注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ミッキーアイル(競走馬)

注目ホース

ミッキーアイルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 4

≪攻略ポイント≫高松宮記念 中京芝1200m

◆◇◆勝ち馬は11年連続た裕ぐ米癲但しヒモ荒れは十分あり得る短距離G帰 ◆

≪好走条件≫
・軸は『阪急杯』組から。16年連続3着以内が馬券内 
・前年スプリンターズSの最先着馬(3着以内)を狙え!
・血統的には1400mのスタミナが必要!(只のスピード馬は通用しない)

≪凡走条件≫
・7歳以上で前走0.3秒以上負け【0-0-0-41】
・牝馬で当日た裕ぐ焚次0-0-0-31】
・関東馬の当日人気以下【0-0-0-32】
・前走重賞以外【0-0-0-10】
・前走1.0秒以上負け【0-1-0-36】

≪ローテーション≫
☆阪急杯・3着以内馬【3月開催になった2000年以降ずっと☆16年連続馬券内】
○トーキングドラム○ヒルノデイバロー
☆オーシャンS4着以内or た裕ぐ米癲擴甬遑固連続馬券内】
○メラグラーナ○ナックビーナス○クリスマス
※阪急杯から1頭・オーシャンから1頭選んでの2頭軸が1番の近道!!
結果だけ見れば簡単♪これで実際8年連続で当たってるので (*⌒0⌒)b♪
でも、それを信用するのが難しいんですよ(笑)(o>ω<o)

【絞込み】
中京が改装されてからの3着馬以内の馬を参考にするとこのようにまとめられます
1.前走重賞を走っていること
2.2走前がOPクラスなら勝利していること
これを踏まえて≪ローテーション≫を活用すると
阪急杯3着以内:ヒルノデイバロー
オーシャンS:メラグラーナor(ナックビーナス)
ただ、ナックビーナスは牝馬のた裕ぐ焚次0-0-0-31】関東馬の人気以下【0-0-0-32】に
当て嵌まりそうなので、実質メラグラーナ+ヒルノデイバローがデータからの答え。
≪勝ち馬≫はた裕ぐ米發覆里韮叡絅瓮薀哀蕁璽複or3着ヒルノデイバローという形が
浮かびます。あくまで過去8年通りに今年も来れば・・・ですが(* ̄∀ ̄)ゞ

≪タイム指数≫
会員さんは【テン】【上がり】からも絞込みが可能です!
中京改装後の近5年では
【テンタイム指数】―【上がりタイム指数】で前傾LAP(テンタイムの方が速い)馬が1頭
+後傾LAP2頭の組み合わせ
※前傾LAP馬は必ず近2走とも重賞でテン3Fを3番手以内の競馬をした馬
多分セイウンコウセイ・ソルヴェイグ・レッドアリオン≪凡走条件アリ≫のどの馬かが該当

≪展開読み≫
昨年は高速馬場で1.06.7という破格のタイム。テン32.7‐上がり34.0ペース
今年の前哨戦は
前走シルクロードS〔テン3F33.9秒〕
前走オーシャンS〔テン3F33.6秒〕
前走阪急杯組〔テン3F33.8秒〕
オーシャンSで逃げたのがソルヴェイグ、阪急杯組は1200mになることでセーブせずに
もう少し前半から飛ばしていけますが、昨年のペースを作ったローレルベローチェもいないので
推定テン33.3―上がり33.9 1分7秒チョイならテンも上がりも同じくらいのペースで走れる
持続型の脚質が有利。故に1400mでも好走できるスタミナが必要だと思われます(=^o^=)

【総括】
通年の傾向でいくと
【勝ち馬】はた裕い泙
・レッドファルクス(○スプリンターSの最先着馬)
・メラグラーナ(○オーシャンS/裕ぃ叡紂
・レッツゴードンキ(▼2走前OPクラス2着)
・シュウジ(▼阪急杯3着以内ではない)
推定ではこの辺り。

先ほどの絞込みでヒルノデイバローを相手にするのにためらいを感じる人も多いはず。
「阪急杯3着以内」確かに16年連続馬券に絡み、抜群の結び付きを誇るレースだが
単勝1.7倍で8着に敗れたシュウジ。
私もレース見解で阪急杯1400mに関しては「不安」と警告しましたが、
馬に不安があるのではなく、1400mになることで鞍上の乗り方が変わるのが危険と
いう意味だったので、1200mでは評価を下げる必要はないのでは?と思います。
「オーシャンS」「阪急杯」から1頭ずつというくくりで考えてもいいかもしれません(^∇^)

昨年は上記データから
◎ミッキーアイル ◎アルビアーノの2頭軸が簡単に浮かび上がり、当たりましたが、
タイムが速くなるほど実力馬で決まるのは当たり前!
馬場コンディションも1つのファクターになるかも知れないですね(^o^;)

【有力馬坂路追い】
・水曜追い
☆ソルヴェイグ 伸び1.1 瞬発力1.3 レベル1.5 負荷2.5 〔LAP得点6.4点〕
☆ヒルノデイバロー 伸び-0.3 瞬発力1.4 レベル0.7 負荷2.1 〔LAP得点3.9点〕
☆ワンスインナムーン 伸び1.0 瞬発力1.0 レベル1.3 負荷0.2 〔LAP得点3.5点〕
・木曜追い
☆シュウジ 伸び-0.6 瞬発力1.0 レベル1.0 負荷3.0 〔LAP得点4.4点〕
☆フィエロ 伸び0.3 瞬発力2.0 レベル0.9 負荷1.6 〔LAP得点4.4点〕
☆メラグラーナ 伸び-0.2 瞬発力1.6 レベル0.8 負荷1.8 〔LAP得点4.0点〕
※レッツゴードンキは木曜追いでしたが、途中のタイムが表記されず

短距離戦には特に重要な坂路追い切り♪常々日記でも書かせてもらってますが、
レースが土曜でも日曜でも「水曜」に一杯追いするのはおかしい。という疑問(・・。)
今回は水曜から木曜に1日調教をずらしてきた陣営が多くありますが
、私もこの1日に影響が出てくると思います(*^o^*)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

人気・新聞の馬柱◎○▲に騙されてちゃ勝てない
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる予想理論

 トーホーアマ 2017年03月22日(水) 18:49
スプリンターS〜ソルヴェイク〜 
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 3

想定5番人気。鞍上 田辺

今年の高松宮記念は先行集団の中でポジション取ったもん勝ちなようなきはする。スタートダッシュが早くもしかしたらミッキーアイルの下位互換の能力をもちあわせてるのかもしれないのでここで真価が試される1戦。

