プリメラアスール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

プリメラアスールの関連ニュース

 2日の阪神メインは、古馬の中距離戦線を占う重賞・チャレンジC(2日、GIII、芝2000メートル)。この秋、存在感をみせている3歳世代のサトノクロニクル、ブレスジャーニーが拮抗した上位人気となっている。3番人気に支持されているモンドインテロ以下に続く古馬勢も大きな差はなく、混戦模様といえそうだ。13:00時点の単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名       単勝オッズ1− 1 ニシノジャーニー  162.12− 2 メドウラーク     23.63− 3 サトノクロニクル    3.64− 4 スーパーマックス   83.45− 5 モンドインテロ     5.55− 6 ブレスジャーニー    3.76− 7 プリメラアスール   21.46− 8 デニムアンドルビー   8.67− 9 マイネルミラノ    11.27−10 マサハヤドリーム   21.08−11 ジョルジュサンク    7.38−12 レッドソロモン    29.0

【チャレンジC】厩舎の話2017年12月1日(金) 05:06

 ◆サトノクロニクル・池江師 「遅れたが動きは良かった。2000メートルになるのはいい」

 ◆ジョルジュサンク・野田助手 「いい動きで、ラストの反応も良かった。はまれば」

 ◆スーパーマックス・九日師 「跳びが軽く芝向き。力をつけているので善戦を期待」

 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「2週続けてジョッキーが乗ったことでピリッとすれば」

 ◆ニシノジャーニー・高野助手 「後ろから運ぶタイプで頭数が多くないのもいい。ただ、格上相手なので…」

 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「間隔が詰まっているのでサラッと。どこまでマイペースで行けるかでしょう」

 ◆ブレスジャーニー・佐々木師 「先週あたりから調教は動いている。反応は抜群だったね」

 ◆マイネルミラノ・相沢師 「外めを回って、予定通り。56キロなら強気に競馬ができる」

 ◆マサハヤドリーム・今野助手 「順調にきている。あとはレースで折り合いがつけば」

 ◆メドウラーク・橋田師 「動きは良かった。最近はラストがしっかりしてきて崩れない」

 ◆モンドインテロ・手塚師 「調教はハードにできている。チークピーシズがうまく効けば」

 ◆レッドソロモン・庄野師 「中1週なので軽め。できれば前めの位置で走らせたい」

チャレンジCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャレンジC】厩舎の話2017年11月30日(木) 11:20

 サトノクロニクル・池江調教師「動きは良かった。本当に良くなるのは先だろうが、2000メートルに替わるのはいい」

 ジョルジュサンク・野田助手「反応が良かったし、時計的にも十分。取り消した影響はない」

 スーパーマックス・九日調教師「跳びが軽く芝向き。力をつけているので善戦を期待したい」

 デニムアンドルビー・辻野助手「だいぶピリッとしてきた。内回りでもいいレースをしている」

 プリメラアスール・鈴木孝調教師「間隔が詰まっているのでサラッと。マイペースで行けるか」

 ブレスジャーニー・佐々木調教師「抜群の反応。2400メートルぐらいまでなら大丈夫だろう」

 マイネルミラノ・相沢調教師「58キロの前走は参考外。条件がそろった今回は言い訳できない」

 マサハヤドリーム・今野助手「順調にきているので中2週で使う。あとは折り合いがつけば」

 メドウラーク・橋田調教師「間隔は短いが、動きは良かった。最近は実戦でも崩れなくなった」

 モンドインテロ・手塚調教師「距離短縮を意識してチークを着用。前走より調教過程はいい」

 レッドソロモン・庄野調教師「中1週なので軽めの調整。できれば前めの位置で走らせたい」

(夕刊フジ)

チャレンジCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャレンジC】追って一言2017年11月30日(木) 05:01

 ◆サトノクロニクル・池江師 「遅れたが動きはよかった。本当によくなるのは、まだ先だろうが、距離が2000メートルになるのはいい」

 ◆ジョルジュサンク・野田助手 「ラストの反応もよかったし、時計的には出ています。除外の影響はない」

 ◆スーパーマックス・九日師 「跳びが軽く芝向き。夏(小倉日経OP8着)よりも力をつけているので善戦を期待」

 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「2週続けてジョッキーが乗り、ピリッとしてきた」

 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「間隔が詰まっているのでサラッと。どこまでマイペースで行けるかでしょう」

