ビットレート(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝6 栗毛 2012年1月28日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績25戦[2-7-3-13]
総賞金5,270万円
収得賞金700万円
英字表記Bit Rate
血統 スペシャルウィーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
キャンペンガール
スルーレート
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
スルーオール
兄弟 ハイアーレートトゥルーマートル
前走 2017/11/18 3歳以上1000万下
次走予定

ビットレートの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/18 京都 12 3歳以上1000万下 芝1400 118103.925** 牝5 55.0 A.アッゼ中内田充462(+14)1.23.7 0.435.0ベルカプリ
17/05/20 東京 12 4歳以上1000万下 芝1400 186113.6113** 牝5 55.0 M.デムー中内田充448(-14)1.21.3 0.734.3⑦⑨ドルチャーリオ
17/04/30 京都 8 鷹ケ峰特別 1000万下 芝1400 16473.513** 牝5 55.0 M.デムー中内田充462(+6)1.20.1 0.133.3レッドリーガル
17/02/18 京都 9 宇治川特別 1000万下 芝1400 128115.825** 牝5 55.0 M.デムー中内田充456(-4)1.23.2 0.435.1ワントゥワン
17/01/21 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1400 16115.722** 牝5 55.0 M.デムー中内田充460(-2)1.23.5 0.534.4ビップライブリー
16/11/19 京都 12 3歳以上1000万下 芝1400 144632.892** 牝4 55.0 A.アッゼ中内田充462(-6)1.22.4 0.234.0ニシノラッシュ
16/11/06 京都 9 醍醐特別 1000万下 芝1200 1871424.579** 牝4 55.0 M.バルザ中内田充468(+16)1.08.7 0.434.0⑫⑫ナリタスターワン
16/08/20 小倉 10 小郡特別 500万下 芝1200 188162.711** 牝4 55.0 川田将雅中内田充452(+6)1.09.4 -0.034.5⑬⑫エイシンピカソ
16/07/31 小倉 8 3歳以上500万下 芝1200 18366.732** 牝4 55.0 川田将雅中内田充446(-8)1.08.3 0.034.4ラベンダーヴァレイ
16/06/12 阪神 8 3歳以上500万下 芝1400 1861114.966** 牝4 55.0 菱田裕二中内田充454(0)1.21.3 0.334.9マイアベーア
16/05/21 京都 8 4歳以上500万下 芝1400 185105.723** 牝4 55.0 川田将雅中内田充454(-8)1.21.4 0.835.2⑦⑥グレイスミノル
16/03/26 阪神 7 4歳以上500万下 ダ1400 128123.318** 牝4 55.0 川田将雅中内田充462(+6)1.25.4 0.937.9スズカシャーマン
16/02/27 小倉 12 合馬特別 500万下 芝1200 187157.042** 牝4 55.0 D.バルジ中内田充456(-4)1.08.3 0.134.7⑥⑥リッパーザウィン
16/02/14 小倉 10 巌流島特別 500万下 芝1200 184814.277** 牝4 55.0 小崎綾也中内田充460(-2)1.08.6 0.534.7⑩⑩オウノミチ
15/12/19 中京 7 3歳以上500万下 芝1400 184713.677** 牝3 54.0 菱田裕二中内田充462(+4)1.22.0 0.335.1⑩⑦インストアイベント
15/12/06 中京 8 3歳以上500万下 芝1400 188188.955** 牝3 54.0 C.ルメー中内田充458(+4)1.22.3 0.434.6⑤⑥ヴェルステルキング
15/10/03 阪神 12 3歳以上500万下 芝1600 1871510.6413** 牝3 53.0 川田将雅中内田充454(+8)1.35.9 1.435.9⑰⑮ショウボート
15/07/26 中京 8 3歳以上500万下 芝1400 187132.414** 牝3 52.0 川田将雅中内田充446(0)1.21.7 0.435.0⑨⑩アドマイヤオウジャ
15/07/11 中京 12 3歳以上500万下 芝1600 16485.834** 牝3 52.0 川田将雅中内田充446(-6)1.35.9 0.234.8④⑤⑤ヴィルジニア
15/05/30 京都 4 3歳未勝利 芝1400 187132.311** 牝3 54.0 川田将雅中内田充452(-8)1.21.2 -0.334.0サウンドドゥイット

