ショウリュウムーン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2007年6月7日生
調教師佐々木晶三(栗東)
馬主上田 亙
生産者高村牧場
生産地浦河町
戦績24戦[5-3-2-14]
総賞金21,411万円
収得賞金6,625万円
英字表記Shoryu Moon
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ムーンザドリーム
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
ミヨシチェリー
兄弟 ステイウェルピエールドリュヌ
前走 2013/03/09 中日新聞杯 G3
次走予定

ショウリュウムーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/03/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 1881617.4816** 牝6 55.0 秋山真一佐々木晶466(-2)2.01.5 1.936.9⑩⑧⑤⑤サトノアポロ
13/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 16128.736** 牝6 55.0 秋山真一佐々木晶468(-4)1.34.3 0.834.6⑩⑧ダノンシャーク
12/12/08 阪神 11 朝日CC G3 芝1800 175916.161** 牝5 54.0 秋山真一佐々木晶472(-6)1.46.6 -0.035.6④⑨アドマイヤタイシ
12/10/27 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 1661146.7156** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶478(+8)1.20.8 0.333.4⑫⑫グランプリボス
12/07/22 中京 11 中京記念 G3 芝1600 1681610.062** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶470(-6)1.35.3 0.235.6⑥⑤④フラガラッハ
12/06/23 阪神 11 米子S OP 芝1600 18124.1115** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶476(+6)1.35.0 0.933.8⑨⑪フラガラッハ
12/01/29 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 16243.812** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶470(-4)1.34.0 0.234.7⑩⑨ドナウブルー
12/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 16598.544** 牝5 54.0 小牧太佐々木晶474(-2)1.33.2 0.334.8⑦⑦マイネルラクリマ
11/10/30 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 18235.133** 牝4 54.0 小牧太佐々木晶476(0)1.46.5 0.334.4⑥⑨ダイワファルコン
11/10/02 阪神 11 ポートアイS OP 芝1600 15474.221** 牝4 53.0 岩田康誠佐々木晶476(+8)1.34.4 -0.035.0⑨⑦ロードバリオス
11/08/14 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 1471112.445** 牝4 55.0 岩田康誠佐々木晶468(+8)1.46.8 0.235.5⑩⑩⑧⑦アヴェンチュラ
11/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 175937.2613** 牝4 55.0 浜中俊佐々木晶460(0)1.33.3 1.435.5⑨⑬アパパネ
11/04/17 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 183618.2614** 牝4 55.0 浜中俊佐々木晶460(+2)1.33.9 1.634.1⑭⑬シルポート
11/01/30 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 163510.751** 牝4 53.0 浜中俊佐々木晶458(-2)1.33.7 -0.333.3⑩⑩ヒカルアマランサス
11/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1661110.069** 牝4 53.0 浜中俊佐々木晶460(+2)1.34.7 1.334.2⑭⑭シルポート
10/12/04 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝1800 122220.975** 牝3 53.0 浜中俊佐々木晶458(-2)1.45.6 0.734.9ルーラーシップ
10/10/17 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 182312.1516** 牝3 55.0 四位洋文佐々木晶460(-2)1.59.6 1.235.2⑧⑦⑧⑩アパパネ
10/08/15 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 14119.755** 牝3 52.0 四位洋文佐々木晶462(+16)1.47.9 0.334.8⑦⑥⑤⑤アプリコットフィズ
10/05/23 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18245.2217** 牝3 55.0 内田博幸佐々木晶446(-8)2.33.0 3.138.8アパパネサンテミ
10/04/11 阪神 10 桜花賞 G1 芝1600 181111.954** 牝3 55.0 佐藤哲三佐々木晶454(+4)1.33.5 0.234.0⑩⑧アパパネ

⇒もっと見る


ショウリュウムーンの関連ニュース

 サマーマイルシリーズ初戦の中京記念が、今週末の日曜に中京競馬場で行われる。7度目の重賞挑戦で初勝利を狙うのが、5歳牝馬のアスカビレン。暑さに強い夏女が、デキのよさを生かして牡馬勢を一蹴する。

 全身にまとわりつくような熱風さえ心地いい。大好きな夏本番を迎え、アスカビレンの調子が右肩上がりだ。担当の中沢厩務員は、馬房の中から顔をすり寄せて甘える相棒の好気配を伝える。

 「ヴィクトリアマイル後に少し間隔をあけて疲れは取れました。夏場は特に具合がよくて、別馬みたいです。息遣いや毛づやがいいですね」

 『夏は牝馬』という格言が当てはまるタイプだ。7〜9月は、これまで4戦3勝。唯一の敗戦は、直線で大きな不利があった一昨年の有松特別(1000万下)8着だけで、昨年は8月の博多S(1600万下)を勝ってオープン入りを決めた。