スプリンターS
ラップ 11.8 - 10.5 - 11.1 - 11.2 - 11.2 - 11.8
ペース 11.8 - 22.3 - 33.4 - 44.6 - 55.8 - 67.6 (33.4-34.2)

スタート良くミッキーアイルとしばらくやりあったが途中で息入れるためにポジションを下げた。前半の入りもミッキーアイルを除けば2番目に早く、途中で下げてシュウジとずっと同じ位置取りからの直線勝負でシュウジを首差かわし3着。このレースみるとシュウジより強いと思う。

函館スプリント
ラップ 11.8 - 10.6 - 11.0 - 11.5 - 11.3 - 11.6
ペース 11.8 - 22.4 - 33.4 - 44.9 - 56.2 - 67.8 (33.4-34.4)

このレースもスタート良くすぐにローレルヴェローチェの2番手取れた。16番と大外でしかも道中ずっと内2頭分あけた状態で追走。33,4と早いな中で後半も34秒前半にまとめた力は評価。この時点で1番強い競馬したのは間違いなくこの先につながったレース内容だったはず。

キーンランド
ラップ 12.1 - 10.9 - 11.1 - 11.3 - 11.3 - 11.8
ペース 12.1 - 23.0 - 34.1 - 45.4 - 56.7 - 68.5 (34.1-34.4)

スタートがワンテンポ遅れ、前行く馬が多かったのか、それとも番手での競馬を試したかったのか無理させなかったようなレース。4コーナー入るまでに動きながら仕掛けたものの前が開かずに抜け出すのも時間がかかった。前半もそこまではやくなく後続集団にさされるのをみると時計が掛かる、差し勝負だけだと展開向かないレースになった。

シルクロードS
ラップ 11.9 - 10.9 - 11.1 - 11.3 - 11.1 - 11.5
ペース 11.9 - 22.8 - 33.9 - 45.2 - 56.3 - 67.8 (33.9-33.9)

ここまで見てくると前走の内容は不安点も良い点もこの馬の特徴もある程度見えたのかなと思う。本来ならばネロが逃げるのかなと思っただけにスタートセンスが抜群によくこの馬が逃げることに。前半33,9秒のペースならば本来ならば函館スプリントでもっと早い経験してるのだから不思議ではない。垂れた影響は休み明け+馬体重増減の影響なのかなと思う。ただそれながらもネロはぼろ負けこの馬は垂れながらも0,5秒差の6着となれば着差以上に負けてはないかなと前向きにも取れる内容。

今回
前走、核となる逃げ馬が不在の中前走逃げた結果、人気の影響もいろいろ踏まえたらマークされるのは仕方ないかなと思う。今回も核となる逃げ馬がおらずに、おそらくトウショウピスト、セイウンコウセイ、ソルヴェイクが出だしをうかがないながらのスタートになるのではないのかなと。ペースが早くなればなるほどこれまでのレース内容見返すと展開はむきそうなのだけど。。。

自分の中での不安点が、500万での54キロ背負って3着が引っ掛かる。先行集団有力馬でナックビーナス、セイウンコウセイ、1200m1400mで下級条件では2着はあるがそれ以下の成績もなく。前走+18キロ体重面とと牝馬先行馬で今回初の55キロ背負わされて中京コースも初、さらに人気するとなると真っ先に切りたいと思う1頭。3連系には入れるが2連系ではきる予定。真価は問われるのは能力はあるとは思うけど斤量と人気背負ってマークされてどうか。何となくだけど外枠入って内に逃げさせ番手競馬のがしやすそう。

[もっと見る]

 トーホーアマ 2017年03月22日(水) 13:14
高松宮記念〜シュウジ〜 
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 3

想定4番人気。鞍上 川田

京阪杯 1分21秒4
ラップ 12.1 - 10.7 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 12.2
ペース 12.1 - 22.8 - 33.8 - 45.5 - 57.2 - 69.2 - 81.4 (33.8-35.9)

全体時計と前半のペースをみると消耗戦となった1戦。シュウジはスタート良く前半2ハロンで騎手も抑えきれずに前でやりあったことで後半脚があがってしまった。自分含めて皆が期待してたのは最後の直線あそこから伸びてくるだろうと期待したのだが失速。だいたい同じ位置取りで内内にいたブラヴっシモと比べてみるとブラビは追い出すの遅れて手間かかりシュウジは失速。こうみるとシュウジは持続スピード維持が劣困難だったのは何か影響あったのかもしれない。シュウジにとっては掛った分もあり全く展開不向きということで度外視してもよいかなと回顧かいたあと何度かレース内容みて思うとこもある。オッズと名前と前走一着みたらなかなかこの時は軽視はできない精神状態になってたと思う。

阪神カップ
ラップ 12.5 - 11.1 - 11.3 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 12.5
ペース 12.5 - 23.6 - 34.9 - 46.5 - 58.1 - 69.4 - 81.9 (34.9-35.4)

理想な展開で進み、最後はハマったようなレース。スタートがワンテンポ遅れたぶん位置取り確保するために中段にすぐポジション取り前に馬がたくさんいて壁になってた部分もあり制御できたのかもしれない。前半はいり34,9でこの馬自体は35秒くらい通過。残り100mくらいで末脚出して勝ったレース。シュウジの周辺にいた馬もつれてやってきてたので伸びる馬場を走った恩恵もあるかもしれない。

スプリンターズS1分7秒
ラップ 11.8 - 10.5 - 11.1 - 11.2 - 11.2 - 11.8
ペース 11.8 - 22.3 - 33.4 - 44.6 - 55.8 - 67.6 (33.4-34.2)

この4着の評価が今回難しい。スタートはソルヴェイクのが良くポジションはミッキーアイルの2列目。ミッキーアイルと少し離れた位置。最初のスタートでソルヴェイクがしばらく追いかけて一息いれたのか道中全く並んで並走。最後の直線もソルヴェイクにさし負け。これは函館記念でもソルヴェイクにさし切れそうでさせない当たりが最後甘くなってるのだろうと印象受ける。

今回
スプリンターSみるとメンバー強い相手になると少し足らない印象だけど今回強い馬いますいますかと言われたら微妙。何より前走馬体重気づかなかったのだけど512キロと過去最高体重分でキレ負けということにもできる。スプリンターSで斤量55キロで今回57キロ。体重増やしてきた分成長度具合も考慮して+αがあるとなると馬券内でもミッキーアイルいない今1つ上の着順もあってもおかしくなさそう。本来は阪神カップのオッズが妥当で前走明らか叩き仕上げで(+8きろ)1,6倍で今回人気下がるならば特に嫌う要素ないのかなと考え直す。気性とペース、調教量増やして体重絞れればベストだろう。馬場は時計が掛かる馬場で阪神カップみたく前がとまればと思うが1200mと1400mじゃ全然違うので勝つまではどうなのかなと印象。斤量もろもろ含めてソルヴェイクよりシュウジのほうを評価したい。

