注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ブレイブスマッシュ(競走馬)

注目ホース
ブレイブスマッシュ
ブレイブスマッシュ
写真一覧
抹消  鹿毛 2013年3月22日生
調教師小笠倫弘(美浦)
馬主島川 隆哉
生産者有限会社 エスティファーム
生産地日高町
戦績13戦[2-4-1-6]
総賞金7,496万円
収得賞金1,375万円
英字表記Brave Smash
血統 トーセンファントム
血統 ][ 産駒 ]
ネオユニヴァース
バースデイローズ
トーセンスマッシュ
血統 ][ 産駒 ]
トウカイテイオー
アナスミラビリス
兄弟 トーセンギガメモリーリング
前走 2017/03/04 夕刊フジオーシャンS G3
次走予定

ブレイブスマッシュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/04 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 16235.624** 牡4 56.0 横山典弘小笠倫弘498(0)1.08.4 0.134.5④④メラグラーナ
17/01/15 中山 10 ニューイヤー OP 芝1600 167137.834** 牡4 55.0 横山典弘小笠倫弘498(+6)1.33.9 0.434.9⑦⑥⑥マイネルアウラート
16/11/26 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 1561124.583** 牡3 55.0 横山典弘小笠倫弘492(+16)1.34.0 0.534.9⑨⑧ブラックムーン
16/05/29 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18816350.61718** 牡3 57.0 横山典弘小笠倫弘476(-2)2.35.1 11.142.1⑱⑱⑱⑱マカヒキ
16/05/08 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 1871429.698** 牡3 57.0 横山典弘小笠倫弘478(+2)1.33.1 0.334.3⑬⑬メジャーエンブレム
16/03/19 中京 11 ファルコンS G3 芝1400 1871512.532** 牡3 57.0 横山典弘小笠倫弘476(-2)1.25.3 0.338.5⑮⑬トウショウドラフタ
16/01/17 中山 11 京成杯 G3 芝2000 1581421.8912** 牡3 57.0 横山典弘小笠倫弘478(0)2.02.7 1.335.5⑦⑦⑧⑦プロフェット
15/12/27 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 1371129.777** 牡2 55.0 横山典弘小笠倫弘478(+4)2.02.7 0.935.0⑩⑩⑩⑪ハートレー
15/10/10 東京 11 サウジRC G 芝1600 12568.141** 牡2 55.0 横山典弘小笠倫弘474(0)1.34.2 -0.033.4⑥⑥イモータル
15/09/06 札幌 1 2歳未勝利 芝1500 13561.511** 牡2 54.0 横山典弘小笠倫弘474(-2)1.30.3 -0.835.7④⑥メイショウアンカー
15/08/02 新潟 1 2歳未勝利 芝1600 158142.622** 牡2 54.0 M.デムー小笠倫弘476(-4)1.35.5 0.733.3⑧⑧アストラエンブレム
15/07/12 中京 1 2歳未勝利 芝1600 15344.022** 牡2 54.0 菅原隆一小笠倫弘480(-4)1.37.6 0.135.4④⑤⑤デアリングエッジ
15/06/07 東京 5 2歳新馬 芝1600 145716.752** 牡2 54.0 菅原隆一小笠倫弘484(--)1.36.0 0.333.9④④ロードクエスト

ブレイブスマッシュの関連ニュース

ブレイブスマッシュが豪州へ移籍

2017年03月22日(水) 05:00

 一昨年のサウジアラビアロイヤルCを制したブレイブスマッシュ(美・小笠、牡4、父トーセンファントム)が、豪州へ移籍することが21日、わかった。同国のオーストラリアンブラッドストック社が「日本の有望な牡馬2頭が来週到着する」と発表。同じ島川隆哉オーナーが所有するハレルヤボーイ(美・田村、牡4、同)も購入したことを明らかにした。4月中の出走を目標に調整される。

 同社は、昨春にもトーセンスターダム(牡6)を購入した経緯がある。国際的に評価が高い日本馬は、今後も世界の市場で注目されそうだ。

ブレイブスマッシュの競走成績はこちら

【オーシャンS】レースを終えて…関係者談話2017年03月05日() 05:03

 ◆石川騎手(ナックビーナス2着) 「中1週と間隔は詰まっていたが、1200メートルの方が競馬しやすく、うまく折り合えた。内枠もよく、うまくいったと思ったのですが…」

 ◆勝浦騎手(クリスマス3着) 「馬場のいいところを通れ、うまくいったと思った。あの感じなら2着は欲しかった」

 ◆小笠師(ブレイブスマッシュ4着) 「初めての1200メートルにもうまく対応できていた。まだ成長の余地がある」

 ◆北村宏騎手(ブラヴィッシモ5着) 「連闘だったが、雰囲気はいいように感じた。置かれ気味になったが、最後はよく詰めてきた」

 ◆シュタルケ騎手(バクシンテイオー6着) 「8歳馬だが、最後までしっかりと走れている」

 ◆松岡騎手(コスモドーム7着) 「勝ち馬の後ろでうまく流れに乗れた。力をつけている」

 ◆大野騎手(スノードラゴン8着) 「ここ2戦が案外でしたが、きょうは最後まで気持ちが途切れなかったです。その点は収穫でした。千二が合っています」

★4日中山11R「夕刊フジ賞オーシャンステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【オーシャンS】メラグラーナが重賞初VでGI切符を獲得 2017年03月04日() 15:52

 3月4日の中山11Rで行われた第12回夕刊フジ賞オーシャンステークス(4歳以上オープン、GIII、芝・外1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗のメラグラーナ(牝5歳、栗東・池添学厩舎)が1番人気に応えて快勝。重賞初制覇を果たすとともに、高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分8秒3(良)。1/2馬身差の2着はナックビーナス(3番人気)で、さらにアタマ差の3着にクリスマス(4番人気)が入った。

 各馬そろったスタートから、ハナを奪ったのはウインムートで、トウショウピストレッドアリオンが続く展開。中団の外を進んでいたメラグラーナは、直線に向いて満を持して追い出されるとグングンと脚を伸ばし、激しい2着争いを尻目にトップでゴールを駆け抜けた。前走のラピスラズリSに続く連勝。4番手から最内を突いたナックビーナス、中団から伸びたクリスマスがそれぞれ2、3着に入り、さらにハナ差でブレイブスマッシュ(2番人気)が続いた。

 メラグラーナは、父ファストネットロック、母ガリア、母の父シークレットセイヴィングスという血統。豪州産で、馬主は吉田和美氏。通算成績は15戦7勝。オーシャンSは、池添学調教師は初勝利。戸崎圭太騎手は2015年サクラゴスペルに次いで2勝目。

 ◆戸崎圭太騎手「前走が強い勝ち方でしたし、自信を持って臨みました。(2カ月半ぶりの騎乗で)成長を感じましたね。賢い馬でどんな競馬でもできるし、能力もある。1200メートルで強いし、(高松宮記念が)楽しみです」

★4日中山11R「夕刊フジ賞オーシャンステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【オーシャンS】ブレイブスマッシュ、馬なり12秒42017年03月02日(木) 05:07

 初の1200メートル戦になるブレイブスマッシュ(美・小笠、牡4)はWコースで横山典騎手を背に6ハロン81秒0、3ハロン38秒4−12秒4。ラストの反応は際立っていた。小笠調教師は「伸びはよかったし、ジョッキーの感触もよかったみたい。気持ちも馬体も短いところよりになってきたかな」と、距離短縮で変わり身を願っていた。

★夕刊フジ賞オーシャンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【BLOOD】ダイワキャグニー中山と好相性 2017年03月01日(水) 14:35

