ショウリュウムーン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2007年6月7日生
調教師佐々木晶三(栗東)
馬主上田 亙
生産者高村牧場
生産地浦河町
戦績24戦[5-3-2-14]
総賞金21,411万円
収得賞金6,625万円
英字表記Shoryu Moon
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ムーンザドリーム
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
ミヨシチェリー
兄弟 ステイウェルピエールドリュヌ
前走 2013/03/09 中日新聞杯 G3
次走予定

ショウリュウムーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/03/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 1881617.4816** 牝6 55.0 秋山真一佐々木晶466(-2)2.01.5 1.936.9⑩⑧⑤⑤サトノアポロ
13/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 16128.736** 牝6 55.0 秋山真一佐々木晶468(-4)1.34.3 0.834.6⑩⑧ダノンシャーク
12/12/08 阪神 11 朝日CC G3 芝1800 175916.161** 牝5 54.0 秋山真一佐々木晶472(-6)1.46.6 -0.035.6④⑨アドマイヤタイシ
12/10/27 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 1661146.7156** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶478(+8)1.20.8 0.333.4⑫⑫グランプリボス
12/07/22 中京 11 中京記念 G3 芝1600 1681610.062** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶470(-6)1.35.3 0.235.6⑥⑤④フラガラッハ
12/06/23 阪神 11 米子S OP 芝1600 18124.1115** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶476(+6)1.35.0 0.933.8⑨⑪フラガラッハ
12/01/29 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 16243.812** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶470(-4)1.34.0 0.234.7⑩⑨ドナウブルー
12/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 16598.544** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶474(-2)1.33.2 0.334.8⑦⑦マイネルラクリマ
11/10/30 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 18235.133** 牝4 54.0 小牧太佐々木晶476(0)1.46.5 0.334.4⑥⑨ダイワファルコン
11/10/02 阪神 11 ポートアイS OP 芝1600 15474.221** 牝4 53.0 岩田康誠佐々木晶476(+8)1.34.4 -0.035.0⑨⑦ロードバリオス
11/08/14 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 1471112.445** 牝4 55.0 岩田康誠佐々木晶468(+8)1.46.8 0.235.5⑩⑩⑧⑦アヴェンチュラ
11/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 175937.2613** 牝4 55.0 浜中俊佐々木晶460(0)1.33.3 1.435.5⑨⑬アパパネ
11/04/17 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 183618.2614** 牝4 55.0 浜中俊佐々木晶460(+2)1.33.9 1.634.1⑭⑬シルポート
11/01/30 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 163510.751** 牝4 53.0 浜中俊佐々木晶458(-2)1.33.7 -0.333.3⑩⑩ヒカルアマランサス
11/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1661110.069** 牝4 53.0 浜中俊佐々木晶460(+2)1.34.7 1.334.2⑭⑭シルポート
10/12/04 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝1800 122220.975** 牝3 53.0 浜中俊佐々木晶458(-2)1.45.6 0.734.9ルーラーシップ
10/10/17 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 182312.1516** 牝3 55.0 四位洋文佐々木晶460(-2)1.59.6 1.235.2⑧⑦⑧⑩アパパネ
10/08/15 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 14119.755** 牝3 52.0 四位洋文佐々木晶462(+16)1.47.9 0.334.8⑦⑥⑤⑤アプリコットフィズ
10/05/23 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18245.2217** 牝3 55.0 内田博幸佐々木晶446(-8)2.33.0 3.138.8アパパネサンテミ
10/04/11 阪神 10 桜花賞 G1 芝1600 181111.954** 牝3 55.0 佐藤哲三佐々木晶454(+4)1.33.5 0.234.0⑩⑧アパパネ