 世話役は「9月になると冬毛が伸びてきて、秋華賞(2015年7着)やエリザベス女王杯(16年10着)のころはボーボーだった。それが能力に影響しているとは思わないけど、今は本当に具合がいい」と夏女ぶりを感じ取っている。

 また、「普段から動じるところがなくて貫禄がある」(中沢厩務員)ので牡馬相手でも気後れはない。2走前の六甲S(OP)では、男馬を蹴散らして鮮やかな差し切りV。前走のヴィクトリアマイル13着は道悪馬場で切れ味をそがれたが、はまったときの切れ味は一級品だ。ハンデは54キロと、大きなアドバンテージもある。牝馬の優勝は1999年のエリモエクセル以来ないが、近5年では12年にショウリュウムーン(6番人気)、15年にアルマディヴァン(13番人気)が人気薄で2着。高配を呼び込む存在としても侮れない。

 中沢厩務員は「自分の競馬ができるかどうか、というタイプ。何とかひとつ重賞を勝たせてあげたい」と力を込める。

 夏を愛する心強きアスカビレンが、中京のターフでかれんに花を咲かせる。 (川端亮平)

中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

★展望

 ハンデ差があまりなく、混戦ムード。米子Sをレコードで勝ったブラックムーンが中心となりそうだ。重賞でハンデ57キロと楽ではないが、前走と同じ斤量だけにチャンスは十分ありそうだ。グランシルクは重賞未勝利だが、京王杯SC3着を見ても大きな力差はなさそう。3年前のダービー馬ワンアンドオンリーは、横山典騎手の進言で久々のマイル参戦となった。不振脱出のきっかけとなるか。連勝中のウインガニオン、久々を叩かれたグァンチャーレ、決め手のあるアスカビレンも侮れない。

【3歳戦結果】タイセイサミット、寒竹賞V2016年01月11日(月) 05:01

 【中山】9R寒竹賞(500万下、芝・内2000メートル)=タイセイサミット(栗・矢作、牡、父ダイワメジャー

 ◆内田騎手 「前回は何度か挟まれていたので、うまく外に出せたのがよかった。びっくりするほど強かったね」

 6R新馬(芝・外1600メートル)=サバンナロード(美・木村、牡、父ストリートボス)

 ◆Fベリー騎手 「スタートがよく、先行集団のいい位置を取れ、ペースもゆっくりでよかった。距離はこのくらいまでがいい」

 【京都】4R新馬(ダ1400メートル)=ストリクス(栗・安田、牡、父キングカメハメハ

 ◆ルメール騎手 「乗りやすいし、長くいい脚を使ってくれた。ただ、ワンペースの走りなので、芝よりはダートの方がいい」

 6R新馬(牝馬、芝・外1800メートル)=ロッテンマイヤー(栗・池添学、父クロフネ

 ◆フォーリー騎手 「スタートがよすぎて最初は掛かっていたが、ペースが落ち着くと、リラックスして脚をためられた。器は大きい」

 5R未勝利(芝・外2200メートル)=エミーズレシピ(栗・友道、牝、父エンパイアメーカー)

 ◆ルメール騎手 「うまくゲートを出て、いい位置を取れた。最後も狭いスペースをビュッと割って伸びてくれたし、距離もこれくらいがちょうどいい」

 *半姉に2010年チューリップ賞など重賞3勝のショウリュウムーン(父キングカメハメハ)。

[もっと見る]

【めざせクラシック】ラストインパクト半妹イリデッセンス来週入厩へ2015年07月29日(水) 05:02

 デスク 夏競馬が佳境に入ってきた。今週から小倉、新潟、札幌に舞台が移るが、評判馬はいるのか?

 片岡 札幌にはコディーノの全妹チェッキーノが入厩しています。今週、ゲート試験を受けて合格すれば、3週目(8月15日の芝1500メートル(牝)か16日の芝1800メートル)の新馬戦を予定しているみたい。体重は470キロ前後で恵まれており、半姉カービングパス(牝3、父ハービンジャー)とは少しタイプが違う感じ。千島助手も「少しずつよくなっています」と話していました。

 デスク 函館はどうだ?

