スマイルトゥモロー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1999年4月20日生
調教師勢司和浩(美浦)
馬主飯田 正剛
生産者千代田牧場
生産地静内町
戦績14戦[4-0-1-9]
総賞金19,982万円
収得賞金3,825万円
英字表記Smile Tomorrow
血統 ホワイトマズル
血統 ][ 産駒 ]
Dancing Brave
Fair of the Furze
コクトビューティー
血統 ][ 産駒 ]
サウスアトランテイツク
シルクエンゼル
兄弟 レオエンペラーミヤビグレート
前走 2004/03/13 中山牝馬ステークス G3
次走予定

スマイルトゥモローの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
04/03/13 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 1651010.777** 牝5 54.0 吉田豊勢司和浩448(+4)1.46.6 0.534.8⑭⑫⑩⑧オースミコスモ
03/12/21 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 162416.7414** 牝4 55.0 吉田豊勢司和浩444(+2)1.34.6 1.236.9ファインモーション
03/11/16 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1571320.2715** 牝4 56.0 吉田豊勢司和浩442(-4)2.14.0 2.239.5アドマイヤグルーヴ
03/10/19 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 1461010.853** 牝4 55.0 柴田善臣勢司和浩446(+2)1.46.9 0.338.4レディパステル
03/07/13 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 10892.517** 牝4 56.0 武豊勢司和浩444(-6)2.05.8 2.139.1⑧⑦⑧④ローズバド
03/06/15 東京 11 エプソムC G3 芝1800 184810.655** 牝4 55.0 吉田豊勢司和浩450(+20)1.48.4 0.737.1マイネルアムンゼン
02/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 133330.756** 牝3 54.0 吉田豊勢司和浩430(-4)2.14.3 1.133.7⑧⑧⑨⑨ファインモーション
02/05/19 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1851010.541** 牝3 55.0 吉田豊勢司和浩434(+6)2.27.7 -0.234.7⑭⑮⑮⑮チャペルコンサート
02/04/07 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 18118.846** 牝3 55.0 吉田豊勢司和浩428(-2)1.34.8 0.535.3⑬⑪⑬アローキャリー
02/03/16 中山 11 フラワーC G3 芝1800 15596.131** 牝3 53.0 岡部幸雄勢司和浩430(0)1.49.1 -0.435.3⑧⑦マイネヴィータ
02/03/02 中山 9 黄梅賞 500万下 芝1600 1671423.991** 牝3 53.0 吉田豊勢司和浩430(-6)1.34.7 -0.435.0⑪⑩⑧メイセイプリマ
01/12/16 中山 11 フェアリーS G3 芝1200 16359.1611** 牝2 54.0 二本柳壮勢司和浩436(0)1.09.1 1.336.1⑨⑦サーガノヴェル
01/11/18 福島 2 2歳新馬 芝1200 16598.831** 牝2 52☆ 二本柳壮勢司和浩436(-2)1.10.0 -0.736.2マッキーグレイス
01/10/27 福島 2 2歳新馬 芝1200 164721.284** 牝2 52☆ 二本柳壮勢司和浩438(--)1.10.6 0.637.0ルイジアナスワン

スマイルトゥモローの関連ニュース

関連ニュースはありません。

スマイルトゥモローの関連コラム

関連コラムはありません。

スマイルトゥモローの口コミ


口コミ一覧
閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 4

サトノガガ
(父ダイワメジャー 母リーサムガガ)
馬主 里見治   生産 千代田牧場
厩舎 美浦 新開厩舎

マルムーティエ
(父ダイワメジャー 母マルティンスターク)
馬主 キャロット  生産 ノーザンファーム
厩舎 栗東 高野厩舎

スマイルトゥモローの2014
(父ダイワメジャー 母スマイルトゥモロー)
馬主 不明   生産 千代田牧場
厩舎 不明

ダイワメジャー指名馬さらに3頭。
どの馬も配合は間違いなく、
牧場の評判を重視してチョイスしています。
正直迷った馬がまだ2頭いて、指名されていないので
様子見ながら入れ替えもあるかもしれません。
昨年もボールライトニングをデビュー直前、
ソルヴェイグは初戦後に指名しましたが、
どちらもリストしていた馬でした。
今年もそのパターンはありえるかも…。

サトノガガはダノンレーザーの全妹で、
兄はスピードはあるものの、体がでかくてやや鈍く
少し単調なところは母父ジャイアンツコーズウェイが出てる
気がしていて、馬体が標準タイプか
牝馬に出れば楽しみがあるかなと思っていました。
ヘイロークロスにボールドルーラー。
ヌレイエフで脚の回転プラス。
厩舎が地味だからか全くPOG的な人気はありませんが、
すでに入厩してゲート試験もとっくに合格、
入念に乗り込まれていますので、早め始動で楽しめそうです。
直前の動きはチェックしますが、リターンは無いのでは
と思っています。

