ジャズファンク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年4月4日生
調教師角田晃一(栗東)
馬主市川義美ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績24戦[4-2-4-14]
総賞金7,225万円
収得賞金1,550万円
英字表記Jazz Funk
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
ピサノグラフ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
シンコウラブリイ
兄弟 オールオブナイトムイトオブリガード
前走 2017/12/09 オリオンステークス
次走予定

ジャズファンクの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/09 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 116632.097** 牡5 54.0 川田将雅角田晃一498(-2)2.29.4 0.333.5⑧⑦⑦⑥レジェンドセラー
17/11/18 京都 10 修学院S 1600万下 芝2000 111115.355** 牡5 54.0 藤岡佑介角田晃一500(0)2.02.2 0.234.3⑩⑩⑪⑪ストレンジクォーク
17/10/09 京都 10 大原S 1600万下 芝2000 81125.274** 牡5 57.0 藤岡佑介角田晃一500(+8)2.01.0 0.233.1⑥⑥⑤⑤プリメラアスール
17/09/24 阪神 10 ムーンライト 1600万下 芝2000 144628.977** 牡5 54.0 武豊角田晃一492(-10)2.00.9 0.334.5⑫⑪⑫⑪キンショーユキヒメ
17/05/13 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 116720.379** 牡5 54.0 四位洋文角田晃一502(0)2.30.5 1.936.3⑪⑪⑪⑨リッチーリッチー
17/04/29 京都 10 烏丸S 1600万下 芝2400 122218.984** 牡5 54.0 藤岡佑介角田晃一502(-6)2.24.3 0.434.1⑨⑨⑨⑩サラトガスピリット
17/03/19 阪神 10 但馬S 1600万下 芝2000 1181116.067** 牡5 54.0 池添謙一角田晃一508(+4)2.00.2 0.535.0⑪⑪⑩⑨バンドワゴン
17/02/12 小倉 12 壇之浦特別 1000万下 芝2000 13693.211** 牡5 57.0 藤岡佑介角田晃一504(+2)2.00.6 -0.035.2⑪⑪⑩⑥メイショウオオゼキ
16/12/11 阪神 9 境港特別 1000万下 芝2200 97714.454** 牡4 57.0 M.バルザ角田晃一502(0)2.15.0 1.336.1⑨⑨⑨⑧シャケトラ
16/11/12 京都 12 3歳以上1000万下 芝2200 98911.062** 牡4 57.0 武豊角田晃一502(-2)2.16.2 0.333.4⑦⑦⑦⑦サンマルティン
16/10/23 京都 9 北野特別 1000万下 芝2000 10894.828** 牡4 57.0 武豊角田晃一504(+8)2.00.4 1.134.7④④④ヴォージュ
16/09/03 小倉 10 玄海特別 1000万下 芝2000 12332.916** 牡4 56.0 秋山真一角田晃一496(-2)2.01.0 0.835.0⑦⑦⑥⑥ストロングタイタン
16/07/31 小倉 9 国東特別 500万下 芝2000 11115.421** 牡4 57.0 武豊角田晃一498(+2)1.59.4 -0.736.3⑩⑩⑧トルストイ
16/04/23 京都 9 比良山特別 1000万下 芝2200 9883.123** 牡4 56.0 武豊角田晃一496(-4)2.15.1 0.233.8アドマイヤオウジャ
16/04/03 阪神 8 4歳以上1000万下 芝2000 10334.533** 牡4 57.0 武豊角田晃一500(-6)2.00.6 0.134.0④④④ショウナンハルカス
16/01/30 京都 10 稲荷特別 1000万下 芝2000 12563.727** 牡4 56.0 武豊角田晃一506(0)2.04.1 1.136.8⑧⑦⑥⑤ハッピーモーメント
16/01/05 京都 12 4歳以上1000万下 芝2000 11224.933** 牡4 56.0 武豊角田晃一506(+14)2.02.1 0.434.3⑥⑤⑤⑤フェイマスエンド
15/09/12 阪神 8 3歳以上500万下 芝2000 14226.031** 牡3 54.0 武豊角田晃一492(0)2.01.0 -0.035.6④④レントラー
15/08/23 小倉 9 英彦山特別 500万下 芝2000 1333----** 牡3 54.0 武豊角田晃一--0000 ------ジュンスパーヒカル
15/08/02 小倉 9 国東特別 500万下 芝2000 12793.417** 牡3 54.0 武豊角田晃一492(+12)1.59.8 0.236.2⑧⑧⑧⑧ゼンノブレーメン