 渡部 今週から札幌が始まり、いわゆる“裏函”になりますが、エミーズレシピを挙げておきます。

 デスク 重賞を3勝したショウリュウムーンの半妹か。

 渡部 ええ、8月23日の札幌新馬戦(芝1800メートル)をルメール騎手で予定しています。480キロ前後の馬体で「きれいな跳びをしています。距離はもちそうですね」と山田助手は前向きでした。

 板津 ディープインパクト産駒のミュゼウェルズが函館競馬場を経由して、24日に美浦へ帰厩しています。「だいぶよくなって帰ってきた。まだ速いところをやっていないから、ディープっぽい決め脚があるかどうかは分からないけど、スタートセンスがよくて前向き。マイルくらいがいいと思う」と大江原調教師。8月22日(芝1400メートル)か、29日(芝1600メートル)の新潟新馬戦を考えているようです。

 デスク 栗東は?

 片山 ラストインパクトの半妹イリデッセンスが来週、栗東に入る予定。「完成度が高いし、しっかりしている」と、佐々木調教師は楽しみにしている様子でした。

[もっと見る]

【中京記念】データ分析2015年07月21日(火) 05:01

  *2000メートルから1600メートルに短縮され、開催時期が3月から7月に移った過去3年が対象

 ◆芝マイル実績必須 勝ち馬全3頭を含む、連対6頭中4頭が芝マイルで勝っていた。残る1頭、一昨年、昨年と連続2着のミッキードリームには芝1800メートルでV歴があった。

 ◆重賞実績重要 連対6頭中、2012年1着フラガラッハを除く5頭に重賞勝ちがあった。12年フラガラッハにも阪神Cなどで3着があり、重賞3着以内がないと厳しい。

 ◆重ハンデ馬が強い 12年2着の牝馬で54キロのショウリュウムーンを性差を考慮して2キロ増とすると、連対6頭全てが56〜58キロ。トップハンデ馬は13年フラガラッハ、14年サダムパテックと連勝中。一方で53キロ以下は3着以内すらなく、苦戦している。

 ◆前走 オープン特別の米子S組が3連対で最多だが、ステップレースはさまざま。しかし、レース間隔は最長で2カ月半。長期休養明けは連対なし。また、6頭中4頭が掲示板を外しており、2桁着順から巻き返した馬も2頭。前走の着順は気にしなくていい。

 ◆リピーターに注目 フラガラッハは12〜13年と連覇し、ミッキードリームは13〜14年に2着。連続して好走する馬が多いレース。

◇結論◇

 トップ評価はレッドアリオンだ。マイルGIIマイラーズC勝ちが光り、安田記念からのステップもいい。ハンデ57・5キロも問題ない。GI・NHKマイルC優勝馬カレンブラックヒルも実績、ステップは申し分なく、58・5キロも克服できそう。2年連続2着のミッキードリームは昨年と同じ56キロ。休み明けでも3カ月なら許容範囲で、今年も警戒したい。57キロのトーセンレーヴは5カ月の休み明けで、同じく57キロのスマートオリオンは芝では1400メートル以下しか実績がないため、割り引いた。 (データ室)

★中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

GIII3勝ショウリュウムーンが繁殖入り 2013年03月20日(水) 15:02

 2010年のチューリップ賞でアパパネを破る金星を挙げたショウリュウムーン(栗東・佐々木晶三厩舎、牝6歳、父キングカメハメハ、母ムーンザドリーム)が、3月21日付で競走馬登録を抹消する。その後は、北海道苫小牧市のノーザンファーム空港牧場で繁殖牝馬になる予定。

 通算成績は24戦5勝。通算獲得賞金は2億1411万6000円(付加賞含む)。重賞勝ち鞍は以下の通り。

2010年 チューリップ賞(GIII)2011年 京都牝馬S(GIII)2012年 朝日チャレンジC(GIII)

 3月9日(土)の中日新聞杯(芝2000メートル、GIII)=8番人気で16着=が最後のレースになった。

[もっと見る]

ショウリュウムーン、現役を引退2013年03月14日(木) 05:01

 9日の中日新聞杯で16着に敗れたショウリュウムーン(栗・佐々木晶、牝6、父キングカメハメハ)が、現役を引退することになった。佐々木晶調教師は「あす(14日)放牧に出す。オーナーとの相談になるが、そのまま引退のつもり。よく頑張った」と労をねぎらった。通算24戦5勝。重賞は2010年チューリップ賞(GIII)11年京都牝馬S(GIII)、12年朝日CC(GIII)の3勝。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ショウリュウムーンの関連コラム

