注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

タガノエンブレム(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡7 青鹿毛 2010年1月21日生
調教師斉藤崇史(栗東)
馬主八木 良司
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績42戦[3-4-5-30]
総賞金8,237万円
収得賞金750万円
英字表記Tagano Emblem
血統 ウォーエンブレム
血統 ][ 産駒 ]
Our Emblem
Sweetest Lady
キャッチザゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
兄弟 アドマイヤクーガーワイドリーザワン
前走 2017/01/08 五条坂特別
次走予定

タガノエンブレムの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/08 京都 9 五条坂特別 1000万下 ダ1900 1281119.2610** 牡7 57.0 岩田康誠斉藤崇史478(+6)2.00.5 1.437.2⑩⑩⑨⑩フミノメモリー
16/12/10 阪神 8 3歳以上1000万下 ダ1800 164761.81113** 牡6 54▲ 荻野極斉藤崇史472(+4)1.53.3 1.538.4⑮⑬⑬⑬メイスンウォー
16/11/27 東京 8 シャングリラ 1000万下 ダ1600 1681654.9119** 牡6 54.0 福永祐一斉藤崇史468(+4)1.37.8 1.336.7⑬⑬ルールソヴァール
16/11/19 東京 9 伊勢佐木特別 1000万下 ダ2100 1648----** 牡6 54.0 横山典弘斉藤崇史470(+6)-- ------サハラファイター
16/09/10 阪神 9 野分特別 1000万下 芝1800 88818.357** 牡6 57.0 古川吉洋斉藤崇史464(-2)1.47.3 1.534.7⑦④ノガロ
16/08/13 札幌 11 STV賞 1000万下 芝1500 142228.4910** 牡6 57.0 古川吉洋斉藤崇史466(-10)1.29.3 0.534.2⑩⑩⑪ウインムート
16/07/24 函館 10 松前特別 1000万下 芝2000 135762.2115** 牡6 57.0 古川吉洋斉藤崇史476(+8)2.00.4 0.735.5⑪⑪⑪⑪カルヴァリオ
16/06/19 函館 12 北斗特別 1000万下 芝1800 162428.598** 牡6 55.0 古川吉洋斉藤崇史468(-6)1.47.3 0.734.8⑨⑩⑧⑨ルグランフリソン
16/04/24 京都 12 4歳以上1000万下 芝1600 113317.2710** 牡6 57.0 古川吉洋斉藤崇史474(-2)1.35.2 1.234.2⑩⑩ピンストライプ
16/04/16 阪神 10 蓬莱峡特別 1000万下 芝1800 182425.6810** 牡6 57.0 四位洋文斉藤崇史476(0)1.47.6 0.834.1⑰⑰バイガエシ
16/03/26 阪神 12 4歳以上1000万下 芝1600 124421.684** 牡6 57.0 古川吉洋斉藤崇史476(-6)1.35.3 0.133.4⑥⑤シュヴァリエ
16/01/31 中京 11 中京スポーツ 1000万下 芝1600 123317.9810** 牡6 57.0 菱田裕二松田博資482(+8)1.37.8 0.635.2⑩⑩⑧アルテ
15/12/19 中京 11 中京日経賞 1000万下 芝1600 163612.4612** 牡5 56.0 菱田裕二松田博資474(+10)1.37.4 0.934.4⑫⑪⑫ヴィルジニア
15/09/27 阪神 9 甲東特別 1000万下 芝1600 157135.237** 牡5 56.0 川田将雅松田博資464(0)1.35.0 0.934.5⑧⑦ダッシングブレイズ
15/08/30 札幌 12 オールスタ4 1000万下 芝1800 14453.013** 牡5 58.0 岩田康誠松田博資464(-6)1.47.1 0.134.7⑨⑨⑨⑦ウインフェニックス
15/08/09 札幌 12 藻岩山特別 1000万下 芝1800 12445.522** 牡5 56.0 福永祐一松田博資470(+2)1.46.4 0.033.3⑨⑨⑧⑧ホワイトエレガンス
15/07/12 中京 10 有松特別 1000万下 芝1600 161217.2711** 牡5 56.0 戸崎圭太松田博資468(+4)1.35.0 0.735.2⑧⑦⑧ドラゴンストリート
15/05/30 東京 9 葉山特別 1000万下 芝1600 127109.146** 牡5 57.0 戸崎圭太松田博資464(-4)1.33.9 0.334.4⑦⑦ヘイジームーン
15/05/09 京都 9 六波羅特別 1000万下 芝1600 148146.337** 牡5 57.0 川田将雅松田博資468(+4)1.33.9 0.533.9⑩⑩レインフォール
15/04/12 阪神 7 4歳以上1000万下 芝1600 182315.463** 牡5 57.0 川田将雅松田博資464(-6)1.36.3 0.334.0⑥⑤キリシマホーマ

