ロードヴァンドール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

ロードヴァンドールの関連ニュース

 第65回日経新春杯(14日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外2400メートル、1着本賞金5700万円 =出走12頭)1番人気でミルコ・デムーロ騎乗のパフォーマプロミスが、好位から末脚を伸ばして重賞初挑戦でV。古馬の長距離路線に、楽しみな存在が登場した。タイム2分26秒3(良)。2着は4番人気のロードヴァンドール、3着は7番人気のガンコだった。

 寒さ厳しい新春の京都で、長距離路線の新星が誕生した。6歳にして重賞初挑戦だったパフォーマプロミスがV。メンバー最速の末脚を繰り出し、先頭でゴールを駆け抜けた。

 「いい競馬ができました。とてもいい状態でしたしね。(直線で)外に出せたときに『負けない』と思いました」

 2007年から12年連続でJRA重賞勝利を飾ったM・デムーロ騎手が笑顔で振り返った。初コンビとは思えない鮮やかな手綱さばき。発馬を決めて、内めの3番手と絶好の位置をキープ。折り合いを欠くことなく、4コーナー手前でも手応えは上々。じっくりと力をため込んだ状態で、ホームストレッチへ。逃げ込みを図るロードヴァンドールに一完歩ごとに詰め寄り、最後はクビ差かわした。

 ミルコはこの日6勝をマーク。1日5勝は4度経験しているが、6勝は初めて。「昨年と同じ成績なら満足するところだけど、僕の性格だからね。今年はもっと勝ちたい」。JRAに移籍して4年目。貪欲な姿勢でさらに上を目指す。

 「ミルコが100点のレースをしてくれた」。藤原英調教師が大きくうなずく。立ち回りは、レース前に思い描いていた通り。「考えが一致していた。さすがだね。名手のなせる業だよ」と、鞍上をほめたたえた。

 重賞初Vで、天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)が視野に入ってきた。「“大きいところ”を目標にしているからね。長めの距離はいい馬だから。馬が良くなってきたし、まだ伸びしろがあるよ」とトレーナーは言い切った。

 昨秋あたりから体質の弱さが解消。デビュー当初から認められていた素質馬が、ようやく軌道に乗ってきた。キタサンブラックが去った今年、同い年の遅咲きが古馬長距離戦線を沸かせる。 (宇恵英志)



★14日京都11R「日経新春杯」の着順&払戻金はこちら



パフォーマプロミス 父ステイゴールド、母アイルビーバウンド、母の父タニノギムレット。栗毛の牡6歳。栗東・藤原英昭厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績12戦6勝。獲得賞金1億3730万6000円。重賞初勝利。日経新春杯は、藤原英昭調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「約束を果たす」。

【日経新春杯】「頑張った」ロードヴァンドール2着 2018年1月15日(月) 05:06

 第65回日経新春杯(14日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外2400メートル、1着本賞金5700万円 =出走12頭)4番人気のロードヴァンドールが、クビ差2着に惜敗した。すんなり先手を奪い、前半5ハロン62秒0のスローペースで逃走。直線は押し切りを図ったが、ゴール寸前でハンデが2キロ軽い勝ち馬にかわされた。

 「よく頑張った。斤量差だね」と横山典騎手は淡々とした表情。重賞初制覇はならなかったが、昆調教師は「(距離の)可能性は広がった。緩さはあるけど完成しつつある」と前向きにまとめた。

★14日京都11R「日経新春杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日経新春杯】中距離界に新星!パフォーマプロミスが重賞初V 2018年1月14日() 15:53

 1月14日の京都11Rで行われた第65回日経新春杯(4歳以上オープン、GII、芝・外2400メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=5700万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気のハンデ54キロ、パフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が重賞初制覇。タイムは2分26秒3(良)。道中は3、4番手で折り合いをつけて、逃げ粘るロードヴァンドールをゴール寸前でとらえた。

 クビ差の2着は56キロのロードヴァンドール(4番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に2番手追走から粘り込んだ52キロのガンコ(7番人気)。トップハンデ57.5キロを背負った昨年の覇者ミッキーロケット(2番人気)は好位から流れ込んでの4着。