⇒もっと見る


ビットレートの関連ニュース

 5日の中京5R2歳新馬(芝1400メートル)は、小牧太騎手騎乗の5番人気ドルメロ(牡、栗東・庄野靖志厩舎)が接戦を制してV。タイムは1分23秒0(稍重)。

 二の脚を生かして最内のアサケカペラが先手を奪うと、タカノロンシャンカジノプレイヤーなどがこれに続く。人気のビットレートは中団の馬群でレースを進めた。3番手のカジノプレイヤーが手応え良く前をうかがって直線に向くが、追われての伸びが案外。ビットレートも馬群からなかなか抜け出せない。これらに代わって先頭争いを繰り広げたのは、好位のインから抜けたドルメロと、中団から馬群をさばいて脚を伸ばしたグレイトチャーターの2頭。ゴールまで2頭の接戦が続いたが、最後はわずかにドルメロがしのいで初陣を飾った。エンパイアメーカー産駒は過去に外国産馬で勝ち星を挙げた馬はいるものの、輸入されてからの産駒としては初勝利。クビ差2着には2番人気のグレイトチャーター。さらに3馬身離された3着に、ようやく末脚を伸ばしたビットレートが入っている。

 ドルメロは、父エンパイアメーカー、母チェリーエンジェル、母の父フジキセキという血統。3代母ダイアナソロンはGI桜花賞の勝ち馬。

 小牧騎手は「センスのいい馬だね。気が良いのと、新馬同士だったので前につけてレースができたけど、跳びも大きいし、短距離馬という感じではない。距離が延びて良さそうだよ」と今後の可能性を感じている口ぶりだった。

★5日中京5R「2歳新馬」の結果はこちら

【うわさの2歳馬】ビットレート古馬相手に最先着2014年7月4日(金) 12:56

 【中京5R】ビットレートは半兄ハイアーレート札幌2歳Sで3着になっており、早い時期から動ける血筋だ。先週のCWコース3頭併せでは、先週の新馬戦で2着になったトーセンバジルと古馬を相手に、最先着した。「気負いもなく、ちょうどいい感じに仕上がった。距離も1400メートルくらいが一番合っていると思うし、スタートもいい」と佐伯助手。完成度の高い走りを見せるか。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【馬名決まりました】栗東(5月22日登録分)2014年5月27日(火) 17:29