[もっと見る]

 トーホーアマ 2017年03月22日(水) 09:18
高松宮記念〜レッツゴドンキ〜
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 4

想定3番人気。鞍上 岩田

実際は3人気になったらびっくりするが。。去年宮記念で10番人気、スプリンターS7番人気の馬が今回赤オッズ。実際3番人気ならずとも赤オッズなりえそうではあるなと印象受ける。

京都牝馬S 1分22秒5
ラップ 12.6 - 11.6 - 11.6 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.5
ペース 12.6 - 24.2 - 35.8 - 47.8 - 59.8 - 71.0 - 82.5 (35.8-34.7)

相変わらず掛かり癖があり前半も抑えるのが必死でだいぶポジションも下げた。時計も掛かる馬場で道中もペース早くなく直線勝負になったレース。常に脚はスプリンターS,去年の宮記念で上がり1位の脚、ターコイズSの末脚見れば牝馬同士で直線勝負で決まるレースになれば妥当だったか。

今回
ローズSの内容とかいろいろ考慮すると本質的にはマイルが向いてそう。1200mだと気性面の問題で競馬できなかったり、あがり最速の脚を使っても宮記念、スプリンターSみると届かない。牡馬相手だと厳しそう。

これまで逃げ馬経験してきた馬で、宮記念でローレルベローチェ、スプリンターSでミッキーアイルだったのが今回トウショウピストのペースになるのではないかなと思う(このトウショウピストが今回面白そうだが)。オーシャンズSでトウショウピストに逃げのペースで上位3頭が牝馬と思えばまともにレッツゴードンキが走ればメラグラ―ナと甲乙つけがたい。ソルヴェイクとシュウジに負けてるのと牡馬とやって結果でてないのみると買おうと思わないけど、メラグラ―ナとレッツゴドンキはこの2頭の着順は楽しみ。あまり差を感じないからこその3番人気かもしれない。メラグラは牡馬とやって勝ってる、ドンキは牝限での勝ちで比べると過剰気味ではある。馬場は時計が掛かったほうがよさそう。

[もっと見る]

 トーホーアマ 2017年03月21日(火) 17:42
高松宮記念〜レッドファルクス〜 
閲覧 40ビュー コメント 3 ナイス 7

想定1番人気。鞍上デムーロ

スプリンターSは全体的みたら評価しないがこの馬だけは1番強い競馬したと思う。

ラップ 11.8 - 10.5 - 11.1 - 11.2 - 11.2 - 11.8
ペース 11.8 - 22.3 - 33.4 - 44.6 - 55.8 - 67.6 (33.4-34.2)

まず何よりデムーロとこの馬の信頼関係は高いものだと思う。中段ポジションとりながら3角から直線はいるまでずっと外々を回し前、うち馬場有利のなか短距離で差し切ったのはこの中ではダイブ力が違ったように思う。高い持続力とそれに加えて持続スピードもあってこそデムーロの判断でもぎ取った1着な内容。4着のスノードラゴンと比べたら尚更能力の違いを見せつけてくれたと思う。

CBC賞 1分07秒2
ラップ 12.2 - 10.7 - 10.9 - 10.9 - 10.8 - 11.7
ペース 12.2 - 22.9 - 33.8 - 44.7 - 55.5 - 67.2 (33.8-33.4)

かなり時計の出る馬場。そのなかでかなり長い脚を使ってさらにばてずに差し切るのだから今振り返れば相当な怪物。3コーナー4コーナーの間の位置で一番早く動いて大外ぶん回しで前がそこまでとまらない中差し切ったのはなかなか見ない勝ち方。ほぼバテ手も不思議ではないのにむしろ坂から加速してるのだから体力もすごいものがある思う。

今回
香港の負けは見返してないのでわからないが、去年の勢いが続いてるならばまずスプリンターSでやったメンバーには負けなさそう。能力も持続力もCBCとスプリンターSで目に見えた形の勝ち方だったので能力面では確実ではある。ビッグアーサー、ミッキーアイルいない今3着が53キロと低斤量のソルヴェイクだけだったのでこの馬に逆転あるならば別路線組からかなと思う。もし負けるようであればそれは目に見えてない疲れ衰えくらいしか思いつかない。馬場が渋ってもダートでやれてるので問題はないけどどちらかというと高速馬場のがより良さそうなのかなと思う。

[もっと見る]

 ☆コノホシカツ☆ 2017年03月21日(火) 17:01
2回中京6日◇高松宮記念◇熊野特別◇鈴鹿特別☆時系
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 1

昨年の高松宮記念は3月27日、六白友引に行われた。第46回だったが、
勝ったのは馬番4ビックアーサーで2着が馬番6ミッキーアイル。
今年は4−7の目はないかも。

2017年3月26日(日)一白赤口☆1・4・7馬´きЛ

11R(15:40)芝1200
第47回高松宮記念・G
人気◎メラグラーナ○レッゴードンキ▲レッドファルクス
時系列出目該当なし
▼demedas軸馬entry
馬★◆─+
枠★2☆4*3+8


10R(15:00)芝2200
熊野特別
時系列出目枠番7
▼demedas軸馬entry
馬★─*ぁ椨
枠★4☆7*2+7


12R(16:25)ダ1400
鈴鹿特別
時系列出目馬番O犯孱押Γ
▼demedas軸馬entry
馬★─◆ぁ椨
枠★4☆2*2+7


☆時系列出目1R〜9R
1R該当なし
2R馬
3R該当なし
4R馬Л枠8・5
5R枠8
6R枠4・7
7R馬枠6
8R馬ハ硲機Γ
9R枠4・2


10R〜12Rの買い目は当日午前中、予想コロシアムにアップ!