⇒もっと見る


ジャズファンクの関連ニュース

 サマー2000シリーズ第3戦の小倉記念は、昨年の2着馬ベルーフに注目だ。開幕週だった先週の小倉の芝は例年以上に差しが利いており、比較的緩くて時計のかかる馬場は同馬にとって大歓迎。さらに、ハービンジャー産駒は小倉芝中距離戦と好相性で、血統的な適性も文句ない。昨年1月の京成杯以来となる重賞2勝目のチャンスを迎えた。

 夏の小倉競馬を予想する上で、重要なファクターとなるのが馬場コンディション。今週の小倉記念の出走馬の中で、最も適性が高そうなのが、昨年の2着馬ベルーフだ。

 「先週の小倉は、芝の密度が濃くてクッションも利いていた。昨年もいい馬場だったけど、今年はさらにいい。時計のかかる馬場も、この馬にはプラスになると思います」。池江調教師が愛馬向きの馬場状態を歓迎していた。

 小倉の芝は、小回りで野芝だけで行われるために、スピード優先の逃げ・先行有利が定説だった。まして開幕週となればなおさら。しかし、クッション性を確保するために芝に穴をあけるエアレーションなどの効果もあり、傾向が例年とは違った。平地の芝の連対馬28頭中、逃げ・先行が18頭に対し、差し・追い込みが10頭もいた。

 先週、小倉で騎乗したA騎手は「例年はカチカチの高速馬場だけど、今年は路盤が緩い」と証言すれば、B騎手も「時計が速すぎることなく、差しも利く」と語る。後方から末脚を伸ばす脚質で、高速決着を避けたいベルーフにとって、ピッタリの馬場といえる。

 後押しするデータもある。出走馬12頭中、父がサンデーサイレンス系でないのはハービンジャー産駒のベルーフだけ。ちなみに、父の産駒は、昨夏の小倉芝中距離(1800〜2000メートル)戦でディープインパクト産駒などと並ぶ最多の4勝をマーク。先週の国東特別(500万下、芝2000メートル)では、同産駒のジャズファンクが、降級利もあったとはいえ、2着馬に4馬身差で快勝するなど、今年も適性の高さを示している。

 また、池江厩舎は小倉記念と相性がよく、2008年ドリームジャーニー、14年サトノノブレスで2勝して、13年からは3年連続連対中。昨年1月のGIII京成杯以降、勝ち星から遠ざかっているが、今回は復活Vのチャンスだ。

 「徐々に良化しているし、体もいい感じ。あとは馬の気持ちの問題だけ」とトレーナー。馬場、血統と好走の条件が整ったベルーフが、夏の主役に躍り出る。 (特捜班)

小倉記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【スポ京都金杯】ケイティープライド、上向き12秒32016年1月3日() 05:02

 ケイティープライドは、坂路でジャズファンク(1000万下)と併せ馬。馬なりながらラスト1ハロン12秒3(4ハロン52秒1)とシャープな伸びで併入した。「動けるようになってきたね」と角田調教師は笑み。「休み明けより使った方が結果が出ている。距離短縮はいいし、ハンデ53キロはなかなか魅力的。穴を開けてくれないかな」と一発に期待を込めていた。

★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】フミノムーン、ファルコンSへ2015年1月28日(水) 05:03

 ★若駒S3着ジャズファンク(栗・角田、牡)は左膝骨折が判明し、休養することになった。全治は不明。

 ★なずな賞を制したフミノムーン(栗・西浦、牡)はファルコンS(3月21日、中京、GIII、芝1400メートル)に進む。

 ★京成杯4着ソールインパクト(美・戸田、牡)、なずな賞2着シンボリタピット(美・久保田、牡)は共同通信杯(2月15日、東京、GIII、芝1800メートル)へ。

 ★25日中山の500万下(ダ1200メートル)を快勝したトーセンミッション(美・菅原、牡)は近日中に千葉県のエスティファーム小見川に移動してしばらく休養。「将来性十分。成長を促したい」と菅原師。