⇒もっと見る


ショウリュウムーンの関連ニュース

関連ニュースはありません。

ショウリュウムーンの関連コラム

閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、15(日)にG3中京記念、G3アイビスSDの2重賞が行われました。今年から夏のマイル重賞に様変わりした中京記念は、5番人気のフラガラッハが4角最後方の位置取りから直線で全馬をまとめて差し切る鮮やかな末脚を繰り出しV。オープン→重賞と2連勝で初重賞制覇を飾りました。2着には、中団から徐々にポジションを押し上げ、残り2Fで一旦は先頭に立つ見せ場を作った6番人気ショウリュウムーンが入り、3着にはそのショウリュウムーンをマークする形で直線でも大外を渋太く伸びた10番人気トライアンフマーチが入りました。公認プロ予想家の中では、伊吹雅也プロ霧プロが的中しました。
一方のG3アイビスSDは、7番人気のパドトロワが3、4番手からゴール前で突き抜けて優勝。G1・2着の地力の違いを見せつけ初の重賞タイトルを手中にしました。1馬身半差の2着には、デビュー以来24戦目にして初めてハナを譲った5番人気のエーシンダックマンが粘り込み、3着には昨年の覇者で4番人気に推されたエーシンヴァーゴウがゴール直前で逃げたハクサンムーンをクビ差交わして入線しています。公認プロ予想家の中では、サラマッポプロ3連単プリンス3連複プリンセスプロが的中しています。
他にも先週は、ろいすプロ仲谷光太郎プロMK.YOSHIプロ佐藤洋一郎プロ岡村信将プロ☆まんでがんプロ河内一秀プロが活躍を見せています。

☆☆☆注目プロ → ろいすプロ
21(土)札幌12Rで◎ヴィクトリーマーチから高配狙いの3連単フォーメーションを見事的中。35万3970円のビッグ配当をゲットしました。翌22(日)もプラス収支で終えると、土日トータル回収率539%、収支33万4490円プラスと抜群の成績を記録!

☆☆☆注目プロ →  サラマッポプロ
21(土)の勝負レース・中京6Rでは、2頭だけに印を打ち◎→○での的中と見事な勝負強さを披露!単勝・複勝・ワイド・馬連・3連複・3連単の全的中で計11万4320円の払い戻しに成功。22(日)の勝負レース・アイビスSDでは、1〜3番人気馬を全て「消し」の強気予想で見事的中を収めました。勝負強さが光った先週は、土日トータル回収率199%、収支7万8960円のプラスを達成しています。

☆☆☆注目プロ → 伊吹雅也プロ
21(土)の勝負レース中京11Rでは3連複500円分の的中をマーク。22(日)はG3中京記念を馬連7点勝負で1000円分的中と、土日中京メインで一気にプラス収支に!土日トータル回収率207%を記録しました。

☆☆☆注目プロ → 仲谷光太郎プロ
21(土)中京7Rで3連単39万3250円馬券を的中! さらに同日中京11Rでも3連単10万馬券を的中とビッグヒットを連発。土日トータル回収率175%、収支25万5950円の大幅プラスを達成しています。

☆☆☆注目プロ → MK.YOSHIプロ
21(土)中京11Rでは3連単10万5810円を的中!22(日)は札幌12Rで3連単15万1600円的中と好調予想を連日披露。土日トータルで回収率178%、収支18万4130円と大幅プラスを達成しました!

☆☆☆注目プロ → 霧プロ
先週はビッグヒットこそ無かったものの、土日76R予想して23本全てでプラス的中の安定予想を披露。22(日)の中京記念をキッチリプラス的中で締めくくると、土日トータルでも回収率129%、収支8万2280円プラスの成績を収めました。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
21(日)札幌10Rで単勝最低人気のセイカプレストを本命◎に指名し、単勝&3連単をそれぞれ300円分的中の離れ業を披露!土日トータルでは、回収率109%、収支6万4600円プラスの好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ → 岡村信将プロ
21(土)中京6Rでは単勝&3連単を的中し、計19万1240円の払い戻しに成功!同日中京8Rでも単勝&3連単の的中で計10万7180円の払い戻しを記録!土日トータルでも回収率100%超えを達成しています。

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
22(日)新潟3Rで、◎ノーブルガイアからの馬単1000円分と3連単を的中し、計36万7400円の払い戻しに成功しています。

☆☆☆注目プロ → 河内一秀プロ
先週は土日72R通算で的中率45%をマーク!競馬予想ソフト「カツラギ」の精度の高さを証明する高的中率予想で、土日トータル回収率でも111%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → 3連複プリンセスプロ
22(日)アイビスSDの的中をはじめ、土日通じて的中率40%超えの好調予想を披露!土日トータル回収率131%を達成。迷った時はU指数で競馬予想を試してみては?


