アルアイン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録

アルアインの関連ニュース

 今年の皐月賞アルアイン(栗・池江、牡3)は、クリストフ・ルメール騎手(38)=栗・フリー=とのコンビで秋を迎えることが7日、分かった。池江調教師は、「長距離戦の菊花賞は、騎手の経験値が勝敗に大きく左右するので、ルメール騎手に依頼しました」と経緯を説明。同騎手とのコンビで、セントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)をステップに菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)での2冠制覇を目指す。

 アルアインはダービー5着後、ノーザンファームしがらきで放牧中。ウオーキングマシンとトレッドミルを用いたメニューを消化している。

アルアインはルメールで菊路線へ2017年7月7日(金) 14:05

 今年の皐月賞アルアイン(栗東・池江泰寿厩舎、牡3歳)は、新たにクリストフ・ルメール騎手(38)=栗東・フリー=とのコンビで秋を迎えることになった。7日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブのホームページが更新され、ルメール騎手とのコンビでセントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)をステップに菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)に向かうことが発表された。

アルアインの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ラジNIK賞】逸材サトノクロニクル 秋へ重賞奪取 2017年6月26日(月) 17:01

 夏の福島が開幕する。オープニングを飾るのは3歳GIII「第66回ラジオNIKKEI賞」(7月2日、芝1800メートル)。主役はデビュー5戦すべて連対してきた大物サトノクロニクルだ。ダービー除外の無念を晴らすべく、タイトル獲得へ着々と態勢を整えている。

 サトノクロニクルは池江調教師がアルアインペルシアンナイトサトノアーサーとともに、ダービーに出したがっていた逸材。京都新聞杯2着があっても賞金不足で除外となってしまったが、ダービー前日の白百合Sを勝ち即賞金を上積み。それだけでも秋のGIへの出走は確実と思われるが、“無念”はもうゴメンとばかり、みちのくでの重賞を獲りにきた。

 とはいえ、勝負ごとに甘えはない。物足りなかったのは白百合Sの内容だ。「もう少し楽な形で勝てると思っていた。自分の指示で控える競馬をしてもらったが、一瞬の切れ味が少し足りないのかも。でも、早い段階でそれが分かったのは良かった」とトレーナー。

 調整は順調。先週22日のCWコースでラスト1F11秒7と弾け、3歳1000万下に1馬身半先着した。「中間は在厩で調整。いたって順調だし、動きも良かった」と満足そう。もとよりデビューから(2)(1)(2)(2)(1)着で、負けたときの着差も最大で0秒1という超堅実派。ここで調子を落とすとは思えず、能力は十分に発揮できるだろう。

 「舞台が小回りの福島に替わり、一瞬の脚も求められる。そこを見てみたいし、今度は(川田)ジョッキーにすべてを委ねようと思う」。池江×川田×里見治オーナーといえば、サトノアラジン安田記念を勝ったばかり。サトノクラウン(堀厩舎)が宝塚記念を制した追い風もあり、スッキリ秋へのG勝ちを決めたい。(夕刊フジ)

ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【めざせクラシック】音無師ほれたダノンマジェスティ2017年6月7日(水) 05:02

 デスク 先週から東西で2歳の新馬戦が始まり、勝ち上がった馬はそれぞれ強かった。今年もレベルは高そうだな。

 正木 新種牡馬のロードカナロア、ノヴェリスト産駒が早速、勝ちました。それでも、今年も2歳戦はディープインパクト産駒が中心に動いていくことになりそうです。

 デスク よさそうな馬を教えてくれ。

 正木 ダノンマジェスティはいいですよ。

 デスク 今年の皐月賞アルアインの全弟だな。昨年のセレクトセール1歳セリで2億3760万円(税込み)で取引され、音無厩舎に入厩か。

 正木 「値段に見合う能力がありそう。母は短距離系だが、今で馬体重は470キロぐらいあって、全兄からも距離はもちそう。秋以降のデビューになりそうだけど楽しみだよ」と、音無調教師もほれ込んでいます。

 デスク ほかのディープ産駒はどう?

 正木 吉村厩舎のエルカラファテは、母がアルゼンチンのGIを5勝した女傑。「今で馬体重は460キロぐらい。デビューは秋以降になりそうですが、いい動きをしますよ」と吉村調教師は話しています。

 デスク 吉村厩舎はほかにも楽しみな馬がいるだろ。

 正木 ローズサクシードは、母系はローズキングダムジャパンC)などが出ている名門の“バラ一族”で、来週に入厩予定。「ワークフォース産駒で体は500キロの大型ですが、重苦しさはなくピリッしています。これは夏にはデビューさせたい」とトレーナーは期待しています。

 デスク 美浦は?