⇒もっと見る


タガノエンブレムの関連ニュース

【アーリントンC】厩舎の話

2013年02月22日(金) 05:04

カオスモス・早川助手「力通りに走れば結果はついてくる」

コパノリチャード・宮師「いい動き。賞金を加算したい」

タガノエンブレム・松田博師「今度も控える競馬で結果を出したい」

テイエムイナズマ・福島信師「スムーズなレース運びができれば」

ラブリーデイ・池江寿師「京王杯2歳S2着のような競馬ができれば」

レッドアリオン・橋口師「どうしてもかなわないという馬はいない」

【3歳戦結果】シーブリーズ、クロッカスS制す2013年01月27日() 05:00

 【東京】10RクロッカスS(OP、芝1400メートル)=シーブリーズライフ(美・菊川、牝、父アドマイヤジャパン

◆田中勝騎手「馬がふっくらして良くなっていた。びっくりするくらい切れたね。距離はマイルまでもってくれるといいね」

※次走は未定。放牧を挟んで春は桜花賞(4月7日、阪神、GI、芝1600メートル)が目標。

 3R新馬(ダ1600メートル)=キタノイットウセイ(美・鈴木伸、牡、父スパイキュール

◆津村騎手「最後はいい脚でした。まだ緩いところがあるので、良くなる余地を残しています。距離は延びても良さそう」

 6R500万下(ダ1600メートル)=チャーリーブレイヴ(美・尾関、牡、父インディアンチャーリー)

◆ビュイック騎手「外を回ってロスが大きかったと思うけど、最後までステッキを使っていないし、能力は相当高い。距離は1800メートルまで大丈夫」

※次走はヒヤシンスS(2月17日、東京、OP、ダ1600メートル)を予定。ドバイのUAEダービー(3月30日、メイダン、GII、オールウエザー1900メートル)にも登録している。

【京都】9R梅花賞(500万下、芝・外2400メートル)=レッドルーラー(栗・松田博、牡、父キングカメハメハ

◆川田騎手「7頭立てにもかかわらず(内から)5頭目を通る競馬で、雑に乗ってしまいましたが、馬がよく頑張ってくれました」

 4R新馬(ダ1400メートル)=メイショウツバクロ(栗・松永幹、牝、父フレンチデピュティ)

石橋守騎手「後ろが来れば来るほど伸び、まだ余裕があった。脚さばきが素軽い。上でも楽しみだね」

 6R500万下(芝・内1400メートル)=タガノエンブレム(栗・松田博、牡、父ウォーエンブレム)

◆川田騎手「真面目にさえ走ってくれれば、十分やれると思っていました。このままいい感じで成長してくれれば」

【中京】10Rはこべら賞(500万下、ダ1400メートル)=ティズトレメンダス(栗・佐山、牝、父ティズワンダフル)

◆川須騎手「もうひとつギアが上がりそうな感じがするし、まだ良くなりそう」

[もっと見る]

【3歳500万下】エンブレムG前差し切りV 2013年01月26日() 13:03

 26日の京都6R3歳500万下(芝1400メートル)は、川田将雅騎手騎乗の7番人気タガノエンブレム(牡、栗東・松田博資厩舎)がゴール寸前で差し切ってV。タイムは1分23秒2(良)。

 最内枠からヒルノクオリアがハナに立ったが、それほど速くないペースになって先行集団はごった返す形になる。2番手以降はめまぐるしく馬順が替わる展開になったが、マイペースを刻んだヒルノクオリアは直線に入っても逃げ脚は衰えない。そのまま粘り込むかと思われたが、ゴール寸前で大外から伸びてきたタガノエンブレムが突っ込み、鼻面をそろえてのゴール。写真判定に持ち込まれたが、わずかにハナ差、タガノエンブレムに軍配が上がった。2番人気ヒルノクオリアが2着。前々追走から粘り込んだ4番人気ルゴスが3着だった。

 タガノエンブレムは、父ウォーエンブレム、母キャッチザゴールド、母の父サンデーサイレンスという血統。おじにドバイシーマクラシック、香港ヴァーズを制して種牡馬としても活躍しているステイゴールドがいる。通算成績は6戦2勝となった。

 川田騎手は「前残りの遅い流れの中で、最後までしっかり脚を使ってくれたし、よくとらえてくれました。前走は若さを出して大きく負けてしまったけど、返し馬からいい馬だと感じたし、真面目にさえ走ってくれれば、十分やれると思っていました。このままいい感じで成長していってくれれば」と人気薄での勝利にも納得の口ぶりだった。

京都6Rの着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

【万両賞】伏兵アドマイヤオウジャ大外一気でV2 2012年12月24日(月) 14:45

 24日の阪神9R万両賞(2歳500万下、芝1600メートル)は、岩田康誠騎手騎乗の7番人気アドマイヤオウジャ(牡、栗東・橋田満)が大外一気の追い込みを決め無傷の2連勝をマークした。タイムは1分36秒0(良)。

