注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

リスグラシュー(競走馬)

注目ホース

リスグラシューの関連ニュース

 ◆岩田騎手(ディアドラ4着) 「力のあるところを見せてくれた。3着はありそうだったが…」

 ◆武豊騎手(リスグラシュー5着) 「少し引っ掛かったし、(直線は)狭いところで両サイドからぶつけられた」

 ◆戸崎騎手(フローレスマジック6着) 「思い切った競馬をすることも頭にあった。これから力をつけてくれば…」

 ◆大野騎手(ブラックオニキス7着) 「スムーズな競馬。このメンバーでいいレースをしてくれた」

 ◆蛯名騎手(マナローラ8着) 「大事に乗って、最後はよく差を詰めている」

 ◆北村宏騎手(ブラックスビーチ9着) 「窮屈な面もあったが、我慢してくれた。直線もよく来ている」

 ◆四位騎手(ミスパンテール10着) 「いい感じで走れていたが、4コーナーで手応えが怪しくなった」

 ◆田中勝騎手(カリビアンゴールド11着) 「いい感じで進めたし、力は出せたと思う」

 ◆北村友騎手(モーヴサファイア12着) 「いい体でフットワークもいい。これからどう成長するか」

 ◆柴山騎手(ハローユニコーン14着) 「ゲート内でソワソワしていた。坂を上がって止まった」

 ◆吉田豊騎手(レッドコルディス15着) 「歓声に反応して、スタートで立ち上がってしまった」

 ◆松岡騎手(ホウオウパフューム16着) 「手応えからはもっとやれるかと思ったが…。先々は走ってくる馬です」

 ◆内田騎手(ディーパワンサ17着) 「距離はもう少し短い方がいい」

★21日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら

【オークス】最新ナマ情報2017年5月21日() 05:05

◆「いつもどおり」〔14〕リスグラシュー

 午後4時前に到着し、落ち着いた脚取りで馬房に収まった。確認した矢作調教師は、「渋滞は30分ぐらいで済んだようだし、極端なイレ込みもなく、いつもどおりだね」と納得の表情だ。体重に関しては「430キロ台で出られればいい。金曜に角馬場でガス抜きができたのはよかった。あとはジョッキー(武豊騎手)に任せるだけ」とGI奪取を願う。

◆引き運動を消化〔13〕レーヌミノル

 土曜輸送組では一番早い午後3時40分すぎに到着。落ち着いた脚取りで引き運動を消化した。中井助手は「輸送は何時間かかっても気にならないくらいの馬。桜花賞と同じくらいの状態でいいと思っていたけど、さらに良くなった。体のラインや走りも変わってきて、以前より距離がもつと思えるようになっている」と手応えを感じている。

◆戦闘モード突入〔16〕アドマイヤミヤビ

 東京コースでは2戦2勝。「東京はこれで3回目。輸送中もカイバをきれいに食べていたし、全然気にすることはなかった。今回は馬もシャープにつくってきたし、戦闘モードに入っている。天気がいいのが何より」と島助手はパンパンの良馬場での巻き返しを願う。

◆「悔いない仕上げ」〔8〕ホウオウパフューム

 土曜は角馬場からWコースを1周。ダイナミックなフォームが目を引いた。「元気があって毛づやも良く、前走からの上積みは相当ある。無駄肉をそぎ落として、長い距離を走る体になった。ここを目標に悔いのない仕上げ」と奥村武調教師は自信たっぷりだ。

◆ムードは上々!!〔3〕フローレスマジック

 サンスポ賞フローラS3着馬は、金曜に東京競馬場へ移動済み。木村調教師は「同じような臨戦過程だったアルテミスSのとき、輸送でガクッと(体重が)減ったので、回復させる時間を作りたかった。馬は思ったよりも落ち着いているし、いい方にきていると思う」とムードは悪くない。

◆疲れた様子なし〔10〕ブラックスビーチ

 スイートピーSの勝ち馬は午後4時15分ごろに到着した。中2週でも疲れた様子はない。鈴木助手は「体の戻りが早かったし、中間も追い切りをCWで2本できた。前走で東京に来たときはそわそわしていたけど、今回は大丈夫そう。今が成長期だし、つくべきところに筋肉がついてきた」と充実ぶりをアピールした。

◆体の張りは抜群〔7〕ディアドラ

 矢車賞で2勝目をマーク。中1週でも、胸前の筋肉が盛り上がって体の張りも抜群にいい。「輸送にも慣れてきたし、疲れがなくいい感じ。ここ2、3戦では、今回が一番いいかな。2400メートルになるけど、枠もいいし、いろんな意味で楽しみはあるよ」と込山助手は一発を狙う。

◆体質強くなった〔11〕レッドコルディス

 1/6の抽選を突破した強運馬。東京への輸送は前走のサンスポ賞フローラSに続いて2度目となる。「イレ込むことなく、東京に着いてすぐにカイバを食べていたし、体質が強くなった。抽選をクリアして、調整も順調に来たし、前走で東京を経験できたのも大きい」と普天間助手。