 千葉 ジェネラーレウーノが、7月16日の函館芝1800メートルでデビュー予定です。3月にギャロップ増刊号の「丸ごとPOG」で取材したときは、育成先のノーザンファームで、同じスクリーンヒーローの産駒でモーリスの全弟ルーカスとともに絶賛されていた馬なんです。

 デスク 動きはどうだ?

 千葉 1日に坂路でラスト1ハロン11秒7を馬なり! 矢野調教師も「今のところ100点。セール(昨年のセレクションセール)のときから体つきは目立っていたけど、調教をやればやるほど良くなっている」と目を細めています。

[もっと見る]

【日本ダービー】松山「申し訳ない」アルアイン5着2017年5月29日(月) 05:03

 第84回日本ダービー(東京優駿)(28日、東京10R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、定量、芝2400メートル、1着本賞金2億円=出走18頭)皐月賞アルアインはスローペースの好位を追走したが5着。2冠の夢はかなわなかった。「スタートがよかったし、いい位置も取れたんですが…。そこから自分が何もできませんでした。申し訳ないです」と悔しさをかみ殺す松山騎手。ペルシアンナイト(7着)、サトノアーサー(10着)との3頭出しで挑んだ池江調教師は、「これも競馬です。あそこで動いたクリストフ(ルメール)をほめるべきですね。神騎乗でした」と相手をたたえた。

★28日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日本ダービー】レイデオロがルメール騎手に導かれて戴冠 2017年5月28日() 15:47

 5月28日の東京10Rで行われた第84回日本ダービー(3歳オープン、GI、芝2400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=2億円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)が制した。タイムは2分26秒9(良)。3/4馬身差の2着はスワーヴリチャード(3番人気)で、さらに1馬身1/4離れた3着にアドミラブル(1番人気)が入った。

 レイデオロを管理する藤沢和雄調教師は、ダービーへ19頭目の挑戦で待望の初制覇を達成。クリストフ・ルメール騎手も、サトノダイヤモンドに騎乗してハナ差2着に敗れた昨年のリベンジに成功し、初勝利を挙げた。

 レースはマイスタイルが逃げ、トラストアルアインダンビュライトなどとともに先行集団を形成。スワーヴリチャードは中団の前め、大外枠のアドミラブルは後方2番手を追走した。レイデオロは中団から向こう正面で一気にポジションを上げ、3コーナーまでに2番手へ。直線に入ると、最内で粘るマイスタイルを尻目に、馬場の中央からグングンと脚を伸ばして抜け出すと、スワーヴリチャードの追撃を退けてトップでゴールを駆け抜けた。さらに外から伸びてきたアドミラブルが3着に食い込み、マイスタイル(14番人気)が粘って4着。皐月賞アルアイン(4番人気)は5着だった。

 レイデオロは、父キングカメハメ、母ラドラーダ、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は5戦4勝。重賞は2016年ホープフルS・GIIに次いで2勝目。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「フランスでダービーを1回勝っていますが、(出身のフランスとは)別の国でダービージョッキーになれました。すごく、すごくうれしいです。去年は少し(ハナ差で)負けましたけど、今年はいっぱい自信がありました。スタートが速くない馬なのでいつも後ろのポジション。きょうも同じでしたけど、ペースが遅かったのでバックストレッチ(向こう正面)で上がっていったんです。馬はリラックスしていましたね。(ゴール前で)ファンの声が聞こえて、ハイテンションになりました。気持ちがすごくよかったです」

★28日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日本ダービー】最新ナマ情報2017年5月28日() 05:05

◆あとは鞍上任せ〔1〕ダンビュライト

 僚馬2頭とともに午後4時20分に到着。落ち着きがあってリラックスムードだ。濱田助手は「前走よりも雰囲気がいい。ここまで思った通りなので、あとは鞍上に任せます」と武豊騎手に全てを委ねた。

◆輸送は問題なし〔2〕アメリカズカップ

 周りににらみをきかせるような目つきで馬運車から降りてきた。「前走は到着したときに汗びっしょりだったけど、2回目なので落ち着いている。成長途上でどれだけやれるかだね」と橋本美助手。

◆無欲の一発期待〔3〕マイスタイル

 皐月賞16着からの巻き返しを狙う。「多少、渋滞はあったけど落ち着いています。距離に関しては何ともいえないけど、うまく運んでくれれば」と2008年にディープスカイでダービーを制した堂本助手は無欲の一発を期待している。

◆馬体の張り見事〔4〕スワーヴリチャード

 関西馬の大トリで午後4時40分に到着。堂々とした脚取りで馬体の張りも目を引く。久保淳助手は「元気いっぱいで問題なしですよ。前走より体がシャープになって、デキはいいと思う。左回りの今回は期待しています」と力を込めた。