 ◆マイネルミラノ・相沢師 「外めを回って、予定通りにやれた。斤量56キロなら強気に競馬ができる。ジョッキーも相性がいいし、チャンスはある」

 ◆マサハヤドリーム・今野助手 「今回は順調にきているので中2週で使う。あとはレースで折り合いがつけば」

 ◆メドウラーク・橋田師 「前走からの間隔は短いが、動きはよかった。レースでも最近はラストで崩れないですね」

 ◆レッドソロモン・庄野師 「中1週なので軽めにした。できれば前めの位置で走らせたい」

 ◆モンドインテロ・手塚師 「いい動き。前走より調教はハードにできている。距離は短いと思うけど、チークピーシズがうまく効いてカバーできれば」

チャレンジCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャレンジC】レース展望 2017年11月27日(月) 21:29

 2開催続いた秋の京都開催が終了し、今週から阪神開催が始まり、土曜メインにチャレンジC(12月2日、GIII、芝2000メートル)が組まれている。12月開催に移設された2012年から3歳馬の活躍が目立つようになり、14年にトーセンスターダム、昨年マイネルハニーが優勝。今年も注目したいところだ。

 サトノクロニクル(栗東・池江泰寿厩舎、牡3歳)は、前走の菊花賞(10着)が不良馬場。3000メートルの距離もあって全く持ち味を生かせなかったが、京都新聞杯2着、セントライト記念3着の実績がある。芝2000メートルのGIIIなら初の年長馬相手でもチャンスは十分あるだろう。

 ブレスジャーニー(栗東・佐々木晶三厩舎、牡3歳)は11カ月ぶりの復帰戦となった菊花賞こそ12着に大敗したが、1週前追い切りでは併走馬に大差先着。使っての反動はなさそうだ。2歳時のサウジアラビアロイヤルCでは、後の皐月賞3着馬ダンビュライト、東スポ杯2歳Sでは後のダービー2着馬スワーヴリチャードを破った実績馬。初の小回りコースへの対応が鍵になるが、好勝負が期待できる。

 古馬勢では、レッドソロモン(栗東・庄野靖志厩舎、牡5歳)に注目。今回と同じ阪神芝2000メートルのオープン・若葉S勝ちがある。久々のアンドロメダS7着を使われて調子を上げており、上位争いも可能だろう。

 昨年の函館記念の覇者マイネルミラノ(美浦・相沢郁厩舎、牡7歳)は、トップハンデ58キロでの出走だった前走の福島記念で10着に惨敗したが、斤量泣きするタイプ。56キロで出走できる今回は見直せる。

 GIで2着が2度あるデニムアンドルビー(栗東・角居勝彦厩舎、牝7歳)は、15年宝塚記念(2着)後の約1年5カ月にわたる休養の影響で不振が続いているが、前走のアルゼンチン共和国杯では8着ながら後方から着実に差を詰め、復調気配がうかがえた。初勝利を挙げたときのクリスチャン・デムーロ騎手と2度目のコンビを組む点も魅力で、大いに注目される。

 札幌日経オープンを連覇しているモンドインテロ(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)、福島記念を放馬で除外された後でも、コース、距離が合うジョルジュサンク(栗東・鮫島一歩厩舎、牡4歳)、単騎逃げだとしぶといプリメラアスール(栗東・鈴木孝志厩舎、牝5歳)なども争覇圏内だ。

 なお、エリザベス女王杯4着のマキシマムドパリ(栗東・松元茂樹厩舎、牝5歳)は次週の中日新聞杯(12月9日、中京、GIII、芝2000メートル)に向かう公算が大きい。

チャレンジカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャレンジカップ】特別登録馬2017年11月26日() 17:30

[もっと見る]

【福島記念】3歳馬ウインブライトが重賞2勝目をゲット! 2017年11月12日() 15:30

 11月12日の福島11Rで行われた第53回福島記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、松岡正海騎手騎乗の2番人気ウインブライト(牡3歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が好位から直線抜け出して重賞2勝目を飾った。タイムは2分0秒2。(良)。クビ差の2着はスズカデヴィアス(3番人気)で、さらにハナ差の3着にヒストリカル(10番人気)が入った。

