注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

タイセイブラスト(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年4月21日生
調教師菊川正達(美浦)
馬主田中 成奉
生産者日西牧場
生産地日高町
戦績13戦[1-0-1-11]
総賞金755万円
収得賞金400万円
英字表記Taisei Blast
血統 ファスリエフ
血統 ][ 産駒 ]
Nureyev
Mr. P's Princess
キシュウウインド
血統 ][ 産駒 ]
フォーティナイナー
ランドローリエ
兄弟 カシノランドランドオウジ
前走 2016/09/10 3歳以上500万下
次走予定

タイセイブラストの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/09/10 中山 7 3歳以上500万下 ダ1800 164844.71315** 牡3 52△ 木幡初也菊川正達496(-4)1.57.5 4.141.7ヤギリジャスパー
16/08/27 新潟 7 3歳以上500万下 ダ1800 156118.2512** 牡3 51▲ 木幡巧也菊川正達500(-10)1.55.8 2.839.8⑦⑧⑩⑩スケロク
16/07/09 福島 12 3歳以上500万下 ダ1700 152320.07** 牡3 51▲ 木幡巧也菊川正達510(+10)-- ----④④パイロキシン
16/05/07 新潟 2 3歳未勝利 ダ1800 155915.461** 牡3 53▲ 木幡巧也菊川正達500(+2)1.54.8 -0.738.8メイショウミツタダ
16/04/10 中山 3 3歳未勝利 ダ1800 1651016.958** 牡3 55☆ 石川裕紀菊川正達498(+4)1.57.9 2.942.3ナンヨーアーミー
16/03/12 中京 3 3歳未勝利 ダ1400 162429.6810** 牡3 56.0 川田将雅菊川正達494(+4)1.28.2 2.540.9ヤギリジャスパー
16/02/13 東京 3 3歳未勝利 ダ1600 165913.975** 牡3 56.0 内田博幸菊川正達490(+2)1.40.5 1.238.9エリモグレイス
16/01/16 中京 1 3歳未勝利 ダ1800 1661112.454** 牡3 56.0 勝浦正樹菊川正達488(-18)1.57.8 1.038.6プライズコレクター
15/12/19 中山 3 2歳未勝利 ダ1800 162415.777** 牡2 55.0 柴山雄一菊川正達506(+10)1.58.5 2.242.4④④アオイプリンス
15/12/05 中山 4 2歳未勝利 ダ1800 1671420.873** 牡2 55.0 T.ベリー菊川正達496(+2)1.57.4 0.240.0マイネルビクトリー
15/09/19 中山 2 2歳未勝利 ダ1800 14466.449** 牡2 54.0 内田博幸菊川正達494(-4)1.56.9 2.242.0④④ミッテルレギ
15/08/16 新潟 1 2歳未勝利 ダ1200 15343.716** 牡2 54.0 内田博幸菊川正達498(-2)1.15.1 0.839.2⑧⑧グレートヒット
15/07/18 福島 6 2歳新馬 ダ1150 14693.719** 牡2 54.0 江田照男菊川正達500(--)1.12.1 1.038.2⑨⑧リネンソング

タイセイブラストの関連ニュース

【京成杯】東西調教ウオッチャー

2017年01月13日(金) 05:08

 今週の東西調教ウオッチャーは、京成杯日経新春杯が対象レース。美浦トレセンからは東京サンスポの片岡記者、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木、山口記者が参戦し、好調教馬をピックアップした。

 片岡 京成杯組は任せてや。イブキはWコースでシルクブルックリン(1000万下)と併せて鋭く伸びて先着。コマノインパルスも同じコースの併せ馬でタイセイブラスト(500万下)をパワフルに4馬身突き放した。ともに申し分ない動きやった。

 山口 穴っぽいところでは?

 片岡 アサギリジョーやな。今回は併せ馬から単走に切り替えて、馬なりでも雰囲気は上々。出遅れの不安はあるが、発馬五分なら人気馬とも差はないよ。

 正木 こちらは週末の雪が心配やけど、日経新春杯は昔から雪がよく降るからな。今、売り出し中の山口のおすすめは?

 山口 カフジプリンスに魅力を感じます。坂路でオールドクラシック(500万下)を追走し、ラストは真一文字の伸びで、突き放す一方の5馬身先着。4ハロン51秒0−12秒6のタイムも自己最速。上積みは大です。

 正木 穴ならヤマカツライデンやな。昨年12月の半ばから丹念かつハードな乗り込み。CWで先週は6ハロン77秒9−11秒8、今週は同81秒0−12秒2と攻めの質、量とも文句なし。「重賞で善戦するにはこれぐらいやらんと」という陣営の意気込みを感じる。

 山口 人気どころでは推進力十分のシャケトラ、ハミを替えて素軽さが増したミッキーロケットが良さそうです。

京成杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【京成杯】田辺騎手を直撃 インパルスに手応え十分 2017年01月12日(木) 11:54

 美浦の田辺裕信騎手(32)が5、7、8日の中山開幕3日間で【4・4・0・15】と全国3位の好スタートを決めた。中山金杯で6番人気のクラリティスカイで2着に食い込むなど、重賞でもさっそくその存在をアピールしたイケイケ男が、15日の京成杯ではコマノインパルスに騎乗。’17G初制覇へ手応え十分だ。