◆落ち着いている〔5〕クリンチャー

 皐月賞で13番人気を覆し、見せ場十分の4着。「輸送は前走で経験しているし、順調だった。めちゃくちゃ落ち着いている。前に行かせてムキになる馬でもないので、どんな競馬にも対応できるし、血統的にもスタミナはある」と長谷川助手。

◆ほどよく気合!!〔6〕サトノアーサー

 初めての長距離輸送を無事にクリアし、ほどよい気合乗り。田重田助手は「輸送中も到着後も、変わらずに落ち着いていますね。前走後に全体的にパワーアップして、現時点ではこれが最高の状態だと思います」と胸を張った。

◆心身ともに上昇〔7〕アルアイン

 到着後に約15分間の引き運動を行い、蹄鉄のずれを修正した。音瀬助手は「落ち着いていて順調にきました。前走後も心身ともに上昇度を感じます。心肺機能が高いので、距離延長は気にしないでいいと思います」と2冠達成をにらんだ。

◆上積みに期待!!〔8〕トラスト

 札幌2歳Sの覇者が念願のひのき舞台に立つ。「1時間ぐらい渋滞はあったけど、特に問題はなかった。NHKマイルC(8着)の後、体は細くなったけど、1週間ほど休ませたら戻ってきた。調教も前走よりも動いていたよ」と疋田厩務員は上積みに期待する。

◆変わりなく順調〔9〕マイネルスフェーン

 Aコースでキャンターをしてから坂路4ハロン67秒2。ゆったりとした走りで、叩いた効果はうかがえる。「いつものウチの厩舎の最終調整。変わりなく順調にきていますね。無事にここまでこれたのはなにより」と手塚調教師。

◆短期間に急成長〔10〕ベストアプローチ

 青葉賞2着馬がさらに調子を上げている。到着後も落ち着きがあり、馬体の張りとつやは抜群。「輸送も4回目で、だいぶ慣れてきた。青葉賞を使ってから短期間でグングン良くなってきた。カイバ食いも今までで一番いいよ」と藤森厩務員は体調の良さを強調する。

◆状態アップ!!〔11〕ペルシアンナイト

 午後4時28分に到着すると、引き運動で体を軽くほぐした。「渋滞でいつもより1時間くらい遅れたけど、問題ないですよ。先週の追い切り後から良くなって、何とか間に合った。前走と同じくらいまできました」と齊藤助手。

◆目の輝きが違う〔13〕カデナ

 前日輸送の関西馬では一番早い午後4時15分の到着。「輸送中はジーッとしていた。皐月賞のときはおとなしすぎたけど、今回は落ち着いた中に気合もだいぶ入っている。追い切りでスイッチが入ったのかな。目の輝きが違う」と江藤厩務員。

[もっと見る]

【日本ダービー】7000勝男・的場が断!“大将”はアルアイン2017年5月28日() 05:04

 競馬のことは、やっぱり騎手に聞くのが一番! 毎年恒例となった、地方競馬の名手によるダービー予想を今年もお届けする。史上2人目の地方競馬通算7000勝を達成した的場文男騎手(60)=大井=や、スーパージョッキーズトライアル(6月5日・盛岡、同22日・園田)に参戦するトップジョッキーたちの真剣勝負。ぜひ、皆さんの予想のご参考に!!

 17日に日本競馬史上2人目の通算7000勝を達成した大井競馬のレジェンド、的場騎手。今年も50勝で南関リーディング6位とトップクラスの活躍を続けている。そんな“帝王”の思い出のダービーは、14歳のときに見た1971年のヒカルイマイだそうだが、今年の◎は(7)アルアインだ。

 「自在性があるし、皐月賞を勝っている。この馬が強いんじゃないかな」とジャッジ。「ペースや展開、血統もあるし、馬の体調も大事だよ」と付け加えた。

 対抗には(12)レイデオロを指名。「ルメールがこの前(JRA通算)600勝したときに『まだ的場(文男)さんには届かないけど』と言っていたのを知ってうれしかったよ」と名手の発言を喜んだ。人気の(18)アドミラブルも「3連勝しているし、前走が強かった」と3番手に評価した。

 そのうえで、「注目しているのは(1)ダンビュライト。今は内がいいし、うまく立ち回れば面白いと思うよ。個人的にも乗ってみたいし、穴ならこれですね」と武豊騎手の騎乗馬に興味を示した。

