サウンズオブアース(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

サウンズオブアースの口コミ


口コミ一覧
閲覧 637ビュー コメント 0 ナイス 7

天皇賞・春(G1)レインボーライン「悪いジンクス」打ち破れる? 才能開花で混戦を断つ?─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年4月24日 11時0分 http://biz-journal.jp/gj/2018/04/post_6405.html

今週末に開催される天皇賞・春(G1)は、出走メンバーの中で唯一のG1勝馬であるシュヴァルグランの1強状態ともいわれている。だが、その前評判を覆す走りを期待されているのが、レインボーライン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎)だ。

 前走の阪神大賞典(G2)では、岩田康誠騎手を背に4コーナー手前から先頭集団を急襲する早仕掛けを見せ、最後の直線では勢いそのまま上がり最速35.8秒の脚を発揮。有力視されていたクリンチャー、アルバートらを抑えて、3歳春のアーリントンC(G3)以来の勝利を上げた。

「レインボーラインは一昨年前の菊花賞(G1)で9番人気だったにもかかわらず、サトノダイヤモンドに最後まで食い下がる堂々たる2着。以前からステイヤーの才能の片鱗を見せていました。そして、前走の芝3000mのレースで名だたる長距離巧者たちを抑えて見事に快勝し、ついに潜在能力がついに完全に開花した感があります。今回も好走が期待できそうです」(競馬誌ライター)

 今年の天皇賞・春はいつになく出走メンバーが不作ともいわれている。展開次第ではレインボーラインのG1初戴冠も夢ではないだろう。だが、少しだけ気にかかる点もあると話すのは別の記者。

●次のページ 『G1タイトルに手が届かない』というジンクスが……

「近年の菊花賞2着馬で、皐月賞もしくは日本ダービーで連対していない馬は『G1タイトルに手が届かない』というジンクスがあるんですよ。2013年秋からサトノノブレス、その翌年秋からはサウンズオブアースが苦しめられていますね。

 それ以外にも実力はトップクラスと考えられていたフォゲッタブル、リンカーンなどが大舞台で涙を飲んでいます。もちろん、単なる偶然と考えることもできますが、でもだからこそレインボーラインにはこのジンクスを打ち砕く走りを見せてもらいたいですね」(競馬誌記者)

 そのレインボーラインは1週前追い切りで、主戦の岩田騎手が騎乗してポリトラックから坂路へ。4F60秒7-12秒9を記録している。若松厩務員は「スポニチ」の取材に「動き、雰囲気とも前走時と変わらない」と順調さをアピールしたという。あとは「馬場」も重要な要素だが、前走が「良」での勝利だっただけに、対応力も身についていそうだ。

 ステイヤーとして目覚めつつあるレインボーラインは、ジンクスを乗り越えてG1初戴冠を達成することはできるのだろうか?

 山崎エリカ 2018年3月24日() 09:00
本日の見所(日経賞など)
閲覧 301ビュー コメント 0 ナイス 17

2018年 毎日杯、日経賞
___________

●毎日杯

かつての毎日杯といえば、NHKマイルCへと繋がる一戦でした。しかし、近年は、昨年のこのレースを制したアルアインが次走の皐月賞を優勝するなど、皐月賞最終便、あるいは皐月賞の前哨戦の意味合いも持つようになりました。

要は、この先の何かしらのG1を目指すための、賞金加算のレース。遡ればディープスカイ、ダノンシャンティ、キズナや昨年のアルアインやのように、キャリアが浅い馬が勝てば、この先のG1に繋がる場合もあるでしょう。

そのようなレースゆえに、決着レベルも年によってマチマチ。しかし、今年は2戦2勝馬が3頭も出走しているように、素質馬が集った一戦と言えるでしょう。もっとも3頭中、1頭はフェイクな素質馬の感があり、個人的には買わない予定。確かにキャリアの浅い馬には成長力がありますが、他2頭同じ条件だけに、ここは連対を外す可能性が高いと見ています。

また、今回は、これまでに逃げたことがある馬が不在でスローペースが予想されますが、前に行く馬と、差し馬の能力差が大きいだけに前に凝りが決まるかは「?」。それにこれまでに逃げたことがない馬が逃げれば、自身にとって楽でもないはずだし、道中で捲られて苦しくなる場合もあるでしょう。そこで今回は好位~差し馬をヒモ穴でチョイスしてみました。


●日経賞

日経賞は天皇賞(春)の前哨戦。日経賞は土曜日に行われることもあってやや注目度が低いですが、2014年の天皇賞(春)では日経賞上位馬が1~3着を独占するなど、阪神大賞典と同様に天皇賞(春)へと繋がっています。昨年より大阪杯がG1に格上げされたことにより、今後はより大阪杯組が天皇賞(春)で活躍する可能性もありますが、穴メーカーとなるのは阪神大賞典や日経賞の上位馬のはず。

また、日経賞は有馬記念と同じアップダウンの激しい中山芝2500m(長距離)で行われるため、しばしばスローペースが発生します。しかし、同じスローペースでも下級条件は単調なスローペースになることが多いのに対して、上級条件は中山の短い直線を考慮して仕掛けのタイミングが早くなります。(日経賞の過去10年を見ても、単調なスローペースになったのは、ゴールドアクターとサウンズオブアースがハナを揺すり合った一昨年くらい)

差し、追い込み馬は、向こう正面の下り坂である程度勢いに乗せて、3~4コーナーの外から位置を押し上げてくる傾向があるため、前も早めに動いてスタミナが問われるレースになることがしばしば。つまり、ある程度の長距離適性も問われるので、昨年のディーマジェスティのように長距離適性に疑問がある馬が通用することは、ほとんどないでしょう。

