エアスピネル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

エアスピネルの関連ニュース

エアスピネルが安田記念を回避

2018年5月9日(水) 15:34

 重賞3勝を挙げ、前走のマイラーズCで3着だったエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡5歳)が、安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)を回避することが9日、分かった。笹田調教師は「前走後からの疲れが抜けきらず、間に合いそうにないので安田記念はやめることにしました」と説明。今週中に宮城・山元トレセンに放牧に出され、復帰は秋になる見込み。

エアスピネルの競走成績はこちら

【マイラーズC】サングレーザー、コースレコードV 2018年4月23日(月) 05:05

 第49回マイラーズカップ(22日、京都11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5900万円、1着馬に安田記念の優先出走権 =出走14頭)福永祐一騎乗で4番人気のサングレーザーが中団の後ろから鮮やかに差し切って快勝。重賞2勝目を挙げ、安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイム1分31秒3(良)は、従来の記録を0秒1塗り替えるコースレコード。1馬身1/4差2着が2番人気モズアスコットで、1番人気エアスピネルは3着に終わった。

 自慢の末脚で、淀のターフを切り裂いた。1分31秒3のコースレコードをマークしたサングレーザーが鮮やかな差し切り勝ち。圧巻のパフォーマンスに福永騎手の笑みがはじけた。

 「流れが向いたし、すべてがうまくいきましたが、強かったですね。初めて乗せてもらったときから、本格化するのは早くても4歳からと思っていました」

 開幕週の絶好馬場のなか、序盤は後方寄りの追走となったが、鞍上は冷静だった。「予想よりペースが流れたし、近くにエアスピネルもいたので、心配していませんでした」。道中は内めでぴったりと折り合い、4コーナーでスムーズに外へ。ただ1頭、他馬より1キロ重い57キロを背負いながらも、メンバー最速となる上がり3ハロン33秒2の豪脚で突き抜けた。

 「走るフォームが調教からよかったし、きょうも『よくなってきたな』と思いながら乗っていました」とユーイチ。昨年12月の阪神C3着以来だったが、確かな成長を感じ取っている。

 父ディープインパクト譲りの瞬発力が最大の武器。前哨戦を快勝し、安田記念を視界にとらえた。「いい切れ味を持っているので、こういう形でどんどん磨いていくのがいいのかなと思います。もっとよくなりそうな雰囲気を感じていたので楽しみ」と主戦は期待を寄せる。

 目指すはもちろんマイル王。充実一途のサングレーザーが、府中の長い直線で豪脚を爆発させる。 (斉藤弘樹)

★22日京都11R「マイラーズC」の着順&払戻金はこちら

サングレーザー 父ディープインパクト、母マンティスハント、母の父デピュティミニスター。青鹿毛の牡4歳。栗東・浅見秀一厩舎所属。北海道安平町・追分ファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績13戦6勝。獲得賞金2億3087万9000円。重賞は2017年GIIスワンSに次いで2勝目。マイラーズC浅見秀一調教師、福永祐一騎手ともに初勝利。馬名は「太陽の近くをかすめるように通る彗星」。

[もっと見る]

【マイラーズC】エアスピネル、及第点の3着! 2018年4月23日(月) 05:04

 第49回マイラーズカップ(22日、京都11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5900万円、1着馬に安田記念の優先出走権 =出走14頭)1番人気のエアスピネルは、中団からじりじりと伸び、勝ち馬から1馬身1/4、1/2馬身差の3着。武豊騎手は「いい頃よりも反応が少し物足りなかった。次は良くなると思う」と安田記念での前進に期待した。笹田調教師も「堅実に走っている。競馬は上手だった」と及第点の評価。本番での逆転に向けて、今後の良化が鍵を握る。

★22日京都11R「マイラーズC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マイラーズC】1番人気エアスピネルは3着 武豊「ここ使って次は良くなる」 2018年4月22日() 20:38