閲覧 2,639ビュー コメント 0 ナイス 7


阪神ジュベナイルフィリーズからチューリップ賞、桜花賞と、すべて“阪神芝1600m”のコースで施行される、謎の牝馬クラシック路線。同コース施行であるがゆえに、それら3つのレースが密接な関係を持っていることは言うまでもないのだが、平均を出してみると、それぞれのレースが持つ特徴が少しずつ違うことも分かってくる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞と桜花賞、過去10年勝ち馬のタイムをざっと比較してみよう。勝ち馬の前半1000mタイムと、ラスト600mのタイムを一覧にしてみた。ちなみにこれは“レース先頭馬の通過タイム”ではなく、“勝ち馬の通過タイム”である。

■阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬 過去10年
2006年 58.9-34.2 ウオッカ      桜花賞2着
2007年 58.6-35.2 トールポピー    桜花賞8着
2008年 60.4-34.8 ブエナビスタ    桜花賞1着
2009年 60.6-34.3 アパパネ      桜花賞1着
2010年 61.8-33.9 レーヴディソール  桜花賞不出走
2011年 60.8-34.1 ジョワドヴィーヴル 桜花賞6着
2012年 58.3-35.9 ローブティサージュ 桜花賞5着
2013年 59.8-34.1 レッドリヴェール  桜花賞2着
2014年 60.4-34.0 ショウナンアデラ  桜花賞不出走
2015年 58.7-35.8 メジャーエンブレム 桜花賞4着
2016年 59.2-34.8 ソウルスターリング 

■チューリップ賞勝ち馬 過去10年
2007年 60.2-33.5 ウオッカ      桜花賞2着
2008年 61.3-34.5 エアパスカル    桜花賞9着
2009年 61.8-34.7 ブエナビスタ    桜花賞1着
2010年 61.4-34.7 ショウリュウムーン 桜花賞4着
2011年 60.9-33.6 レーヴディソール  桜花賞不出走
2012年 61.5-34.0 ハナズゴール    桜花賞不出走
2013年 60.2-34.7 クロフネサプライズ 桜花賞4着
2014年 60.6-33.7 ハープスター    桜花賞1着
2015年 61.8-35.9 ココロノアイ    桜花賞10着
2016年 59.8-33.0 シンハライト    桜花賞2着
2017年 59.4-33.8 ソウルスターリング 

■桜花賞勝ち馬 過去10年
2007年 60.1-33.6 ダイワスカーレット 
2008年 59.9-34.5 レジネッタ     
2009年 60.7-33.3 ブエナビスタ    
2010年 59.2-34.1 アパパネ      
2011年 59.6-34.3 マルセリーナ    
2012年 60.3-34.3 ジェンティルドンナ 
2013年 59.5-35.5 アユサン      
2014年 60.4-32.9 ハープスター    
2015年 62.5-33.5 レッツゴードンキ  
2016年 60.4-33.0 ジュエラー     

実際のところ、この一覧を見ただけではピンと来ないと思われるのだが、それぞれの平均を出してみると、少しずつ傾向が出始める。


■阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬 過去10年平均
1000m通過 59秒8   ラスト600m34.6

■チューリップ賞勝ち馬 過去10年平均
1000m通過 61秒0   ラスト600m34.2

桜花賞勝ち馬 過去10年平均
1000m通過 60秒3   ラスト600m33.9


要するに、阪神ジュベナイルフィリーズはハイペースから上がりの掛かるレースであり、チューリップ賞はスローペースから上がりの早いレース。これは“多頭数G1”と“少頭数トライアル”というレースの性質がそのまま出ているのだと思われる。

そして問題の桜花賞は、とにかく上がりが速いのが特徴。チューリップ賞より遥かに速いペースから、それでいてチューリップ賞よりさらに速い上がりが要求されるレース。「チューリップ賞の時計が速い年は桜花賞と連動する」と言われる理由は、ここではないかと思われる。


そう、桜花賞を勝つためには、それなりの時計的な裏付けが必要なのだ。具体的なラインとしては・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2013年02月27日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第225話チューリップ賞(謎解き編)〜
閲覧 212ビュー コメント 0 ナイス 4

第225話 「チューリップ賞」


08年 36.1-25.2-34.5 =1.35.8 ▼6▼13△11 瞬発戦
09年 36.0-25.3-35.2 =1.36.5 ▼5▼11△ 8 瞬発戦
10年 36.0-24.8-35.3 =1.36.1 ▼6▼ 6△ 8 瞬発戦 重
11年 35.5-24.6-34.4 =1.34.5 ▼7▼ 6△ 5 瞬発戦
12年 35.7-24.5-35.3 =1.35.5 ±0▼ 9△ 5 瞬発戦