また、昨年のこのレースで前年の有馬記念の3着馬ゴールドアクターや前年の菊花賞の2着馬レインボーラインが1~2番人気に支持されてぶっ飛んだように、今回が始動戦の馬は苦戦しています。そもそも前哨戦は、実績馬にとっては叩き台のため、人気に応えられないことがままありますが、スタミナが問われるレース、長距離戦ほど取りこぼし率がアップする傾向。今回出走の香港組は格上ですし、ゼーヴィントも抜群の安定感を見せていますが、それでもレースを順調に使われている馬を本命にするのがベストでしょう。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年12月25日(月) 20:40
有馬記念・阪神Cの感想の巻
閲覧 142ビュー コメント 2 ナイス 2

☆有馬記念の結果☆
1着キタサンブラック
2着クイーンズリング
3着シュヴァルグラン

収支は-8000Pでした。
宣言通り、3連複 2-6・7・10-6・7・10、馬連 2-6・7を買いましたがハズレ・・・。
本命馬1着はよかったけど、馬連と3連複の相手選びで失敗しちゃいました。
でも、クイーンズリングを買うという発想は全然なかったので、これはもうお手上げレベルの完敗でした。

勝ち時計 2.33.6
6.8-11.6-11.9-12.2-12.3-13.3-13.2-12.8-12.2-12.1-11.7-11.2-12.3
1100m通過 1.08.1 (レースの上がり3F35.2)
正直言って、勝ち時計やラップ見ると、GIというより条件戦の香りがするような生ぬるいラップでしたが・・・。
内枠からいいスタートして、マイペースの逃げに持ち込んで、中盤でラップを落として一息ついてから、じわじわとペース上げて後続を完封!
強い先行馬にレースの主導権をガッチリ握らせたままにしておくと、こうなるのも仕方ないですね。

出走馬達へのコメント
1着キタサンブラック
通算成績(12.2.4.2)という安定した成績も素晴らしいけど、デビューから引退まで大きなケガをすることなく走り続けた強靭な肉体面も素晴らしかったです。
あとは、枠順の引きの強さ、産まれてきた時代、オーナーが有名人、引退レースで有終の美を飾れたことなどなど、「キタサンブラックは持ってるな~」と思わされることが何度もあったんで、運の面でも強運の持ち主と言える馬だったと思います。
今後は種牡馬としての活躍を期待したいですけど、まずはゆっくりのんびり癒しの時間を過ごしてほしいです。

2着クイーンズリング
他の馬達に迷惑かけちゃったルメールの騎乗は残念でしたが、引退レースが有馬記念2着なんて馬はすごく頑張りましたね~。
この後はゆっくりして、また母親として頑張ってほしいです。

3着シュヴァルグラン
直線で不利受けたのが最悪でしたね~。
あの不利がなければ・・・って気持ちは非常にわかりますが、器用さが問われる中山コースで不利受けても2着馬とハナ差の3着にきてたのは強くなってる証拠です。

4着スワーヴリチャード
他の馬達に迷惑かけちゃったデムーロの騎乗は残念でしたが、古馬相手のGIでも2・3着馬と同タイムの4着でダービー2着馬の意地は見せてました。
春からずっと今年の3歳牡馬のトップ層は近年まれにみる低レベルと言ってましたが、ダービー1・2着馬がJCや有馬記念で古馬相手に善戦してたんで少なくとも近年まれにみる低レベルではないですね~。
ひどいことを言って申し訳なかったです。ごめんなさい。

5着ルージュバック
直線短い中山で先行勢有利の流れという最悪のパターンでしたが、後方から上がり最速の末脚で5着まで詰めてきてて力のある所は見せてくれました。
すごくいい馬なんで、引退する前になにか1つでもGI勝たせてあげたかったです。

6着シャケトラ
結果は6着でしたが、キタサンブラックの後ろといういい位置でレースできてたし、これで負けたら納得という競馬をしてくれたんで何の不満もないです。
状態面なのか、GIの壁なのかわからないけど、まだ4歳なんで来年は飛躍の年になるといいですね。

7着サウンズオブアース
秋は13着、12着で凡走続きでしたが、今年最後に意地を見せて頑張りましたね~。

8着レインボーライン
この馬は先行勢がバテるような流れで持ち味出すんで展開に泣いちゃったけど、この秋は天皇賞秋で3着とかあったんで来年さらに強くなるといいですね。

9着サトノクロニクル
距離なのか、GIの壁なのか、中2週のローテなのか、敗因はわかりませんけど、ハーツクライ産駒は古馬になってから完成する馬多いんで来年以降に期待です。

10着ヤマカツエース
2000mのスペシャリストなんで2500mは距離長いし、秋のGI3戦見てるとまだ好調時の状態に戻ってなさそうですが、それでも秋GI3戦を完走したのは頑張りました。

11着ミッキークイーン
展開に泣いたとか以前に、この馬らしい走りが全然できてなかったんで馬体重-10kgで状態が良くなかったのかな?

12着ブレスジャーニー
バトルプラン産駒なんでどの距離がベストなのかよくわからないですけど、2000m以下の方がいいのかな?
まだ3歳なんで来年以降の活躍に期待したいです。

13着サトノクラウン
JCに出てくる外国馬みたいにパワーと持久力が持ち味なんで、日本の良馬場で展開が先行馬有利になると持ち味が出せないんですよね~。
サトノダイヤモンドの代わりに凱旋門賞に出てほしかった馬ですが、今年は宝塚記念1着、天皇賞秋2着と国内でもかなり頑張ってました。

14着トーセンビクトリー
あの不利がなかったらどうなってたかはわかりませんけど、有馬記念で好走してたトゥザグローリー、トゥザワールドの全妹だけあって見せ場は作ってたけど、実績考えたら、このメンバー相手に見せ場作ってる時点でかなり頑張ってます。

15着カレンミロティック
展開は向いたと思うけど、9歳ですからね~。15着でも頑張って走ってると思います。

16着サクラアンプルール
余力も十分ありそうで、さあ、ここから!ってところで落馬寸前の不利受けて全力を出し切れないまま終わっちゃったのが残念です。
蛯名の外人騎手嫌いがさらに加速しそうな事件でした。



