以上500万以下
ミッキーグッドネス(+3.2)

超凄馬
京都8R 3歳以上500万以下
メイショウタチマチ(+2.8)

超凄馬
京都2R 2歳未勝利
アップファーレン(+2.7)

超凄馬
京都9R 北國新聞杯
サハラファイター(+2.7)

超凄馬
京都6R 3歳以上500万以下
シップーコウライ(+2.4)

超凄馬
東京3R 2歳未勝利
マイネルファンロン(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2017年10月8日、集計数:29,842レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2017年6月30日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2017年06月30日
閲覧 1,123ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年7月1日()の凄馬!>
極凄馬
福島1R 2歳未勝利
ランリーナ(+6.0)

極凄馬
福島3R 3歳未勝利
ブラディーリッパー(+5.5)

極凄馬
福島2R 3歳未勝利
リンガスネオ(+4.7)

極凄馬
福島7R 3歳未勝利
クラークキー(+4.5)

超凄馬
函館1R 2歳未勝利
カシアス(+3.6)

超凄馬
中京9R 御在所特別
レオナルド(+3.6)

超凄馬
福島8R 3歳以上500万以下
ミエノドリーマー(+3.2)

超凄馬
福島4R 3歳未勝利
タイセイエピローグ(+3.1)

超凄馬
中京12R 3歳以上500万以下
メイショウタチマチ(+2.9)

超凄馬
中京3R 3歳未勝利
スターゲイザー(+2.7)

超凄馬
函館7R 3歳以上500万以下
トブガゴトク(+2.6)

超凄馬
中京8R 3歳以上500万以下
グラッブユアコート(+2.4)

超凄馬
函館4R 3歳未勝利
スズカガルチ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率47%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2017年7月2日、集計数:29,020レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

メイショウタチマチの口コミ


口コミ一覧
閲覧 276ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の本命馬回顧をしていきます。


【5回京都5日】

■7R ドライバーズハイ 2人気1着

4角まで絶望的な位置にいましたけど、
道中でしっかりと脚を溜めた事が直線での伸びに繋がったんだと思います。
次走からは1000万下に再昇級しますが、展開さえ向けば、上のクラスでも勝ち負けできるはずです。

■8R トリオンフ 2人気1着

中途半端に控えるのではなく、
積極的に前のポジションを取りに行ったC・デムーロ騎手のファインプレーも光りました。
渋った馬場もこの馬に味方したようです。

■9R ライジングドラゴン 1人気7着

結果的には過剰な1番人気に手を出した、という事になります。
混戦ムードだったので、最初から波乱含みの予想をすべきでした。

■10R ジャズファンク 5人気5着

54kg+タフな馬場なら、何とかなると思っていたんですけどね…。
もっと速い展開にならないと厳しいのでしょう。

■11R ゲッカコウ 7人気6着

スタートでの致命的な出遅れをしていながら、まずまずの走りを見せていますので、
スタートがまともだったら、もっと上位にこれたかもしれません。

■12R ビットレート 2人気5着

超スローペースの2番手、という絶好のポジションにいたんですけどね…。
他馬の決め手の方が上でした。


【5回東京5日】

■7R クレバーバード 5人気11着

前に行ってどこまで粘れるか、というタイプですから、
後方からの競馬になった時点でノーチャンスでした。

■8R グッドスカイ 1人気2着

道中3番手からスムーズな競馬ができていたんですけど、
平地での脚比べでシンキングダンサーに見劣ってしまいました。

■9R メトロポリス 2人気13着

直線手前で早々に手ごたえがなくなりました。
キャリア2戦で初の東京、という厳しい状況で◎をつけるのはナンセンスですよね…。

■10R ウインファビラス 8人気10着

7ヶ月の休み明けだったとはいえ、降級の牝馬限定戦でからっきし、という内容。
次に変わり身を見せてくれないと、先々が厳しくなりますから、次走が勝負どころになります。

■11R(東スポ杯2歳S)ワグネリアン 1人気1着

見た目通りの完勝でしたね。
奥の深さではルーカスの方が上ですけど、現時点での完成度はワグネリアンの方が圧倒的に上ですから、
今後もこのままの調子でクラシック路線を歩んでもらいたいです。