 ★24日京都の新馬戦(ダ1800メートル)を逃げ切ったユイマール(栗・松永幹、牡)は2月15日京都の500万下(ダ1800メートル)。僚馬で24日中京の未勝利戦(ダ1800メートル)を勝ったコンセギール(牡)は、くすのき賞(2月22日、小倉、500万下、ダ1700メートル)へ。

 ★25日中山の新馬戦(ダ1200メートル)を圧勝したニットウスバル(美・高橋文、牡)はヒヤシンスS(2月22日、東京、OP、ダ1600メートル)を目指すが、除外の可能性がある場合、同14日東京の500万下(ダ1600メートル)へ。

 

[もっと見る]

【若駒S】アダムスブリッジ無傷でオープン突破! 2015年1月24日() 15:20

 24日の京都10R若駒ステークス(3歳オープン、芝2000メートル)は、和田竜二騎手騎乗の2番人気アダムスブリッジ(牡、栗東・石坂正厩舎)が道中最後方追走から直線で力強く抜け出してV。新馬戦に続く2連勝を飾った。タイムは2分1秒1(良)。

 7頭立てとやや寂しい顔ぶれになった一戦は、サトノゼファーが先手を取り、2番手にミコラソンアドマイヤガストが併走。1番人気のストーンウェアは5番手で、その後ろから進んだジャズファンクアダムスブリッジとともに、人気どころはいずれも後方からの競馬となった。道中はスローペースになったものの、頭数が少なく、4コーナーでは一団となって直線の決め手比べ。末脚勝負に強い後方待機の3頭が直線では抜け出す形になったが、最後は馬群の中を突いたアダムスブリッジが力強く差し切って無傷の2連勝を決めた。1馬身1/4差の2着がストーンウェア。さらに3/4馬身差の3着が3番人気のジャズファンクだった。

 アダムスブリッジは、父ゼンノロブロイ、母シンハリーズ、母の父Singspielという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 和田騎手は「ゲートの中はおとなしかったのですが、右を向いたのと同時にゲートが開いて、タイミングが合いませんでした。前半は自分のリズムで走らせていきましたが、引っかかる面もなかったです。力が違うので狭いところでも割っていけるタイプだし、折り合いもつくタイプ。これからも楽しみですね」と無傷でオープン勝ちを決めたパートナーに目を細めていた。

★24日京都10R「若駒S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】バイガエシ、すみれSか弥生賞へ2015年1月9日(金) 05:00

 ★ホープフルSを勝ったシャイニングレイ(栗・高野、牡)は弥生賞(3月9日、中山、GII、芝2000メートル)から皐月賞を予定。

 ★福寿草特別を勝ったバイガエシ(栗・作田、牡)は、すみれS(3月2日、阪神、OP、芝2200メートル)か弥生賞。

 ★福寿草特別2着レントラー(栗・松永昌、牡)は、梅花賞(31日、京都、500万下、芝2400メートル)へ。4日京都の新馬戦(芝2000メートル)を勝ったライトファンタジア(栗・松田博、牡)も同レースへ。

 ★ホープフルS10着ティルナノーグ(栗・松永幹、牡)は、共同通信杯(2月16日、東京、GIII、芝1800メートル)に向かう。

 ★寒竹賞2着ジャズファンク(栗・角田、牡)は、若駒S(24日、京都、OP、芝2000メートル)に挑戦する。

[もっと見る]

【寒竹賞】良血ラムセス連勝!北村宏「いい伸び」 2015年1月6日(火) 05:02

 5日の中山9R・寒竹賞(500万下、芝・内2000メートル)は、6番人気タケルラムセス(美・田村、牡、父キングカメハメハ)が快勝し、デビュー戦から連勝を決めた。タイム2分1秒6(良)は、前週のGIIホープフルSより0秒3速かった。

 前半は後方2番手の内を追走。勝負どころから進出し、直線は外に持ち出して馬群の中を鋭く伸びた。半馬身差とはいえ、余裕を感じさせる内容だった。

 北村宏騎手は「4コーナーもうまくさばけて、ジャズファンクと馬体が合ってからもいい伸びを見せてくれた」と快勝劇を笑顔で振り返る。

 母はローズSを勝ったヒシピナクルで伯母にエリザベス女王杯などGI2勝のヒシアマゾンがいる。血統からもスケールは大きい。次走は未定だが、今後はクラシックに向けてステップレースを選択していく。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャズファンクの関連コラム

