注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

ソウルスターリング(競走馬)

注目ホース

ソウルスターリングの口コミ


口コミ一覧
閲覧 1ビュー コメント 0 ナイス 0

岩田康誠騎手が新怪物ファンディーナと牝馬クラシックへ! 明らかな復調気配に加え、スケール大な相棒が......─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年02月21日 15時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2650.html

 新馬戦を9馬身差圧勝、19日の2戦目つばき賞でもマイペースに持ち込んで逃げ粘るライバルをムチなしであっさり交わし去るなど、3歳牝馬路線全体でも異次元のパフォーマンスを見せるファンディーナ(牝3 栗東・高野厩舎)。

 まだソウルスターリングやリスグラシューなど世代トップとの対戦はないものの、そのレースぶりやスケール感は彼女らと比較しても同等以上であり、注目度は増すばかり。つばき賞で騎乗した川田将雅騎手も「素晴らしいです。相当走ります」と感嘆の声も漏らしたほどだ。

 そんなファンディーナ、次走では3月20日のフラワーC(G3)に出走し、初重賞制覇と賞金加算を狙う。鞍上は、新馬戦で騎乗した岩田康誠騎手に戻ることが決まったようだ。

 新馬戦での9馬身勝利に「走るのはわかっていました」と余裕のコメントを披露した岩田騎手。相当な手応えを感じていることは容易に想像ができた。

 ただ、先週の2戦目は、東京でフェブラリーSが開催されており、岩田騎手は先約があったためファンディーナは川田騎手に乗り替わり。見事に勝利したため「このまま乗り替わりでは?」という声も一部で聞こえていた。

 ただ、川田騎手はすでに有力馬ミスエルテへの騎乗が控えていると見られ、岩田騎手に手綱が戻ってきた。これにはファンも「よかった」「応援したい」という声も多い。

「岩田騎手といえば14日の愛知杯(G3)で約1年5カ月ぶりのJRA重賞勝利を上げ、18日の京都牝馬S(G3)でもレッツゴードンキを復活勝利に導くなど、以前の勝負強さが戻ってきた印象です。ファンディーナで牝馬クラシックで大暴れができれば、一気に復活してもおかしくない。期待したいですね」(競馬記者)

 フェブラリーS(G1)でも8番人気エイシンバッケンを4着に食い込ませた岩田騎手。ファンディーナと力も合わせて、一気に頂点を狙うか。

 たま 2017年02月19日() 21:20
クラシック 
閲覧 11ビュー コメント 0 ナイス 0

★皐月賞(4月16日、中山競馬場、GI、芝2000メートル)

4,400万円 5戦[3-2-0-0] サトノアレス 藤沢和雄(美浦)ミホ分場 G 朝日杯
4,250万円 3戦[3-0-0-0] レイデオロ 藤沢和雄(美浦)ノーザンF天栄 G ホープフルS
3,700万円 4戦[3-0-1-0] ブレスジャーニー 本間忍(美浦)エスティF小見川
□ □ G 東京スポーツ杯2歳S、G サウジアラビアロイヤルカップ

3,100万円 4戦[3-0-0-1] アメリカズカップ 音無秀孝(栗東)グリーンウッド G きさらぎ賞
2,950万円 4戦[2-2-0-0] スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東)ノーザンFしがらき G 共同通信杯

2,300万円 3戦[2-1-0-0] コマノインパルス 菊川正達(美浦)吉澤S−EAST G 京成杯
2,050万円 7戦[3-1-0-3] トラスト 中村均(栗東)ビッグレッドF G 札幌2歳S
2,050万円 4戦[2-2-0-0] カデナ 中竹和也(栗東)大山ヒルズ G ラジオNIKKEI杯京都2歳S
1,900万円 4戦[2-1-0-1] アダムバローズ 角田晃一(栗東)吉澤S−WEST 若駒S
1,750万円 7戦[1-2-3-1] マイネルスフェーン 手塚貴久(美浦)ビッグレッドF鉾田

1,650万円 3戦[2-1-0-0] サトノアーサー 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき シクラメン賞
1,200万円 3戦[2-0-0-1] キングズラッシュ 久保田貴士(美浦)ノーザンF天栄 芙蓉S
1,200万円 6戦[2-0-0-4] プラチナヴォイス 鮫島一歩(栗東)名張TC 萩S
1,150万円 5戦[1-3-0-1] ガンサリュート 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき
1,150万円 5戦[1-1-1-2] ボンセルヴィーソ 池添学(栗東)小松TC

1,150万円 9戦[1-3-2-3] エトルディーニュ 小桧山悟(美浦)
1,050万円 4戦[1-1-1-1] ダンビュライト 音無秀孝(栗東)ノーザンFしがらき
1,000万円 4戦[1-1-1-1] オーバースペック 南田美知雄(美浦)
1,000万円 6戦[1-3-0-2] ダイイチターミナル 高市圭二(美浦)ミルF千葉




900万円 4戦[2-1-1-0] アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ノーザンファーム天栄 ひいらぎ賞
900万円 3戦[2-1-0-0] トリコロールブルー 友道康夫(栗東)ノーザンFしがらき フリージア賞
900万円 2戦[2-0-0-0] ランガディア 木村哲也(美浦)ノーザンファーム天栄
900万円 3戦[2-0-0-1] ダノンキングダム 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき・天栄 ゆりかもめ賞
900万円 4戦[2-0-0-2] サトノリュウガ 平田修(栗東)ノーザンFしがらき 福寿草特別
900万円 3戦[2-0-0-1] ダノンディスタンス 佐々木晶三(栗東)ノーザンFしがらき
900万円 5戦[2-0-0-3] タガノアシュラ 五十嵐忠男(栗東)宇治田原優駿S 黄菊賞

400万円 3戦[1-0-1-1] イブキ 奥村武(美浦)
400万円 2戦[1-0-1-0] グローブシアター 角居勝彦(栗東)ノーザンFしがらき
400万円 3戦[1-0-2-0] ムーヴザワールド 石坂正(栗東)ノーザンFしがらき
400万円 4戦[1-2-0-1] エアウィンザー 角居勝彦(栗東)山元トレセン
400万円 1戦[1-0-0-0] ダノンロマン 藤原英昭(栗東)山元トレセン
400万円 2戦[1-1-0-0] サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき



・・・第3手根骨々折 全治6カ月以上 3戦[1-2-0-0] ヴァナヘイム 角居勝彦(栗東)ノーザンFしがらき



★桜花賞(4月9日、阪神競馬場、GI、芝1600メートル)

4,450万円 3戦[3-0-0-0] ソウルスターリング・牝 ルメール 藤沢和雄(美浦)山元トレセン
□ □ G機〆綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズ
3,950万円 4戦[4-0-0-0] リエノテソーロ 武井亮(美浦)
□ □ Jpn1 全日本2歳優駿、Jpn3 エーデルワイス賞
3,150万円 4戦[2-2-0-0] リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)ノーザンFしがらき G アルテミスS
3,100万円 4戦[3-0-0-1] ジューヌエコール 北村友(栗・安田) G デイリー杯2歳S
2,700万円 5戦[2-1-1-1] レーヌミノル・牝 本田優(栗東)宇治田原優駿S G 小倉2歳S

