ホーカーテンペスト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 セ8 栗毛 2009年4月11日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績42戦[8-4-2-28]
総賞金13,957万円
収得賞金2,100万円
英字表記Hawker Tempest
血統 Hawk Wing
血統 ][ 産駒 ]
Woodman
La Lorgnette
リッチダンサー
血統 ][ 産駒 ]
Halling
Fairy Flight
兄弟 バウンスシャッセフロアクラフト
前走 2017/10/15 東京ハイジャンプ G2
次走予定

ホーカーテンペストの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/15 東京 9 東京ハイJ G2 芝3110 105512.749** セ8 60.0 五十嵐雄藤沢和雄510(+8)3.39.4 6.914.1⑩⑩⑩⑩オジュウチョウサン
17/08/26 新潟 8 新潟ジャンプ G3 芝3250 12792.714** セ8 60.0 石神深一藤沢和雄502(-8)3.32.5 1.513.1⑦⑦⑤⑤グッドスカイ
17/05/06 新潟 1 障害4歳以上オープン 芝3290 146102.113** セ8 60.0 五十嵐雄藤沢和雄510(+6)3.35.8 0.313.1⑪⑦⑥⑥マドリードカフェ
17/01/21 中京 5 障害4歳以上オープン 芝3330 10662.211** セ8 61.0 五十嵐雄藤沢和雄504(-6)3.39.5 -0.113.2ハギノパトリオット
16/10/22 新潟 4 障害3歳以上オープン 芝3250 108102.311** セ7 60.0 五十嵐雄藤沢和雄510(0)3.35.0 -0.813.2ウインアーマー
16/08/21 新潟 4 障害3歳以上未勝利 芝2850 148133.011** セ7 60.0 五十嵐雄藤沢和雄510(-2)3.03.6 -1.912.9プレスリー
16/06/18 東京 4 障害3歳以上未勝利 芝3000 127102.218** セ7 60.0 五十嵐雄藤沢和雄512(-4)3.24.6 2.713.6⑦⑦ポールシッター
16/01/31 中京 5 障害4歳以上未勝利 芝3000 14573.722** セ7 60.0 五十嵐雄藤沢和雄516(+10)3.21.8 0.113.5⑦⑤④スカイパッション
15/07/19 函館 11 函館記念 G3 芝2000 165970.41315** 牡6 54.0 四位洋文藤沢和雄506(-4)2.03.2 4.139.1⑤⑤⑫⑭ダービーフィズ
15/06/27 函館 11 大沼S OP ダ1700 112225.899** 牡6 56.0 柴山雄一藤沢和雄510(+8)1.45.4 1.538.1⑧⑧⑧⑩ジェベルムーサ
15/04/25 東京 11 メトロポリタ OP 芝2400 127910.666** 牡6 55.0 柴山雄一藤沢和雄502(0)2.25.0 0.234.4⑩⑩⑩⑪ムスカテール
15/04/12 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 12226.745** 牡6 55.0 浜中俊藤沢和雄502(+4)2.28.2 0.535.2⑤⑤⑤④サトノシュレン
15/01/18 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 18238.9413** 牡6 55.0 浜中俊藤沢和雄498(+2)2.25.6 0.834.3⑬⑬⑭⑪アドマイヤデウス
14/12/14 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 14118.731** 牡5 57.0 浜中俊藤沢和雄496(-2)2.25.9 -0.535.3⑥⑥⑤⑤アロヒラニ
14/11/08 東京 10 ノベンバーS 1600万下 芝2000 143318.5118** 牡5 57.0 柴山雄一藤沢和雄498(+8)1.59.8 0.233.9⑪⑪⑪アイスフォーリス
14/08/23 札幌 11 TVh賞 1600万下 芝2000 1681510.067** 牡5 57.0 柴山雄一藤沢和雄490(0)2.01.8 0.436.2アズマシャトル
14/07/26 札幌 11 札幌グランド 1600万下 芝2000 166119.846** 牡5 57.0 柴山雄一藤沢和雄490(-12)2.01.9 0.135.3⑯⑯⑬⑫スーパームーン
14/07/12 函館 11 五稜郭S 1600万下 芝1800 12564.528** 牡5 57.0 四位洋文藤沢和雄502(+6)1.48.1 0.635.2⑫⑫⑫⑪フラアンジェリコ
14/05/11 東京 9 湘南S 1600万下 芝1600 178176.136** 牡5 57.0 北村宏司藤沢和雄496(-6)1.33.2 0.433.5⑰⑰フルアクセル
14/04/20 中山 12 春興S 1600万下 芝1600 12443.112** 牡5 57.0 北村宏司藤沢和雄502(+2)1.34.2 0.234.1⑥⑦⑥アーデント