[もっと見る]

 トーホーアマ 2017年03月21日(火) 16:47
高松宮記念〜過去傾向〜 
閲覧 36ビュー コメント 0 ナイス 4

なんだかあっという間にG1シーズン。宮記念から皐月賞までG1続くのかな。どっか1週あくかはは忘れてしまったが本当にあっという間。他にも日経賞、マーチSメンバー揃ったなと思う。

2016年 1分06秒7
ラップ 11.7 - 10.1 - 10.9 - 10.8 - 11.1 - 12.1
ペース 11.7 - 21.8 - 32.7 - 43.5 - 54.6 - 66.7 (32.7-34.0)

今年はこんなハイペースにならないだろう。時計もコウソク馬場にもならないし何よりミッキーアイルみたいな後続をバテさしながらもミッキーアイル自身も残るなんてなかなかいない。勝ったのはビックアーサーだがこれも4番手と外伸びる馬場から差してきたのだから力はある者同士面白いレースだった。

2015年 1分08秒5
ラップ 11.9 - 10.7 - 11.4 - 11.6 - 11.3 - 11.6
ペース 11.9 - 22.6 - 34.0 - 45.6 - 56.9 - 68.5 (34.0-34.5)

雨が降り続けてかなり時計が掛かってたコンディション。このレースも4コーナーで2番手から4番手にいた馬がすべて馬券になってたので先行勢が皆力ある馬だったのだろう。ダイワマッジョーレが2番人気になる時代があったのかと自分では驚いたが最速使っても届かないのだから前が強かったと思われる。


去年の10月のスプリンターズステークスみるとペースはハイにしてもG1ではそこまで早い時計でもなくむしろ開幕週で内馬場かなり有利のなかで負けてしまったソルヴェイクとかシュウジの評価が難しい。中京も坂がきついのでそこから加速できる馬を狙いたい。

自分の中ではレッドフォルクス―セイウンコウセイ―〇で決まるのではないかなと思ってるのもあるが、逃げ馬で核となる馬がいないのでなあなあと前が残りましたとなるような結果も見えなくもない。とりあえずスロー予想はしてないが前行っても力ある馬しか残らないので時計は1分8秒でも前総崩れもありそう。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2017年03月21日(火) 15:08
☆高松宮記念(有力馬次々と)☆
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 4

こんにちは(*^-^*)

今週はG1の高松宮記念〜〜〜♪

今年のこのレースはなかなか難しそうです〜〜〜

登録時点で有力馬と呼ばれる馬達が次々と出走回避に・・・。

短距離界の王者・ミッキーアイル!

昨年の高松宮記念覇者・ビッグアーサー! 

シルクロードS覇者・ダンスディレクター!

う〜〜〜ん荒れる要素たくさんありそうだな〜〜〜

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年03月13日(月) 16:45
浜中俊騎手「もういいでしょ」 
閲覧 62ビュー コメント 1 ナイス 5

浜中俊騎手が騎乗停止処分に「もういいでしょ」フィリーズレビュー(G2)で「2人の恩師」の思いを台無しにする対応─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年03月12日 21時30分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2825.html


12日に阪神競馬場で行なわれた桜花賞トライアル・フィリーズレビュー(G2)は、M.デムーロ騎乗の2番人気カラクレナイ(牝3歳、栗東・松下武士厩舎)が優勝。松下厩舎は嬉しいJRA重賞初制覇、デムーロ騎手はこれで6週連続日曜メインレース勝利と絶好調だ。
 その一方で、単勝1.8倍の1番人気に推されながらも2着に敗れたレーヌミノルの主戦・浜中俊騎手の騎乗にネット上からは数多くの疑問が集まっている。
 無論、1番人気で敗れることは決して珍しいことではない。ただ、その敗れ方が「あまりにも酷い」と述べざるを得なかった。元騎手で現在は競馬評論家の安藤勝己氏は、レース後即座に『レーヌミノルの乗り方は酷かった』とツイート。
 これまでよりもやや後ろからの競馬となったレーヌミノルは、勝負所の3、4コーナーで抜群の手応えのまま外から進出を開始。最後の直線入り口で浜中騎手がスパートを掛けると一気に先頭へ躍り出た。
 しかし、ここから急激に内側へ斜行。先頭争いをしていたベルカプリやジューヌエコールの進路を遮るような動きで内ラチまで移動すると、そのままラチを頼りに粘り込みを図ったが、最後の最後でカラクレナイに差されている。
 この騎乗に、ネット上の掲示板やSNSでもファンから批判的なコメントが噴出。被害を受けたジューヌエコールの北村友一騎手は「直線で加速するところでブレーキを掛けるような不利がありました。残念です」と唇を噛み、その後ろで行き場を失ったフラウティスタの福永祐一騎手も「直線での不利が痛かった」と悔しがった。
 そんな中、何より多かったのが「また、浜中か」という声だ。

次のページ 浜中騎手は2人の恩師を裏切った?

 浜中騎手は昨年11月のマイルCS(G1)をミッキーアイルで勝った際も、今回と同じように先頭に立ったところで斜行し、多くの馬に被害を生んだままゴール。結果的に斜行が認められ浜中騎手には「23日間の騎乗停止」という重い処罰が課されたものの、現在のルールで降着にはならず、マイルCSを制したという経緯がある。
 あれから、まだ4カ月。浜中騎手は今週発売したばかりの『週刊ギャロップ』(サンケイスポーツ)の自身のコラムで、乗馬を教えてもらった恩師となる千島俊司さん(立石熊野神社宮司)と対談。昨年のマイルCSでの騎乗停止処分について「申し訳なかった」「クリーンに乗るという当然のことを忘れていた」「自分の責任を感じていろいろと考えた」と恩師に反省の弁を語っている。
 さらに浜中騎手の「もう1人の恩師」であり、12日の『競馬BEAT』(関西テレビ)に出演した師匠の坂口正大元調教師は、フィリーズレビューの予想で「ハマ(浜中騎手)の調子があまり良くないから、ここを勝って流れを変えてほしい」と弟子の成功を祈ってレーヌミノルを本命に......。
 繰り返された"斜行劇"は、その矢先の出来事だった。
 最終的に浜中騎手は、またも降着とはならなかったもの18日から25日まで8日間の騎乗停止処分。レース後、マスコミの呼び掛けにも応じず、終始無言を貫き、最後に「もういいでしょ」と一言残して立ち去ったという。
 同時に2人の師の思いを裏切り、またも"失敗"を重ねてしまった浜中騎手。無論、本意でないことは明らかだが、それでも結果が問われるプロとしてはあるまじき結果となってしまった。今回の騎乗停止は20日の月曜開催もあって8日間となったが、それにも再度の失態に対して「短すぎる」という声もある。
 元は競馬界随一の甘いマスクに「ポスト武豊」と言われていた有力騎手。今回でさらに批判的な見方が強まる結果となったが、大いに反省し、また以前のような華のある騎乗で競馬界を盛り上げてほしい。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年03月12日() 14:33
3月12日のWIN5予想
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 6

今日もせっせとWIN5の予想をば。

【阪神10R 甲南S】キ
【中山10R 東風S】
【中京11R トリトンS】き
【阪神11R フィリーズレビュー】Ν悪
【中山11R 中山牝馬S】
3×1×3×3×2=54