2,650万円 4戦[3-1-0-0] アドマイヤミヤビ・牝 友道康夫(栗東) G クイーンC
2,150万円 3戦[2-0-0-1] ライジングリーズン・牝 奥村武(美浦)テンコーTC G フェアリーS
1,850万円 3戦[2-0-0-1] ミスエルテ・牝 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき G ファンタジーS
1,800万円 9戦[2-1-1-5] ブラックオニキス・牝 加藤和宏(美浦)ノルマンディーF クローバー賞
1,800万円 4戦[1-3-0-0] アエロリット・牝 菊沢隆徳(美浦)ノーザンF天栄

1,200万円 4戦[2-0-0-2] ディーパワンサ・牝 松下武士(栗東)ノーザンFしがらき 中京2歳S
1,200万円 5戦[2-1-0-2] サトノアリシア・牝 平田修(栗東)ノーザンFしがらき コスモス賞
1,000万円 4戦[1-2-1-0] フローレスマジック・牝 木村哲也(美浦)

900万円 2戦[2-0-0-0] ファンディーナ・牝 高野友和(栗東)グリーンウッド つばき賞



★オークス(5月21日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)
900万円 3戦[2-0-1-0] ホウオウパフューム・牝 田辺 奥村武(美浦)ノーザンF天栄 寒竹賞




======

★NHKマイルカップ(5月7日、東京競馬場、GI、芝1600メートル)

4,300万円 モンドキャンノ 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき
□ □ 京王杯2歳S G
3,950万円 リエノテソーロ 武井亮(美浦) Jpn1 全日本2歳優駿、Jpn3 エーデルワイス賞
2,700万円 レーヌミノル・牝 本田優(栗東)宇治田原優駿S 小倉2歳S G
2,300万円 キョウヘイ 宮本博(栗東)吉澤S WEST シンザン記念 G
2,200万円 タイムトリップ 菊川正達(美浦)シンボリ牧場 クロッカスS、カンナS

1,950万円 レヴァンテライオン 矢作芳人(栗東)宇治田原優駿S 函館2歳S G
1,200万円 レッドアンシェル 庄野靖志(栗東)   もみじS
1,200万円 クインズサリナ 西村真幸(栗東) フェニックス OP
1,100万円 カシノマスト 蛯名利弘(美浦) ひまわり賞
1,000万円 ダイイチターミナル 高市圭二(美浦)

900万円 アルアイン 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき
900万円 コウソクストレート 中舘英二(美浦) くるみ賞
900万円 アズールムーン・牝 斎藤誠(美浦) りんどう賞

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年02月19日() 02:10
キタサンブラックの話題の妹 
閲覧 15ビュー コメント 0 ナイス 1

武豊騎手も「走りそう」キタサンブラックの話題の妹が今週ついにベールを脱ぐ!「最高レベル」の3歳牝馬戦線に遅れてきた大物登場!━ gambling journal ギャンブルジャーナル/2017年02月18日 21時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2619.html

 昨年の年度代表馬の妹テーオーメーテル(牝3歳、栗東・清水久詞厩舎)が、いよいよ19日に東京競馬場でデビューを迎える。

 半兄にキタサンブラックがいる良血、いや、今や「超良血」といわれる存在だけに、その期待と注目は、本馬が生まれてから急速な右肩上がりだったという。

 1歳の春には皐月賞トライアルのスプリングS(G2)を勝ったキタサンブラックの妹となり、秋には菊花賞馬の妹、そして2歳を迎えた昨年はG1・3勝馬の妹であり、今や年度代表馬の妹である。

 そんなテーオーメーテルは、偉大な兄と同じ栗東の清水厩舎に入厩。ここまでじっくりと乗り込まれ、19日の東京5Rの新馬戦(芝1800m)で兄の主戦でもある武豊騎手でデビューを迎えることとなった。

 ただし、兄のキタサンブラックがディープインパクトの全兄となるブラックタイド産駒であることに対し、妹のテーオーメーテルはゴールドアリュールの産駒。今週のフェブラリーSに出走するコパノリッキーを始め、数多くの優秀なダート馬を輩出している種牡馬だけに、タイプ的には兄とは大きく異なるかもしれない。

 ただ、その秘めたる「能力」は兄を彷彿とさせるもののようだ。

 8日の1週前追い切りでは、週末の新馬戦に登録していたこともあって武豊騎手が騎乗し、栗東のCウッドで6ハロン79.8秒、ラスト11.8秒と抜群の動きを披露。手応えを感じた鞍上も『日刊スポーツ』の取材に「これだけ動けば十分だし、走りそう」と期待を込めていたという。

 残念ながら先週は除外されたが、15日の最終追い切りでは先週と同じく栗東のCウッドを6ハロン81.7秒、ラスト12.3秒(黒岩騎手)で駆け抜けた。見守った清水調教師も「結構ハードにやっているけど、イレ込むこともなくドッシリ構えている」と高い素質を感じ取っているようだ。

「さすがに今からキタサンブラックと比較するのは馬がかわいそうですが、もう一頭の半兄ショウナンバッハ(父ステイゴールド)も昨年のAJCC(G2)で3着するなどオープンクラスに出世しているだけに、妹に掛かる期待も大きいでしょうね。

 ダート種牡馬のゴールドアリュール産駒ですが、まずは芝のレースを使ってみたくなるのも兄の走りを見れば当然でしょう。基本的に奥手の血統ですし、これから楽しみですね」(競馬記者)

 今年はとにかく「牝馬の当たり年」といわれている今年の3歳馬。

 すでに2歳女王ソウルスターリングや阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)で出遅れながらも2着したリスグラシュー、クイーンC(G3)で強い勝ち方をしたアドマイヤミヤビなど牡馬顔負けの層々たる名牝候補が台頭しているが、そういった有力馬の中に「遅れてきた大物」が加わることになるのだろうか。

[もっと見る]

 たま 2017年02月17日(金) 08:58
桜花賞トライアル
閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 2

◆◆チューリップ賞◆◆[3月4日(土)阪神 芝1600m]
4,450万円 3戦[3-0-0-0] ソウルスターリング ルメール 藤沢和雄(美浦)山元トレセン G機〆綽JF
3,150万円 4戦[2-2-0-0] リスグラシュー 武豊 矢作芳人(栗東)ノーザンFしがらき G アルテミスS
1,400万円 3戦[2-0-0-1] アロンザモナ 西浦勝一(栗東)小松TC 紅梅S

900万円 4戦[2-2-0-0] エントリーチケット 宮徹(栗東)
400万円 3戦[1-0-1-1] シグルーン 宮徹(栗東)
400万円 2戦[1-0-0-1] ワールドフォーラブ 松若 音無秀孝(栗東)吉澤S−WEST
400万円 3戦[1-2-0-0] アドマイヤローザ 梅田智之(栗東)



