ロゴタイプ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

ロゴタイプの口コミ


口コミ一覧
閲覧 275ビュー コメント 0 ナイス 13

2018年 スプリングS、阪神大賞典
_________________

●スプリングS

昨年のアルアインや2014年-2016年の皐月賞馬イスラボニータやドゥラメンテ、ディーマジェスティのように、近年は皐月賞トライアルを使わない馬が皐月賞馬になるのがトレンド。

その一方、スプリングSの勝ち馬からは、2015年のキタサンブラック、2013年のロゴタイプ、2011年のオルフェーヴル、2009年のアンライバルドなど、古馬になってからも一線級で活躍する超大物が誕生しています。(オルフェーヴルが優勝したスプリングSは、阪神芝1800mで行われたもの)

思えば、オルフェーヴルの快進撃もこのレースから始まりました。弥生賞はそれまでの実績馬が集いますが、スプリングSはこれまでマイル路線を主体に使われて来たオルフェーヴルやロゴタイプのような馬や、キタサンブラックのような年明けデビュー馬が、弥生賞以上に出走してきます。

もちろん、中距離路線組も多く出走し、それらが勝ち負けすることも多いですが、その場合は弥生賞よりもレベルが低いことが多く、ほとんど皐月賞には繋がっていません。今年はマイル路線を主体に使われて来た馬や年明けデビュー馬は不在ですが…。

また、このレースは同距離コースで行われる中山記念とは異なり、2コーナーから向こう上面にかけての下り坂でペースが上がらず、比較的に前が残りやすいペースになっているのがポイント。

向こう上面でペースが上がったのは、2013年と昨年のみ。昨年は逃げたサウンドテーブルが勝ち馬から離されること3.4秒差の最下位に敗れたように、完全に前か崩れました。2013年は逃げ、先行馬が2桁着順に大敗する中、ロゴタイプが先行押し切り勝ち。そのロゴタイプは、見事、皐月賞馬となりました。

3歳馬にとって先行して向こう上面でペースを上げ、押し切るというのはそれほど苦しいことなのです。だから中緩みすることが多く、結果的に前を残らせてしまうことが多いのです。今年は逃げて厳しい流れに持ち込んだ実績があるコスモイグナーツやエポカドーロなどが序盤からペースを上げて、平均ペースに持ち込もうとするとは見ていますが、向こう上面で極端にペースが上がることなく、逃げ、先行馬でもがんばれると見ています。

その理由として、昨年のエトルディーニュのように、向こう上面で位置を上げて一発を狙てきそうな馬がいないから。テンが遅いながらもいい脚を持続させることが出来るステルヴィオのような馬が、皐月賞に出走できないとなると厄介でしたが、同馬はすでに賞金が足りている状況下。普通に乗って上位着順を拾ってくる可能性が高そうです。1番人気のこの馬が向こう上面で動かなければ、後続も動かない可能性が高いので、逃げ、先行馬でもがんばれるという前提で予想を組み立てました。


●阪神大賞典

阪神大賞典は、春の天皇賞へ繋がる古馬長距離路線の重要レースだったのですが…昨年より、G1・大阪杯が新設されたことにより、天皇賞よりも大阪杯を目指す馬が多く、一気にメンバーが手薄となりました。

昨年は、サトノダイヤモンドとシュヴァルグランの参戦によって例年のレベルは保たれたのですが、ワンアンドオンリーが3番人気に支持されるメンバー構成。さすがの私でも◎サトノダイヤモンド、○シュヴァルグランにせざるを得ないメンバーでした。

しかし、今年は、サトノダイヤモンドは先週の金鯱賞に出走し、シュヴァルグランはぶっつけ本番で大阪杯に挑む形。このため一気にメンバーが手薄となり、G1勝ちの実績がないクリンチャーが1番人気、G1では歯が立たないアルバートが2番人気に支持されるというメンバー構成になりました。

クリンチャーは休養明けの前走・京都記念を自己ベストのPP指数で優勝しているだけに、今回で二走ボケを起こす可能性もあります。それに今年の京都記念は、雨の影響を受けて、クリンチャーの得意とする時計の掛かる馬場状態でした。阪神の軽い馬場にどこまで対応できるかという疑問もあります。

また、アルバートは今回が始動戦。あくまでも叩き台の一戦だけに、昨日の若葉Sのタイムフライヤーのようにドボンする可能性も十分あるでしょう。

ここはメンバー的にも、実績馬のローテーション的にも波乱の要素が満載。これまでこのレースは、馬連3桁配当で決着することが多く、穴党にとってはくだらないレースでしたが、今年は面白そう。ここは大波乱も視野に入れて、予想を組み立てます。

 山勘のマサ 2018年3月8日(木) 18:56
今週のPOG馬2頭出走(12週連続出走継続中) 
閲覧 89ビュー コメント 0 ナイス 12

ウマフレ・会員の皆さま、コンバンワ^^

今週も2頭の出走です。お陰様で今週で12週連続出走です。

2勝目が遠いですが 今週は期待をと思っています。


3月10日(土曜日) 

【中京競馬場】

2R 3歳未勝利 ダート・左 1800m サラ系3歳未勝利 牝 [指定] 馬齢

★フェイスマーク 父:ローエングリン 母:ステレオタイプ 母父:サンデーサイレンス

2戦[ 0- 0- 0- 2] ここ2レースは10着、15着と不甲斐ない競馬をしております。

ロゴタイプの全妹馬 ロゴタイプもそうでしたが・・・晩成型の競走馬なので

もうソロソロ熟しても良さそうな頃と思っています。

前走は江田照男騎手から木幡巧也騎手に乗り換えの変わり身に期待しています。


3月11日(日)