ウイングアクティブ(牡、父アグネスデジタル、母リボンストライプ、栗東・野中賢二

アイファーコジーン(牡、父アドマイヤコジーン、母ネコヤナギ、栗東・坪憲章

マケナイデ(牝、父アルデバランII、母ドリームニキハート、栗東・崎山博樹

アングルゴア(牡、父ヴァーミリアン、母レナンセラ、栗東・浅見秀一

アスタキサンチン(牝、父ヴリル、母テンセイフジ、栗東・境直行

コウザンダンサー(牝、父ヴリル、母ランタナ、栗東・佐藤正雄

タレントナチュラル(牝、父エイシンサンディ、母ジェネスジェット、栗東・西橋豊治

コンコード(牡、父エンパイアメーカー、母トゥハーモニー、栗東・友道康夫

メイショウヤマザト(牡、父エンパイアメーカー、母メイショウラメール、栗東・本田優

ウインオベロン(牡、父カネヒキリ、母エイシンベリンダ、栗東・宮本博

プリンセスララ(牝、父カネヒキリ、母ピンクシューズ、栗東・福島信晴

セイセイセイ(牡、父カンパニー、母サンキュウガール、栗東・梅田康雄

タガノビヨンド(牡、父キングカメハメハ、母タガノティアーズ、栗東・宮徹

サトノアッシュ(牡、父キングカメハメハ、母ディナーブレイク、栗東・中竹和也

ティーエスナイン(牡、父キングカメハメハ、母ナイスヴァレー、栗東・鈴木孝志

スルターナ(牝、父キングヘイロー、母ラヴァーズレーン、栗東・昆貢

ウインユニファイド(牡、父キンシャサノキセキ、母ユーキャンドゥイット、栗東・飯田雄三

コパノジョージ(牡、父クロフネ、母ウェディングシルク、栗東・宮徹

ゴットモーニング(牡、父ケイムホーム、母オースミエルフ、栗東・木原一良

ヒデノプラチナ(牡、父ジャイアントレッカー、母アイレンベルク、栗東・佐藤正雄

ワーリーバード(牝、父ジョウテンブレーヴ、母セイカホール、栗東・西橋豊治

ノーブルルージュ(牝、父ショウナンカンプ、母スプラッシュビート、栗東・宮本博

アドバンスゴード(牡、父スウェプトオーヴァーボード、母タイキクリスティー、栗東・牧浦充徳

サワヤカオリュウ(牝、父スクワートルスクワート、母オオシマセイラー、栗東・柴田光陽

ロードグリッター(牡、父ステイゴールド、母エイトディズアパート、栗東・藤岡健一

アクセラレート(牡、父ステイゴールド、母オリジナルスピンII、栗東・佐々木晶三

サージェントバッジ(牡、父ステイゴールド、母タペストリー、栗東・須貝尚介

ネージュドール(牡、父ステイゴールド、母モントレゾール、栗東・高橋康之

スクワール(牡、父ストーミングホーム、母ショートハンド、栗東・野中賢二

レオパルディナ(牝、父スニッツェル、母ビオンドパンテーラ、栗東・高橋康之

ビットレート(牝、父スペシャルウィーク、母スルーレート、栗東・中内田充正

ジャストドゥイング(牡、父ゼンノロブロイ、母ストラテジー、栗東・中竹和也

シゲルアワオドリ(牝、父ソングオブウインド、母イガノミッシェル、栗東・柴田光陽

ティーベレヌス(牡、父タイキシャトル、母ソレイユ、栗東・西橋豊治

アイファーサラオー(牡、父タイムパラドックス、母アイファーペガサス、栗東・坪憲章

カジノプレイヤー(牡、父ダイワメジャー、母ベガスナイト、栗東・本田優

ピースオブジャパン(牡、父ダイワメジャー、母マイティーカラー、栗東・宮徹

バチスタ(牝、父ダイワメジャー、母ミネラルスプリング、栗東・須貝尚介

スズカプレスト(牡、父ダイワメジャー、母メジロプレスト、栗東・橋田満

ミスターハーレー(牡、父タニノギムレット、母スターマーチ、栗東・高橋義忠

デビュタント(牝、父ディープインパクト、母モアザンベスト、栗東・佐々木晶三

モルトベーネ(牡、父ディープスカイ、母ノーブルエターナル、栗東・松永昌博

ミリノカイザー(牡、父ハーツクライ、母クイーンエタニティ、栗東・森秀行

マッシヴランナー(牡、父ハーツクライ、母バクシンヒロイン、栗東・大橋勇樹

ゼットスマイル(牡、父ハービンジャー、母ゼットフウリン、栗東・宮徹

ブルームーン(牡、父パイロ、母ルアシェイア、栗東・清水久詞

ペパーミント(牝、父バゴ、母マルフクブリジャン、栗東・湯窪幸雄

ニホンピロラプター(牡、父ファルブラヴ、母ニホンピロキャット、栗東・服部利之

ダンツアリーナ(牡、父ブラックタイド、母シンメイジョイ、栗東・本田優

メザニン(牡、父フレンチデピュティ、母エーシンオームズ、栗東・牧田和弥

ナンシー(牝、父フレンチデピュティ、母マッキーロイヤル、栗東・梅田康雄

シゲルヒキヤマ(牡、父マーベラスサンデー、母ジュリアクイーン、栗東・谷潔

ワンラヴワンハート(牡、父マイネルラヴ、母パサパ、栗東・牧浦充徳

カシノノゾミ(牝、父マヤノトップガン、母ポットブリリアンス、栗東・梅内忍

アグネスファイン(牝、父マンハッタンカフェ、母アグネスフィーバー、栗東・森秀行

アグネスレジーナ(牝、父マンハッタンカフェ、母アグネスロージイ、栗東・森秀行

ハルマッタン(牝、父マンハッタンカフェ、母マチカネハヤテ、栗東・河内洋

レッドソロモン(牡、父メイショウサムソン、母アドマイヤリッチ、栗東・庄野靖志

イイネー(牡、父メイショウボーラー、母ガンバリッコ、栗東・音無秀孝

テイエムファーサイ(牡、父ワイルドラッシュ、母ラスターゲイン、栗東・福島信晴

セイウンクロエ(牝、父Footstepsinthesand、母Aujiang、栗東・田所秀孝

カラーラビアンコ(牡、父Giant's Causeway、母スターオブサファイア、栗東・音無秀孝

シゲルエベッサン(牡、父Stormy Atlantic、母Sweet and Flawless、栗東・木原一良

[もっと見る]

