クリプトグラム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

クリプトグラムの関連ニュース

 2016年の目黒記念・GIIの優勝馬クリプトグラム(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳、父キングカメハメハ、母チアズメッセージ、母の父サンデーサイレンス)が6月8日付でJRAの競走馬登録を抹消する。今後は東京競馬場で乗馬になる予定。

 クリプトグラムは通算成績10戦5勝。獲得賞金1億2582万5000円。丸一年の休養明けで出走した今年の目黒記念4着が現役最後のレースになった。

クリプトグラムの競走成績はこちら

クリプトグラム、脚を滑らせ転倒…日経新春杯回避2017年1月12日(木) 05:01

 日経新春杯に出走を予定していたクリプトグラム(栗・藤原英、牡5)は11日、回避が決まった。この日の追い切りでゴール板を通過後、脚を滑らせ転倒。馬体に故障はなかったが、大事をとって出走を取りやめた。

 藤原英調教師は「歩様もいいが、こけてしまったから。放牧に出すか、厩舎で調整するかも様子をみたい」と説明した。次走は日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)などが候補。

日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

目黒記念Vのクリプト、左トウ骨遠位端骨折2016年6月2日(木) 05:01

 29日のGII目黒記念を制したクリプトグラム(栗・藤原英、牡4)が左トウ骨遠位端を骨折したことが1日、わかった。6カ月以上の休養を要する見込み。

 同馬はキングカメハメハ産駒で9戦5勝。重賞初挑戦となった目黒記念でGI馬マリアライトをくだし3連勝とした。2日にノーザンファームしがらきに移動し、その後、北海道安平町の社台ホースクリニックにて骨片除去手術を行う予定。

クリプトグラムの競走成績はこちら

[もっと見る]

目黒記念優勝クリプトグラムが骨折〜半年以上の休養2016年6月1日(水) 19:09

 5月29日のGII・目黒記念を制したクリプトグラム(栗東・藤原英昭厩舎、牡4歳)の疾病がJRAから発表された。病名は左橈骨遠位端骨折。今後6カ月以上の休養を要する見込みとのこと。

クリプトグラムの競走成績はこちら★29日東京12R「目黒記念」の着順&払戻金はこちら レース後談話なども掲載

[もっと見る]

【目黒記念】クリプトグラム、3連勝で重賞初V!2016年5月30日(月) 05:00

 第130回目黒記念(29日、東京12R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝2500メートル、1着本賞金5700万円=出走18頭)第130回を迎えた伝統のハンデ戦は、中団追走から直線で力強く伸びた3番人気で54キロのクリプトグラムが、56キロの1番人気マリアライトをゴール寸前にクビ差でかわしてV。1000万下から3連勝で重賞初勝利を飾った。タイム2分30秒6(良)。次走については「長い距離で3勝したからしっかりケアして考えたい」と藤原英師。3着には昨年の勝ち馬で58キロのトップハンデだった8番人気のヒットザターゲットが入った。

 ◆福永騎手(クリプトグラム1着) 「マリアライトを見ながらいいポジションが取れたし、先頭に立って物見していたけど立派な走り。まだこれからの馬なので楽しみです」

 ◆蛯名騎手(マリアライト2着) 「(1コーナーで)寄られる不利が痛かった。最後もよく差し返しているが…」

 ◆小牧騎手(ヒットザターゲット3着) 「休み明けのぶん、いつもほど切れなかったが、内から脚は使っている。まだやれるね」

 ◆武豊騎手(レコンダイト4着) 「スパッと切れないからね。最後は切れ味の差が出た」

 ◆ボウマン騎手(モンドインテロ5着) 「ペースが遅かった。スタミナはあるので、これなら逃げればよかった」

★29日東京12R「目黒記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【目黒記念】重賞初挑戦のクリプトグラムがV! 2016年5月29日() 17:39

 5月29日の東京12Rで行われた第130回目黒記念(4歳以上オープン、GII、芝2500メートル、18頭立て、1着賞金=5700万円)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気クリプトグラム(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が1番人気のマリアライトをクビ差押さえてV。タイムは2分30秒6(良)。

 外からデウスウルトがハナを切って、その後にサムソンズプライドタマモベストプレイが続く。淡々としたペースで進み、隊列は落ち着いた。クリプトグラムは中団を追走し、マリアライトをマークする形。直線残り300メートルでマリアライトが抜け出しをはかるが、その外からあっという間にクリプトグラムがとらえる。あとは最後までそのリードを保ってゴール。重賞初制覇を決めた。

 2着マリアライトからさらに3/4馬身離れた3着には昨年の勝ち馬ヒットザターゲット(8番人気)が入った。2番人気のタッチングスピーチは6着となっている。

 クリプトグラムは、父キングカメハメハ、母チアズメッセージ、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)キャロットファームの所有馬。通算成績は9戦5勝。重賞初制覇。藤原英昭調教師、福永祐一騎手ともに目黒記念は初優勝。