10頭立ての割に難しそうな甲南S。ミルコは切れないとして、クラス慣れしてきたコンセギールとシャイニービームに期待してみる。

東風Sは明らかに東京>中山のグレーターロンドンの頭の受け入れを拒否して、横山典・.潺奪ージョイで勝負。京都金杯からの条件替わりはプラスでしょ。

トリトンSは混戦ムードだからこそ、敢えて人気の4歳馬を。初芝で1000万下を突破したロードセレリティは強い気がする。

今回の最大の焦点はフィリーズレビューのレーヌミノルの頭の受け入れ拒否w
そりゃ確かに誰が見ても距離短縮はプラスだけど、そのプラスの根拠って小倉2歳Sの6馬身差の圧勝にあるんでしょ?
現実として1400では勝っていないわけだし、一応、桜花賞にも未練はあるんでしょ?
これが「ここを勝っても桜花賞には出走しないでサマースプリントを狙います」と逆に清々しいほど賞金稼ぎに特化するコメントでも出ていれば話は別だけど、やっぱり桜花賞は意識しているよね?
で、『浜中が折り合いを意識してタメすぎる』ってつい最近にもそんな話なかったっけ?w
(↑ミッキーアイルのことね)
もちろん馬券圏内の可能性は高いけど、頭まではどうなのよ?ということですよ。

思った以上にカラクレナイが売れているのが誤算だけど、やっぱりミルコは切れない。
でも◎は現実に阪神1400でオープンを勝って、なおかつ重賞勝ちもあるΕ献紂璽魅┘魁璽襦
あと未勝利戦でアドマイヤミヤビの2着があるベルカプリまで押さえる。

中山牝馬Sはマジックタイムの軸でいいと思うけど『ハーツクライ産駒の1番人気』というのが引っ掛かる。
なので明らかに条件が好転するビッシュとの2頭で。

断然人気の2頭を消しているので、この組み合わせならいい配当になるでしょう♪
当たるといいな(^^)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年03月05日() 23:45
トーキングドラム高松宮記念 
閲覧 15ビュー コメント 0 ナイス 1

阪急杯優勝馬トーキングドラムが手のひら返しで高松宮記念参戦を表明!背景にはやはりスプリント路線「空前絶後」の低レベルが......─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年3月4日 21時30分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2750.html

関係者の目から見てもやはり、今のスプリント路線は「手薄」なのだろう。
 先週行われた阪急杯(G3)を優勝し、重賞初制覇を達成したトーキングドラム(牡7 美浦・斎藤誠厩舎)。7番人気という低評価だったが、シュウジやロサギガンティアをまったく相手にしない完勝を収めただけに、今後の目標をどこに定めるのか注目されていた。
 阪急杯というレース自体は、3月末に開催される春の短距離王決定戦・高松宮記念(G1)の前哨戦という位置づけにある。昨年もここを優勝したミッキーアイルが高松宮記念で2着に好走しているほか、2007年のスズカフェニックスや2013年のロードカナロアなど、過去の優勝馬も多く輩出しており、トーキングドラムが同じ目標を目指すのに何の疑問もない。
 実際、2月28日の時点で同馬を管理する斎藤誠調教師は日刊スポーツの取材に対し、「いい勝ち方だったし、今ならチャンスがありそうです。しっかりケアしていきたい」と答えている。
 例年なら普通のことであるべき今回の報道。しかし、多くの競馬ファンはこのコメントに対し、心のなかで「なんじゃそりゃ!」とツッコミをいれたはずだ。
 それというのも前日まで、「トーキングドラムは高松宮記念に出走しない」という報道が同じ日刊スポーツからしっかり出ていたからである。
 27日の記事によると、「トーキングドラムは優先出走権を手にした高松宮記念(G1、芝1200メートル、3月26日=中京)には向かわない見通しで、スプリント王争いはますます大混戦となりそうだ」と記載されており、この時点までは回避の方向で動いていたことが明確に見通せる。

次のページ 不動の本命は一頭もおらず

「おそらくはじめは陣営にも、高松宮記念出走の意志はなかったのでしょう。トーキングドラムは今回の阪急杯が重賞初出走。それまではオープンでも4着が最高着順という、いわばタイトルに縁のない馬でした。たとえ優先出走権を得たとしても、本番での好走は厳しい。そのように考えるのは当然といえます。
 しかしスプリント路線は現在、過去にも例を見ないほどの大混戦です。昨年の高松宮記念覇者ビッグアーサーやシルクロードS勝ち馬ダンスディレクターの回避がすでに決定しているなど、中心を担う【主役級】は不在。いるとすれば昨年のスプリンターズS優勝馬レッドファルクスでしょうが、期待を背負って向かった昨年の香港スプリントで惨敗し、今回も香港以来のぶっつけ本番となると、不動の本命とは到底言えません。
 そのような状況を鑑みて、陣営は考えを改めたのではないでしょうか。『今の状態ならうちの馬でも通用するかもしれない』そう思いなおしても不思議ないくらい、逆に言えば今のスプリント路線のレベルは低いということです」(競馬記者)
「手のひら返し」で急遽大舞台への参戦を決めたトーキングドラム。果たしてスター不在のスプリント界の新星となれるか。年齢は7歳となかなかのベテランでも、ニューカマーのつもりで本番へ臨んでもらいたいものである。

[もっと見る]

 パトラッシュ 2017年03月03日(金) 17:38
オーシャンはレッドアリオンで
閲覧 29ビュー コメント 0 ナイス 2

実績馬が、近走冴えない一方、新興勢力は、オープン特別でコップの中の争い、ってイメージですかね。
先週の阪急杯から難解な予想を迫られます。
先週は、内からトーキングヘッズが抜け出して、そのまま粘り切ってしまったように、仕上げや展開ひとつで、どうにでもなる。
今週はメラグラーナが、人気でナックビーナスがこれに続くことになりそうですが、伊吹さんが指摘されてるように最近牝馬はさっぱり、ナックビーナスは馬体重の点でも買いにくいです。
データが全てではないですが、そもそも一線級との手合わせは、これから。ポテンシャルといった点でも不安があります。
同じことはクリスマスにも言えるので、なかなか狙いがつけにくい。それで、冴えない中でも、実績馬から狙い目を見つけたいと思います。
まず、スノードラゴンですが、これは、さすがにこの程度のメンバーですから、人気の一角にはなるでしょうし、ミッキーアイル、アルビアーノあたりがいなければ、本番でも十分勝負になりそうで、試運転でしょうから、ちょっと軸にはしにくい。
となると、スプリントでは、なかなか結果が出せていませんが、レッドアリオンを狙おうと思います。
この馬、スプリングG1で二桁着順が続いてますが、着差は、0.5秒、ひとつ間違えばwという着差ですし、その他のレースも、G2セントウルステークスは、今回と同斤でビッグアーサーと0.4秒差の6着、あとは重賞で58キロが普通の負担重量、さらに田辺さんが乗ってくるということで、十分狙いは立ちます。
買い目は、8番軸の三連複、手広く、アースソニック、ブレイズアトレイルまで含めて、あと、そこでカバーしきれない馬もワイドで抜けのないよう買います。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年02月26日() 18:34
「まるでG3」の高松宮記念 
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 1