ビットレートの関連コラム

関連コラムはありません。

ビットレートの口コミ


口コミ一覧
閲覧 288ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の本命馬回顧をしていきます。


【5回京都5日】

■7R ドライバーズハイ 2人気1着

4角まで絶望的な位置にいましたけど、
道中でしっかりと脚を溜めた事が直線での伸びに繋がったんだと思います。
次走からは1000万下に再昇級しますが、展開さえ向けば、上のクラスでも勝ち負けできるはずです。

■8R トリオンフ 2人気1着

中途半端に控えるのではなく、
積極的に前のポジションを取りに行ったC・デムーロ騎手のファインプレーも光りました。
渋った馬場もこの馬に味方したようです。

■9R ライジングドラゴン 1人気7着

結果的には過剰な1番人気に手を出した、という事になります。
混戦ムードだったので、最初から波乱含みの予想をすべきでした。

■10R ジャズファンク 5人気5着

54kg+タフな馬場なら、何とかなると思っていたんですけどね…。
もっと速い展開にならないと厳しいのでしょう。

■11R ゲッカコウ 7人気6着

スタートでの致命的な出遅れをしていながら、まずまずの走りを見せていますので、
スタートがまともだったら、もっと上位にこれたかもしれません。

■12R ビットレート 2人気5着

超スローペースの2番手、という絶好のポジションにいたんですけどね…。
他馬の決め手の方が上でした。


【5回東京5日】

■7R クレバーバード 5人気11着

前に行ってどこまで粘れるか、というタイプですから、
後方からの競馬になった時点でノーチャンスでした。

■8R グッドスカイ 1人気2着

道中3番手からスムーズな競馬ができていたんですけど、
平地での脚比べでシンキングダンサーに見劣ってしまいました。

■9R メトロポリス 2人気13着

直線手前で早々に手ごたえがなくなりました。
キャリア2戦で初の東京、という厳しい状況で◎をつけるのはナンセンスですよね…。

■10R ウインファビラス 8人気10着

7ヶ月の休み明けだったとはいえ、降級の牝馬限定戦でからっきし、という内容。
次に変わり身を見せてくれないと、先々が厳しくなりますから、次走が勝負どころになります。

■11R(東スポ杯2歳S)ワグネリアン 1人気1着

見た目通りの完勝でしたね。
奥の深さではルーカスの方が上ですけど、現時点での完成度はワグネリアンの方が圧倒的に上ですから、
今後もこのままの調子でクラシック路線を歩んでもらいたいです。

■12R ハウメア 1人気1着

逃げの手に出て、ドーヴァーとの一騎打ちを制しました。
最内枠が良かったですし、1400mの距離も合っていたと思います。


【3回福島5日】

■7R ユトリチャン 6人気13着

ペース自体は問題なかったんですけどね…。
菜七子騎手のタニマサガールとのハナ争いに敗れ、控える競馬になったのが裏目に出ました。

■8R ミネット 1人気2着

大外枠だったので、道中の位置取りがいつもより後方になってしまいましたが、
直線でもしっかりとした脚を使っていますし、現級力上位である事を改めて証明してくれました。

■9R ハルク 1人気5着

道中3番手で折り合っていたんですけど、直線で末脚不発。
これといった敗因が見当たらないので、成績にムラのあるタイプ、と解釈するしかなさそうです。

■10R ディアシューター 1人気8着

位置取りが後ろになるのは想定内だったんですが、
直線入り口で4・5番手に追い上げたところで見せ場が終わってしまいました。
小回りが全く合わないのか、前走好走の反動があったのか…。

■11R ヒメタチバナ 4人気2着

上手く立ち回ったんですけどね…。
でも、2600mに対応できたのは収穫ですから、今後も長距離戦で上位争いしてくれる事でしょう。

■12R ウォーブル 7人気3着

好スタートを決めて、好位の内から上手く立ち回りました。
道中で捲る競馬をするケースが多いのですが、
今回のようなレースができれば、500万下突破も近いと思います。



