注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

タカラスチール(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  黒鹿毛 1982年4月16日生
調教師坂本栄三郎(美浦)
馬主村山 義男
生産者鈴木 実
生産地静内町
戦績14戦[1-2-4-7]
総賞金24,601万円
収得賞金4,555万円
英字表記Takara Steal
血統 ステイールハート
血統 ][ 産駒 ]
Habitat
(No Data)
ルードーメン
血統 ][ 産駒 ]
シヤトーゲイ
フヂカタ
兄弟 タカラフラッシュウメノシンオー
前走 1987/04/26 京王杯スプリングC G2
次走予定

タカラスチールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
87/04/26 東京 10 京王杯スプリ G2 芝1400 1859--612** 牝5 57.0 柴田政人坂本栄三464(-6)1.23.3 1.5--⑥④ニッポーテイオー
87/03/22 中山 11 スプリンター G2 芝1200 13813--36** 牝5 56.0 大崎昭一坂本栄三470(0)1.10.0 0.535.6⑤⑦キングフローリック
87/03/01 阪神 11 読売マイラー G2 芝1600 1022--44** 牝5 56.0 田島良保坂本栄三470(-8)1.35.3 0.3--④④⑦コンサートマスター
87/01/05 中山 11 日刊スポーツ G3 芝2000 16815--816** 牝5 57.0 佐藤吉勝坂本栄三478(+16)2.04.2 1.637.2⑩⑪⑩⑩トチノニシキ
86/11/16 京都 11 マイルチャン G1 芝1600 1846--61** 牝4 55.0 田島良保坂本栄三462(0)1.35.3 -0.0--⑩⑩ニッポーテイオー
86/10/26 京都 11 スワンステー G2 芝1400 15815--34** 牝4 55.0 田島良保坂本栄三462(+4)1.22.2 0.7--ニッポーテイオー
86/09/07 中山 11 京王杯オータ G3 芝1600 822--33** 牝4 56.5 佐藤吉勝坂本栄三458(-4)1.34.7 0.134.6アイランドゴッテス
86/08/03 新潟 10 関屋記念 G3 芝1600 1167--13** 牝4 57.0 大崎昭一坂本栄三462(-2)1.34.7 0.436.3アイランドゴッテス
86/07/13 新潟 11 BSN杯 OP 芝1200 666--22** 牝4 58.0 大崎昭一坂本栄三464(+2)1.09.6 0.134.8ダイナシュガー
86/06/08 東京 11 エプソムカッ G3 芝1800 1267--53** 牝4 55.5 大崎昭一坂本栄三462(-8)1.50.3 0.2--④④スーパーグラサード
86/05/11 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1111--47** 牝4 55.0 郷原洋行坂本栄三470(+2)1.37.4 1.9--ギャロップダイナ
86/04/20 東京 10 京王杯スプリ G2 芝1400 1268--62** 牝4 54.0 大崎昭一坂本栄三468(+2)1.23.8 0.1--トーアファルコン
86/03/16 中山 11 スプリンター G3 芝1200 1122--43** 牝4 55.0 柴田政人坂本栄三466(-4)1.10.5 0.336.2ドウカンテスコ
86/02/02 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 1044--87** 牝4 57.0 佐藤吉勝坂本栄三470(+12)1.35.8 0.8--ギャロップダイナ

タカラスチールの関連ニュース

 妹の前祝いにGI初勝利をいただくわ! 秋のマイル王決定戦マイルCS(18日、京都、GI、芝1600メートル)で、ドナウブルー(栗東・石坂正厩舎、牝4歳)が初タイトルを狙う。全妹ジェンティルドンナ(同、牝3歳)は今年、牝馬3冠を達成して来週のジャパンC(25日、東京、GI、芝2400メートル)で世界に挑戦予定。本格化した姉も、GI制覇が視界に入っている。マイルCS出走馬は14日に追い切りを行う予定で、16日に枠順が確定、馬券は17日から発売される。

 今週は姉がスポットライトを浴びる。3冠牝馬ジェンティルドンナの全姉ドナウブルーが、マイルCSで初戴冠を狙う。

 「能力は持っているから、チャンスはあると思う。ここはお姉ちゃんの意地を見せてほしい」

 やわらかな日差しに包まれた13日の滋賀県栗東トレーニングセンター。担当の杉山調教助手が笑顔で口を開いた。来週は同厩舎の妹ジェンティルドンナがジャパンCに出走。2週続けて姉妹でGI制覇の可能性も十分ある。

 実績では妹に大きく離されているが、姉もここにきて急上昇。1月の京都牝馬Sで重賞初制覇を決めると、ヴィクトリアマイルはGI初挑戦で2着。安田記念は10着に敗れたものの、関屋記念をコースレコードで勝ち、重賞2勝目。地力強化は著しい。

 3歳時は使うたびに馬体重が減っていたが、今は解消。心身両面で成長した。「今は牡馬と同じようにハードに乗っても、体重が減らなくなった」と古川調教助手は証言。ピカピカの毛ヅヤが充実ぶりを物語っている。「フットワークに躍動感が出てきた。一度使った上積みはある」と同助手は、府中牝馬S3着からの大幅な前進を見込んでいる。

 今回は6戦4勝と好相性の京都競馬場が舞台。「実績のある京都だし、1600メートルになるのもいい。先週の時点で440キロ(前走432キロ)。あす(14日)追い切れば、十分いい仕上がりになりそう」と、杉山助手はうなずく。

 同一年の姉妹GI制覇となれば、2011年の姉ブエナビスタ(ジャパンC)−妹ジョワドヴィーヴル(阪神JF)以来。妹へVのバトンをつなぐため、ドナウブルーが淀のターフで美しく躍る。 (小林政史)

 ◆牝馬V過去5頭 過去28回のマイルCSで、牝馬の優勝は5回。1986年タカラスチール(4歳)、90年パッシングショット(5歳)、93年シンコウラブリイ(4歳)、94年ノースフライト(4歳)のあと、しばらく勝てなかったが、2008年にブルーメンブラット(5歳)が優勝。ブルーメンはドナウブルーと同じ石坂厩舎で、この年に本格化。ヴィクトリアマイル3着のあと、府中牝馬Sで重賞初Vを決めて、マイルで頂点に立った。

タカラスチールの関連コラム

関連コラムはありません。

タカラスチールの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

タカラスチールの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

タカラスチールの写真

投稿写真はありません。

タカラスチールの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

タカラスチールの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。