★弥生賞

 弥生賞と聞くと、もう春だなあと思うのは競馬好きの性。最近は共同通信杯の勝ち馬がクラシックに直結することが多いが、正式なTRとしての威厳を保つような馬が今年は出てくるか、注目したい。

 本命はダイワキャグニー。東京で2連勝したが、キングカメハメハ産駒は年によってばらつきがあるとはいえ、中央4場(東京、中山、京都、阪神)では中山が最も成績がいい。

 今年はやたらと東京で走っているが、まだ始まったばかり。全体的に産駒の調子がいいと考えれば、中山でさらなる快走も期待できよう。

 対抗は同舞台の京成杯を勝ったコマノインパルス。バゴの産駒は時計がかかる馬場のほうが得意な気がするだけに、先週、時計が速かった今の中山が合うかという心配はあるものの、元をたどればブラッシンググルームからナスルーラにさかのぼる系統。極端なスピード馬場でなければ、対応は可能だろう。

 ▲はマイスタイル。前走で内回りの京都を勝ち切ったように、ハーツクライ産駒にしては器用に映るのは、小脚を使えるフォーティナイナー×ダンジグの母系が寄与しているのかもしれない。その母系から距離が微妙にも思えるが、父ハーツクライがどっしりしているので心配は無用とみる。

 ◇

 土曜の夕刊フジ賞オーシャンSブレイブスマッシュが本命。気性的なものもあろうが、スプリントに矛先を向けてきたのは好感。母父トウカイテイオーで、距離短縮はいいと思う。 (アサカ・リョウ)

(夕刊フジ)

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オーシャンS】レース展望 2017年02月27日(月) 18:25

 中山は土曜に夕刊フジ賞オーシャンS(3月4日、GIII、芝1200メートル)が組まれている。1着馬に高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)の優先出走権が与えられる重要な前哨戦だ。昨年の高松宮記念を制したビッグアーサー、さらにシルクロードSを連覇したダンスディレクターが故障で戦線を離脱。2月26日の阪急杯では断然の1番人気に支持されたシュウジが8着に敗れており、昨年のスプリンターズSの覇者レッドファルクス香港スプリント12着からぶっつけで本番に挑む予定。混迷極まるスプリント路線に、新星誕生なるか注目だ。

 メラグラーナ(栗東・池添学厩舎、牝5歳)に最大のチャンスが到来した。重賞初挑戦だった2走前の京阪杯は1番人気で14着と大敗したが、重馬場とデビュー以来最高の532キロの馬体重が響いたもの。続くオープン特別・ラピスラズリSでは、すぐに巻き返して快勝した。10キロ馬体が絞れて、本来の決め手を存分に発揮。芝1200メートルは【3・1・0・1】で、前記の京阪杯を除けば、“準パーフェクト”の戦歴を誇る。8月生まれの豪州産馬で、芝のスプリント戦に転じた昨夏以降の成長ぶりは目覚ましい。中山のこの舞台も2戦2勝と得意。急坂を苦にしないパワーを持っている。ここで優先出走権を獲得できなければ、本番への出走は微妙。必勝を期した一戦で重賞初Vを飾り、高松宮記念の主役に名乗りを上げる。

 ナックビーナス(美浦・杉浦宏昭厩舎、牝4歳)が逆転を狙う。ラピスラズリSでメラグラーナに差し切られて2着だったが、直後に同じ中山芝1200メートルのオープン特別・カーバンクルSを勝っている。前走は京都牝馬S7着で、関西遠征後の中1週となるが、全5勝中3勝をマークする芝1200メートル戦、かつ【1・1・1・0】の中山なら、巻き返しの可能性は十分ある。

 クリスマス(美浦・伊藤大士厩舎、牝6歳)は、2013年の函館2歳S以来となる3年8カ月ぶりの重賞Vがかかる。前走のカーバンクルSは、前半3ハロン33秒2のハイペースで逃げて4着だったが、勝ったナックビーナスから0秒2差に踏ん張って、持ち前の粘りを見せた。無理せず、好位につけられるスピードを生かしてV争いに加わる。

 バクシンテイオー(美浦・堀宣行厩舎、牡8歳)は、昨年の北九州記念で重賞初勝利を挙げた遅咲きのスプリンターだ。前走のカーバンクルSは6着だったが、58キロを背負って0秒2差。3カ月の休み明けだったことを考えれば、上々の内容だ。叩き2戦目、斤量56キロで、前進は間違いない。堀厩舎は弥生賞の出走馬とともに、京都記念サトノクラウン)、ダイヤモンドSアルバート)、中山記念ネオリアリズム)に続く史上初の4週連続重賞Vがかかる一戦でもある。

 一昨年のサウジアラビアロイヤルCを勝っているブレイブスマッシュ(美浦・小笠倫弘厩舎、牡4歳)は、デビュー13戦目で初のスプリント戦出走になる。昨秋からマイルのオープン特別を使われ、キャピタルSが0秒5差の3着、ニューイヤーSが0秒4差の4着。鞍上が抑えるのに苦労する行きっぷりを見せており、この距離が復活への起爆剤となるかもしれない。NHKマイルC、日本ダービーに駒を進めた実力馬の新味に期待したい。

 2014年のスプリンターズSを制しているスノードラゴン(美浦・高木登厩舎、牡9歳)は、このレースで14年2着、昨年3着と好走歴がある。近2走はマイルチャンピオンシップ17着、阪神C14着と大敗しているが、3走前のスプリンターズSでは勝ったレッドファルクスから0秒1差の5着。9歳という年齢で評価を下げるのは禁物だ。

 トウショウピスト(栗東・角田晃一厩舎、牡5歳)は、短距離重賞を5勝した母シーイズトウショウ譲りのスピードが武器。前走の淀短距離Sは出遅れて11着だったが、スムーズに先行できれば、ここでも好走は可能だろう。

 27日現在、除外対象(繰り上がり順1位)だが、オメガヴェンデッタ(栗東・安田隆行厩舎、セン6歳)は昨年の阪急杯2着、一昨年の京王杯スプリングC、スワンSでともに3着と、重賞で好勝負を演じている。母ビハインドザマスクは、芝1600メートル以下で重賞3勝をマークし、そのうちの1つが芝1200メートルのセントウルS。自身はこの距離では1勝のみだが、適性がないわけではなく、上位進出できる力はある。出走できれば侮れない存在だ。

★夕刊フジ賞オーシャンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブレイブスマッシュの関連コラム

閲覧 610ビュー コメント 1 ナイス 11

先週は、4(土)に中山競馬場でG3夕刊フジ賞オーシャンステークスが、阪神競馬場でG3チューリップ賞が、5(日)には中山競馬場でG2報知杯弥生賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3夕刊フジ賞オーシャンステークスは、押して押してトウショウピストがハナを叩く中、内からウインムートがこれを交わし先団を形成。2頭が後続を引き連れる形で馬群は4コーナーを通過します。直線半ば単独先頭に躍り出たトウショウピストの外から、ブレイブスマッシュが迫り、さらに後方からはクリスマスナックビーナスメラグラーナと牝馬3頭が内外に広がって強襲を開始。ゴール直前、メラグラーナがこの争いを制し1着でゴール。高松宮記念の優先出走権獲得とともに自身重賞初Vを手中にしました。1/2馬身差の2着にはインを突いて伸びたナックビーナス、さらにそこからアタマ差の3着にはクリスマスが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロおかべプロ☆まんでがんプロろいすプロら計10名が的中しています。
 