◆◆アネモネS◆◆[3月11日(土)中山 芝1600m]

2,150万円 3戦[2-0-0-1] ライジングリーズン 奥村武(美浦)テンコーTC G フェアリーS



◆◆フィリーズレビュー◆◆[3月12日(日)阪神 芝1400m]

3,100万円 4戦[2-2-0-0] ジューヌエコール 北村友 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき G競妊ぅ蝓芝妝穏丕
2,700万円 5戦[2-1-1-1] レーヌミノル 本田優(栗東)宇治田原優駿S G 小倉2歳S


==========================

★★桜花賞★★(4月9日 阪神 芝1600メートル)

2,650万円 4戦[3-1-0-0] アドマイヤミヤビ ミルコ 友道康夫(栗東)ノーザンFしがらき G クイーンC
1,850万円 3戦[2-0-0-1] ミスエルテ 川田 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき G ファンタジーS
1,800万円 4戦[1-3-0-0] アエロリット 菊沢隆徳(美浦)ノーザンF天栄

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年02月17日(金) 08:08
オークスの秘密兵器、誕生♪〜POG第37節〜
閲覧 39ビュー コメント 6 ナイス 22

4頭が出走した先週のPOG戦線は、小倉のあすなろ賞でモーヴサファイアが先々に楽しみが広がる勝利を飾ってくれました♪

【出走結果】
・2月11日 東京6R
☆サリネロ 11着 1.22.8・良(1着馬とのタイム差+0.5)
単勝オッズ 4.0倍(2番人気)
【採点:5.0】
一言で表すなら『キャリアの浅さがモロに出た一戦』というところでしょうか。
想像以上に京都1200から東京1400への条件替わりが堪えたかと。
戦前に自分がルメールにやってほしいと思ったレース運びを浜中にやられ、逆に浜中にやらせたかった展開をルメールがやってしまった、それじゃあ勝てないよねw
ルメールは「体型がスプリンターですし、1200mが合っていると思う」とコメントしているけど、今回だって0.5秒差なんだから、よしんば距離が長いとしても1400だって組み合わせ一つだと思うのだけど。
別にスプリンターならスプリンターでいいんだけど、1400はこなせるぐらいじゃないと、特に関東馬だから古馬になってからでも1200しか使えないとなるとローテーションが窮屈になるのは不安である。
その一方で、スプリンターというのなら繁殖としての価値は逆に高いのかな、と。将来的にはディープインパクトを種付けするのだろうから、その産駒はもちろんPOGで指名しますよw
そう考えたら、6歳春まで待たずに早々と競走馬生活を切り上げるのもやぶさかではない。
それはそうと、今回の11着という結果で次は馬券的には面白いかと思ってはいます。

・2月11日 東京11R クイーンC
△アエロリット 2着 1.33.3・良(1着馬とのタイム差+0.1)
単勝オッズ 8.8倍(5番人気)
【採点:6.5】
出遅れた時にはどうしようかと思ったけど、上手く流れに乗ってアドマイヤミヤビとの一騎討ちに。
確かに相手は強かったけど、中団からの競馬で一応の結果を残して競馬の幅が広がったのは収穫。
桜花賞を考えると現実的には4〜5着なら御の字という気はするし、桜花賞で掲示板に載ればNHKマイルCへという選択肢も出てくるとは思う。で、桜花賞でそれ以上の結果を残すには「アエロリットが完璧な競馬をした上でアドマイヤミヤビ・リスグラシュー・ソウルスターリングのどれかが下手な乗り方をする」のを待たないといけないのだろうけど、それだけに馬券の突っ込み甲斐はありそうw
そうなると忘れな草賞のメンバー次第というのも合わせて、阪神競馬場に桜花賞を観に行きたい気持ちがウズウズしてきたのだが、既に浦和レッズの試合で3月19日(大阪・吹田スタジアム)→4月1日(神戸・ノエビアスタジアム)と中1週の遠征を企てているのに、そこから桜花賞に連闘しますか?と。
まあいいや。WIN5と毎週の馬券を当てれば(殴蹴
とにかくそれぐらいの楽しみが膨らむ内容でありました。


・2月12日 東京1R
☆ミンネザング 2着 1.27.4・良(1着馬とのタイム差+0.6)
単勝オッズ 6.3倍(3番人気)
【採点:6.0】
好位のインで砂を被っても我慢が利いて、内の狭いところを抜けてきたけど、先に抜け出した勝ち馬には及ばずの2着。初ダートの復帰戦を考えれば上々の内容で、勝ち馬は優に1勝級だったからちょっと相手が悪かった。それでも未勝利突破にはメドの立つ内容でした。
問題は次。中山に替わると芝もダートも1400という番組はないし、優先出走権の使える期間に芝1600もないのよね。で、3月11日の金鯱賞の行われる中京に牝馬限定のダート1400と芝1600の未勝利戦があって、ルメールがその日は中京にいるとのことなので、おそらくそのどちらかだと思うのだが、とにかく次には未勝利戦を勝ち上がってほしいものです。

・2月13日 小倉10R あすなろ賞
△モアナ 1着 2.00.0・良(2着馬とのタイム差-0.2)
単勝オッズ 3.9倍(2番人気)
【採点:7.5】
完勝♪
裏開催の500万下とはいえメンバーレベルもそこまで低くはなかったし、何より前日の古馬1000万下の壇之浦特別より0.6秒も速い勝ち時計にオークスがグッと近づいた勝利。
もっとも、同じ日の牝馬限定の500万下より0.1秒遅かったのに気づいた時はテンションがだだ下がりでしたが(白目)
それはともかく個人的なミッションであった「忘れな草賞の前に2勝目」というのをクリアしてくれたのがスゴく嬉しい。
オークスで忘れな草賞組が馬券に絡むのは忘れな草賞を本賞金900万以上で勝った馬に限るわけで、本賞金400万の馬が忘れな草賞を勝った年というのは忘れな草賞組は用なし。だから忘れな草の前に2勝目を挙げるのは本当に大事なんです。しかも忘れな草組がオークスで馬券対象になる時は頭まであるからね。
というわけで次は忘れな草賞一本でお願いします(切実
今からオークスに向けて当たり馬券を貯めておきますから、オークスではモーヴサファイアーアドマイヤミヤビの2頭軸の馬券にガッツリ突っ込みますよ♪

先週の結果を受けてウマニティPOGのスペシャルワールドでは4位に浮上。
自分以外の上位陣は複数の重賞勝ち馬を擁しており、また10以内の人はなにかしら重賞勝ち馬がいるなか、我が軍は重賞勝ち馬はおろかオープン特別すら勝っていないのに4位w
500万下を勝ったのもペルシアンナイトに続いて今回のモーヴサファイアでようやく2頭目という状況で、それでいて4位というのが凄いことなのか情けないことなのかはわかりませんけど、苦しい台所事情にようやく光が射し込んできた感じです。