 ジョルジュサンクが競走除外となって15頭で争われた。前半、主導権を握ったのはプリメラアスールで、これにフェルメッツァが続いてウインブライトは3番手。前半の1000メートル通過は61秒6。3コーナー過ぎで外めに持ち出したウインブライトが早くもスパート。直線に向くと先頭に立ち、ゴール前で急追したスズカデヴィアスヒストリカルを押さえ込んだ。1番人気に推されたサンマルティンは14着。

 ウインブライトは、父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーンという血統。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は10戦4勝。重賞は2017年フジテレビ賞スプリングS・GIIに次いで2勝目。福島記念は、畠山吉宏調教師、松岡正海騎手ともに初勝利。

 ◆松岡正海騎手「能力があるのに結果を出せないでいたのでホッとしました。馬場が固くて前の馬が止まらないので早めに動こうと思っていたが、うまく外に出せました。最後はなんとか馬が頑張ってくれました」



★12日福島11R「福島記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【福島記念】サンマルティンが1番人気/前日最終オッズ 2017年11月11日() 18:03

 秋の福島開催唯一の重賞・福島記念(12日、GIII、芝2000メートル)が日曜メインで行われる。上下6キロの差があるハンデ戦。展開や乗り方ひとつで、どの馬にもチャンスが出てきそうだ。前日最終オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1− 1 プリメラアスール   9.91− 2 ベルーフ      19.52− 3 ウインブライト    5.92− 4 ショウナンバッハ  23.03− 5 ケイティープライド 56.83− 6 ヒストリカル    24.04− 7 フェルメッツァ   14.54− 8 マイネルスフェーン 53.75− 9 ジョルジュサンク  12.15−10 マイネルミラノ   13.76−11 ツクバアズマオー  27.56−12 マイネルディーン  86.17−13 スズカデヴィアス  11.47−14 マサハヤドリーム  10.08−15 フルーキー     18.78−16 サンマルティン    3.3

[もっと見る]

【福島記念】厩舎の話2017年11月10日(金) 05:02

 ◆ウインブライト・畠山師 「前走は強いメンバーだったが、悲観する内容ではなかった」

 ◆ケイティープライド・角田師 「仕上がり上々。ロスなく運べれば」

 ◆サンマルティン・国枝師 「去勢して回復が早くなった。福島でも勝っているからね」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「前走は差のない競馬。末脚を生かせれば」



 ◆ジョルジュサンク・鮫島師 「前走は恵まれた感じだが状態はいい」

 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「いい動き。近走のなかでは一番いい」

 ◆ツクバアズマオー・田中助手 「身のこなしや脚のさばきが、前回とは全く違っている」

 ◆ヒストリカル・音無師 「小回りは合うし、前が止まる展開なら」

 ◆フェルメッツァ・松永幹師 「追い切って変わってくれると思う」

 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「ハナにはこだわらないが、リズム良く運べれば」



 ◆フルーキー・辻野助手 「前走は久々にこの馬らしさがあった。今回はブリンカーを着用」

 ◆ベルーフ・池江師 「小回りの2000メートルはいいと思うし、時計のかかる馬場になれば」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「今回はペースも流れると思う。脚を使ってくれるはず」

 ◆マイネルミラノ・丹内騎手 「福島民報杯(1着)のように気分良く競馬ができれば…」

 ◆マサハヤドリーム・今野師 「力は出せる雰囲気です」



福島記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島記念】追って一言2017年11月9日(木) 05:01

 ◆ウインブライト・畠山師 「動きがいいし、ハンデ54キロで改めて」

 ◆ケイティープライド・角田師 「3週続けてびっしりやっているので仕上がっている」

 ◆サンマルティン・国枝師 「状態はいいし、追い切りはこれで十分。前走の内容も良かったので期待」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「動きはよかったし、順調にきている」

 ◆ジョルジュサンク・鮫島師 「時計はかかったが動きはよかった」

 ◆スズカデヴィアス・橋田調教師 「動きは良かった。近走の中でも状態は一番いい」

 ◆ツクバアズマオー・田中助手 「身のこなしや脚のさばきが前回とは全く違っている」

 ◆ヒストリカル・音無師 「小回りは合うし、年齢は感じない」

 ◆フェルメッツァ・松永幹師 「動きは良かった。これで変わってくれると思う」

 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「状態面はいいし、福島のほうがいい」

 ◆フルーキー・辻野助手 「ブリンカーを着用。いい方にでれば」

 ◆ベルーフ・池江師 「時計のかかる馬場なら」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「変わりなく順調」