G3チューリップ賞は、スタート後数頭が横に広がって出を窺う幕開けの中、外から気合いをつけてワールドフォーラブが先頭に立ち3コーナーへ。ここに掛かり気味にアンバーミニーが並び掛けたことで序盤は比較的流れる展開に。注目の2歳女王ソウルスターリングはやや前向き過ぎる素振りを覗かせながらも5番手に落ち着き、リスグラシューはそこから3〜4馬身後方を追走。人気どころはいずれも中団馬群となって、コーナーを回って直線勝負へ。カワキタエンカが抜け出した直後まで進出したソウルスターリングが、残り200m手前で早々先頭に立ちます。リスグラシューミリッサあたりも追い上げを見せますが、その差は一向に縮まらず。結局、直線で先手必勝の競馬をみせた女王が、影を踏ませずの完勝で連勝を4に伸ばしました。2馬身差の2着には、上り最速でリスグラシューの外から追い込んだミスパンテールが入り、そこから1/2馬身差の3着にリスグラシューが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾プロスガダイプロ岡村信将プロ馬っしぐらプロ他6名が的中しています。
 
G2報知杯弥生賞は、スタート後の長い直線を活かしてスルスルとマイスタイルがハナを奪い切って逃げの手に出ます。2番人気に推されたダイワキャグニーが2番手、1番人気カデナは中団後方、コマノインパルスはさらに後方からとなって向こう正面へ。ここでコマノインパルスが徐々にポジションを押し上げにかかり、隊列が凝縮していきます。それでも前半1000mは1分3秒2のスローペースとあって、各馬脚を溜めた状態での上り勝負の様相で直線勝負へ。楽逃げの格好となったマイスタイルは依然として手応え十分。後続も同じ脚色となってなかなか差が詰まらない中、大外を通って目立つ伸びをみせたのはカデナ。内ラチぴったりを逃げ粘るマイスタイルに一完歩ごとに詰め寄り、ゴール直前で差し切ってV。京都2歳Sに続く重賞連勝を飾りました。1/2馬身差2着のマイスタイルから1馬身1/4差の3着には好位のインからしぶとく脚を伸ばしたダンビュライトが入り、ここまでの3頭が皐月賞への優先出走権を手にしています。
 
公認プロ予想家では導師嵐山プロKOMプロスガダイプロマカロニスタンダーズプロら5名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
5(日)阪神3Rで『距離延長で良さが出れば。差しで穴を開ける鞍上にも期待。』とした◎スズカブルグ(単勝75.1倍)から○◎△3連複1954.2倍をゲット!複勝・馬連・ワイドと合せ計27万8860円払戻しのホームラン的中を記録しました。週末トータル回収率198%、収支22万880円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
4(土)に、勝負予想とした小倉8Rで◎オールドクラシック(単勝11.0倍)の単勝&複勝計7万円払戻しを記録するなどトータル回収率132%の活躍を見せると、5(日)小倉2Rでは3連単31万6190円的中を披露!他にも阪神10Rの◎スーサンジョイ的中など含め土日両日回収率100%超えの好調となった先週は、トータル回収率141%、収支28万2720円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
5(日)小倉1Rで◎プエルタデルソル(単勝35.5倍)の予想を披露し、単勝&馬連的中計37万3490円払戻しのビックヒットをマーク!他にも、随所に本命◎精度の高さをみせた先週は、週末トータル回収率141%、収支20万6190円プラスの好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
4(土)小倉6Rでの◎ハトマークレディ−○タガノヴェルリー馬連的中(9万7000円払戻し)、G3オーシャンSでのクリスマス複勝的中(2万2000円払戻し)など、先週も随所に“真骨頂”の1点予想的中を披露。週末トータルでは回収率134%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
5(日)阪神11Rチューリップ賞で「初戦は調教量少なく7分のデキもあったかどうかだった。今回、初戦とは比べ物にならないほど調教量を積んで、楽しめる」と評した◎ミスパンテールから、▲◎○での3連複1点的中含め、馬連&ワイドをゲットし計7万5700円を払戻し!週末トータルでは回収率105%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
4(土)小倉9Rの◎マイネルパッセ(単勝34.7倍)、5(日)小倉10R、同阪神10Rの◎○的中、G2中山11Rの△▲◎的中など好調予想を幾度となく披露し連日プラス収支をマーク!週末トータルでは回収率112%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
4(土)中山7Rで◎ダイワエキスパートから◎△○3連単的中を披露し12万8600円を払戻し。5(日)中山2Rでは◎○×の印で3連単320.6倍を1000円分的中させ32万600円払戻しのビックヒットを記録しました。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
4(土)中山3Rで、3連複2点勝負を敢行し○◎△的中。11万5500円払戻しのスマッシュヒットを披露すると、続く小倉4Rでは馬連3点勝負で▲◎的中を披露。19万8660円の高額払い戻しをマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ (131%)、【U指数】馬単マスタープロ(127%)、くりーくプロ(112%)、エース1号プロ(107%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年03月04日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第250回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜オーシャンステークス G3
閲覧 717ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「夕刊フジ賞オーシャンステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、スノードラゴンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアースソニックナックビーナスまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ブレイブスマッシュから1.0ポイント差(約1馬身差)内のブレイズアトレイルクリスマスまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、バクシンテイオーから同差内のメラグラーナブラヴィッシモまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位2G内までの6頭には大きな差は見られず、その下の第2G→第3G間以降に少し開きが生じています。

高齢の実績馬が人気薄でよく来るレース、それにも関係しますがリピーターレースであること、などが特徴的なレースという印象があります。そんな訳でちょっと“今さら感”があって人気を落としている高齢実績馬を狙って今回の本命◎は、拮抗する上位2Gの中からスノードラゴンとしました。意欲的な調整過程に映りますし、近2走を度外視すれば1200m戦なら十分中心視可能とみます。一つ年を重ねて、それでいて昨年より人気してしまいそうな点は歓迎材料ではないのですが、指数評価も高く出ていますし、ダートも含めて中山1200mでめっぽう走る点からも、この馬にもう一丁を期待してみようと思います。
以下、前走の完勝ぶりを見てもここでは外せない印象の○メラグラーナ、前走休み明け+18キロでまずまずの内容を示し今回2キロ減の▲バクシンテイオー、特に一週前の動きから一発あっても驚けない☆レッドアリオンと印を打ち、今回の私の馬券は◎=○▲☆ラインからの3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
10=5,8,9=1,2,3,4,5,8,9,14,15,16(24点)

[もっと見る]

2016年06月07日(火) 10:40 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) 〜第2回 2015上位入賞者レビュー〜
閲覧 1,297ビュー コメント 0 ナイス 8

 日本ダービー(3歳G機ε豕芝2400m)が施行された5月29日をもって「ウマニティPOG 2015」が終了。1年間にわたって繰り広げられてきた優勝争いの最終結果が確定しました。
 各ワールドを制した皆さんのコメントは後日改めて公開されると思いますが、今回は一足先に“チャンピオン”たちの指名を振り返ってみたいと思います。先週から既に新シーズン「ウマニティPOG 2016」が開幕しており、現在は第2回の入札が行われているところ。指名枠を使い切った方はまだそれほどいらっしゃらないでしょうし、今後の入札方針を再考するうえでの指針としていただければ幸いです。