 ◆福永祐一騎手「一気に相手が強くなったのに、よくがんばってくれました。マリアライトを見ながら、いいポジションが取れたし、直線もスムーズにさばけましたね。先頭に立って物見していたけど立派な走り。調教からよくなっていると思ったけど、それが競馬でも出てくれました。まだこれからの馬だし、楽しみです」

★29日東京12R「目黒記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ゆきやなぎ賞】3カ月ぶりのアルバートドックがV 2015年3月14日() 14:37

 14日の阪神9Rゆきやなぎ賞(3歳500万下、芝2400メートル)は、藤岡康太騎手騎乗の1番人気アルバートドック(牡、栗東・松田博資厩舎)が差し切って、オープン入りを決めた。タイムは2分31秒1(稍重)。

 トーセンアーネストが先手を取り、外からテイエムフタエマルが2番手。クリプトグラムサトノラーゼンが3番手で併走して、人気のアルバートドックは5番手のインにつけた。淡々とした流れになり、4コーナーでは外から最後方のエトランドルも一気に追い上げて先頭をうかがう勢い。一団となって直線に向く。先行した2頭は失速して、サトノラーゼンを間にはさみクリプトグラムエトランドルが迫る形となったが、この3頭を外からまとめて差し切ったのがアルバートドック。3カ月ぶりの実戦だったが、豪快な末脚で3/4馬身差のVを飾り、オープン入りを決めた。2着は4番人気のクリプトグラム。2着から1馬身1/4差の3着には2番人気のサトノラーゼンが入っている。

 アルバートドックは、父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー、母の父Unusual Heatという血統。通算成績は5戦2勝となった。

 藤岡康騎手は「スタートは出てくれましたが、脚が使えるのは分かっていたので、じっくりと構えました。ペースが遅く、1、2コーナーで少し行きたがりましたけど、すぐに落ち着いてくれましたからね。いい勝ち方だったと思いますし、距離も問題なかったです」とダービーディスタンスを力強く制したパートナーに目を細めていた。

★14日阪神9R「ゆきやなぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳新馬】3番人気マサハヤドリームが快勝 2014年10月12日() 12:22

 12日の京都5R2歳新馬(芝1800メートル)は、和田竜二騎手騎乗の3番人気マサハヤドリーム(牡、栗東・今野貞一厩舎)が直線で力強く抜け出して快勝。タイムは1分48秒3(良)。

 ナゴミが気合をつけて先行策。2番手はメイケイヘリオスクリプトグラムが並ぶ形で、ダッシュが鈍かったマサハヤドリームも勢いがついて好位のインに取り付く。直線入り口で内から抜け出したメイケイヘリオスクリプトグラムが並びかけるが、鋭い脚でこの2頭をかわしたのがマサハヤドリームだった。パドックではうるさいところを見せていたが、レースでは馬の間を突いて抜け出す好内容。食い下がるクリプトグラムを振り切って、初陣を飾った。2馬身差の2着が1番人気のクリプトグラム。2着から7馬身離れた3着が5番人気のホッコーペリノアだった。

 マサハヤドリームは、父メイショウサムソン、母ランペイア、母の父アグネスタキオンという血統。おじに仏GI2勝馬で種牡馬としても活躍したチチカステナンゴがいる。

 和田騎手は「けいこでは掛かるところがありましたが、レースにいけば折り合いはつきました。最後まで止まる感じもなかったし、上手にレースをしてくれましたね」と実戦タイプの若駒を評価していた。

★12日京都5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【今日のキラ星】クリプトグラム2014年10月12日() 05:02

 【京都5R】7月下旬から乗り込み、追い切り本数は20本オーバー。これだけの調教量をこなしたのはメンバー中この馬だけ。仕上がりは文句なしだ。母チアズメッセージはGIII京都牝馬Sの勝ち馬で、父がキングカメハメハ。クラシックを狙えるスケールの大きな配合だ。「じっくり乗り込んできました。馬体もまとまっているし、走りも素軽い」と田代助手。

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】血の背景魅力クリプトグラム2014年10月11日() 13:33

 【京都5R】クリプトグラムは坂路&CWコースで入念すぎるほど乗り込まれ、9日のCWではラスト1F11秒9のフィニッシュを決め、3歳500万下と並ぶようにゴールへ飛び込んだ。「じっくり乗って、いい仕上がり。素軽い走りをするし、平均的に脚は使えそうだ」と田代助手。母チアズメッセージは04年京都牝馬Sを制し、マーメイドSではアドマイヤグルーヴの2着、05年ダービー卿CTではダイワメジャーの2着と血の背景も魅力だ。

[もっと見る]

10件中 1-10件目を表示

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。