【中京競馬場】

10R 昇竜ステークス  ダート・左 1400m サラ系3歳オープン (混合)(特指) 別定

★ゴールドクイーン 父:シニスターミニスター 母:サザンギフト 母父:タイキシャトル

2017/08/12 フェニックス賞 OP以来、左前脚のひざの剥離骨折の手術を受け、

7ヶ月のブランク その間にどのような成長をしているのか楽しみですが

脚の故障からあの脚質を見られるのかが今回の復帰戦で解ると思います。

2戦2戦[ 2- 0- 0- 0]負け無し2連勝での怪我明けの松若風馬との復活コンビ。

骨折休暇明けの初戦以前より成長した姿を見たい物です。

今回の2頭で勝利を導く事を信じたいと思います。

POG馬が2頭無事に怪我無く完走することを

祈りつつ入賞目指して頑張って欲しいと思います。

POG馬を信頼して精一杯応援したいと思います。

写真はゴールドクィーン、画像はサイトから拝借。

[もっと見る]

 landr 2018年1月3日(水) 00:09
2018_中山金杯
閲覧 118ビュー コメント 0 ナイス 4

過去の結果と予想。

2017 ツクバアズマオー
 ◎トミケンスラーヴァ(6着)○ツクバアズマオー(1着)▲シャイニープリンス(3着)
2016 ヤマカツエース
 ◎スピリッツミノル(7着)○ブライトエンブレム(6着)▲フルーキー(3着)
2015 ラブリーデイ
 ◎マイネルミラノ(15着)○ロゴタイプ(2着)▲マイネルフロスト(6着)
2014 オーシャンベリー
 ◎サクラアルディート(9着)○ディサイファ(3着)
2013 タッチミーノット
 ◎タッチミーノット(1着)○ダイワマッジョーレ(5着)

び…微妙。
時計的には、ラブリーデイの年がレコードで、ラブリーデイ・ロゴタイプというG1馬(ラブデイはこの年にG1勝ち)がトップハンデものともせず。ただ、この時に引っ張ってレコード出したのはマイネルミラノの仕業。そして、今年もミラノが出てくる。
ただ、マイネルミラノは楽逃げできるメンツではあるものの、さすがに一時期ほどの脚は見せておらず、格好の目標にされるのは間違いない。

△アウトライアーズ
 ウインブライトとは差がない。しかし、ブライトが前目で競馬できるようになってきた反面、こちらは後方脚質。ただし、久々で24キロ増の前走は度外視してよく、ブライトとハンデで2キロ差ついたことはかなり魅力ではある。スローを後方から外差しが最もイメージできる馬

○ウインブライト
 持続戦には強い。前走もマイネルミラノとプリメラアスールがいてこそ。それゆえに展開面から推しづらい馬である。ただし、このメンツの中ではもっとも順当。

カデナ
 弥生賞勝ちはあるものの評価できない内容で、ここじゃない感がすごい

ケントオー
 中山初見参ですか。そう大負けしているわけではないので上手く立ち回って掲示板はあってもいい。買いませんが。

ショウナンマルシェ
 前目前目でハンデ活かしてどこまで、と言ったところ。

ジョルジュサンク
 スローに落ちてナンボな馬で、さすがに重賞では・・・

ストレンジクォーク
 良馬場2000しか走らない馬で条件は合う(前走は重馬場で人気馬が差せなかっただけ)。しかし、51キロでもない限り、拾うことはなさそう

×セダブリランテス
 よくわからないのがこの馬だが、これまで強いと思えたことはない。アル共3着が取り上げられることと思うが、基本的にスワーヴリチャードが抜けただけのレースで、2着に条件馬のソールインパクトが入っていることからレベルは推して知るべし。持続先行なら、ウインブライトの方が上。

◎タイセイサミット
 スローになった時の決め脚はある馬。休み明け叩かれて上昇してくるだろうし、買い材料は多い。

ダイワキャグニー
 買うか買わないかで言えば、これだけ府中と中山で成績に差が出ているならば、買わないが妥当。
 毎日王冠とキャピタルステークスは前がひっぱった結果であり、純粋なキレでは、タイセイサミットの方を買いたくはなる。

デニムアンドルビー
 これも厳しい流れで脚伸ばしてくる馬。というか、現役続行なのか。

トーセンマタコイヤ
 中山で強かったのは3年前の話。今は左回り特化っぽい

パリカラノテガミ
 さすがにいらんだろ

フェルメッツァ
 大負けは食らっていない馬ではあるが、オープンはきついかな。

×ブラックバゴ
 もともと中山コースは強い馬。ただ、脚質やハンデを考えると一生懸命買う馬でもないような。

×マイネルミラノ
 オールカマー4着と言う実績があるのだから、ここはスローに落としてくる。ただし、やはり逃げ残りまでは考えにくく目標にされて惜しい4-5着が関の山ではないか

▲レアリスタ
 スローの決め脚になればこの馬なのだけど、これだけ中山と府中で成績が違うとね。ただし、スロー展開で押さえるならば、この馬だ。

今のところは、タイセイサミットの複。ウインブライトのアタマもあり。
ヒモで押さえたいのは、レアリスタとアウトライアーズ。

[もっと見る]