マルムーティエは母がシンボリクリスエス産駒の割に
小さめで小回りが利くタイプでしたので、
ダイワメジャーで体が大きく出て、
丁度良い感じになりました。
母母父のトニービンもダイワメジャーと相性が良く、
オンリーフォアライフとフェアトライアルが効きます。

高野厩舎の牝馬はショウナンパンドラ、
ヒカルアマランサス、ハピネスダンサーあたりがいて、
意外にも牝馬の活躍馬はいますが、
ダイワメジャー産駒のような前向きな気性が
向いているように思えず、その点だけ違和感があって不安。

スマイルトゥモローの2014は、
詳細がわかったらまたアップします。
牡馬のダイワメジャー産駒はめぼしい馬がいなく、
配合面で良かったこの馬をキープした形。
母父ホワイトマズルは間違いなく合うし、
この母の一番の配合馬と思われます。
黒本(競馬王POG)では、隠れ千代田牧場のエース
となっていましたが、配合面からはそれもわかる気がします。
この馬は今後の情報次第で入れ替え候補かもしれません。

 TERAMAGAZI 2015年5月1日(金) 08:51
【天皇賞(春)】前走・血統・実績・オサエておきたいポイン... 
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 5

天皇賞(春)のポイント(その1)

--------------------------------------
◆内枠が有利(馬番1〜6番)

・過去10年で8回、馬券圏内。
・現在6年連続で馬券圏内継続中。

--------------------------------------
◆勝ち馬は4コーナー5番手以内

・05年スズカマンボが8番手、11年ヒルノダムールが6番手から勝ったが両レースとも4角はゴチャついていたので実質5番手グループだった。
・3着以内馬にまで広げても、30頭中、22頭が4コーナー5番手以内。
--------------------------------------
◆脚質◆

逃げ【0・0・0・10】
先行【4・7・4・23】
差し【5・3・6・62】
追込【0・0・0・46】
マクリ【1・0・0・2】

--------------------------------------
◆人気◆

1人気【1・0・1・8】

2人気【3・2・1・4】
3人気【1・4・0・5】
4人気【1・2・2・5】

12年 単勝1,3倍オルフェーヴル11着
13年 単勝1,3倍ゴールドシップ5着
14年 単勝1,7倍キズナ4着

--------------------------------------
・内枠の先行馬で、4コーナーでは5番手以内に進出出来る馬を狙う。
・追い込み型は昨年のキズナのように上がり最速でも、4コーナー10番手では届かない。
・1番人気で勝ったのは唯一マクッて馬券になった単勝1,1倍のディープインパクトだけ。
・3年連続で、単勝1倍台の圧倒的1番人気のG1馬が馬券圏外に沈んでいる。
・1番人気は過去10年で、馬券圏外8回。

(狙い目)→カレンミロティック、タマモベストプレイ

--------------------------------------
◆前走◆

日経賞  【3・5・3・27】
大阪杯  【2・3・2・15】
阪神大章典【3・0・3・45】

--------------------------------------
◆昨年のワンツースリーを始め日経賞組が圧倒的に強い。

日経賞組が馬券にならなかったのは過去10年で05年、08年、11年の3回だけで各々理由が明確。
(内訳)
・05年1着ユキノサンロイヤルは16番人気9着、2着トウショウナイトは10番人気4着と大健闘、3着オペラシチーは不出走。日経賞組のレベルが低かった。

・08年1着マツリダゴッホは不出走、2着トウショウナイト(また!?)も不出走、3着アドマイヤモナークは7番人気6着。1着、2着馬が不出走だった。

・11年1着トゥザグローリーは1番人気で13着(G1を勝ち切れない一族)2着ペルーサは4番人気で8着(G1で人気を背負って負けるキャラ)、3着ローズキングダムは2番人気11着(ブエナビスタ降着でJC馬になったようにラッキーがないと勝てないバラ一族の典型的人気先行タイプ)

(狙い目)→アドマイヤデウス、ウインバリアシオン、ホッコーブレーヴ

--------------------------------------
◆大阪杯組は、1着馬、またはクラシック連対馬かG1馬だけ。

(狙い目)→キズナ

--------------------------------------
◆天皇賞(春)は年々、人間の陸上のマラソン同様、高速化しており、スタミナ勝負にならずスピードの持続力が必要とされるので、天皇賞(春)より長距離のダイヤモンドS、ステイヤーズSを勝つようなステイヤーは馬券にならない。また最近では阪神大賞典も同様の傾向が見られる
(06年ディープインパクト、08年アドマイヤジュピタ以来、連対がない)

(例)
・07年1番人気アイポッパー。ステイヤーズS1着→阪神大賞典1着→着敗退。
・09年アサクサキングス。阪神大賞典1着→1番人気9着
・10年1番人気フォゲッタブル。ダイヤモンドS1番人気1着→6着敗退。
・12年オルフェーヴル。阪神大賞典2着→1番人11着
・13年ゴールドシップ。阪神大賞典1着→1番人5着