とりあえずスペシャルワールドの残留は見えてきたかな。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年02月16日(木) 14:50
アドマイヤミヤビが桜花賞 
閲覧 12ビュー コメント 0 ナイス 3

打倒ソウルスターリングへ「ルメール→デムーロ」でアドマイヤミヤビが桜花賞(G1)参戦! 屈指の素質馬に最強の鞍上━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年02月16日 08時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2600.html

11日に開催されたクイーンC(G3)を勝利したアドマイヤミヤビ(牝3 栗東・友道厩舎)の次走が、M.デムーロ騎乗で桜花賞(G1)となることがわかった。

 すでに「空前のハイレベル」という声も聞こえる今年の牝馬クラシック路線。その中でもトップクラスの評価を受けているのがこのアドマイヤミヤビだ。新馬戦こそ2着に破れたが、その後は3連勝で重賞も勝利。安定したレースぶりは、桜の舞台でもそうそう崩れることはない印象を受ける。

 これまで全戦で手綱を取ってきたのはC.ルメール騎手だったが、同騎手は2歳女王にして牝馬クラシックの中核となるソウルスターリングに騎乗することが濃厚。そこで、同じくJRA所属の外国人騎手であるM.デムーロ騎手に白羽の矢が立ったわけだ。

 今回が初騎乗となるデムーロ騎手だが、重賞戦における勝負強さは誰もが知るところ。今年も先週の京都記念、先々週の東京新聞杯と重賞を連勝中だ。

 何より桜花賞は、昨年ジュエラーでデムーロ騎手が勝利しているレース。昨年は娘の誕生日ということでより気合が入った部分もあったのだろうが、当然今年も制覇の期待がかかる。

 管理する友道調教師も「スポーツニッポン」の取材も「G1では頼りになるジョッキーですから」と今回の乗り替わりにも一切の不安はない模様。前評判の高い素質馬だけに、クラシック第一戦を白星で飾りたいところだろう。

 打倒ソウルスターリングへ。3歳牝馬クラシックはすでに激戦必至の様相だ。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年02月16日(木) 14:42
9馬身差ファンディーナ 
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 3

ファンディーナがいよいよ2戦目!衝撃の9馬身差デビューを飾った「超新星」がクラシック制覇に向けて出陣!━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年02月16日 08時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2597.html

 史上稀に見るハイレベルといわれる今年の3歳牝馬クラシック路線に、突如として現れた「超新星」ファンディーナ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎)が19日、いよいよデビュー2戦目を迎える。

 先月22日のデビュー戦は、衝撃的な内容だった。

 単勝1.8倍という抜けた1番人気に推されたファンディーナは、楽に先手を奪うとラスト600mを切った勝負所で鋭く反応。騎乗していた岩田康誠騎手がわずかに気合をつけただけで、あっという間に後続を突き離して最後の直線に入った。

 そこからは、まさにワンサイドゲーム。岩田騎手がほぼ何もせずとも、馬なりで後続が千切れていく。最終的には9馬身差をつける圧勝劇となった。

 それもそのはずだ。残り1000mまでは63.4秒と他馬に"お付き合い"していたが、ラスト800mから急加速。特筆すべきはラスト400mから200m間の11.0秒というラップで、これはこの日に京都競馬場で行なわれたすべてのレースの中でも最速。年明けの段階で並みの3歳牝馬にできる芸当ではなく、後続がついて行けなくなったのも無理はない。

 この内容に競馬誌『週刊ギャロップ』(サンケイスポーツ)は、この3歳世代では牡馬牝馬含めて初となる満点評価「★7」を与え、クラシック路線に「超新星」が舞い降りたことを予見している。

 そんなファンディーナが、19日に京都競馬場で開催されるつばき賞(500万下)でキャリア2戦目を迎える。

 京都の芝1800mという点はデビュー戦と同じであり、今回は川田将雅騎手が騎乗することとなっているようだ。登録馬からは、ほぼ「確勝級」と述べざるを得ず、ここで勝利を重ねるようであれば、いよいよクラシックへの扉が見えてくる。

「つばき賞を勝ってクラシックに羽ばたいて行った名牝といえば、トゥザヴィクトリーがいますね。残念ながらオークス(G1)2着などクラシックには手が届きませんでしたが、古馬になって本格化した後はエリザベス女王杯(G1)を制覇。

 また、ドバイワールドカップで史上初めて2着に入った走りは、日本の競馬関係者に大きな衝撃と希望をもたらしました」(競馬記者)

 デビュー戦では、そんな歴史的名牝のスケールを超える走りを見せたファンディーナ。

 今年の3歳牝馬クラシックは、2歳女王のソウルスターリングを筆頭に、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)で出遅れながらも2着したリスグラシュー、先週のクイーンC(G3)を勝ったアドマイヤミヤビなど牡馬以上に層が厚いといわれている。

 だが、そんな中でもファンディーナが今回のつばき賞でデビュー戦に匹敵する衝撃的な走りを見せれば、一気に勢力図が逆転する可能性があると述べざるを得ない。

 そういった意味では、今年の牝馬クラシックで極めて重要な意味を持ってくる今週のつばき賞。果たして、衝撃的なデビューを飾った"怪物牝馬"が、どれほどのパフォーマンスを見せるのか。競馬界全体の注目が集まっている。

[もっと見る]

 たま 2017年02月15日(水) 21:16
次走報
閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 4

★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
ヴィータアレグリア
タイニーダンサー
タマノブリュネット
ブランシェクール
ワンミリオンス



★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
ソウルスターリング・牝 藤沢和雄(美浦) 阪神ジュベナイルフィリーズ優勝
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
アロンザモナ(栗・西浦)紅梅S優勝
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)
ワールドフォーラブ 松若 音無(栗東)
アドマイヤローザ


★3歳500万下(3月5日)
プラチナムバレット 河内洋(栗東)福寿草特別3着


★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
ブレスジャーニー 本間忍(美浦)G掘‥豕スポーツ杯2歳S、G掘.汽Ε献▲薀咼▲蹈ぅ筌襯ップ
コマノインパルス 菊川正達(美浦) 京成杯優勝
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)
ベストアプローチ 藤原英昭(栗東)
ダイワキャグニー(美・菊沢)セントポーリア賞優勝
キングズラッシュ 蛯名(美・久保田)東スポ杯2歳S4着
ダンビュライト 音無秀孝(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝
レコンダイト
ガリバルディ

★ポラリスS(3月5日、阪神、OP、ダ1400メートル)
タールタン(栗・吉村)根岸S14着
ポイントブランク(栗・松下) 銀蹄S1着


★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
◎サトノダイヤモンド(栗・池江)有馬記念優勝
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝





★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着
ルージュバック(美・大竹)ジャパンC9着
ステファノス 川田(栗・藤原英)香港C3着
スズカデヴィアス(栗・橋田)白富士S優勝
リアファル(栗・音無)AJCC13着