 4月22日の京都11Rで行われた第49回マイラーズカップ(4歳以上オープン、GII、芝・外1600メートル、別定、14頭立て、1着賞金=5900万円)は、福永祐一騎手騎乗の4番人気サングレーザー(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎)が後方待機から直線、外から豪快に差し切って(上がり3ハロン33秒2=推定)重賞2勝目を飾るとともに、安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。走破時計1分31秒3(良)は従来の記録を0秒1塗り替えるコースレコード。



 1番人気に支持された武豊騎手騎乗のエアスピネルは3着に敗れた。



 武豊騎手「レース運び自体は悪くなかったのですが、いい頃に比べて反応が少し物足りなかったですね。ここを使って次は良くなると思います」



★【マイラーズC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【マイラーズC】末脚炸裂! サングレーザーがレコードV 2018年4月22日() 15:45

 4月22日の京都11Rで行われた第49回マイラーズカップ(4歳以上オープン、GII、芝・外1600メートル、別定、14頭立て、1着賞金=5900万円)は、福永祐一騎手騎乗の4番人気サングレーザー(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎)が後方待機から直線、外から豪快に差し切って(上がり3ハロン33秒2=推定)重賞2勝目を飾るとともに、安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。走破時計1分31秒3(良)は従来の記録を0秒1塗り替えるコースレコード。2番手から早めに抜け出したモズアスコット(2番人気)が1馬身1/4差の2着。さらに半馬身差の3着にエアスピネル(1番人気)が入った。

 サングレーザーは、父ディープインパクト、母マンティスハント、母の父デピュティミニスターという血統。北海道安平町・追分ファームの生産馬で、馬主は(株)G1レーシング。通算成績は13戦6勝。重賞は2017年スワンS・GIIに次いで2勝目。マイラーズCは、浅見秀一調教師、福永祐一騎手ともに初勝利。

 ◆福永祐一騎手「きょうは流れも向きましたが、強いレース内容でした。いいフォームで走っていました。最後の決め手にはいいものがあります」



★【マイラーズC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【読売マイラーズカップ】入線速報(京都競馬場)2018年4月22日() 15:35

京都11R・読売マイラーズカップ(3回京都2日目 京都競馬場  芝・右外1600m サラ系4歳以上オープン)は、1番手5番サングレーザー(単勝6.8倍/4番人気)、2番手9番モズアスコット(単勝3.5倍/2番人気)、3番手4番エアスピネル(単勝2.9倍/1番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連5-9(12.7倍) 馬単5-9(28.4倍) 3連複4-5-9(8.6倍) 3連単5-9-4(70.6倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018042208030211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【マイラーズC】エアスピネルが1番人気も“3強”ムード/13:00時点 2018年4月22日() 13:10

 京都の日曜メインレースには、GII「第49回マイラーズC」(GII、京都11R、4歳以上オープン、別定、芝1600メートル、1着賞金5900万円)が組まれている。1着馬には春のマイル王を決める安田記念の優先出走権が与えられるように、2018年のマイル戦線を占う上でも重要な一戦となりそうだ。



 マイル重賞3勝の実績を誇り武豊騎手が騎乗するエアスピネルが単勝2.9倍で1番人気、阪急杯は惜しくも2着だったものの直線での伸び脚には目を見張るものがあったモズアスコットが単勝3.6倍で2番人気、持ち前の先行力を武器に連勝中のロジクライが単勝4.6倍で3番人気。安定した成績を残しているサングレーザーが単勝7.1倍で4番人気となっており、以下は単勝10倍以上となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 ヤングマンパワー  15.72- 2 ガリバルディ    99.13- 3 ベルキャニオン   78.93- 4 エアスピネル     2.94- 5 サングレーザー    7.14- 6 ムーンクレスト  242.95- 7 ダッシングブレイズ 21.15- 8 ロジクライ      4.66- 9 モズアスコット    3.66-10 ブラックムーン   12.27-11 ピークトラム   374.37-12 テイエムイナズマ 265.48-13 カデナ       66.08-14 グァンチャーレ   24.1



マイラーズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイラーズカップ】斬って捨てる!2018年4月22日() 10:14

【マイラーズカップ】斬って捨てる!