 −−コマノインパルスはデビュー2戦とも跨って(1)(2)着

 田辺裕信騎手「いい馬ですよ。新馬戦は前のほうで競馬をしたんですけど、うまく馬群もさばくことができました」

 −−前走の葉牡丹賞は続くホープフルSも勝ったレイデオロに0秒2差だった

 「2戦目は逆に、ペースがいい感じで流れていたんで後ろからいきましたけど、ちゃんと対応できてました」

 −−そのあとはここ目標に調整

 「先週(4日)の追い切りに乗せてもらったんですけど、正直ここ2戦のけいこと比べてモタモタして、反応が今ひとつでね。それで11日も乗せてもらったんです」

 −−その11日はWコース5F69秒0でタイセイブラストに3馬身先着

 「先週に比べて良かった。気持ちが入ってきたのか、前の馬に早めに取りつくこともできたし。そのあたりは良かったけど、中間に続けて強めに追ってきた分、少しイライラしているかな。今までそんなこと、全然なかったんですけどね」

 −−気持ちの面がカギ

 「ですね。これまでどおりの感じで出てきてくれれば、いいと思います」

 −−昨年はJRA86勝で全国7位。何よりすごいのが単勝回収率の高さで、119%は上位騎手のなかで突出して高い

 「そうですか。まぁ、それだけ人気がないとも言えるんでね(笑)。今年も頑張ります」(夕刊フジ)

京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】インパルス、年長馬をぶっちぎり4馬身! 2017年01月12日(木) 05:06

 京成杯の追い切りが11日、東西のトレセンで行われた。美浦では葉牡丹賞2着のコマノインパルスが年長馬を相手に豪快に先着。体調の良さをアピールした。栗東ではアダムバローズが坂路で鋭いフィニッシュ。京都2歳S10着からの巻き返しを図る。

 デビュー3戦目で、重賞を制してクラシック戦線に名乗りを上げる。コマノインパルスが年長馬相手に4馬身の先着。力強い動きで好調をアピールした。

 田辺騎手を背にWコースに登場。道中はタイセイブラスト(500万下)を1馬身前に置いて折り合いに専念する。徐々にスピードを上げ、4コーナーで進路を内に取る。一完歩ごとに差を縮め、最後まで集中した走りで4馬身先着。6ハロン84秒3、3ハロン39秒9−12秒7をマークした。追い切り後は、ゲート練習をするほどの念の入れようだ。

 「先週乗ったときは少しもたもたする面があって、反応がもうひとつだった。きょうは気持ちが入っていて、(先行馬に)早めに取りつき、抜け出してからもしっかりと走れていた。あとは平常心で挑めれば…」と田辺騎手は好勝負を期待する。

 前走の葉牡丹賞は、早めに仕掛けて直線で先頭に立つシーンもあったが2着。大外枠で終始、外を回る展開で、3着には3馬身半差をつけたことからも内容は高く評価できる。しかも、勝ったレイデオロがその後、ホープフルSを完勝したことからも、重賞で好勝負できる力はあるはずだ。今回は抜けた存在がいない混戦だけに、チャンスは十分ある。

 「前走は相手が悪かったが、この馬は競馬が上手。以前は線が細かったが、カイバをしっかり食べ、実になって幅も出てきた。前回の10キロ増は成長分だし、けいこをやりながら増えているのはいい傾向。調子も上がっている」と菊川調教師は2015年の福島牝馬Sスイートサルサ)以来の重賞制覇に力を込める。

 デビューからクラシックを意識して2000メートルを使ってきた。こだわった距離の重賞を制して春の大舞台へ駒を進める。 (片岡良典)

京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】コマノインパルス楽に3馬身先着2017年01月11日(水) 13:42

 コマノインパルスは田辺騎手を背に美浦Wコースでタイセイブラストを2馬身追走。楽な手応えでかわして3馬身突き放した。葉牡丹賞(2着)では3着アサギリジョーに0秒6差と決定的な差をつけている。

 ●菊川調教師「カイ食いが良くなり、けいこを積みながら馬体が増えている。状態は上向き」(夕刊フジ)

京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等2016年07月09日() 18:00

<今日の出来事>

■第2回福島第3日(7月9日(土))

●競走中止
3R2番ベストサポーター号(△伴 啓太騎手) 4コーナー手前で3番トキノアイチャン号(津村 明秀騎手)が外側に斜行したため5番ウラワザ号(嘉藤 貴行騎手)に接触し、その影響で転倒したため競走を中止
馬 : 異状なし
騎手 : 異状なし
4R4番キープトライン号(江田 勇亮騎手) 4号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬 : 異状なし
騎手 : 上下肢打撲、体幹打撲、頭部打撲
  3番ハヤブサフィーバー号(草野 太郎騎手) 7号障害手前で、疾病を発症したため競走を中止
馬 : 右肩跛行
騎手 : 異状なし
12R3番タイセイブラスト号(▲木幡 巧也騎手) 3コーナーで前の馬に触れてつまずき騎手が落馬したため競走を中止
馬 : 異状なし
騎手 : 異状なし