他にも、スガダイプロ山崎エリカプロが土日トータル回収率100%超えの成績を収めています。


※全レースの結果速報はこちら


今週も、競馬予想のお供にはウマニティが誇る公認プロ予想家軍団をぜひ!


「ユータ」


登録済みの方はこちらからログイン

2012年1月28日() 02:23 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 1月28・29日分
閲覧 163ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさん、こんにちは!

気が付けば、帰国して丁度1年が経ってました^^;

1.シルクロードS
ロードカナロア
マジンプロスパー
エーシンダックマン
ダノンフェアリー
ロードカナロアは中間の動きも申し分なく、人気でも◎で。
相手は出来のいい準オープン勝ち組から。
CWで好時計連発のマジンプロスパー、時計を要する今週の坂路でも終い踏ん張ったダノンフェアリー
あとは展開も向きそうなエーシンダックマン

2.根岸S
昨年は幸くんが目の前で勝ってくれましたが、今年も頑張ってもらいたい。
シルクフォーチュン
ヒラボクワイルド
ダノンカモン
セイクリムズン
幸くんを本命にするか迷いましたが、ここは決め手のあるシルクフォーチュン本命で。
相手は調教は引き続き動いているヒラボクワイルドダノンカモン
セイクリムズンは幸くんじゃないので評価を下げた。坂路の動きはいいけど。

3.京都牝馬S
昨年大きく当てたレースなので、今年も当たりますように(祈)
スプリングサンダー
ショウリュウムーン
ドナウブルー
ビッグスマイル
中間の坂路の動きが目立つショウリュウムーンスプリングサンダーだが、
人気的にスプリングサンダーの方を本命。
あとは出来は平行線も斤量魅力のドナウブルービッグスマイル


この1年、いろいろありましたが、やっぱり生で競馬が見れる生活はいいかも。
今週末は幸くんが府中に来ますので、生で楽しんできます♪

それでは今週も競馬楽しみましょう!

[もっと見る]

2011年4月13日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第109話マイラーズC(謎解き編)〜
閲覧 164ビュー コメント 0 ナイス 4

第109話 「マイラーズC

07年 34.9-23.3-34.0 =1.32.2 ▼2▼7△10 瞬発戦
08年 35.5-23.3-34.8 =1.33.6 ▼4±0△10 平坦戦
09年 36.2-24.1-33.7 =1.33.9 ▼9±0△7 瞬発戦
10年 34.8-23.8-34.3 =1.32.9 ▼5▼2△8 瞬発戦

09年は10頭立てと少頭数だったため前半〜中盤が緩く流れて上がり特化のレースとなりましたが基本的にこのレースは11秒台のラップがずらっと並ぶハイレベルレース。
スピード、瞬発力などマイラーとしての総合力が問われるレースと言えるでしょう。
過去4年の勝ち馬全てがG鞠蕨対馬となっています。
今年の場合は登録頭数は40頭となっておりシルポートという確固たる逃げ馬も存在するためハイレベルのレースになることは必至とみます。
あとは馬場状態次第で32秒台になるのか33秒台になるのかという辺りが勝負の別れ道になってくるでしょう。
流石に水曜日の段階では馬場状態は全く分からないので現時点では各馬の「格」の目安となる重賞実績を見てみます。
(条件は芝1600m〜2000m)

【古馬G杵対馬】
ショウワモダンダノンヨーヨー

【古馬G僅対馬】
リーチザクラウンエイシンアポロン

【古馬G系対馬】
スマイルジャックシルポートダノンヨーヨーショウワモダンライブコンサートアブソリュートマイネルスケルツィ
キングストリートガルボ(2着)
ショウリュウムーン(牝馬限定)

【3歳G杵対馬】
アパパネ

【3歳G僅対馬】
フライングアップルマイネルスケルツィスマイルジャックエイシンアポロン

【3歳G系対馬】
ショウリュウムーンコスモセンサーガルボリーチザクラウン
アパパネスマイルジャックミッキードリーム(2着)