⇒もっと見る


ホーカーテンペストの関連ニュース

【東京ハイジャンプ】特別登録馬

2017年10月9日(月) 17:30

【新潟ジャンプステークス】特別登録馬2017年8月20日() 17:30

[もっと見る]

【若駒ピカイチ】フラットレー2017年8月15日(火) 05:00

 《戦評》1コーナーでは外を回ることを避けて中団の位置取り。折り合いの不安を全く見せず、勝負どころでは一番外を回って直線へ。1頭だけ次元の違う決め手であっさりと他馬をねじ伏せて2馬身半差のV。上がり3ハロンは2番目に速い2着馬を0秒9も上回った。

 《血統》半姉バウンスシャッセは愛知杯など牝馬重賞を3勝。同じく半姉フロアクラフトは4勝を挙げてオークスでも5着に好走した。半兄ホーカーテンペストも平地5勝、障害3勝を挙げるなど堅実な一族だ。

 《将来性》初戦としては文句のつけようがない内容で、完成度の高さを印象付けた。稍重という発表以上に力の要る馬場で、パワー兼備も証明した形だ。良馬場での瞬発力勝負は未知数だが、2400メートル向きのスタミナがある。レイエンダが骨折で戦線離脱した藤沢和厩舎に、新たなスター候補が登場した。

[もっと見る]

ホーカーテンペストの関連コラム

閲覧 145ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんこんにちは!

本日は函館11R「函館記念GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、レッドレイヴンエアソミュールの2頭。
第2グループ(黄)は、デウスウルトツクバコガネオーサイモントルナーレエックスマークラブイズブーシェの5頭。
第3グループ(薄黄)はダービーフィズアーデントマイネルミラノハギノハイブリッドホーカーテンペストヴァーゲンザイルの6頭となっています。

さて、凄馬出馬表をご覧いただくと気になるのが第1グループ・総合ポイント2位エアソミュールと第2グループ・総合ポイント3位デウスウルト間の1.5の大きな溝です。その他は差のつかないかなり混戦模様ですので、この溝を上手く活用して馬券を組み立てたいと思います。

私の馬券ですが、総合ポイント1位・2位馬(レッドレイヴンエアソミュール)のどちらかは3着内に来ると信じて中位グループ馬を上手くピックアップして勝負したいと思います。本命は◎マイネルミラノです。血統的に函館はベストかと思いますし、2000m小回りでは崩れないので注目しています。対抗には○デウスウルトです、ここ数戦は全く競馬になっていませんが、ローカル向きの立ち回りのできる馬ですので一変は十分ありそうです。以下、▲レッドレイヴン、△エアソミュールと印を打ちます。

【3連複フォーメーション】
12,16

11,12,13

2,3,4,5,7,11,12,15,16

計34点

波乱度の高い重賞ですので紐荒れを期待して手広く流してみます。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年1月18日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第69回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜日経新春杯 GII
閲覧 127ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「日経新春杯 GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、総合ポイントトップタイのサトノノブレスタマモベストプレイの2頭。
第2グループ(黄)は、3位ダコールから1.0ポイント差(約1馬身差)以内のアドマイヤフライトフーラブライドコウエイオトメの4頭。
第3グループ(薄黄)は7位タイ・コスモロビンビービートレイターから1.0ポイント差内のアクションスタームーンリットレイクメイショウカンパクを含む5頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、第1Gのサトノノブレスタマモベストプレイの2頭から第2Gにかけての1.8ポイントという開きがみられる点、以降は第4G内まで大きな開きが出現していないことが特徴として読み取れます。