 日経新春杯を勝ったパフォーマプロミスは、父ステイゴールド、母アイルビーバウンド、母の父タニノギムレットという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は12戦6勝。重賞は初挑戦で初制覇。日経新春杯は、藤原英昭調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初優勝。

 パフォーマプロミスの父ステイゴールドは2001年に日経新春杯を制しており、父子制覇を達成。

 絶好調ミルコ・デムーロ騎手は自身初の1日6勝を達成。過去に1日5勝は4回達成している。JRAの1日の最多勝は8勝で、2002年に武豊騎手が、2016年にクリストフ・ルメール騎手がマークしている。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 パフォーマプロミス)「いいレースをしてくれました。好スタートを切って、一番いいポジションで進めることができました。今回は馬の状態がとても良かったですね。外へ出したときには負けないと思いました」

★14日京都11R「日経新春杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日経新春杯】入線速報(京都競馬場)2018年1月14日() 15:46

京都11R・日経新春杯(1回京都5日目 京都競馬場 芝・右外2400m サラ系4歳以上オープン)は、1番手7番パフォーマプロミス(単勝3.7倍/1番人気)、2番手2番ロードヴァンドール(単勝6.7倍/4番人気)、3番手9番ガンコ(単勝15.0倍/7番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-7(16.8倍) 馬単7-2(27.2倍) 3連複2-7-9(92.4倍) 3連単7-2-9(372.4倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018011408010511
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【日経新春杯】モンドインテロが1番人気/13:00時点 2018年1月14日() 13:15

 14日京都のメインはハンデGIIの日経新春杯(芝2400メートル)。キタサンブラック引退後の中長距離路線を占う意味で重要な一戦になるが、昨年の1、3着馬が出走してきており、今年も有力だ。単勝1番人気は3.8倍のモンドインテロ。差なく4.0倍のパフォーマプロミス、4.6倍のミッキーロケットと続いている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1− 1 サンタフェチーフ   11.12− 2 ロードヴァンドール   7.23− 3 モンドインテロ     3.84− 4 ヒットザターゲット  40.65− 5 トルークマクト   192.85− 6 アクションスター  160.26− 7 パフォーマプロミス   4.06− 8 ミッキーロケット    4.67− 9 ガンコ        13.67−10 ソールインパクト    8.48−11 ベルーフ       31.28−12 カラビナ       25.2



★日経新春杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経新春杯】昨年の覇者ミッキーロケットは6枠8番 2018年1月12日(金) 10:41

 日曜日の京都メインレースでは、年明け恒例のハンデ重賞・日経新春杯(14日、GII、芝2400メートル)が行われる。

 荒れるイメージが強いハンデ重賞とはいえ、近年は人気馬が順当に結果を出すレースが続いており、今年も注目を集める馬がしっかり結果を出すのかが焦点となりそうだ。

 12日、以下のとおり枠順が確定。昨年の覇者で今年も人気を集めることが予想されるミッキーロケットは6枠8番、アルゼンチン共和国杯で2着に善戦したソールインパクトは7枠10番に入った。



(左から)枠番−馬番 馬名 斤量 騎手

1− 1 サンタフェチーフ 52.0四位洋文

2− 2 ロードヴァンドール56.0横山典弘

3− 3 モンドインテロ  57.0C.ルメール

4− 4 ヒットザターゲット56.0小牧太

5− 5 トルークマクト  52.0荻野琢真

5− 6 アクションスター 52.0太宰啓介

6− 7 パフォーマプロミス54.0M.デムーロ

6− 8 ミッキーロケット 57.5和田竜二

7− 9 ガンコ      52.0酒井学

7−10 ソールインパクト 54.0福永祐一

8−11 ベルーフ     56.0川田将雅

8−12 カラビナ     52.0幸英明



日経新春杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経新春杯】ヴァンドール、馬なり12秒3 2018年1月12日(金) 05:13