 著名なプレイヤーや前シーズン以前の「ウマニティPOG」で優秀な成績を収めたユーザーが集う最高位クラスであり、一般的なPOGと同じ“1頭オーナー制”で争われるスペシャルワールドを制したのは、メジャーエンブレムなどを指名した中(ナカ)さん。ウマニティ公認プロのろいすさんがマカヒキの日本ダービー制覇などで最終週に2億2175万円を獲得したものの、五千万円以上の差をつけて逃げ切りました。
 中(ナカ)さんはデビュー後に指名した馬も多いのですが、2億6280万円を稼いだメジャーエンブレムは第1回の入札で確保していましたし、1億5324万円を獲得したスマートオーディンもデビュー2週前の第14回入札で指名しています。
 スペシャルワールドは参加人数こそ少ないものの、真っ先に落札したプレイヤーしか仮想オーナーとなれない“1頭オーナー制”であり、各プレイヤーの実力も国内屈指と言って差し支えないレベル。それゆえ、数億円も稼ぐような馬をデビュー後に獲得するのは困難です。手前味噌ではありますが、「ウマニティPOG 2014」で優勝を果たした私も、G汽Εぅ福爾クラリティスカイミッキークイーンを第1回入札で指名できたのが最大の勝因。しばらく様子見をしていたら、おそらく他の方が私よりも先に落札していたでしょう。
 もしかしたら、「ウマニティPOG 2016」のスペシャルワールドも、第1回入札を終えた現時点で既に大勢が決しているのかもしれませんね。参加している私たちからするとたまったものではありませんが(笑)、他ワールドに参加している皆さんは、スペシャルワールドの入札結果を今後の参考にすることも可能。POG界を代表する猛者たちが真っ先に獲得したいと考えたのはどの馬なのか、今のうちにしっかりチェックしておいていただければと思います。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大4つあったミリオネアワールドを制したのは、マカヒキシンハライトを確保していた四白流星タイテエムさんでした。大半の指名馬をデビュー前に獲得していらっしゃいましたし、日本ダービー馬を第1回入札で、オークス馬を第4回入札で早々に落札している点もお見事です。スペシャルワールドよりは仮想オーナー枠に余裕があるものの、やはりこのクラスもG亀蕕粒萍馬を早い時期から確保しなければ優勝争いには食い込めないのでしょう。
 個人的に興味を惹かれたのは2位のsokuratesuさん。メジャーエンブレムに加え、トウショウドラフタブランボヌールブレイブスマッシュなど、芝短距離戦線の活躍馬を中心としたラインナップでこのポジションに君臨しています。何を隠そう、私も牝馬や短距離馬を重視する方針で毎年のドラフト&入札に臨んでいるのですが、牡馬クラシック戦線の注目馬を指名候補から外すだけで、目当ての馬を獲得できる可能性はグッと上がるんですよね。四白流星タイテエムさんや「ウマニティPOG 2014」の私がそうだったように、牡馬クラシック戦線が混戦模様だと、牝馬や短距離馬が獲得した賞金だけでも優勝争いは十分に可能。一般的なPOGにおいても有効な作戦なので、ご興味がある方はぜひお試しください。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大10人だったリッチワールドは、マカヒキメジャーエンブレムシンハライトを揃えたハマノパリードさんが優勝を果たしました。
 ハマノパリードさんが指名したG汽Εぅ福3頭のうち、デビュー前に獲得していたのはシンハライトだけ。マカヒキはデビュー戦を勝った後に、メジャーエンブレムは10月31日のアルテミスステークス(2歳G掘ε豕芝1600m)で2着となった後に指名されていますね。
 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大20人のブルジョアワールドは、日本ダービー馬のマカヒキを指名した横断歩道さん、かっちゃさん、GT-Rさん、バンコクの夜は熱い...さんが上位を占める展開。混線から抜け出したのは、メジャーエンブレムスマートオーディンプロフェットボールライトニングなど、他にも多数の重賞ウイナーを指名していた横断歩道さんです。
 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大50人のアベレージワールドを制したのは、マカヒキシンハライトディーマジェスティと3頭の指名馬がクラシックで優勝を果たしたユナさん。「ウマニティPOG 2015」において総獲得賞金が10億円を超えた唯一のプレイヤーとなりました。

 この辺のワールドは参加人数が非常に多く、いわゆる“POG本”で大きく取り上げられているような馬を早い時期に一本釣りするのは困難。仮想オーナー枠の開放スケジュールを把握し、ご自身のPOGポイントや所有枠と相談しつつ、後のG汽Εぅ福爾鯏確に獲得していかなければ優勝は狙えません。スペシャルワールドあたりの構造と比べればお分かりいただけると思いますが、こちらは基本的に長期戦。相馬眼だけでなく、ルールに対する理解度、入札を行っていくうえでの戦略性や粘り強さ、デビュー後のレース内容から将来性を把握する能力なども強く問われます。本稿を公開直後に読んでいらっしゃる方はもちろん、数か月遅れくらいのタイミングで参戦する方にも優勝のチャンスは十分過ぎるほど残されているはず。こうした間口の広さが「ウマニティPOG」の醍醐味ですし、残念ながら第1回の入札に間に合わなかったという方も、ご自身の実力を証明する場としてご活用いただければ幸いです。


※次回のコラムは6/14(火)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2016年06月01日(水) 17:29 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(5/28〜5/29)いっくんプロが◎〇▲で114万超払い戻しの大花火!
閲覧 1,409ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、29(日)に東京競馬場でG1日本ダービーが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1日本ダービーの1番人気はディーマジェスティで3.5倍、2番人気がサトノダイヤモンド3.8倍、マカヒキ4.0倍、リオンディーズ5.5倍と4頭が10倍を切る形で人気を形成しました。

注目のスタートはマウントロブソンレインボーラインがやや出遅れましたが、全体にまずまずの出。まずは内から好スタートを切ったマイネルハニーが先手を主張して第1コーナーへ差し掛かります。先頭はマイネルハニーでリードは3馬身、2番手にプロフェット、3番手にアグネスフォルテ、そこから4馬身ほど間が開いてプロディガルサンエアスピネルと追走して先行集団を形成。中団からはアジュールローズサトノダイヤモンドマカヒキヴァンキッシュランディーマジェスティロードクエストが追走。後方からはイモータルスマートオーディンレインボーラインレッドエルディストリオンディーズマウントロブソンと追走して最後方にブレイブスマッシュの態勢。

前半の1000m通過は1分ちょうど(参考タイム)の平均ペース、各馬大きな動きなく、直線コースへ差し掛かります。

先頭はマイネルハニーでリードは1馬身、続いてアグネスフォルテプロディガルサンが徐々に追い出されると、外からは抜群の手応えでエアスピネルもこの争いに加わってきます。残り300mを通過、ここで一杯になったマイネルハニーを捉えてエアスピネルが先頭に躍り出ます。内からは食い下がるプロディガルサン、その後ろからはマカヒキサトノダイヤモンドも差を詰めてきます。残り200mを通過、逃げ込みを図るエアスピネルに馬体を併せてマカヒキ、これに外からサトノダイヤモンドディーマジェスティも加わって4頭が抜け出します。残り100mを通過、ここでエアスピネルの脚色が鈍ると内マカヒキ、外サトノダイヤモンドの2頭が抜け出して激しい追い比べ!ゴール前まで両者一歩も譲らない叩き合いとなりましたが、僅かに内マカヒキがハナ差サトノダイヤモンドの追撃を振り切って第83回日本ダービーを制しました!勝ちタイムは2分24秒0(良)。2着にサトノダイヤモンド、そこから半馬身差の3着にディーマジェスティが入っています。

公認プロ予想家ではいっくんプロ他8名が的中しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
29(日)東京4Rで単勝61.4.倍の○ミスユーを高評価、3連単◎○▲のパーフェクト予想で3連単2280.1倍を500円的中!114万50円を払い戻しました!同日の京都7Rでも◎○△の印で3連単537.1倍を1000円的中させ、53万7000円を払い戻しました!この他にもスマッシュヒットを重ね、週末トータル回収率408%、収支プラス147万9000円というダントツの成績を収めています。