桜花賞本番と同じ舞台で行われるレースですが流石にトライアルレースだけにラップ傾向は異なります。
一番特徴的なのはチューリップ賞はラスト2F目で大きな加速が生じやすいレースだということ。
10年&11年は若干異なりますがそれでもラスト2F目でもラスト3F目と同等の加速が生じているので桜花賞とはちょっと違います。
簡単に言えば桜花賞は上がり3F勝負、チューリップ賞は上がり2F勝負、ということです。
チューリップ賞では馬の消耗度を意識してということでしょうかラスト3Fになってもアクセルは全開に踏まないのです。
ラスト2Fになってようやくベタ踏みというケースが多いです。
※但し、07年はチューリップ賞が3F勝負、桜花賞が2F勝負で逆だったので絶対という訳ではありません。
これはダスカ騎乗の安藤Jの意図があったと思われます。
チューリップ賞では当面の敵であるウオッカの脚を計るための3F勝負、桜花賞では逃げずにスローに落とさせ2F勝負に持ち込んで勝利、という感じでしょうか。
とにかくチューリップ賞ではラスト2F目の急加速に対応出来る馬が勝ちやすいといえるでしょう。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
エアパスカル    【瞬3平1消0】▼ 8▼1△10 ▼ 3▼ 5△ 3
ブエナビスタ    【瞬2平0消0】▼ 4▼6△11 ▼ 1± 0▼ 6
ショウリュウムーン 【瞬1平0消1】▼ 5▼2± 0 △ 2± 0△ 1
レーヴディソール  【瞬3平0消0】▼10▼5△ 4 ▼ 5△ 1▼ 1 ▼ 7▼ 6▼1
ハナズゴール    【瞬2平0消0】▼19±0△ 2 ▼ 7▼ 5▼ 1
2着馬
トールポピー    【瞬2平2消0】▼ 4±0△12 ▼ 7△ 1△ 1 ▼11△10▼4
サクラミモザ    【瞬0平1消1】△ 3▼1▼ 1 △13△ 1△ 5
アパパネ      【瞬3平0消0】▼ 5▼7△13 ▼ 8▼ 7△12 ▼14▼ 4▼1
ライステラス    【瞬1平1消0】▼ 8△8△ 5 △ 1▼ 2△ 8
エピセアローム   【瞬2平0消1】▼ 7△2△ 7 ▼ 9▼11△ 6

▼10以上の急加速で連対経験があったのは10頭中5頭なので絶対的な条件とは言えないようです。
09年2着のサクラミモザは瞬発戦実績なしという馬なのがポイント。
つまり急加速実績と同じくらい「先行して突き放す」レース経験も重要ということです。
急加速実績がなかった馬のほとんどは(クラスが下であれ)先行して0.3秒以上の差を付けて勝利した経験がありました。
スロー気味で流れてのラスト2F勝負なので基本的には先行力というのは重要ということでしょう。
あと、気になるのは連対馬10頭中7頭(勝ち馬に限れば5頭中4頭)がラスト1Fで減速しなかった(▼or±0)レースで勝利経験があるということ。
因果関係がはっきりしないので偶然かもしれません。
でも「偶然も重なれば必然になる」と言います。
結構重要なポイントかもしれません。
ちなみに今年の登録メンバーでこれに該当するのはレッドオーヴァルローブティサージュの2頭だけです(2頭共に人気っぽいですが)

▼10以上の急加速実績があった馬は
アユサンウインプリメーラグッドレインボープリンセスジャックベアトリッツ
の5頭です。
先行して0.3秒以上の差で勝利経験があった馬は
ウリウリコズミックショア
の2頭です。

さて、この2項目にレッドオーヴァルローブティサージュの名前がありません。
今年の牝馬路線は例年とはちょっと違う気がします。
ということで私的にはアユサンの逆転に期待します。
急加速のギアチェンジレースとなるとこの馬が一番かなと思っています。
新馬戦でのラップはラスト3つが12.3-10.8-11.1(▼8▼13△3)というものでこれを後方から差し切っています。
前走阪神JFは中盤速く上がり掛かる前傾ラップでどちらかといえばスタミナ型のレース展開でした。
チューリップ賞の傾向からすれば全く違う展開なので7着敗退も気にする必要ありません。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アユサンレッドオーヴァルプリンセスジャック

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2012年12月14日(金) 23:45 ウマニティ編集長
勝ちたきゃウマいヤツに聞け! 〜2012年 朝日杯フューチュリティS〜
閲覧 281ビュー コメント 0 ナイス 10

先週に引き続き、今週も特別編としてお伝えしてまいります。2歳戦のスペシャリストである、栗山求さんとサラマッポさんに、双方が得意にしている血統および馬体・走法の観点から、有力馬の能力・適性診断を行ってもらいましょう。ピックアップするのは上位人気が予想される4頭+それぞれの注目馬1頭。先週はキレのある見解を披露しつつも、残念ながら予想で好結果を残せなかった2人の巻き返しにご期待ください!