個人的には今年の場合はメンバーが揃ったので古馬G機腺猫僅対馬、古馬G珪〕馬、3歳G杵対馬までが圏内とみます。
但し、ここに加えてほしいのがマイルCS3着馬のゴールスキー
マイルCSでは勝ち馬と同タイムで走破していて決して格負けしてる馬とは思えません。
ショウワモダンダノンヨーヨーリーチザクラウンエイシンアポロンスマイルジャックシルポートライブコンサートアブソリュートアパパネゴールスキー
マイネルスケルツィ(除外対象)
の10頭が権利ありかと思います。

私の一押しはゴールスキー(「お前、そのための追加したんじゃないの?」という突っ込みが入りそう・・・)
前走は3着での敗退ですが前々走1400m戦を使ったことが敗因とみています。
ダートG鞠ゴールドアリュールの弟で父はネオユニ。
軽い切れというよりもナタの切れを持つ馬でパワーを必要とする阪神外回りはおそらくベストな舞台。
ここで結果を出さないと賞金的に安田記念に出れない可能性もあるのでここは必勝態勢なはず。

3冠牝馬に失礼ですがアパパネは格的には未知数。
そもそもこの馬は未勝利戦を勝って以降牝馬限定のレースしか出走していません。
現4歳牡馬は最強世代と呼ばれますが牝馬となるとやや劣る印象です。
古馬混合重賞では
アプリコットフィズクイーンS
レディアルバローザ中山牝馬S
カレンチャン阪神牝馬S
ショウリュウムーン京都牝馬S
の4頭が勝利していますが全て牝馬限定のレースです。
休養明けの初戦のここは「消して妙」と思います。

ダノンヨーヨーは前走を見ても分かる通り追い込み一手の戦法は相手任せのレースしか出来ず凡走も考えられます。
今回から内田Jに乗り替わるようなので位置取りを変えてくる可能性もありますがそこも未知数。

前年の覇者リーチザクラウンですが前走の追い込み3着が余計な印象です。
前年は先行策での勝利ですが今年は後方からのレースになりそう。

基本的にメンバーが揃ったレースでは追い込み脚質は信用していません。
過去4回のこのレースでも4コーナー6番手以内の馬が勝利しています。
後方の馬は2着までという評価です。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ゴールスキースマイルジャックショウワモダン


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年10月15日(金) 19:02 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 10月16・17日分
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 14

みなさん、こんにちは!

多忙につき、新馬チェックが出来なかったので、今週はお休みします。


1.重賞の調教重視予想

<土曜・東京9R> 東京HJ
ギルティストライク
イコールパートナー
コウエイトライ
マイネルネオス

<土曜・京都11R> デイリー杯2歳S
レーヴディソール
アドマイヤサガス
メイショウナルト
グランプリボス

<日曜東京11R> 府中牝馬S
シングライクバード
テイエムオーロラ
ニシノブルームーン
コロンバスサークル
CWで好時計連発のシングライクバード本命。牡馬相手に戦ってきており、牝馬の重賞なら期待出来そう。
相手本線は中間栗東坂路で49秒台を出したテイエムオーロラ
単穴は坂路で乗り込んだニシノブルームーン。先週49秒台も出しており、好仕上がり。
あとはウッドで時計を出し、叩いた上積みが見込めるコロンバスサークル

<日曜京都11R> 秋華賞
ワイルドラズベリー
ショウリュウムーン
アプリコットフィズ
エーシンリターンズ
ワイルドラズベリーは休養して馬が変わった印象。終い重点の調教内容だが、末脚に期待。
相手本線は今週の坂路でラスト2F23.9、1F11.8という破格のラップを出したショウリュウムーン
単穴はCWで好時計連発のアプリコットフィズ。ラップも素晴らしい。
エーシンリターンズは中間坂路で50秒台、今週はCWで時計を出すという好走パターンなので、今回も力は出せそう。


2.新馬の注目馬
新馬調教ランキングはお休みしますが、調教が目立ってたのでPOG指名した馬をPickUp。

イングリッド、イクゼギンギラギン(日・東京3)
ゴールドラム(日・東京4)
ラインレグルス(日・京都4)


3.今週の幸くん
土曜の後半は期待出来そう。重い印連発の予定です!

