キョウヘイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

キョウヘイの関連ニュース

 都大路ステークス(12日、京都11R、4歳上オープン国際、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金2400万円 =出走14頭)昨秋の福島記念14着以来半年ぶりの出走だった5番人気サンマルティン(美・国枝、セン6、父ハービンジャー)が、後方からメンバー最速の上がり3ハロン33秒3の末脚を発揮してオープン初勝利を決めた。14戦6勝。タイム1分44秒6(良)。6番人気エアアンセムが1馬身3/4差の2着で、最下位14着に敗れた1番人気プラチナムバレットはレース後、左前肢跛行と診断された。

 ◆池添騎手(サンマルティン1着) 「折り合いだけ大事にして乗りました。返し馬やゲートで少しうるさい面はありましたが、直線は脚を使ってくれました」

 ◆藤岡佑騎手(エアアンセム2着) 「直線で抜け出したときは、やったと思ったのですが…。昇級戦としてはいい内容だったと思います」

 ◆古川騎手(グァンチャーレ3着) 「上手に内々で立ち回ってもう少しだったのですが…。時計も速かったかな」

 ◆高倉騎手(キョウヘイ5着) 「内があいていたので、そこを突いていい形で運べたと思います」

 ◆岩田騎手(ストロングタイタン9着) 「楽に行けていましたが、直線はバタバタになってしまいました。体も少し立派だったかもしれません」

★12日京都11R「都大路S」の着順&払戻金はこちら

【古馬次走報】セダブリランテス、新潟記念で復帰予定 2018年5月4日(金) 05:00

 ★中山金杯を制し、左橈骨(とうこつ)遠位端の軽微な剥離骨折で戦列を離れているセダブリランテス(美・手塚、牡4)は、新潟記念(9月2日、新潟、GIII、芝2000メートル)で復帰予定。僚馬でマイラーズC12着ヤングマンパワー(牡6)は、関屋記念(8月12日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。同じく僚馬でアンタレスS15着モンドインテロ(牡6)は、七夕賞(7月8日、福島、GIII、芝2000メートル)へ向かう。

 ★かきつばた記念2着キングズガード(栗・寺島、牡7)は放牧を経て、藤岡佑騎手でプロキオンS(7月8日、GIII、中京、ダ1400メートル)に向かう。

 ★谷川岳S2着タイセイサミット(栗・矢作、牡5)はメイS(19日、東京、OP、芝1800メートル)。僚馬で晩春Sを勝ってオープン昇格を決めたリライアブルエース(牡5)は京王杯SC(12日、東京、GII、芝1400メートル)に進む。2年前のみやこS7着以来休養していたキョウエイギア(牡5)は平安S(19日、京都、GIII、ダ1900メートル)で復帰する。

 ★京都牝馬S5着ワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝5)は、函館スプリントS(6月17日、函館、GIII、芝1200メートル)へ。僚馬でダービー卿チャレンジT13着クラリティスカイ(牡6)は、大沼S(6月23日、函館、OP、ダ1700メートル)を目指す。

 ★スワンS7着後、休養しているトーセンデューク(栗・藤原英、牡7)は都大路S(12日、京都、OP、芝1800メートル)。ここには洛陽S6着キョウヘイ(栗・宮本、牡4)も参戦する。

 ★かきつばた記念6着のローズプリンスダム(美・畠山、牡4)はアハルテケS(6月9日、東京、OP、ダ1600メートル)を視野に。

[もっと見る]

【古馬次走報】クリンチャーは予定通り放牧へ 2018年5月2日(水) 12:02

 ★天皇賞・春3着のクリンチャー(栗・宮本、牡4)は、予定通り放牧に。今秋は武豊騎手でフォワ賞(9月16日、ロンシャン、GII、芝2400メートル)から凱旋門賞(10月7日、ロンシャン、GI、芝2400メートル)に向かう。 ★福島牝馬Sを制したキンショーユキヒメ(栗・中村、牝5)は、マーメイドS(6月10日、阪神、GIII、芝2000メートル)に向かう。