 人参好 2017年11月19日() 01:23
マイルCS
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 2

人気は6歳イスラボニータ、レッドファルクスと4歳エアスピネル。5歳勢があんまり人気がないのですね
6歳世代はワンアンドオンリーがダービー馬ですが、のちにモーリスが出てきているので世代レベルがイマイチ不明ですね。
2017年の現在だけを考えるとミッキーアイル、サトノアラジンもこの6歳世代ですのでマイル、スプリントは結果として層が厚かったと言えそうです。
エアスピネルG1は全5戦ですべて掲示板ですが、朝日杯2着、菊花賞3着が馬券内に、安田記念は5着となっています。
この安田記念ですが前半3F33.9、前半5F57.1とロゴタイプが逃げて先行勢を掃除、このロゴタイプ以外の先行が直線垂れて詰まって進路どりできなかったのがエアスピネル、レッドファルクス。スムーズに直線加速できたのがサトノアラジンでした。イスラボニータは7番手追走でこちらも前が空かない感じでしたが追い出しできてからは案外でした。
エアスピネルは14番手と後方、安田では内をついてモタツキあって4着なので外外であったらどうか?
安田だけをみると直線内から外大幅にロスから3着にきたレッドファルクスが上のような感じもしますが・・・

さて展開を考えるとマルターズアポジーがまずは逃げる展開に前走は前半5F57.1と安田と同じ関谷記念は57.9と逃げてますのでまずは同じような展開かと。
野芝と違って力のいる今の京都で同じようなタイムでの逃げであれば前はまず残りませんがG1なだけに
ペースは緩むとはちょっと考えにくいです。

であれば
 イスラボニータ 路線変更した一昨年のマイルCSは差して3着でしたがその後は先行。イスラが馬券になるときは先行決着の時が多く、今回のペースは・・・あまり合わなそう
 エアスピネル  隣がイスラで今回はムーア。まず先行するかと。イスラおよびエアが5.6番手にいそうです。

速い逃げ馬がいて、前目に上位人気が近接している…逃げるマルターズを当然捕まえに行く、馬場はオーバーペースになりやすい。
ということからして差し、追い込みも食い込みありそうな展開とみます。

イスラとエアを比べて買いたいのはエア。イスラの方が展開向かなそう。エアもムーアvsルメールの意識仕合あればとも倒れもありそうではありますね。

追込は
 ガリバリディ、グランシルク、クルーガー、レッドファルクス、サトノアラジン
 
 力では サトノ>レッド>グラン、クルーガー ≫>ガリバリディという感じかと

ここでまとめると

 ◎サトノアラジン  もうちょっと外がほしいも5番であればまずまず
 〇レッドファルクス 弟デムーロであれば
 ▲グランシルク   いい枠引いて田辺なら
 △マルターズアポジー 前残りは考慮必要か 平坦は強いがペース厳しいか
 △クルーガー    後ろからであれば
 △ペルシアンナイト マイル適正どんぴしゃかちょと不明ですがこの枠なら差しで面白そう。

展開が緩むのであれば
 イスラーエア-マルターズ
あたりがおもしろそうではありますね

[もっと見る]

 ユウキ先生 2017年10月27日(金) 21:33
☆ロゴタイプ引退なんですね~☆
閲覧 115ビュー コメント 0 ナイス 10

朝日杯FS・皐月賞・安田記念を制したロゴタイプが引退し、来年春から種牡馬になるそうです♪

新馬戦から1着→4着→3着→4着と堅実ながらなかなか結果を出せなかった日々。

しかし500万下のベゴニア賞を勝った後から朝日杯FS・スプリングS・皐月賞と連勝(^^♪

日本ダービでは2番人気に支持されました(結果は5着)

しかししかし競馬人生!?はそう上手くはいかず皐月賞制した後から16戦連続勝ち星なし。

それでも持ち味の先行力を活かしそのレースそのレースを頑張って走り切っていました!!

そして2016年の安田記念ではあの名馬・モーリスを下し約3年振りの勝利(^^)/

この時ばかりはビックリさせられました!!

今年の安田記念2着が最後のレースになりましたが、父になってもその力強く、図太い走りを仔にも受け継いでもらいたいと思います♪

おつかれさまロゴタイプ(*^-^*)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年7月12日(水) 13:35
JRAの世界進出 
閲覧 123ビュー コメント 0 ナイス 3

JRAの世界進出に海外競馬関係者が苦言......日本の国際レースが世界的評価を受けるために解決すべき「本当の問題」とは─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年7月12日 11時0分 http://biz-journal.jp/gj/2017/07/post_3820.html

あまり知られていないが、この春から日本中央競馬会(JRA)は欧州を中心にジャパンC(G1)など日本で行われる国際レースの「PR活動」を行っている。
『サドルアップフォージャパン(Saddle up for Japan)』と銘打たれた活動は、海外の主要レース当日に、開催競馬場に日本の特設ブースを開設。日本競馬の紹介映像を流し、来場者には記念品を配布するなど、現地の競馬ファンや関係者に直接的なPRを行っている。
 今年は5月28日にフランスのイスパーン賞(G1)、6月18日にもフランスのディアヌ賞(G1、仏オークス)で実施。今月29日に英アスコット競馬場で開催されるキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1)での実施をもって今年の活動の最後とする予定だ。
 無論、こうした地道な活動に「意味がない」と述べるつもりはない。ただ、果たして『サドルアップフォージャパン』にどこまでの効果が見込めるのかは、甚だ疑問と述べざるを得ないだろう。
 あえて厳しい意見を述べれば、肝心の「外国馬受け入れ」に対する根本的な問題を解決しない以上、JRAが行っていることは、世界から商品の中身を変えずパッケージだけをすり替える"箱替え商法"と揶揄されても仕方がないはずだ。

