ロードアルペジオ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2013年2月6日生
調教師笹田和秀(栗東)
馬主株式会社 ロードホースクラブ
生産者ケイアイファーム
生産地新ひだか町
戦績10戦[1-2-3-4]
総賞金2,429万円
収得賞金610万円
英字表記Lord Arpeggio
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
レディピアレス
血統 ][ 産駒 ]
Point Given
オウリエット
兄弟 シナーラシャンパンビーチ
前走 2018/01/14 4歳以上1000万下
次走予定

ロードアルペジオの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/14 京都 8 4歳以上1000万下 ダ1800 10331.712** 牡5 57.0 C.ルメー笹田和秀508(+2)1.53.6 0.136.2⑤④④④ミキノトランペット
17/12/16 阪神 10 赤穂特別 1000万下 ダ1800 156112.912** 牡4 57.0 C.ルメー笹田和秀506(+2)1.52.9 0.036.6⑪⑪⑫⑪キーグラウンド
17/11/19 京都 8 3歳以上1000万下 ダ1800 16364.414** 牡4 57.0 C.ルメー笹田和秀504(+2)1.51.6 0.236.6⑨⑨⑨⑧シロニイ
17/10/21 京都 12 3歳以上1000万下 ダ1800 1571211.968** 牡4 57.0 川須栄彦笹田和秀502(0)1.51.6 0.737.5⑫⑫⑪⑨テルペリオン
17/06/17 阪神 7 3歳以上500万下 ダ1800 16488.351** 牡4 57.0 小牧太笹田和秀502(-2)1.52.7 -0.236.9⑨⑧⑩⑪デスティネイション
17/05/28 京都 6 4歳以上500万下 ダ1800 16478.743** 牡4 57.0 小牧太笹田和秀504(-2)1.53.4 0.237.2⑫⑫⑮⑯テイエムジョウネツ
17/05/14 新潟 9 4歳以上500万下 ダ1800 15477.343** 牡4 56☆ 加藤祥太笹田和秀506(+25)1.54.5 1.339.8⑦⑧⑥⑥カブキモノ
16/09/24 阪神 4 3歳未勝利 ダ1800 16486.533** 牡3 53▲ 坂井瑠星笹田和秀490(+2)1.53.7 0.036.3⑭⑭⑨⑦サトノアルカディア
16/08/13 小倉 7 3歳未勝利 芝2000 182416.267** 牡3 56.0 松若風馬笹田和秀488(0)2.02.3 1.136.6⑭⑬⑮⑪エアフォルク
16/07/23 中京 7 3歳未勝利 芝2000 165947.477** 牡3 56.0 松若風馬笹田和秀488(--)2.02.7 1.036.1⑬⑬⑬⑬ルックトゥワイス

ロードアルペジオの関連ニュース

 悲願のGI獲りへ態勢は整った。エアスピネルが坂路4ハロン51秒3−12秒3の文句なしの時計でロードアルペジオ(1000万下)に1馬身先着。富士S快勝時と同様か、それ以上のムードだ。

 笹田調教師は「動きは良かったですし、いいフットワークでした。前回から、もうひとつかふたつ、アップしていると思う」と状態のよさに胸を張る。京都マイルでは重賞2勝(デイリー杯2歳S、京都金杯)。「自信を持って臨めます。マイル戦が一番競馬がしやすい」と指揮官は力強く結んだ。



マイルCSの特別登録馬はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

【マイルCS】悲願GI制覇へ“反動”なし!スピネル12秒3 2017年11月15日(水) 10:35

 富士Sを快勝したエアスピネルが新しい鞍上にムーア騎手を迎え、悲願のGI制覇に挑む。

 栗東坂路でロードアルペジオを追いかけた。前半から歯切れのいい脚さばきを見せ、13秒8−12秒8−12秒4とペースアップ。ラスト1Fも目一杯に追われたわけではないが、伸びのあるストライドで12秒3のフィニッシュ。アルペジオを楽に2馬身突き放した。



 「動きはいいね。前走が道悪の競馬で、その疲れを心配したが、反動も見られない。その前走は馬場も味方したが、あれくらいのパフォーマンスはもともとできる。3歳春あたりに比べて気性面は成長しているし、レースで集中できるようになった」と笹田調教師。

 これまでGIでは(2)(4)(4)(3)(5)着と悔しさばかりが残ったが、「1週前の時点でもう1段階上積みがあればと思っていたが、(そのとおりに)これでいい状態でレースへ臨めると思う」。悔いの残らない決戦となりそうだ。(夕刊フジ)



マイルCSの特別登録馬はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

[もっと見る]

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等(6月17日)2017年6月17日() 17:55

<今日の出来事>

■第3回東京第5日(6月17日(土曜))

●競走除外
5R15番 パーラミター号(江田 照男騎手)
再三枠入れを試みましたが、発馬機内に入らないため
10R6番 ビヨンジオール号(横山 典弘騎手)
馬場入場後に右後肢跛行を発症したため