【5回京都6日】

■7R メイショウタチマチ 3人気13着

前走で暴走気味の逃げをうって凡退していますから、今回は控える競馬をするだろう…
と思っていたんですけど、出ムチ入れての大逃げ、という極端すぎる競馬をしてしまいました。
ペースメーカーになっただけでしたね。

■8R リアルプロジェクト 3人気7着

3番手で控えていましたが、直線入り口付近で手応えが怪しくなり、直線半ばで息切れ。
中途半端な競馬をするとダメな事がハッキリしましたから、次こそは積極的なレースをしてほしいです。

■9R デルマキセキ 6人気10着

サッパリな内容だったので、本調子じゃなかったんでしょうけど、
道中の位置取りが悪すぎましたし、距離も長かったのかな?と思っています。
来年の北海道開催まで様子見する事にします。

■10R エイシンティンクル 2人気9着

いつも通り、速いペースで逃げましたが、最後はバタバタでした。
良化途上だった前走を使って調子が上がっていると思っていたんですけどね…。

■11R(マイルCS)レッドファルクス 3人気8着

道中が押しながらの追走だったので、嫌な予感がしていましたが、人気を裏切る結果になってしまいました。
主戦のM・デムーロ騎手がペルシアンナイトに乗っているのですから、
ペルシアンナイトの方にチャンスがあった、と考えるべきでした。

■12R オウケンビリーヴ 2人気2着

直線で前が壁になりそうなところを上手く抜け出しましたけど、
スムーズなレースをしていた勝ち馬に出し抜けをくらい、2着まで。
レース展開次第、という馬ですが、いつも安定して走ってくれるので、今後も追いかけたいです。


【5回東京6日】

■7R バスカヴィル 1人気3着

終始チグハグなレースでした。
最後は地力の高さで3着を確保しましたけど、最低でも連対してくれないと…。

■8R スマートダンディー 2人気2着

好位の外から上手くレースを進めましたが2着まで。
外めをスムーズに回る形なら力を出し切りますから、今後も外枠配置なら要注意です。

■9R ミュージアムヒル 3人気2着

馬場の内めを通った戸崎騎手・マウレアの方が一枚上手でした。
でも、直線がもっとスムーズだったら差し切っていたのかな?という走りでしたし、次にはつながったと思います。

■10R ヒデノインペリアル 8人気2着

五分のスタートから果敢にハナを奪い、2着に粘り込みました。
8Rのダート戦で川須騎手が逃げ切り勝ちを決めていたので、もう1つ勝ってくれたら最高だったんですけど、
最善を尽くした中での2着なので、本当に立派だと思います。

■11R ダノンフェイス 2人気1着

中団やや前の位置取りでしたけど、
浜中騎手が上手く馬群の外へと持ち出し、サウススターマンとの叩き合いを制しました。
まだまだこれからの馬ですが、今の充実っぷりなら重賞でも通用すると思います。

