注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ディアドナテロ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2012年4月30日生
調教師池上昌弘(美浦)
馬主ディアレストクラブ 株式会社
生産者武田牧場
生産地新冠町
戦績27戦[3-1-5-18]
総賞金4,215万円
収得賞金950万円
英字表記Dear Donatello
血統 スウィフトカレント
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ホワイトウォーターアフェア
ハイフリート
血統 ][ 産駒 ]
アフリート
ダーケストスター
兄弟 ディアユリアザミ
前走 2017/05/07 中ノ岳特別
次走予定

ディアドナテロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/07 新潟 12 中ノ岳特別 1000万下 ダ1800 15464.624** 牡5 57.0 丸山元気池上昌弘482(+4)1.54.7 0.939.4イーストオブザサン
17/04/22 福島 12 花見山特別 1000万下 ダ1700 15224.633** 牡5 55.0 戸崎圭太池上昌弘478(-4)1.46.1 0.238.7シンゼンドリーム
17/03/25 中山 12 4歳以上1000万下 ダ1800 1571225.373** 牡5 57.0 岩田康誠池上昌弘482(0)1.54.0 0.337.4ロードシャリオ
17/03/11 中山 12 4歳以上1000万下 ダ2400 133319.977** 牡5 57.0 内田博幸池上昌弘482(0)2.36.5 1.240.2バイオンディップス
17/02/18 小倉 11 和布刈特別 1000万下 ダ1700 165931.295** 牡5 57.0 吉田隼人池上昌弘482(0)1.45.9 1.137.4⑪⑪⑨⑦スリーアロー
17/01/14 中京 12 大須特別 1000万下 ダ1200 1661196.5135** 牡5 57.0 鮫島良太池上昌弘482(-2)1.12.6 0.336.3⑭⑭タマモイレブン
16/12/23 中山 8 3歳以上1000万下 ダ1200 161264.9128** 牡4 57.0 吉田豊池上昌弘484(+6)1.11.3 0.637.4⑨⑧アメリカントップ
16/10/10 東京 9 西湖特別 1000万下 ダ1600 15713130.41312** 牡4 57.0 蛯名正義池上昌弘478(-8)1.37.4 2.438.4④④コスモカナディアン
16/08/14 札幌 12 報知杯大雪H 1000万下 ダ1700 1371015.377** 牡4 55.0 四位洋文池上昌弘486(+4)1.45.4 0.938.1④⑤ピグマリオン
16/07/31 札幌 8 3歳以上500万下 ダ1700 13224.021** 牡4 57.0 戸崎圭太池上昌弘482(-8)1.45.2 -0.437.3⑤⑤デジタルフラッシュ
16/07/17 福島 12 3歳以上500万下 ダ1700 158155.126** 牡4 57.0 蛯名正義池上昌弘490(+8)1.47.1 1.138.5④⑤サクラルコール
16/06/12 東京 7 3歳以上500万下 ダ1400 16593.626** 牡4 57.0 蛯名正義池上昌弘482(-2)1.25.0 0.736.8⑧⑦サトノスピードオー
16/04/24 東京 7 4歳以上500万下 ダ1400 166123.821** 牡4 57.0 蛯名正義池上昌弘484(-4)1.25.1 -0.136.4⑥⑥スマートダイバー
16/03/19 中京 7 4歳以上500万下 ダ1400 166113.215** 牡4 57.0 蛯名正義池上昌弘488(+2)1.25.0 0.237.0⑩⑫スズカプリオール
16/02/20 東京 7 4歳以上500万下 ダ1400 167133.223** 牡4 57.0 蛯名正義池上昌弘486(0)1.25.4 0.237.0⑩⑩クロフネフリート
16/02/07 東京 6 4歳以上500万下 ダ1400 1661210.232** 牡4 57.0 F.ベリー池上昌弘486(-6)1.26.0 0.435.8⑨⑩ウェイトアンドシー
16/01/16 中山 6 4歳以上500万下 ダ1200 167146.023** 牡4 56.0 F.ベリー池上昌弘492(0)1.12.3 0.137.6⑧⑬ダイワジャスト
16/01/10 中山 8 4歳以上500万下 ダ1200 163623.594** 牡4 56.0 F.ベリー池上昌弘492(+8)1.12.4 0.237.2⑦⑦ウォリアーズソウル
15/11/15 福島 9 3歳以上500万下 ダ1150 1661116.857** 牡3 56.0 川須栄彦池上昌弘484(+2)1.09.0 0.937.2⑩⑨サウスキング
15/11/01 福島 9 3歳以上500万下 ダ1150 1581527.593** 牡3 55.0 川須栄彦池上昌弘482(+10)1.09.1 0.437.6アヴァール