■12R ハウメア 1人気1着

逃げの手に出て、ドーヴァーとの一騎打ちを制しました。
最内枠が良かったですし、1400mの距離も合っていたと思います。


【3回福島5日】

■7R ユトリチャン 6人気13着

ペース自体は問題なかったんですけどね…。
菜七子騎手のタニマサガールとのハナ争いに敗れ、控える競馬になったのが裏目に出ました。

■8R ミネット 1人気2着

大外枠だったので、道中の位置取りがいつもより後方になってしまいましたが、
直線でもしっかりとした脚を使っていますし、現級力上位である事を改めて証明してくれました。

■9R ハルク 1人気5着

道中3番手で折り合っていたんですけど、直線で末脚不発。
これといった敗因が見当たらないので、成績にムラのあるタイプ、と解釈するしかなさそうです。

■10R ディアシューター 1人気8着

位置取りが後ろになるのは想定内だったんですが、
直線入り口で4・5番手に追い上げたところで見せ場が終わってしまいました。
小回りが全く合わないのか、前走好走の反動があったのか…。

■11R ヒメタチバナ 4人気2着

上手く立ち回ったんですけどね…。
でも、2600mに対応できたのは収穫ですから、今後も長距離戦で上位争いしてくれる事でしょう。

■12R ウォーブル 7人気3着

好スタートを決めて、好位の内から上手く立ち回りました。
道中で捲る競馬をするケースが多いのですが、
今回のようなレースができれば、500万下突破も近いと思います。



【5回京都6日】

■7R メイショウタチマチ 3人気13着

前走で暴走気味の逃げをうって凡退していますから、今回は控える競馬をするだろう…
と思っていたんですけど、出ムチ入れての大逃げ、という極端すぎる競馬をしてしまいました。
ペースメーカーになっただけでしたね。

■8R リアルプロジェクト 3人気7着

3番手で控えていましたが、直線入り口付近で手応えが怪しくなり、直線半ばで息切れ。
中途半端な競馬をするとダメな事がハッキリしましたから、次こそは積極的なレースをしてほしいです。

■9R デルマキセキ 6人気10着

サッパリな内容だったので、本調子じゃなかったんでしょうけど、
道中の位置取りが悪すぎましたし、距離も長かったのかな?と思っています。
来年の北海道開催まで様子見する事にします。

■10R エイシンティンクル 2人気9着

いつも通り、速いペースで逃げましたが、最後はバタバタでした。
良化途上だった前走を使って調子が上がっていると思っていたんですけどね…。

■11R(マイルCS)レッドファルクス 3人気8着

道中が押しながらの追走だったので、嫌な予感がしていましたが、人気を裏切る結果になってしまいました。
主戦のM・デムーロ騎手がペルシアンナイトに乗っているのですから、
ペルシアンナイトの方にチャンスがあった、と考えるべきでした。

■12R オウケンビリーヴ 2人気2着

直線で前が壁になりそうなところを上手く抜け出しましたけど、
スムーズなレースをしていた勝ち馬に出し抜けをくらい、2着まで。
レース展開次第、という馬ですが、いつも安定して走ってくれるので、今後も追いかけたいです。


【5回東京6日】

■7R バスカヴィル 1人気3着

終始チグハグなレースでした。
最後は地力の高さで3着を確保しましたけど、最低でも連対してくれないと…。

■8R スマートダンディー 2人気2着

好位の外から上手くレースを進めましたが2着まで。
外めをスムーズに回る形なら力を出し切りますから、今後も外枠配置なら要注意です。

■9R ミュージアムヒル 3人気2着

馬場の内めを通った戸崎騎手・マウレアの方が一枚上手でした。
でも、直線がもっとスムーズだったら差し切っていたのかな?という走りでしたし、次にはつながったと思います。

■10R ヒデノインペリアル 8人気2着

五分のスタートから果敢にハナを奪い、2着に粘り込みました。
8Rのダート戦で川須騎手が逃げ切り勝ちを決めていたので、もう1つ勝ってくれたら最高だったんですけど、
最善を尽くした中での2着なので、本当に立派だと思います。

■11R ダノンフェイス 2人気1着

中団やや前の位置取りでしたけど、
浜中騎手が上手く馬群の外へと持ち出し、サウススターマンとの叩き合いを制しました。
まだまだこれからの馬ですが、今の充実っぷりなら重賞でも通用すると思います。