■12R ウインテンダネス 3人気9着

冷静に考えてみたら、超スローペースしかない、というメンバー構成でしたから、
この状況で追い込み一辺倒の馬を狙うのはナンセンスでした。


【3回福島6日】

■7R マイネルクラフト 6人気6着

2着馬とほぼ同じ位置にいましたから、上位争いしても不思議ないんですけどね…。
直線に入ってから全く伸びませんでした。

■8R サイモンゼーレ 1人気3着

菜七子騎手が騎乗停止になった馬でしたので、リベンジを期待しましたが、ダメでした。
前半の行きっぷりがイマイチでしたから、1150mは若干忙しいのかもしれません。

■9R アイムウィッシング 5人気5着

スタートは良かったんですけど、二の脚がつかず、中団からのレースに。
最後の直線でそこそこ伸びていただけに、序盤の位置取りが悪かったところが致命的でした。

■10R カウントオンイット 2人気9着

先手を奪いましたが、レッドミラベルに捲られたところでリズムが崩れてしまいました。
忙しい競馬になりやすいローカルの小回りコースが合わなかったのでしょうか。

■11R ブライトアイディア 6人気2着

シンガリから2番手の位置にいましたけど、直線で鋭い脚を使って2着を確保。
ローカルの1700mがベストですから、今後もベスト条件なら好勝負してくれると思います。

■12R スナークスカイ 5人気1着

好位の内という絶好位置から一気の差し切り勝ち。
枠順に恵まれたとはいえ、とても鮮やかな勝ちっぷりだったと思います。


マイルCSは「今週もミルコ!」というようなレースになりましたね。

エアスピネルが先に抜け出したところをペルシアンナイトが差す、
という形はリオンディーズが朝日杯FSを勝った場面のリプレイを見ているかのような感じがしました。

今週のジャパンカップもM・デムーロ騎手に注目が集まる事でしょう。

今回はサトノクラウンとのコンビで参戦。
キタサンブラックへのリベンジを狙う事になりますが、どんなレースを見せてくれるのでしょうか。

 マリオおっさん 2017年11月19日() 13:15
予想したレースのその後(11/18版)
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 2

京都
1R→ほぼ平均ペース。プロネルクールはもう少し流れたらチャンスはありそう。ただ、メンバー的には疑問符。
2R→ここもほぼ平均ペースか。詰めの甘さを脱したタガノプレトリアだが、メンバーに恵まれた感。ハルキストンの最後の脚は良かったが、メンバーに恵まれることが条件か。
3R→ここは馬場を考慮してもハイペースだったか。内容的には先行して早め先頭のヤマカツケンザンが1番いいが、レベルはやや疑問。
4R→馬場を考えるとほぼ平均ペースか。決め手勝負で、上位3頭の決め手が優ったが、その中でも勝ち馬は着差以上の評価ができるか。ただ、ここもメンバーは疑問。
5R→新馬戦恒例のスローペース。道悪でも勝ち切った勝ち馬、この展開、馬場で目立つ脚だった2・3着馬。ここまでは評価していい内容だった。アドマイヤビートの落馬は他馬の影響があったので度外視可能。ただ、悪影響が残らなければ。
6R→ここも新馬らしいスロー。出遅れながら最後はすごい脚で伸びたマイティスピリットはかなり評価していいか。スイートベイも伸びて来そうな雰囲気はあっただけに、いつか穴を開けるか。1・2着の次は相手次第で。
7R→馬場差を引いてもハイペース。本命のムイトオブリガードは4角最後方の時点で鞍上のミス騎乗か。当然度外視。休み明けで好内容のタスクフォースは反動が出なければ次も勝ち負け必至。ドライバーズハイはこのメンバーで買ったことは評価も、次も勝ち負けするには展開の助けが欲しそう。
8R→かなりのスローペース。勝負所で馬群に閉じ込められたエアウィンザーは着差ほどの差はない。エルリストンの最後の脚もそこそこは評価できそう。トリオンフの勝因は鞍上の好騎乗か。
9R→馬場を考えるとややスローなぐらい。最後の脚が目立ったオノリスがいちばんの好内容か。サージュミノルはこういう馬場で先行が今後も条件か。レベル的には水準はありそう。
10R→スローペース。ゴール前はハンデ戦らしい大接戦。ハンデ差を考えると、プロフェット→ハナズレジェンドの順番に評価できる。ヴァナヘイムは詰めの甘さが取れれば化けそう。
11R→ほぼ平均ペース。キョウヘイはもう少し直線の長さが欲しそう。その他は道悪適性がある馬が比較的上位だが、2着まではこのメンバーとハンデでは力上位だったか。(ブラックバゴはハンデに恵まれた感があるが。)
12R→かなりをつけていいスローペース。失速したビットレートは休み明けが原因か。最後に迫ったサプルマインド、キッズライトオンの方が当然勝ち馬よりは評価できる。
東京
11R→東スポ杯。2強を倒すために先行した各馬はオーバーペース。重賞でも鋭い脚で差し切ったワグネリアンはやはりこの世代トップの評価を与えて大丈夫か。ただ、次の弥生賞は直線が短いだけに修羅場となりそう。ルーカスは現状では力差を感じた。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年5月23日(火) 20:25
馬券メモ(2017/5/20・21)
閲覧 126ビュー コメント 0 ナイス 8

今日、札幌競馬場でHBAトレーニングセールが行われました。

最高落札額だったのは、231番・トーコーユズキの2015。
価格は5100万円。

今年のトレーニングセールは正直小粒な印象が否めない状況だったので、
5000万円オーバーの馬が出てきたのは良い意味で想定外でした。

これで2歳馬関連のセールは全て終了。
来週の今頃には来季のPOG馬を絞っておかなきゃいけない時期ですから、
今回のトレーニングセールの結果もしっかりチェックして、
お気に入りのPOG馬を選んでいきたいです。