⇒もっと見る


ディアドナテロの関連ニュース

 【中山5R】21日の美浦坂路で4ハロン51秒3の一番時計タイをマークと、スピードは豊富。半兄ディアドナテロ(父スウィフトカレント)はダートで3勝と、砂路線で活躍が期待できそうだ。「坂路で51秒台といい時計が出ている。まだ坂路だけでしかやっていないし、トモの緩さもあるので期待半分、不安半分だが、二の脚があるのである程度の位置で(手綱を)抱えながら運べれば」と沢江助手。

【馬名決まりました】美浦(9月18日登録分)2014年09月23日(火) 14:10

モノクロームシチー(牡、父アグネスデジタル、母モノトーン、美浦・金成貴史

フォアニーム(牝、父アドマイヤムーン、母ヴェルヴェットレディ、美浦・木村哲也

キョウエイラハイナ(牝、父エンパイアメーカー、母アヴェニューズレディ、美浦・藤原辰雄

マイグレートレルム(牡、父エンパイアメーカー、母マイスイートホーム、美浦・久保田貴士

カズノネネヒメ(牝、父エンパイアメーカー、母マスカラーダ、美浦・小西一男

トウショウデルタ(牡、父エンパイアメーカー、母ミッドナイトオアシス、美浦・清水英克

プルメリア(牝、父カネヒキリ、母マルタカキララ、美浦・和田雄二

バンゴール(牝、父キングカメハメハ、母ローザブランカ、美浦・尾関知人

ハッピーパウダー(牝、父クロフネ、母ルミナスハッピー、美浦・木村哲也

ラミアカーサ(牝、父ゴールドアリュール、母ファミッリア、美浦・小島茂之

ニシノインシュアラ(牡、父コンデュイット、母インラヴ、美浦・菅原泰夫

ヤギリヴィーナス(牝、父コンデュイット、母ダイワノブレス、美浦・高橋義博

ヴァーサス(牡、父サウスヴィグラス、母シンワロバリー、美浦・天間昭一

プリエルトウショウ(牝、父サニングデール、母ブルームトウショウ、美浦・柴田政人

サルバドールクロス(牡、父サムライハート、母ブライアンズモアー、美浦・相沢郁

トウカイストラーダ(牝、父ジャングルポケット、母トウカイマーチ、美浦・栗田博憲

ヴァリアントアロー(牡、父ショウナンカンプ、母シーズアトムボイ、美浦・田村康仁

コスモボアソルテ(牡、父シルバーチャーム、母アイラブユーモア、美浦・蛯名利弘

パープルカクタス(牝、父シンボリクリスエス、母スイートピグレット、美浦・伊藤大士

コスモビオス(牡、父スウィフトカレント、母スレバルナ、美浦・鈴木康弘

ディアドナテロ(牡、父スウィフトカレント、母ハイフリート、美浦・池上昌弘

カカドゥ(牡、父スズカマンボ、母アイライクユー、美浦・奥村武

ホッコーヴァール(牝、父スタチューオブリバティ、母ホッコーエクレール、美浦・松永康利

エクラ(牝、父ステイゴールド、母コスモスカイライン、美浦・高橋祥泰

シゲルミコシ(牡、父ステイゴールド、母サクセスウイッチ、美浦・伊藤正徳

ジョンブドール(牝、父ステイゴールド、母シャープキック、美浦・高橋文雅

レッドサヴァージ(牡、父ステイゴールド、母ヒカルラフィーネ、美浦・二ノ宮敬宇

ロジダーリング(牡、父ステイゴールド、母メジロアリエル、美浦・新開幸一

クラウンシトラス(牝、父スニッツェル、母ファンシーオレンジ、美浦・菊川正達

スマートガール(牝、父スマートボーイ、母プリモカラーズ、美浦・伊藤圭三

コイオス(牡、父ゼンノロブロイ、母リンデンシラユリ、美浦・斎藤誠

マリオーロ(牡、父ダイワメジャー、母アイアムラヴィング、美浦・斎藤誠

サウザンリーブス(牝、父タニノギムレット、母タイキミルフィーユ、美浦・高木登

ピースワンポイント(牡、父ダンスインザダーク、母レッドダイヤモンド、美浦・大竹正博

アコルダージュ(牡、父チチカステナンゴ、母クインリーグレイス、美浦・小笠倫弘

センリツ(牝、父ディープインパクト、母ヴィフォルテ、美浦・戸田博文

ゲンパチインパクト(牡、父ディープインパクト、母グリーンインディ、美浦・萱野浩二

カレリア(牝、父ディープスカイ、母フィンランディア、美浦・黒岩陽一

ニホンピロラブリー(牝、父デュランダル、母ニホンピロアミーカ、美浦・小島茂之

トエハタエ(牝、父テレグノシス、母ヘバラー、美浦・奥村武

トーセンキューティ(牝、父トーセンファントム、母トーセンクレスト、美浦・奥平雅士

ロックキャンディ(牝、父ハーツクライ、母ガッビア、美浦・土田稔

パフューマー(牡、父ハーツクライ、母シャンスイ、美浦・高柳瑞樹

ニシノリコルディ(牝、父ハーツクライ、母ニシノブルームーン、美浦・鈴木伸尋

サウンドアラムシャ(牡、父ハーツクライ、母メジロレーマー、美浦・和田正一郎