◆雰囲気は一番〔17〕カリビアンゴールド

 土曜は坂路で4ハロン66秒8を軽快にマーク。「落ち着きがあって、雰囲気は今までの中で一番。前走はあんな強烈な脚が使えるのかと驚かされたよ。距離、折り合いの課題はあるけど、楽しみにしている」と小島太調教師。来年2月に定年を迎えるトレーナーは、最後の牝馬クラシックでVを狙っている。

◆さらに状態良化〔1〕モズカッチャン

 3連勝でサンスポ賞フローラSを制した実力馬は午後4時ごろ、僚馬2頭とともに到着。古川助手は「前走を勝った後にしんどくなるかなと思っていたけど、精神的にどっしりしてカイバ食いも安定。さらに良くなった感じがする。距離は和田騎手が『大丈夫』と言ってくれているし、スタートだけ決めてくれれば」とデキに自信の表情だ。

[もっと見る]

【オークス】最新ナマ情報2017年5月20日() 05:02

◆ニンマリ最内枠〔1〕モズカッチャン 

 坂路を4ハロン66秒9とゆったりしたペースで上がった。鮫島調教師は「ここまで思い通りにきている。枠も前走と同じ最内枠でいいところだと思う。いろんなところに行っているから輸送の心配もないしね」と笑みを浮かべた。

◆復権へ虎視眈々〔2〕ソウルスターリング

 復権を狙う2歳女王は美浦坂路で4ハロン60秒8。少しずつ気合が乗ってきてレースが近いことを感じ取っているようだ。藤沢和調教師も「元気がいいよ」と笑顔を見せる。

 距離の話題になると「今の種馬は基本的にみんなマイル〜2000メートルがメイン。(産駒は)使い出しが短くても、2400メートルまでもつんだ。この距離が得意な馬はそうはいないし、馬が騎手の言うことを聞けるかどうか。ソウルスターリングはできる馬だと思う」と語った。

◆輸送に気配り!〔3〕フローレスマジック

 金曜午前5時に美浦トレセンを出発し、ライバルに先駆けて東京競馬場に入った。「東京はいつも当日輸送ですが、アルテミスSのときは12キロ減りましたからね。あのときと同じで、帰厩してからの時間が短いのでこの形にしました」と木村調教師は説明した。

◆昆師「状態いい」〔4〕ミスパンテール

 角馬場調整をしたあと、東京競馬場に向けて出発した。「リラックスしているし、状態はいい。近くにソウルスターリングがいるから、そのあたりを見ながらのレースになるかな」と昆調教師。

◆好気配ムンムン〔5〕モーヴサファイア

 角馬場で入念なハッキングを行った。池添学調教師は「雰囲気がよく、リラックスできていました。適度に気合も乗っていて、体も太め感なくいい感じです。いい形で出られますね」と好気配を伝えた。

◆ほどよく気合!〔6〕ハローユニコーン

 角馬場からCWコースをキャンターで1周。ほどよく気合が乗っていた。鮫島調教師は「テンションは上がっていない。もう少し体(前走から6キロ増の434キロ)が戻っていればよかったけど、使ってきているからね」と、仕上がりに不安はなさそうだ。

◆広い馬場大歓迎〔7〕ディアドラ

 追い切り翌日は、厩舎周りで軽めの調整。中1週となるが、橋田調教師は「ダメージもなく、前走と同じくらいの体で出られそう。広い馬場は歓迎だし、距離にも対応してくれると思う」と話した。

◆体重減は想定内〔9〕ディーパワンサ

 角馬場から坂路。軽快な脚どりで4ハロン68秒6−15秒3をマークした。松下調教師は「元気はいいですね。輸送で体重は減るでしょうが、今の(体つきの)感じなら心配ないと思います」と語った。

◆北村宏にお任せ〔10〕ブラックスビーチ

 連勝でスイートピーSを制したディープ産駒は、坂路で4ハロン63秒2−13秒7。角居調教師は「少し乗り難しいけど、(北村宏騎手が)うまくコントロールしてくれている。いい状態で行けそうです」と満足そうだ。

◆距離は心配なし〔12〕ブラックオニキス

 北馬場でキャンター調整を行った。加藤和調教師は「立て直した効果で、この春は柔らかみが戻ってきた。距離は心配ない。気持ちよく流れに乗って、あとは他の有力馬が直線までに余計な力を使う展開になれば。ホクトベガのときもそんな感じだったよ」と騎手時代の1993年エリザベス女王杯で、ベガの牝馬3冠を阻止したときのような展開を期待する。

◆2冠へ〔13〕レーヌムード上々

 桜花賞馬は、角馬場で調整された。体はふっくらと見せており、落ち着きも十分。ムードは上々だ。古川助手は「追い切り後もテンションは上がっていません。前々で折り合うことがポイントでしょうが、今の雰囲気でレースに臨めたら」と語った。

◆距離延長グッド〔14〕リスグラシュー

 桜花賞2着馬は、角馬場を気分良さそうに周回した。矢作調教師は「不安な点はないし、順調にきているのが何より。距離が延びるのもいいと思うし、天気も良さそうなので楽しみにしています」と期待を込めた。