--------------------------------------------------------------------------------

☆阪神Cの結果☆
1着イスラボニータ
2着ダンスディレクター
3着サングレーザー

収支は-3000Pでした。
宣言通り、単勝 5(レーヌミノル) を買いましたがハズレ・・・。
馬体重+8kgで過去最高馬体重になってた影響なのか、秋4走目で見えない疲れがあったのかわかりませんが、なんかこう走りが重そうに見えました。
来年の短距離界での大ブレイクを期待したいです。

出走馬達へのコメント
1着イスラボニータ
ハナ差のギリギリでしたが有終の美を飾れてよかったですね~。
3歳時には皐月賞を勝ってた馬が秋のセントライト記念1着を最後に、4歳0勝、5歳0勝と、あと一歩で勝てないという時期が続きましたが、6歳になってマイラーズCと阪神CのGIIを2勝したのはすごく頑張りましたね。
フジキセキの後継馬として種牡馬の方でも頑張ってほしいです。



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
有馬記念 シュヴァルグラン・・・3着

不利がありながらもよく3着まできてくれましたね。

投資1000Pが1800Pに増えました。




--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
クリスマスイブに何の予定もなかったのに、
何か予定があるように見せかけるために、わざと有馬記念の感想を書かなかったのか?
と、思われるかもしれませんが、
そんな見栄を張るためにブログ更新しなかったんではなくて・・・


実は、年賀状を作ろうとしたら、
プリンターが特定の色を印刷しなかったり、
年賀ハガキを詰まらせたり、
土曜の夜からずっとプリンターの調整したり掃除したり、プリンターに振り回されっぱなしになりながら、年賀状を作ってたので、
もう、疲れて有馬記念の感想を書く元気はありませんでした。

そういえば、今日がクリスマス当日ですね~。
今日もクリスマスとは無縁の生活をしていましたが、ケーキは食べましたよ(笑)

メリークリスマス!

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年12月24日() 09:19
競馬検討 有馬記念 6
閲覧 345ビュー コメント 0 ナイス 5

有馬記念

◎7キタサンブラック
○14スワーヴリチャード
▲10シュヴァルグラン
△12サトノクラウン
×1ヤマカツエース、3クイーンズリング、4ブレスジャーニー、6サトノクロニクル、7シャケトラ、9サクラアンプルール、11ルージュバック、13ミッキークイーン、16サウンズオブアース


土曜の馬場状態からキタサンブラックが優位は動かず(^^)
アルゼンチン共和国杯を2.30で快勝したスワーヴリチャード(^^)
ジャパンカップを快勝したシュヴァルグラン(^^)
宝塚記念を快勝したサトノクラウン(^^)
デムーロ騎手、ボウマン騎手、ムーア騎手(^^)
3頭が絡み、×の印の馬で決まる(^^)
昨年はサトノダイヤモンドが斤量差でキタサンブラックが差された(^^)
スワーヴリチャードは菊花賞馬では無い(^^)
シュヴァルグランはジャパンカップは得意の二千四で(^^)
中山は昨年の有馬記念6着(^^)脚質的には中山競馬場向きでは無い(^^)3走目はパフォーマンスは落ちるタイプ(^^)
サトノクラウンはムラがあり、初戦から力を出すタイプ(^^)
勝ち負けまでは相当上手く乗らないと厳しいのは確か(^^)
今年は大阪杯、天皇賞・春、天皇賞・秋をキタサンブラックが快勝(^^)
宝塚記念をサトノクラウン、ジャパンカップをシュヴァルグラン(^^)
安定性はキタサンブラックが上、実績はキタサンブラックが最上位(^^)
まずは勝ち負けは間違いなさそう(^^)

[もっと見る]

 生化学研究所員 2017年12月24日() 08:34
有馬記念~神への道・再びはじめの一歩~★昼過ぎ加筆あり★
閲覧 512ビュー コメント 0 ナイス 2


なんだかなぁ、もう…(-_-;)

つくづくイヤになります…。

まぁ、…これが実力。仕方ない…。

ということで、気を取り直して有馬記念。

昨日、PATの17500円を使い果たしてしまったので(-_-;)
今日は阿見ライトウィンズで有馬記念のみの購入。

お上のJRAに召し上げられた上納金の還付を狙って勝負します。見事復活なるか!?それとも追加徴収となるのか。

中心は言わずと知れたスワーヴリチャード。

これに、私が『熱い』と思っている馬を4頭、(キタサン、シュヴァルはどちらかと言うと、買わざるを得ない感じですが…(^_^;))、相手の中心に選び、 他に1頭、これも『当てるためにやむ無く』追加。更に『超穴なら♪』という2頭、合計3頭を買い足しました。

まずは中心馬。

■ミッキークイーン
■レインボーライン
■シュヴァルグラン
■キタサンブラック

上記4頭が相手に来れば、スワーヴリチャード、キタサンブラック、シュヴァルグランの組み合わせだと①人気なので30000円くらいしか戻ってきませんが、他の組み合わせならば大体50000円の還付金(笑)。

次に『仕方なく』買うサトノクラウン。なんだかんだ言っても上半期のグランプリホースですからね…(-_-;)。あとは、超大穴ならば、という2頭。

■サトノクラウン
■ブレスジャーニー
■カレンミロテック

ブレスジャーニーについては、過去のスワーヴリチャードとの対戦成績。そしてカレンミロテックは、この枠でこの歳で、しかもこのメンバーで、『行くしかない』存在なので(笑)捨て身で逃げたらひょっとして3着くらいに残る可能性も…と思って買い足しました。

ブレスジャーニー、スワーヴリチャード、カレンミロテックの組み合わせならば3連複で100万円超え(爆)。レインボーライン、スワーヴリチャード、カレンミロテックでも約70万円です。

シャケトラや、ヤマカツエースは、なんか穴っぽい匂いだけはするのだが、近走のVやこれまでの成績を見直してみて、ヤッパリ今回ムリじゃないかなぁ…(-_-;)と思ったのと、危険を冒す割にはペイバックが少なすぎるので、消し。