それでは、先週の本命馬の回顧をしていきましょう。


【3回京都9日】

■7R サンライズウィズ 1人気2着

勝ち馬に上手く逃げられてしまいましたけど、この馬の力は出し切ったレースだったと思います。
現級なら安定して走ってくれますが、詰めの甘いところが課題ですね。

■8R メイショウカミシマ 4人気3着

アルメリアブルームを終始マークしながらのレースでしたが、
キレ味勝負になってしまうと厳しいですね。

■9R ラグナグ 2人気1着

中団のポジションから堂々の差し切り勝ち。
次走は降級戦になりそうなので、引き続き勝ち負けでしょう。

■10R ヒカリブランデー 7人気3着

スタートで後手を踏んでしまい、前に取り付くために脚を使ってしまったのが痛かったです。
でも、関西への長距離輸送でも好走できたのは大きな収穫になったはずです。

■11R(平安S)ロンドンタウン 5人気12着

グレイトパールの強さが際立ったレースでしたね。
「馬場が合わなかった」と松山騎手がコメントを出していますので、本質的には軽い馬場がベストなのでしょう。
今一度最終追い切りの動きを見てみたのですが、前走の方が軽快な動きを見せていたんですよね…。
使い詰めによる調子落ちを見抜けたなかったのが悔やまれます。

■12R サイモンラムセス 5人気8着

外回りコースに替わる事を歓迎材料としたのですが、全然届きませんでした。
2000m以上の距離じゃないと今後も厳しそうです。


【2回東京9日】

■7R フィビュラ 2人気6着

半年以上の休み明け初戦という条件ではさすがに厳しかったですね…。
東京コースだとキレ負けしそうなので、小回りの福島や中山の方が合うかもしれません。

■8R スールキートス 3人気3着

直線で大外を回る大味な競馬になってしまいましたが、よく3着まで追い込んだと思います。
極端な脚質なので、3連系の馬券で勝負すべきでした。

■9R アドマイヤローザ 1人気9着

前残りの馬場を考えて、中団ぐらいの位置にいてほしかったんですけど、
道中の位置取りも絶望的で、どうしようもなかったですね…。

■10R モンドアルジェンテ 1人気1着

先行馬にとっては辛い流れでしたが、よく踏ん張ってくれました。
安定した先行力を持つ馬なので、昇級しても先行馬有利の流れになれば面白いと思います。

■11R ナスノセイカン 2人気6着

今の東京で外枠の差し馬を狙っちゃいけませんね…。
このレースを外した事でオークスのソウルスターリング本命が決まったので、
僕にとっては良い教訓になったレースでした。