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のマイラーズカップの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走東京新聞杯で8着以下に敗れた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ガリバルディ
カデナ

前走国内G1組は不振傾向(現行条件に移行した、2012年以降)

ヤングマンパワー
エアスピネル

前走オープンクラス以上のマイル戦連対馬を除き、中3週以内で臨んだ馬の連対例はなし(2012年以降)

ピークトラム

前走芝のG3以下戦で掲示板を逃した、2カ月以上の休養馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ガリバルディ
ベルキャニオン
テイエムイナズマ
カデナ

1600m初出走馬を除き、1600m未勝利馬の好走例は皆無(2008年以降)

サングレーザー
カデナ

1600mを3戦以上経験して未勝利馬の連対例はゼロ(2008年以降)

サングレーザー

当該コースを3戦以上経験して、1~2着の経験がない馬は連対なし(2008年以降)

ヤングマンパワー

G1勝ち馬を除き、関東馬の連対例は皆無(2008年以降)

ヤングマンパワー
ベルキャニオン

【人気】
前走8番人気以下の低評価だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

ヤングマンパワー
ガリバルディ
ベルキャニオン
テイエムイナズマ
カデナ

前2走ともに6番人気以下だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ヤングマンパワー
ガリバルディ
ベルキャニオン
テイエムイナズマ

【脚質】
前走4角1~2番手で通過した馬は、そのレースで連対あるいは1番人気だった馬を除くと、連対例はなし(2008年以降)

ムーンクレスト

【枠順】
G1で連対経験のある馬を除き、1枠馬の好走例は皆無(2008年以降)

ヤングマンパワー

【血統】
5~8枠を引いたディープインパクト産駒の連対例はゼロ(2012年以降)

カデナ

7番人気以下の低評価だったディープインパクト産駒の好走例はなし(2012年以降)
※10時00分現在の7番人気以下かつ、ディープインパクト産駒

ガリバルディ
ベルキャニオン
カデナ

母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬の好走例は皆無(2012年以降)

ガリバルディ
ロジクライ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ダッシングブレイズ
モズアスコット
ブラックムーン
グァンチャーレ

ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マイラーズカップ】有名人の予想に乗ろう!(爆笑・田中ほか多数)2018年4月22日() 09:32


※当コラムでは日曜日に開催されるマイラーズカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。


【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧ロジクライ
○⑤サングレーザー
▲⑨モズアスコット
△③ベルキャニオン
△④エアスピネル
△⑦ダッシングブレイズ
△⑩ブラックムーン
馬連流し・3連単1頭軸マルチ
⑧→③④⑤⑦⑨⑩

【林修】
注目馬
サングレーザー

【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎④エアスピネル
○⑤サングレーザー
▲⑧ロジクライ
△③ベルキャニオン
△⑨モズアスコット
△⑩ブラックムーン
馬単マルチ
④→⑤⑧
⑤→⑧
馬単1着軸流し
④→③⑨⑩
3連単フォーメーション
④⑤⑧→③④⑤⑧⑨⑩→③④⑤⑧⑨⑩

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②ガリバルディ
単勝・複勝


【キャプテン渡辺】
◎③ベルキャニオン
ワイド1頭軸流し
③→④⑤
3連複
③→④→⑤

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑤サングレーザー
○④エアスピネル
▲⑧ロジクライ
△⑦ダッシングブレイズ
△⑨モズアスコット
△⑩ブラックムーン
△⑭グァンチャーレ

【土屋伸之(ナイツ)】
◎①ヤングマンパワー
○⑥ムーンクレスト
▲④エアスピネル
△③ベルキャニオン
△⑤サングレーザー
△⑨モズアスコット
△⑩ブラックムーン

ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マイラーズカップ】ズバリ調教診断!2018年4月22日() 09:30



マイラーズカップの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ヤングマンパワー
3月末から栗東に滞在して調整。1週前に栗東CWでピッツバーグと併せて、マズマズの時計を計測。同じくCWで行われた今週の追い切りでも好ラップを計時した。やや頭が高く、併走馬に寄せられるとヒルむところを見せているが、マイナス評価するほどのものではない。気配は徐々に良くなっている感じを受ける。

ガリバルディ
1週前に栗東CWで7Fから不良馬場を尻目に猛時計を計測。だが、今週は栗東坂路で軽めの調整に終始しており、時計的にも物足りない。本調子を取り戻すのは、もう少し先だろう。

ベルキャニオン
1週前追い切りでは南Wで5Fから上々の時計を計時。同じく南Wで行われた今週の追い切りでも、悪コンディションのなか、4Fから馬なりで好ラップを刻んできた。少なくとも状態面についての不安はない。

エアスピネル
栗東坂路で行われた今週の追い切りでは、不良馬場をものともせずラスト1F12秒4の好ラップをマークした。半面、1週前の坂路追い切りでは2F25秒0~1F12秒6と、ラストの時計が少し落ち込んでいる点は気がかり。好調時は2~3週続けてキッチリ加速ラップを踏んでくる馬。悪くない仕上がりではあるが、万全とまでは言いがたい。

サングレーザー
栗東坂路中心に乗り込まれているが、14日の追い切りは一杯に追われて併走馬に遅れをとる物足りない内容。今週の追い切りもモタモタした動きが目についた。それでも、終いの時計を縮めているぶん、14日よりも幾分かはマシ。このひと追いでどこまで変われるか、という仕上がり具合ではないか。

ムーンクレスト
この中間はいつものように栗東CWで調整。1週前の追い切り時計は平凡だったが、最終追い切りでは不良のコンディションにもかかわらず、ラスト1F11秒台の好ラップを計時した。一方で、中5週であることを踏まえると、乗り込み量が1~2本足りない印象。ましてや相手強化のG2となれば、高評価を与えることはできない。

ダッシングブレイズ
栗東坂路と栗東CWを併用して、十分すぎるほどの調教本数を消化。1週前にCWで6Fから余力残しでキレイな加速ラップを計時。同じくCWで行われた今週の追い切りでも、上々の動きを披露した。大トビのダイナミックなフォームで脚を伸ばすさまは前回以上。いい状態でレースに臨めるだろう。

ロジクライ
2週前に栗東坂路で悪い馬場状態のなか、4F50秒6の猛時計をマーク。今週の坂路追い切りでは、馬なりでラスト1F12秒4の好ラップを計時した。とにかく元気の良さが目立つ1頭で、中間の気配に関しては文句なし。

モズアスコット
栗東坂路で1週前にバランスのとれた好ラップを計測。同じく坂路で行われた今週の追い切りでは、不良馬場もお構いなしとばかりに、4F51秒2の好時計で走り抜けた。調教駆けする馬なので過度の評価はできないが、及第点の仕上がりと言えるのではないか。

ブラックムーン
帰厩後は栗東坂路と栗東CWを併用して丹念な乗り込み。CWにて3週連続で6Fから併せ馬を敢行するなど、負荷のかかった追い切りをキッチリこなし、水準以上の時計も出している。最終追い切りでは3頭併せの真ん中から楽々と最先着。ひと追いごとに良くなっているのは明らかで、走れる態勢は整っていると見ていい。

ピークトラム
西脇で行われた最終追い切りでは、5F自己ベストを更新する好タイムをマーク。乗り込み量の不足もなく、この馬なりに良い状態と考えても差しつかえないだろう。あとは、相手関係だけ。

テイエムイナズマ
栗東坂路で毎週のように一杯追いを行っているが、特筆できるようなところは見受けられない。最終追い切りの時計も平凡で、今回は様子見が妥当ではないか。