◆いい状態キープ〔15〕ヤマカツグレース

 角馬場でじっくり乗って体をほぐした。池添兼調教師は「追い切り後の雰囲気はいいよ。カイバもしっかり食べている。体は前走と同じか少し減るくらいかな。いい状態で出走できそうだよ」とうなずいた。

◆十分戦える状態〔16〕アドマイヤミヤビ

 角馬場から4ハロン64秒4−15秒3で登坂した。島助手は「今回は長距離仕様にシャープにつくった。肉体的には十分戦えるところまできたし、前走で惨敗した精神的なダメージが残っていなければ」と桜花賞12着からの巻き返しを誓った。

◆カイバもりもり〔17〕カリビアンゴールド

 坂路を4ハロン71秒1で上がった後にWコースをキャンターで1周した。小島勝助手は「すごく落ち着いている。カイバは食べているし、ここのところ体重は減り続けているけど、腰やトモ(後肢)の筋肉が落ちていないから減ったように見えない。自分で体をつくっているのだと思う」と状態面に不安はない。

◆鞍上蛯名に期待〔18〕マナローラ

 坂路を軽快に駆け上がった。鮫島調教師は「順調ですね。体が大きくなって成長していて、乗った感じもいいみたい。大外枠になってしまったけど、そこは経験豊富な蛯名騎手に任せます」と語った。

オークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】前哨戦を斬る 2017年5月19日(金) 05:03

 《桜花賞=A》前半3ハロン通過は34秒7。勝ちタイムの1分34秒5も近年の中では目立たないが、直前まで重馬場発表だったうえでの稍重なら割り引く必要はない。好位から余力十分に抜け出したレーヌミノルはフロック視できない内容。2着リスグラシューも地力を示した。3着ソウルスターリング、12着アドマイヤミヤビは明らかに馬場を苦にした印象。

 《サンスポ賞フローラS=B》1000メートル通過は61秒5でその後も流れは遅く、ラスト3ハロンだけの競馬。好位から流れ込んだ2着ヤマカツグレースと3着フローレスマジックは展開を生かしたが、勝ったモズカッチャンは上がり3ハロン33秒9の決め手で、充実ぶりを印象付けた。

 《スイートピーS=B》中だるみのペースで、ラスト3ハロンのラップが全て11秒台という瞬発力勝負。上位は軒並み上がり33秒台だった。明暗を分けたのはコース取り。勝ったブラックスビーチは巧みに馬群の中を突いたが、2着カリビアンゴールドは外からの鋭い伸びが目を引いた。

◇結論◇

 どの前哨戦からも2400メートルの距離は未知数だが、レーヌミノル桜花賞は胸を張れる内容。これまでのレースぶりからも折り合いの不安はなく、距離はこなせると判断する。強敵は距離が延びて良さそうなリスグラシュー。良馬場前提に巻き返しが望めるソウルスターリングアドマイヤミヤビに加え、前走の内容に見どころがあったモズカッチャンカリビアンゴールドをマークしておきたい。

オークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】東西調教ウオッチャー2017年5月19日(金) 05:03

 今週の東西調教ウオッチャーは、注目のオークスが対象レース。美浦トレセンから東京サンスポの柴田記者、栗東トレセンから大阪サンスポの正木記者、関西競馬エイトの籔本トラックマンが参戦。好調教馬をピックアップした。

 正木 3歳牝馬の長距離GI。デキは大事やな。

 籔本 体調のよさなら、サンスポ賞フローラSで3連勝を飾ったモズカッチャン。坂路の攻め時計は地味ですが、使うごとにズブさが抜けて馬がシャキッとしてきました。ハミをかけたときの脚の回転力も鋭さを増しています。

 正木 俺もモズカッチャンは不気味だと思うが、桜花賞12着のアドマイヤミヤビの大変身を信じたいな。先週、M・デムーロ騎手を背にしたCWコース追い(6ハロン84秒2−11秒9)は馬なりでも“ズバッ”と切れていたし、今週の坂路でも、遅い時計ながらストライドが実によく伸びていた。

 籔本 桜花賞2着のリスグラシューはフォームにブレがなく、高いレベルで安定。今週のCWコースでの追い切りは、手脚の長さを生かして走れるので、先週までの坂路調教よりもよく見えました。美浦はどうですか?