●騎手変更
2R5番アルコバッサ号 ▲野中 悠太郎騎手(51.0kg)⇒▲木幡 初也騎手(51.0kg)
3R2番ベストサポーター号 ▲野中 悠太郎騎手(53.0kg)⇒△伴 啓太騎手(54.0kg)
5R6番クリノカグヤヒメ号 ▲野中 悠太郎騎手(51.0kg)⇒☆石川 裕紀人騎手(53.0kg)
7R6番レーヌユニヴェール号 ▲野中 悠太郎騎手(51.0kg)⇒田辺 裕信騎手(54.0kg)
8R15番ラッキーポイント号 ▲野中 悠太郎騎手(51.0kg)⇒▲藤田 菜七子騎手(51.0kg)
12R4番ダイチヴュルデ号 ▲野中 悠太郎騎手(54.0kg)⇒☆石川 裕紀人騎手(56.0kg)
負傷のため

●戸崎 圭太騎手 JRA年間100勝達成!
3Rで、12番サングラスポテト号に騎乗し第1着となった戸崎 圭太騎手(美浦:田島 俊明厩舎所属)は、4年連続4回目のJRA年間100勝を達成しました。
なお、7月9日でのJRA年間100勝達成は史上5番目の早さでの達成となりました。
コメント : 一番乗りで達成出来て嬉しいです。馬主さん、関係者の皆さんに感謝してい ます。今年は最初から外国人の2人がいることで厳しい戦いになると思っていたので、例年より意識を高めて騎乗しています。今年はいいペースで100勝も達成出来ましたし、12月までいいリズムで、一つ一つ丁寧に騎乗していきたいと思いますので応援よろしくお願いします。


<明日の取消・変更等>

■第2回福島第4日(7月10日(日))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>

■第3回中京第3日(7月9日(土))

●幸 英明騎手 史上最速でJRA通算17,000回騎乗達成!
9Rで、1番エーティーサンダー号に騎乗した幸 英明騎手(栗東:フリー)は、史上8人目・現役6人目のJRA通算17,000回騎乗を達成しました。
デビューから22年4ヵ月5日、40歳5ヵ月28日での17,000回騎乗達成は、これまでの武 豊騎手の記録を超えるJRA史上最速・最年少記録です。
コメント : 17,000回という多くの数を、しかもJRA史上最速ペースでこれまで乗せていただいたということで、支えてくださった関係者の皆様、ファンの皆様には感謝の気持ちで一杯です。今後は18,000回目の騎乗を目指しつつも、勝ちにもしっかりこだわりながら、また1レース、1レースを大切に乗っていきたいです。



<明日の取消・変更等>

■第3回中京第4日(7月10日(日))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>

■第2回函館第1日(7月9日(土))

●競走中止
8R15番ワイレアワヒネ号(四位 洋文騎手) 疾病を発症したため最後の直線コースで競走を中止
馬 : 鼻出血
騎手 : 異状なし

●競走中疾病
3R6番リンガスウラン号(勝浦 正樹騎手) 競走中に鼻出血を発症

キングカメハメハ産駒通算勝利数 JRA史上単独第5位!
9Rで、2番カラクプア号(三浦 皇成騎手)が1着となり、キングカメハメハ産駒のJRA通算勝利数が1,410勝となりました。
これは、サクラバクシンオー号の持つJRA通算1,409勝の記録を抜き、種牡馬の産駒のJRA通算勝利数で単独第5位となる記録です。


<明日の取消・変更等>

■第2回函館第2日(7月10日(日))

取消・変更等はございません(17時30分現在)

[もっと見る]

【2歳新馬】伏兵リネンソングが逃げ切り勝ち 2015年07月18日() 13:14

 18日の福島6R2歳新馬(ダート1150メートル)は、津村明秀騎手騎乗の5番人気リネンソング(牡、美浦・和田雄二厩舎)が逃げ切って波乱を演出した。タイムは1分11秒1(稍重)。

 4頭横並びの先行争いとなったが、内のリネンソングがハナを取り切る。ペンドラゴンプレミアムデスラブユーモアがその外に続き、スタートで出遅れた1番人気タイセイブラストは後方からのレースを余儀なくされた。リネンソングは直線に向いても手応え十分。ゴール前は後方待機組が一気に伸びてきて詰め寄られる形になったが、この追撃を退けて逃げ切り勝ちを決めた。2馬身差の2着は8番人気のレアドロップ。さらにクビ差の3着には13番人気タイセイラルーナが入り、3連単の払い戻しは66万円を超える波乱の決着となった。

 リネンソングは、父ソングオブウインド、母リネンエンプティ、母の父Native Prospectorという血統。

★18日福島6R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

タイセイブラストの関連コラム

関連コラムはありません。

タイセイブラストの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

タイセイブラストの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

タイセイブラストの写真

投稿写真はありません。

タイセイブラストの厩舎情報 VIP

2016年9月10日3歳以上500万下15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タイセイブラストの取材メモ VIP

2016年5月7日 3歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。