★東風S (3月12日)
ダイワリベラル



★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール 北村友(栗・安田)
レーヌミノル・牝 本田優(栗東)



★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着
ヒルノマテーラ
パールコード
ハピネスダンサー



★ダイオライト記念 (3月15日、川崎、芝2100メートル)
ワンミリオンス
クリソライト

★ファルコンS(3月18日、中京、GIII、芝1400メートル)
ボンセルヴィーソ(栗・池添学)朝日杯FS3着
ライズスクリュー(美・小野)春菜賞優勝
メイソンジュニア
コウソクストレート 戸崎 中舘英二(美浦) シンザン記念14着



★若葉S(3月18日、阪神、OP、芝2000メートル)
アダムバローズ 角田晃一(栗東) 若駒S



★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝
トラスト  中村均(栗東)




★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着
カレンミロティック(栗・平田)メルボルンC23着
ヤマカツライデン

★千葉S (3月19日
エイシンヴァラー


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着
タンタアレグリア (美・国枝)アメリカジョッキーC1着
アドマイヤデウス
アクションスター

★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)


★ミモザ賞 (3月25日)
ルヴォワール



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー ルメール(栗・山内)東京大賞典優勝
アウォーディー (栗・松永幹)東京大賞典2着


★ドバイ・ターフ(3月25日、メイダン、GI、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
ヴィブロス (栗東・友道)


★ゴドルフィンマイル(25日・メイダン、ダート1600m)
カフジテイク



★マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)
トップディーヴォ(栗・昆)北山S優勝
マイネルクロップ
ショウナンアポロン





★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
ダンスディレクター 浜中(栗・笹田)シルクロードS優勝
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着
セイウンコウセイ
ソルヴェイグ(栗・鮫島)シルクロードS6着


★名古屋大賞典
モルトベーネ


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着


★マーガレットS (4月2日、阪神、芝1400メートル)
ファンタジステラ 音無秀孝(栗東)




★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着
サトノクラウン(栗・友道)京都記念優勝
マカヒキ ルメール(栗・友道)京都記念3着
ミッキーロケット(栗・音無) 京都記念4着


★阪神牝馬S (4月8日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー
ミッキークイーン


★桜花賞(4月9日・阪神、芝1600m)
アドマイヤミヤビ ミルコ(栗・友道)クイーンC優勝
アエロリット(美・菊沢)クイーンC2着
ミスエルテ 川田 (栗・池江)


★アンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)
グレンツェント(美・加藤)東海S優勝
カゼノコ


★皐月賞(4月16日・中山・芝2000メートル)
レイデオロ 藤沢和雄(美浦) ホープフルS優勝
アメリカズカップ 音無秀孝(栗東) きさらぎ賞優勝
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東) 共同通信杯優勝
サトノアーサー 池江泰寿(栗東) きさらぎ賞2着





★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着
ブラックスピネル(栗・音無)東京新聞杯優勝
エアスピネル(栗・笹田)東京新聞杯3着
ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ



★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)


★かしわ記念(5月5日・船橋、ダート1600m)
ベストウォーリア



★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

★帝王賞(6月28日・大井、ダート2000m)
サウンドトゥルー

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年02月12日() 21:02
京都記念・共同通信杯・クイーンC・アルデバランS・
閲覧 16ビュー コメント 0 ナイス 1

☆京都記念の感想☆
1着サトノクラウン
今日みたいな時計のかかる馬場得意ですけど、58kgでも勝ち切りましたね〜。
逃げ馬と距離感あったり、マカヒキなどにマークされたり、どう乗るか難しい面もあったレースだと思うけど、終わってみれば香港ヴァーズで凱旋門賞2着・BCターフ1着のハイランドリールを負かした馬だけあって強かったです。

2着スマートレイアー
サトノクラウンを前に見ながらマカヒキと並走してましたけど、まさかマカヒキに先着して2着確保とか夢にも思ってませんでしたよ〜。
7歳牝馬でこのメンバー相手に2着は相当すごいです。
馬も岩田もすごく頑張りましたね。

3着マカヒキ
極上の瞬発力が持ち味の馬なんで、今日みたいな時計かかる馬場は不向きなんですよね〜。
負けたといっても、4ヶ月ぶりでこの馬場で0.2差3着なら悲観することないし、次走に期待したいけど・・・。
休み明けで不向きな馬場とはいえ、ダービー馬が7歳牝馬に先着許すシーンはちょっとガッカリでした。

4着ミッキーロケット
出遅れも痛かったとは思うけど、後方から着拾いのような競馬して4着という、すごく微妙な競馬でした。

☆京都記念 馬券結果☆
宣言通り、馬連 6−9を買いましたが、1・4着でハズレ・・・。

収支は−2000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆共同通信杯の感想☆
1着スワーヴリチャード
直線半ばまでは、周りの様子を伺いつつって感じで走ってて、追われ始めたらしっかり伸びて2馬身半差の快勝!
まだまだ伸びしろありそうで、クラシックがすごく楽しみになるいい勝ちっぷりでした。

2着エトルディーニュ
勝ち馬にはあっさりかわされちゃったけど、このメンバーで2着確保は驚きました。
血統は地味ですけど、今後どこまで出世していくのかな〜。

3着ムーヴザワールド
もっとやれる馬のはずなんですけどね〜。この3着は非常にショックでした。
次走で巻き返し期待したいです。

6着エアウィンザー
じっくり溜めるよりも、もっと流れに乗せて好位辺りから競馬させた方がよさそうな気がするけど、今日の内容見てると好位から行ったところで押し切れるのか?と言われたら、それもどうかな〜という気はしました。
位置取り以前に現時点では力が足りてない可能性もあるかも?

☆共同通信杯 馬券結果☆
宣言通り、馬連 1−4を買いましたが、1・3着でハズレ・・・。

人気3頭の中に1・2着馬がいると思ってたら、予想外の馬が2着にきたんで、ぼくには難しすぎました。
馬連1点1000Pにしておいて傷浅くすんで助かりましたね。

収支は−1000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆クイーンCの感想☆
1着アドマイヤミヤビ
中団付近からメンバー中最速の上がり3F33.6で1着。
2着とは半馬身差でしたけど、この馬はこれからもっと強くなっていきそうな奥の深さを感じました。
今年の3歳牝馬世代は、この馬を含めて強い馬が多くて例年以上にレベル高い世代だと思うんでクラシックが楽しみですけど、ルメールはソウルスターリングとアドマイヤミヤビどっち選ぶのかな?