JRAも頭を抱える!? 「まるでG3」の高松宮記念に悲嘆の声続々。有力馬の相次ぐ故障で......─GamblingJournal ギャンブルジャーナル / 2017年2月24日 16時00分
http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2681.html


  これがG1といえるのだろうか。

 3月末に開催される春のスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)。ここ数年ではロードカナロアやカレンチャン、キンシャサノキセキが勝利するなど、年によって偏りはあるものの多くのファンが注目するレースである。

 しかし、今年の注目度は、近年でも最低になりそうな雰囲気だ。

 23日、前哨戦であるシルクロードSを連覇したダンスディレクターの骨折が判明し同レースを回避。さらに25日には、昨年覇者のビッグアーサーが脚部不安で回避を発表。海外馬の出走可能性もなく、いきなりの「飛車角落ち」の状況である。

 残るは、昨年のスプリンターズSを制したレッドファルクス、最強4歳世代のスプリント代表シュウジなどが主だったところだが、やはり今一つパンチに欠ける印象は否めない。

 一部では「これではG3だ......」「ロードカナロアの時代が懐かしい」など、ただでさえ主役不在の印象を受けるスプリント路線がさらにやせ細っていると感じた人は多い様子。

「スプリント路線は、それこそロードカナロア以降は明確な主軸がいませんね。ミッキーアイルはいましたが、マイルとの併用でしたし、勝利したG1もマイルのみ。これだけ地味なメンバーになってしまうと、馬券売上にも影響が出かねません。JRAも頭が痛いのでは」(競馬記者)

 頼みの綱は、それこそ「他路線」にしかないという声もある。

 最近はマイルを中心に走っているイスラボニータは、昨年末に1400mを走り一定の結果を残した。ヤングマンパワーは先の東京新聞杯(マイル)を惨敗したが、血統を見ればスプリントこそ真価を発揮できるのでは、という声もある。こういったところが集まれば、主役とまではいかずとも一定の層の厚さは確保できるのだが......。

 このままでは「なんちゃってG1」になってしまいそうな今年の高松宮記念。強豪の「サプライズローテ」に注目したいところである。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年02月25日() 18:16
阪急杯・中山記念・すみれSの予想の巻
閲覧 14ビュー コメント 0 ナイス 1

☆中山記念の予想☆
馬場状態
第1回中山競馬終了後、馬場表面の凹凸整正及び肥料散布、約2週間のシート養生を実施しました。芝は概ね順調に生育しており全体的に良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:良馬場の場合は、1分46秒台の決着に対応できると無難かも。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:好位〜中団までで競馬できる馬がよさそう。
人気:1着馬5頭は、1〜3番人気馬。(4番人気以下の1着なし)
斤量:斤量は気にしなくてよさそう。

予想
中山1800mで開幕週の良馬場なんで、過去の傾向を信頼して、
時計の出る馬場にも対応できる軽快さ
小回りコースでも好位辺りで競馬ができる器用さ
持久力勝負での対応力
などを基準に絞り込んでいきたいです。

☆結論☆
◎リアルスティール
3勝全てが1800m、ドバイでも1800mのGI勝ってるんで距離はベスト、2000m以下で見ても(3.3.1.1)の抜群の安定感。
好位〜中団ぐらいで競馬できるから器用さ問われるコースも問題なさそうやし、瞬発力勝負向きですけど持久力勝負でも対応できると思うんで大丈夫そう。
このレースは58kgの馬も問題ないし、休み明けでもきっちり勝ってほしいです。

☆中山記念 買い目☆
リアルスティールの単勝1点か、リアルスティールから相手を2〜3頭に絞って馬連流しか迷いました。
アンビシャスとの組み合わせで決まったら激安なんで馬連1点で当てないと利益ほとんど出ないけど、アンビシャスを消す勇気はないし、2頭とも休み明けなんでアンビシャスとの馬連1点勝負する自信もないんで馬連買うのはやめました。

リアルスティールの単勝にもっと人気集中すると思ったけど、休み明けで58kgなのもあってか、3倍以上もつきそうなんで、ここは単勝できっちり当てたいです。

単勝 4(リアルスティール) 5000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆阪急杯の予想☆
馬場状態
第5回阪神競馬終了後、レースにより傷んだコース内側を中心に洋芝を追加播種し、1月中旬より約4週間全面シート養生しました。1月から2月にかけて厳しい冷え込みが続きましたが、シートの保温効果もあり芝の状態は概ね良好です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:良馬場だと、1分20秒台の決着に対応できる軽快さが必要。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:良馬場だと、5番手以内で競馬ができる先行力が必要。
人気:1着馬5頭中、1番人気2頭、2番人気2頭。1・2番人気馬は信頼できそう。
斤量:57kgまでがいいのかな。

予想
阪神1400mって内回りだけあって、スピードと持久力が問われるイメージですけど、過去の傾向でもそういう傾向が出てるんで・・・
1200mにも対応できる高いスピード能力
持久力勝負での対応力
は重視したいです。

あとは、開幕週の良馬場なんで、
時計の出る馬場にも対応できる軽快さ
好位辺りで競馬できる程度の先行力
も考慮して本命馬選ぼうかな。

☆結論☆
◎シュウジ
同じ条件の阪神C1着、1200mのGIでも通用する高いスピード能力、先行脚質、持久力勝負OKで過去の傾向にピッタリ合うし、1・2番人気馬が強いレースなのもいいんで、GIへの前哨戦とはいえ開幕週の馬場でこのメンバーなら先行してすんなり勝ち切ってくれるかな?

〇ミッキーラブソング
1400mと1200mのOPで好走実績あるし、去年の阪急杯でもミッキーアイルの0.1差4着なんで今年のメンバーなら上位争いかな?

☆阪急杯 買い目☆
シュウジがめちゃめちゃ人気してるんで、これ本命になっちゃった時点で当ててもあまり儲からなさそうで購入意欲がかなり下がっちゃいました。


ミッキーラブソングは重賞だと勝つよりは2・3着かな〜って馬なんで、ワイド1点だけでもいいかな?