今回の馬券構築は、やはり1.8ポイントの開きを重く見て◎サトノノブレス、○タマモベストプレイから入りたいと思います。
▲☆にはこのレースと相性良い牝馬▲フーラブライドコウエイオトメを第2Gから選びます。2頭ともに舞台適性は文句なしと思いますし、エリザベス女王杯でマークした指数から今回斤量減も味方に◎○に迫れるのではと見ています。
あとは手を広げだすとキリがなさそうな状況なのであえて絞り、順調度や京都2400m適性を鑑み△ダコールに加え第4Gから△ヴィクトリースター、△ホーカーテンペスト、△トウシンモンステラと印を打ち、◎○からの3連複と○が失速した時用の◎から▲☆への3連複で勝負したいと思います。

【3複2頭軸ながし】

◎○=▲☆+△馬
7,9=3,5,10,13,14,18(6点)

【3複フォーメーション】

◎=▲☆=▲☆+△馬
9=5,10=3,5,10,13,14,18(9点)

計15点

[もっと見る]

2014年5月22日(木) 23:30
濃霧注意報〜オークス(2014年)展望〜
閲覧 251ビュー コメント 0 ナイス 14

先週末、私は部屋の中でばたばたと所用をこなしつつ、競馬中継を見ていました。
見ていた、とは言えど、実際の所は諸々の作業を行いつつでしたので、聴いていた、という方が正しいかもしれません。
映像には殆ど目をやることなく、BGM代わりに流していたのです。
その時の時刻は16時半を過ぎた辺り。
3場のレースは全て終わり、中継の話題が翌週メインの展望に移った頃でした。
キャスターさんが専門誌のトラックマンさんに意見を訊いている様子でしたが、その第一声がこれでした。

「さて○○さん、オークスですが……ハープスターの話はもういいです(笑)」

そう来るか、と私も少し笑いました。
しかし、それから1週間近く経ち、こうしてコラムの内容を考えている今、改めて実感しています。
このキャスターさんの言葉、本当に今年のオークスを良く表しているなぁと。
桜花賞の時と同じか、それ以上にハープスター1強ムードが強すぎるのです。お腹一杯になるくらいに。
ただでさえ世代の中で抜けた存在と見られていた上、唯一互角の走りを見せていたレッドリヴェールがダービーに矛先を向け不在。
各トライアルの好走馬も勢力図を塗り替えるようなインパクトは残しておらず……。
血統面においても、父が3冠馬ディープインパクト、母系は2冠牝馬ベガから連なる一族。2400mにも十分対応可能と思えます。
最終追い切りの動きもこの馬としては合格点を付けられるものでしたし、状態面も特に問題はなさそう。
これはもう、本当に彼女で仕方ないのでしょうか。
……いや、競馬に絶対はありません。
今回はそんな"もしかしたら"がありそうな馬達中心に書き綴っていきたいと思います。



かつては"何だかんだで桜花賞上位組が強い"レースだったオークスですが、ここ数年の結果からはそうしたイメージが薄れています。
昨年は桜花賞で惨敗したメイショウマンボが巻き返し、2、3着にはフローラS組のエバーブロッサムデニムアンドルビーが入線。
12年は実績上位のジェンティルドンナヴィルシーナのワンツーでしたが、3着はこれまたフローラS組のアイスフォーリス
11年は忘れな草賞を経由して挑んだエリンコートが勝ち、フローラS組のピュアブリーゼが2着。桜花賞組はホエールキャプチャの3着が最高でした。
10年は桜花賞アパパネとフローラS勝ち馬のサンテミリオンが1着同着。3着はフローラS組のアグネスワルツでした。
……こうして見ると、トライアル組……特にフローラSに出走した馬達が頑張っているのが分かりますよね。
逆に、桜花賞組は"桜花賞の段階で上位人気に推され、尚且つそれに応える走りを見せた馬"以外は信頼感があまりありません。
今回のメンバーで言えばハープスターは全く問題なしですが、5番人気3着とは言え、だいぶオッズが離れていたヌーヴォレコルトや、
3番人気に応えられずに沈んでしまったフォーエバーモア、低人気での善戦に留まったマーブルカテドラルなどは、素直に信用していいのか悩むところ。