 的場騎手自身も、今年の東京ダービー(6月7日、大井、SI、ダ2000メートル)は、ブラウンレガートとのコンビで36度目の挑戦。還暦で悲願のダービー制覇を目指す。

アドミラブル

◆丸野勝虎(名古屋、通算2203勝)

 青葉賞の勝ち方が強くて、時計も良かった(18)アドミラブルが◎です。大外枠でM・デムーロ騎手がどう乗るのか興味があります。皐月賞を勝った○(7)アルアインも強いですね。こちらも松山騎手の乗り方に注目しています。どちらも乗ってみたいですね。今年のダービーは、このディープインパクト産駒2頭の争いとみています。

◆永森大智(高知、通算1419勝)

 ◎は(18)アドミラブルです。青葉賞は時計も速くて、強い勝ち方でしたからね。皐月賞の2着馬ではなく、M・デムーロ騎手が『この馬でダービーに行く』と決めたんですから、やはり能力が高いと思います。青葉賞組はダービーを勝っていませんが、この馬なら、その歴史を塗り替えるのではないでしょうか。皐月賞の内容が強かった(7)アルアインが対抗です。

◆山口勲(佐賀、通算4029勝)

 ◎は(18)アドミラブル。前走の勝ち方がすごかったですね。直線はまだ余力が十分にありましたから。一気にメンバーが強くなりますが、大外枠を差し引いても魅力的な馬ですよ。○は(12)レイデオロです。皐月賞のゴール前は伸びてきていましたからね。今回は変わってくると思います。▲は(4)スワーヴリチャード。実績がある東京で要注意でしょう。

[もっと見る]

【日本ダービー】岡部“教授”が「騎手心理」分析 2017年5月28日() 05:04

 1984年にシンボリルドルフで優勝するなど、騎手としてダービーでも活躍した岡部幸雄氏(68)が、今年の競馬の祭典を分析した。独特のプレッシャーがかかる一番はダービー優勝実績がある騎手が有利と指摘。最近はインコースが有利な状況も考慮したうえで、四位騎手の〔4〕スワーヴリチャード武豊騎手の〔1〕ダンビュライトに注目した。

 競馬の祭典、ダービーデーの東京競馬場は朝から独特の雰囲気が漂う。騎手にかかるプレッシャーはものすごく、いかに冷静に乗れるかが鍵になるが、その点でアドバンテージがあるのがダービージョッキー。自分自身もそうだったが、ダービーを勝つと自信がつき、レースでも周りがよく見えるようになるものだ。今年のダービーは混戦ムードなので、特に騎手の役割は重要といえる。

 最近のダービーはインが断然有利な傾向にある点も指摘したい。芝コースの管理技術が向上し、雨の影響を受けない限りいい馬場状態で実施され、レースも高速化。こうした状況では距離ロスの影響は大きくなり、2400メートルという長めの距離も考慮すれば、道中はインでじっとしてスタミナを温存するに限る。

 この2点から注目できるのが〔4〕スワーヴリチャードと〔1〕ダンビュライト皐月賞6着の前者はいかにも東京向きで、コンビを組む四位騎手はウオッカディープスカイでダービーを2勝している。皐月賞3着の後者の武豊騎手はディープインパクトなどでダービー歴代最多の5勝。馬はもうワンパンチ欲しい成績でも、鞍上で十分カバーできる可能性がある。

 皐月賞アルアインは〔7〕番枠はいいとしても、人気薄だった前走と違ってマークがきつくなる。ダービーの経験が浅い松山騎手がどれだけ平常心で乗れるかだろう。

 前日発売で1番人気の青葉賞優勝馬アドミラブルは〔18〕番枠。キャリアが浅いぶん、大外枠はもまれずに済むメリットがあるとはいえ、あまり外を回ると厳しくなる。ペースが上がって馬群が縦長になれば、それほど外を回らずに済むが、果たしてそうなるかどうか。いずれにしても、ダービー2勝でここ一番での集中力がすごいM・デムーロ騎手がどんなコース取りをするか興味深い。

 日本ダービーこそ未勝利ながら、フランスダービーを制しているのがルメール騎手。レイデオロは〔12〕番と真ん中より少し外寄り。2400メートルは少し長そうなタイプでもあり、乗り方次第だろう。

 他では昨年マカヒキでダービージョッキーの仲間入りを果たした川田騎手のサトノアーサーの〔6〕番もいい枠だと思う。毎日杯から直行という異例のローテーション。ダービーは厳しいレースを経験してきた皐月賞組が有利なデータがあるが、今年の3冠初戦は29年ぶりにトライアル組以外の馬のワンツーになるなど、最近の競馬はいろいろな面で常識が覆されているのも事実だ。 (JRA元騎手)