 柴田 フローレスマジックは戸崎騎手が騎乗してWコースで6ハロン80秒3−12秒4。前半からかなり負荷をかけ、それでいてラストも止まっていません。繊細な牝馬だけに、このハード追いが吉と出るかどうかですが、意欲は評価できますね。同コースのソウルスターリングは最後の1ハロン12秒3が秀逸。反応が鋭く、桜花賞のときほど馬場入り前の気負いがなかった点にも好感が持てます。

オークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】ソウルスターリング1枠2番!枠順確定 2017年5月18日(木) 14:14

 5月21日に東京競馬場で行われる3歳牝馬のクラシック2冠目「第78回オークス」(GI、優駿牝馬、東京11R、3歳牝オープン、定量、芝2400メートル、1着賞金1億円)の枠順が確定した。

 2歳女王で桜花賞3着ソウルスターリングは1枠2番、桜花賞レーヌミノルは7枠13番、桜花賞2着リスグラシューは7枠14番、クイーンC勝ちのアドマイヤミヤビは8枠16番、トライアルのフローラS勝ちのモズカッチャンは1枠1番、スイートピーS勝ちのブラックスビーチは5枠10番にそれぞれ決まった。

 枠順は18日(木)に確定したが、勝ち馬投票券の金曜日発売はなく、20日から全国のJRA競馬場、ウインズ等で前日発売する。オークスは21日、東京競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。

オークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】厩舎の話2017年5月18日(木) 12:45

 アドマイヤミヤビ・友道調教師「中間も落ち着いているし、変わりなくいい。距離も問題ない」

 カリビアンゴールド小島太調教師「思ったより回復が早かった。状態には自信が持てる」

 ディーパワンサ・松下調教師「折り合いがつくから距離はこなせるはず。好位からの競馬を」

 ハローユニコーン・鮫島調教師「気性が難しいが、前走はリラックスして走れた。直線勝負で」

 ブラックオニキス・加藤和調教師「使い詰めの疲れが取れ、いいころの状態。距離はこなせる」

 ブラックスビーチ・辻野助手「落ち着いているし、ためていけそう。前走の競馬はできるはず」

 フローラルマジック・戸崎騎手「いい雰囲気。乗りやすいので状況に応じた競馬ができる」

 ホウオウパフューム・松岡騎手「走る気を感じた。自分の思ったとおりに乗るだけ」

 マナローラ・鮫島調教師「2走前にこの距離を経験。前走からの成長を感じるし、密かに期待」

 ミスパンテール・昆調教師「追い切りは必要ないくらい。距離はオールマイティーだと思う」

 モズカッチャン・鮫島調教師「ラストをジワッと伸ばした。いろんな競馬ができるのが強み」

 モーヴサファイア池添学調教師「首をうまく使えるようになった。持久力勝負になれば」

 ヤマカツグレース・池添兼調教師「変わりないし、輸送も大丈夫。距離はどの馬も同じだから」

 リスグラシュー武豊騎手「東京は勝っているし、歓迎。当日のイレ込みが心配だけど、勝ちを意識できる馬」

 【抽選対象馬=1/6】

 アドマイヤローザ・梅田調教師「外傷明けの前走から確実に上向き」

 アルメリアブルーム・高橋康調教師「ひと叩きして体がしっかりした」

 アンネリース・尾関調教師「手応えでは劣ったが、相手は短距離馬。距離延長で味が出るはず」

 ブルークランズ・今野調教師「長い距離は合うはず。広い東京もいい」

 ムーンザムーン・上原調教師「デキはとてもいい。2400メートルも歓迎」

 レッドコルディス・高橋忠調教師「追い切りでは気分良く走れていた」

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】リスグラシュー・武豊騎手トーク2017年5月18日(木) 05:04

 −−桜花賞

 「ゴール前でよく伸びてくれましたよ。4コーナーでモタついたのが…。ただ、チューリップ賞(3着)よりもおしまいの伸びは良かった」

 −−距離は

 「やってみないと分かりませんが、これまでのレースぶりから、2400メートルは悪くないと思いますよ」

 −−最後に見通しを

 「東京コースはアルテミスSを勝っていますし、合っていると思います。乗り難しい面はないですし、折り合いも問題ないタイプ。GIで2着が2度ありますし、十分に勝ちを意識できる馬です。チャンスのある馬で挑戦できます。何とかGIホースにしてあげたいですね」

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】リスグラシュー、シュッと12秒0 2017年5月18日(木) 05:04

 オークスの追い切りが17日、東西トレセンで行われた。栗東では桜花賞2着のリスグラシューが、CWコースでラストに上々の伸びを披露。順調な調整過程でGI制覇を狙う。桜花賞レーヌミノルはCWコースを鋭く駆け抜け、2冠制覇の準備を整えた。18日に枠順が確定する。

 ここまでしっかりと調教を積んできたリスグラシューが、CWコースでの最終追い切りでも軽快な脚取りを披露。大一番へ向け上々のムードを漂わせた。

 「良かったと思います。小柄な牝馬ですし、さすがに上積みはありませんが、前回と同じくらいだと思いますね」

 矢作調教師が納得の状態に胸を張った。この日はゆったりと、滑らかな脚さばきで進み、ラストを強調する内容。最後は鞍上のゴーサインに鋭く伸びて、ラスト1ハロン12秒0でゴールを駆け抜けた。

 ここは最大目標にしていたレースで、この後は休養する。だからこそ、攻めの調整で挑んだ桜花賞と同様に、この中間もみっちりと調整を積んだ。「当日、体は少し減るかもしれませんが大丈夫です。力を出せますよ」とトレーナー。馬体を大きく見せており、430キロ台の小柄な馬とは思えない。現状で望み得る最高の仕上がりだ。