☆☆☆注目プロ →kmプロ
28(土)東京9Rで単勝59.8倍の◎ケイリンボスの単勝を1万円的中!59万8000円を払い戻しました!さらに翌日の東京9Rで『距離短縮歓迎。スムーズなら勝ち負け。人気妙味あり。』と狙った◎バーディーイーグルの単勝を的中させ、13万2000円を払い戻し!週末トータル回収率187%、収支プラス34万2500円を記録しています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
29(日)東京8Rで『芝2400m以上のレースにおいて4着以内となった経験のある馬が堅実。距離適性が高そうな馬を重視すべき』と本命に抜擢した◎ヴェラヴァルスターからの3連複を800円的中させ、5万6320円を払い戻しました!28(土)京都6Rでも▲○◎の大本線!3連複59.6倍を800円的中させ、4万7680円を払い戻しました!週末トータル回収率131%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
28(土)東京7Rで『キレ味No1』と評した▲ダイチヴュルデ絡みの3連複625.9を200円的中させ、12万5180円を払い戻し!翌日の京都7Rでも3連単537.2倍を300円的中させ、16万1160円を払い戻しました!週末トータル回収率106%をマークしています。

※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年05月12日(木) 14:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(5/7〜5/8)くりーくプロが的中率71%、回収率254%を高精度予想を披露!
閲覧 879ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、8(日)に東京競馬場でG1NHKマイルカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1NHKマイルカップの1番人気はメジャーエンブレムで2.3倍、2番人気ロードクエスト6.4倍、続いて3番人気がイモータルで7.6倍、4番人気ティソーナ9.8倍とここまで10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはティソーナペルソナリテが出遅れ、ややばらける形の中、スタートを決めたメジャーエンブレムが先頭に立ちます。続いてシゲルノコギリザメアーバンキッドシュウジブランボヌールダンツプリウスイモータルと先行集団を形成。中団からはシャドウアプローチレインボーラインストーミーシーブレイブスマッシュトウショウドラフタと追走。後方からはハクサンルドルフロードクエストと続いて最後方にペルソナリテの態勢。
 
前半の600m通過は34秒3(参考)の淀みない流れ、各馬大きな動きなく、直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はメジャーエンブレムでリードは1馬身、2番手にシゲルノコギリザメ、内からはアーバンキッドシュウジも追い出しにかかります。人気のロードクエストは大外に進路を取ります。残り200mを通過、突き放すメジャーエンブレムのリードは3馬身に広がって、2番手に最内からシュウジ、後続勢はずらっと横に広がって大混戦。残り100m、メジャーエンブレムが依然先頭でセーフティリード、ここで2番手につけていたシュウジの脚色が一杯となると中からレインボーライン、大外からはようやくエンジンかかったロードクエストが猛追!ゴール前、単独2番手に上がったロードクエストが懸命に追い込みますが、メジャーエンブレムを捉えることはできません!結局、終始先頭を譲らなかったメジャーエンブレムが桜花賞の鬱憤を晴らす見事な快勝劇でG1、2勝目を挙げました。勝ちタイムは1分32秒8(良)。3/4差の2着にロードクエスト、そこからクビ差の3着にレインボーラインが入っています。
 
 
公認プロ予想家ではいっくんプロ他7名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに指定した7(土)新潟11Rで『前走はスムーズさを欠いて、最速の上りでタイム差なしの4着。今回は展開が向きそうな感じもあり連闘での上積みを期待』と狙った単勝32.9倍◎ラインミーティアの単複、ワイド、3連複を的中させ、6万10円の払い戻し!同日のもう一つの勝負レースでもあった京都5Rでは◎▲△の印で3連複146倍など大本線的中!週末トータル的中率71%、回収率254%の好成績を収めています。
 
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
7(土)東京11Rプリンシパルステークスで『前走では若駒Sではタフな馬場を先行して復調の兆し、内々、前々が有利な東京なら巻き返し』とコメントし、◎マイネルラフレシアの複勝、○アジュールローズとの馬連94.1倍を1000円的中させ、12万3250円を払い戻しました!週末トータル回収率276%、収支プラス12万3250円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
8(日)東京11RNHKマイルカップG1で『力量的には◎○の2頭が抜きんでている。』と◎メジャーエンブレムロードクエストで大本線決着!3万1020円を払い戻しました!加えて、勝負レースに指定した7(土)京都11R京都新聞杯G2では単勝41.5倍の◎アグネスフォルテの複勝、馬連、ワイド、3連複を的中!8万610円を払い戻しました!週末ートータル回収率127%の好成績を収めました。
 
☆☆☆注目プロ →ゼット1号プロ
8(日)東京12Rで馬連200倍を400円、3連単2242倍を100円的中させ、30万4460円を払い戻し!新潟メインの新潟大賞典G3でも◎○がワンツーとなり、20万超の払い戻しを記録しました!週末トータル回収率188%、収支プラス46万6620円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年05月08日() 14:06 みんなの競馬コラム
【NHKマイルカップ】レース展望 by ec3426c8e8
閲覧 1,082ビュー コメント 0 ナイス 10

今回はNHKマイルカップの予想をさせて頂こうと思います。予想をするに当たって大まかなレース展望を。


レース当日は晴れ。馬場は良馬場。土曜のレースを見るかぎり高松宮記念みたいに大きく馬場をいじってる心配はしなくてよい。

逃げ馬が少なく先手を主張するであろう馬は“シュウジメジャーエンブレムシゲルノコギリザメ。乗ってる騎手が岩田、ルメール、松岡。ペースを読むのに長けてる岩田、ルメールがいる以上Hペースにはまずならない。が、シュウジシゲルノコギリザメはある程度流れないと行きたがるそぶりを見せると思われるのでSペースにもなりにくい。

メジャーエンブレムは前走控える競馬をしてるので無理して逃げにはこだわらないだろう。MペースとSペースになる割合が7:3くらいと考えている。

以上の事を踏まえ、まずは消しの馬とその理由を書いていきます。

“屐シュウジ
調教抜群も1600m戦ではちょっと足りない印象。
朝日杯はエアスピネルリオンディーズ相手ならこの結果も仕方ないとの見方も出来るが内容は完敗であり、持ち時計的にも物足りない。

θ屐ティソーナ
正直消さなくてもいいと思ったが、ちょっと人気になりすぎなので消しに。
好枠、デムーロ、狙いすましたローテーション、2連勝と消すには勇気がいる。
前走の内容も直線激しく追ってはいるが鞭を入れずに勝っているのは好印象。
ただ、今まで強敵と言えるような馬はマイネルハニーと前走2着のキアロスクーロくらいしかなく、そのキアロスクーロ以下のメンバーも次走の橘ステークスではオデュッセウスに完敗とレベルに疑問。
この馬を買うならクロッカスステークスでそのオデュッセウスを楽々3馬身ちぎったトウショウドラフトがいい。

番 シャドウアプローチ
過去大きく崩れた事がなく朝日杯でも3着になっているが、内容は2着から大きく離された3着であり、不利がなければ3着になってたのはタイセイサミットの方。休養明け初戦でもあり消しが妥当。
この馬を買うなら前走、毎日杯タイセイサミットに先着したアーバンキットを買いたい。

番 ダンツプリウス
前走のニュージーランドトロフィーからはこの馬を含め4頭がきてるが、1番着順が良かったのが当馬であり、1番不利なくうまく乗ったのも当馬である。
この馬を買うなら、外々を回させられたがハナ差2着のストーミーシーと内で包まれ追い出すのが残り200mを切ってからになった5着のレインボーラインの方が魅力的である。

番 ハクサンルドルフ
前走の内容は、直線で外に出すのに少しもたついたがきっちり差し切ったのは素晴らしい。また時計的にも稍重だった事を考慮すればよい方だと思われる。
ただNHKマイルカップ過去10年で前走500万下から3着にきた例はなく、強敵相手にもまれた経験がないので消しとした。