■次のページ▶▶▶ 来日した外国馬は安田記念(G1)に参戦した香港馬2頭のみ

大物外国馬が日本に来なくなった昨今、今年も上半期が終了したが、来日した外国馬は安田記念(G1)に参戦した香港馬2頭のみだった。それぞれ9番人気と12番人気で惨敗しており、とても存在感があったとはいえないだろう。
 ただ、2頭の香港馬ビューティーオンリーとコンテントメントが、決して安田記念に見合わない力不足というわけではないはずだ。何故ならこの2頭は前走のチャンピオンズマイル(G1)でワンツーを決めた、香港競馬を代表するに相応しい「勢い」も「実績」もある馬だからだ
 しかし、安田記念当日の2頭の馬体重はそれぞれ-18kgと-16kg。コンディション不良は明らかで、これで勝負になるはずもなかった。
 ちなみに、この安田記念を勝ったサトノアラジンは、昨年末の香港マイル(G1)で7着に惨敗している。その時に勝ったのがビューティーオンリーであり、コンテントメントも4着。両頭はサトノアラジンだけでなく、安田記念で2着したロゴタイプ(5着)にも先着しているのだ。
 無論、ホームアウェーや国ごとの馬場の関係もあるのだろう。だが、それ以上に香港マイル時のサトノアラジンが前走から-1kg、ロゴタイプが-2kgだったことを鑑みれば、日本と香港、どちらが外国馬の受け入れ体制が整っているのか......そしてJRAが招へいを試みている各国の外国馬にとって、日本と香港のどちらがより"フェア"なのかは比較するまでもない。
 ジャパンCや安田記念が行われる東京競馬場の国際レースに外国馬が出走する場合、成田空港に到着後、まず千葉県・白井にある競馬学校の国際厩舎で5日間の輸入検疫を受けなければならない。さらにその後東京競馬場でも2日間の着地検査が待っている。こういった特殊な形態をとっているのは、国際交流が激しい競馬先進国で日本だけである。

■次のページ▶▶▶ 国際厩舎の環境面も深刻

 また、白井の国際厩舎の環境面も深刻だ。『スポーツ報知』の取材に、東京競馬場と比較して「白井の施設は調整するのに十分ではない。故障のリスクもある」と外国人関係者が応えている。実際に、昨年の安田記念ではチャンピオンズマイルに出走したマイル王・モーリスが同様の検疫を受けたが、外国馬と同じ特殊な環境での調整を余儀なくされ、単勝1.7倍の人気を背負いながらも敗れた。
 そんな日本の現状と比較し、3年連続でドバイワールドカップ(G1)に挑戦したホッコータルマエの西浦勝一調教師は「馬運車を降りて、すぐに厩舎に入れて、調教時間の調整ができる。翌日には馬場を使用できる」と大きな差があることを明言。
 またリアルスティールやディープブリランテ、グランプリボスなどで海外経験のある矢作芳人調教師も、外国人関係者から日本の検疫問題の苦言を受けたことを明かし「香港のシャティンは競馬場で普通に調整ができる」とコメント。
 JRAが今回の『サドルアップフォージャパン』を通じて世界へPR活動を行っている努力自体は評価されるべきだ。ただ、肝心の"中身"を変えない限り、外国人関係者が目先の賞金に釣られることはもうないはずだ。
 無論、改善には検疫という非常にデリケートな問題があることは確かだ。だが、JRA延いては農林水産省は競馬の発展のために数々の法を曲げてきた歴史がある。安全性確保が最優先に議論の余地はないが、この競走馬の検疫問題こそ日本競馬が世界に近づくための最も重要なテーマだろう。

[もっと見る]

 ウマ蔵 2017年6月5日(月) 15:15
2017年安田記念メモ
閲覧 138ビュー コメント 0 ナイス 11

12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1
前3F33.9-後3F34.4
前4F45.5-後4F46.0

去年は展開スローでロゴタイプ逃げ切って勝利したことが印象深いが今回はほぼフラットでした。

1着7枠14番サトノアラジン
7番人気.ディープ産駒.池江.里見.ノーザン
6歳.上がり1位33.5.川田騎手
位置14-15.脚質差し
2016年安田記念去年4着上がり2位33.6

展開フラットで外枠で大外からの差しが決まりました。
この馬一歩一歩のストライドが大きい馬だから外枠かつ東京コースの相性がいいと思います。Cコース使用だけど馬場も内側がちょい荒れてて外伸びだったと思う。
去年も上がり2位で4着なんですね。
この馬を軽視したことが今回の敗因の1つでした。

2着8枠16番ロゴタイプ
位置1-1.脚質先行
この馬は歳を感じさせないです。
さすがG1 3勝馬ですね。
外枠からめちゃくちゃ好スタートを決めて外枠なのに内ラチゲットし終始インでレースを進め絶妙なペースでそのまま残って2着に。
フラットのペースなのに前で残っていたのはこの馬だけだったので強い競馬でした。

