注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

メイショウカイドウ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 1999年5月14日生
調教師坂口正大(栗東)
馬主松本 好雄
生産者森永 正志
生産地新冠町
戦績43戦[11-6-6-20]
総賞金35,448万円
収得賞金8,575万円
英字表記Meisho Kaido
血統 スキャン
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Prospector
Video
キンセングローリー
血統 ][ 産駒 ]
ヒツタイトグローリー
キンセンハツピー
兄弟 ハッピーヘイローメイショウドバイ
前走 2007/09/08 朝日チャレンジカップ G3
次走予定

メイショウカイドウの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
07/09/08 阪神 11 朝日CC G3 芝2000 106611.6410** 牡8 58.0 武豊坂口正大518(+10)2.02.5 2.535.3⑩⑩⑩⑩インティライミ
07/07/29 小倉 10 小倉記念 G3 芝2000 12688.1511** 牡8 59.5 武豊坂口正大508(-10)2.00.2 1.536.3⑨⑦⑥⑩サンレイジャスパー
06/07/30 小倉 10 小倉記念 G3 芝2000 13112.516** 牡7 59.5 武豊坂口正大518(-6)1.58.3 0.535.5スウィフトカレント
06/07/09 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 16247.331** 牡7 59.0 武豊坂口正大524(-3)1.59.3 -0.236.2コンゴウリキシオー
06/02/13 佐賀 10 佐賀記念 G3 ダ2000 10--------5** 牡7 57.0 武豊坂口正大527(--)2.11.4 2.3----マイネルボウノット
06/02/04 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 16124.523** 牡7 59.0 武豊坂口正大526(+8)1.47.6 0.435.0⑨⑩④⑥メジロマイヤー
05/10/30 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 1859155.01818** 牡6 58.0 幸英明坂口正大518(+2)2.01.3 1.233.3⑰⑯⑮ヘヴンリーロマンス
05/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 174812.4714** 牡6 57.0 幸英明坂口正大516(+4)1.47.6 1.133.7⑤⑧⑩サンライズペガサス
05/08/14 小倉 10 小倉記念 G3 芝2000 165102.011** 牡6 58.5 武豊坂口正大512(0)1.58.0 -0.135.1⑩⑫⑫⑪ワンモアチャッター
05/07/17 小倉 10 北九州記念 G3 芝1800 14112.311** 牡6 57.0 武豊坂口正大512(-20)1.44.7 -0.334.3⑤⑤⑥⑤ツルマルヨカニセ
05/04/16 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 162370.7117** 牡6 57.0 福永祐一坂口正大532(+6)1.34.1 0.634.3⑥⑥⑤ローエングリン
05/02/27 中山 11 中山記念 G2 芝1800 14464.237** 牡6 57.0 武豊坂口正大526(0)1.47.3 0.834.5⑫⑫⑪⑩バランスオブゲーム
05/02/06 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 166113.111** 牡6 57.5 武豊坂口正大526(0)1.46.4 -0.134.6⑪⑪⑨⑪セフティーエンペラ
04/12/18 中山 11 ディセンバー OP 芝1800 10661.718** 牡5 57.0 柴田善臣坂口正大526(+6)1.47.4 1.237.3カナハラドラゴン
04/11/27 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 156102.117** 牡5 57.0 柴田善臣坂口正大520(+6)1.34.7 0.434.7④④キネティクス
04/08/15 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 118101.711** 牡5 56.5 武豊坂口正大514(-4)1.58.5 -0.235.1⑤⑤メイショウバトラー
04/07/18 小倉 11 北九州記念 G3 芝1800 137115.532** 牡5 56.0 武豊坂口正大518(0)1.44.1 0.034.5⑦⑦⑥ダイタクバートラム
04/06/12 東京 10 湘南S 1600万下 芝1600 148142.211** 牡5 57.0 武豊坂口正大518(-2)1.33.1 -0.234.5④④モノポール
04/05/15 京都 11 朱雀S 1600万下 芝1600 11551.814** 牡5 57.0 安藤勝己坂口正大520(+6)1.34.3 0.334.4④⑥ナイトフライヤー
04/05/08 東京 9 晩春S 1600万下 芝1600 8661.912** 牡5 57.0 福永祐一坂口正大514(-6)1.33.2 0.234.2⑤④ハスラー