 日経新春杯の追い切りが11日、栗東トレセンで行われた。中日新聞杯3着のロードヴァンドールは、CWコースの単走でパワフルな走り。好調をアピールして、重賞初Vが視界に入ってきた。展開の鍵を握る逃げ馬が、距離延長でマイペースからの押し切りを狙う。

 重賞初Vに向けて、力強く駆け抜けた。冷たい風が吹き荒れるなか、ロードヴァンドールがCWコースでパワフルな動きを披露。見届けた昆調教師の表情が自然と緩む。

 「もうあまりやる予定はなかったし、そんなにやっていないけど、朝イチより重たくなっている馬場を馬なりで上がってきたしね」

 前日午後に雨が降り、さらに夜の冷え込みで馬場の一部は凍っていた栗東トレセン。それが溶けて荒れ始めた時間帯に登場した。稍重馬場を気にすることもなく、出だしから申し分ない行きっぷりをみせる。徐々にラップを上げ、直線も馬なりで6ハロン82秒5−12秒3のフィニッシュだ。

 昨年1月にオープン入り。その後は6戦連続で重賞に挑戦して4、2、14、6、14、3着。GIの2走を除けば、持ち前の先行力を武器に安定した走りを見せてきた。

 「まだ完成しきっていないけど、少しずつ良くなってきている。(2走前の)天皇賞の頃よりは間違いなくいいね」

 さらなる伸びしろを見込みつつ、トレーナーも一戦ごとの成長を実感している。

 今回は、一昨年の神戸新聞杯(9着)以来となる2400メートルへの挑戦。これは、前走の中日新聞杯(3着)で初めてコンビを組んだ横山典騎手からの進言がきっかけだ。昆師も「新馬から2000メートルを使ったように、距離はもつだろうと思っていた。2000メートルでもうひと押しという競馬が続いているけど、距離を延ばしたら面白いかも」と見立てている。

 全4勝中3勝を挙げる京都コース。開幕2週目で芝は内めの状態が良く、理想的な単騎逃げがかないそうな顔触れだ。

 「スピードの持続力があって、タフさを持っている。バテそうでバテないのが、この馬のいいところ」

 トレーナーも自信ありの口ぶりだ。持ち前のしぶとさを最大限に生かして、ロードヴァンドールが今年最初のGIIを勝ちに行く。(斉藤弘樹)



日経新春杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経新春杯】ヴァンドール、ラスト1F12秒3 2018年1月11日(木) 16:33

 中日新聞杯で3着に逃げ粘ったロードヴァンドールは、栗東CWコースで単走。凍っていた部分が溶けて早朝より重くなった馬場も気にすることなく、6F82秒5、ラスト1F12秒3を持ったままでマークした。

 「あまりやる予定はなかった。前走はまだ余裕があったし、去年の金鯱賞(2着)くらいのデキはあるよ。バテそうでバテない。『タフで、スピードの持続力もある』と前回の(横山)ノリちゃんも言っていたし、2400メートルへ。成功する確率は高いと思う」と、昆調教師は強気だ。(夕刊フジ)



日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経新春杯】いざ連覇!大人のミッキーロケット 2018年1月10日(水) 05:07

 連覇を狙うミッキーロケットは57・5キロのトップハンデ。前走の中日新聞杯で2着と復調気配が漂う。橋本美助手は「この中間は(脚に)傷腫れもあったけど、回復して何も問題ありません。コースはベストかなと思います」ときっぱり。昨年との違いについては「だいぶ大人になってきましたね。競馬に行ってもテンションが上がらなくなってきました」と精神面での成長を挙げた。

★展望

 主力を形成するのは昨年の1、3着馬だ。連覇を目指すミッキーロケットは前走の中日新聞杯で57.5キロのハンデながら2着。デキが戻ってきた印象で、今年も期待は大きい。昨年3着のモンドインテロは京都【2・0・1・0】のコース巧者。57キロでもチャンスは十分にある。単騎逃げが有望なロードヴァンドールは展開の利を生かせれば面白い存在。ここに来て地力強化が目立つソールインパクト、パフォーマプロミスの6歳馬2頭も上位争いを狙える。