閲覧 249ビュー コメント 0 ナイス 5

▼2014年09月20日(土) 阪神09R 野路菊ステークス
【JRA、かつ芝1800mのレースにおける連対経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [3-4-3-8](複勝率55.6%)
●なし [1-0-1-10](複勝率16.7%)
→距離適性を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつ芝1800mのレースにおいて連対経験があるのは、グランカマラードジャズファンクタガノレグルスダノンメジャーの4頭です。

▼2014年09月20日(土) 新潟11R ラジオ日本賞
【年齢別成績(2012年以降)】
●5歳以下 [2-1-2-3](複勝率62.5%)
●6歳以上 [0-1-0-15](複勝率6.3%)
→今年も高齢馬の取り扱いに注意したいところ。なお、2012年に6歳ながらも2着となったパワーストラグルは、2010年にダートグレード競走の白山大賞典を勝っていた馬です。

▼2014年09月21日(日) 阪神11R 関西テレビ放送賞 ローズステークス
オークスにおける出走経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [6-4-2-25](複勝率32.4%)
●なし [0-2-4-47](複勝率11.3%)
→3歳牝馬クラシック戦線の王道を歩んできた馬が中心。特にオークスで出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークした馬は2008年以降[6-3-1-9](複勝率52.6%)と安定しています。特別登録を行った馬のうち、オークスに出走していたのは、サングレアルディルガヌーヴォレコルトブランネージュの4頭だけ、オークスで出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークしたのはヌーヴォレコルトだけです。

▼2014年09月21日(日) 新潟11R 朝日杯 セントライト記念
【JRA、かつ1800m未満のレースにおける優勝経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [0-0-2-19](複勝率9.5%)
●なし [4-4-2-35](複勝率22.2%)
→マイルくらいの距離を難なくこなせるようなタイプは人気を裏切りがち。菊花賞トライアルらしく、芝中長距離に特化したタイプを重視すべきでしょう。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつ1800m未満のレースにおいて優勝経験があるのは、アルテイスラボニータエアアンセムオウケンブラッククラリティシチーサングラスステファノスタガノグランパの8頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、『グリーンチャンネル』などさまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。9月12日に最新刊『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)を発売。


登録済みの方はこちらからログイン

ジャズファンクの口コミ


口コミ一覧
閲覧 261ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の本命馬回顧をしていきます。


【5回京都5日】

■7R ドライバーズハイ 2人気1着

4角まで絶望的な位置にいましたけど、
道中でしっかりと脚を溜めた事が直線での伸びに繋がったんだと思います。
次走からは1000万下に再昇級しますが、展開さえ向けば、上のクラスでも勝ち負けできるはずです。

■8R トリオンフ 2人気1着

中途半端に控えるのではなく、
積極的に前のポジションを取りに行ったC・デムーロ騎手のファインプレーも光りました。
渋った馬場もこの馬に味方したようです。

■9R ライジングドラゴン 1人気7着

結果的には過剰な1番人気に手を出した、という事になります。
混戦ムードだったので、最初から波乱含みの予想をすべきでした。

■10R ジャズファンク 5人気5着

54kg+タフな馬場なら、何とかなると思っていたんですけどね…。
もっと速い展開にならないと厳しいのでしょう。

■11R ゲッカコウ 7人気6着

スタートでの致命的な出遅れをしていながら、まずまずの走りを見せていますので、
スタートがまともだったら、もっと上位にこれたかもしれません。

■12R ビットレート 2人気5着

超スローペースの2番手、という絶好のポジションにいたんですけどね…。
他馬の決め手の方が上でした。


【5回東京5日】

■7R クレバーバード 5人気11着

前に行ってどこまで粘れるか、というタイプですから、
後方からの競馬になった時点でノーチャンスでした。

■8R グッドスカイ 1人気2着

道中3番手からスムーズな競馬ができていたんですけど、
平地での脚比べでシンキングダンサーに見劣ってしまいました。

■9R メトロポリス 2人気13着

直線手前で早々に手ごたえがなくなりました。
キャリア2戦で初の東京、という厳しい状況で◎をつけるのはナンセンスですよね…。

■10R ウインファビラス 8人気10着

7ヶ月の休み明けだったとはいえ、降級の牝馬限定戦でからっきし、という内容。
次に変わり身を見せてくれないと、先々が厳しくなりますから、次走が勝負どころになります。