キャンドルスピン(牝、父ハーツクライ、母レッドマシェリ、美浦・中川公成

スリルオブジョイ(牝、父バゴ、母バイオレントハート、美浦・天間昭一

ヤマノジョージ(牡、父バゴ、母ラブリイマーチャン、美浦・伊藤伸一

ノーリードエアー(牡、父バトルプラン、母ディアーブリーズ、美浦・奥村武

ファインダッシュ(牡、父ファスリエフ、母ファインレディー、美浦・的場均

オレンジガーネット(牝、父ファルブラヴ、母センターグランタス、美浦・中川公成

ホッカイブラザーズ(牡、父ファルブラヴ、母フサイチケリー、美浦・柴田政人

ハイスピードバイオ(牝、父ファルブラヴ、母ブライトネスバイオ、美浦・松山将樹

ジョコーソ(牡、父フィガロ、母ビーボーン、美浦・中川公成

アイスキャンドル(牝、父ブラックタイド、母スターキャンドル、美浦・高木登

プリサイスギフト(牝、父プリサイスエンド、母カネトシフィオーレ、美浦・尾形和幸

タイセイプレシャス(牡、父プリサイスエンド、母クイーンオブハルカ、美浦・池上昌弘

ラウレアプリティ(牝、父プリサイスエンド、母プリティブルーム、美浦・岩戸孝樹

デュアルフレイム(牡、父フレンチデピュティ、母ブローザキャンドル、美浦・杉浦宏昭

ケンブリッジタイガ(牡、父ホワイトマズル、母ケンダイヤモンド、美浦・星野忍

マイネルヴィゴラス(牡、父マツリダゴッホ、母コスモハナコ、美浦・田村康仁

シーセクション(牡、父マツリダゴッホ、母チャップアップ、美浦・菊川正達

カフェシーン(牝、父マンハッタンカフェ、母アプリシエーション、美浦・小島太

ツクバグランディー(牡、父マンハッタンカフェ、母ウェディングバレー、美浦・土田稔

カポスクオーラ(牡、父マンハッタンカフェ、母シンプリースプレンディド、美浦・尾関知人

オンディーナ(牝、父マンハッタンカフェ、母ティリオブストラッフォード、美浦・伊藤正徳

ロッカフェスタ(牡、父マンハッタンカフェ、母ルンバロッカ、美浦・田村康仁

トーセンナチュラル(牝、父メイショウサムソン、母ガールズトーク、美浦・古賀史生

ミヤギサムソン(牝、父メイショウサムソン、母サーストンフラッグ、美浦・粕谷昌央

コンドルヒデオ(牡、父メイショウサムソン、母ディアコトミ、美浦・田村康仁

サンデンバロン(牡、父モルフェデスペクタ、母モルフェナンバー、美浦・伊藤伸一

イプノーズ(牝、父リンカーン、母ブラックティー、美浦・金成貴史

ウインメアリー(牝、父リンカーン、母メジロシャープ、美浦・大和田成

ガンマーフォンテン(牡、父リンカーン、母ルビーフォンテン、美浦・石毛善彦

トウショウデュエル(牡、父ローエングリン、母ヘヴントウショウ、美浦・杉浦宏昭

レヴィン(牡、父Hard Spun、母Miss Del Gallo、美浦・和田正道

ナカヤマローマン(牡、父Lawman、母Lasting Applause、美浦・二ノ宮敬宇

ホワイトソックス(牝、父Scipion、母Ocean Cat、美浦・矢野英一

[もっと見る]

ディアドナテロの関連コラム

関連コラムはありません。

ディアドナテロの口コミ


口コミ一覧
閲覧 45ビュー コメント 2 ナイス 7

【羽田盃】

南関競馬3歳牡馬クラシックがついに開幕!
第1弾の羽田盃は上位人気馬の実力が拮抗した中でのレースになりそうです。

本命は船橋所属のキングガンズラング。
一気の相手強化となりますが、3連勝中の勢いに注目しています。

netkeibaに追い切り動画が載っているので、各馬の動きをチェックしたのですが、
キングガンズラングの動きが一番良く見えました。

フットワークが大きく、いかにも大井コース向き、という馬で、
初の大井コースだった前走(つくし特別)も2着に3馬身半差をつけて圧勝しました。

前走の走りを見て、トップスピードに入るまでやや時間が掛かる馬なのかな?という印象を持ちましたけど、
今季好調の繁田健一騎手とのコンビが復活しますし、今回のメンバーでも互角以上の走りができると思います。

他で注目したいのは中央から転厩してきたキャプテンキングです。
中央で500万下を勝っている逸材ですし、追い切りの動きもキングガンズラングに次いで良かったので、
初のナイター競馬や課題のゲートを上手くクリアするようなら、楽に突き抜けても不思議ないと思います。

全日本2歳優駿4着の実績が光るヒガシウィルウィン、
キャリア15戦で大井コース連対率100%のクラキングス、
京浜盃はスタートの出遅れが響いたミサイルマン、
上記3頭も相手に加えた馬券で勝負したいです。