⇒もっと見る


メイショウカイドウの関連ニュース

 ラジオNIKKEI賞の追い切りが29日、東西のトレセンで行われた。オープンの白百合Sを勝ったブラックスピネルは坂路の併せ馬で2馬身先着。馬なりで軽快に駆け上がり、重賞初制覇へ好ムードだ。美浦では坂路で伸びたストーミーシーが調教評価『S』を獲得した。

 余力たっぷりに急勾配を駆け上がった。ブラックスピネルが坂路で軽快なフットワークを披露。併せ馬で楽々と先着し、好気配を漂わせた。

 「先週びっしりやっているので、きょうはしまい重点で。最後、ハミをかけ直したら反応もよかった。力を出せる仕上がりです」。騎乗した生野助手が感触を伝えた。

 調教駆けするタイプだが、序盤はセーブして1ハロン14秒1−13秒2のラップを刻んでいく。後半は手綱を押さえたままトルストイ(500万下)を外から抜き去ると、ラスト2ハロンを12秒4−12秒6でまとめ2馬身先着した。4ハロンは52秒3。先週22日に同50秒6−12秒8の好時計をマークしており、今週は予定通りの馬なり調整。態勢は整っている。

 「馬なりでも(体は)できているし、福島への輸送があるからね。ここを使ったらお休みになると思うので、全力投球です」。音無調教師の言葉にも力が入る。

 前走の白百合S(オープン)で3勝目をマーク。先団から脚を伸ばして差し切った。昨秋の萩Sでは、のちに重賞を3勝したスマートオーディンを撃破するなどの力を見せ、全8戦で4着以内を確保している安定派。自在性もあり、初の福島にも対応できそうだ。

 57キロのトップハンデは前回と同じ斤量。とはいえ、最軽量馬とは7キロも差があるだけに、武豊騎手は「クラシックに出た馬でもないし、見込まれたね」と気がかりな様子。それでも「1800メートルは合うから。チャンスはあるしうまくいけば」と期待を込めた。

 武豊騎手の福島参戦は2012年4月以来。夏に限れば、メイショウカイドウで七夕賞を制した06年7月以来、10年ぶりになる。久々の遠征は、手応えがあるからこそだろう。名手とブラックスピネルのコンビが、夏のみちのくで輝きを放つ。 (鈴木康之)

★ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【北九州記念】横綱相撲でベルカントが重賞連勝! 2015年08月23日() 15:53

 23日の小倉11Rで行われた第50回北九州記念(3歳上オープン、GIII、芝1200メートル、18頭立て、1着賞金=3800万円、サマースプリントシリーズ第4戦)は、武豊騎手騎乗の2番人気ベルカント(牝4歳、栗東・角田晃一厩舎)が好位から抜け出してV。サマースプリントシリーズ2連勝を飾った。タイムは1分7秒3(良)。

 まさに充実の夏だ。ベルカントが好位から抜け出す横綱相撲で押し切り、堂々の重賞連勝。夏の短距離王に大きく近づいた。

 レースはニザエモンが気合をつけて先手を取るが、外からメイショウイザヨイもこれに並びかける。さらにサカジロロイヤルレオパルディナも加わり、序盤から速い流れ。その後ろにベルカントが続き、人気のビッグアーサーは中団の馬群からレースを進めた。先行馬は苦しくなったが、その直後にいたベルカントは楽な手応えで直線に向き、あっという間に後続とのリードを広げる。ビッグアーサーも馬群をさばいて伸びてきたが、1馬身1/2差まで詰め寄るのが精いっぱい。ベルカントが完勝で重賞4勝目を飾った。1番人気のビッグアーサーは2着に終わり、デビューからの連勝は「5」でストップしている。2着から1/2馬身差の3着が4番人気のベルルミエールだった。

 ベルカントは、父サクラバクシンオー、母セレブラール、母の父ボストンハーバーという血統。北海道新ひだか町・土居忠吉氏の生産馬で、前田幸治氏の所有馬。通算成績は14戦5勝。重賞はGIIIファンタジーS(2013年)、GIIフィリーズレビュー(14年)、アイビスサマーダッシュ(15年)に次いで4勝目。角田晃一調教師は北九州記念初勝利。武豊騎手は91年ムービースター、97年ダンディコマンド、03年ミレニアムバイオ、05年メイショウカイドウに次いで5勝目。