●林 満明騎手 JRA障害通算最多騎乗数を更新!
4Rで、4番ヨカグラ号に騎乗した林 満明騎手(栗東:フリー)は、JRA障害通算騎乗数を1,959回とし、嘉堂 信雄元騎手を抜きJRA通算最多騎乗数記録を10年ぶりに更新しました。

コメント
 偉大な嘉堂さんの記録を抜くことができ、とても感激しています。兄弟子である中竹調教師の管理馬でしたので、頑張りたいと思っていました。それぞれのレースに思い出があり、落馬の思い出もあります。自分で馬を仕上げて、最後まで乗り続けられるのが障害競走の魅力です。次は2,000回騎乗を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

●上原 博之調教師 JRA通算400勝達成!
10Rで、1番ショウナンライズ号(田辺 裕信騎手)が第1着となり、上原 博之調教師(美浦)は現役46人目のJRA通算400勝を達成しました。

コメント
 馬主の方やスタッフのおかげで400勝を達成することができました。大変感謝しております。馬も力を発揮して頑張ってくれました。1枠1番1着と、400勝というきりの良いところで気持ち良く勝つことができました。この結果を良いステップにして今後も頑張りたいです。

■第3回東京第6日(6月18日(日曜))

●出走取消
7R2番 ペルルクロシュ号(石川 裕紀人騎手)
感冒のため


<今日の出来事>

■第3回阪神第5日(6月17日(土曜))

●競走除外
2R14番 クインズミリセント号(幸 英明騎手)
装鞍所で前肢跛行を発症したため
6R17番 ジュンハーツ号(四位 洋文騎手)
馬場入場後に左前肢跛行を発症したため

●競走中疾病
7R1番 イイデファイナル号(秋山 真一郎騎手)
競走中に心房細動を発症

●7Rにおける制裁
8番ロードアルペジオ号(小牧 太騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行したため、16番ライトブリンガー号(☆岩崎 翼騎手)、12番エクロジオン号(幸 英明騎手)および6番サーサルヴァトーレ号(△荻野 極騎手)の進路が狭くなりました。
これにより、小牧 太騎手は、6月24日(土曜)から7月2日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。


<明日の取消・変更等>

■第3回阪神第6日(6月18日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>

■第1回函館第1日(6月17日(土曜))

●競走除外
3R1番 リワードミニヨン号(武 豊騎手)
馬場入場後に右前肢跛行を発症したため
9R9番 ステイリッチ号(菱田 裕二騎手)
装鞍所で右前肢挫創を発症したため

●競走中止
12R10番 エクストラファイン号(丸山 元気騎手)
発走直後、他の馬に関係なくつまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

●競走中疾病
8R16番 ケンシン号(蛯名 正義騎手)
競走中に右手根骨複骨折を発症 ※予後不良


<明日の取消・変更等>

■第1回函館第2日(6月18日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)

[もっと見る]

【神戸新聞杯】エルディスト、しまい重点12秒42016年9月22日(木) 05:04

 菊花賞トライアル神戸新聞杯の追い切りが21日、東西トレセンで行われた。日本ダービー9着以来となるレッドエルディストは、坂路で併せ馬。ロードアルペジオ(3歳未勝利)を2馬身追走し、1ハロンごとに時計が速くなるしまい重点のラップで4ハロン53秒8−12秒4をマークして、1/2馬身先着した。余力を残しながらも力強い動き。笹田調教師は「この馬なりに動いている。背腰の緩さは期待しているほど成長していないが、平坦だと(エアスピネルに先着した)先週のように走れるようになっている。同世代なら十分に太刀打ちできる」と言葉に力を込めた。

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】レッドエルディスト気合の先着2016年9月21日(水) 11:23

 青葉賞2着からダービー9着のレッドエルディストは、栗東坂路でロードアルペジオと併せた。前半は相手に歩調を合わせて進み、ラスト1Fで気合をつけられると半馬身先着した。

 「背腰に緩い面があるので平坦なCWコースのほうがいい走りをするけど、けさの坂路もこの馬なりには動いている。背腰が締まればもう少し瞬発力を発揮できると思うが、夏に少し締まってきたかなという感じだ。ただ、同世代となら十分好勝負できる」と笹田調教師。スピネルとともに出走権をつかみたい。(夕刊フジ)

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

ロードアルペジオの関連コラム

関連コラムはありません。

ロードアルペジオの口コミ


口コミ一覧

超SS

 Mr.A− 2018年1月14日() 09:18

閲覧 15ビュー コメント 0 ナイス 0

【2】超SS☆1頭絞り(SSなだけに当てに行きます)
中京 2R ◎ ◎ ◎ ◎ 6 アシャカデッシュ
京都 4R ◎ ◎ ◎ ◎ 12 ハーベストムーン
京都 8R ◎ ◎ ◎ ◎ 3 ロードアルペジオ
中山 8R ◎ ◎ ◎ ◎ 10 ソレイユドパリ
京都 10R ◎ ◎ ◎ ◎ 1 シグナライズ
京都 12R ◎ ◎ ◎ ◎ 10 ブラックプラチナム