ヌーヴォレコルトは父が長距離に強いハーツクライなのですが、母のオメガスピリットは現役時1200mのみを走っていたスプリンター
全体の血統構成からは多少距離が伸びても問題なさそうに映りますが、この母の短距離適性がどう作用してくるかでしょう。
1週前追い切りで凄い時計を叩きだしていたように、状態は良さそうなので、切るに切れない存在と言えそう。

フォーエバーモアは今年に入ってから気難しさが前面に出てきてしまっている印象。
ネオユニヴァース産駒の牝馬にはよくある傾向と言えますが、それだけに2400mという距離に大きな不安があります。
落ち着いてマイペースで走ることが出来れば……とも思いますが、巻き返しは簡単ではなさそう。

マーブルカテドラルは今年に入ってから調教の動きがイマイチ。
その分結果が伴っていない印象ですが、この中間や直前の動きを見るに、少しずつ復調している感じがあります。
とは言え、父がダイワメジャーで母がスプリント寄りのマイラーだったヘルスウォール
この血統構成からは2400mに距離が伸びて劇的に変わるという印象はあまりありません。
状態の良さと実績ある東京コースでどれだけ差を詰められるか……といったところ。

それならば、前述の通り近年活躍の目立つフローラS組を狙う方が妥当なのかもしれません。
特に、3ヶ月ぶりの実戦で迫力ある末脚を見せた勝ち馬・サングレアルには注目が集まります。
この馬の魅力はやはり血統。09年の当レース勝ち馬であるブエナビスタの半妹であるというだけで無視は出来ません。
デビュー2戦目までは血統的な期待の割に地味なレースぶりでしたが、ひと息入れていきなり重賞を勝つというのは流石。
レースレベルも水準級で、ハープスターを除く今年の出走馬相手ならば、G1でも十分にやり合えるのではないでしょうか。
勢いに乗ると相手強化も苦にしないゼンノロブロイ産駒なだけに、大崩れはしないように思います。

同レースで2着だったブランネージュは、先行勢で唯一馬券圏内に残るしぶといレースぶり。
展開面を考えると勝ち馬以上に評価していい一戦だったと思いますが、この馬について引っ掛かるのは、
昨年の時点で陣営が"マイルでも少し長い"という感触を持っていたこと。
ここ2戦は1800m、2000mで連続して好走して充実振りを示してきましたが、流石に2400mまで距離が伸びるとどうか……。
シンボリクリスエス×母父フレンチデピュティという血統面からも、マイル近辺がベストという印象があります。

逆に、距離が伸びても平気な顔で居そうなのが同レース3着だったマイネオーラム
本馬について評価したいのは、外の8番枠から最後までしっかり脚を伸ばしていたという点。
近年の東京コースは内有利の傾向が強く、中でもフローラSの行われる2000mは外枠の馬が特に苦戦する舞台。
その枠から、スタートで大きく外にヨレた上、道中も比較的外目を回りながら脚を伸ばしてきたというのは非常に価値があります。
前述のサングレアルブランネージュは道中でぴったりと内を走っていましたから、全体的なロスを考えれば本馬も互角以上の評価をして良さそう。
ロージズインメイ産駒の半兄・コスモオオゾラ皐月賞&ダービーで差のない競馬を見せていますし、
父がステイゴールドに変わった本馬ならば、兄に劣らない意外性や勝負強さを備えていそう。配当的にも妙味ある存在だと思います。