★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経新春杯】レース展望 2018年1月9日(火) 18:04

 京都2週目の日曜メインはハンデGIIの日経新春杯(14日、芝2400メートル)。キタサンブラック引退後の中長距離路線を占う意味で重要な一戦になるが、昨年の1、3着馬が出走を予定しており、今年も有力だ。

 昨年Vのミッキーロケット(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)は、その後未勝利。それでも、京都記念4着、京都大賞典4着、中日新聞杯2着とGII、GIIIではすべて掲示板を確保し、勝ち馬から0秒3差以内に奮闘している。掲示板を外したのは大阪杯(7着)、宝塚記念(6着)、天皇賞・秋(12着)のGI。切れ味勝負は分が悪く、展開が鍵になるが、GIIなら大崩れはしないはずだ。昨年の55キロから今年はハンデ57.5キロになるが、中日新聞杯から据え置きなら、問題はないだろう。

 昨年3着のモンドインテロ(美浦・手塚貴久厩舎、牡6歳)は、札幌日経オープンこそ快勝しているが、重賞ではひと息足りないレースが続いている。ただ、前走のチャレンジCは明らかに距離不足でありながら、後方から上がり3ハロン最速の34秒4の脚を使って4着まで追い上げた。昨年の56.5キロから0.5キロ増の57キロになるが、ミッキーよりはハンデが軽く、逆転の可能性も十分ある。京都も3戦して2勝、3着1回と得意な舞台だ。

 ソールインパクト(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)は格上挑戦だったアルゼンチン共和国杯スワーヴリチャードの2着に好走。もともと東京スポーツ杯2歳S3着、ホープフルS4着、京成杯4着の実績があり、古馬になってからも昨年の七夕賞で3着と善戦している。重賞好走は驚くことではない。勝ちきれないタイプだが、芝2400メートルは【1・0・3・0】の安定感。京都でも2着が2回と、コース適性もある。前走は53キロだったハンデが、今回は54キロになるが、充実している今なら再度好勝負になるだろう。

 展開の鍵を握るのはロードヴァンドール(栗東・昆貢厩舎、牡5歳)。前走の中日新聞杯は56キロで逃げて3着に踏ん張った。上位馬には決め手で劣ったが、マイペースならしぶといことを改めて証明した形だ。2400メートルは神戸新聞杯(9着)で1度経験しているだけだが、3歳時に京都芝2200メートルのメルボルンTを逃げ切っており、克服は可能なはず。むしろ、距離延長でゆったりと自分のペースに持ち込めれば、粘りが増す可能性もある。ハンデも前走と同じ56キロなら心配はない。

 芝2500メートルのグレイトフルSを快勝して波に乗るパフォーマプロミス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)も怖い存在。3走前の六社Sではソールインパクト(3着)に先着(2着)している。6歳にして初めての重賞挑戦だが、デビューが3歳9月という晩成型。キャリアわずか11戦なら、まだ成長が期待できる。ハンデも54キロと手頃だ。

[もっと見る]

【日経新春杯】特別登録馬2018年1月8日(月) 17:30

[もっと見る]

【中日新聞杯】メートルダール重賞初V 2017年12月10日() 05:04

 第53回中日新聞杯(9日、中京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走18頭)

 クリスチャン・デムーロ騎乗で2番人気のメートルダールが後方待機から鮮やかに差し切って重賞初制覇。タイム1分59秒3(良)。次走は未定。1馬身1/2差の2着は1番人気のミッキーロケットで、5番人気ロードヴァンドールが逃げ粘って3着だった。

 ◆C・デムーロ騎手(メートルダール1着) 「折り合って、うまく脚をためることができた。瞬発力はすごかったね」

 ◆和田騎手(ミッキーロケット2着) 「いいポジションを取れたが、最後は勝ち馬の瞬発力の方が上だった」

 ※有馬記念は使わず、次走は日経新春杯(1月14日、京都、GII、芝2400メートル)の予定。 

メートルダール 父ゼンノロブロイ、母イグジビットワン、母の父シルヴァーホーク。鹿毛の牡4歳。美浦・戸田博文厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績15戦6勝。獲得賞金1億5790万6000円。重賞初勝利。中日新聞杯戸田博文調教師、クリスチャン・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は仏語で「芸術の匠」。