 ★スワンS7着以来となるトーセンデューク(牡7)は、都大路S(12日、京都、OP、芝1800メートル)。ここには、洛陽S6着のキョウヘイ(栗・宮本、牡4)も参戦する。

 ★天王山S1着のテーオーヘリオス(栗・梅田、牡6)は放牧。同4着ニットウスバル(美・高橋文、牡6)は中1週で栗東S(13日、京都、OP、ダ1400メートル)へ。同5着ナンチンノン(栗・中竹、牡7)は、北海道スプリントC(6月7日、門別、交流GIII、ダ1200メートル)へ向かう。同馬でオアシスS1着のルグランフリソン(牡5)は欅S(26日、東京、OP、ダ1400メートル)か、さきたま杯(30日、交流GIII、浦和、ダ1400メートル)へ。かきつばた記念3着のサンライズメジャー(栗・浜田、牡9)も同レースに登録。

[もっと見る]

【古馬次走報】ナックビーナス、高松宮記念直行も 2018年1月11日(木) 05:00

 ★カーバンクルSを連覇したナックビーナス(美・杉浦、牝5)は出走可能なら高松宮記念(3月25日、中京、GI、芝1200メートル)直行も。2着ペイシャフェリシタ(美・高木、牝5)は三浦騎手で夕刊フジ賞オーシャンS(3月3日、中山、GIII、芝1200メートル)へ。3着ロードクエスト(美・小島茂、牡5)はシルクロードS(28日、京都、GIII、芝1200メートル)。

 ★中山金杯2着ウインブライト(美・畠山、牡4)と3着ストレンジクォーク(美・小島太、牡6)は小倉大賞典(2月18日、小倉、GIII、芝1800メートル)参戦が有力。4着ブラックバゴ(美・斎藤誠、牡6)と11着マイネルミラノ(美・相沢、牡8)はアメリカJCC(21日、中山、GII、芝2200メートル)へ。5着ダイワキャグニー(美・菊沢、牡4)は東京新聞杯(2月4日、東京、GIII、芝1600メートル)を予定。ここには京都金杯5着ストーミーシー(美・斎藤誠、牡5)も参戦濃厚。

 ★ポルックスS快勝のアルタイル(美・手塚、牡6)はマーチS(3月25日、中山、GIII、ダ1800メートル)へ。3着センチュリオン(美・田村、牡6)は佐賀記念(2月6日、佐賀、交流GIII、ダ2000)。同8着サンマルデューク(美・小島太、牡9)はアルデバランS(2月3日、京都、OP、ダ1900メートル)へ。

 ★菊花賞2着クリンチャー(栗・宮本、牡4)は、京都記念(2月11日、京都、GII、芝2200メートル)で始動する。僚馬で京都金杯7着キョウヘイ(牡4)は、洛陽S(2月10日、京都、OP、芝1600メートル)へ。

 ★京都金杯10着アメリカズカップ(栗・音無、牡4)も洛陽Sに向かう。同9着マサハヤドリーム(栗・今野、牡6)は、小倉大賞典へ。

 

[もっと見る]

【スポ京都金杯】レースを終えて…関係者談話2018年1月7日() 05:02

 ◆浜中騎手(クルーガー2着) 「4角で動けない場面があったんですが、よく頑張って伸びた」

 ◆幸騎手(レッドアンシェル3着) 「勝った馬の勢いが違ったし、まだこれからの馬です」

 ◆北村友騎手(ダノンメジャー4着) 「精神面も成長して、今後違った競馬もできると感じました」

 ◆大野騎手(ストーミーシー5着) 「ラストで確実な脚を使える馬。展開がはまれば十分にやれます」

 ◆池添騎手(カラクレナイ6着) 「もう少し短い距離ならいい脚が使えそう」

 ◆高倉騎手(キョウヘイ7着) 「脚をためられなかった。前も止まらず…」

 ◆藤岡康騎手(ラビットラン8着) 「もっとはじけると思ったんですが…」



★6日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポ京都金杯】レッドアンシェルが1番人気/13:00時点 2018年1月6日() 13:05