■11R(東スポ杯2歳S)ワグネリアン 1人気1着

見た目通りの完勝でしたね。
奥の深さではルーカスの方が上ですけど、現時点での完成度はワグネリアンの方が圧倒的に上ですから、
今後もこのままの調子でクラシック路線を歩んでもらいたいです。

■12R ハウメア 1人気1着

逃げの手に出て、ドーヴァーとの一騎打ちを制しました。
最内枠が良かったですし、1400mの距離も合っていたと思います。


【3回福島5日】

■7R ユトリチャン 6人気13着

ペース自体は問題なかったんですけどね…。
菜七子騎手のタニマサガールとのハナ争いに敗れ、控える競馬になったのが裏目に出ました。

■8R ミネット 1人気2着

大外枠だったので、道中の位置取りがいつもより後方になってしまいましたが、
直線でもしっかりとした脚を使っていますし、現級力上位である事を改めて証明してくれました。

■9R ハルク 1人気5着

道中3番手で折り合っていたんですけど、直線で末脚不発。
これといった敗因が見当たらないので、成績にムラのあるタイプ、と解釈するしかなさそうです。

■10R ディアシューター 1人気8着

位置取りが後ろになるのは想定内だったんですが、
直線入り口で4・5番手に追い上げたところで見せ場が終わってしまいました。
小回りが全く合わないのか、前走好走の反動があったのか…。

■11R ヒメタチバナ 4人気2着

上手く立ち回ったんですけどね…。
でも、2600mに対応できたのは収穫ですから、今後も長距離戦で上位争いしてくれる事でしょう。

■12R ウォーブル 7人気3着

好スタートを決めて、好位の内から上手く立ち回りました。
道中で捲る競馬をするケースが多いのですが、
今回のようなレースができれば、500万下突破も近いと思います。



【5回京都6日】

■7R メイショウタチマチ 3人気13着

前走で暴走気味の逃げをうって凡退していますから、今回は控える競馬をするだろう…
と思っていたんですけど、出ムチ入れての大逃げ、という極端すぎる競馬をしてしまいました。
ペースメーカーになっただけでしたね。

■8R リアルプロジェクト 3人気7着

3番手で控えていましたが、直線入り口付近で手応えが怪しくなり、直線半ばで息切れ。
中途半端な競馬をするとダメな事がハッキリしましたから、次こそは積極的なレースをしてほしいです。

■9R デルマキセキ 6人気10着

サッパリな内容だったので、本調子じゃなかったんでしょうけど、
道中の位置取りが悪すぎましたし、距離も長かったのかな?と思っています。
来年の北海道開催まで様子見する事にします。

■10R エイシンティンクル 2人気9着

いつも通り、速いペースで逃げましたが、最後はバタバタでした。
良化途上だった前走を使って調子が上がっていると思っていたんですけどね…。

■11R(マイルCS)レッドファルクス 3人気8着

道中が押しながらの追走だったので、嫌な予感がしていましたが、人気を裏切る結果になってしまいました。
主戦のM・デムーロ騎手がペルシアンナイトに乗っているのですから、
ペルシアンナイトの方にチャンスがあった、と考えるべきでした。

■12R オウケンビリーヴ 2人気2着

直線で前が壁になりそうなところを上手く抜け出しましたけど、
スムーズなレースをしていた勝ち馬に出し抜けをくらい、2着まで。
レース展開次第、という馬ですが、いつも安定して走ってくれるので、今後も追いかけたいです。


【5回東京6日】

■7R バスカヴィル 1人気3着

終始チグハグなレースでした。
最後は地力の高さで3着を確保しましたけど、最低でも連対してくれないと…。

■8R スマートダンディー 2人気2着

好位の外から上手くレースを進めましたが2着まで。
外めをスムーズに回る形なら力を出し切りますから、今後も外枠配置なら要注意です。

■9R ミュージアムヒル 3人気2着

馬場の内めを通った戸崎騎手・マウレアの方が一枚上手でした。
でも、直線がもっとスムーズだったら差し切っていたのかな?という走りでしたし、次にはつながったと思います。