■12R ビットレート 1人気13着

もっと積極的な競馬をしてほしかったんですが、
馬体重がマイナス14kgでしたから、状態も悪かったんだと思います。


【1回新潟7日】

■7R ミッキーオフィサー 3人気10着

マイナス10kgの馬体重発表で嫌な予感がしたんですけど、
前走のようなダッシュ力を見せられなかったのはやはり馬体重の影響だと思います。

■8R ミュゼリバイアサン 3人気6着

2番手からの競馬になってしまうと持ち味が活きないですね…。
楽にハナを奪える状況になれば巻き返すんでしょうが、そんな状況ってなかなか無いんですよね。

■9R スターファセット 3人気4着

中団やや前めの位置から脚を伸ばしたんですが4着まで。
前残りの展開に泣きました。

■10R フィアーノロマーノ 2人気10着

坂路での最終追い切りの時計が抜群だったので、前走からの変わり身を期待しましたが凡退。
マル外らしく、速い上がり勝負になると手も足も出ないですね。

■11R ウインバローラス 6人気3着

外枠からスムーズなレース運びを見せ3着を確保。
現級にメドを立てるレース内容だったと思います。

■12R ヴァッフシュテルケ 10人気9着

極端な競馬をしてくれれば…と思っていましたが、正攻法の競馬になると厳しいですね。
無理矢理な穴狙いになってしまいました。


【3回京都10日】

■7R トラストマヴィア 1人気3着

中団追走からよく追い込んできたんですけどね…。
今後も差し馬向きの展開になれば上位争いしてきそうです。

■8R ドルフィンマーク 3人気2着

今回も安定した先行力を武器にして2着に粘り込みました。
詰めの甘さは相変わらずですけど、前残りの展開になりそうな時はこれからも軸にしていきたいです。

■9R レイホーロマンス 4人気1着

有利な内枠からスムーズなレース運びを見せて差し切り勝ち。
降級しますから、引き続き1000万下の牝馬限定なら勝ち負け可能です。

■10R タガノアンピール 6人気6着

最低人気が1着で、ブービー人気が2着、という難解なレースでした。
前走の勝ちっぷりは良かったものの、いきなりOPで通用する馬ではなかったようです。

■11R ヴォージュ 3人気1着

前走の内容が良かったですし、展開利が見込めた一戦でもあったので、順当勝ちといえると思います。
でも、2着のスズカルパンが拾えず…。
この日の小牧騎手は乗れていましたから、シンプルに騎手で買い目を決めた方が良かったかもしれません。

■12R タガノジーニアス 1人気4着

直線平坦コースが合う馬なので、前走からのジャンプアップを期待しましたが4着まで。
勝ち急いだ分、ラストの脚が鈍りましたけど、乗り方次第では現級でも上位争いできそうです。


【2回東京10日】

■7R マツリダバッハ 5人気8着

好位からレースを進める事ができましたが、道中で引っ掛かってしまいました。
先行馬有利の馬場になっているとはいえ、折り合いがつかないと厳しいですね。

■8R レレマーマ 1人気2着

勝ち馬の格好の的になってしまいましたけど、実力は出し切っていると思います。
1着・コロマンデルは現級トップクラスの馬なので、1000万下で戦えるメドは立ちました。

■9R アヴニールマルシェ 2人気4着

最内枠から上手く乗っていたと思うのですが、
上位馬とは瞬発力の差を感じる内容でした。

■10R ワキノヒビキ 4人気13着

絶好の1枠だったんですけど、スタートでの出遅れが致命的でしたね…。

■11R(オークス)ソウルスターリング 1人気1着

内枠を引いた幸運が味方しましたけど、直線で手前を変えてからの伸びはさすがですよね。
東京コースがベストですから、秋は天皇賞⇒JC路線になるかも!?

■12R シャイニービーム 2人気3着

少頭数だったんですが、道中で動く馬が多かったレースになりました。
前走よりも時計を詰めた中で負けてしまったのですから、仕方ないですね。


【1回新潟8日】

■7R トブガゴトク 1人気2着

勝ってほしかったんですけど、勝ち馬に上手く逃げられてしまいました。
単騎逃げ以外の戦法で好走できたのは大きな収穫になったはずです。

■8R スティルウォーター 1人気1着

道中の位置取りが後ろすぎましたが、余裕たっぷりの差し切り勝ちを見せてくれました。
でも、11番人気の2着馬を拾えずハズレ…。

■9R ドルチェリア 1人気3着

マイナス18kgの馬体重が影響したのでしょうか。
いつもよりも粘りを欠いて3着に敗れてしまいました。

■10R ウイングチップ 2人気4着

好位追走から粘り込みを図りましたが、惜しい4着になってしまいました。
得意の福島コースなら更に粘りが増すはずなので、コース替わりでの一変に期待したいです。

■11R シンボリディスコ 7人気2着

アイビスSD2着の実績があるのに55kgというハンデは明らかに恵まれましたよね。
思惑通りの競馬をしてくれましたが、1着・フィドゥーシアを切ってしまいました…。

■12R クラウンアイリス 5人気7着

スタートでの出遅れが響きましたね…。
馬体を維持できていたので、新潟への遠征競馬でも大丈夫と思っていましたが…。


週単位ではマイナス収支になってしまいましたが、
オークス的中のおかげで日曜1日単位ではプラス収支に持っていく事ができました。

1日単位でのプラス収支は3月19日以来、2ヶ月ぶり。
負のスパイラルから抜け出すきっかけをつかめそうなところなので、
今週こそは週単位でのプラス収支を達成できるよう、気を引き締めて頑張りたいと思います。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ビットレートの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ビットレートの写真

投稿写真はありません。

ビットレートの厩舎情報 VIP

2017年11月18日3歳以上1000万下5着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ビットレートの取材メモ VIP

2017年11月18日 3歳以上1000万下 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。