2着アエロリット
いい競馬してたんですけど、さらに上がいたという運の悪さ。
負けたけど、3着には2馬身差つけてて思ってたより強かったし、器用系でコース形態問わず安定してるのはいいですね。

3着フローレスマジック
+18kgで前走減ってた分は戻ったけど、4ヶ月ぶりの休み明けが原因なのかな?
もっとやれる馬だと思うし、クラシックに出てほしい馬なんで、休み明け2走目の次走に期待したいです。

4着レーヌミノル
この時期ならまだ1600mでもごまかせるかな〜とか思ったけど、勝ち馬が桜花賞でも上位人気しそうな雰囲気の馬だったし、今年の牝馬のレベル高いのもあってごまかしきれませんでした。

スプリンターとしては優秀だと思うんで短距離での活躍に期待したいです。

☆クイーンC 馬券結果☆
宣言通り、馬連 6−8を買いましたが、3・4着でハズレ・・・。

収支は−1000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆アルデバランSの感想☆
1着モルトベーネ
東海Sで先行して好走した馬は展開の恩恵受けてたから、あの2着は鵜呑みにしたら危険と思ってたら、3番手から抜け出して勝ちましたね〜。
ぼくの見る目のなさを痛感しました。

☆アルデバランS 馬券結果☆
宣言通り、ワイド 7−11を買いましたがハズレ・・・。

収支は−1000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆バレンタインSの感想☆
1着ブラゾンドゥリス
好位からしっかり伸びて1着でしたね〜。
2着のベストマッチョもいい競馬できてたんでそのうちOP勝ちそうです。

☆バレンタインS 馬券結果☆
宣言通り、単勝 7(スーサンジョイ) を買いましたがハズレ・・・。

負けるにしても前で競馬してほしかったです。

収支は−1000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆洛陽Sの感想☆
1着ダッシングブレイズ
中団後方のインから最内を抜けてきたけど、重賞で強い馬達と戦ってただけあってOP特別だと強かったです。
半年ぶりの競馬をしっかり勝ち切ったんで次も楽しみです。

☆洛陽S 馬券結果☆
宣言通り、単勝 5(ケントオー)を買いましたがハズレ・・・。

収支は−2000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
京都記念 ミッキーロケット・・・4着

出遅れたけど、もうちょっと騎手の腕で何らかのリカバリーしてほしかったです。

投資1000Pが0Pになっちゃいました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
今週は、土日ともに全敗しちゃいましたが、いよいよ来週は今年最初のJRAのGIフェブラリーSなんでバッチリ馬券当てて、

ドヤ!!見たか!!!地方だけとは言わせないぞ!!ってとこ見せれるように頑張りたいですが・・・。

今週が全敗という情けない成績なんで、来週の抱負を語る前に、明日の小倉の代替競馬で補習授業受けなきゃいけないレベルですけね(笑)

明日、小倉競馬をやる人は頑張っていっぱい当ててくださいね。

[もっと見る]

 風の旅人 2017年02月12日() 14:50
2月12日共同通信杯&京都記念デイのWIN5予想
閲覧 12ビュー コメント 0 ナイス 1

しばらく忙しく予想ができなかった事もあり競馬から少し離れておりました。
今週からまた再開していきます。

ゝ都10R アルデバランステークス
ここは人気どころで決まりそう。
10モルトベーネ
11ピオネロ

東京10R バレンタインステークス
ここは上位人気馬で決まると思いますが、少し波乱含みのレースのような気がします。
10ソルティコメント
16ブラゾンドゥリス

小倉11R 門司ステークス
今回一番荒れそうなのがここではないかなと思います。拡げて勝負
1 サトノアッシュ
2 マイネルオフィール
4 セトノプロミス
6 ザマンダ
12ウエスタンレベッカ
13キングストーン

さ都11R 第110回 京都記念 G2
ここは能力実績上位のマカヒキに賭けます。
ミッキーロケットと悩みましたが、ムーア騎乗ですし下手な競馬はできないだろうと考えマカヒキ1頭にしました。
3 マカヒキ

ヅ豕11R 第51回 共同通信杯(トキノミノル記念) G3
ラストのここは案外荒れるのではと考えています。
人気どころのスワーヴリチャードやムーヴザワールドは、これまで戦ってきた相手の力関係がいまいち足りないような気もします。
逆に人気はないですがエトルディーニュは、サトノアレス、ソウルスターリングといった馬と僅差ですから狙いたいです。
1 スワーヴリチャード
4 ムーヴザワールド
8 エトルディーニュ

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年02月11日() 19:39
京都記念・共同通信杯 予想
閲覧 47ビュー コメント 4 ナイス 12

【京都記念】

◎ミッキーロケット

マカヒキ、サトノクラウンとの「3強」を形成しそうですが、
年明けに1走していて、やや渋めの馬場が合いそうなミッキーロケットを最上位に評価します。

昨年の皐月賞でマカヒキと1.9秒もの大差をつけられていますけど、
臨戦過程の良さと馬場適性の差で逆転可能、と考えました。


【共同通信杯】

◎エトルディーニュ

上位人気馬の信頼度がオッズほど高くないと思っていますので、
スローペース濃厚でレース展開が間違いなく向くはずの伏兵・エトルディーニュで勝負します。

アイビーSではソウルスターリングとペルシアンナイトに続く3着で、
ベゴニア賞ではサトノアレスに次ぐ2着、と強敵相手に戦ってきた経験値を評価したいです。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年02月10日(金) 21:42
クイーンCの本命馬は・・・
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 5

今週は忙しい週になってしまい、
ようやく出馬表を見る、という状況なので、
クイーンカップの予想は本命馬のみを紹介する形にさせていただきます。


【クイーンカップ】

◎アドマイヤミヤビ

1600mは正直短い気がしますけど、
牡馬相手の500万特別を勝っていて、そのレースのレベルがまずまず高い事を考えれば、
1600mでもアドマイヤミヤビ優位という状況に変わりはないのでは?と思っています。

ソウルスターリングに対抗できる数少ない存在ですので、
距離が短くても無様な競馬はしない、と考えて本命にしました。

[もっと見る]

 たま 2017年02月06日(月) 19:37
クラシック 
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 3

★皐月賞(4月16日、中山競馬場、GI、芝2000メートル)

4,400万円 5戦[3-2-0-0] サトノアレス 藤沢和雄(美浦)ミホ分場 G 朝日杯
4,250万円 3戦[3-0-0-0] レイデオロ 藤沢和雄(美浦)ノーザンF天栄 G ホープフルS
3,700万円 4戦[3-0-1-0] ブレスジャーニー 本間忍(美浦)エスティF小見川
□ □ G 東京スポーツ杯2歳S、G サウジアラビアロイヤルカップ

3,100万円 4戦[3-0-0-1] アメリカズカップ 音無秀孝(栗東)グリーンウッド G きさらぎ賞
2,950万円 4戦[2-2-0-0] スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東)ノーザンFしがらき G 共同通信杯

2,300万円 3戦[2-1-0-0] コマノインパルス 菊川正達(美浦)吉澤S−EAST G 京成杯
2,050万円 7戦[3-1-0-3] トラスト 中村均(栗東)ビッグレッドF G 札幌2歳S
2,050万円 4戦[2-2-0-0] カデナ 中竹和也(栗東)大山ヒルズ G ラジオNIKKEI杯京都2歳S
1,900万円 4戦[2-1-0-1] アダムバローズ 角田晃一(栗東)吉澤S−WEST 若駒S
1,750万円 7戦[1-2-3-1] マイネルスフェーン 手塚貴久(美浦)ビッグレッドF鉾田