■10R ヒデノインペリアル 8人気2着

五分のスタートから果敢にハナを奪い、2着に粘り込みました。
8Rのダート戦で川須騎手が逃げ切り勝ちを決めていたので、もう1つ勝ってくれたら最高だったんですけど、
最善を尽くした中での2着なので、本当に立派だと思います。

■11R ダノンフェイス 2人気1着

中団やや前の位置取りでしたけど、
浜中騎手が上手く馬群の外へと持ち出し、サウススターマンとの叩き合いを制しました。
まだまだこれからの馬ですが、今の充実っぷりなら重賞でも通用すると思います。

■12R ウインテンダネス 3人気9着

冷静に考えてみたら、超スローペースしかない、というメンバー構成でしたから、
この状況で追い込み一辺倒の馬を狙うのはナンセンスでした。


【3回福島6日】

■7R マイネルクラフト 6人気6着

2着馬とほぼ同じ位置にいましたから、上位争いしても不思議ないんですけどね…。
直線に入ってから全く伸びませんでした。

■8R サイモンゼーレ 1人気3着

菜七子騎手が騎乗停止になった馬でしたので、リベンジを期待しましたが、ダメでした。
前半の行きっぷりがイマイチでしたから、1150mは若干忙しいのかもしれません。

■9R アイムウィッシング 5人気5着

スタートは良かったんですけど、二の脚がつかず、中団からのレースに。
最後の直線でそこそこ伸びていただけに、序盤の位置取りが悪かったところが致命的でした。

■10R カウントオンイット 2人気9着

先手を奪いましたが、レッドミラベルに捲られたところでリズムが崩れてしまいました。
忙しい競馬になりやすいローカルの小回りコースが合わなかったのでしょうか。

■11R ブライトアイディア 6人気2着

シンガリから2番手の位置にいましたけど、直線で鋭い脚を使って2着を確保。
ローカルの1700mがベストですから、今後もベスト条件なら好勝負してくれると思います。

■12R スナークスカイ 5人気1着

好位の内という絶好位置から一気の差し切り勝ち。
枠順に恵まれたとはいえ、とても鮮やかな勝ちっぷりだったと思います。


マイルCSは「今週もミルコ!」というようなレースになりましたね。

エアスピネルが先に抜け出したところをペルシアンナイトが差す、
という形はリオンディーズが朝日杯FSを勝った場面のリプレイを見ているかのような感じがしました。

今週のジャパンカップもM・デムーロ騎手に注目が集まる事でしょう。

今回はサトノクラウンとのコンビで参戦。
キタサンブラックへのリベンジを狙う事になりますが、どんなレースを見せてくれるのでしょうか。

 浪花のクマ 2017年9月20日(水) 19:09
今週の武豊J 騎乗予定馬
閲覧 73ビュー コメント 0 ナイス 6


今週は2日間とも阪神です。

9/23 阪神
ウィズ (2歳未勝利)
メイショウヴォルガ (3歳以上500万円以下)
ミスティーフリップ (3歳以上500万円以下)
バーニングペスカ (ききょうステークス)


9/24 阪神
サニーレイ (2歳新馬)
タユウグロ (2歳新馬)
キャスパリーグ (3歳以上500万円以下)
メイショウマトイ (3歳以上500万円以下)
ジャズファンク (ムーンライトハンデキャップ)
ダンビュライト (第65回 神戸新聞杯・GII)
ファームフェイス (3歳以上1,000万円以下)

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年5月1日(月) 19:53
馬券メモ(20174/29・30)
閲覧 50ビュー コメント 2 ナイス 7

先週の予想コロシアムは36レース予想したんですけど、
的中したのは上位人気の複勝1点のみ…(ToT)