それでは、先週の中央競馬本命馬の振り返りをしていきましょう。


【3回京都5日】

■7R ステラルージュ 2人気2着

馬体重がいっこうに増えないのですが、現級の1400mなら地力上位ですね。
古馬との対戦になっても面白い存在になると思います。

■8R ウォーターレスター 1人気13着

プラス12kgの馬体重が敗因かもしれませんけど、
道中の行きっぷりもイマイチでしたし、精神面での弱さを見せてしまったようです。

■9R ラディウス 2人気4着

最後の最後にサイモンラムセスに差されて、3連複的中を逃しました。
結果論ですけど、道中で動き出すのが早かったですね。

■10R ワントゥワン 3人気5着

1600万下でも牝馬限定戦なら大丈夫、と思っていたのですが…。
1800mだと折り合いに専念する必要があるので、どうしても位置取りが後ろになってしまいます。

■11R(京都新聞杯)インヴィクタ 3人気7着

スタートで出遅れましたけど、
直線入り口の時点で同じ位置にいたプラチナムバレットが勝ってるわけですから、
現時点での実力不足を露呈した結果となりました。

■12R フランドル 1人気11着

休み明け初戦を激走した反動なんでしょうかね…。
道中外々を回ったとはいえ、解せない凡退です。


【2回東京5日】

■7R タマモシルクハット 8人気5着

道中で折り合いを欠く場面こそありましたが、
東京コースでも通用する事を示せたのは収穫になりました。
ローカルの短距離戦なら更に期待できそうです。

■8R ヒルノマゼラン 1人気1着

キレ味勝負になるとどうか…と思っていましたけど、
早め先頭に立つ競馬でなんとか凌ぎ切りました。

■9R シャドウチェイサー 3人気2着

2番手からの競馬で押し切りを狙いましたが、ゴールデンバローズが強すぎましたね。
でも、展開が向いたとはいえ、現級上位のイーグルフェザーに先着しているのですから、
1600万下突破は時間の問題だと思います。