カデナ
目立つ時計を出しているわけではないが、動きそのものは前回より良化している印象を受ける。ただし、約2カ月半の休養明けの割に帰厩後の追い切り本数が少なく、実戦で最後まで脚がもつかどうかは疑問。本当に良くなるのは、ここを使われてからだろう。

グァンチャーレ
この中間は栗東坂路主体に軽めの調整。最終追い切りでは不良の馬場状態にもかかわらず、4F52秒4、ラスト1F12秒1というバランスのとれたラップを余力残しで計時した。前回の気配が良かっただけに、急上昇とまでは言い切れないが、この馬なりに順調と言えよう。

ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マイラーズカップ】重賞データ分析2018年4月22日() 09:28



ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、マイラーズカップのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
2008年以降、前走国内マイル重賞以外のレースを使われていた馬が好成績(前走国内マイル重賞組は不振)

サングレーザー
ダッシングブレイズ
モズアスコット
ピークトラム

ある程度の間隔をあける、もしくは休養明けで出走した馬の好走例が多い(2008年以降、連闘~中3週の馬は未勝利)

ヤングマンパワー
ガリバルディ
ベルキャニオン
エアスピネル
サングレーザー
ムーンクレスト
ダッシングブレイズ
モズアスコット
ブラックムーン
テイエムイナズマ
カデナ

【人気】
1998年以降の1着馬の約7割が3番人気以内
※8時30分現在の1~3番人気

エアスピネル
ロジクライ
モズアスコット

6~9番人気馬の活躍が目立つ
※8時30分現在の6~9番人気

ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ
カデナ
グァンチャーレ

【脚質】
逃げ・先行有利

ヤングマンパワー
エアスピネル
ロジクライ
グァンチャーレ

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
内枠×好位~前目の馬がやや優勢

ヤングマンパワー
エアスピネル

※近3走の走りを参考に好位~前目の位置を取りそうな馬を想定

【血統】
1~4枠のディープインパクト産駒

ガリバルディ
ベルキャニオン
サングレーザー


【3項目以上該当馬】
ヤングマンパワー(4項目)
エアスピネル(4項目)
サングレーザー(3項目)
ダッシングブレイズ(3項目)
モズアスコット(3項目)

ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マイラーズC】エアスピネルが単勝2.8倍で1番人気 2018年4月21日() 18:23

 関西圏の舞台は阪神から京都に移り、日曜メインにマイラーズカップ(22日、GII、芝1600メートル)が行われる。1着馬に安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる一戦。今年はGI馬こそ不在だが、マイル界制圧を目指す豪華な顔触れがそろっている。



 前日最終オッズは以下のとおり。



 マイル重賞3勝の実績を誇るエアスピネルが単勝2.8倍で1番人気、前走阪急杯2着のモズアスコットが単勝3.7倍で2番人気、京都コースでシンザン記念Vの実績があるロジクライが単勝4.3倍で3番人気、昨年のマイルCS、阪神Cの3着馬サングレーザーが単勝6.5倍で4番人気、前走の京都金杯で重賞初制覇をあげたブラックムーンが単勝15.3倍で5番人気となっている。

 マイラーズカップは4月22日、京都競馬場(11R)で、午後3時35分にスタートが切られる。



(左から)枠番-馬番 馬名  単勝オッズ

1- 1 ヤングマンパワー  18.6

2- 2 ガリバルディ    75.1

3- 3 ベルキャニオン   72.0

3- 4 エアスピネル     2.8

4- 5 サングレーザー    6.5

4- 6 ムーンクレスト  198.8

5- 7 ダッシングブレイズ 27.8

5- 8 ロジクライ      4.3

6- 9 モズアスコット    3.7

6-10 ブラックムーン   15.3

7-11 ピークトラム   320.0

7-12 テイエムイナズマ 237.8

8-13 カデナ       72.1

8-14 グァンチャーレ   27.6



★マイラーズCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイラーズC】ロジクライ3連勝でGI切符獲る 2018年4月21日() 11:56