コディーノ
栗山の見解]

09年の当レース勝ち馬ローズキングダムと同じ「キングカメハメハ×サンデーサイレンス」という組み合わせです。機動力と瞬発力を武器とするので安定した好位差しが期待でき、どこから脚を使っても差せるので競馬は楽でしょう。小回り適性も問題ありません。母ハッピーパスは京都牝馬S(G掘砲両,素呂如シンコウラブリイ(マイルCSなど重賞6勝)の半妹にあたる良血なので底力があります。本馬のほかにラヴェルソナタ(準OP)、パストフォリア(OP)を出しており、繁殖牝馬としてもきわめて有能です。

サラマッポの見解]
走法のバランスが抜群に良く、能力はここでも一枚上の印象を受けます。首の使い方が上手いのでコーナリングも得意です。前2走で見せた、馬群をさばくセンスと根性があるのも頼もしいところですね。小回り中山の内枠は完全にプラス材料で、高い能力をいかんなく発揮できると思います。

エーシントップ
栗山の見解]

半兄ジェネラルクォーターズは米G鞠呂如非凡な芝適性を発揮しました。本馬の父テイルオブザキャットとジェネラルクォーターズの父スカイメサは相似な血なので、両者の配合構成はきわめてよく似ています。決してダート血統ではありません。エイシンアポロン(09年2着)、ゴスホークケン(07年1着)、メイショウボーラー(03年2着)など、当レースはストームキャットを持った馬がよく馬券に絡んでいます。ストームキャット系の本馬にとっては追い風と言えるでしょう。

サラマッポの見解]
米国産馬らしく筋肉質な馬体でいかにも短距離向きです。前向きすぎる気性でもあり、距離延長はマイナス材料となるでしょうね。首の使い方がぎこちなく、コーナリングも苦手なはずです。距離延長、小回り中山コースの今回は危険な人気馬と言えます。

フラムドグロワール
栗山の見解]

オークス馬シルクプリマドンナの息子です。持続力に秀でたロベルト系の母にダイワメジャーを掛け合わせた配合なので、メイショウカドマツとアウトラインは同じになります。スパッと切れるタイプではありません。従って、積極的に位置を取りにいって終いを粘らせる技術を持つウィリアムズ騎手とは手が合うでしょう。ロベルトは基本的に中山コースと相性がいいです。ユアホステス≒フラワーボウル6×5という力強い4分の3同血クロスが生じるので、馬場が渋った際には怖いですね。

サラマッポの見解]
胸が深く心肺機能の高さが武器の馬です。それだけに、距離短縮がどうかという部分はありますね。G気慮靴靴のれでスタミナが問われれば期待できますが……。レースセンスがいいので、小回り中山コースは合うと思います。

クラウンレガーロ
栗山の見解]

ロベルト系の父グラスワンダーは15年前の当レース勝ち馬で、08年には産駒のセイウンワンダーが親子二代制覇を成し遂げています。「グラスワンダー×エンドスウィープ」ゆえにローカル向きの匂いがあり、多数の活躍馬を送り出しているスケアヘッドラインの一族もどちらかと言えば小回り向きです。平坦コースがベターなので直線の坂をどう克服するかが鍵になるでしょう。

サラマッポの見解]
好位につけ、立ち回りの上手さを生かすタイプです。小回り中山コースなら長所を余すことなく発揮できるでしょう。ただし、全3走とも立ち回りでかなり得をしている印象で、能力面には疑問が残ります。

ラブリーデイ
栗山の注目馬!]

キングカメハメハ×ダンスインザダーク」と言えばショウリュウムーン(朝日チャレンジCなど重賞3勝)と同じ配合です。母はオークス6着馬で、トニービンやリアルシャダイが入るスタミナ豊富な血統になります。2000m以上が合うタイプと考えていただけに、1400mの京王杯2歳Sで2着に粘った内容は見どころがありました。今回の1ハロンの距離延長は好材料ですね。キングカメハメハ産駒は当コースで連対率25.2%と好成績を残しています。緻密な配合構成で潜在能力は高いと思われるので侮れません。

■ゴッドフリート
サラマッポの注目馬!]