ブレイブスマッシュ
サウジアラビアロイヤルカップ1着、ファルコンステークス2着と素晴らしいが、どちらのレースも横山典騎手が内目をロスなく捌いた賜物であり、今回外目の枠をひいた時点で3着以内は難しくなったと思われる。この馬を買うならサウジアラビアロイヤルカップでハナ差2着になったがゴール前脚色良かったイモータル
ファルコンステークスで超Hペースを前目で粘って3着だったシゲルノコギリザメを買いたい。

次に買える馬とその理由。

△はH屐アーバンキッド、番 イモータル
、番 シゲルノコギリザメ、番 ストーミーシー、家屐レインボーライン

買える理由は消しの馬で説明してるので割愛。


▲は番トウショウドラフト。前々走クロッカスステークスで残り300mから追い出し後続を楽々3馬身ちぎった足は見事。過去の成績から1600mに不安はあるが、あれらは本格化する前の事と捉えたい。前走は展開が向いたとはいえ完勝。不良馬場の1400mをあれだけ走れれば1600mでスタミナ切れする事はあるまい。


○はと屐メジャーエンブレム前走の負けは騎手のミス。同日5レースでも単勝1.2倍のフォンターナリーリで同じような消極的騎乗をして負けている。馬自体は自分の競馬が出来なくても大きく崩れなかったのが能力の証。持ち時計も優秀。今回は展開も向くし1番勝利に近いと思われる。
桜花賞に比べレース間隔をつめて使えるのもプラス。好位2・3番手から早め抜け出しを期待したい。


そして◎はト屐ロードクエスト近3走パッとせず、2000m以上ではクラシック組とは勝負にならなかった。今回展開もあまり向かないだろう。ただ、それでも本命にするのは新馬戦が素晴らしかったから。大きく出遅れ、直線ノーステッキで1分35秒7。上がり3ハロン33秒2を2歳でたたき出した素質に期待したい。近3走は距離の壁か実力か?配当等を踏まえこちらを本命にしたい。

自分は複勝1点買いなので基本はトロードクエストを買います。ただその時点で大きく負けていたら、前走の位置取りがいつもより消極的だった家レインボーライン、Sペースの前残りを期待して番シゲルノコギリザメあたりから勝負すると思います。

以上が自分の予想になります。
長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。


執筆者:ec3426c8e8(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブレイブスマッシュの口コミ


口コミ一覧
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 2

それでは時系列に沿って今週末の競馬を振り返っていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆チューリップ賞の感想☆
1着ソウルスターリング
積極的に先行してた馬はいたけど実質的には瞬発力勝負のレースでしたが、5番手追走からメンバー中2位の上がり3F33.8で2馬身差の完勝!
藤沢厩舎の休み明けでしたが、+4kgだけで大きくは増えてなかったし、力出せる状態で出てきてましたね。
さすが2歳女王という貫禄ある強い競馬で勝ったんで本番の桜花賞も楽しみです。

2着ミスパンテール
1戦1勝で、去年7月の新馬戦を勝った以来の7ヶ月の休み明けだったんで、ぼくにはとてもじゃないけど激走を見抜けませんでした。
勝ち馬には2馬身差つけられちゃったけど、7ヶ月ぶりでキャリア1戦という馬なのに、このメンバー相手でメンバー中最速の上がり3Fで2着は立派でした。
本番でもどこまでやれるか楽しみです。

3着リスグラシュー
2歳女王のソウルスターリングを捕まえられず、同じく休み明けのミスパンテールには差されて3着という少しショックな内容でした。
ただ、賞金的にここで負けても桜花賞は出走できる立場の馬なんで、ここ使われた後の桜花賞でどこまで巻き返してくるか楽しみです。

4着ミリッサ
この馬も例年ならチューリップ賞で権利取って桜花賞出れるレベルですけど、今年は世代レベル高くて3着圏内の壁が例年より高そうなのが辛かったかな。
結果論ですが、他のトライアル回った方がよかったかも。

☆チューリップ賞 馬券結果☆
宣言通り、単勝 3 3000P(リスグラシュー)を買いましたがハズレでJRA17連敗・・・。
リスグラシューに勝ってほしかったけど、ソウルスターリングの強い競馬見ると参りましたの心境です。

収支は−3000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆オーシャンSの感想☆
1着メラグラーナ
外から差し切って1番人気に応えて重賞初制覇!
1200mではまだ底を見せてないし、今日みたいな勝ち方は中京コースにも合ってそうなんで、高松宮記念でどれだけやれるか楽しみです。

2着ナックビーナス
内から満を持して抜けてきて、勝ったかな!ってところで外から差されちゃいましたが、あれで負けたらもう仕方ないかな〜。
まだ4歳やし、これから楽しみです。

3着クリスマス
個人的には前で競馬してほしかったけど、ちょっとしたことで上位の着順入れ替わりそうな力の拮抗したメンバーだったと思うし、見せ場たっぷりの3着だったんで勝浦の騎乗もよかったと思います。

4着ブレイブスマッシュ
前半がもっと激しいガチの1200mになった場合どうなるかわかりませんけど、初めての1200m重賞でこれだけやれれば今後も楽しみです。

☆オーシャンS 馬券結果☆
宣言通り、ワイド 4−5・10・16を買いましたがハズレでJRA18連敗・・・。

収支は−3000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆ポラリスSの感想☆
1着スーサンジョイ
2着コウエイエンブレム
3着スマートアヴァロン

上位人気3頭が1〜3着にきましたが、勝ったのはスーサンジョイでした。
ここ3走は3・5・7着とはいえ、1着馬から0.3差以内だったんで着順ほど負けてませんでしたからね。
得意のダ1400mならまだまだやれるぞ!ってところを見せてくれました。
2・3着馬もそのうちOP特別を勝ちそうな気がします。

☆ポラリスS 馬券結果☆
宣言通り、単勝 8(スーサンジョイ)を買ったら、単勝8.3倍が的中!!!!!
8倍の単勝を一本釣りできてうれしかったですが、それよりもJRAの連敗を18連敗でようやく止めることができてホッとしました(笑)

収支は+14600Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆大阪城Sの感想☆
1着アストラエンブレム
中団後方のインにいたのに、よく内から抜けてこれましたね〜。
メンバー中最速タイの上がり3F32.8という極上の末脚で勝ちましたが、瞬発力勝負が得意なマイラーなんで、直線長いコースの1800mで1000m通過が1.01.7、レースの上がり3Fが33.7という究極の瞬発力勝負になって持ち味が存分に活かせました。

3着のガリバルディも瞬発力勝負が得意なマイラーなんで好走するのも納得ですが、2着のトルークマクトはなんで2着にこれたんや?って驚きましたが、この馬絡みで馬券当てた人はすごいです。

☆大阪城S 馬券結果☆
宣言通り、ワイド 14−5・7・13を買いましたがハズレ・・・。
予想で書いてた持久力なんて全くいらないレースでしたね(笑)

収支は−3000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆弥生賞の感想☆
1着カデナ
2着マイスタイル
3着ダンビュライト

弥生賞出走馬のファンのみなさんには申し訳ないですが、個人の感想を書くと・・・。

カデナが先行勢有利な流れを後方から4コーナーで外回るロスのある競馬をして着差以上に強い内容で勝ってくれたから、なんとか弥生賞の面目が保たれたかもですが・・・。

楽逃げしてたとはいえ、8番人気2着のマイスタイルに3着以下は1馬身以上差をつけられて負けてるし、レースラップや各馬の上がり3Fなどを見ると、今年の弥生賞は近年でもかなりレベル低い部類に入る弥生賞な気がしました。

仮に、マイスタイルが強い馬で、カデナが規格外の大物だったという場合は、3着以下の馬も擁護できますが、勝ったカデナですらこの中では力が1枚上だったけど、あまり大物感は感じなかったんで、3着以下の馬をフォローする材料が見当たりませんでした・・・。