日本ダービーの枠順はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

岡部 幸雄(おかべ・ゆきお) 1948(昭和23)年10月31日生まれ、68歳。群馬・太田市出身。67年3月に騎手としてデビューし、2005年3月に引退するまでにJRA通算2943勝をあげ、3893勝の武豊騎手に次ぐ歴代2位(27日現在)。ダービーは26回出場し、84年にシンボリルドルフで優勝したほか、2着6回、3着3回。2014年に“競馬の殿堂”入り。サンケイスポーツ特別版週刊ギャロップで「GI観戦記」を連載中。

[もっと見る]

【日本ダービー】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2017年5月27日() 14:13

 今週は栗東で取材。ダービーを勝った伯楽たちに狙い馬を聞いたら、サトノアーサーアルアインスワーヴリチャードと票が分かれた。3頭で決まったらお見事。3頭とも来なかったら、それだけ混戦だったと…。

 1番手はアルアイン

 とにかく見違えたのが実質的な追い切りだった1週前のフットワーク。以前にも増して重心が低くなり、全身を使う大きな走りに変わってきた。馬体のつくりも、心なしか全体のシルエットが伸びた印象で、良化度は強烈。皐月賞以降で一番変わったのが皐月賞馬という、なかなかユニークな結論に至った。

 アドミラブルは珍しく坂路でしまいを追われて、鋭伸。軌道がまったくブレないのが素晴らしく、走りのバランスの良さは秀逸だ。フィニッシュにも余裕があり、これは楽しみなデキ。

 レイデオロはひと叩きで前進気勢が戻り、先週、今週と自ら走る気を出し、実に軽快な脚さばき。すべての面で物足りなさが残った前走時からの変わり身は急。ただ馬体は以前より胴が詰まって映り、距離延長がポイントになるかも。(夕刊フジ)

日本ダービーの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】データ大作戦(5)枠順2017年5月27日() 05:02

 ダービーをあらゆる角度から分析する当コーナーも、いよいよ大詰め。5日目は「枠順」と、それを加味したうえで脚質や出遅れ癖なども検証する。実績があっても、血統が良くても、枠順だけは運任せ。昔から“最も運のいい馬が勝つ”といわれるレースだけに、それすらも味方につけた馬こそが最高の栄誉を手にするのだ。なお、すでに脱落した7頭の評価は割愛する。

〔1〕馬番実績((6)番=4点減、〔8〕枠=3点減、(7)、(8)、(9)、(11)番=2点減)

 フルゲート18頭となった1992年以降の25回をみると、成績がいいのは(1)番【4・2・2・16】、(3)番【3・2・3・17】、(5)番【3・2・2・18】あたり。東京の芝2400メートルは枠順の有利不利があまりないフェアなコースとされているが、優勝馬25頭中14頭が(1)〜(5)番と、ダービーでは内枠優勢の傾向が顕著だ。

 連対0の馬番はないが、優勝歴がない馬番は6つ。うち(6)番は【0・1・1・23】で、連対率、複勝率ともに最低となっている。加えて、過去10年で1度も馬券に絡んでいない。(6)サトノアーサーは4点減とする。(7)番は【0・3・2・19】で、連対率は12・5%。(7)アルアインは2点減。(11)番は【0・3・2・20】で、連対率12・0%。(11)ペルシアンナイトも2点減だ。

 また、過去10年に限定すると、〔8〕枠は2007年2着アサクサキングス((16)番枠)が連対したのみ。09年〔8〕枠(18)番アンライバルド(単勝2・1倍)が12着と、1番人気が大敗したこともある。

 〔8〕枠(17)番ウインブライト、〔8〕枠(18)番アドミラブルは3点減だ。

〔2〕脚質(最大3点減)

 92年以降の優勝馬25頭中15頭、過去10年の優勝馬10頭中7頭が、4コーナー7番手より後ろの位置から差し切っている。1コーナー10番手以内が“ダービーポジション”(勝つために必要な位置取り)といわれたのはフルゲート28頭の時代だったころの話。近年は差し・追い込み馬が優勢だ。

 アメリカズカップは3勝いずれも好位からの競馬、マイスタイルも2勝がともに好位からの競馬だった。両馬ともに3点減とする。

〔3〕出遅れ癖(最大3点減)

 過去10年で出遅れて連対した馬はいない。05年にディープインパクトが出遅れて優勝した例はあるものの、能力の絶対値が抜けていなければ難しい。ハイレベルの一戦だけに、少しのロスでも致命傷になる。

 出遅れ癖があったり、何度か出遅れた経験のある馬が減点対象。

 6戦中4戦出遅れのペルシアンナイトは3点減。大一番の皐月賞で出遅れたウインブライトカデナレイデオロは2点減。2度の出遅れがあるスワーヴリチャードも2点減。青葉賞アドミラブル毎日杯アルアイン、シクラメン賞のサトノアーサーも出遅れており、1点減とする。