 6日、京都で関西圏の新年最初の重賞・GIII京都金杯(芝1600メートル)が行われる。重賞ウイナー6頭を含め、マイル路線での飛躍を目指す好メンバーがそろった。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番-馬番 馬名      単勝オッズ

1- 1 マサハヤドリーム  37.5

2- 2 ラビットラン     5.3

3- 3 マイネルアウラート 29.3

4- 4 アメリカズカップ  22.8

4- 5 カラクレナイ    32.1

5- 6 ダノンメジャー   17.4

5- 7 レッドアンシェル   3.3

6- 8 ストーミーシー   20.7

6- 9 ブラックムーン    5.8

7-10 スズカデヴィアス  49.7

7-11 キョウヘイ     14.6

8-12 ウインガニオン   10.7

8-13 クルーガー      5.7



★京都金杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】馬体成長!キョウヘイ末脚炸裂だ 2018年1月5日(金) 11:44

 キョウヘイは1年前のシンザン記念で強烈な末脚を繰り出し、重賞初Vを飾った。当時は8番人気の単なる伏兵だったが、前3走すべて0秒4差以内で(3)(5)(4)着の内容からすれば、今はOPの安定勢力といっていい。

 「前走後の回復も早かったし、年末年始の調整も順調だ。使いながら体が増えているのはいい傾向。カイ食いが増えて実になってきたようだ」と、宮本調教師は目を細める。シンザン記念時の428キロに対して、前走は444キロ。そんな肉体面の成長がレースぶりにも現れてきている。

 「道中で脚をためて、直線で内を突く形が理想。頭数もそう多くないので、さばきやすいかな。チャンスはある」。1年前同様に、ゴール前の大逆転劇が堪能できそうだ。

 “究極の3連単”はキョウヘイを1着に固定。同コースのマイラーズC勝ちが光るクルーガーを2、3着に置いた12点で勝負する。(夕刊フジ)

★京都金杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】クルーガー8枠13番、アンシェル5枠7番 2018年1月5日(金) 10:32

 年末年始に中山で継続開催となる関東圏とは異なり、関西圏の中央競馬は恒例の京都開催で幕を開ける。新年最初の重賞となるのが第56回京都金杯(1月6日、GIII、芝1600メートル)。マイル路線での飛躍を目指す好メンバーがそろった。5日、以下のとおり枠順が確定。2016年4月マイラーズC以来の重賞制覇を狙うクルーガーは8枠13番、前走のリゲルSを快勝したレッドアンシェルは5枠7番に入った。



(左から)枠番-馬番 馬名 斤量 騎手1- 1 マサハヤドリーム 54.0岩崎翼2- 2 ラビットラン   54.0藤岡康太3- 3 マイネルアウラート57.0丹内祐次4- 4 アメリカズカップ 56.0松山弘平4- 5 カラクレナイ   54.0池添謙一5- 6 ダノンメジャー  56.5北村友一5- 7 レッドアンシェル 56.0幸英明6- 8 ストーミーシー  54.0大野拓弥6- 9 ブラックムーン  57.0武豊7-10 スズカデヴィアス 56.5藤岡佑介7-11 キョウヘイ    55.0高倉稜8-12 ウインガニオン  57.5津村明秀8-13 クルーガー    57.5浜中俊



★京都金杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】厩舎の話2018年1月5日(金) 05:04