3着3枠6番レッドファルクス
位置14-13.上がり33.7(3位)
この馬はスプリント界からの殴り込みで前走の1400も強い内容で1600の距離不安を心配されていました。
末脚を見てびっくりしましたが最後は脚色が一緒になってしまったので1600は長いのではないかと思う。
内が開かないことを判断してミルコは外に出したんだと思うが内が空いていれば距離も持つかもしれない。

軸馬1
8着
7枠15番イスラボニータ
位置7-7
最後前が開かなかったのと馬が囲まれていく気を失ってしまったのかな?
前年5位だが今年は完全復活からの安田記念だったので連対は確実かと思ったが‥
安田記念はこの馬にとってなにかあるのか。。

軸馬2
5着
4枠8番エアスピネル
位置16-16
最初は下げてレッドファルクスと同じ位置でレースを進めて最後は凄い脚で内をすくって抜け出してきたが抜け出すのに力を使い5着。
先行すると思ったが先行しなかった。
最後外差しだったらどうだったのだろうかとたらればを言ってみたい。

4着4枠7番グレーターロンドン
位置11-11
この馬連勝馬で勢いあってG1初挑戦だったが目処はついたと思う。
父ディープ、母ロンドンブリッジ
良血馬なので今後も要注目

メモ
・いつも海外馬に気を取られるがあまり気にしない
・脚質と枠を考えて展開をもっと深く考察する


最近予想が当たらないのは予想する時間がないのを言い訳にしてるかもしれない。
実馬券の収支もヤバイことに‥。゚(゚´ω`゚)゚。

[もっと見る]

 アイざん 2017年6月5日(月) 12:54
安田記念
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 2

あ~アンビシャス。やってくれたなーー
ロゴタイプ本命だったので素直に馬連はロゴタイプから買えばよかった。
悔しいハズレです。
気を取り直して、今週はデンコウアンジュ走ります。非常に楽しみです!!

[もっと見る]

 ファストタテヤマ 2017年6月5日(月) 00:42
安田記念簡単回顧
閲覧 141ビュー コメント 4 ナイス 9

12.2 - 10.6 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.0 - 11.3 - 12.1


1着サトノアラジン

1分31秒台の追い込み決着ならと書いてはみたけど、
メンバー構成的にもスロー寄りだろうなと思って消したらこれ。

もともと緩急を付ける競馬でキレ負けしていた馬なので、
ここまでスピードに寄って前も止まる流れになればもう絶好。

次走は展開次第でまたパフォーマンスを落とすだろうし、
マイルCSも高速決着か中弛みを上手く突かないと
また掲示板までで終わる気はする。


2着ロゴタイプ

スロー寄りの馬と思っていたらこの速い流れでまさかの好走。
個人的には仮にサトノアラジンを買ったとしても
サトノアラジンがくるペースを考えるとこの馬は買えませんでした。

確かにこういったスピード競馬は
2014年のマイルCS以外経験がないので
まったく走れないと決めつけるのも早計でしたが、

ただ、そのマイルCSが見せ場のない内容だったし、
時折見せる行き脚の遅さから
あまり序盤から攻める競馬は合っていないと思ったんですが、
結果的に鞍上が意として遅らせて出していただけなのか、よくわかりません。


3着レッドファルクス

サトノアラジンと同じく
緩急のある流れでキレ負けするタイプなので、
今回の流れで突っ込んでくるのは納得。

そして戦績からもスプリンターのイメージが強い馬ですが、
もしかすると1200が逆に短いタイプなのかなとも。

中山1200なら下り坂が続くコースなので
ある程度スピードのカバーはできそうですが、
下り坂の恩恵を受けきれない展開になるようだと
今年のスプリンターズSはやや苦戦してしまうような気も。


6着ビューティーオンリー

展開としては向いたと思うが、
1分31秒台の決着ではやはり速すぎたと思うし、
東京競馬場のコース形態も結局は合わなかった。


8着イスラボニータ

スピード勝負でどの程度やれるか見たかったが、
わりと致命的な前詰まりで終了。
ルメール騎手も今回ばかりは運が無かったか。




今回はスロー想定で
ロゴタイプ・ビューティー・イスラボの馬連3頭ボックスで外れ。

そしてレースが終わってから思ったけど、
なぜスローで想定しておきながら
東京でキレ負けしそうなビューティーオンリーを買っているのか。

馬券を買うときの思考ってほんと意味が分かりません。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年6月4日() 21:41
安田記念・鳴尾記念の感想の巻
閲覧 150ビュー コメント 0 ナイス 1

☆安田記念の結果☆
収支は+18800Pでした。

宣言通り、単勝 14(サトノアラジン)、ワイド 14-8・11を買って、単勝12.4倍が当たりました!!!
1~5着まで着差がクビ、クビ、クビ、クビの大接戦だったんで、当てた!!!というよりは当たった!!!って感じでしたし、直線はワクワク・ヒヤヒヤ・ハラハラ・ドキドキでしたが、なんとかクビ差でも勝ち切ってくれたんでホッとしました。
ぼくの予想力の低さでは、2着ロゴタイプ、3着レッドファルクスはとてもじゃないけど買えなかったんで、1着馬だけ当たってればOKの単勝っていい馬券や~と、さらに単勝が好きになりました(笑)