1,650万円 3戦[2-1-0-0] サトノアーサー 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき シクラメン賞
1,200万円 3戦[2-0-0-1] キングズラッシュ 久保田貴士(美浦)ノーザンF天栄 芙蓉S
1,200万円 6戦[2-0-0-4] プラチナヴォイス 鮫島一歩(栗東)名張TC 萩S
1,150万円 5戦[1-3-0-1] ガンサリュート 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき
1,150万円 5戦[1-1-1-2] ボンセルヴィーソ 池添学(栗東)小松TC

1,150万円 9戦[1-3-2-3] エトルディーニュ 小桧山悟(美浦)
1,050万円 4戦[1-1-1-1] ダンビュライト 音無秀孝(栗東)ノーザンFしがらき
1,000万円 4戦[1-1-1-1] オーバースペック 南田美知雄(美浦)
1,000万円 6戦[1-3-0-2] ダイイチターミナル 高市圭二(美浦)ミルF千葉




900万円 4戦[2-1-1-0] アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ノーザンファーム天栄 ひいらぎ賞
900万円 3戦[2-0-0-1] ダノンキングダム 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき・天栄 ゆりかもめ賞
900万円 4戦[2-0-0-2] サトノリュウガ 平田修(栗東)ノーザンFしがらき 福寿草特別
900万円 5戦[2-0-0-3] タガノアシュラ 五十嵐忠男(栗東)宇治田原優駿S 黄菊賞
900万円 3戦[2-0-0-1] ダノンディスタンス 佐々木晶三(栗東)ノーザンFしがらき

400万円 3戦[1-0-1-1] イブキ 奥村武(美浦)
400万円 2戦[1-0-1-0] グローブシアター 角居勝彦(栗東)ノーザンFしがらき
400万円 3戦[1-0-2-0] ムーヴザワールド 石坂正(栗東)ノーザンFしがらき
400万円 4戦[1-2-0-1] エアウィンザー 角居勝彦(栗東)山元トレセン
400万円 1戦[1-0-0-0] ダノンロマン 藤原英昭(栗東)山元トレセン
400万円 2戦[1-1-0-0] サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき



・・・第3手根骨々折 全治6カ月以上 3戦[1-2-0-0] ヴァナヘイム 角居勝彦(栗東)ノーザンFしがらき



★桜花賞(4月9日、阪神競馬場、GI、芝1600メートル)

4,450万円 3戦[3-0-0-0] ソウルスターリング・牝 ルメール 藤沢和雄(美浦)山元トレセン
□ □ G機〆綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズ
3,950万円 4戦[4-0-0-0] リエノテソーロ 武井亮(美浦)
□ □ Jpn1 全日本2歳優駿、Jpn3 エーデルワイス賞
3,150万円 4戦[2-2-0-0] リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)ノーザンFしがらき G アルテミスS
3,100万円 4戦[3-0-0-1] ジューヌエコール 北村友(栗・安田) G デイリー杯2歳S
2,700万円 5戦[2-1-1-1] レーヌミノル・牝 本田優(栗東)宇治田原優駿S G 小倉2歳S
2,650万円 4戦[3-1-0-0] アドマイヤミヤビ・牝 友道康夫(栗東) G クイーンC

2,150万円 3戦[2-0-0-1] ライジングリーズン・牝 奥村武(美浦)テンコーTC G フェアリーS
1,850万円 3戦[2-0-0-1] ミスエルテ・牝 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき G ファンタジーS
1,800万円 9戦[2-1-1-5] ブラックオニキス・牝 加藤和宏(美浦)ノルマンディーF クローバー賞
1,800万円 4戦[1-3-0-0] アエロリット・牝 菊沢隆徳(美浦)ノーザンF天栄
1,200万円 4戦[2-0-0-2] ディーパワンサ・牝 松下武士(栗東)ノーザンFしがらき 中京2歳S

1,200万円 5戦[2-1-0-2] サトノアリシア・牝 平田修(栗東)ノーザンFしがらき コスモス賞
1,000万円 4戦[1-2-1-0] フローレスマジック・牝 木村哲也(美浦)

400万円 1戦[1-0-0-0] ファンディーナ・牝 高野友和(栗東)グリーンウッド


★オークス(5月21日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)
900万円 3戦[2-0-1-0] ホウオウパフューム・牝 田辺 奥村武(美浦)ノーザンF天栄 寒竹賞








4,300万円 モンドキャンノ 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき
□ □ 京王杯2歳S G
3,950万円 リエノテソーロ 武井亮(美浦) Jpn1 全日本2歳優駿、Jpn3 エーデルワイス賞
2,700万円 レーヌミノル・牝 本田優(栗東)宇治田原優駿S 小倉2歳S G
2,200万円 タイムトリップ 菊川正達(美浦)シンボリ牧場 クロッカスS、カンナS
1,950万円 レヴァンテライオン 矢作芳人(栗東)宇治田原優駿S 函館2歳S G
1,200万円 レッドアンシェル 庄野靖志(栗東)   もみじS


1,200万円 クインズサリナ 西村真幸(栗東) フェニックス OP
1,100万円 カシノマスト 蛯名利弘(美浦) ひまわり賞
1,000万円 ダイイチターミナル 高市圭二(美浦)

900万円 アルアイン 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき
900万円 コウソクストレート 中舘英二(美浦) くるみ賞
900万円 アズールムーン・牝 斎藤誠(美浦) りんどう賞

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年02月06日(月) 18:16
 【クイーンC(G3)展望】 
閲覧 16ビュー コメント 0 ナイス 1

【クイーンC(G3)展望】ソウルスターリングを脅かす最強牝馬候補ズラリ! 激戦は「3強」中心か━Business Journalギャンブルジャーナル /2017年2月6日 11時40分 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2503.html