でも、まあ、まだ3歳春なんでこれからの成長に期待したいです。

☆弥生賞 馬券結果☆
宣言通り、単勝 9(ダイワキャグニー) 馬連 3−9を買いましたがハズレで2連敗・・・。
このままずるずると連敗地獄に飲み込まれないように気を付けます。

収支は−4000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
弥生賞 ダイワキャグニー・・・9着

まさか9着に負けるとは思ってなかったので驚きましたよ〜。
まして、この緩いペースで失速とか・・・・。
けっこう自信あったんですけどね〜。

投資1100Pが0Pになっちゃいました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
昨日、ラニがドバイのGIに出走してましたが、スタートしてから、ムーアがずっと押してるのに、ラニの行きっぷりがすごく悪く、レースに参加できないまま終わっちゃった感じで、ラニよりも道中ずっと押してたムーアの方が消耗度激しいレースって感じでした(笑)

本番でどこまで巻き返せるのかわからないけど、頑張ってほしいです。

 銀色のサムライ 2017年03月05日() 20:28
馬券メモ(2017/3/4・5)
閲覧 60ビュー コメント 0 ナイス 5

今日の早朝、ラニがドバイWCのステップレース・アルマクトゥームチャレンジラウンド3に出走。
結果は8頭立ての6着でした。

スタートで出遅れ、ムーア騎手が追い通しになっても前に進まない、
という、ある意味ラニらしいレースでした。

レースを使いつつ調子を上げていくタイプなんですけど、
年を重ねるにつれてズブさが増している感じがします。

ドバイWCに出走するのはかなり厳しくなりましたが、
いつか大仕事をやってのけてくれる、と信じて今後もラニの動向に注目し続けたいです。

それでは、土日の競馬の回顧をしていきます。


【1回阪神3日】

■7R ドンボラーレ 2人気4着

中団待機策でしたが、速めのペースになったので良い位置取りだと思っていました。
4角を回った時の手応えが抜群だった割には追ってからの伸びがイマイチで…。

■8R ワンダーアビルマン 2人気3着

スタート直後につまづいてしまい、位置取りが悪くなったのが痛かったです。
スムーズな競馬だったら勝ち負けまで持ち込めたはずだったのですが…。

■9R タツゴウゲキ 2人気1着

道中は3番手で追走し、折り合いもバッチリ。
展開の恩恵を受けての勝利ですけど、デムーロ騎手のロスの無い競馬も見事でした。

■10R サウススターマン 1人気1着

とにかく詰めの甘い馬なんですが、今回はあっさり勝っちゃいましたね。
ブラックジョーとのワイド1点勝負でしたので、馬券はハズレです。

■11R(チューリップ賞)エントリーチケット 6人気10着

あわよくばソウルスターリングに勝てるのでは?と思っていたものの、地力の違いを見せつけられました。
事前に予想したよりも速いペースになってしまいましたし、馬選びも展開予想も完敗でした。

■12R アガスティア 3人気6着

2000mだったらもっと前のポジションが取れると思っていたんですけどね…。
直線ではしっかり脚を使っているので、自分のレースができていたと思います。


【2回中山3日】


■7R イザ 2人気2着

前走10着でしたが、追い切り時計が良く、巻き返し可能と考えていました。
もっと人気が無いと思っていたんですけど、まさか2番人気に支持されるとは…。

■8R フィールザプリティ 2人気2着

直線もスムーズにさばけたので、普通なら勝ってるところなんですが、
メリーウィドウ&ウチパクさんの見事な捲りにやられてしまいました。

■9R サレンティーナ 2人気2着

流れが遅すぎて掛かるシーンもありましたけど、
直線半ばでゴールドハットを振り切ったか、と思ったところに外から牝馬・ハローユニコーンが…。

■10R ワンブレスアウェイ 2人気1着

スタートの出は良くなったんですが、外枠だった分、楽に好位置がとれました。
中山が初めてで右回りも久々、という状況ながらよく頑張ってくれました。

■11R(オーシャンS)ブレイブスマッシュ 2人気4着

直線での手応えは良かったんですけどね…。
1200mが合うという見立ては間違ってませんでしたが、
牝馬3頭にあっさり負けてしまったのは地力不足という事なんでしょうかね。

■12R オホーツク 5人気12着

1000万は既に勝っている馬なんですが、ブリンカー2戦目でも進歩が見られませんでした。
迷走しちゃっていますね…。


【1回小倉7日】


■7R エンヴァール 1人気1着

道中で不利を受けなければ1着安泰、だと思っていました。
2着馬が完璧なレース運びだった分、着差はわずかですが、順当勝ちといえるでしょう。

■8R ウインカートゥーン 6人気11着

中盤までの位置取りはまずまずだったんですけど、4角手前でもう一杯一杯でした。
差し馬向きの展開になってしまいましたし、1800mという距離も短かったのでしょう。

■9R サルドナ 1人気3着

中団やや前の位置でレースを進めるのは想定内でした。
でも、直線での伸びがイマイチ…。

■10R ジャストコーズ 1人気5着

4角先頭で押し切る競馬を試みましたが、直線でエンジンが掛かりきらなかったですね。
前走よりも決着時計がかなり早くなっていますので、ダート上がりのこの馬にとっては辛かったのかも。

■11R ナムラミラクル 1人気12着

小回りの1700mで大外枠からハナを奪える、と安易に考えてしまったのがダメでした。
でも、自分のレースができなかったとはいえ負けすぎですから、前走激走の反動もあったのでしょう。

■12R トーセンクリス 1人気1着

前走は直線で窮屈になる場面があったんですけど、
今回はスムーズな競馬ができました。完勝といっていいと思います。


【1回阪神4日】


■7R クライムメジャー 1人気1着

折り合いがつくのかどうかが最大のポイントでしたが、まずまず折り合っていましたね。
2着との着差は少しですけど、最後は流していたので、次にも期待できる走りだったと思います。

■8R アドマイヤカロ 4人気2着

スローペースの大逃げ、という最高のレース運びをしてくれました。
できる事なら勝ってほしかったですけど、型通りのレースができれば今後も期待できそうです。

■9R デルカイザー 5人気2着

事前に想定していたよりも位置取りが後方だったのですが、
後ろで構えていた分、直線でしっかりとした末脚を繰り出す事ができたのでしょう。

■10R スマートアヴァロン 2人気3着

人気よりも下の着順になってしまいましたけど、
先行馬が残る展開で3着に追い込んできたのは高く評価したいです。

■11R アストラエンブレム 1人気1着

京都金杯でも良い末脚を使っていましたし、
オープン特別なら楽に勝ち切っても不思議ない存在だと思っていました。
2着・トルークマクトのおかげで良い配当をゲットできました。

■12R アイファープリティ 2人気5着

初の1200mだった分、いつも通りの先行策がとれなかった模様。
1200mの流れに慣れてくれば、現級ならいつでも突破できるでしょう。


【2回中山4日】

■7R レアルイモン 9人気11着

追いまくって味の出るタイプですので、追える柴山騎手とのコンビは合うと思ったのですが…。
直線に入って早々にバテテいましたから、調子自体も悪かったのでしょう。

■8R シャリオヴァルト 4人気2着

逃げ馬が飛ばしてくれたおかげで差し馬向きの展開になったのが良かったです。
引き続き中山コースなら上位争いしてくれそう。

■9R サブライムカイザー 4人気3着

上位2頭の決め手に屈しましたけど、粘りに粘って3着を確保してくれました。
エニグマバリエートとの2頭軸だったので、予想はハズレ。

■10R スノーモンキー 7人気8着

好位からレースを運んでいましたが、イマイチでした。
7歳馬ですし、衰えが見え始めているのかもしれません。

■11R(弥生賞)ダイワキャグニー 2人気9着

掛かり気味に先行する事は想定していましたけど、
直線入り口であんな不格好なレースをするとは夢にも思っていませんでした。
右回りが初めてという状況ですので、今回のようなケースも想定しなきゃいけないんでしょうけど、
様々な課題も一気に乗り越えてくれると思っていましたから、今回の凡走は正直拍子抜けしてしまいました。