サクラアンプルールを狙っている穴党も少なくないですが、これもヤッパリ無理かな…と。明らかに力不足なのと、そもそもムラ駆けし過ぎで、能力の正確な把握が無理なので、狙いずら過ぎ。

他ではサウンズオブアースやら、ルージュバックを挙げる方もいますが、ここら辺もやはり難しいかな…と。

投資総額は15000円。

せっかくここまでコツコツ貯めてきた競馬貯金を全て召し上げられて正月にニコニコ餅を喰らうほど、まだまだ人間出来ていないもんで(笑)、ここは一つ、お上にもの申すつもりで、再戦。

いざ…。

【追記】

キタサンよりもスワーヴリチャードが上位だと思い込むためのいくつかのおまじない

■武豊➡昨日は全鞍阪神、今日はキタサン一鞍のブッツケ。対するデムーロ➡昨日3鞍、今日有馬記念までに芝のレース3鞍。うち、昨日の2600メートルは13番ゲートから2着。イメージしやすい。

■斤量差 キタサン57キロ➡スワーヴ55キロ

■昨日の芝のレース、5鞍で馬券に絡んだ15頭のうち、10番より外の馬は7頭。➡7番より内側も7頭。言われているほど外枠不利ではない?(^_^;)(コーナーの数は無視)

[もっと見る]

 スペースマン 2017年12月23日() 23:02
有馬記念、◎本命は?
閲覧 844ビュー コメント 0 ナイス 4

なかなか、あまり無いパターンだが、あえて友道厩舎の日曜日1頭出し、シュヴァルグランを本命にする!

馬体も前走よりも良くなっている!

ハーツクライもジャパンカップ2着からディープインパクトに勝ったように、好調なんだね!

〇対抗は、これまた日曜日、庄野厩舎の1頭出しスワーヴリチャードだ!

前走のアルゼンチン共和国杯は、凄かったね~!

これもハーツクライだ!

穴は、馬体の良いレインボーラインとサウンズオブアースかな?

サウンズオブアースも藤岡厩舎の日曜日1頭出しなんだ!

やはり社台の人気無い時ほど、怖いよ!

ギャロップダイナを思い出す!

ん?キタサンタ?その後になるんじゃない?

放馬しないかな?

[もっと見る]

 ゲンコツ 2017年12月22日(金) 23:02
2017有馬記念を考える
閲覧 626ビュー コメント 0 ナイス 7

穴党には苦い思い出ばかりがよみがえるキタサンブラックが、ついに有馬記念で引退する

この馬は距離、馬場状態、ローテ、枠順など、様々な懸念材料を一つ一つ克服し、
最初はこの馬に対する忖度でもあるのかと疑われることも多かったが、
G1を6勝もすれば、さすがにこの馬の実力、特に順応性の高さを認めざるを得ない

そしてキタサンブラックもここまで戦線離脱もなくやってこれたのも、
この馬自身の心肺能力だけでなく、この馬を育て上げた関係者の育成力、管理も見事だった


そんな鉄人キタサンブラックに挑んだ馬たちはというと…


2016年大阪杯1着アンビシャス→次走宝塚記念16着、それ以降3着一回のみ
      3着ショウナンパンドラ→次走ヴィクトリアマイル3着後引退

2016年天皇賞春2着カレンミロティック→次走以降4着以下のみ

2016年宝塚記念1着マリアライト→次走以降4着以下続いて引退
       2着ドゥラメンテ→引退
       4着ラブリーデイ→次走以降京都大賞典3着が最高で引退

2016年京都大賞典2着アドマイヤデウス→次走以降日経賞3着が最高で死去

2016年ジャパンC2着サウンズオブアース→次走以降4着以下のみ

2016年有馬記念1着サトノダイヤモンド→キタサンブラックと再戦した天皇賞春で3着に敗れる
       3着ゴールドアクター→次走2戦惨敗後、宝塚記念2着するも戦線離脱

2017年大阪杯2着ステファノス→オールカマー2着以外4着以下

2017年天皇賞秋2着サトノクラウン→ジャパンCで10着


まあ見事にキタサンブラックが力を発揮したときに好走した馬たちが、
その後苦しんでいるかがよくわかる

ここでは省略したが、キタサンブラックの付近でレースを進めて惨敗した馬たちも数多くいる

ただ、そんなキタサンブラックに何度も食らいつき、
そしてジャパンCでキタサンを倒したシュヴァルグランは、
まるで大横綱の猛稽古に耐えて、ついに本場所で横綱を倒した幕内力士のようにも思え、
これからの時代はシュヴァルグランかという期待も膨らむが、

ジャパンCの勝ちタイムが2:23.7は、並大抵で出せるタイムではなく、
勝手に前が潰れて展開が向いたのではなく、
前々で押し切った激走の反動を心配せざるを得ない

またジャパンCの勝ちタイムが速い年だった有馬記念は、
好走した馬の凡走だけでなく、その反動を心配してか、
ジャパンC上位メンバーが回避することも多く、小粒なメンバーになりやすいことで、
伏兵のヒモ荒れから、人気馬の凡走による大荒れまで、配当がおいしいレースになりがち

人気はなくても、有馬記念の激走パターン、内で脚を貯めることができれば、一発あってもおかしくない
(捲りは力のある馬以外はダメ、まだ後方一気の方が嵌る)



本命はブレスジャーニーでいく

2歳の時にスワーヴリチャードを差し切った東スポ杯は、
外に出す、詰まる、さらに外に出すという、ロスだらけでも上り2位
少しでも追い出しを我慢して、まっすぐ走ってれば上り最速、
もっと楽にスワーヴリチャード勝てただろう

3歳秋まで故障で棒に振ったが、菊花賞、チャレンジCを叩いて、調子も戻ってきているので、
内で脚を貯めて、ちゃんと追い出せれば、
母系に有馬記念好走種牡馬が固まっている底力で、一発あってもおかしくない