[もっと見る]

【日本ダービー】最新ナマ情報2017年5月27日() 05:02

◆武の手腕に期待〔1〕ダンビュライト

 坂路を軽快に4ハロン62秒9−15秒4。生野助手は「一戦ごとに馬がしっかりしてきて、しまいの脚も使えるようになっています。枠((1)番)も絶好だし、(武)豊さんがうまくさばいてくれると思います」と期待する。

◆気合乗り良し!!〔2〕アメリカズカップ

 気合乗りよく4ハロン60秒6−15秒3で登坂した。生野助手は「状態はキープしています。距離は少し長いかもしれませんが、抜群の枠((2)番)を引いたので、ロスなく運びたいですね」と話した。

◆デキは前回以上〔3〕マイスタイル

 4ハロン72秒8とゆったりしたペースで坂路を上がった。昆調教師は「前回以上のデキ。やるだけのことはやったので、どこまで能力を発揮できるか。あとはジョッキーに任せます」と笑顔で結んだ。

◆スローなら行く〔5〕クリンチャー

 坂路を4ハロン63秒9−15秒7で駆け上がった。宮本調教師は「いい状態でいけそう。スローなら行くし、速ければ控えてもいい。スタミナはあるので、先行力を生かしたいね」と見通しを語った。

◆ダービー仕様で〔6〕サトノアーサー

 活気十分に登坂し、4ハロン66秒4−15秒6。兼武助手は「力がみなぎっていますね。追い切るごとによくなっている印象がある。このダービーのためにいろいろ考えて調教やレースをやってきたので、いい結果につながってほしい」と力を込めた。

◆2冠へ入念調整〔7〕アルアイン

 皐月賞馬は、角馬場で体をほぐしてから坂路を駆け上がり、4ハロン65秒6−15秒5を計時した。兼武助手は「先週追い切ってからピリッとしてきて体調はよさそう。前回のきつい競馬の後でもよくなっている。心肺機能が高いんでしょうね」と2冠を期待する。

◆気性成長著しい〔8〕トラスト

 角馬場からCWコースを周回。中村調教師は「一戦ごとにどんどん落ち着きが出ている。カイバをよく食べるので、回復も早い。内の馬の出方を見ながら、持ち味を生かしたレースをしたい」とプランを描く。

◆変わりなく順調〔9〕マイネルスフェーン

 坂路をゆったりと4ハロン66秒6で駆け上がった。手塚調教師は「変わりなく順調です。枠は外すぎるのが嫌だったので、いいんじゃないかな。(奇数番も)ゲートが悪い馬でもないので。中団くらいで脚をためていければ」とイメージする。

◆「めっちゃ良い」〔10〕ベストアプローチ

 CWコースを軽快に駆けてからゲート確認を行った。荻野助手は「めっちゃよくて気持ちよかった。前回は輸送後にカイバを食べずに体が減ったけど、前回より体は増えている」と好感触だ。

◆乗り替わりOK〔11〕ペルシアンナイト

 小気味よく坂路で4ハロン64秒1−15秒0をマーク。兼武助手は「元気がある中でもリラックスできていて、力みなく走れていた。変に高ぶるタイプじゃないので、乗り替わりも気にならない」と好気配を伝えた。

◆藤沢和師「いい」〔12〕レイデオロ

 坂路をゆったりと4ハロン65秒7で登坂。落ち着きがあり、大レースを控えたピリッとした雰囲気を陣営ともども感じさせない。「いいねえ。皐月賞を使って調整はやりやすかったし、落ち着いている」と藤沢和調教師。27日に輸送する予定で、「1日前に入ってゆっくりした方がいい。オークスソウルスターリングもそうだったから」と、牡牝3歳王者取りへ万全を期して送り出す。

◆ケチ付けようない〔13〕カデナ

 角馬場でじっくりと乗り込んだ。中竹調教師は「腹袋がしっかりあって、毛づやもいい。見た目にケチの付けようがない。ここを目標に早い段階から思い通りのメニューを消化できているからね」と、仕上がりのよさに目を細めた。

[もっと見る]

【日本ダービー】瀬戸口元調教師の馬体診断 2017年5月26日(金) 05:11

 ネオユニヴァースメイショウサムソン日本ダービー2勝を挙げた元JRA調教師の瀬戸口勉氏(80)が、日本ダービー出走馬を馬体診断。最もほれ込んだのは3連勝で青葉賞を制したアドミラブルだ。2番手以降にはサトノアーサーアルアインなどを取り上げた。