■12R リンクス 1人気2着

スタートでの出遅れが痛すぎました…。
かなり大味な競馬でも2着に入っているだけに、もったいないレースでした。


【1回小倉8日】


■7R フロレットアレー 4人気5着

終始馬場の外めを回った分の負けでしょうか。
小倉は得意なので、夏の小倉開催まで覚えておきたいです。

■8R スワニルダ 11人気11着

前走に引き続き◎を打ちましたが、前走よりも大きく着順を落としてしまいました。
今回は直線で外を回りすぎましたし、内枠を引いた時に今一度狙いたいです。

■9R フレグラントブレス 3人気3着

器用なレースができない分、後方からのレースになってしまうのは致し方ないところ。
展開不向きの中、よく3着まで追い込んでくれました。

■10R イヴノオモイデ 3人気11着

注文通りハナを奪えましたけど、
前半3ハロン32.8秒はさすがに速すぎます…。

■11R ワンスインアライフ 3人気11着

道中の位置取りもイマイチでしたし、勝負どころでの手応えも×。
休み明けでも大丈夫だと思っていたのですが…。

■12R シンゼンドリーム 1人気5着

こちらも道中の位置取りが後ろ過ぎました。
もっと積極的に運べる状況なら、中央場所でも戦えると思います。



チューリップ賞はソウルスターリングの強さがより際立ったレースでしたね。
ペースが速めで、折り合いがつきやすかったとはいえ、相当強い勝ちっぷりだったと思います。

桜花賞はアドマイヤミヤビとの一騎打ちになるのでしょうか。
リスグラシューにも巻き返してもらいたいんですけど、
ソウルスターリングとは決定的な差があるように感じてしまいます。

2着・ミスパンテールは新馬戦の勝ちっぷりがとても良く、
◎エントリーチケットの相手に入れていました。

四位騎手は牡馬でスワーヴリチャードがいますし、
牝馬でもミスパンテールという能力の高い相棒を得たのは大きいでしょうね。


オーシャンSはとにかくメラグラーナが強かったです。

今年の宮記念は有力馬の回避が相次いでいますから、
手薄なメンバーの中であれば、一気にG誼ゼ茲箸いΣ椎柔も十分あると思います。

石川騎手騎乗のナックビーナスは2着。

石川騎手も重賞の1つや2つは勝っていてもおかしくない存在なのですが、
あと一歩でしたね。


今日の弥生賞はカデナの独り舞台でした。

年明け初戦でしたし、京都2歳S組もそこまで強くないと思っていたのですが、
僕が想定した以上に強い馬だったようです。

2着・マイスタイルはシンザン記念で◎を打っているんですけどね。
ここで走られるとは…。


来週からは地元・中京競馬も開幕!

開催時期が変わった金鯱賞は、
大阪杯へのステップレースにふさわしい強力なメンバーが集まりました。

どの馬から勝負しようか目移りするメンバー構成ですし、
予想しがいのあるレースになりそうです。

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2017年03月05日() 17:09
今週の予想及びmyPOG馬の結果 
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 13

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です

今週の予想結果
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬連・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


小倉11R 早鞆特別 1000万下 ダート1,700


 ◎ ナムラミラクル     12着(1番人気)          
 ○ タガノヴェリテ      4着(2番人気)
 ▲ ブライトベルグ     15着(3番人気)
 △ Ε謄ぅ┘爛螢凜エラ   11着(11番人気)
1着・エポックを外し当たり無し

ビンゴ馬:Д魯ぅ薀鵐疋献礇ー  8着(15番人気)8着マスを塗りつぶし 



阪神11R チューリップ賞 G掘ー1,600


 ◎ ソウルスターリング    1着(1番人気) 
 ○ リスグラシュー      3着(2番人気)
 ▲ .潺螢奪機        。潅紂複拡嵜裕ぁ
 △ ワールドフォーラブ   11着(9番人気)
単勝(150円)が当たり

ビンゴ馬:アンバーミニー   12着(11番人気)12着マスを塗りつぶし


      
中山11R オーシャンステークス オープン 芝1,200


 ◎ メラグラーナ       1着(1番人気)
 ○ ブレイブスマッシュ    4着(2番人気)
 ▲ ▲淵奪ビーナス      2着(3番人気)
 △ ブラヴィッシモ      5着(6番人気)
単勝(230円)、馬連(830円)が当たり

ビンゴ馬:ブレイズアトレイル 15着(15番人気)15着マスを塗りつぶし






日曜メインレースの予想結果です


小倉11R 大宰府特別 1000万 芝1,800


 ◎ ゥ蹇璽疋好拭次      。恵紂複曳嵜裕ぁ
 ○ ┘皀鵐疋轡礇襯福     。甲紂複竿嵜裕ぁ
 ▲ ワンスインアライフ   11着(3番人気)
 △ ▲─璽謄ーサンダー    1着(2番人気)
2着・トレジャートローヴを外し当たり無し

ビンゴ馬:サンセットスカイ   6着(13番人気)6着.泪垢鯏匹蠅弔屬



阪神11R 大阪城ステークス オープン 芝1,800


 ◎ .▲好肇薀┘鵐屮譽燹   。叡紂複曳嵜裕ぁ
 ○ ┘廛蹈侫Д奪函      。誼紂複吉嵜裕ぁ
 ▲ ゥ泪シムドパリ     13着(2番人気)
 △ ケイティープライド    8着(10番人気)
単勝(250円)が当たり

ビンゴ馬:ダンツキャンサー  15着(15番人気)塗りつぶせず




中山11R 報知杯弥生賞 G供ー2,000


 ◎ Д灰泪離ぅ鵐僖襯后    。驚紂複拡嵜裕ぁ
 ○ グローブシアター     8着(4番人気)
 ▲ ぅ瀬鵐咼絅薀ぅ函     。鈎紂複拡嵜裕ぁ
 △ ダイワキャグニー     9着(2番人気)
1着・カデナを外し当たり無し

ビンゴ馬:┘好沺璽肇┘譽瓮鵐帖。隠叡紂複隠曳嵜裕ぁ烹隠叡絅泪垢鯏匹蠅弔屬


      



POG馬の出走結果


5日(日)小倉競馬場10R萌黄賞(芝1,200)に・筆頭オーナー・牡が出走→14着
直線に入り、ずるずる後退してしまった・・・



★メインレースの予想は、6レース中、3レースで単勝、1レースで馬連が当たり


★「競馬でビンゴ」は、今週は14着以下を狙い、5マスを塗りつぶす
  来週は、リーチ狙いの1着・3着狙い!!
 

★myPOG馬は、1頭出走し、アットザトップが11着と振るわず
 

※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=c8a45b0da3&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

ブレイブスマッシュの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  花太郎18   フォロワー:136人 2017年3月19日() 23:18:29
★2017年3月4日(土)
前走を見る限り千二でもよさそう。折り合えば伸びてくるはずで、直線スムーズに捌くことができれば。

ブレイブスマッシュの写真

ブレイブスマッシュ
ブレイブスマッシュ

ブレイブスマッシュの厩舎情報 VIP

2017年3月4日夕刊フジオーシャンS G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブレイブスマッシュの取材メモ VIP

2017年3月4日 夕刊フジオーシャンS G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。