ホッコーサラスター(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ホッコーサラスター
写真一覧
抹消  鹿毛 2011年4月17日生
調教師飯田祐史(栗東)
馬主北幸商事 株式会社
生産者高昭牧場
生産地浦河町
戦績28戦[5-3-4-16]
総賞金8,495万円
収得賞金2,250万円
英字表記Hokko Sara Star
血統 ヨハネスブルグ
血統 ][ 産駒 ]
Hennessy
Myth
ホッコーメモリー
血統 ][ 産駒 ]
ダンシングブレーヴ
ヤサカシヨウリ
兄弟 ホッコーブレーヴホッコーマスタング
前走 2018/01/13 淀短距離ステークス OP
次走予定

ホッコーサラスターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/13 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 1122144.9117** 牝7 54.0 国分恭介飯田祐史480(+10)1.09.8 1.033.7⑪⑩ラインスピリット
17/12/16 阪神 11 タンザナイト OP 芝1200 16713372.31612** 牝6 51.0 小林徹弥飯田祐史470(-2)1.09.4 0.633.6⑮⑭ミッキーラブソング
17/08/06 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 117854.61011** 牝6 51.0 小崎綾也飯田祐史472(0)1.08.9 1.235.1イッテツ
17/06/18 函館 11 函館SS G3 芝1200 1371183.01211** 牝6 54.0 池添謙一飯田祐史472(+6)1.07.9 1.134.6⑩⑨ジューヌエコール
17/05/14 京都 11 栗東S OP ダ1400 1671489.01215** 牝6 52.0 古川吉洋飯田祐史466(-8)1.24.8 2.237.0⑬⑬サイタスリーレッド
17/01/07 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 1651051.71312** 牝6 54.0 池添謙一飯田祐史474(-4)1.09.2 1.234.0⑬⑬セイウンコウセイ
16/11/27 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 184853.31317** 牝5 54.0 池添謙一飯田祐史478(+6)1.13.0 2.736.2⑰⑯ネロ
16/08/28 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 145821.087** 牝5 54.0 池添謙一飯田祐史472(-6)1.08.9 0.433.6⑬⑭ブランボヌール
16/07/23 函館 11 函館日刊S杯 1600万下 芝1200 166129.451** 牝5 55.0 池添謙一飯田祐史478(+8)1.08.6 -0.033.8⑦⑦モズハツコイ
16/07/16 函館 11 STV杯 1000万下 芝1200 13576.131** 牝5 55.0 池添謙一飯田祐史470(+4)1.08.9 -0.034.3⑥⑤メジャータイフーン
16/06/26 函館 11 UHB杯 1000万下 芝1200 137106.547** 牝5 54.0 藤岡佑介飯田祐史466(-12)1.10.0 0.635.1④④ウォーターショパン
16/04/03 中山 9 千葉日報杯 1000万下 芝1200 12677.138** 牝5 55.0 三浦皇成飯田祐史478(+2)1.09.8 0.434.2⑦⑨アルマエルナト
16/02/28 小倉 12 周防灘特別 1000万下 芝1200 18239.053** 牝5 54.0 藤岡佑介飯田祐史476(+8)1.08.2 0.534.8④④オウノミチ
16/02/13 小倉 11 帆柱山特別 1000万下 芝1200 176129.546** 牝5 55.0 武幸四郎飯田祐史468(-4)1.07.9 0.334.0⑭⑬フィドゥーシア
15/09/05 札幌 10 札幌スポニチ 1000万下 芝1200 16486.723** 牝4 54.0 池添謙一飯田祐史472(+18)1.09.5 0.134.9⑭⑪レッドシャンクス
15/08/08 札幌 12 HBC賞 1000万下 芝1200 152311.373** 牝4 55.0 池添謙一飯田祐史454(-10)1.09.0 0.133.4⑧⑧ヴァイサーリッター
15/07/26 函館 12 潮騒特別 1000万下 芝1200 136811.872** 牝4 54.0 池添謙一飯田祐史464(+4)1.10.9 0.535.0⑩⑨アンブリカル
15/07/05 函館 12 道新スポ杯 1000万下 芝1200 1671422.5713** 牝4 55.0 藤田伸二飯田祐史460(-8)1.10.0 0.935.8④⑤スリーカーニバル
15/06/20 函館 11 HTB杯 1000万下 芝1200 163511.379** 牝4 55.0 秋山真一飯田祐史468(+12)1.08.9 0.434.9ラヴァーズポイント
15/05/16 京都 10 彦根S 1600万下 芝1200 1381326.8812** 牝4 55.0 池添謙一飯田祐史456(-10)1.10.0 1.034.1⑫⑫ティーハーフ