 桜花賞は力強い伸びで2着を確保。展開が異なれば、突き抜けていたかもしれない。4着以下がない堅実派。現3歳牝馬でトップクラスの地力は疑いようがない。

 「オークスが目標でしたし、これくらいの距離に適性があると思っていました。ハーツクライ(譲り)の体をしていますし、2000メートル以上が向くとみていたので」

 初の2400メートルを矢作調教師は歓迎材料ととらえる。東京では昨秋にGIIIアルテミスS勝ちの実績がある。武豊騎手は「十分に勝ちを意識できる馬。何とかGIホースにしてあげたい」と意欲を燃やす。これまで阪神JF桜花賞とGI2着が2回。もう銀メダルはいらない。 (宇恵英志)

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】逆転見えた!リスグラシュー絶好のデキ 2017年5月17日(水) 12:43

 21日に東京競馬場で行われる牝馬クラシック第2冠「第78回オークス」(GI、芝2400メートル)での逆転へ向け、桜花賞2着のリスグラシューが17日、栗東トレーニングセンター(滋賀県)のCWコースで軽快な動きを見せた。最大目標へ態勢は万全。オークス4勝目を狙う武豊騎手は「十分に勝ちを意識できる馬」とVの可能性をアピールしていた。

 もう2着はいらない! 悲願のGI制覇を狙うリスグラシューが、リズミカルな走りで絶好のデキをアピールした。

 五月晴れに恵まれた栗東TC。逆転戴冠を狙う桜花賞2着馬は、午前6時の開門直後に向正面からCWコースに入った。調整パートナーの坂井騎手(レースは武豊騎手)が跨り、追い切りラッシュでごった返すなかを徐々にペースアップ。直線でも鞍上は手綱を抑えていたが、フットワークはキレッキレ。馬なりでラスト1F12秒4なら、文句なしの『A』評価だ。

 過去6戦すべて坂路で行ってきた最終追い切りを、大一番でCWコースにチェンジ。その狙いを矢作調教師が説明する。

 「この中間から調教にメリハリをつけることを心がけている。やるときはやる、やらないときはやらないってね。そのほうがカイ食いがいいし、テンションも上がらないようだから」

 先週10日に坂路で4F52秒2としっかり負荷をかけて、直前はコースでサラッと味付け。440キロに満たない繊細な3歳牝馬を究極のコンディションに仕上げるため、考え抜かれた調整を施してきた。

 「桜花賞がいいデキだったので大きな上積みこそないが、順調にきている。この春最後の一戦だし、多少体が減ってもいいくらいのつもりでやってきた」

 6戦すべて3着以内の堅実派。GIはソウルスターリングレーヌミノルとの3頭で上位を占めて、阪神JFはソウル、桜花賞はレーヌの2着だった。力量差がほぼないことは確かだろう。リベンジを誓う今回、大きな味方となりそうなのが距離だ。

 父ハーツクライは12F以上の有馬記念ドバイシーマクラシックを勝ち、ワンアンドオンリー(ダービー)、ヌーヴォレコルトオークス)と、2頭の東京12Fクラシックウイナーを輩出。対するソウルの父フランケル、レーヌの父ダイワメジャーは、自身、産駒とも長距離が得意というタイプではない。

 「跳びも大きいので、距離はあったほうがいいし、広い東京向き。桜花賞もいいレースをしてくれたけど、最初から春の最大目標はここだと思ってきた」と、トレーナーは言い切る。

 4勝目を狙う武豊騎手も「東京はいいし、他の馬が距離を気にするようならチャンス」と腕を撫す。あとは“優美な百合”という馬名にふさわしい、大輪の華を咲かせるだけだ。

武豊に聞く

 −−桜花賞は半馬身差2着と惜敗

 武豊騎手「ゴール前はよく伸びてくれたね。ただ、4コーナーで少しモタついて勝ち馬に離されてしまった差を逆転できなかった」

 −−10日の1週前追い切り(坂路4F52秒2)に騎乗したときの感触は

 「いい動きをしていた。桜花賞のときと同じような感じだと思う」

 −−東京の2400メートルに替わる

 「東京コースは1度走って勝っている(アルテミスS)からいいはず。オークスは適性に関係なく走る馬もいるし、距離はやってみないと分からない。ただ、これまでの内容からすればマイナスにはならないと思う」

 −−Vへのポイントは

 「乗り難しくないし、折り合いも問題ない。ただ、スタートが上手でない点と当日のイレ込みは心配ですね」

 −−21年ぶりのオークス4勝目がかかる

 「久しく勝っていないんでね(苦笑)。十分に勝ちを意識できる馬だし、何とかGIホースにしたいと思っています」

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東西現場記者走る】リスグラシュー距離延びて大チュ〜目 2017年5月17日(水) 05:05

 オークスの勝ち馬を探し出すGI連載の2日目に、東京サンスポの板津雄志記者(37)は桜花賞2着のリスグラシューを取り上げた。もともと樫の舞台を大目標としてきた実力馬で、東京芝2400メートルの適性は申し分ない。ちょっとした噂、気になる点などをまじえてリポートする。