<土曜京都7R> 
▲エーティーショパン
坂路で平凡でも無理のないローテで使われているこの馬にもチャンス有。

<土曜京都8R> 
○ピエナミッチー
Bコースで鋭い伸び。馬体が絞れれば期待大。ピサノユリシーズの相手本線で。

<土曜京都9R> 
ラインドリーム
出来は平行線だが、牝馬限定戦なら期待できる。

<土曜京都10R> 
キクカタキシード
引き続きポリトラックで好時計。中間の動きも加味するとシースナイプが上なので、相手本線で。

<土曜京都11R> 
メイショウナルト
ポリトラックで好時計連発。人気でしょうが、展開次第で頭もありそう。

<土曜京都12R> 
ハイローラー
坂路ではこの馬としては動いている。叩き2戦目で末脚炸裂期待の◎。

<日曜京都6R> 
◎ツルマルシルバー
叩いた上積みが見込めそうで、強敵も見当たらないので◎で勝負!

<日曜京都7R> 
◎ナムラアーガス
このレースで調教評価の高い馬はこの1頭だけだったので、◎で勝負!


今週も土日は仕事関係で拘束されますが、空いた時間を利用して競馬を楽しみたいと思います。
来週からは久しぶりに通常モードに戻れそうです♪

それでは、今週も競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

2010年10月11日(月) 14:00 河内一秀
河内一秀の「カツラギ的」秋華賞2010前走分析
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 29

春の二冠馬アパパネが三冠を達成できるのかどうかが注目される今年の秋華賞

阪神に外回りコースが出来て4年目になるが、桜花賞・ローズステークスが外回りコースに変わり、秋華賞の特異性が強くなっている一方で、桜花賞オークス・ローズステークスの関連性が強くなっている。

それでは、過去3年の各レースの上位馬とカツラギ指数を一覧してみよう。

■2009年 優勝馬:レッドディザイア
55.4 ローズステークス(優勝馬:ブロードストリート
55.4 ローズステークス(2着馬:レッドディザイア
56.0 オークス(優勝馬:ブエナビスタ
56.0 オークス(2着馬:レッドディザイア
55.8 桜花賞(優勝馬:ブエナビスタ
55.2 桜花賞(2着馬:レッドディザイア

■2008年 優勝馬:ブラックエンブレム
51.7 ローズステークス(優勝馬:マイネレーツェル
53.9 オークス(優勝馬:トールポピー
53.2 桜花賞(優勝馬:レジネッタ

■2007年 優勝馬:ダイワスカーレット
57.0 ローズステークス(優勝馬:ダイワスカーレット
58.7 ダービー(優勝馬:ウオッカ
54.7 オークス(優勝馬:ローブデコルテ
57.8 桜花賞(優勝馬:ダイワスカーレット

指数レベルが高かった2009年・2007年は、春の実績馬がローズステークスでの好走を経て秋華賞を制した。
一方で、指数レベルが低かった2008年は、各レースともに人気薄の馬が上位を占める大混戦であった。

次に、今年の各レースの上位馬とカツラギ指数を一覧してみよう。

■2010年
53.8 ローズステークス(優勝馬:アニメイトバイオ
52.6 ローズステークス(2着馬:アパパネ
53.8 オークス(優勝馬:アパパネ
54.5 桜花賞(優勝馬:アパパネ

各レースとも大きく荒れた結果とはなっていないが、二冠馬アパパネがローズステークスで4着に敗れ、指数的にも低いレベルで頭打ちとなっているので、アパパネが三冠を達成する可能性は低いと言わざるを得ない。

そこで、2008年の優勝馬であるブラックエンブレムの実績を振り返ってみると、クラシックでは結果が出なかったものの、クラシック直前のフラワーカップで重賞を制していることが分かる。

それでは、今年の出走馬で同じような過程を経ている馬をピックアップしてみよう。

54.9 ショウリュウムーンチューリップ賞優勝)
52.5 アプリコットフィズ(クイーンカップ優勝)

54.6 アプリコットフィズクイーンステークス優勝)
52.8 ショウリュウムーンクイーンステークス5着)

以上の2頭が該当するが、特にアプリコットフィズは、クイーンステークスで古馬を相手に優勝しており、アパパネの三冠を阻止する資格を十分に持ち合わせていると結論づけたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。