酷い予想ばかりでしたが、敗因を掴んでおかないと取り返しのつかない事になりますので、
ここでしっかりとレース回顧をしていきたいと思います。


【3回京都3日】

■7R レイリオン 2人気9着

京都芝1200mで新馬勝ちした馬なんですけど、直線に向いた時に手応えがもういっぱい。
敗因が不明確な負け方でした。

■8R コパノリスボン 1人気4着

上位馬は道中で内めを回っていましたから、
好位の外々を回っていたこの馬にとっては厳しい展開になってしまいました。

■9R ソーグリッタリング 3人気2着

好位から上手くレースを運んでいましたし、
直線の内ラチ沿いから突き抜けそうな感じがありましたが、もう一歩足りませんでした。

■10R ジャズファンク 8人気4着

脚を溜める事に専念したかのような競馬でした。
ハービンジャー産駒のこの馬にとっては決着時計も速すぎた印象です。

■11R ナンチンノン 5人気8着

好スタートからスムーズに先行できましたが、
コウエイエンブレムに格の違いを見せつけられてしまいましたね。
元々ムラのある馬なので、◎で勝負するべき馬ではありませんでした。

■12R ワンダーアビルマン 3人気12着

昇級初戦でも大丈夫だと思っていましたが…。
完敗でしたので、1000万下では厳しいですね。


【2回東京3日】

■7R ペルランヴェール 1人気2着

スタートで出遅れて、押せども押せども前に進まない、という最悪な展開でしたが、
馬の能力だけで2着に入ってきました。

■8R アオイサンシャイン 1人気3着

それなりの競馬は出来ているんですが、東京だと瞬発力に欠けますね。
過剰人気気味でしたし、もっと深く考えるべきでした。

■9R アヴニールマルシェ 1人気2着

直線で追い出すまでに時間が掛かってしまいました。
最後も良く伸びているんですけど、いつも他馬に足元をすくわれてしまいます。

■10R バイオンディップス 5人気8着

意識的に控える競馬を試した、という印象を持ちました。
クラス慣れするまでにはまだまだ時間がかかりそう。

■11R(青葉賞)ポポカテペトル 3人気4着

もっと積極的な競馬をしてほしかったのですが、テン乗りでは無理でしょうね。
でも、100点満点のレースをしてもアドミラブルにはちぎられていたのでしょうから、
現時点では重賞で勝ち負けするレベルまで来ていない、という事がハッキリしました。

■12R イダクァイマ 7人気8着

好位から粘り込む、という競馬を考えていたんでしょうけど、結果的には差し・追い込み決着に。
展開が噛み合えばもっとやれる馬だと思います。


【1回新潟1日】

■7R ウィズアットレース 5人気15着

好スタートからスムーズに先行していましたが、4角入口付近でもう一杯一杯でした。
ダートは全く合わないようです。

■8R リリーシューター 7人気5着

最内枠からコースロスの少ない競馬を試みての5着ですから、
今回は上位馬が強かった、という事なのだと思います。

■9R コパノマイケル 1人気1着

2番手の外め、という絶好位から楽に突き抜けました。
馬券は相手抜けで外しています。

■10R アースミステリー 6人気5着

好位で流れに乗る競馬だったんですけど、
差し馬向きの展開になってしまったようです。

■11R ライトフェアリー 1人気4着

初の直線競馬+昇級初戦という状況でしたが、よく頑張っていたと思います。
でも、この馬が1番人気になってしまうとは…。
もっとオッズの動きをよく見なければいけませんね。

■12R スクエアゴールド 3人気14着

新潟がダメなのか、左回りがダメなのか。
ここまでボロ負けするとは…。


【3回京都4日】

■7R ヴァーサトル 2人気3着

ロスのない競馬をしての3着。
現状の力を全て出し切ってこの結果ですから、仕方ないと思うしかありません。

■8R ウェーブヒーロー 5人気9着

今の京都で外枠を狙っているようじゃダメです。
こういう自滅のような外し方を無くしていかないといけません。

■9R ラルク 2人気10着

芝1800mの持ち時計を比較してみると、メンバー中最低。
高速馬場が不向きなディープ産駒である事に気付いたのはレース後になってから…(>

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャズファンクの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  hironish   フォロワー:3人 2014年9月5日(金) 04:47:07
http://umanity.jp/circle/topic_detail.php?kbn=0&id=d7e7f599a6&topicid=94381c5c62

ジャズファンクの写真

投稿写真はありません。

ジャズファンクの厩舎情報 VIP

2017年12月9日オリオンステークス7着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ジャズファンクの取材メモ VIP

2017年11月18日 修学院ステークス 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。