キタサンブラックをマークする馬なら、スワーヴリチャード(脚を貯めたら届かなそう)
前崩れなら、ステイゴールド産駒のレインボーラインと宝塚記念3着ミッキーアイル(それでも3着までか)

<結論>
◎ブレスジャーニー
〇キタサンブラック
▲スワーヴリチャード
△レインボーライン、ミッキークイーン、サクラアンプルール


では、よい有馬記念を…

[もっと見る]

 ナリタブライアン 2017年12月22日(金) 19:19
2017年秋G1馬当て 第11・12戦 第140回中山大障害... 
閲覧 337ビュー コメント 17 ナイス 77

先週は、亀さんが4勝、健さんが2勝目、まねきねこのひげさんが1勝となりました。
いよいよラスト3戦、まだ、優勝の行方はわかりません。

自分は、有馬記念はキタサンブラックと決めていますが、ここでは、キタサンブラック以外を指名しようと思いますf(^_^;
その前に、ジャンプして大障害の予想をしなければd(⌒ー⌒)!

<有馬記念:確定枠順>
1枠1番 ヤマカツエース 池添
1枠2番 キタサンブラック 武豊
2枠3番 クイーンズリング ルメール
2枠4番 ブレスジャーニー 三浦
3枠5番 トーセンビクトリー 田辺
3枠6番 サトノクロニクル 戸崎
4枠7番 シャケトラ 福永
4枠8番 レインボーライン 岩田
5枠9番 サクラアンプルール 蛯名
5枠10番 シュヴァルグラン ボウマン
6枠11番 ルージュバック 北村宏
6枠12番 サトノクラウン ムーア
7枠13番 ミッキークイーン 浜中
7枠14番 スワーヴリチャード Mデムーロ
8枠15番 カレンミロティック 川田
8枠16番 サウンズオブアース Cデムーロ

[もっと見る]

 パトラッシュ 2017年12月22日(金) 12:52
有馬記念、今年のダイユウサクです(´・Д・)」
閲覧 948ビュー コメント 0 ナイス 2

 さて、枠順も決まったところで、ダイユウサクの奇跡は再現されるのか?という点について、検討してみましょう。

 とりあえず中位人気ですが、こちらはさらっと。

 まずは、昨年の有馬で4着のヤマカツエースにふれなくてはならないでしょう。池添は、オルフェーブルで二度、ドリームジャーニーでも一度有馬を制していて、機種の中では一番の実績になっています。この3勝は、いずれも人気馬に乗ってのことですが、人気を背負って勝つのも、そう簡単なことではなく、ゴールドシップやブエナビスタ等、名馬も、一番人気ですんなり勝ち切れているわけではありません。

 池添騎手が技術的にどうかはコメントできませんが、気風の良さを感じさせる騎乗がプラスアルファにつながっているのかもしれません。

あとは、3歳勢のサトノクロニクルとブレスジャーニーはそこそこ人気しそうな気はしますが、食指は動かないですね。



 ダイユウサクがメジロマックイーンを破って、正規の番狂わせといわれた有馬記念は1991年。いまから四半世紀も前になります。しかし、そのインパクトの大きさか、その年の有馬記念に関する動画はけっこうネット上に残っているので、見てみました。

 漠然と、プリティキャストの天皇賞やイングランディーレの天皇賞のように、大逃げをうったダイユウサクを後ろの馬がけん制し合って、というイメージを想定していたのですが、あにはからんや、道中は他の有力馬と同様、中段やや後方でじっくり、直線で馬群を縫って先頭に踊りだし、メジロマックイーンの追撃を振り切るというオーソドックスな競馬で栄冠を勝ち取っています。

 確かに、以前と違って、大逃げ=大番狂わせというパターンは厳しそうです。そもそも、圧倒的な人気を背負うと思われるキタサンブラックが好枠から逃げ、もしくは2番手につけるでしょうし、対抗馬のシュヴぁルグランもJCのように、キタサンをマークしているという展開になることが予想されますし、今年の出走馬を大逃げという戦い方を選択できそうなのは、カレンミロティックということになります。ただ15番という枠順からでは、良い位置をとるのにエネルギーを費やすことになりそうです。

 実際には、ダイユウサクという馬自体、(現在でいう)GIにも何度か出走し、天皇賞でも、それほどひどい着順ではなかったようですから、スプリンターというイメージがあったのが、人気のなかった大きな理由のようです。当時、馬主さんは、奇跡の瞬間を見逃した、ってくらいの期待度だったようですが、調教師は「正装していった」らしいです。そういう意味では、何らかの盲点があったからの人気のなさだったわけです。ダイユウサクの場合、距離がもつわけがない、ということになります。

 とりあえず、不当な評価ではないかという疑いのある馬を内枠から行ってみたいと思います。

3番 クイーンズリング GI馬なのに、エリ女の成績で、でも、ルメールプレミアムでプラマイゼロではないかと思います。

4番 ブレスジャーニー 東スポ杯でスワーブリチャードに勝ってるよ、でも3歳プレミアムがつきそう。三浦騎手が思い切った競馬をすれば?

5番 トーセンビクトリー 重賞買ってないし、力足りないでしょ。でも、トゥザビクトリーの血でのプラスアルファが・・・。

トゥザグローリー、トゥザワールドとも既に重賞勝ち、勢いのある3歳でしたから、ちょっと厳しいと思いますが、田辺騎手が気になるところ。思い切った大逃げうっちゃえば・・・。

9番 サクラアンプルール 札幌記念勝ったけど、天皇賞では全く駄目だったし。でも、札幌記念では、2着がナリタハリケーンというダートから参戦だったので、微妙な感じを与えたと思いますが、3着以下ヤマカツエース、サウンズオブアース、エアスピネル、という面々、中山記念ではネオリアリズムに0.1秒、ロゴタイプ、アンビシャス、ヴィブロスに先着。中山も3.1.1.0ということですから、人気になってもおかしくはないのですが、昨年まで条件馬、中山記念でおっというとこ見せて、次2戦惨敗、札幌記念勝ったけど、2着がダート馬という特殊な条件でフロックと思われたか、天皇賞は12番人気、さらに人気は下がり、絶好の買い時かと思います。

15番 カレンミロティック 年も年だし、1年のブランクがあって、そのあとも冴えないし、15番枠だろ?でも、昨年春の天皇賞ではキタサンをあわてさせた実績もあり、川田騎手への乗り替わりが吉と出れば?