[もっと見る]

【中日新聞杯】Cデムのリードでメートルダールが重賞初V 2017年12月9日() 15:45

 12月9日の中京11Rで行われた第53回中日新聞杯(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=4100万円)は、クリスチャン・デムーロ騎手騎乗の2番人気メートルダール(牡4歳、美浦・戸田博文厩舎)が中団追走から直線は馬場の真ん中を伸びて快勝した。JRA重賞は7度目の出走で初制覇。タイムは1分59秒3(良)。C.デムーロ騎手は今年はスワンS(サングレーザー)、ファンタジーS(ベルーガ)に続くJRA重賞3勝目で、通算8勝目。

 1馬身半差の2着には好位追走から内めを伸びたミッキーロケット(1番人気)、さらに半馬身差遅れた3着に逃げ粘ったロードヴァンドール(5番人気)。

 中日新聞杯を勝ったメートルダールは、父ゼンノロブロイ、母イグジビットワン、母の父シルヴァーホークという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は15戦6勝。重賞初制覇。中日新聞杯は、戸田博文調教師、クリスチャン・デムーロ騎手ともに初優勝。

 ◆クリスチャン・デムーロ騎手(1着 メートルダール)「折り合って、うまく脚をためることができた。瞬発力はすごかったね」



★9日中京11R「中日新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中日新聞杯】入線速報(中京競馬場)2017年12月9日() 15:39

中京11R・中日新聞杯(4回中京3日目 中京競馬場 芝・左2000m サラ系3歳以上オープン)は、1番手13番メートルダール(単勝5.4倍/2番人気)、2番手10番ミッキーロケット(単勝4.0倍/1番人気)、3番手12番ロードヴァンドール(単勝8.2倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連10-13(15.4倍) 馬単13-10(28.3倍) 3連複10-12-13(44.6倍) 3連単13-10-12(232.6倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017120907040311
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【中日新聞杯】追って一言2017年12月7日(木) 05:02

 ◆ヴォージュ・西村師 「十分に乗り込んでいる。いい意味での危ないしぐさも出てきた」

 ◆クィーンチャーム・兼武助手 「調教量は豊富。52キロのハンデを生かしたい」

 ◆ケントオー・高橋一厩務員 「重い馬場のなかで、いい時計が出た。状態は良好です」

 ◆サラトガスピリット・友道師 「しっかりと乗り込んでいるし、状態は悪くない」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「安定して力を発揮できるようになってきた」

 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「腰がしっかりしてきて、安定して走れるようになっています」

 ◆タイセイサミット・矢作師 「久々でも雰囲気は悪くない。切れ味勝負になるとつらい」

 ◆パドルウィール・中尾師 「放牧で活気が戻った。中京も合う」

 ◆バンドワゴン・石坂師 「コズミも軽く、調教でも動いている」

 ◆フェルメッツァ・松永幹師 「寒い時期が合う。叩いて成績が上がるタイプ」

 ◆フルーキー・辻野助手 「前走はブリンカーを装着したことでタメがきいた」

 ◆マウントロブソン・森助手 「調整は順調です。中京芝2000メートルは合っている」

 ◆マキシマムドパリ・藤岡佑騎手 「上がり重点でしたが、いい動きでした。雰囲気もいい」

 ◆ミッキーロケット・音無師 「前走は馬場がすべて。動きは引き続きいい」

 ◆メートルダール・戸田師 「動きは良かったですね。夏よりこの時期の方がいい」

 ◆レコンダイト・音無師 「最近は調教で動くようになっている」

 ◆ロードヴァンドール・昆師 「上がり重点でいい感じの走りだったし、中京も合う」

[もっと見る]

75件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。