⇒もっと見る


ホッコーサラスターの関連ニュース

【UHB賞】厩舎の話

2017年8月4日(金) 05:04

 ◆アドマイヤゴッド・須貝師 「前走は強い内容、具合は良く、あとは立ち回りひとつ」

 ◆アルマワイオリ・西浦師 「折り合い面から短距離がベスト。札幌にきてからもいい状態」

 ◆イッテツ・磐井助手 「前走は反応が少し悪かったが、今回はいい動き。54キロだし、夏場は走る」

 ◆エポワス・藤沢和師 「使い込んでいないから馬は元気。レースになれば気持ちも入ってくる」

 ◆センセーション・渋田助手 「相変わらずイレ込みはきつい。気分良く運べるかが鍵」

 ◆タマモブリリアン・南井助手 「前走はゴチャついてしまった。51キロだし、スムーズなら」

 ◆ヒルノデイバロー・昆助手 「洋芝もこなせるはず。格好はつけてくれると思う」

 ◆ホッコーサラスター・及川助手 「前走は時計が速かった。状態は上向いているから、改めて」

 ◆ラズールリッキー・武井師 「格上挑戦で相手は強くなるが、良馬場条件で改めて期待」

【函館SS】厩舎の話2017年6月16日(金) 05:09

 ◆イッテツ斎藤誠師 「馬体に張りがあるし、滞在競馬と洋芝は合いますね」

 ◆エイシンブルズアイ・吉田隼騎手 「このひと追いで変わってくれれば」

 ◆エポワス・柴山騎手 「この年齢(9歳)でもフレッシュ。洋芝はすごく合うので楽しみ」

 ◆シュウジ・須貝師 「昨年は惜しい競馬だったので、今年こそ。あとは豊君がうまく乗ってくれるでしょう」

 ◆ジューヌエコール・安田翔師 「洋芝、50キロは魅力。だいぶ毛づやが良くなってきた」

 ◆セイウンコウセイ・平田助手 「環境に慣れて落ち着いています。思い通りの調教ができていますね」

 ◆ノボバカラ・天間師 「ダートでは芝スタートの方が良かった。新たな一面が見られれば」

 ◆ホッコーサラスター・池添騎手 「滞在競馬と洋芝は合うので、どこまでやれるか」

 ◆ラインハート・丸山騎手 「動きは良かったし、ブリンカーの効果が出ている」

 ◆レヴァンテライオン・蛯名騎手 「メンバーは強いけど、斤量(52キロ)が軽いのでそれを生かせれば」

函館スプリントSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館SS】追って一言2017年6月15日(木) 05:04

 ◆ジューヌエコール・安田翔師 「折り合い重視で、上手にリラックスして走れていました。きょうの動きが競馬に直結してくれれば」

 ◆ノボバカラ・浜中騎手 「競馬に行って芝で通用するかやってみなければ分からないが、芝の走りの感触は悪くなかった」

 ◆ホッコーサラスター・池添騎手 「先週、先々週としっかりやっていたと聞いていたので、今週はサラッと。滞在競馬と洋芝は合うのでどこまでやれるか」

函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館スプリントステークス】特別登録馬2017年6月11日() 17:30

[もっと見る]