■12R ウインテンダネス 3人気9着

冷静に考えてみたら、超スローペースしかない、というメンバー構成でしたから、
この状況で追い込み一辺倒の馬を狙うのはナンセンスでした。


【3回福島6日】

■7R マイネルクラフト 6人気6着

2着馬とほぼ同じ位置にいましたから、上位争いしても不思議ないんですけどね…。
直線に入ってから全く伸びませんでした。

■8R サイモンゼーレ 1人気3着

菜七子騎手が騎乗停止になった馬でしたので、リベンジを期待しましたが、ダメでした。
前半の行きっぷりがイマイチでしたから、1150mは若干忙しいのかもしれません。

■9R アイムウィッシング 5人気5着

スタートは良かったんですけど、二の脚がつかず、中団からのレースに。
最後の直線でそこそこ伸びていただけに、序盤の位置取りが悪かったところが致命的でした。

■10R カウントオンイット 2人気9着

先手を奪いましたが、レッドミラベルに捲られたところでリズムが崩れてしまいました。
忙しい競馬になりやすいローカルの小回りコースが合わなかったのでしょうか。

■11R ブライトアイディア 6人気2着

シンガリから2番手の位置にいましたけど、直線で鋭い脚を使って2着を確保。
ローカルの1700mがベストですから、今後もベスト条件なら好勝負してくれると思います。

■12R スナークスカイ 5人気1着

好位の内という絶好位置から一気の差し切り勝ち。
枠順に恵まれたとはいえ、とても鮮やかな勝ちっぷりだったと思います。


マイルCSは「今週もミルコ!」というようなレースになりましたね。

エアスピネルが先に抜け出したところをペルシアンナイトが差す、
という形はリオンディーズが朝日杯FSを勝った場面のリプレイを見ているかのような感じがしました。

今週のジャパンカップもM・デムーロ騎手に注目が集まる事でしょう。

今回はサトノクラウンとのコンビで参戦。
キタサンブラックへのリベンジを狙う事になりますが、どんなレースを見せてくれるのでしょうか。

 マリオおっさん 2017年11月7日(火) 17:08
予想したレースのその後(11/5版)
閲覧 102ビュー コメント 0 ナイス 0

京都
1R→早めのペースだったが、逃げた馬が突き放して圧勝。距離短縮が良かったか。2着はなんとか次も狙えそうだが、勝ち馬、3着以降は微妙か。
2R→シグナライズは直線で早め先頭から押し切る強い競馬。500万なら次も勝ち負けか。2着馬も相手が悪かった感だが、3着以降は少し力不足感。
3R→スローペース。この展開で後方からまくりで楽勝のグレートタイムは次も勝ち負けになりそう。2・3着よりは4着のダージリンクーラーか。
4R→平均ペース。ゴール前は各馬同じような脚になっていた。このパターンは、4着までの誰かが通用したら残りも通用するパターンか。
5R→新馬戦らしいスローペース。スラッシュメタルは早めに動いたのが勝因か。次走を考えるときは、位置取りの確認が大事。
6R→ここは新馬の割に平均ペース。エアアルマスは一瞬の脚が光った。これをうまく活かせるかが勝ち上がりに影響しそう。勝ち馬は内容的にも評価できそう。3着以下は少し評価が落ちそう。
7R→ほぼ平均ペースか。勝ったラボーナはこれぐらいの距離で脚を溜める競馬が合っているか。上位は力通り決まった感、そしてレベルもそこそこはありそう。
8R→大逃げのメイショウタチマチはさすがにハイペースだったが、その他はほぼイーブンペース。ただ、ペースが乱れたこともあって差しが決まった。先行勢は普通のメンバーなら巻き返しも。
9R→京都ならそこまで早いペースではなかった。結果どおりの大接戦、力差が小さいメンバー構成だった。ただ、全体のレベルもそこまで高いとは言えないか。
10R→有力馬の除外もあって、スローペースになった。勝ったムーンクエイクは着差以上に評価できる内容。オープンに上がっても有力か。ボールライトニングは次もこのような競馬ができるかに懸かっていそう。ワントゥワンは勝ちきるには少し展開の助けが要るか。
11R→重賞としては普通のペースか。勝ったテイエムジンソクは早め抜け出しから押し切る強い競馬だったが、元々のメンバーと2着を見る限り、やや小粒なメンバーだったとも言えそう。
12R→流石にハイペース、先行馬は最後に苦しくなった。勝ったグラッブユアコートは軌道に乗った感もあるが、準オープンとなると、一回は様子見をしたい。
東京
9R→スローペース。ただ、それ以上に先行馬と追い込み馬の間に差がついてしまった。シルヴァンシャーはこれぐらいの馬なのか。過大評価は取り消したい。
11R→平均ペースからのハンデ戦らしいレースとなった。ただ、勝ったスワーヴリチャードはここでは力が違った感。今後の古馬戦線を賑わせてほしい。2着以降はハンデ差と力差の問題か。メンバー的には悪くはないか。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年11月6日(月) 19:42
馬券メモ(2017/11/3〜5)
閲覧 140ビュー コメント 2 ナイス 10