 すべてのホースマンが目指す日本ダービー。各陣営がこのレースに照準を定めて完璧に仕上げてきており、なかなか甲乙つけがたいが、馬体を見て青葉賞を制したアドミラブルにほれた。

 510キロもあるとは思えないバランスの良さ。筋肉に張りがあり、無駄なところがなく研ぎ澄まされた印象だ。飛節の角度も理想的で、胸前の力強さも強調できる。胴が長めですっきりしていて、いかにも長距離向きだ。血統の配合も魅力的。父がディープインパクトで、母系には底力のあるトニービン。体形的には(母の父)シンボリクリスエスの方が出ている印象だが、父と母のいいところを受け継いでいる。皐月賞組と比較しても、引けをとらないポテンシャルがあり、馬体からスケールの大きさを感じる。

 サトノアーサーは、全体のバランスが理想的で、非常に好きなタイプ。幅があって、中身の良さが出ている。十分に間隔を取ってきっちり仕上げてきており、筋肉が浮き出て毛づやの良さも目立つ。距離的にどうかだが、全身から筋肉の柔らかさとバネを感じるし、府中の良馬場は合うだろう。

 皐月賞馬のアルアインは一見すると、やや短距離向きの体形にも映るが、胸前にボリュームがあり心肺機能が高そう。後肢にもすごくいい筋肉がついていて、馬体に力強さがあふれている。皐月賞は勝負どころで手応えが鈍かったが、そこから伸びたのは勝負根性と精神力の強さだろう。

 スワーヴリチャードは、ハーツクライ産駒らしく、ゆったりした馬体のつくりで、広い東京コース向きと思える。前走時より輪郭がくっきりして、体に締まりが出てきたのもいい。

 ペルシアンナイトは、やや胴が詰まった感じがあるので、距離が延びるのがどうか。ただ、筋肉に柔らかみを感じるし、毛づやや馬体の張りも目立つ。

 レイデオロは柔らかそうで、顔つきもいい。ただ、肩の傾斜がやや立ち気味で、少し頭も高い。こういう馬はストライドが伸びにくく、中長距離向きとは言いにくい。そのあたりが、最後のひと伸びにどう影響してくるか。 (元JRA調教師)

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

瀬戸口 勉(せとぐち・つとむ) 1936(昭和11)年11月3日生まれ、80歳。鹿児島県出身。騎手時代は63年の桜花賞(ミスマサコ)など通算329勝。73年から調教師となり、2007年の引退までにJRA通算864勝、重賞は平地GI13勝を含む51勝。有馬記念2勝のオグリキャップ皐月賞日本ダービーを制したネオユニヴァースメイショウサムソンなどを育てた。

[もっと見る]

【日本ダービー】データ大作戦(4)騎手 2017年5月26日(金) 05:10

 出走馬18頭と枠順が25日に確定した。ダービーをあらゆる角度から分析する当コーナーは、折り返しの4日目。「騎手」をテーマに、さらにふるいにかける。ダービー制覇は競馬に携わる全ての人の憧れで、ハードルも高い。多くの勝ち星を挙げる名手でも厳しくチェックを行う。なお、すでに脱落した5頭の評価は割愛する。

〔1〕乗り替わり(初騎乗=3点減、乗り替わり=2点減)

 前走から騎手が乗り替わった馬の優勝は32年前(1985年シリウスシンボリ)までさかのぼる必要がある。これは過去にコンビを組んだ経験があったとしても例外ではない。3歳馬の頂点を決する大一番での乗り替わりは不安材料だ。

 初騎乗となる場合は特に大きなマイナス。乗り替わりで初コンビとなる戸崎騎乗のペルシアンナイトは5点減とする。

〔2〕年齢(30歳未満=1点減、ダービー初騎乗=1点減)

 過去10年で連対した延べ20人のうち、最年少は昨年の優勝馬マカヒキに騎乗した川田と2007年2着アサクサキングスに騎乗した福永で当時30歳。ダービーは武豊や横山典といった名手でさえ、勝つまでに時間を要した。経験豊富なベテランに一日の長がある。

 27歳の松山が騎乗するアルアインは1点減、ダービー初騎乗で21歳の松若が騎乗のアメリカズカップは2点減とする。

〔3〕今年の勝利数(20勝未満=2点減、30勝未満=1点減)

 連対騎手20人の同年のJRA勝利数を見ると、19人がダービーの前週終了時点で20勝以上していた。例外は11年1着オルフェーヴルの池添(14勝)だが、それまでの全レースに騎乗し、皐月賞もV。お互いを知り尽くしたコンビでない限り、馬だけでなく騎手も好調であることが望ましい。また、連対20人中12人は30勝以上を挙げていた。