 武豊騎手は「スタートがすごく良くて、道中はいいポジションが取れました。右へ右へ行く良くない癖がきょうも出ましたが、状態の良さでカバーできましたし、すごく強かったですね。短距離馬としての資質がすごく高いし、次はGI(スプリンターズS、10月4日、中山、GI、芝1200メートル)になると思いますが、楽しみです」とGIへの手応えを口にしていた。

★23日小倉11R「北九州記念」の着順&払い戻しはこちら

[もっと見る]

【七夕賞】データ分析2015年07月07日(火) 05:03

  *過去10年が対象

 ◆中距離実績 連対20頭中18頭に芝2000メートル以上でVか重賞2着の実績があった。

 ◆重賞好走歴 連対20頭中、2008年1着ミヤビランベリを除く19頭には芝重賞の出走経験が2回以上あり、うち11頭が重賞勝ち馬。残る8頭中4頭には重賞5着以内歴があった。

 ◆1年以内にV 勝ち馬全10頭を含む連対18頭には、過去1年以内にVか重賞2着があった。

 ◆前走は5月以降の重賞 連対15頭が重賞からの参戦。うち11頭の前走は5月以降だった。

 ◆巻き返しが目立つ 連対11頭が前走で掲示板を外して(うち7頭は2桁着順)おり、前走着順は不問。特に実績馬は近走が不振でも警戒が必要だ。

 ◆5、6歳が優勢 5歳が5勝2着4回、6歳が4勝2着3回で、この2世代が中心。7歳以上は【1・1・2・49】と苦戦傾向で、唯一優勝した06年メイショウカイドウ(7歳)はローカル重賞4勝の実績があった。

 ◆ハンデ 連対馬のハンデは52キロ〜59キロと幅広い。トップハンデも【2・1・2・11】とまずまず。

◇結論◇

 トップ評価はレコンダイト。芝2000メートルで3勝し、目黒記念2着から臨むローテーションもいい。芝2000メートル2勝に加え、昨年の新潟記念2着の実績があるクランモンタナも差はない。昨年の覇者メイショウナルトは他に一昨年の小倉記念勝ちもあり、7歳でも十分に争覇圏内。アルフレードは芝2000メートル以上で連対実績がない点が減点材料になる。 (データ室)

★七夕賞の登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【小倉記念】連覇確信!ナルト、馬なり11秒4!! 2014年08月08日(金) 05:04

 小倉記念に出走する昨年の覇者メイショウナルトが7日、小倉競馬場で追い切りを行った。武田調教師が見守る中、ダートコースでラスト1ハロン11秒4とシャープな動きを披露。前走の七夕賞を制して復活を遂げた6歳馬が、連覇に向けて好調ぶりをアピールした。

 静まりかえった小倉競馬場に、メイショウナルトの力強い蹄音が響く。栗東から駆けつけた武田調教師は満足げにうなずいた。

 「サッとやったけど、いいフットワークでゴール前もしっかりしていた。これなら大丈夫と思った。ただ、気の悪さをいつ見せるか分からない。あとは気持ちだけ」

 独占状態のダートコースを単走。軽快にピッチを刻み、4コーナー手前で加速すると、直線に向いてさらに鋭く伸びた。前日まで降り続いた雨の影響で脚抜きのいい馬場だったとはいえ、馬なりのままラスト1ハロン11秒4(6ハロン83秒6)の好時計。態勢は万全だ。

 昨年11月のアルゼンチン共和国杯から4戦連続で2桁着順が続いたが、前走の七夕賞でレースレコードの逃げ切りVを飾って復活した。長距離輸送で馬体が約10キロ減ることが考慮され、3日に小倉入り。指揮官は「前走(448キロ)と同じくらいで出せそう」と滞在効果を強調した。

 今週末は台風11号の影響で道悪競馬が濃厚。トップハンデ57・5キロが重くのしかかりそうだが、武田調教師は言い切る。

 「ハンデは克服しないといけないもので気にしていない。去年は稍重でもいい時計で勝っているから、それも心配していない。レースがあるかどうかだけが心配だね」

 メイショウナルトが、2004、05年のメイショウカイドウに次ぐ史上2頭目の連覇へ一直線だ。 (川端亮平)

★小倉記念の枠順はこちら

[もっと見る]