 密着2日目の朝、カメラマンからある噂を聞いた。「リスグラシューはカメラが好きらしい」。音に敏感な生き物である馬が、パシャパシャと鳴る機械を本当に好むものなのか。その真相を確かめるため、矢作厩舎に向かった。

 「この馬はカメラを構えられると顔を寄せていく。普通、カメラが好きな馬は少ないと思うけどね。錦織圭のまねでもしてるんかな。でも、サインはできないから、レンズに顔をくっつける。リスグラ“チュー”や」

 担当の北口助手はだじゃれをかまして満面の笑みを浮かべる。どうやら噂は本当のようだ。カメラ好きということは、それを扱う人間も信用しているということ。GI当日の特別な雰囲気にもイレ込んだりすることはないだろう。この日は角馬場での調整だったが、「落ち着いて、いい雰囲気。カイバも食べている」(同助手)と状態面にも不安はなさそうだ。

 今年初戦のチューリップ賞では物足りない競馬で3着に敗れたが、きっちり仕上げた前走の桜花賞ではゴール前で猛追して2着に巻き返した。

 矢作調教師は「2400メートルのオークスは絶対能力が問われるレース。だから毎年(距離延長でも)桜花賞組が強いんだ。しかも今年はハイレベルだったと思っている」と力説し、「リスグラシューはエンジンのかかりが遅いぶん、長くいい脚を使える。それが2400メートルを走るうえでプラスになる。もともと、オークスを目標にしてきた馬だから」と逆転をもくろむ。

 気になるのは東京への長距離輸送か。トレーナーは「アルテミスS(1着)のときが輸送で思ったより体重が減っていた」と明かしただけに、追い切り後の馬体重もきっちりチェックする必要がありそうだ。

 早い時期から樫の舞台を目標としてきたリスグラシュー。今度こそ、カメラに向けて勝利のキスを届けることができるか−。

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】本田師激白!レーヌ2冠「狙える」 2017年5月16日(火) 05:07

 いよいよ春の中央競馬はクライマックスに突入する。今週のメインは3歳牝馬の頂上決戦となるオークス(21日、東京、GI、芝2400メートル)。実績馬のつまずきもあって混戦模様だが、最も注目を集めるのは史上14頭目の牝馬クラシック2冠を目指す桜花賞レーヌミノル(栗東・本田優厩舎、牝3歳)だ。騎手時代に牝馬2冠を制している本田優調教師(58)を直撃し、距離延長への手応えや愛馬の状態を確認した。

 −−史上14頭目の2冠制覇に期待がかかる

 「早い時期からかなり期待していた素材で、牧場にいるときから『桜花賞オークスを狙える馬』と思っていたからね。もし無敗なら、ダービーに挑戦することも考えていたんだよ。そのためにダービーの登録(昨年10月28日の第1回)も済ませていたくらいだからね。引っ掛からないから、距離に不安は感じていない」

 −−前走を振り返って

 「いいポジションで運べたし、手応えも良かった。思った通りの調整もできていたから、自信はあったんだよ」

 −−長所は

 「賢くて、無駄なことをしないところ。どの場所でも落ち着いているし、内面が強い。体も十分にいいしね。デビュー当初は幼児体形だったけど、今は体が引き締まって大人の体になった。ここまで、いい方向で成長してくれている」

 −−中間の様子は

 「当週は長距離輸送もあるから、10日が実質の最終追い。桜花賞出走のときの調整から(それまでよりも)しっかりと体を仕上げるようにしているけど、変わりなく馬はいい。テンションが上がらないし、カイバをしっかりと食べてくれるから調教を加減する必要がない。牝馬だけにこれは大きいね。桜花賞を走ったダメージはないし、ベストの状態で出走できる」

 −−今回は舞台が東京競馬場に替わる

 「オークスのことを考えて東京で2戦(京王杯2歳S2着、クイーンC4着)させたんだよ。小倉競馬場にも行っているし、長距離輸送には慣れているからね。センスがあって競馬が上手。長く脚を使えるし、雨が降っても(馬場に脚を取られることなく)ノメらずに走れるからね」

 −−最後に抱負を

 「桜花賞後はオークスを目標にしてきた。距離についていろいろと言われるかもしれないけど、折り合いのつく馬なら距離は大丈夫。自分が(騎手として)乗っていた経験から言うとね。それに、2400メートルを走るのはウチの馬だけじゃない。条件はみんな一緒だよ。このまま無事にレースまで行ってくれれば」

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

★波乱のクラシック

 今年の3歳牝馬勢は豊作といわれ、牡牝1冠目の前には牝馬が注目を集めた。しかし、桜花賞ソウルスターリングが3着に敗れると、牡馬相手に1番人気の支持を得たファンディーナ皐月賞で7着に終わり、オークスを回避。2冠目は一転して混戦となった。桜花賞は力の要る(稍重)馬場だったことから、ソウルやアドマイヤミヤビなど良馬場で巻き返しを期す馬は多い。距離延長を歓迎する桜花賞2着馬リスグラシューも有力だ。