それでは、個別にコメント書いていきましょう。

1着サトノアラジン
この馬は毎回中団後方~後方で競馬してメンバー中上位の上がり3Fで確実に伸びてくる馬なんですが、器用さに欠けるんで展開・馬場・枠順などに着順が左右されやすいんですけど・・・。
今日は、先行馬が終盤辛くなる前傾ラップ、1分31秒台が出るパンパンの良馬場、馬群に包まれる不安が少ない外めの7枠など、川田も言ってたけど、あらゆる条件がサトノアラジンにとって最高でした。
今まで国内のマイルGIでは常に0.3差以内に善戦してたのに勝てなかったけど、ようやくGI勝てて今までの頑張りが報われましたね~。
川田もサトノアラジンの持ち味を活かして上手く乗ってました。

2着ロゴタイプ
前半4Fを45.5で逃げて、終盤辛くなる流れをクビ差の2着まで踏ん張ってて、7歳なのにすごい粘りで感心したし、持ち味の先行力と持久力をフルに活かしてた田辺も上手く乗ってました。
この競馬して負けたら仕方ないと馬券買った人達も納得してくれそうな競馬だったと思います。
2着に負けたけど内容的には1着の去年とは比較にならないぐらいに高評価できる内容でした。

3着レッドファルクス
直線で外に持ち出すまでに待たされてたのが痛かったですが、あのロスがありながらよく3着まできましたね~。
去年の今頃に欅Sを勝ってダートの短距離馬だと思ったら、
去年秋にスプリンターズSを勝って実は芝の短距離馬だったのか~と思ったら、
今日の安田記念0.1差3着で実はマイルも守備範囲だったのか~って、
たった1年でこれだけイメージの変わる馬もめずらしいですが、馬の適性ってほんとにやってみないとわからないもんですね。
馬もすごいし、関係者もすごいです。

4着グレーターロンドン
約3ヶ月ぶり、重賞以上未経験でしたが、0.1差の4着まで詰めてきてたんで、GIでも十分通用してましたね~。
爪に不安があるんでレースに向けた調整もかなり難しそうですが、GIに向けて万全の調整ができたらGI馬になる可能性も十分ありそうですね。

5着エアスピネル
後方の内にいて、内から抜け出そうとしたけど、前にスペースなくてスペース開くのを待ってたんで、満足に追えたのって残り200mあったかどうかってところかな~。
個人的には、この馬は器用で能力のバランスいい反面、突出して高い能力ないんで、今日みたいな後ろ過ぎる極端な位置取りじゃなくて、好位~中団ぐらいである程度レースの流れに乗せて競馬させてほしいんですけどね~。
スタートもよかったんで、なんであんな下げたんやろ~?しかも詰まってるし・・・武豊下手に乗ったな~とガッカリしました。

6着ビューティーオンリー
1分31秒台の決着は香港馬にとっては速過ぎる決着だったかもですが、直線も頑張って詰めてきてたし、0.3差ならかなり頑張ったと思います。

7着ステファノス
7着でも0.3差なんで十分頑張ってると思うけど、ベストな距離はやっぱり2000mなのかもしれませんね。

8着イスラボニータ
ヤングマンパワーに外をふさがれて完全に行き場を失っちゃいましたが、こんな消化不良のまま終わったら馬券買ってた人はたまりませんね~。
GI3連勝中のルメールでしたが、今日は1番人気馬でこれはないわ~ってぐらい下手に乗ってました。

15着アンビシャス
こんなに負ける馬じゃないし、もっと爆発力のある末脚出せるはずなんですけどね~。
状態面が悪かったのかな?

18着ブラックスピネル
状態面なのか、実力不足なのか、斤量なのか、こんなに負けた原因はわかりませんけど、息の入らない流れで先行したとはいえ、ここまで失速するとは・・・。


--------------------------------------------------------------------------------

☆鳴尾記念の結果☆
収支は+13800Pでした。

宣言通り、単勝 9(ステイインシアトル)を買いましたが、スマートレイアーがクビ差まで迫ってくる猛追にヒヤヒヤ・ハラハラ・ドキドキしました。
当てた!!!というより、当たってよかった~~~って感じでした。

1着ステイインシアトル
武豊が逃げたからか、10頭立てだったからかはわかりませんが、1000m通過1.01.6というかなり楽な流れで逃げさせてもらえたし、コースロスなく立ち回れたし、武豊のペース配分もバッチリで上手く乗ってくれました。
もちろん今後も楽しみですけど、展開や騎手の腕で勝てた部分も少なくないと思うんで、今回重賞勝ったからといって今後も重賞でバリバリ活躍していけるかはまだよくわかりません。

2着スマートレイアー
7歳なのによく頑張ってますけど、負けた~というよりは取りこぼした~って感じもするもったいないレースだったかも。
仕掛けのタイミング次第で勝つまであったかもですが、簡単に捕まえられると油断してた部分もあったのかな?

7着バンドワゴン
個人的には、逃げ・先行させて持久力を活かして粘りこませるような競馬を見たいですけどね~。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
安田記念 サトノアラジン・・・1着

複勝なんで3着以内でOKでしたけど、1着だと爽快感がありますね~。
3.8倍ついたのもおいしかったです。

投資2000Pが7600Pに増えました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳戦、目利き対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
みなさん、いつも馬券当てた時にお祝いのコメント書いてくださって本当にありがとうございます。

馬券当てた時もうれしくてニヤニヤしましたが、
コメント欄でいっぱいお祝いしてくださったコメントを見て、もっとうれしくて満面の笑みになりました。

次の週末は、ぼくがいっぱいお祝いコメントを書く予定なので、みなさんバンバン当てちゃってくださいね。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年6月4日() 20:05
安田記念回顧&馬券メモ(2017/6/3・4)
閲覧 181ビュー コメント 0 ナイス 12

春の6週連続GⅠのフィナーレ・安田記念はサトノアラジンが優勝!