その他で触れておきたいのは、能力そのものなら上位と言えるマイネグレヴィル
昨夏の函館や昨年末〜今春の中山の走りに比べると、東京では明らかにパフォーマンスを落としていますが、
前に行ける脚質とスタミナや底力に溢れた血統構成は魅力的です。
先週の東京芝レースの結果を見ていると、チチカステナンゴやオペラハウスといった"中山っぽい血"を持った馬が頑張っていました。
依然としてそこそこ速いタイムの出る馬場なのですが、こうした血統馬が好走出来るという事は、
本馬が持ち味を出せなかった開幕週よりも多少力の要る馬場状態になっている可能性があります。
距離が更に伸びることで各陣営が慎重になり、前走以上に楽な形で逃げることが出来たりすれば一発があるかもしれません。

また、叩かれて変わり身がありそうなマジックタイムにも警戒が必要そう。
ハーツクライ×母父ブライアンズタイム×母母父サドラーズウェルズという少々重厚過ぎる血統馬で、
脚質は違えど適性的にはマイネグレヴィルに近いものを感じます。
彼女と同じく、重厚な血が生きる先週のような馬場状態ならば巻き返しがありそうですし、
ハープスターが早めに動いて前を一掃する形になった場合にも、スタミナを生かしての雪崩れ込みが期待出来そうです。
同じことは、オペラハウス産駒であるニシノアカツキにも言えますね。

フローラS組以外となると、スイートピーS組と忘れな草賞組ということになりますが、今年の両レースはレベル的に特筆出来る部分が少なく……。
それならば、皐月賞を経由するという異例のローテで挑んでくるバウンスシャッセの方が面白いでしょう。
2歳時の3戦はいずれも平凡な内容でしたが、今年に入ってからはレースぶりが極端に良化。
ゼンノロブロイ産駒の牝馬らしく、相手が強くなっても極端に崩れることなく走っています。
勝ち星を挙げているのがやたらと上がり時計の掛かる函館と中山で、半兄のホーカーテンペストも中山巧者。
それだけに東京での切れ負けが心配ですが、ロスなく運べそうな内枠と前に行ける脚質は魅力的。
前走の皐月賞は11着と着順は振るいませんでしたが、勝ち馬とは0.7秒差。牝馬同士ならかなり威張れるレベルにあると思います。
もしマイネグレヴィル辺りが後続を離すような逃げを打った場合、絶好位で運べるのは本馬のような先行型。
追い込み一手のハープスターにとって、最も脅威となるタイプと言えるかもしれません。



……という訳で、今年のオークスハープスターvsフローラS組vsバウンスシャッセと見立ててみました。
選択する券種にもよりますが、ハープスターを絡めるとどうしても配当が低くなってしまうのが困りもの。
かと言って、絞り過ぎて消した馬に突っ込まれたら泣くに泣けないですよね。
桜花賞もそうでしたが、買い目を考える難しさも秘めたレースだと思います。

個人的にも、こうした圧倒的人気馬が居るレースはついついひねくれたくなるので、どこまで冷静な予想が出来るかが課題。
これが十数年前……競馬を見始めた頃の私だったら、素直にハープスター◎だったと思うのですよね。
人気馬に裏切られたという数多くの傷が、一人の少年をただのひねくれオヤジに変えてしまったのですよ。ぐすん。

[もっと見る]

2011年10月21日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2011年10月21日
閲覧 52ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2011年10月22日()の凄馬!>
極凄馬
東京8R いちょうステークス
ニシノスタイル(+5.1)

極凄馬
京都7R 3歳以上500万以下
スカイスクレイパー(+4.3)

極凄馬
新潟2R 2歳未勝利
ローレルブレット(+4.1)

超凄馬
京都10R 古都ステークス
トレイルブレイザー(+3.6)

超凄馬
東京3R 2歳未勝利
ホーカーテンペスト(+3.4)

超凄馬
新潟3R 3歳以上500万以下
ツヨイキモチ(+3.3)

超凄馬
京都9R 北野特別
ダノンスパシーバ(+2.6)