逆例)
・12年14番人気1着ビートブラック。ダイヤモンドS6着→阪神大賞典10着→1着。
※ステイヤーの資質がなかったため、高速化した天皇賞(春)を勝てた。

(狙い目)→カレンミロティック
(消し)→フェイムゲーム

--------------------------------------
◆リピーターが来る。

・メイショウサムソン。07年1着→08年2着。
・マイネルキッツ。09年1着→10年2着。
・ウインバリアシオン。12年3着→14年2着(13年不出走)
・フェノーメノ。13年1着→14年1着。

(狙い目)→ウインバリアシオン、ホッコーブレーヴ

--------------------------------------
◆天皇賞(春)出走経験馬が来る。

・リンカーン。04年13着→05年6着→06年2着(3回目でやっと)
・トウカイトリック。06年9着→07年3着
(※08年7着、09年6着、10年9着、11年5着、12年8着、13年11着)
・ジャガーメイル。09年5着→10年1着。
・ナムラクレセント。10年7着→11年3着。
・ビートブラック。11年7着→12年1着。

(狙い目)→ゴールドシップ、キズナ

--------------------------------------
◆4歳馬はクラシック連対馬が来る。

・ディープインパクト。3冠馬→06年1着。
・メイショウサムソン。3冠馬→07年1着。
・アサクサキングス。ダービー2着・菊花賞馬→08年3着。
・ヒルノダムール。皐月賞2着→11年1着。
・エイシンフラッシュ。ダービー馬→11年3着。
・ウインバリアシオン。ダービー2着・菊花賞2着→12年3着。
・フェノーメノ。ダービー2着→13年1着。

(狙い目)→サウンズオブアース

--------------------------------------
◆リピーターのウインバリアシオンとホッコーブレーヴの比較

・ウインバリアシオン。14年日経賞1着→天皇賞(春)2着→15年日経賞2着→天皇賞(春)?
・ホッコーブレーヴ。 14年日経賞2着→天皇賞(春)3着→15年日経賞3着→天皇賞(春)?

※ウインバリアシオンの前に同期オルフェーヴルがいたように、ホッコーブレーヴの前に必ず同期ウインバリアシオンがいる。

--------------------------------------
◆牝馬【0・0・0・14】

→デニムアンドルビー、フーラブライド(消し?)

--------------------------------------

【血統的考察】

・母父が重要!2400m以上のG1を自身か産駒が勝っている。
・凱旋門賞馬(ラムタラ、ダンシングブレーヴ)、特にトニービンの血が強い。
・天皇賞(春)馬、菊花賞馬の血が強い。
・母父ノーザンダンサー系。特にNDのクロスがあれば尚強い。

(狙い目)
→アドマイヤデウス(父の母は2冠馬ベガで父の母父トニービン、ND4×4)、

→キズナ(姉ファレノプシスは2冠&エリ女馬、近親5冠馬ナリタブライアン&天皇賞(春)、菊花賞馬などG1・3勝馬ビワハヤヒデ兄弟、ND4×5)

→ラストインパクト(伯父近親5冠馬ナリタブライアン&天皇賞(春)、菊花賞馬などG1・3勝馬ビワハヤヒデ兄弟、ND3×5)

→ウインバリアシオン(父母父トニービン、ND5×3×5)
→カレンミロティック(父母父トニービン、ND5×5)
→ネオブラックダイヤ(母父エリシオ、母母父トニービンと2頭の凱旋門賞馬、ND4×5)
→ラブリーディ(父の母は世界的名牝G1・10勝ミエスク、母父は菊花賞馬ダンスインザダーク、母母父トニービン、ND5×5×5)

→クリールカイザー(父父ダンシングブレーヴ、叔母オークス馬スマイルトゥモロー、ND4×5)
→ホッコーブレーヴ(母父ダンシングブレーヴ、ND4×4)

→デニムアンドルビー(父母ともダービー馬、ND系ヌレイエフ3×5、ND4×5)
→ゴールドシップ(母父は天皇賞(春)連覇&菊花賞馬メジロマックイーン、ND5×5)
→フーラブライド(母父は天皇賞(春)連覇&菊花賞馬メジロマックイーン、ND系ニジンスキー4×5、ND4×5)

---------------------------------------
【次回予告】

〜次回・結論〜
「ユタカ&キズナが勝つか!ゴールドシップが3度目の正直か!ウインバリアシオンの悲願達成なるか?
4歳馬が強いか?62年ぶりの牝馬優勝か?さあ、この次もサービス、サービスぅ〜」(ミサトさん)

[もっと見る]

スマイルトゥモローの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

スマイルトゥモローの写真

投稿写真はありません。

スマイルトゥモローの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

スマイルトゥモローの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。