ワイド 7−8 2000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆すみれSの予想☆
馬場状態
第5回阪神競馬終了後、レースにより傷んだコース内側を中心に洋芝を追加播種し、1月中旬より約4週間全面シート養生しました。1月から2月にかけて厳しい冷え込みが続きましたが、シートの保温効果もあり芝の状態は概ね良好です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:気にしなくてよさそう。
展開:少々の瞬発力勝負に対応できると無難かな。
脚質:先行馬が勝ちやすい。
人気:1着馬5頭中、1番人気2頭。 4・5・6番人気1頭ずつ。
斤量:1着馬は全て56kg。

予想
7頭立てで、
芝で1勝した馬:7頭中5頭
芝で2勝した馬:7頭中2頭だけ。

少頭数で当てても安そうやし、キャリア浅い馬達なんで力関係まだ未知やし、これは穴狙いする人以外は買っちゃいけないレースかも。

過去の傾向と7頭立てってことを考慮して、少々の瞬発力勝負に対応できる馬を探すと、
ダノンディスタンス、キセキって、これ高確率で1・2番人気になりそうな2頭・・・。

こんな予想結果になってしまったら、もう買っちゃいけませんが、予想したんで買い目だけ書いておきましょう。

☆結論☆
◎ダノンディスタンス
阪神や京都の内回りの2000mで先行できてるし、少々の瞬発力勝負にも対応できるし、若駒S2着なんでここなら勝ち負けかな。

〇キセキ
阪神内回りと距離延長がどうかな〜ってとこあるけど、瞬発力あるんで勝ち負け期待で。

☆すみれS 買い目☆
このレースは、上の2頭が上位評価になった時点で買っちゃいけないレースだと思うんで、負けてもほぼ無傷ですむように・・・。

3連単 5−6−1・2・3・4・7 各100P 合計500P


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(土曜日の結果報告)☆
総武S リーゼントロック・・・14着

15頭立ての14着って・・・。
ぼくとしては、すごく真面目に指名してるんですけど、先週のマイネルハニーに続いて、ここ最近ちょっと複勝ころがしの精度がひどいですね(笑)

投資1000Pが0Pになっちゃいました。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
中山記念 リアルスティール

本命馬ですし、もう、最近の指名馬の着順がひどすぎるんで、とりあえず1度当てて流れを変えましょう。

☆買い目☆
複勝 4 1000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
超おいしいと思う馬を見つけたら下のコメント欄に書いておきます。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
あまり寝れなかったのでめちゃめちゃ眠いです。
(予想は真剣にやりました)

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年02月25日() 05:15
仁川で伯父に捧げる弔い合戦!〜POG第39節〜
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 10

今週のPOG戦線には3頭が出走。
来月の戦いを見据えると重賞戦線での手駒が少ないために、今週は3戦3勝を狙いたいところです。

【出走】
・2月25日 中山3R
☆トワードポラリス(戸崎圭太騎手)
前走は1番人気を裏切ったトワードポラリスが仕切り直しての登場です。

トワードポラリス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 6ベスト美南W稍 68.7 53.6 39.3 13.5[6]強目に追う
 助 手 ■美南W良 53.8 40.2 13.9[5]一杯に追う
 助 手 ◇美南W良 53.5 39.0 13.6[7]G前仕掛け
  2. 4 美プール
 助 手 2. 5美南W良 59.7 44.8 15.6[4]馬なり余力
 助 手 2. 8美南W良 89.0 72.9 57.4 41.6 15.6[6]一杯に追う
       ハートリッチ(三未勝)馬なりの内を0.4秒追走2.5秒遅れ
  2.11 美プール
 助 手 2.12美南W良 57.8 43.4 15.6[7]馬なり余力
       スピニングスターズ(新馬)馬なりの外同入
★助 手 2.15美南W良 86.0 70.6 55.6 41.6 14.9[7]一杯に追う
       サンチェサピーク(三未勝)馬なりの外を0.4秒先行1.5秒遅れ
 助 手 2.19美南W稍 58.7 43.5 15.4[6]馬なり余力
       スピニングスターズ(新馬)馬なりの内同入
☆助 手 2.22美南W良 52.8 38.5 13.0[8]一杯に追う
       エビスリアン(古500万)馬なりの外を0.3秒先行同入

立て直したとは言っても8日と15日の時計は終いバタバタだったので半信半疑ではあります。22日の時計で“間に合った”という感じではありますけど(^^;
他の馬のことをどうこう言える立場でもないですけど、権利持ちが2頭しかいないのでメンバーレベルはそんなに大したことはない。チャンスはあると思います。
多少なりとも人気落ちにはなるので馬券的には狙えるタイミングです。そんなに大きな馬ではないので、月曜日と木曜日に雨があってとりあえず稍重で発表されている馬場は、仮にレースの頃に良馬場発表になっていたとしても、晴天続きで明らかにパサパサだった前回と比べたらプラス材料。問題は4枠7番という枠順。内過ぎるわけではないけど、かといって揉まれない保証がないわけでもない。ただ、メンバー的にはハナを切るシーンまでありそうな組み合わせなので『期待値』を考えるなら面白さはあるでしょう。
いずれにせよ戸崎で3戦目なので、ここはなんとかしたいですね。

・2月25日 阪神11R アーリントンC
☆ペルシアンナイト(ミルコ・デムーロ騎手)
今週の、というより今シーズンの命運が懸かっているのがペルシアンナイトが出走するアーリントンCです。重賞勝ち馬3頭を差し置いて夜中の段階で1番人気。ポルトフィーノ、ダローネガ、ミッキーアイルに続いて指名馬4頭目のアーリントンCでの1番人気ですw

ペルシアンナイト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.12ベスト 栗CW稍 80.0 64.8 50.1 37.5 12.2[5]一杯に追う
 助 手 ■ 栗CW良 53.7 38.5 11.6[7]一杯に追う
 助 手 ◇ 栗CW良 54.4 39.5 12.2[7]馬なり余力
 助 手 2. 9 栗坂重 1 回 64.2 45.9 29.5 14.4 馬なり余力
 助 手 2.10 栗CW不 82.6 67.7 52.7 39.3 12.4[6]直強目追う
 助 手 2.12 栗坂稍 1 回 60.1 44.2 29.4 14.3 馬なり余力
★西 谷 2.16 栗CW稍 81.8 65.5 51.2 37.5 12.0[7]一杯に追う
       プロフェット(古オープン)一杯の内を0.8秒追走0.1秒先着
 西 谷 2.19 栗坂稍 1 回 55.1 39.5 25.7 12.6 馬なり余力
 助 手 2.21 栗坂重 1 回 64.7 46.5 30.0 14.1 馬なり余力
☆Mデム 2.22 栗CW不 52.4 38.3 12.1[7]馬なり余力
       シルバーポジー(古1000万)馬なりの内を1.1秒追走0.1秒遅れ

状態は万全だと思います。
ちょうど1週間前に亡くなったゴールドアリュールは母の全兄ですから、フェブラリーSで(ゴールドアリュール産駒の)ゴールドドリームが弔い合戦的なことを言われていたけど、こちらこそが本家本元の弔い合戦。なので絶対に負けられない戦いなのであります。

こっちの星勘定的にも、この重賞戦を勝ってもらわないと今シーズンの先がジリ貧の一途を辿るだけになってしまうので、ここはなんとしても勝たないといけない一戦。
1番人気にはなっているけど、人気は要りません。1着だけが欲しいのです!