■10R マイネルサージュ 3人気7着

日経賞に続き、ここでも着外に終わってしまいました。
オープンの壁にあたっている感じがします。

■11R スズカメジャー 3人気10着

折り合いが全然ついていなかったですし、直線で大きく外に逸走。
気難しいタイプである事は承知していましたけど、ここまで酷いとは…。

■12R シルバーポジー 3人気1着

好位の内で脚を溜め、直線で前が開けば突き抜ける、という抜群の手応えでレースを進めて勝ち切りました。
戸崎騎手のエスコートも完璧でした。


【1回新潟3日】

■7R ヴィクトリアマンボ 1人気14着

レース前半のダッシュ力はなかなかのものがありましたが、見せ場は前半で終了。
休み明けでも仕上がっていると思っていたんですけどね…。

■8R サンライズウィズ 3人気2着

ハナを切る競馬でしたが、後ろで菜七子騎手のコパノアラジンにガッチリマークされてしまい、
馬体を併せたところでもういっぱいっぱいでした。

■9R ピンクブーケ 1人気1着

年明け初戦でしたけど、新潟コースは走りますからね。
順当勝ちだったと思います。

■10R ロッキーバローズ 1人気8着

先行勢をマークする形でレースを進めるところまでは良かったんですが、
展開が完全に差し馬向きになってしまいました。

■11R イオラニ 2人気2着

マイペースで先行する自分の競馬をして負けてしまったのですから、仕方ありません。
やはり直線競馬は走ります。

■12R アドマイヤロマン 1人気10着

緩い馬場でも大丈夫と思っていましたが、重馬場になると厳しかったようです。
もっと良い馬場ならここまで負ける馬じゃないと思います。


【3回京都6日】

■7R デルマチャチャ 2人気9着

先行馬有利の流れになると考えていたんですけど、
真逆の展開になってしまってはどうしようもありません。

■8R アグネスリバティ 1人気4着

差す形になるのは想定していましたが、
前残りの馬場である事を踏まえた乗り方をしてほしかったです。

■9R ディアドラ 1人気1着

ペースもそこそこ流れましたし、
相手も楽だったので、勝ち切るのは当然だと思います。

■10R ヒデノインペリアル 4人気6着

半分ぐらいの確率で出遅れる馬ですからね。
運が悪かった、と割り切るしかありません。

■11R セカンドテーブル 1人気11着

前々からの競馬になりましたが、休み明けで息が持たなかったですね。
1番人気でしたし、積極的な競馬で勝ちに行くのは致し方ないように思います。

■12R レオナルド 1人気3着

4角での不利が悔やまれますね…。
楽な相手関係でしたから、ここで勝っておきたかったです。


【2回東京6日】

■7R コパノビジン 1人気2着

後方からの競馬になるのはいつもの事なので、
差し損ねる展開になっても不思議なかったのですが、今回のメンバーなら楽に勝ってほしかったです。

■8R カレンラストショー 4人気3着

好位の内から上手くレースを運びましたが、
外から差してきた馬のキレ味に屈しました。

■9R デルカイザー 2人気4着

前残りの展開になりましたけど、ペルソナリテすら交わせないとは…。
レース全体の上がりもこの馬にとっては速すぎたのかもしれません。

■10R ラニ 2人気4着