ロゴタイプがハイペースの逃げを打った中、
サトノアラジンは後方で末脚を溜めて、大外から凄い追い込みを決めてみせました。

展開が向かなかったり、道悪になったり、道中で不利を受けたり、
と勝負どころでツキに見放される状況が続いていましたけど、
いつGⅠを勝ってもおかしくないような馬でしたからね。

これまでの不運を一気に吹き飛ばす、素晴らしい差し切り勝ちでした。

2着に入ったのはハイペースで逃げたロゴタイプ。
父・ローエングリンも型にハマると強い馬でしたので、
ロゴタイプもお父さんの良い部分を受け継いでいるんでしょうね。

追い切りの動きは抜群でしたし、
休み明けでも問題なかったですね。

抜群の安定感を買われたイスラボニータはスムーズなレースができず凡退。
3週連続GⅠ制覇のルメール騎手をもってしても、今回の展開では厳しかったですね。

それでは、今週の本命馬の回顧をしていきましょう。


【3回阪神1日】

■7R ナムラマル 1人気1着

スムーズに先手さえ取れれば大丈夫だろう、と考えていたので、
楽にハナを奪った時点で勝負ありでしたね。

■8R ペルランヴェール 1人気3着

もう1列前の位置が欲しかったところですが、
直線で上位2頭と同じ脚色になってしまいましたから、今回は実力負けだと思います。

■9R ダイアナヘイロー 1人気1着

急坂コースが苦手な馬ですけど、500万下に降級するとさすがに強かったです。
1000万下でも勝ち負けしていた馬ですので、次走以降も要注意。

■10R エーティーサンダー 3人気4着

近走の充実っぷりを買いましたが、57kgのハンデの分、伸びきれなかったですね。
ベストはローカルの中距離なのかも。

■11R(鳴尾記念)スマートレイアー 1人気2着

勝負どころでズブい面を見せましたけど、エンジンが掛かってからの伸びはさすがでした。
2000mでも短い感じがするので、距離延長で今一度狙いたいです。

■12R コパノリスボン 1人気1着

1000万下でも好勝負していた馬ですから、降級初戦でも負けられない立場でした。


【3回東京1日】

■7R ジュンザワールド 1人気6着

降級すれば東京1300mでも大丈夫、と考えていましたが、甘くなかったです。
ベストは中山1200mのようですから、ベスト条件なら巻き返してくるでしょう。

■8R ベバスカーン 1人気1着

好位の内から脚を溜める競馬でしっかりと勝ち切りました。
1000万下だとまだまだ実力不足だと思いますが、クラスに慣れれば上位争いできそうです。

■9R ラーナアズーラ 4人気7着

中団からレースを進められれば良かったんですが、
直線入り口で後方3番手という位置ではさすがに厳しかったです。

■10R ケンホファヴァルト 2人気2着

注文通りにハナを奪って、最後まで粘り切りましたが、2着まで。
いつも相手なりに走ってくれるんですけど、勝ち切るためにはもう一工夫必要ですね。

■11R ベストマッチョ 1人気1着

もまれる競馬になるのを嫌って、果敢にハナを奪いに行ったのが大正解でした。
次走はプロキオンSを予定。重賞でも楽しみな存在です。

■12R ロジブリランテ 2人気9着

1400mだと追走するだけで手一杯ですね。
距離延長なら古馬相手でも互角以上に戦えると思います。


【3回阪神2日】

■7R エンパイアブルー 1人気1着

課題のスタートも無事に出ましたし、終始強気の競馬で勝ち切りました。
最後は2着馬に差されそうでしたけど、500万下にいるような馬ではないので、順当勝ちだと思います。

■8R テーオーフォルテ 1人気5着

キレる脚がないので、もっと積極的な競馬をしてほしかったです。
今後も人気すると思いますけど、ジリっぽい馬ですから、
取りこぼす危険性も頭の中に入れた上で予想しなきゃいけませんね。