 そんな中、8番人気で桜花賞を制したのがレーヌミノル。距離を不安視する声はあるものの、実績最上位で戦歴にも安定感がある。下馬評はあまり高くないが、2冠制覇の可能性は十分だ。

[もっと見る]

【オークス】レース展望 2017年5月15日(月) 18:34

 今週の東京日曜メインは、3歳牝馬のクラシック第2弾・オークス(21日、GI、芝2400メートル)。皐月賞で1番人気に支持されたファンディーナは参戦を見送ったが、桜花賞の1〜3着馬がエントリーし、トライアルで優先出走権を獲得した新興勢力も実力馬ぞろい。非常に見応えのある一戦となりそうだ。樫の女王の座を射止めるのは、果たしてどの馬か−。

 桜の女王レーヌミノル(栗東・本田優厩舎)が、史上14頭目の牝馬春2冠を狙う。桜花賞は8番人気と評価を落としていたが、4番手から力強く抜け出して快勝。デビューから連勝で小倉2歳Sを制したあとは、勝ち切れないレースが続いていたが、その鬱憤を見事にGIの舞台で晴らした。父ダイワメジャー×母の父タイキシャトルという配合だけに、800メートルの距離延長を不安視する向きもあるが、桜花賞がコース改修後の阪神外回りで行われるようになった2007年以降、桜の女王は【3・1・1・3】の好成績。本田優調教師も「折り合いの心配はないし、距離もこなしてくれると思う。ここでも自分の力を発揮してくれれば」と期待感たっぷりの口ぶりだ。トールポピーシンハライトオークスを2勝している池添謙一騎手も「この時期は、距離適性よりも能力でカバーできる部分が大きい」と自信ありの様子。東京への輸送も2度経験しており、2冠の可能性は十分にある。

 阪神JFに続き、桜花賞も2着で涙をのんだリスグラシュー(栗東・矢作芳人厩舎)が対抗格。阪神JFでは実際にレーヌミノルに先着しており、まだ勝負付けは済んでいない。こちらは距離が延びて良さが出るハーツクライ産駒で、東京でもアルテミスSを勝っている。コース替わりはプラスに出るはずだ。また、「距離的には、桜花賞のマイルは適合するかな?と思っていたくらい。跳びも大きいし、むしろオークス向きだと思うよ」と矢作芳人調教師は早くからオークスへの適性を口にしていた。自慢の末脚を存分に生かせるコースで、GIで“三度目の正直”がなるか注目だ。

 単勝1.4倍の断然人気に支持された桜花賞でまさかの3着に敗れた2歳女王ソウルスターリング(美浦・藤沢和雄厩舎)も当然、V争いの有力候補だ。桜花賞は伸びあぐねたが、フットワークの大きい馬だけに、道悪の影響だろう。父はGI・10勝のフランケルで、母はGI・6勝の名牝スタセリタ。父はスピード優位のタイプだったが、母は芝2100メートルの仏オークス、芝2400メートルのヴェルメイユ賞を勝っており、スタミナの裏付けもある。また、東京ではオープン特別のアイビーSを勝利しており、コース替わりも問題はない。ここで復権を果たし、改めて世代最強を証明する構えだ。

 桜花賞は2番人気で12着と、こちらも案外な大敗を喫したアドマイヤミヤビ(栗東・友道康夫厩舎)。前走は、稍重馬場に泣かされたうえ、15番枠で後手に回り、終始外々を回らざるを得なかったことが敗因で、力を出し切ってのものではない。今回は、ハイレベルな百日草特別→クイーンCと連勝を飾った東京コース。良馬場なら一変があっても不思議はない。

 前走のサンケイスポーツ賞フローラSを制して勢いに乗るモズカッチャン(栗東・鮫島一歩厩舎)も侮れない一頭だ。先行勢が残る流れの中、上がり3ハロン33秒9の末脚で差し切っての3連勝。父ハービンジャー×母の父キングカメハメハという血統背景からも、距離が400メートル延びるこの舞台で、さらにパフォーマンスを上げてくる可能性がある。

 モズカッチャンにはクビ差屈して2着だったヤマカツグレース(栗東・池添兼雄厩舎)は、重賞5勝を誇るヤマカツエースの半妹。積極策に転じてレースぶりが安定してきた。前走に引き続き横山典弘騎手が騎乗。ほとんどのメンバーが未経験の芝2400メートル戦だけに、その先行力と、ダービー2勝、オークス1勝と、このコースを知り尽くす名手の手綱さばきは心強い。

 モズカッチャンヤマカツグレースとタイム差なしの3着だったフローレスマジック(美浦・木村哲也厩舎)は、重賞で2→3→3着と惜しいレースが続いている。エリザベス女王杯を制したラキシス、重賞2勝サトノアラジンの全妹で、奥手の血統。開花はまだ先かもしれないが、12年ジェンティルドンナ、15年ミッキークイーン、昨年のシンハライトと、このレース3勝を誇るディープインパクト産駒だけに、軽視は禁物だろう。前走時は完調手前を示唆していただけに、上積みも見込めそうだ。