前崩れの展開になるところまでは想定通りでしたが、位置取りが後ろすぎました。
ドバイから帰ってきて中5週、という状況は冷静に考えたら厳しいですよね。
ラニのブランドに頼ってしまった自分のミスです。

■11R(NHKマイルカップ)ボンセルヴィーソ 6人気3着

果敢にハナを奪う競馬を試み、失速しそうになりながらも3着は確保しました。
古馬相手になっても、短距離戦で展開が向けば上位争いしてくると思います。

■12R ミカエルシチー 3人気13着

砂を被りたくなかったようで、こちらも果敢にハナを奪いました。
直線半ばまでは夢を見ましたが、距離が長かったようです。


【1回新潟3日】

■7R バリキ 2人気8着

中央場所で上位争いをしていたとはいえ、
約半年ぶりの1200mの速い流れについていくのは難しかったようです。

■8R ディープオーパス 2人気1着

出ムチを入れてハナを奪う果敢な競馬でそのまま押し切りました。
自分の形に持ち込めた時点で勝負ありでした。

■9R ウォーターラボ 2人気8着

差し決着になると考えていたんですけど、
しっかりとメンバー構成を見てみたら、徹底先行型がいない状況ですから、
ペースが速くなる確率は低かったんですよね。展開考察が甘かったです。

■10R エアワイバーン 2人気3着

道中の位置取りが後ろすぎました。
でも、好位置から競馬をしていてもフォイヤーヴェルクの末脚には敵わなかったでしょうね。
小回りの2600mがベストですから、ベスト条件に出てきた時にもう一度狙います。

■11R(新潟大賞典)サンデーウィザード 3人気1着

スタートを決めて、中団やや前めのポジションを奪えた事が勝因だと思います。
かつてのPOG馬・マイネルフロストが抜けて、馬連を外してしまった事が悔やまれます。

■12R ディアドナテロ 2人気4着

好位から上手くレースを運んでいたと思います。
ローカルの1000万下にしてはメンバーがそろっていたので、
次走以降も相手関係次第では勝ち負けまで持ち込めそう。



京都新聞杯は論外でしたけど、
NHKマイルカップと新潟大賞典は◎が3着以内に入っていますから、
予想の調子も徐々に上向いてきたのかな?という前向きな気持ちでいます。

新潟大賞典は展開面を考えれば、先行型のマイネルフロストが来る可能性を考えるべきなのですが、
近走成績が悪すぎましたし、追い切りの動きもダメダメでしたので、買い目に入れる事ができませんでした。

マイネルフロストはウマニティPOG落札馬の中で最初の重賞勝ち馬でしたし、
ダービーでも3着に激走した、というとても思い入れの強い馬だっただけに、なんとか的中させたかったです。

 銀色のサムライ 2017年03月27日(月) 20:32
馬券メモ(2017/3/25・26)
閲覧 45ビュー コメント 0 ナイス 2

まずは先週の本命馬回顧をしていきましょう。


【2回中京5日】

■7R マイネルプレッジ 3人気4着

中団待機から差し切りそうな雰囲気だったんですけどね…。
急坂コースだと脚が鈍ってしまうのでしょうか。

■8R ストライクショット 1人気1着

道中の位置取りがポイントでしたが、
前走でマイルの流れを経験していたので、スムーズな先行策を取る事ができました。
行きっぷりが抜群でしたし、直線の末脚もしっかり。完勝でした。