 2年近い休養から昨暮れに復帰したロジクライが、連勝からGIIに駒を進めてきた。3歳1月のシンザン記念で、のちの桜花賞ジュエラーを負かして優勝した実力馬。トップクラスの素養は十分にある。

 「先週の坂路で4F50秒6をマークして、今週は上がり重点。動きは抜群だ。以前とは変わってきているね。京都とは好相性だし、脚質的にも小細工は必要ない。どんな競馬でもできるタイプ」と、須貝調教師の評価も相当に高い。

 3連勝すれば見えてくるGI。「メンバーは強くなるが十分に通用する。今の勢いと充実ぶりなら、勝って安田記念に行きたい」と超強気だ。

 ロジクライを1着に固定、2・3着にマイルCS2着のエアスピネルを据えた12点。(夕刊フジ)

マイラーズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイラーズC】厩舎の話2018年4月20日(金) 05:02

 ◆エアスピネル・笹田師 「予定通りの追い切り。落ち着きが出て、大人になってきた」

 ◆カデナ・中竹師 「昨年の今頃と比べたら具合はずっといいが、なぜか競馬でかみ合わない」

 ◆ガリバルディ・田代助手 「ひと息入れたが、いいリフレッシュになった。闘争心を出して走れれば」

 ◆グァンチャーレ・古川騎手 「坂路で反応を確かめてラストは流す感じで、動きはよかった」

 ◆サングレーザー・福永騎手 「全体的に良くなっている。器用さを身につけてほしい」

 ◆ダッシングブレイズ・浜中騎手 「併せ馬で遅れても手応えはよく、いつも通りのいい動き」

 ◆テイエムイナズマ・武英師 「休養期間が長く、転厩初戦。まだ手探りだけに…」

 ◆ピークトラム・山口浩師 「順調そのもの。見せ場を作って今後につなげたい」

 ◆ブラックムーン・西浦助手 「予定より時計が自然と速くなるくらいで、状態はいい」

 ◆ベルキャニオン・森助手 「順調。好位でしぶとく脚を使うので開幕週の馬場はいい」

 ◆ムーンクレスト・橋本助手 「攻めはラストもよく伸びていたし、具合はいい」

 ◆モズアスコット・矢作師 「時計も動きも上々。何とか安田記念に出したい馬」

 ◆ヤングマンパワー・森厩務員 「3頭併せでいい動き。暖かくなって調子がよくなっている」

 ◆ロジクライ・須貝師 「オープン馬の風格が出てきた。ここでも楽しみ」





マイラーズCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイラーズC】厩舎の話2018年4月19日(木) 11:12

 エアスピネル・笹田調教師「去年よりどっしり。京都マイルはいい」

 カデナ・中竹調教師「上がり重点。状態は去年の今ごろよりいい」

 ガリバルディ・藤原英調教師「状態は悪くない。きっかけがほしい」

 グァンチャーレ・古川騎手「調教では動く。よく考えて乗りたい」

 サングレーザー・川上助手「十分すぎるほど乗り込んだ。賞金加算を」

 ダッシングブレイズ・吉村調教師「マイルはいい。京都も苦にしない」

 テイエムイナズマ・武英調教師「転厩初戦。まだ手探りの状態だから」

 ブラックムーン・西浦助手「開幕週で先行有利の展開にならなければ」

 ムーンクレスト・橋本助手「ここを目標にしてきた。具合は良さそう」

 モズアスコット・矢作調教師「時計は優秀。安田記念に出したい馬」

 ヤングマンパワー・森厩務員「馬体の張りはいい。賞金を加算したい」

 ロジクライ・須貝調教師「抜群の動き。京都のマイルとは相性がいい」



(夕刊フジ)



★マイラーズカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

319件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...22 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。