 タガノエンブレムがハナを切り、プリムラブルガリスが2番手。ノーブルコロネットも好位のインを追走する。断然人気のオツウは中団待機策。淡々と流れて直線に向くと、プリムラブルガリスが余力十分に抜け出しを図る。オツウは外から被され、直線でも馬群にもまれる苦しい競馬となり仕掛けのタイミングが遅れた。その間もプリムラブルガリスの脚いろは衰えることなく粘り込みを図ったが、ゴール寸前で大外から一気に伸びてきたアドマイヤオウジャが並びかけてゴール。きわどいタイミングだったが、わずかにアドマイヤがハナ差、差し切っていた。3着がノーブルコロネットで、懸命に追い上げたオツウは4着まで。

 アドマイヤオウジャは、父ディープインパクト、母シーズオールエルティッシュ、母の父Eltishという血統。母は米GIIボニーミスSの勝ち馬。これで通算成績を2戦2勝とした。

 岩田康騎手は「馬に落ち着きがあり、2戦目でこれだけのパフォーマンスができるのだから能力はありますね。追い込みがきく流れになると思っていました。距離は延びても大丈夫なタイプ。もっと成長してくれますよ」と休み明けでの無敗V2を高く評価していた。

阪神9Rの着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

【野路菊S】ラブリーデイ、デビュー2連勝! 2012年09月16日() 14:20

 16日の阪神8R野路菊S(芝1800メートル、2歳オープン)は、川田将雅騎手騎乗の2番人気ラブリーデイ(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)が直線半ばで先頭に立ち、後続の追撃を振り切って連勝を飾った。勝ちタイムは1分47秒7(良)。

 クビ差の2着に4番人気の未勝利馬サンマルホーム、さらに4馬身差の3着には1番人気タガノエンブレムが入った。

 ゲートをポンと出たユキカゼが3馬身ほどのリードを保ってレースを引っ張り、ラブリーデイは2〜3番手を追走。直線に向いてユキカゼの脚が止まると、ラブリーデイがこれに替わって先頭に躍り出た。外から力強く伸びたサンマルホームに直線半ばで並びかけられたものの、ラブリーデイが二の脚を駆使してこれを振り切った。

 ラブリーデイは父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ、母の父ダンスインザダークという血統。この勝利で通算成績2戦2勝となった。

[もっと見る]

【2歳戦結果】シーギリヤガールすずらん賞V2012年09月03日(月) 05:01

 【札幌】10Rすずらん賞(OP、芝1200メートル)は、ホッカイドウ競馬所属の8番人気シーギリヤガール(斉藤正、牝、父スターリングローズ)が好位のインから鋭く伸び、2着の6番人気レディーに2馬身差をつける完勝。通算3勝目(4戦)で、中央は初勝利(2戦)。1分10秒0(良)。五十嵐冬騎手は「弾けたね。内枠が良かったし、やっぱり芝は合う」と芝適性をアピール。騎手時代にビービーエーディンで2009年の同レースを勝った開業2年目の斉藤正調教師も「思い入れのあるレースを勝てたのはうれしい」と喜びはひとしおだ。今後は交流GIIIエーデルワイス賞(10月25日、門別、ダ1200メートル)などが視野に入っている。

 1R未勝利(芝1500メートル)=ニシノレゾネ(美・杉浦、牡、父グランデラ)

◆勝浦騎手「完成度はまだまだなので、この先の成長が楽しみ」

 2R未勝利(芝1200メートル)=クリノタカラチャン(美・天間、牝、父アドマイヤコジーン

◆三浦騎手「ラスト300メートルは、遊びながら走っているくらい余裕があった」

 【新潟】5R新馬(芝・外1800メートル)=サトノジェミニ(栗・藤原英、牡、父ネオユニヴァース

◆岩田康騎手「まだ子供で、遊びながらでも能力で勝ってくれた」

 1R未勝利(ダ1200メートル)=アースゼウス(美・和田道、牡、父オフィサー

◆内田博騎手「勝ち時計(1分11秒5=良)も速く、今後が楽しみ」

 【小倉】5R新馬(芝1800メートル)=タガノエンブレム(栗・松田博、牡、父ウォーエンブレム)

◆幸騎手「素直で乗りやすい馬。まだ体には余裕がありますね」

 1R未勝利(ダ1000メートル)=ララガニエ(栗・今野、牡、父ケイムホーム)

◆和田騎手「精神面の成長が課題。能力は高い」

[もっと見る]

⇒もっと見る

タガノエンブレムの関連コラム

関連コラムはありません。

タガノエンブレムの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

タガノエンブレムの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

タガノエンブレムの写真

投稿写真はありません。

タガノエンブレムの厩舎情報 VIP

2017年1月8日五条坂特別10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タガノエンブレムの取材メモ VIP

2016年7月24日 松前特別 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。