■9R スーパーライナー 2人気13着

4角で外に大きく膨れてしまいました…。
イチかバチかで逃げないとダメなタイプなのでしょう。

■10R スティッフェリオ 4人気7着

「ハナにはこだわらない」との陣営コメントが出ていましたが、位置取りが後ろすぎました…。
控える競馬だとダメなのがハッキリしたので、次は先行する競馬をしてくれるはずです。

■11R ナムラケイト 1人気7着

直線入り口までは理想的な競馬でしたけど、直線に入ってから右往左往していました。
休み明け初戦が影響したとしか思えない凡退です。

■12R ヤマニンマンドール 4人気14着

スタート後すぐ、後方でおしくらまんじゅう状態になっていたんですが、その中にこの馬がいました。
道中の不利が大きすぎましたから、今回は度外視で良いでしょう。


【2回阪神1日】

■7R ブライトボイス 5人気5着

叩き2戦目で馬体が絞れていたら良かったんですけど、前走と同じ馬体重でした。
マイペースで逃げられましたが、馬体が絞れていない分、直線で粘り切れなかったですね。

■8R タガノモーサン 1人気4着

前残りの展開に泣いたとはいえ、上位3頭から離された4着はいただけません。

■9R ピスカデーラ 6人気9着

中団からレースを運びましたが、直線で良い脚を使う事ができなかったです。
クラスの壁があると判断しなきゃいけないくらい、苦しいレースでした。

■10R レインボーフラッグ 3人気2着

シンガリ追走から上がり3ハロン32.6秒の末脚を繰り出し2着を確保。
ノド手術明け初戦でしたけど、上々の走りだったと思います。

■11R(毎日杯)サトノアーサー 1人気2着

後方からレースを運ぶ事は承知していましたが、まさか最後方追走になるとは…。
馬場の大外が伸びない中で2着は立派ですけど、
勝てたレースを取りこぼした、という印象しか残らなかったです。