 ディープインパクト産駒といえば、スイートピーSを勝ってここへ駒を進めてきたブラックスビーチ(栗東・角居勝彦厩舎)も無視できない。勝ち上がりに4戦を要したが、未勝利戦Vは稍重で、前走は初の長距離遠征で上がりの速い決着に対応するなど、充実ぶりは明らか。さらに、先週土曜にJRA新記録となる12週連続勝利を飾った厩舎の勢いもある。近親にアグネスデジタルがいる血統も魅力だ。

 前走でブラックスビーチのクビ差2着に敗れたカリビアンゴールド(美浦・小島太厩舎)は、上がり3ハロン33秒1の鋭い決め手が目を引いた。来年2月に定年を迎える小島太調教師は、最後のオークスに花を添えることができるか。

 他にも、1番人気のサンケイスポーツ賞フローラSでは8着に敗れたが、牡馬相手に連勝しているホウオウパフューム(美浦・奥村武厩舎)や、桜花賞6着で前走の矢車賞を2馬身差で完勝のディアドラ(栗東・橋田満厩舎)、黄梅賞→忘れな草賞を差し切ったハローユニコーン(栗東・鮫島一歩厩舎)など、伏兵陣にも魅力的なメンバーがそろった。春競馬のクライマックスシーズンを迎え、見応えある女王決定戦となりそうだ。

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】レーヌ2冠なるか!池添距離克服に自信 2017年5月15日(月) 05:07

 今週末のメインは、牝馬クラシックの第2弾となるオークス皐月賞で1番人気に推されたファンディーナは参戦を見送ったが、登録23頭のうち17頭が出走可能で、残り1頭の枠に6頭の1勝馬がエントリーしている。

 大半の馬が未経験の2400メートルとはいえ、やはり核となるのは桜花賞レーヌミノルだ。史上14頭目の牝馬クラシック2冠に挑む。距離不安を指摘する声もあるが、池添騎手は「この時期は距離適性よりも能力でカバーできる部分が大きい。自分自身の乗り方にかかっている」ときっぱり。ダービー、オークスジャパンCと東京2400メートルのGIを全て制している手腕は心強いかぎりだ。

 その桜花賞で断然の1番人気ながら3着に終わったソウルスターリングも、巻き返しへ意欲的。ルメール騎手は2週連続のGI制覇に向けて、美浦での最終追い切りにも騎乗する。

 ほかにも、陣営が距離延長に自信を見せるリスグラシューや、3連勝でサンスポ賞フローラSを制したモズカッチャン、東京でクイーンCを勝っているアドマイヤミヤビ、重賞で安定した走りを続けるフローレスマジックなどが上位争いに加わってきそうだ。

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】ソウルスターリング雪辱へ12秒8 2017年5月11日(木) 05:02

 《美浦》桜花賞3着のソウルスターリング(藤沢和)はWコースの3頭隊列の最後方を進み、4コーナーで大外へ。ラスト1ハロンは馬なり12秒8(4ハロン54秒2)をマークし、2頭にそれぞれ1/2馬身先着した。「馬場が悪かったから時計は遅かったけど、穏やかに走れていたし順調。週末にやって、来週はジョッキー(ルメール騎手)がまたがります」と藤沢和調教師。

 《栗東》桜花賞馬のレーヌミノル(本田)は池添騎手を背にCWコースで3頭併せ。6ハロン81秒8−12秒4のシャープな伸びで2頭に5馬身ほど先着した。本田調教師は「前走後も落ち着いている。きょうが実質の最終追い。体はできているし、来週はサッとでいいね。距離は心配していない」と2冠制覇へ胸を張った。

 2着のリスグラシュー(矢作)は坂路で4ハロン52秒2−12秒8で、タイセイサミット(OP)と併入。武豊騎手は「ラストでもう少し動いてほしかったけれど、体調は悪くないよ。東京コースで勝っているし、前回の内容ならチャンスはある」と色気を持つ。

 12着のアドマイヤミヤビ(友道)はCWで6ハロン84秒2−11秒9。M・デムーロ騎手は「動きは良かったし、リラックスしていた。前走は馬場が悪すぎて、追走で一杯に。ジリジリと伸びるから距離が延びるのはいい」と巻き返しを期待。

 16着のミスパンテール(昆)はCWで6ハロン80秒9−12秒6と好タイム。「テンションが上がりすぎないようにうまく調整していきたい」と昆調教師。

 トライアルのサンスポ賞フローラSを勝ったモズカッチャン(鮫島)は坂路で4ハロン55秒4−12秒4。「しっかりと動けていましたし、いい状態をキープしているね」と鮫島調教師。

 スイートピーSを勝ったブラックスビーチ(角居)はCWで5ハロン66秒5−11秒9。「レースで減った体は戻っていますし、きょう(10日)から速いところを。中身はできていますし、元気一杯ですよ」と辻野助手は気配の良さを告げた。

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

80件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。