【小倉記念】ナルト最高潮!史上2頭目連覇だ!! 2014年08月05日(火) 05:04

 小倉2週目の日曜メーンはサマー2000シリーズ第3戦のGIII小倉記念(芝2000メートル)。注目は昨年の覇者メイショウナルトだ。不振が続いていたが、前走の七夕賞をレースレコードで逃げ切って復活V。暑さに強い夏馬で、2004、05年メイショウカイドウ以来となる連覇を達成し、シリーズチャンピオンの座へ王手をかける。

 今年も気温が上昇するにつれて調子をグングン上げてきた。2桁着順が4戦続いていたメイショウナルトが、前走の七夕賞でV。勢いに乗って小倉記念連覇に挑む。

 「冬場は馬が硬くなるけど、夏は新陳代謝がよくなるからね。夏がいいことは確かだよ」。武田調教師が充実ぶりに目を細めた。

 典型的な夏馬だ。全6勝を5月下旬から8月にかけてマーク。特に7、8月は【4・2・0・1】と良績を残している。七夕賞は鮮やかな逃げ切り勝ち。1分58秒7のレースレコードで、劇的な変わり身を見せた。「前走を勝ったからといって、まだ完全復活かどうかは分からないけど、この馬は気持ちの問題だけ」とトレーナーは説明。季節と馬の気分がうまくかみ合えば、本領を発揮する。

 3日に小倉競馬場へ移動しており、現地で最終追い切りを行って、態勢を整える。小倉記念連覇となれば、2004、05年のメイショウカイドウ以来、史上2頭目。レース当日の10Rには『玄界灘の風雲児 メイショウカイドウC』が組まれており、同じ“メイショウ”の偉大な先輩に続く期待が高まる。

 昨年の小倉記念は好位から早めにスパートして1分57秒1のコースレコードで快勝しているように、控える競馬になっても心配はいらない。「馬場を問わないし、とにかく気分よく走れるかどうかだね」と武田調教師は期待を込める。

 トップハンデの57・5キロは、昨年より4・5キロも重く、自身初めて背負う斤量だが、57キロは3回経験して1勝、2着1回。勝てばサマー2000シリーズ制覇へ向けても、大きく前進する。メイショウナルトが今年も暑い小倉を熱く盛り上げる。

★小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【七夕賞】データ分析2014年07月08日(火) 05:03

  *過去10年が対象

 ◆芝中距離実績 連対20頭中19頭に芝1800メートル以上で勝利実績があり、うち13頭には準オープン以上の芝2000メートル以上でV歴があった。

 ◆芝重賞好走歴 連対20頭中、重賞初挑戦だったのは2008年1着ミヤビランベリのみ。他の19頭には全て芝重賞の出走経験が2回以上あり、うち16頭がそこで5着以内に好走していた。

 ◆前走はOPクラス 前走が条件戦だった馬はハンデが軽くても【1・0・2・19】と劣勢。連対11頭が同年5月以降の芝重賞。

 ◆過去1年以内にV 勝ち馬全10頭を含む連対18頭に過去1年以内にVか重賞2着があった。

 ◆巻き返しに注 連対11頭が掲示板外(うち6頭は2桁着順)から巻き返しており、前走着順は不問。特に実績馬は近走が不振でも警戒が必要だ。

 ◆5、6歳中心 5歳が5勝2着4回、6歳が4勝2着3回で、この2世代が中心。7歳以上は【1・1・2・47】と苦戦傾向で、唯一優勝した06年メイショウカイドウ(7歳)はローカル重賞4勝の実績があった。

 ◆ハンデ 連対馬のハンデは52〜59キロと幅広い。トップハンデも【3・1・1・9】とまずまず。

 ◇結論◇

 トップ評価はマイネルラクリマ。昨年の覇者で、重賞実績は豊富。トップハンデタイの58キロも問題ない。メイショウナルトは昨年の小倉記念を勝っており、近走が不振でも巻き返しの可能性は十分。芝2000メートルの重賞で3着以内の実績があるラブリーデイアドマイヤブルーダコールなども争覇圏内だ。 (データ室)

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイショウカイドウの関連コラム

関連コラムはありません。

メイショウカイドウの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

メイショウカイドウの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

メイショウカイドウの写真

投稿写真はありません。

メイショウカイドウの厩舎情報 VIP

2007年9月8日朝日チャレンジカップ G310着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイショウカイドウの取材メモ VIP

2007年9月8日 朝日チャレンジカップ G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。