16番 サウンズオブアース 今年のあの体たらくだし、大外の16番枠。今年は買えないな。京都記念に続き、JCでもあのレースぶり、でも、デムーロ弟を乗せてきました。乗り替わりが刺激になれば?

 ということで、サクラアンプルールに期待したいと思います。運さえあれば、場群の中を切り裂いて、キタサンブラックを交わして、スワーブリチャード以下の追撃を振り切る勇姿が見られると確信しています。

[もっと見る]

 ファストタテヤマ 2017年12月22日(金) 12:03
有馬記念追い切り
閲覧 633ビュー コメント 2 ナイス 8



1枠1番ヤマカツエース

単走で近2走よりも伸びのある動き。
末脚を伸ばし切れる走法ではないので
持続だけが不安要素。


1枠2番キタサンブラック

これまで通り軽めの最終追い。
前走とほぼ変わらない内容で
下げる点もとくに見当たらない。


2枠3番クイーンズリング

前走に続いて折り合い重視。
最近は追って案外なのでどうか。


2枠4番ブレスジャーニー

勢いで走っているような感じで
末脚が伸びる印象はあまりない。


3枠5番トーセンビクトリー

僚馬と併せた分伸びてはいるが、
これといって強調できる点はない。


3枠6番サトノクロニクル

何かのっぺりとした走りで
相変わらず見映えはしてこない。


4枠7番シャケトラ

終いは掛かったような伸び。
鞍上のアクションに反応しすぎる感じはある。


4枠8番レインボーライン

遅い全体時計と頭の高い走りはいつも通り。
天皇賞秋の最終追い切りが
もっと軽い脚さばきで楽に伸びていたので、
その時と比べると少し物足りない。


5枠9番サクラアンプルール

ここにきて何故か坂路追い。
何の情報も得られない内容で
できればコースで追い切ってほしかった。


5枠10番シュヴァルグラン

緩い時計で鞍上の手が動く
普段通りに戻った感じの内容。
前走の追い切りは珍しく自分から伸びていたが、
あれは結局前回限定だったのか。


6枠11番ルージュバック

直線向きの豪快なストライドは健在。
末脚がキレる感じではなく
中山内回り向きではないと思う。


6枠12番サトノクラウン

前走に比べたらマシな内容。
天皇賞秋や宝塚記念の時は
直線で自分から伸びる気配があったが、
それが見られなかったのは不満。


7枠13番ミッキークイーン

スピード乗りの良さが伝わる走り。
中山2500のコース条件が疑問だが、
基本的にレコードぺースで流れてくれたほうが
良い馬なんだろうとは思う。


7枠14番スワーヴリチャード

走りの大きさの割には柔らかみがあり、
加速も自然と付いているので全体的に良い動き。


8枠15番カレンミロティック

全盛期とそう大きくは変わらないが、
さすがに苦しそうな走りになった印象はある。


8枠16番サウンズオブアース

直線に入ると掛かったように加速。
追われて伸びる気配はなく今年はずっとこんな感じ。







動きが良かったのはスワーヴリチャードで
次点でミッキークイーン、ヤマカツエース辺り。

キタサンブラックは
最後まで追い切り映えしなかったが
前走もこの感じで走っているので心配はなさそう。

シュヴァルグランは
前走と比べると格段に落ちる内容だが、
元々が追い切りで動かない馬なので
前回がただ単にレアケースだったのかなとは思う。

[もっと見る]

 単複勝負.com 2017年12月22日(金) 10:54
【競馬予想】有馬記念2017 出走予定馬の分析 PART4
閲覧 555ビュー コメント 0 ナイス 5

有馬記念2017 出走予定馬の分析 PART4です!
今週はこのレースを勝負レースとして分析していこうと思います。

本日はルージュバック・サウンズオブアースの分析です。
もし宜しければ見ていってください。

https://tanpukushoubu.com

【お願い!!!】
ウマフレ随時どしどし募集しています。お気軽にリクエスト下さい。よろしくお願いします

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年12月21日(木) 23:27
競馬検討 有馬記念 5
閲覧 438ビュー コメント 0 ナイス 7

有馬記念

1-1 ヤマカツエース

1-2 キタサンブラック

2-3 クイーンズリング

2-4 ブレスジャーニー

3-5 トーセンビクトリー

3-6 サトノクロニクル

4-7 シャケトラ

4-8 レインボーライン

5-9 サクラアンプルール

5-10 シュヴァルグラン

6-11 ルージュバック

6-12 サトノクラウン

7-13 ミッキークイーン

7-14 スワーヴリチャード

8-15 カレンミロテック

8-16 サウンズオブアース


キタサンブラックが絶好枠、逃げるでしょうね(^^)
内に入ったヤマカツエース、クイーンズリング、ブレスジャーニー、サトノクロニクルは穴として流したい(^^)
シュヴァルグラン、サトノクラウン、スワーヴリチャードも外か(^^)
位置取りで不利ですね(^^)

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年12月21日(木) 22:49
競馬検討 追い切り 2
閲覧 319ビュー コメント 0 ナイス 4

有馬記念

ヤマカツエース 長め、単走、動き軽快、集中して

キタサンブラック 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、先着、更に良化

クイーンズリング 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ブレスジャーニー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、突き抜ける、更に良化

トーセンビクトリー 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

サトノクロニクル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き抜ける

シャケトラ 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル、少しよれる?