 ◆アメリカズカップ・音無師 「時計のかかる馬場になってほしい」

 ◆ウインガニオン・西園師 「ハナに行って先行力を生かしたい」

 ◆カラクレナイ・松下師 「やるごとに上向いている」

 ◆キョウヘイ・宮本師 「さばきひとつでチャンスも」

 ◆クルーガー・高野師 「いい状態に持ってこられた」



 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「久々のマイル戦だが、適性はありそう」

 ◆ストーミーシー斎藤誠師 「状態はいい。大野騎手がクセをつかんでくれている」

 ◆ダノンメジャー・橋口師 「京都は合っている。ハナにもこだわらない」

 ◆ブラックムーン・西浦師 「ペースが速くなってしまいがかかれば」

 ◆マイネルアウラート高橋裕師 「前々の好位で運びたい」

 ◆マサハヤドリーム・今野師 「うまく脚をためられれば」

 ◆ラビットラン・辻野助手 「京都マイルの条件はいいと思います」

 ◆レッドアンシェル・庄野師 「しまい重点で十分動けていた」

★京都金杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】厩舎の話2018年1月4日(木) 11:50

アメリカズカップ・音無調教師「状態は悪くない。時計がかかれば」

ウインガニオン・西園調教師「開幕週なので、ハナに行きたい」

カラクレナイ・松下調教師「追うごとに上向いている。折り合えれば」

キョウヘイ・宮本調教師「道中で脚をためて、直線でインを突きたい」

クルーガー・高野調教師「いい状態。ハンデは見込まれたが、このコースには実績がある」



スズカデヴィアス・橋田調教師「マイルは久々だが、適性はあるはず」

ストーミーシー斎藤誠調教師「他馬を気にする面が解消した。相性のいい鞍上に期待」



ダノンメジャー・橋口調教師「追い切りではしっかり走れた。前走も着順ほど負けていない」

ブラックムーン・西浦調教師「動きは上々。上がりがかかれば」

マイネルアウラート高橋裕調教師「輸送があるので(5F)70-40。元気が出てきた」

マサハヤドリーム・今野調教師「マイルの流れで脚をためられれば」

ラビットラン・辻野助手「気配は上向きだし、京都マイルもいい」

レッドアンシェル・庄野調教師「テンションを上げないよう上がり重点。落ち着いていれば」



(夕刊フジ)



★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポ京都金杯】追って一言2018年1月4日(木) 05:04

 ◆アメリカズカップ・音無師 「追い切りの動きは悪くないし、状態は変わりない。少しでも時計のかかる馬場になってほしい」

 ◆カラクレナイ・松下師 「やるごとに上向いている。だんだんとスタートはよくなっているので、出たなりでジッとして、折り合いをつけたい」

 ◆キョウヘイ・宮本師 「調整は順調。ストライドの大きい走りだった。ハンデも手頃だし、さばきひとつでチャンスがありそう」



 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「動きはよく、状態は変わりない。久々のマイル戦になるけど、適性はありそう」

 ◆ストーミーシー斎藤誠師 「状態はいい。他馬を気にする癖があって力を出せなかったけど、大野騎手が癖をつかんでくれている」

 ◆ダノンメジャー・橋口師 「気を抜かずにしっかり走れていた。状態はよさそう。京都は合っているし、ハナにもこだわらない」



 ◆ブラックムーン・西浦師 「しまいまでしっかりして、時計も動きもよかった。持ち時計はあるので、ペースが速くなって、しまいがかかれば」

 ◆マイネルアウラート高橋裕師 「体は先週で、できている。寒くなってとにかく元気。比較的前々の好位で運びたい」

 ◆マサハヤドリーム・今野師 「前走後も大きな疲れもなく順調。ハンデはいいし、マイルの流れでうまく脚をためられれば」

[もっと見る]

【スポ京都金杯】キョウヘイ、今年も正月男だ! 2018年1月3日(水) 05:06

 関西圏は年明けの京都開催に切り替わる。その初日メインは、京都金杯(6日、GIII、芝1600メートル)。注目は末脚に磨きがかかってきた明け4歳馬のキョウヘイだ。年末も順調に調整されており、昨年のシンザン記念に続く“正月重賞V”を目指して出陣する。

 今年も正月競馬の主役を演じる。昨年、シンザン記念を制したキョウヘイが、2年連続の年明け重賞Vに向けて意欲満々。馬場開きとなった2日早朝、宮本調教師が声を弾ませた。