首を上手く使った柔軟な走法でコーナリングが上手です。小回り中山向きで内枠の良さも生かせそうですね。新馬戦で負かした2着馬のその後の活躍や、苦手なはずの新潟コースでの500万勝ちの内容からも、能力的にG気任盻淑通用するとみています。

栗山さん、サラマッポさん、2週にわたって参考になる情報を提供していただきありがとうございました。ユーザーの皆さんも、この貴重な情報をぜひともご活用ください。コディーノの1強と目されている今年の朝日杯FS。いったい、どんな結末が待っているんでしょうかね。栗山さん、サラマッポさんの最終結論を確認したい方は、レース当日の「プロ予想MAX」をしっかりチェックしてください!

[もっと見る]

2012年07月23日(月) 18:10 【ウマニティ】
先週の回顧〜回収率539%達成のろいすプロなど12名が土日プラス収支!
閲覧 98ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、15(日)にG3中京記念、G3アイビスSDの2重賞が行われました。今年から夏のマイル重賞に様変わりした中京記念は、5番人気のフラガラッハが4角最後方の位置取りから直線で全馬をまとめて差し切る鮮やかな末脚を繰り出しV。オープン→重賞と2連勝で初重賞制覇を飾りました。2着には、中団から徐々にポジションを押し上げ、残り2Fで一旦は先頭に立つ見せ場を作った6番人気ショウリュウムーンが入り、3着にはそのショウリュウムーンをマークする形で直線でも大外を渋太く伸びた10番人気トライアンフマーチが入りました。公認プロ予想家の中では、伊吹雅也プロ霧プロが的中しました。
一方のG3アイビスSDは、7番人気のパドトロワが3、4番手からゴール前で突き抜けて優勝。G1・2着の地力の違いを見せつけ初の重賞タイトルを手中にしました。1馬身半差の2着には、デビュー以来24戦目にして初めてハナを譲った5番人気のエーシンダックマンが粘り込み、3着には昨年の覇者で4番人気に推されたエーシンヴァーゴウがゴール直前で逃げたハクサンムーンをクビ差交わして入線しています。公認プロ予想家の中では、サラマッポプロ3連単プリンス3連複プリンセスプロが的中しています。
他にも先週は、ろいすプロ仲谷光太郎プロMK.YOSHIプロ佐藤洋一郎プロ岡村信将プロ☆まんでがんプロ河内一秀プロが活躍を見せています。

☆☆☆注目プロ → ろいすプロ
21(土)札幌12Rで◎ヴィクトリーマーチから高配狙いの3連単フォーメーションを見事的中。35万3970円のビッグ配当をゲットしました。翌22(日)もプラス収支で終えると、土日トータル回収率539%、収支33万4490円プラスと抜群の成績を記録!

☆☆☆注目プロ →  サラマッポプロ
21(土)の勝負レース・中京6Rでは、2頭だけに印を打ち◎→○での的中と見事な勝負強さを披露!単勝・複勝・ワイド・馬連・3連複・3連単の全的中で計11万4320円の払い戻しに成功。22(日)の勝負レース・アイビスSDでは、1〜3番人気馬を全て「消し」の強気予想で見事的中を収めました。勝負強さが光った先週は、土日トータル回収率199%、収支7万8960円のプラスを達成しています。

☆☆☆注目プロ → 伊吹雅也プロ
21(土)の勝負レース中京11Rでは3連複500円分の的中をマーク。22(日)はG3中京記念を馬連7点勝負で1000円分的中と、土日中京メインで一気にプラス収支に!土日トータル回収率207%を記録しました。

☆☆☆注目プロ → 仲谷光太郎プロ
21(土)中京7Rで3連単39万3250円馬券を的中! さらに同日中京11Rでも3連単10万馬券を的中とビッグヒットを連発。土日トータル回収率175%、収支25万5950円の大幅プラスを達成しています。

☆☆☆注目プロ → MK.YOSHIプロ
21(土)中京11Rでは3連単10万5810円を的中!22(日)は札幌12Rで3連単15万1600円的中と好調予想を連日披露。土日トータルで回収率178%、収支18万4130円と大幅プラスを達成しました!