レインボーライン 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き

サクラアンプルール 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、先着

シュヴァルグラン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放し

ルージュバック 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀

サトノクラウン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ミッキークイーン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀

スワーヴリチャード 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放し

カレンミロテック 坂路、単走、動き軽快、集中して

サウンズオブアース 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、突き抜ける


阪神カップ

アポロノシンザン 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ、突き抜ける

イスラボニータ 長め、単走、動き軽快、集中して前向き、躍動感あり

キャンベルジュニア 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

サングレーザー 坂路、単走、動き軽快、前向き

サンライズメジャー 坂路、単走、動き軽快、集中して

シャイニングレイ 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き

シュウジ 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀、よれている

タガノブルグ 坂路、単走、動き軽快、前向き

ダンスディレクター 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、やや置かれ

ビップライブリー 長め、単走、動き軽快、前向き

モーニン 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、時計優秀

モズアスコット 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、先着、時計優秀

レーヌミノル 長め、単走、動き軽快、前向き

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年12月21日(木) 21:19
有馬記念の単勝お買い得馬を調査する(調査2日目)の巻
閲覧 354ビュー コメント 0 ナイス 3

今日は、有馬記念の単勝お買い得馬を探すお遊び企画の続き(調査2日目)です。

※2日目なので細かい説明は1日目の記事を参照してください。

今日、採点していく馬達については、単勝10倍以上になる馬達ばっかりだと思うんで、
昨日と逆で、不安材料は無視して、好材料だけを探して採点する加点方式でやっていきます。


--------------------------------------------------------------------------------

レインボーライン(単勝予想オッズ 22.5倍)
馬の面
・菊花賞で3着以内の実績あり
・過去5年で2勝してるステイゴールド産駒
・過去5年の1着馬と同じく秋3走目(休み明け3走目)
後方から競馬する不器用系なのもあって勝ち切れいないことが多いですが、好材料はけっこうあるんで展開の助けがあった場合はワンチャンスあっても?
騎手の面
前走に引き続き岩田騎乗。
4走連続で乗ってるし、重賞以上で勝てなかったスランプから脱出して今年は重賞7勝したんで、GIもそろそろ勝てるのかも?
採点
単勝18倍以上つくならまあまあってとこかな~。
お買い得度は88点

シャケトラ(単勝予想オッズ 24.9倍)
馬の面
・今年、同じ中山2500mの日経賞1着
・過去5年の1着馬と同じく秋3走目(休み明け3走目)
・好位辺りで競馬ができる脚質
今年の日経賞1着馬やし、年齢的にも4歳で充実期やし、脚質も過去の傾向に合ってていいですね~。
秋GI2戦は15着、11着で成績不振ですが、日経賞1着の時より10kg以上重い馬体重なんで、馬体が絞れてきた場合は巻き返す余地あるかも?
天皇賞春3番人気、宝塚記念2番人気と春GIでは上位人気してた馬というのも不気味です。
騎手の面
前走に引き続き福永騎乗。
人気馬に乗ると大事に乗りすぎるとこある騎手なんで、これぐらいの人気で気楽に乗れる方が単勝的には期待値上がりそう。
前走がテン乗りだったんで、2度目の今回はJCより期待できるかもですね。
採点
春の上位人気馬が単勝21倍以上ついてるならまだまだ十分おいしい気がします。
お買い得度は94点

ヤマカツエース(単勝予想オッズ 26.9倍)
馬の面
・去年の有馬記念0.3差4着
・好位~中団付近で競馬ができる脚質
去年の有馬記念4着馬で、今年は去年の1・3着馬が不在やし、去年が中2週で今年は中3週でローテもゆったりしてるんで、ここ2走は大敗続きでも巻き返す余地あるかも?
騎手の面
前走に引き続き池添騎乗。
主戦騎手やし、この人気なら思い切って乗れるし、大舞台での一発ある騎手なんで単勝的には期待値上がりそう。
採点
単勝23倍以上つくなら、まあまあいいかな~。
お買い得度は89点

ルージュバック(単勝予想オッズ 32.7倍)
馬の面
・今年、中山2200mのオールカマー1着
・2400mのGI連対経験あり
・過去5年の1着馬と同じく秋3走目(休み明け3走目)
脚質的に不安定ですけど、今年のオールカマーを道中4番手付近で競馬して牡馬相手に勝ってるのはいいし、牡馬相手に上位人気背負って重賞勝てるだけの能力ある馬なんで、乗り方次第では不気味な面あるかも。
オールカマー、エリザベス女王杯というゆったりしたローテの秋3走目なんで消耗度も少なそうなのもいいですね。
騎手の面
ムーアから北村宏に乗り替わり。
テン乗りでオールカマーを勝った騎手なんで相性いいし、GIをあまり勝たない騎手なんでプレッシャーなく乗れそうな人気なのもいいですね。
採点
単勝27倍以上つくなら十分おいしいかも。
お買い得度は92点

サクラアンプルール(単勝予想オッズ 48.0倍)
馬の面
中山記念でネオリアリズムの0.1差2着。中山の重賞で好走実績あるのはいいですね。
騎手の面
前走に引き続き蛯名騎乗。
4年連続でGI勝ってる騎手なんで、今年もGI勝つかも?
気楽に一発狙っていける人気なのもいいですね。
採点
単勝35倍以上でも好材料が少ないんで・・・。
お買い得度は72点

サウンズオブアース(単勝予想オッズ 54.9倍)
馬の面
・菊花賞で3着以内の実績あり
・2年前の有馬記念で0.0差2着
・去年の日経賞で0.1差2着
中山2500mが相性いい舞台なのは有馬記念や日経賞の2着で証明してるんで、前走から大幅に激変した場合は・・・。
騎手の面
田辺からCデムーロに乗り替わり。
過去に1度だけ乗って勝ってるんで相性いいし、気楽に乗れる人気やし、外人騎手パワーで一発あってもおかしくないかも。
採点
単勝40倍以上でも好材料が少し古いんで・・・。
お買い得度は74点