[もっと見る]

2010年8月11日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第53話クイーンS(謎解き編)〜
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 0

第53話 「クイーンS」

05年 36.0-34.9-35.8 =1.46.7 △3▼2△2 平坦戦
06年 34.4-36.0-36.3 =1.46.7 △1▼4△2 平坦戦
07年 36.1-35.9-34.7 =1.46.7 ▼3▼3△8 平坦戦
08年 36.2-36.4-35.5 =1.48.1 △1▼3△7 平坦戦
09年 35.5-36.8-35.9 =1.48.2 ▼3±0△2 平坦戦

札幌コースは楕円というより円に近い形状。
クイーンSはこのコースを1周ちょっと回ることになるが1800mの中で直線部分はおよそ700m。
約60%がコーナーで40%がストレートという内訳になる。
コーナーリングの上手さというのは非常に重要になるでしょう。
但し、コーナーのRは函館や福島に比べれば緩やかなので「コーナー下手でなければOK」という程度かもしれません。

コーナー部分が多いとなると当然有利となるのは「内枠先行馬」
昨年は函館開催がなかったのでこのレースは開幕週ではなく第2回開催の6日目でやや使い込まれた馬場でした。
その09年を除くと近年では勝ち馬の条件は「4コーナーで3番手以内」となっています。
2着3着となると後方からの差し馬でも十分届くのでその辺りは注意が必要です。
先行馬有利ですが先行固めの馬券は危険ということです。

近年のラップを見てみると06年がややイレギュラー。
テンの3Fが34.4秒と速く上がりが36.3秒とかかった前傾ラップ。
それ以外は比較的ブレが少なく前後半の差がないイーブンラップか若干上がりの方が速い後傾ラップというのがスタンダードとなるでしょう。
開幕週だからといってハナ争いでガリガリは競り合わない。
前>後ろという有利さはあるが、逃げ>先行という有利さはないのでわざわざ潰しあう必要はありませんから。

さて、今年のメンバーを見てみると・・・。
アプリコットフィズショウリュウムーンテイラーバートンと注目の3歳馬が登録してきました。
ショウリュウムーンはキンカメ産駒(>広いコース向き)でもありこの条件は不安に感じますがその他2頭は有力候補でしょう。
武豊J復活の重賞勝利の可能性も十分ありとみます)
しかし、私の注目馬はプロヴィナージュ
先行力もあり、福島(洋芝&小回り)勝利あり、重賞実績もある。
この馬は単純に瞬発力が足りないだけでそこが問われない舞台であればかなり信頼できる馬だと思われます。
瞬発戦以外のレース成績は4-2-3-5で勝率28.6%連対率42.9%
牝馬限定戦の成績は3-2-2-2で勝率33.3%連対率55.6%
という実績の持ち主。
但し、1800m戦はダート含めても0-0-0-3と馬券になったことがありません。
ここをどう判断するかという点と枠順が問題でしょうね。

今週からちょっと遊び心で「本命ドリパスの3連単1点予想」(>杉本清氏のパクリだね、うん)

プロヴィナージュアプリコットフィズヒカルアマランサス

(もちろん枠順発表前なので最終予想とは異なるかもしれません)


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ショウリュウムーンの口コミ


口コミ一覧

2017_秋華賞

 landr 2017年10月9日(月) 21:56

閲覧 131ビュー コメント 0 ナイス 5

過去にどんな予想をしていたのだろう、とウマニティの履歴を漁ってみたところ、なんと10年もここに居座っていたことが発覚。スゲーな、ウオッカの頃からウマニティで予想晒していたのか。そりゃあタニノフランケルも生まれるわ(それ以前に、10年やっていて未だにオープンという悲しさ)。