 「前走後の回復も早かったし、年末年始も順調に過ごせた。1年ぶりに何とか勝ちたいね」

 リゲルS4着後は、ここに目標を定め、12月28日に坂路で4ハロン53秒6-12秒7の好時計をマーク。予定通りに調教を進め、この日の“走り初め”でも、坂路をゆったりと駆け上がった。

 ダービー12着のあとは休養に充てて、10月に復帰。年長馬相手のオープン特別で3、5、4着と掲示板を確保している。特に前走のリゲルSは、スローペースで後方待機馬に厳しい流れのなか、直線でインから上がり3ハロン33秒7の末脚を駆使。勝ち馬から0秒3差の4着に食い込んだ。

 「内容のある競馬だった。道中で脚をためて、直線で内を突くレースが板についてきたね」

 トレーナーが目を細める。これはデビューからの12戦すべてに騎乗している高倉騎手が、スタイルを確立させてきたもの。馬群の外に回すと外に逃げる癖があるため、直線は馬混みを突いて闘争心を引き出すことが目的だ。その効果は顕著に表れており、重賞で勝ち負けできる水準に達している。

 デビュー時に416キロだった馬体重も、前走では過去最高の444キロまで増加。「使いながら体が増えているのがいいね。食べる量も増えている」とトレーナーは成長ぶりを強調した。

 過去10年は全て15頭以上が出走したレースながら、今年は13頭前後になりそう。「さばきやすくなるし、いいね」と師は歓迎する。昨年のキョウヘイのほかに、15年にはウインフルブルームで京都金杯を制している宮本厩舎。今年も、新春の京都マイル重賞で初笑いを目指す。 (斉藤弘樹)

★昨年はワンツー

 昨年の京都金杯は、エアスピネルブラックスピネルの4歳馬がワンツー。過去10年で8頭が連対しており、これは年齢別で最も多い。連対率22%も最上位。昨秋の重賞戦線を席巻した明け4歳世代は、この京都金杯でも大いに期待できる。



★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞京都金杯】特別登録馬2017年12月28日(木) 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ミッキーロケット、日経新春杯へ 2017年12月13日(水) 05:02

 ★中日新聞杯2着ミッキーロケット(栗・音無、牡4)は連覇がかかる日経新春杯(1月14日、京都、GII、芝2400メートル)へ。5着マキシマムドパリ(栗・松元、牝5)は愛知杯(同13日、中京、GIII、芝2000メートル)で連覇を目指す。

 ★リゲルSを制したレッドアンシェル(栗・庄野、牡3)、4着キョウヘイ(栗・宮本、牡3)はともに京都金杯(1月6日、京都、GIII、芝1600メートル)に進む。3着ディバインコード(美・栗田博、牡3)はリフレッシュ放牧へ。

 ★カペラS2着スノードラゴン(美・高木、牡9)は来年も現役を続行。ひと息入れて夕刊フジ賞オーシャンS(3月3日、中山、GIII、芝1200メートル)に出走する。4着ドラゴンゲート(美・小西、牡5)はジャニュアリーS(1月13日、中山、OP、ダ1200メートル)。



ミッキーロケットの競走成績はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】スズカデヴィアス、中日新聞杯へ2017年11月22日(水) 05:01

 ★福島記念2着スズカデヴィアス(栗・橋田、牡6)は中日新聞杯(12月9日、中京、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★霜月S5着ドリームドルチェ(美・根本、牡5)はカペラS(12月10日、中山、GIII、ダ1200メートル)に向かう。

 ★アンドロメダS5着キョウヘイ(栗・宮本、牡3)はリゲルS(12月9日、阪神、OP、芝1600メートル)、同厩で12着ウインフルブルーム(牡6)はディセンバーS(同17日、中山、OP、芝1800メートル)に進む。



スズカデヴィアスの競走成績はこちら

 

[もっと見る]

54件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。