・2月26日 中山5R
△オーシャンティ(田中勝春騎手)
日曜日の中山の牝馬限定の未勝利戦に△オーシャンティが出走します。

オーシャンティ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト美南W稍 70.1 55.5 40.4 13.4[8]馬なり余力
 田中勝 ◇美南W良 73.1 57.0 41.6 14.2[6]馬なり余力
 助 手 2. 8美南坂良 2 回 57.1 41.9 27.8 13.9 馬なり余力
 助 手 2.12美南坂良 2 回 56.2 41.4 27.4 13.7 馬なり余力
★助 手 2.15美南坂良 2 回 54.9 40.5 26.4 13.1 強目に追う
 助 手 2.19美南坂稍 2 回 55.9 40.4 26.3 12.9 馬なり余力
☆田中勝 2.22美南W良 54.2 39.9 14.0[8]G前仕掛け
       バーンザブリッジ(三未勝)直強目の内を0.6秒追走0.4秒遅れ

調教の時計は可もなく不可もなく、というところでしょうか。
権利持ちが6頭という組み合わせなのでオーシャンティが一角崩しをするチャンスは十分あると思います。相手もデコラスほぼ1頭だから、この馬の追撃を凌ぐ形に持ち込みたいですね。
馬体重は増えているに越したことはないですね。減っているとマズイけど。あと枠順に関してはどこでもいいとは思っています。
いずれにせよ、この時期の牝馬限定の未勝利戦にありがちな『エグい』組み合わせではないことは確か。なんとか勝ち上がってくれないかな。

【近況】
・在厩
☆レッドラシーマ(3月18日の阪神芝1400mの500万下へ)
☆ファームフェイス(2月4日の未勝利戦は2着→3月5日の阪神ダート1400mの牝馬限定の未勝利戦へ)
☆オメガドラクロワ(12月3日の未勝利戦は4着)
☆ミンネザング(2月12日の未勝利戦は2着)
△ドロウアカード(白菊賞は3着→3月11日のアネモネSへ)
△アルテーロ(2月4日の未勝利戦は3着→3月4日の小倉芝1800mの牝馬限定の未勝利戦へ)
★ダンビュライト(3月5日の弥生賞へ)
★アンティノウス(1月29日の未勝利戦は5着→3月11日の中京ダート1900mの未勝利戦をルメール騎手で)
★ラボーナ(中京のダート1800mまたは1900mの未勝利戦へ)

・放牧
☆アドマイヤウイナー(1月21日の若駒Sは5着→4月1日のアザレア賞へ)
☆サリネロ(2月11日の500万下は11着)
☆ファヴール(12月10日の未勝利戦は14着)
△アエロリット(クイーンCは2着→4月9日の桜花賞へ)
△モーヴサファイア(2月13日のあすなろ賞を快勝→4月9日の忘れな草賞へ)
△モアナ(2月4日の未勝利戦を快勝)
△オールポッシブル(2月18日の500万下は3着)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着→成長待ちから秋に備える)
△テンペスト(1月7日の未勝利戦は10着)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)


【調教】
ファームフェイス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 7ベスト 栗坂稍 1 回 53.1 38.7 25.3 12.6 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂重 1 回 53.9 39.3 25.6 12.6 馬なり余力
 助 手 2.12 栗坂稍 1 回 56.0 40.9 27.0 13.8 馬なり余力
★助 手 2.15 栗坂良 1 回 54.7 39.7 25.2 12.5 馬なり余力
 助 手 2.19 栗CW稍 43.7 13.7[9]馬なり余力
☆助 手 2.22 栗坂重 1 回 55.0 39.7 25.3 12.3 馬なり余力

アルテーロ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.10ベスト 栗坂良 1 回 53.6 39.2 25.3 12.5 一杯に追う
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 54.5 39.7 25.7 12.5 末強目追う
★助 手 2.15 栗坂良 1 回 56.8 42.9 28.3 13.9 馬なり余力
☆助 手 2.22 栗坂重 1 回 53.5 38.4 24.9 12.3 末強目追う
       レッドスイング(三未勝)強目を0.6秒追走同入

レッドラシーマ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗坂良 1 回 50.2 37.1 24.9 12.9 馬なり余力
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 55.6 40.3 26.2 12.9 稍一杯追う
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 52.5 38.3 24.9 12.4 強目に追う
☆助 手 2.22 栗坂重 1 回 57.4 42.4 28.7 15.0 馬なり余力

ダンビュライト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト 栗坂重 1 回 51.4 37.8 24.9 12.6 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂稍 1 回 52.9 39.1 25.9 13.3 一杯に追う
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 51.4 37.8 24.9 12.6 一杯に追う
★助 手 2.19 栗坂稍 1 回 59.0 44.0 29.2 14.7 馬なり余力
☆松 若 2.22 栗坂重 1 回 52.5 38.2 25.4 13.1 馬なり余力
       フィアマロッサ(三未勝)一杯を0.3秒先行0.1秒先着

ウマニティPOG的には来週は未勝利戦がアツいことになりそう。
優先出走権を持って小倉芝1800mの牝馬限定の未勝利に向かうアルテーロは、この小倉開催でも猛威を振るっているハービンジャー産駒。もちろん勝ち星を計算しています。
同じく優先出走権を持っていて、こちらは初ダートに挑むファームフェイスは、祖母がゴールドアリュールの全妹になるのでペルシアンナイトの姪になるわけですね。というわけでこちらも弔い合戦になります。芝で得た権利をダートで行使するパターンはあまり好きではないけど、組み合わせにはかなり恵まれると思うのでここは必勝でお願いします。
ところでここ2走はミルコなんだけど、ミルコって弥生賞に乗り馬いるのかしら?いなけりゃ続投希望だけど、ミルコが中山に行っちゃうのであれば笹田厩舎だし豊さんがいいな。都合よく大阪にいるので朝イチでも見に行きたいけど、問題はその時間に起きているかな。

このように来月は重賞級はいないけど、リーチのかかった馬なら何頭かいるのでそれぞれにキッチリと決めてもらいたいところ。
そしてちゃんと馬券でヒモを捕まえようね、俺。

[もっと見る]

1件中 1-1件目を表示

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。