 馬券王くるわ 2018年1月13日() 22:34
馬券王新聞 18.1.14号 
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 9

======土曜日の結果======

土曜日は大惨敗。。。
 
京都5R 単勝  460円的中 
 複勝  160円的中
 
 
創刊週の先週がまずまず好調だった
ので、調子に乗った訳ではありませんが
土曜日はまさかの・・・大惨敗。
選択したレースが尽く予想とは逆の
展開になった事が大きな要因だと
思います。
日曜日はしっかりと手堅く的中を
出していきたいと思います。
 
 
1.♪=♪絶好調 3,000円の夢馬券♪=♪
 
 
◎中山 7R 4歳上500万以下
  
今の中山ダートは後ろからズバッと
差し切り勝ちのイメージが沸かない。
2400ならばなおさらのこと。
ここは先行力ある馬から
7 サイドチェンジが単騎先頭可能で
前走2着から展開利で更に前進。
 
 
馬連
7−10 400円
7− 4 200円
7− 6 200円
7− 3 200円
 
 
◎京都 8R 4歳上1000万以下
  
当初は4ミキノ軸で考えていましたが
土曜日の中京の騎乗を見て、休養明けの
同馬をゴール前持たすにはいささか
不安になり、凄くベタですが、
3 ロードアルペジオから。
上位4頭と他馬の力が違いすぎるので
ここは3点に絞って。
 
 
馬連
3− 4 400円
3− 9 400円
3− 5 200円
 
 
◎中京 9R 4歳上500万以下
 
ここ2走が同条件で連続4着と
まずまずの成績を残す
9 ローデルバールから。
位置取りさえ後過ぎずならば
連対可能と見る。
 
 
馬連
9− 2 300円
9−16 300円
9−11 200円
9−14 200円
 
 
(ブログ「幸運は駿馬のたてがみ」より一部転載)

[もっと見る]

 マリオおっさん 2017年12月18日(月) 08:00
独断レース回顧(12/16版)
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 0

阪神
1R→この距離らしいペース。結果は行った行った決着になった。最後に迫ってきた3・4着馬は上位2頭と同じぐらいの評価はできそう。その下は少し力差がありそう。
2R→遅めのペース。早めに動いたゴッドスパロウが少し力の違う走りだった。2着のニホンピロレスターは仕掛けを遅らせたのが好走の要因か。3着以下は少しレベルが下がるか。
3R→ここも遅めのペース。逃げたフリーダムソートはよく粘ってはいたが、切れ者2頭と好位の馬に差された。内容的にも上位2頭が上手だったか。ネプチュナイトも最後は脚を使っており、展開次第で浮上。
4R→2・3レースに続いて遅めのペース。着差通り3着までが抜けていたが、この3頭は位置取りの差が大きく、ほとんど差はないか。
5R→新馬戦らしいスローペース。人気のプレヒストリーも悪くない脚で追い上げていたが、勝ったダイアトニックが強かった。4着までは次も十分勝ち負けか。
6R→スタートがバラバラ。(1・2・6・14番あたりが出負け)そしてペースはそこそこ早め。勝ったクリノイダテンは好位から抜け出す競馬。展開的には5着のアメリカズハートとともに悪くはないか。ただ、メンバーレベルが高いとは言えないか。
7R→ハイペース。早めに抜け出したラインフォールは展開的に苦しかったか。勝ち馬は昇級してもそこそこは通用するか。ジオラマは鞍上が強化されてから好走しているが、馬自体が強いかは別。
8R→ミドルペースか。ゲートで落馬したコウザンアプローチが直線でふらふらして1枠2頭は少し影響を受けた。(ちなみにカラ馬は2着でゴール)ネクストムーブ以外の上位はカラ馬がいなければ順番が変わっていたかも。
9R→この距離としてはそこまで早くないペース。ゴールは大混戦になったが、アンフィトリテが着差以上に強かった。ただ、メンバーレベルがそこまでない感があるだけに上のクラスではさらなるパフォーマンスアップが必要か。
10R→ミドルからやや遅めのペース。負けはしたが、ロードアルペジオが一番強い競馬。ただ、レースレベルはどうなのか。
11R→前半のほうが遅いオープンとしてはスローペース。ペース通りほぼ前残りだった。アットザシーサイドは1200のオープンで通用しそうな内容だったが、レースレベルがやや疑問。
12R→やや遅めのペース。この展開で差し切ったトレクァルティスタは好内容。ただ、メンバー的にはレベルが低そう。
中山
11R→ターコイズS。遅めのペース。ゴール前はハンデ戦らしく横一線になった。次走の取捨はハンデと位置取りを見て。(重賞にしてはそこまでなメンバー)
まとめ:レベルに疑問符が付くレースが多かった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロードアルペジオの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ロードアルペジオの写真

投稿写真はありません。

ロードアルペジオの厩舎情報 VIP

2018年1月14日4歳以上1000万下2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ロードアルペジオの取材メモ VIP

2018年1月14日 4歳以上1000万下 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。