で、これがまたひどい。そりゃこんな予想していたら万年オープンだわ(今日の◎バロンドゥフォール本命もなかなかひどい)。

2016 ヴィブロス
 ◎クロコスミア(6着)○ビッシュ(10着)▲ジュエラー(4着)
2015 ミッキークイーン
2014 ショウナンパンドラ
 ◎ハピネスダンサー(14着)▲セウアズール(10着)
2013 メイショウマンボ
 ◎スマートレイアー(2着)○メイショウマンボ(1着)
2012 ジェンティルドンナ
 ◎アイスフォーリス(15着)○ヴィルシーナ(2着)▲ジェンティルドンナ(1着)
2011 アヴェンチュラ
 ◎ピュアブリーゼ(17着)
2010 アパパネ
 ◎ショウリュウムーン(16着)○エーシンリターンズ(15着)
2009 レッドディザイア
 ◎ブエナビスタ(3着降着)○レッドディアザイア(1着)
2008 ブラックエンブレム
 ◎オディール(9着)○レジネッタ(8着)
2007 ダイワスカーレット
 ◎ベッラレイア(4着)▲ウオッカ(3着)

2013年の秋華賞で本命打ったスマートレイアーが、4年後に京都大賞典を勝つとは誰が思っただろう?
それにしても、ガチガチ馬券かドはずれ馬券か極端だ。
ショウリュウムーンを買った理由は何となくわかるが(当時はデンコウアンジュ的馬だった)、ピュアブリーゼとかアイスフォーリスとかは何なのだろう?16番人気ハピネスダンサーに本命を打った気持ちも当時の自分しかわからないが、紫苑ステークスの負け組が巻き返す自分なりに考えたセオリーでもあったか。(おそらくローズステークス組は放っておいても人気するので、自分なりの穴狙いセオリーなのだろうね)

で、改めて勝ち馬を眺めてみたのだが、先行勝ちしたのはダイワスカーレットとアヴェンチュラのみ。あとはほぼ差し込み。そして、この2頭はちょっとずば抜けていた。桜花賞馬のダスカは言うまでもなく、阪神JF後に半年ぶりに復帰して、準オープンとクイーンステークスを圧勝したアヴェンチュラは、無事だったら相当な馬になっていたはずだ。

さて、おそらく1番人気となるアエロリットが、ダイワスカーレットとアヴェンチュラのレベルに達しているのか?と言うところ。
クイーンステークスの時計だけでいうなら、アエロリットはバケモノですけどね。

そして、紫苑ステークスで大敗した春の実績馬という、昔の自分が気に入っていたと思われるセオリーに合致するのは、サロニカとシーズララバイ。どちらも除外対象だけど、回避馬が出てきて抽選通ったりしたら、うっかり買ってしまいそうだ。

今のところの本命は(アエロリットを別格にして)ポールヴァンドル。ああ、この馬も紫苑ステークス組だ・・。傾向を見ていたら、ファンディーナの巻き返しは厳しいかなと思うが、ミリッサやラビットランを素直に買っておいた方がよさそうだ。あとは、怪物リカビトスの見極めと、リスグラシューが届くかな?届かないかな?判断。

と言うわけで、今週は余裕あれば、1頭ずつ見て行って、買い目を絞りたいと思う次第。

 ふれいず 2010年4月9日(金) 17:47
【今週のレース展望】〜桜花賞〜
閲覧 8ビュー コメント 0 ナイス 0

週明けの時点での特別登録場を見て、その週の注目レースや注目馬についての展望をしていこうと思っています。
今週は既に枠順が確定しちゃったりもしておりますが、これはあくまで展望という感じで。

さぁ、いよいよ春のクラシック第一弾となる桜花賞。
今年が二世代目となるキングカメハメハの産駒が4頭、ゼンノロブロイの初年度産駒が3頭登録しており、今をときめく新鋭種牡馬の産駒が目に付く。
こういった年のクラシックは、その年のトレンドともいえる種牡馬がクラシック戦線を席巻する場合も多いため、これらの産駒には注目してみたいところ。

そんな中、キングカメハメハ産駒初のGI馬となったアパパネが1番人気になりそうではあるが、この馬とてまだ重賞1勝であり、そもそも今年のメンバーの中には重賞2勝以上の馬はゼロ。
前哨戦でも1番人気が全て敗れ去っているように(クイーンCは1番人気が勝利だが)、混戦と見た方が良さそうな感も。