先週行われたレースの本命馬回顧をしていきます。


【5回京都1日】

■3R バレンタインジェム 3人気7着

小柄な馬なので、京都コース替わりでのジャンプアップを期待しましたが、ダメでした。
スタート後に引っ掛かったのが痛かったです。

■8R ワンダーピルエット 1人気10着

特別戦で健闘していたはずなのに、牝馬限定の平場でまさかの大敗…。
前走好走の反動が出た、という風に解釈するしかなさそうです。

■9R トリオンフ 4人気2着

好位の位置で折り合いに専念する競馬で2着確保。
54kgのハンデに恵まれた感は否めませんけど、
1000万下で好走できるメドを立てた、と判断していいでしょう。

■10R ドライヴナイト 3人気1着

外めの枠からの発走でしたが、C・デムーロ騎手がロスのない競馬をしてくれました。
でも、55kgのハンデが向いた勝利でしたので、オープンに昇級すると厳しいかもしれません。

■11R(ファンタジーS)コーディエライト 3人気2着

マイペースで逃げられたんですけどね…。
勝ったベルーガの末脚には脱帽です。

■12R アドマイヤムテキ 1人気8着

スローペースを3番手で追走したんですけど、
アストロノーティカに捲られたところで手応えが悪くなり、最後は一杯一杯に…。


【3回福島1日】

■7R シエルブラン 5人気2着

好スタートから無理なく先行する、という正攻法の競馬でした。
3kg減ジョッキーだった分の2着だと思いますが、小回りで直線平坦の1200mがベストですね。

■8R キョウワヒラリー 4人気5着

逃げたモズワッショイの直後につけたんですが、直線で追い出してからの反応がサッパリ…。
上位馬との実力差を感じるレースでした。

■9R アインザッツ 2人気5着

積極的なレースをするのか、と思いきや、道中の位置取りがレッドジェノヴァよりも後ろ。
前へ行ってナンボ、という馬なんですけどね…。

■10R ムーンザムーン 4人気12着

小回りコースへの適性が不透明な状況でも大丈夫、と考えていましたが、甘かったです。
広いコースに替わっての一変に期待したいです。

■11R タケショウベスト 1人気3着

スタートが悪すぎましたね…。
道中無理に押し上げた分、最後は脚が上がってしまいました。

■12R クライシス 1人気3着

短距離は合う、と考えていましたが、
終始忙しい感じの追走になってしまいました。
今回のレースで短距離の速い流れに慣れてくれていたら良いんですが…。


【5回東京1日】

■7R ミスパイロ 4人気1着

中団の外めの位置で折り合いに専念する競馬。
直線に入ってからグイグイと脚を伸ばしていって、先行していた2頭を一気に差し切りました。

■8R フィスキオ 3人気4着

スタートで出遅れて、そこから少しずつポジションを上げましたが、
直線の坂を駆け上がってから脚が上がってしまい、3着を確保する事もできませんでした。

■9R サーレンブラント 2人気3着

ラスト100mの伸びは良かったんですが…。
直線での反応の悪さは相変わらずですね。

■10R ラヴィエベール 1人気4着

最内枠を引いた時点で、スムーズな競馬ができない事を頭に入れておかなきゃいけないですね。
良い勉強になった、と思うしかありません。

■11R(京王杯2歳S)エントシャイデン 3人気7着

外差しが決まらない馬場状態だったのが大誤算でした。
距離ももっと伸びた方が良さそうですし、今後も懲りずに追いかけていきたいです。

■12R ネイビーブルー 2人気2着

好位の内から上手くレースを運んでいました。
マジカルスペルを交わした時は「勝った!」と思ったんですけど、
ストライクイーグルの脚には驚かされました。


【3回福島2日】

■7R ヤマニンリュウセイ 4人気5着

ウォーブルが一気に捲る展開になって、そのウォーブルを追いかける、
という想定通りの競馬をしてくれましたが、直線に入ってからの伸びがイマイチ…。

■8R ボナパルト 3人気2着

好位の外めからメイスンスパートをマークする形でレースを進めて2着を確保。
小回り1700mを走るのは初めてでしたが、初コースにもしっかりと対応してくれました。

■9R レーツェル 1人気1着

最後は際どかったですけど、1着になって賞金加算できたのは良かったです。
瞬発力勝負だと分が悪いと思いますが、脚質に幅が出ましたし、今後の成長次第では重賞でも楽しみです。