【京阪杯】うまやの話2016年11月27日() 05:02

〔1〕フミノムーン・西浦勝師「今回もリズムを崩さずに立ち回れれば、通用していい」

〔2〕ネロ・日高助手「ここを目標に調整。坂路で好時計が出ているし、気配は維持。週末の雨予報はいい」

〔3〕セカンドテーブル・崎山博師「引き続き動きはいい。ハナにこだわらない方が内容も安定している」

〔4〕ラインハート・須貝尚師「馬混みで厳しいレースをさせる方がいいし、立ち回り次第では」

〔5〕アンナミルト小崎憲師「日曜にしっかりとやって水曜は上がり重点。相手強化でも期待したい」

〔6〕オウノミチ・佐々木晶師「先週末、当週といい調教ができた。適舞台で見直し」

〔7〕アースソニック・白倉助手「帰厩後は元気いっぱい。ここもロスなく運んで上位を狙いたい」

〔8〕ホッコーサラスター・飯田祐師「今回は放牧明け。まだ少し物足りない」

〔9〕クリスマス・伊藤大師「相手が一気に強くなるけど、正攻法の競馬でどこまで通用するのか楽しみ」

〔10〕ペイシャフェリス・高市圭師「この距離にも対応できるスピードはある。展開ひとつで前進は可能」

〔11〕ラインスピリット・中山助手「輸送しても体が減らず、力を発揮できるようになったのが大きい。すんなり先行できれば」

〔12〕ティーハーフ・西浦勝師「前走は4コーナーでゴチャついたのが痛かった。力は上位。スムーズなら」

〔13〕ヤマニンプチガトー・木原一師「末脚を生かす競馬をした方がいい。ロスなくさばければ差はない」

〔14〕ブラヴィッシモ・須貝尚師「今週の追い切りは少し引っ掛かったが、先週が優秀。立ち回りひとつ」

〔15〕レッドアリオン・橋口慎師「1200メートルは合う。発馬を決めて、ある程度の位置で流れに乗れれば」

〔16〕ジャストドゥイング・白倉助手「使い込んでいるが元気いっぱい。巻き返しに期待」

〔17〕メラグラーナ池添学師「追い切りは馬なりで好時計。先々が楽しみになるようなレースを期待」

〔18〕エイシンスパルタン・藤岡健師「3走前に1200メートルでも強い競馬。内回りになるのもプラス」

[もっと見る]

【京阪杯】追って一言2016年11月24日(木) 05:02

 ◆アンナミルト・小崎師 「今回はブリンカー着用も考えている」

 ◆アースソニック・中竹師 「少し湿った馬場がいい」

 ◆エイシンスパルタン・藤岡師 「休み明けを使って確実に上向いている。舞台はベスト」

 ◆オウノミチ・佐々木師 「前走は物見をした。時計が速くなっても大丈夫だし、変わる要素はたっぷり」

 ◆ジャストドゥイング・中竹師 「重賞のメンバーでどうかだけど、改めて」

 ◆セカンドテーブル・崎山師 「上がり重点でいい時計。前でスムーズな競馬ができれば」

 ◆フミノムーン・西浦師 「追い切りの動きは良かった」

 ◆ブラヴィッシモ・須貝師 「1200メートルの方がレースが流れるのでいい」

 ◆ペイシャフェリス・高市師「動きはいいし、元気いっぱい」

 ◆ホッコーサラスター・飯田祐師 「動きが素軽くなってきた」

 ◆ヤマニンプチガトー・武助手 「7歳でも若さがある」

 ◆ラインスピリット・松永昌師 「追い切りは全体時計が少し遅くなった」

 ◆ラインハート・須貝師 「状態は変わらずいい」

 ◆レッドアリオン・橋口師 「追い切りは併走相手を一瞬でかわした。ジョッキーも手応えを感じている」

京阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ホッコーサラスターの関連コラム

閲覧 2,112ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は函館11R「函館スプリントステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、セイウンコウセイのみ1頭。
第2グループ(黄)は、エイシンブルズアイから1.0ポイント差(約1馬身差)内のエポワスまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、クリスマスから同差内のシュウジまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、セイウンコウセイエイシンブルズアイ間の3.3ポイント差が目立つほかは、以下7頭が大差なく続く形となっています。加えて、開催初日土曜を見ると、馬場が速かった昨年をさらに上回るような高速かつ内有利馬場となっている印象で、このあたりも予想のポイントになってくるのではないでしょうか。