<注目馬>
・アパパネ
阪神JF勝ち馬であり、実績的にはもちろんNO.1。
今回も栗東で調整されており、美浦からの長距離輸送がないのはかなりの好材料。
未勝利を勝ち上がったばかりのショウリュウムーンに敗れた前走には満足できないが、余裕残しのステップレースでもあっただろうし、切れ味を身上とするこの馬には厳しい馬場でもあった。
前述の通り、今年のトレンドであるキングカメハメハ産駒ということも加味すると、最有力候補と見て間違いないところか。

・アプリコットフィズ
2歳女王アパパネとの未対戦組で言えば、やはりこの馬に注目したい。
3戦2勝、負けたレースも新馬勝ち後の重賞2着と、実績的にも上位と遜色はなし。
スッと前に付けられるスピードがあり、追ってからもしっかり伸びる。
かなりの魅力を秘めた馬ではあるが、関東圏でのレース経験しかなく、今回初めてとなる長距離輸送も課題。
ここを楽に突破するようであれば、かなりの大物かも……?

・オウケンサクラ
最後のチャンスとも言えた前走のフラワーCできっちり結果を残し、桜の切符を手に入れた。
その前走で負かした相手はフェアリーS勝ちのコスモネモシン。
好位から楽に抜け出しての完勝劇で、新たな味を引き出せたのも視界が明るい。
しかしながら、チューリップ賞で権利を獲る事ができず、前走は余計な一戦であったのも否定できないところ。
中1週〜中1週〜中2週と、押せ押せのローテーションでGIに臨むのは正直不安が残る。

・ラナンキュラス
新馬から2連勝後、重賞戦線に入って4・4・2着。今ひとつパンチ不足な感は否めないところだが、どんな相手とやってもキッチリ上位に来る安定性は魅力とも言える。
母は桜花賞を含めGI3勝のファレノプシスでもあり、母仔制覇なるかにも注目が集まる。

・ショウリュウムーン
3戦目でようやく未勝利を勝ち上がり、返す刀で2歳女王を叩き切ったチューリップ賞は衝撃的。
ただし、共にやや重〜重馬場での連勝でもあり、重の鬼という可能性も否めず…。

・アニメイトバイオ
ゼンノロブロイ産駒の筆頭格はこの馬か。阪神JFの2着馬でもあり、ここ3戦全て2着と安定性は抜群。
相手関係が楽と思えた前走でのレース内容には不満も残るが、休み明けで+14キロでもあったし、スイスイと楽に先行してしまったことで、末が甘くなってしまったのも事実。
一叩きで絞れ、自慢の決め手を活かせる展開になれば。

・コスモネモシン
アプリコットフィズを破ったフェアリーSが11番人気。フロックとの見方もあったかもしれないが、ひと息入れたフラワーCでもオウケンサクラの2着と好走。
ごちゃつく不利がありながら、最後までしっかり伸びての2着確保は立派な内容であり、混戦になれば一発あっても不思議はない。



現時点では実績上位のアパパネが優勢と見るが、ずば抜けた本命馬とは思えない。
相手の筆頭としては、安定味のあるラナンキュラスや自在性のあるオウケンサクラあたりを推したいところだが、穴ならコスモネモシンに魅力を感じる。
未知の魅力を秘めるアプリコットフィズ、ローテ面で不安が残るオウケンサクラの取捨がカギとなりそうだが……。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2010年4月8日(木) 23:02
☆桜花賞パート2(小牧騎手って)☆
閲覧 47ビュー コメント 5 ナイス 0

皐月賞では有力馬ローズキングダムで挑む小牧太騎手ですが、今週の桜花賞では騎乗馬なし・・・・。

それはなんか災難っていうか読み違いがあったそうです(>__

[もっと見る]

ショウリュウムーンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  はくちょん   フォロワー:2人 2012年7月22日() 15:52:10
7/22ハンデを軽くする為に前走、負けた可能性が音無厩舎。馬場,ディープよりもダンスインザダークみたいなタフな血統向き。
1:
  藍色   フォロワー:2人 2010年4月24日() 14:32:56
桜花賞、追い込み型の中で一番の先着。今後に期待。

ショウリュウムーンの写真

投稿写真はありません。

ショウリュウムーンの厩舎情報 VIP

2013年3月9日中日新聞杯 G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ショウリュウムーンの取材メモ VIP

2013年1月5日 スポニチ賞京都金杯 G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。