■10R グランドポピー 5人気8着

好スタートを切ったのに、あっさり控えてしまいました。
ハナを主張する競馬を想定していたので、控えてしまった時点で諦めました。

■11R ライトフェアリー 3人気11着

ものの見事などん詰まりでした。
仕方ない事とはいえ、モヤモヤ感が残る負け方です。

■12R ワンダーグロワール 3人気2着

スタートで出遅れてしまいましたけど、
好位で脚を溜めて差しに徹する、という小坂騎手の冷静な騎乗が光りました。


【5回京都2日】

■7R ダノンプレシャス 3人気3着

好位の内から差し切りそうな雰囲気だったんですけどね…。
首の上げ下げで3着に負けてしまいました。

■8R メイショウタチマチ 2人気6着

大逃げを打つ形になりました。
残り200mあたりで一気に脚がなくなりましたけど、仕方ないですね。

■9R スペードクイーン 2人気8着

中団待機から差し切りそうな雰囲気でしたが、直線での伸びがイマイチ…。
前走で道悪馬場を激走した反動が出たのでしょうか。

■10R ムーンクエイク 1人気1着

中団からの競馬になりましたけど、
少頭数でスムーズな形になっていましたし、
ライバルのキロハナがいなくなった状況なら勝ってもらわなきゃ困ります。

■11R(みやこS)モルトベーネ 4人気5着

スタートでの出遅れが致命的でした。
厳しい状況で5着に追い上げたのは立派ですけど、
勝ったテイエムジンソクから1.5秒差というのはさすがに…。

■12R グラップユアハート 2人気1着

前走で殻を破った印象を受けたので、昇級戦でも勝負になる、と考えていました。
今後もルメール騎手とのコンビが続けば、1600万下でも好勝負できると思います。


【5回東京2日】

■7R キンイロジャッカル 5人気12着

スタートで大きく出遅れ。
後方待機からそこそこの脚を使っていましたから、スタートがまともだったら…と思ってしまいます。

■8R ペイドメルヴェイユ 3人気2着

好位の内でじっと待機して、直線でジワジワと追い上げていきましたけど、
アルジャンテの鬼脚に屈してしまいました。

■9R ディロス 2人気3着

スローペースで折り合いがつかなくて、仕方なくハナに立つ、という競馬でした。
ラスト100mで一気にバテてしまいましたけど、道中で折り合いさえつけば、現級でも通用すると思います。

■10R アポロテキサス 3人気11着

逃げるノーブルサターンの2番手につける、と考えて◎にしましたが、序盤の位置取りが悪すぎました。
自分のレースができないと、1600万下で好走するのは難しいですよね。

■11R(AR共和国杯)スワーヴリチャード 1人気1着

内枠が味方した、という面はありましたけど、
馬場の内から楽に突き抜けたのは地力が高い証拠だと思います。
今後も左回りなら楽しみです。

■12R メイプルキング 3人気4着

中団待機からまずまずの脚を使ったのですが、僅差の4着まで。
上々のレース内容だったので、いずれは1000万下でも勝ち負けできるでしょう。


アルゼンチン共和国杯のスワーヴリチャードは56kgのハンデを見事に克服してみせました。
順調ならジャパンカップを使う事になると思うので、
レイデオロとの再戦でどんな走りを見せてくれるのか、というところがとても楽しみになりましたし、
次走の鞍上も気になります。

京王杯2歳Sのタワーオブロンドンはさすがの脚でしたね。
1400mがベストの馬なので、
朝日杯FSに使うのなら、外回り1600mへの対応がカギになります。

みやこSはテイエムジンソクが快勝!
こちらも強い競馬だったように思います。
でも、次走予定のチャンピオンズカップは相手が一気に強化されますから、
G気任眤通用する馬なのかどうかをしっかり見極める必要がありそうですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイショウタチマチの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

メイショウタチマチの写真

投稿写真はありません。

メイショウタチマチの厩舎情報 VIP

2017年11月19日3歳以上500万下13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイショウタチマチの取材メモ VIP

2017年11月5日 3歳以上500万下 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。