クイーンズリング(単勝予想オッズ 68.3倍)
馬の面
・過去5年の1着馬と同じく秋3走目(休み明け3走目)
前走がエリザベス女王杯なんで間隔十分あいてる中での秋3走目で消耗度も少なそうなのもいいですね。
騎手の面
Cデムーロからルメールに乗り替わり。
ルメール騎乗でGIでの期待値大幅UPやし、テン乗りでこの人気だったら気楽に一発狙っていけるんで、思い切った騎乗での一発あるかも?
採点
単勝50倍以上でも、馬の方に好材料が少ないんで・・・。
お買い得度は82点

ブレスジャーニー(単勝予想オッズ 72.0倍)
馬の面
・東スポ杯2歳Sでスワーヴリチャードを負かして1着
・過去5年の1着馬と同じく秋3走目(休み明け3走目)
菊花賞12着から休み明け2走目のチャレンジCで0.1差3着まで上昇してきたんですよね~。
まだ伸びしろある若い3歳馬なんで、休み明け3走目でさらに上昇あった場合は・・・。
騎手の面
柴田善から三浦に乗り替わり。
GI勝ってない騎手なんで、テン乗りでこの人気ならプレッシャーなく一発狙って乗れそうです。
採点
単勝50倍以上か~。う~~ん・・・どうなのかな~。
お買い得度は80点

サトノクロニクル(単勝予想オッズ 95.7倍)
馬の面
・好位辺りで競馬ができる脚質
菊花賞10着の後、チャレンジCで3・4番手から競馬して1着。
まだ伸びしろある若い3歳馬やし、ハーツクライ産駒は中・長距離のGI得意やし、好位から競馬できるのも過去の傾向に合ってるんで、前走で重賞勝って勢いでGIも?
騎手の面
Mデムーロから戸崎に乗り替わり。
4年連続でGI勝ってる騎手なんで、今年もGI勝つかも?
3年前に好位からの競馬で有馬記念勝ってる騎手なんで合ってそうな気がするし、テン乗りでこの人気なら思い切って一発狙っていけるのはいいですね。
採点
単勝75倍以上つくなら、十分おいしいかも?
お買い得度は92点

トーセンビクトリー(単勝予想オッズ 244.3倍)
馬の面
・前めで競馬ができる脚質
・中山で重賞1着経験あり
・過去5年の1着馬と同じく秋3走目(休み明け3走目)
前走がエリザベス女王杯なんで間隔十分あいてる中での秋3走目で消耗度も少なそうやし、前めで競馬ができる脚質なのもいいですね~。
全兄のトゥザグローリー、トゥザワールドがともに有馬記念で勝ってはないけど3着以内にきてるんで血統的に相性いいレースなのかも。
騎手の面
アッゼニから田辺に乗り替わり。
田辺は人気薄でGI勝つ騎手やし、テン乗りでこの人気なら不気味です。
採点
単勝100倍以上つくなら、ちょっとおもしろいかも?
お買い得度は88点

カレンミロティック(単勝予想オッズ 245.6倍)
馬の面
・過去5年の1着馬と同じく秋3走目(休み明け3走目)
・前で競馬ができる脚質
京都大賞典、アルゼンチン共和国杯でゆったりしたローテの休み明け3走目なのはいいし、前に行ける脚質もいいし、天皇賞春2着の実績あるのもいいですね~。
騎手の面
池添から川田に乗り替わり。
先週GI勝って勢いあるし、テン乗りでこの人気なら思い切って一発狙って乗れるのもいいですね。
採点
単勝100倍以上でも好材料が少し古いんで・・・。
お買い得度は80点


--------------------------------------------------------------------------------

☆有馬記念のお買い得馬 上位3頭☆
94点シャケトラ(想定単勝オッズ 24.9倍)
92点サトノクロニクル(想定単勝オッズ 95.7倍)
92点ルージュバック(想定単勝オッズ 32.7倍)

この3頭がどんな結果を残してくれるか楽しみです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
キタサンブラックが有馬記念で1枠2番を引きましたね~。
・マイペースに先行できそうなメンバー構成
・先行力が活かせる中山コース
・1枠2番
・去年のサトノノブレスのような雇われたヒットマンもいなさそう
ここまで条件が揃ったら、キタサンブラックが有終の美を決めて、北島三郎さんが祭を歌って締めくくるのかな~?
どうなるんでしょうね~。

思い切った予想外の騎乗で大波乱を演出するような騎手がいるかどうかも含めて注目です。

[もっと見る]

 akichance 2017年12月21日(木) 18:28
有馬記念枠順確定
閲覧 316ビュー コメント 0 ナイス 2

こんばんは、まずは昨日枠順確定と思ってましたが今日の間違いでした訂正いたします、さてと先程有馬記念枠順確定しましたので掲載します

12月24日 日曜 中山11R 第62回 有馬記念 芝2500m 右内 16頭立て

1枠 1番 ヤマカツエース 池添
1枠 2番 キタサンブラック 武豊
2枠 3番 クイーンズリング C.ルメール
2枠 4番 ブレスジャーニー 三浦
3枠 5番 トーセンビクトリー 田辺
3枠 6番 サトノクロニクル 戸崎
4枠 7番 シャケトラ 福永
4枠 8番 レインボーライン 岩田
5枠 9番 サクラアンプルール 蛯名
5枠10番 シュヴァルグラン H.ボウマン
6枠11番 ルージュバック 北村宏
6枠12番 サトノクラウン R.ムーア
7枠13番 ミッキークイーン 浜中
7枠14番 スワーヴリチャード M.デムーロ
8枠15番 カレンミロティック 川田
8枠16番 サウンズオブアース C.デムーロ
以上です、
角居(5,7番)、池江寿(6,13番)厩舎2頭出し、外国人騎手(3,10,12,14,16番)5頭です、前評判は2,10,12,14ですかね、あとは1,4,6,7,8,11,13と難しいところです、外国人馬券も有りなのかなですね、さてどうなりますことやら、なお中山大障害は予想コロでアップしますので枠順発表は省略いたしますご了承くださいませ、すでに重賞グループ分けは完了しています、あとは当日の状況ですね、それでは土日の予想コロにて。

[もっと見る]

423件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...29 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。