 松岡(18勝)騎乗のウインブライト、藤岡佑(18勝)騎乗のクリンチャー、四位(15勝)騎乗のスワーヴリチャード、横山典(18勝)騎乗のマイスタイルは2点減とする。

 松若(23勝)騎乗のアメリカズカップ、北村宏(23勝)騎乗のダイワキャグニー、岩田(28勝)騎乗のベストアプローチは30勝に達していないので1点減。

[もっと見る]

【日本ダービー】枠順確定!各陣営の反応は2017年5月26日(金) 05:05

◆「ロスなく行ける」〔3〕マイスタイル

 皐月賞16着からの巻き返しを狙うマイスタイルは、〔2〕枠(3)番となった。藤野助手は「ロスなく行けるし、内枠は良かった」とニッコリ。

◆内の偶数枠歓迎!!〔4〕スワーヴ

 共同通信杯勝ちがあるスワーヴリチャードは〔2〕枠(4)番。庄野調教師は「今週からCコースに替わって内めの馬場状態も悪くないので、いい枠だと思う」と歓迎。ややスタートに不安を残すだけに、「(後入れの)偶数もいいし、前走くらい出てくれたら」と期待する。

◆うれしい“3冠枠”〔5〕クリンチャー

 2頭の3冠馬(ディープインパクトオルフェーヴル)が勝利をつかんでいる〔3〕枠(5)番に決まったクリンチャー。「うれしい枠。自由自在の競馬ができるし、ロスなく行けそう。他の馬が行かないならハナでも」と宮本調教師は笑顔を見せた。

◆「いい枠」笑顔〔6〕サトノアーサー

 連覇がかかる川田騎手が騎乗するサトノアーサーは〔3〕枠(6)番に入った。内側をロスなく運べる枠は歓迎材料だ。川合助手は「ためて最後に突き抜けてくるタイプなので、いい枠じゃないかなと思います」と笑みを浮かべた。

◆「内、外見ながら」〔7〕アルアイン、「外すぎず良かった」〔11〕ペルシアンナイト

 皐月賞アルアインは〔4〕枠(7)番、僚馬で2着のペルシアンナイトは〔6〕枠(11)番に入った。川合助手は、「アルアインは自由自在な馬なので、内、外を見ながら競馬ができる。(中間も)角馬場で入念に乗り込んでいるので」と話し、2冠制覇へ好感触。「ペルシアンはゲートの出はそこまで速くはないが、外すぎず良かった。状態もよくなってきたので楽しみです」と満足げだ。

◆「楽に先手取れる」〔8〕トラスト

 トラストは〔4〕枠(8)番。長谷川助手は「GI(朝日杯FS(18)番、皐月賞(18)番、NHKマイルC(13)番)でずっと外枠だったことを思えば十分です。他の馬よりスタートも行き脚も速いので、楽に先手を取れると思う」とハナを切る構えだ。

◆「枠は特別気にしない」〔9〕マイネルスフェーン

 青葉賞9着のマイネルスフェーンは〔5〕枠(9)番から巻き返しを狙う。矢嶋助手は「ど真ん中ですね。枠は特別気にしていなかったし、この馬のパフォーマンスを出せるように頑張ってもらうだけ」と無欲で送り出す。

◆「真ん中」感触よし〔10〕ベストアプローチ

 ベストアプローチは〔5〕枠(10)番。周囲の出方を確認しながら運べるゲートだ。「ちょうど真ん中の偶数番の枠。良かったと思うよ」と田代助手。

◆中竹師「仕方ない」〔13〕カデナ

 皐月賞9着から巻き返しを狙うカデナは〔7〕枠(13)番。中竹調教師は、「決まったものは仕方がないし、(福永)祐一に任せる。ゲートに癖がある馬じゃないので」と話した。

◆枠よりも馬場状態〔14〕ジョーストリクトリ

 NHKマイルC12着のジョーストリクトリは、外めの〔7〕枠(14)番。押田助手は「注文がつくタイプじゃないので枠はどこでもよかった。雨の影響が残るような馬場になってくれれば」と語った。

◆「枠なりの競馬を」〔15〕ダイワキャグニー

 東京で3戦3勝のダイワキャグニーは〔7〕枠(15)番。菊沢調教師は「ダイワスペリアーも〔7〕枠(15)番だったね」と、騎手時代に騎乗して3着だった馬を懐かしんだが、この馬はスタンド前発走にやや不安。それだけに「しようがないね。枠なりの競馬をしてもらうだけ。ジョッキーとも相談したい」と、外枠が残念そうだった。

[もっと見る]

79件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。