■12R ジュエルメッセージ 7人気6着

スムーズに先行できていましたが、サッパリでした。
相手も悪かったようなので、次狙うならローカルぐらいしかなさそうです。


【3回中山1日】

■7R リリカルホワイト 5人気6着

デビュー以降最高の馬体重での出走でしたから、凡走も致し方なし。
ここは狙うべき馬を間違えてしまった自分のミスです。

■8R ワンダフルワールド 2人気4着

上位2頭に上手く先行されてしまいました。
展開も向かなかったですし、状態自体もまだ本調子じゃなかったのかも。

■9R ルヴォワール 1人気1着

持ったままの楽勝でしたね。
人気しすぎな印象があったんですけど、人気通りの快勝でした。

■10R ドラゴンゲート 3人気6着

アトランタとのハナ争いを制したものの、見せ場はそこまで。
アトランタを見ながらレースを運んでほしかったんですけどね…。

■11R(日経賞)ゴールドアクター 1人気5着

道中の位置取りは文句なかったのに凡退。解せませんね…。
年齢を重ねて叩き良化型になった、という事なのでしょうか。

■12R ディアドナテロ 7人気3着

1800mでも楽に先行する事ができました。
今回は上位2頭が強かったので、相手次第では次走もチャンスありです。


【2回中京6日】

■7R アルマレイモミ 2人気6着

外枠だったので、枠なりにスムーズな競馬をしてくれると思っていました。
直線でスムーズさを欠きましたし、相手も強かった印象です。

■8R アンリキャトル 6人気6着

中京ダートの下級条件は逃げ・先行が圧倒的に強いんですけど、
そこそこ先行馬がそろっていたので差し馬を狙ってしまいました。

■9R レッドイグニス 1人気2着

初の1600mにもしっかり対応しましたが、
マイナス18kgじゃ勝ち切れないですよね…。

■10R ワールドインパクト 1人気4着

ここでは格が違う、と思ってましたけど、甘くなかったです。

■11R(高松宮記念)セイウンコウセイ 5人気1着

馬場状態、レース展開、枠順、と様々な要素が全て追い風になりました。
本命にしておきながら、勝てると思ってなかったので、馬連勝負にしてしまったのが悔やまれます。

■12R コロマンデル 1人気2着

スタートでの出遅れが痛かったです。
出遅れてなかったた勝てていたと思いますが、超人気薄の相手は拾えなかったです。


【2回阪神2日】

■7R アタックバイオ 1人気9着

スムーズに先行していたと思ったんですけどね…。
直線入り口でもうバタバタになっていたので、アクシデントがあったのだと思います。

■8R モンストルコント 1人気9着

どんどん道中の行きっぷりが悪くなっています。
1800mでは短いので、距離延長で見直したいです。

■9R パーシーズベスト 1人気7着

差し馬向きの展開になったのに凡退。
敗因が休み明けだけだとは思えないくらい寂しいレースでした。

■10R コウエイタケル 5人気4着

1列前の位置が取れれば良かったんですが…。
もう1200mは短いと思うので、1400mで巻き返してほしいです。

■11R アスカビレン 1人気1着

ペイシャフェリスに押し切られそうなところをギリギリ捕まえました。
牝馬限定重賞なら好勝負できると思うので、今後も注目です。

■12R クリスタルタイソン 3人気7着

注文通りにハナを奪えましたが、前走の再現とはいかず…。


【3回中山2日】

■7R カブキモノ 2人気2着

道中2番手の位置から早め先頭の競馬で押し切ろうとしますが、2着どまり。
先頭に立ってソラを使ったようにも見えました。

■8R ジュンザワールド 1人気1着

叩き3戦目できっちり勝ち上がりましたね。
馬券は2着を拾えず外しました。

■9R ソールインパクト 1人気3着

直線入り口では楽勝しそうな手応えだったんですが、追ってからの伸びが案外。
前にいた馬を捕まえられないどころか、後方にいた馬に差されてしまったのはいただけません。

■10R アップクォーク 1人気14着

展開も厳しかったですし、馬場もマッチしませんでした。
でも、不利な条件が重なったにしても負けすぎです。

■11R(マーチS)リーゼントロック 7人気6着

もっと前の位置で競馬ができたら良かったんですが、重賞だと楽な競馬はさせてもらえません。
同じ先行馬を狙うなら、実績十分なインカンテーションを狙うべきでしたよね…。

■12R プレシャスエース 1人気1着

スムーズにハナを奪って、そのまま押し切りました。
1600万に上がるとさすがに厳しいと思いますので、今後は控える競馬にもメドを立ててほしいです。


続いては、高松宮記念有力馬の回顧をしていきます。

2着・レッツゴードンキは1200mだとどうしても位置取りが後ろになってしまいますね。
次はヴィクトリアマイルでしょうか。
マイルだと折り合いがカギになるので、岩田騎手の手綱さばきに注目です。

3着・レッドファルクスはもっと厳しいレースになるだろうと思っていたので、
事前の想定以上に走った、という印象です。

3番人気だったメラグラーナは10着。
今回は天候に泣かされましたね…。

シュウジはスタートが良すぎたがためにハナを奪う形になって15着に完敗。
パドックでのテンションの高さも相変わらずでしたし、
走り時を見極めるのが困難な馬になってしまいました。


今週はG1昇格初年度の大阪杯がメイン♪

メンバーを見渡す限り、堅実な決着になりそうだな、という印象を持ったので、
上位人気馬の中から信頼できる馬を1週間かけて見つけ出し、
2週連続でのG1的中を決めたいです。

[もっと見る]

ディアドナテロの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ディアドナテロの写真

投稿写真はありません。

ディアドナテロの厩舎情報 VIP

2017年5月7日中ノ岳特別4着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディアドナテロの取材メモ VIP

2017年5月7日 中ノ岳特別 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。