超凄馬
京都1R 2歳未勝利
デンコウアクティブ(+2.3)

超凄馬
京都6R 3歳以上500万以下
スーサンストリーム(+2.3)

超凄馬
東京1R 2歳未勝利
コスモマイギフト(+2.2)

超凄馬
東京5R 3歳以上500万以下
ゴールドアカデミー(+2.1)

超凄馬
東京2R 2歳未勝利
ロードナイト(+2.0)

<『凄馬』の見方>
凄馬・・・勝率28%、複勝率58%を誇る軸馬候補!
超凄馬・・・凄馬を超えた凄馬、堅軸候補。勝率・複勝率が大幅UP
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率51%、複勝率81%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ホーカーテンペストの口コミ


口コミ一覧

東京ハイジャンプ 最終決断

 浪花のクマ 2017年10月14日() 23:31

閲覧 76ビュー コメント 0 ナイス 6


目標は暮れの大障害のサンレイデューク
久々で1頭強い馬が・・雨が降って上がりが
かかる競馬になれば、ここでも逆転も・・

第19回 東京ハイジャンプ(JGII)

◎ サンレイデューク
○ オジュウチョウサン
▲ グッドスカイ
△ シンキングダンサー
△ ホーカーテンペスト
☆ テイエムオペラドン



単勝
 
馬連
 □有Лきキ

 しんすけ46 2017年10月14日() 17:41
東京ハイジャンプ
閲覧 60ビュー コメント 0 ナイス 4

◎ぅ轡鵐ングダンサー
〇Д哀奪疋好イ
△▲汽鵐譽ぅ妊紂璽
△ゥ曄璽ーテンペスト
△オジュウチョウサン

馬連ぁ辞◆ΝァΝАΝへの4点へ300円と三連複ぁΝА辞◆ΝァΝへの3点へ200円。

実力ならオジュウチョウサンで断然ざますわよ。ただ今までのリフレッシュ放牧と
違って骨折放牧明けなんで重箱の隅を楊枝つついてみます。
シンギングダンサー障害入り後、安定して走れてるし折り合いや飛越に
磨きがかかっているそうな。障害王者を負かす絶好のチャンスかな?

後は2〜3レースかな?どのレースにしようかな?
当たるレースを選べれば良いのだけども・・・。

[もっと見る]

 さんばそう 2017年10月11日(水) 06:02
東京ハイジャンプ 10/15 先行予想 
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 7

◎ ホーカーテンペスト
○ オジュウチョウサン
▲ アムールスキー
△ グットスカイ
× シンキングダンサー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ホーカーテンペストの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年3月5日(月) 03:37:58
3/3 黄梅賞
1着 ホーカーテンペスト(横山典騎手)
「きょうはパドックでも落ち着きがあり、最近の中では一番の雰囲気。ゲートをスムーズに出たし、道中のコントロールに関しても許容範囲だった。我慢できたぶん、追い出してからは体を使って伸びてくれたよ。1600mの流れは合うね。気持ちの課題が解消すれば、今後も楽しみが広がる」

(藤沢和雄調教師)
「本来はもっと長いところに適性があると思っているが、スローな流れになったからね。うまく対応できたよ。渋い勝ち方だったとはいえ、先につながる内容だった」
3:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年1月17日(火) 00:13:00
11/19東京スポーツ杯2歳S
10着 ホーカーテンペスト 横山典騎手
『今日は勝った時と違って雰囲気がもうひとつ。返し馬でもテンションが高く、道中は力んで走っていた。本来はもっとユッタリした馬。この結果がこの馬の力ではないよ。』
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2011年11月10日(木) 03:03:07
10/22未勝利
1着 ホーカーテンペスト(横山典騎手)
「元々これくらいは走れる馬です」

⇒もっと見る

ホーカーテンペストの写真

投稿写真はありません。

ホーカーテンペストの厩舎情報 VIP

2017年10月15日東京ハイジャンプ G29着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ホーカーテンペストの取材メモ VIP

2017年10月15日 東京ハイジャンプ G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。