☆☆☆注目プロ → 霧プロ
先週はビッグヒットこそ無かったものの、土日76R予想して23本全てでプラス的中の安定予想を披露。22(日)の中京記念をキッチリプラス的中で締めくくると、土日トータルでも回収率129%、収支8万2280円プラスの成績を収めました。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
21(日)札幌10Rで単勝最低人気のセイカプレストを本命◎に指名し、単勝&3連単をそれぞれ300円分的中の離れ業を披露!土日トータルでは、回収率109%、収支6万4600円プラスの好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ → 岡村信将プロ
21(土)中京6Rでは単勝&3連単を的中し、計19万1240円の払い戻しに成功!同日中京8Rでも単勝&3連単の的中で計10万7180円の払い戻しを記録!土日トータルでも回収率100%超えを達成しています。

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
22(日)新潟3Rで、◎ノーブルガイアからの馬単1000円分と3連単を的中し、計36万7400円の払い戻しに成功しています。

☆☆☆注目プロ → 河内一秀プロ
先週は土日72R通算で的中率45%をマーク!競馬予想ソフト「カツラギ」の精度の高さを証明する高的中率予想で、土日トータル回収率でも111%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → 3連複プリンセスプロ
22(日)アイビスSDの的中をはじめ、土日通じて的中率40%超えの好調予想を披露!土日トータル回収率131%を達成。迷った時はU指数で競馬予想を試してみては?


他にも、スガダイプロ山崎エリカプロが土日トータル回収率100%超えの成績を収めています。


※全レースの結果速報はこちら


今週も、競馬予想のお供にはウマニティが誇る公認プロ予想家軍団をぜひ!


「ユータ」

[もっと見る]

2012年01月28日() 02:23 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 1月28・29日分
閲覧 157ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさん、こんにちは!

気が付けば、帰国して丁度1年が経ってました^^;

1.シルクロードS
ロードカナロア
マジンプロスパー
エーシンダックマン
ダノンフェアリー
ロードカナロアは中間の動きも申し分なく、人気でも◎で。
相手は出来のいい準オープン勝ち組から。
CWで好時計連発のマジンプロスパー、時計を要する今週の坂路でも終い踏ん張ったダノンフェアリー
あとは展開も向きそうなエーシンダックマン

2.根岸S
昨年は幸くんが目の前で勝ってくれましたが、今年も頑張ってもらいたい。
シルクフォーチュン
ヒラボクワイルド
ダノンカモン
セイクリムズン
幸くんを本命にするか迷いましたが、ここは決め手のあるシルクフォーチュン本命で。
相手は調教は引き続き動いているヒラボクワイルドダノンカモン
セイクリムズンは幸くんじゃないので評価を下げた。坂路の動きはいいけど。

3.京都牝馬S
昨年大きく当てたレースなので、今年も当たりますように(祈)
スプリングサンダー
ショウリュウムーン
ドナウブルー
ビッグスマイル
中間の坂路の動きが目立つショウリュウムーンスプリングサンダーだが、
人気的にスプリングサンダーの方を本命。
あとは出来は平行線も斤量魅力のドナウブルービッグスマイル


この1年、いろいろありましたが、やっぱり生で競馬が見れる生活はいいかも。
今週末は幸くんが府中に来ますので、生で楽しんできます♪

それでは今週も競馬楽しみましょう!

[もっと見る]

2011年08月14日() 11:09 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 8月14日分
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 10

みなさん、こんにちは!

重賞の予想だけです。

クイーンSは追いかけ続けているアニメイトバイオ本命。
中間美浦ウッドで好時計を出し、札幌芝での追い切りも上々。
相手は函館ウッド組を高く評価し、ブロードストリートショウリュウムーンコスモネモシン

北九州記念は中間、坂路で好時計連発のトウカイミステリー本命で。
ハンデも手頃で早目の小倉入りも好感。
相手は坂路で終い伸びたスカイノダン
単穴は坂路のラップが素晴らしいエーシンリジル
あとは間隔はあいたがCWで終いの伸びが素晴らしかった8歳馬サンダルフォン

WIN5は中波乱の予感。人気薄が勝ちますように(祈)

暑さが続きますが、今週も競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ショウリュウムーンの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ショウリュウムーンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  はくちょん   フォロワー:2人 2012年7月22日() 15:52:10
7/22ハンデを軽くする為に前走、負けた可能性が音無厩舎。馬場,ディープよりもダンスインザダークみたいなタフな血統向き。
1:
  藍色   フォロワー:2人 2010年4月24日() 14:32:56
桜花賞、追い込み型の中で一番の先着。今後に期待。

ショウリュウムーンの写真

投稿写真はありません。

ショウリュウムーンの厩舎情報 VIP

2013年3月9日中日新聞杯 G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ショウリュウムーンの取材メモ VIP

2013年1月5日 スポニチ賞京都金杯 G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。