そんななか今回の私の本命は◎イッテツに期待しました。例年、函館Wコースで2本以上追い切りを消化している馬の好走が目立つこのレース。このパターンでの調整には、函館入りの時期なども当然影響してきますが、その点も含め恐らく開幕週の重賞だけにここに向けてどれだけ仕上げてきているか、順調に調整を詰めたかどうかなどがここに現れているのではないかと個人的にはみています。“(陣営の)本気度”という曖昧な捉え方というよりは、シーズンがシーズンだけにその時点での“仕上がり度”の判断材料というイメージが正しいでしょうか。いずれにしても今年はこの調整パターン重視で予想してみました。近5年でもビスカヤ、パドトロワシュプリームギフトガルボローブティサージュレンイングランドソルヴェイグレッツゴードンキといったところが穴で拾えていたことになるのですが、今年唯一の該当馬◎イッテツは果たして!?(こういうのは気付いたらそれ以降サッパリなんてことも多々ありますからね^^;。出来れば今年までは該当馬に好走してもらいたいものですが、さあどうなるでしょうか。)
もちろん、この傾向を抜きにしても◎は言わずもがなの“滞在競馬”向きタイプで、今回はその一点だけでも条件好転。好枠を引きましたし、先述の内先行有利馬場で本来の先行策を生かせればチャンスは十分ではないでしょうか。さらに昨夏の指数をみても重賞初挑戦でも通用の可能性は十分にある存在だと思いますので、順調度とこの条件での上昇度を武器に、G1馬も含め格上馬丸飲みの一発を期待しています。
○は函館W2本ではないのですが、“ニアピン”で函館W→函館ダと2週連続で追い切りを消化できたホッコーサラスター。指数的には、近3走(ダ含む)の凡走で低く出ていますが、4走前の札幌1200m(キーンランドC)でマークした指数は、低レベルな年であればこの函館スプリントステークスの優勝馬ラインとなってもいい値でしたので、低評価には目を瞑って狙ってみたいと思います。もともと6~9月以外の大敗はあまり気にしなくていいタイプと見ていますし、得意の時期の洋芝での変わり身に期待しています。
以下▲エポワス、☆セイウンコウセイあたりを上位評価。
そして、今回の私の馬券は◎の人気が人気なのでおそらく単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの3複で勝負としたいと思います。
人気どころでは、内枠でも後方からになりそうなキングハートは軽視しました。

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
5=4,11,12=2,4,6,7,8,9,10,11,12,13(24点)


登録済みの方はこちらからログイン

2016年8月28日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第203回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~キーンランドカップ G3
閲覧 582ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は札幌11R「キーンランドカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、オメガヴェンデッタから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレッツゴードンキまで2頭。
第2グループ(黄)は 、セカンドテーブルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサトノルパンサドンストームまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、シュウジから同差内のエポワスオデュッセウスまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位間には目立った開きが無く、全体を見渡しても第3G→第4G間の1.1ポイントがやや目立つ程度で大きな力差はないというのがこの凄馬出馬表の見立て。

そんな中今回の◎は総合評価3位セカンドテーブルとします。良馬場での1200m戦に限れば行き脚がつかず後方からとなった小倉2歳Sを除き底を見せていない点に期待したいと思います。休み明けだった前走は予定していたレースを除外されての調整で臨んだ一戦で、状態面もひと息の中での内容とみれば及第点。それゆえ前回からの上昇度も小さくはないのではと見ています。今回、自身が逃げることになってしまうかもしれませんが、妙味も十分なのでうまくハマるほうに賭けてみたいと思います。
○は総合評価2位のレッツゴードンキ。洋芝で馬券圏外なし、この舞台得意の鞍上ということで逆転筆頭候補評価とします。岩田騎手は札幌1200m戦において関西牝馬騎乗時(7-3-3-19)で勝率21.9%、単回収率201%(近10年)という好成績ですし、前走よりも前目での競馬に期待しています。
以下▲に1週前から好気配のシュウジ、☆に安定して高指数をマークし続ける総合評価トップ・オメガヴェンデッタ、△にブランボヌールソルヴェイグナックビーナスホッコーサラスターアクティブミノルサトノルパンと印を回します。
今回の私の馬券は、おそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎○アタマからの馬単と馬連・3連複を組み合わせた馬券での勝負としたいと思います。


【馬単フォーメーション】
◎○→印
1,12→1,4,5,6,8,9,10,12,13,14 (18点)

【馬連流し】
◎=○▲☆
1=4,6,12 (3点)

【3複軸1頭流し】
◎=○▲☆
1=4,6,12(3点)


計24点

[もっと見る]

ホッコーサラスターの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ホッコーサラスターの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ホッコーサラスターの写真

ホッコーサラスター

ホッコーサラスターの厩舎情報 VIP

2018年1月13日淀短距離ステークス7着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ホッコーサラスターの取材メモ VIP

2018年1月13日 淀短距離ステークス 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。