■9R キアロスクーロ 1人気1着

オープンに上がってもおかしくないような馬ですから、
少頭数の500万下なら負けられない立場でした。

■10R メイショウノボサン 3人気6着

勝って同条件という身だったんですけど、まさかの末脚不発。
パサパサの馬場よりも脚抜きの良い馬場の方が合うのかも。

■11R ウインスペクトル 4人気3着

注文通りの単騎逃げを打って3着ですから、仕方ないですね。

■12R メイショウヤクシマ 7人気5着

もう1列前の位置だったら3着はあったかもしれません。
クラス慣れしてくれば、現級でも勝ち負けまで来る存在だと思います。


【3回東京2日】

■7R イルフォーコン 2人気5着

入線後に下馬したようなので、
何かしらのアクシデントが発生した模様。

■8R ラピッドライズ 6人気5着

先手を奪うまでは良かったんですけど、勝ち馬に早めにこられてからがキツかったです。
展開や馬場のアシストがあれば、現級でも上位争いしてくれそうです。

■9R フィールドシャルム 5人気3着

思惑通りの逃げでしたが、さすがに相手が悪かったですね。

■10R モアナ 2人気3着

51kgならロワアブソリューにも勝てるのでは?と考えましたが、甘くなかったですね。
まだまだこれからの馬だと思いますし、懲りずに次走以降も狙いたいです。

■11R(安田記念)ブラックスピネル 10人気18着

ハイペースを先行したので、大きな着順になってしまうのも致し方ないですね。
スローペース濃厚と考えた上での本命抜擢でしたから、展開を読めなかった自分のミスです。

■12R シュナウザー 1人気1着

勝って同条件でしたし、相手もそこまで強くなかったですから、
楽に勝ち切るのは想定内でしたけど、2着馬を拾えませんでした。


今週から降級馬がたくさん出てきましたから、
上位人気ばかりに◎を打っていますね。

土曜はプラス収支でしたけど、
本命馬がしっかりと連対している時に的中しておけば、日曜のマイナス分も相殺できたはずなので、
土曜の取りこぼしがとても痛かったです。

再来週から函館を含んだ3場開催になりますので、
2場開催のうちに馬券の調子を上げていって、夏競馬を満喫できる態勢を整えておきたいです。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年6月4日() 17:46
【競馬】DAIGOうまズキッ!番組『馬好王国~UmazuKingdom~』こ... 
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 3

こじはる(小嶋陽菜) 競馬予想2017 3連単5頭ボックスまとめ/最新予想は安田記念─2017/06/04 16:03
http://keiba51.blog.fc2.com/blog-entry-511.html

競馬ファンの間ではすっかりお馴染みの元AKB48のこじはる(小嶋陽菜)による競馬予想。
毎週『うまズキッ!』の番組内で発表される3連単5頭ボックス予想を楽しみにしている人も多いでしょう。

ただ、その『うまズキッ!』が2016年いっぱいで打ち切り。
2017年1月8日から新しい競馬番組『馬好王国~UmazuKingdom~』がスタートしました。
こじはるは新番組に引き続きMCとして出演。
2017年は『馬好王国~UmazuKingdom~』の中で3連単5頭BOX予想が披露されています。

こじはるの3連単5頭ボックス予想、今年はここまでどんな成績なのでしょうか。

≪安田記念(GI)≫ぶー, ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! ( ̄× ̄)b゛NG!! (。 ̄x ̄。) ブーッ! ハズレ( ̄x ̄)乂ブーッ! ブッブー!!( ̄▽ ̄)乂 バツ!!
◇◎ 15.イスラボニータ

◆3連単5頭ボックス
7.グレーターロンドン
8.エアスピネル
15.イスラボニータ
16.ロゴタイプ
18.ステファノス

◆レース結果
1着 14.サトノアラジン
2着 16.ロゴタイプ
3着 6.レッドファルクス

◆払戻金
3連単:14-16-6 283,000円 797番人気

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年6月4日() 16:51
土日の結果&反省
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 19

ウマコロ?伸びない(;^_^A

実馬券(^^)土曜日は鳴尾記念は炸裂(^^)
日曜は?安田記念はレッドファルクスがロゴタイプ首差差し切れず(*_*;馬券の回収もままならず(*_*;
阪神、東京最終レースを的中もガミガミ(*_*;
今回の?春の開催?阪神、京都は仕方ないしても?
東京の前より馬場状態は?どうなのか?
安田記念でも逃げたロゴタイプが伸びる馬場状態?
極めて疑問視せざるおえない(?_?;何がしたい?
この時計で前が止まらない?スケートリンクでは?
公平な競馬といえるのか?はなはだ?疑問視せざるおえない(つд`)
何?考えとんねん?

[もっと見る]

 スペースマン 2017年6月4日() 16:11
ロゴタイプは、2着か!
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 1

ロゴタイプは、2着でした!残念!

まぁ~、ダミーの法則、半分だけ成功かな?

イスラボニータは、8着でした!そんなもんでしょう!

これが、見えない力なんだな!

勝った、サトノアラジン、川田おめでとう!


先週のサトノアーサーで来ないで、安田記念で勝つとは、思わなかった!

井崎のコメントに、カチッときた!

{逃げて、粘れるとは、思わなかった!}だって、去年、当たったくせに、なに前走、連外したから、買わなかった!んだそうだ!

データマニアは、これだから、イヤだな!

まぁ~2着だけど、ロゴタイプありがとう!

[もっと見る]

 ちびざる 2017年6月4日() 16:11
安田記念の結果
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 2

1着:⑭サトノアラジン
2着:⑯ロゴタイプ
3着:⑥レッドファルクス


私の◎にした⑮イスラボニータは8着でした。
1着の⑭サトノアラジンは×
2着の⑯ロゴタイプは△
3着の⑥レッドファルクスは無印

なので、馬券はハズレました。_| ̄|○

勝った⑭サトノアラジンは、展開がはまりましたね。
レースがよどみなく流れましたので、⑭サトノアラジンにとっては良い展開でした。
やはり外を回してくると伸びますね。


2着の⑯ロゴタイプは2着でしたが、強い競馬をしましたね。
上位馬が後ろから競馬をした馬が来てることを考えると、
力は上位だったということですね。
中山との相性がいいのは周知のとおりですが、一番力を発揮できるのが
東京マイルなのかもしれませんね。

私の◎にした⑮イスラボニータの敗因は分かりませんね。
流れにも乗れていたと思いますし、引っかかったという感じでもないですし。
一瞬だけ良い脚を使いましたがそこまででしたね。

エアスピネルも同じような感じですね。
ただ、この馬に関しては、東京マイルという舞台が合ってないように感じます。
東京新聞杯のときもそうでしたが、坂があると伸びが鈍るのかもしれませんね。
京都が合っているのかもしれません。



的中された方おめでとうございます。

[もっと見る]

112件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。