 11日(土)に東京競馬場で3歳牝馬によって争われるクイーンC(G3)が行われる。昨年はメジャーエンブレムがこのレースで圧巻の逃げ切り勝ちを決め、桜花賞(G1)へと向かっていった。今年も桜花賞での活躍が期待される有力馬が多数出走を予定しているが、その中でも昨年末のレースで能力の高さを示していた3頭を中心に紹介していく。
 最初に紹介するのは2連勝中のアドマイヤミヤビ(牝3、栗東・友道厩舎)。前走の百日草特別(500万下)では牡馬相手だったが、直線では馬群の間からしっかり末脚を伸ばしての完勝。このレースで負かしたカデナが次走の京都2歳S(G3)を勝利していることから、アドマイヤミヤビの能力にも当然期待がかかる。
 久しぶりの実戦となる今回だが、調教は順調にこなしており文句のつけようのないデキに仕上がってきているようだ。調教後には騎乗予定のルメール騎手が「東京マイルも大丈夫」とコメントするなど自信有りの様子。ここから桜花賞、さらにはその先とステップアップするためにも非常に重要なレースとなりそうだ。
 次に紹介するのはフローレスマジック(牝3、美浦・木村厩舎)だ。姉にラキシス、兄にサトノアラジンなどの活躍馬がいる優秀な血筋。どちらも比較的遅咲きだったので、もしかするとこの馬も晩成型かもしれないが、現時点でどこまでやれるのかに興味は尽きない。前走のアルテミスS(G3)では敗れはしたが、上がり最速となる末脚を使っており瞬発力には目を見張るものがありそうだ。この時の勝ち馬であるリスグラシューは昨年の阪神JF(G1)で2着とレースレベルは高かった。
 東京1600mは相性がよく、ここまでの3戦全てで連対を外したことが無い。兄弟たちが達成できなかったクラシック制覇を成し遂げるためにもいい結果を出したい。
 阪神JF(G1)3着など実積のあるレーヌミノル(牝3、栗東・本田厩舎)。すでに小倉2歳S(G3)を勝利しており重賞でも通用する能力があることは証明済みだ。当初この馬はスプリンター向きなのではとされていたが、阪神JFで3着となっており距離は何とか持ちそうである。また、東京コースも京王杯2歳S(G2)で好走しており問題はなさそうだ。
 春の最大目標は同じく桜花賞。年末に負けたソウルスターリング、リスグラシューにリベンジするまでは他のライバルたちに負けるわけにはいかない。


このほかには新馬戦で父ディープインパクト譲りの瞬発力を見せて圧勝したハナレイムーン(牝3、美浦・堀厩舎)、フェアリーS(G3)でも2着と安定した戦績が魅力のアエロリット(牝3、美浦・菊沢厩舎)、アイビーS(OP)でソウルスターリングに負けはしたものの立て直しに期待したいキャナルストリート(牝3、美浦・大竹厩舎)など伏兵たちの存在も侮れない。

 ソウルスターリング、リスグラシューのみならず有力馬が多く、例年以上に予想が難しい今年の3歳牝馬。そんな中でも能力の高い馬たちが顔を揃え見ごたえのある戦いとなりそうなこのレース。今回紹介した3頭を中心にレースが展開されるのか、それとも意外な伏兵の台頭があるのか? クラシック第1戦桜花賞(G1)への大事な試金石となるクイーンC(G3)に注目だ。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年02月03日(金) 16:09
レイデオロが皐月賞直行 
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 2

レイデオロが弥生賞(G2)をパス......皐月賞(G1)直行へ。藤沢和雄調教師の「クラシック直行」で思い出される2歳女王での「大失敗」━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年02月03日 07時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2482.html

 2日、デビュー3連勝でホープフルS(G2)を制し、今春のクラシック有力候補といわれているレイデオロ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、トライアルを使わずに皐月賞(G1)へ直行する可能性が高まったとキャロットクラブが公式ホームページ上で発表した。

 昨年末のホープフルSを制した後、3月の弥生賞(G2)からの始動が予定されていたレイデオロ。しかし、ソエ(若駒特有の管骨骨膜炎)の症状が思わしくなく、弥生賞の出走を見送ることが判明。場合によっては、本番となる皐月賞(G1)へ直行する可能性が高まってきた。

 昨年末は、関東の名門・藤沢和雄厩舎が大きく躍進した。

 管理馬のソウルスターリングが阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を制して2歳女王に、それだけでなくサトノアレスも朝日杯フューチュリティS(G1)を勝って2歳王者となり、藤沢厩舎は競馬史上初めて牝牡の2歳王者を同時に持つ厩舎となったのだ。

 そこにホープフルSを勝ったレイデオロが加わり、2歳戦の栄華を極めた藤沢厩舎。今春のクラシックの主導権を握っていることは誰の目にも明らかだ。

 しかし、今回のレイデオロの"アクシデント"は、悲願の牡馬クラシック制覇に向けビッグチャンスが訪れている藤沢厩舎の勢いに、大きな「影」を落とす一件となったはずだ。ちなみにオープンレース時代も含め、ホープフルSからの直行で皐月賞を勝った馬はいない。

 無論、馬の体調が最も優先されるべきであるのは述べるまでもない。

 この時期の3歳馬は非常に調整が難しく、藤沢調教師も過去に2歳王者のバブルガムフェローで皐月賞トライアルのスプリングS(G2)を勝利したものの、その後の骨折で春のクラシックを棒に振った苦い経験がある。

 したがって、今回のレイデオロに関しても慎重に慎重を期すのは当然の判断なのだが、どうしても思い出されるのは、かつて藤沢厩舎で2歳女王となったスティンガーだ。昨年にソウルスターリングが阪神JFに出走する際、藤沢調教師が「スティンガーよりは上」と比較対象に出した、あの馬である。


 1998年に、デビューからわずか1カ月足らずで2歳女王に登りつめたスティンガー。無敗の3連勝を飾っての戴冠は、当然ながら将来を嘱望される存在だった。だが、スティンガーは翌年の桜花賞(G1)にトライアルを挟まずに直行。

 1番人気に推されたものの、スタートで出遅れて12着に大敗している。

 ファンの期待を大きく裏切ったことも影響したのだろう。異例のローテーションを組んだ藤沢調教師には、一部のメディアやファンから批判が相次いだ。それもこのレースには長年、藤沢厩舎と懇意の関係を続けてきた大ジョッキー・岡部幸雄の八大競走完全制覇も懸かっていたのである。

 無論、その背景にはデビューからわずか1カ月足らずで、G1を含む3連戦を戦ったスティンガーのダメージを考慮した采配があった。だが桜花賞の大敗後、オークス(G1)に直行せずにトライアルの4歳牝馬特別(G2、現・フローラS)を使う、これまた異例のローテーションを組んだことが批判に拍車を掛けたのだ。

 結果的にスティンガーは4歳牝馬特別を勝利。距離が不安視されたオークスでも4着に好走し、藤沢調教師は見事な立て直しを見せたことになる。

 しかし、古馬になっても京王杯スプリングC(G2)の連覇や京都牝馬特別(G3、現・京都牝馬S)を制したスティンガーの能力を考慮すれば、果たしてトライアルを使って桜花賞に臨んでいれば......という"遺恨"が消えることはないだろう。

 あれから18年。藤沢調教師はダンスインザムードで2004年の桜花賞を制し"リベンジ"を果たしたが、クラシック制覇は未だその1冠だけだ。今年で66歳を迎える年齢を鑑みても、今春のクラシックが最後にして最大のチャンスになる可能性は高い。

 果たして、「3本の矢」を揃えた藤沢調教師は今年、いくつの悲願を達成するのだろうか。いずれにせよ、"暗雲"が立ち込み始めたレイデオロには、悔いのないローテーションを組んでもらいたいところだ。

[もっと見る]

3件中 1-3件目を表示

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。