 ◆マイネルディーン・高橋助手 「53キロのハンデを生かしたい」

 ◆マイネルミラノ・丹内騎手 「気分よく競馬ができれば…」

 ◆マサハヤドリーム・今野師 「力は出せる雰囲気ですね」

福島記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島記念】特別登録馬2017年11月5日() 17:30

[もっと見る]

【エリザベス女王杯】特別登録馬2017年10月29日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】シュヴァルグラン、ジャパンCへ 2017年10月12日(木) 05:00

 ★京都大賞典3着シュヴァルグラン(栗・友道、牡5)、13着サウンズオブアース(栗・藤岡、牡6)はジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)へ。8着カレンミロティック(栗・平田、セン9)は、アルゼンチン共和国杯(11月5日、東京、GII、芝2500メートル)へ。

 ★毎日王冠2着サトノアラジン(栗・池江、牡6)は、天皇賞・秋(29日、東京、GI、芝2000メートル)に向かう。6着マカヒキ(栗・友道、牡4)も引き続き内田騎手で、8着ソウルスターリング(美・藤沢和、牝3)も同レースへ。9着ヒストリカル(栗・音無、牡8)は、福島記念(11月12日、福島、GIII、芝2000メートル)へ田中勝騎手で向かう。

 ★大原Sを勝ったプリメラアスール(栗・鈴木孝、牝5)は、エリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)、同日の福島記念(福島、GIII、芝2000メートル)かアンドロメダS(11月18日、京都、OP、芝2000メートル)を視野に入れる。

 ★ポートアイランドS3着キョウヘイ(栗・宮本、牡3)は、カシオペアS(29日、京都、OP、芝1800メートル)へ。

 ★新潟記念を勝ったタツゴウゲキ(栗・鮫島、牡5)は、チャレンジC(12月2日、阪神、GIII、芝2000メートル)に向かう。

シュヴァルグランの競走成績はこちら

[もっと見る]

【博多ステークス】入線速報(小倉競馬場)2017年8月13日() 15:39

小倉11R・博多ステークス(2回小倉6日目 小倉競馬場 芝・右2000m サラ系3歳以上1600万下)は、1番手3番マサハヤドリーム(単勝4.6倍/3番人気)、2番手8番プリメラアスール(単勝16.1倍/6番人気)、3番手7番サンライズタイセイ(単勝15.7倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-8(39.6倍) 馬単3-8(66.4倍) 3連複3-7-8(137.2倍) 3連単3-8-7(648.9倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017081310020611
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【マーメイドS】レースを終えて…関係者談話2017年6月12日(月) 05:04

 ◆幸騎手(クインズミラーグロ2着) 「もうひと押しですけどね。勝ち馬がうまくペースを作っていたぶんの差だと思います」

 ◆中谷騎手(アースライズ3着) 「きれいに前があいたから、いけると思ったけどね。もう1列前を取れればよかったけど、少し(ハミを)かんでいたから出していきにくい。成長しているので自己条件なら」

 ◆秋山騎手(キンショーユキヒメ4着) 「じりじり伸びているけど、瞬発力がない。馬場が渋って上がりがかかれば、もっとやれるんですけどね」

 ◆福永騎手(ビッシュ5着) 「イメージ通りのレースができたけど、もうひと伸びが欲しかった」

 ◆田中健騎手(ハツガツオ6着) 「(追い出しを)ぎりぎりまで我慢しました。しっかりと脚は使ってくれました」

 ◆尾関師(バンゴール7着) 「3コーナーを上がる感じが良く、最後はもう少し伸びると思った」

 ◆酒井騎手(プリメラアスール8着) 「道中で楽をしていたけど、ガツンとこなかった。かわされた後もパタッとは止まっていませんが…」

 ◆武豊騎手(トーセンビクトリー9着) 「よく分からない。つかみどころがないというのか…。逃げた馬もかわせなかった。波がある」

 ◆高倉騎手(リーサルウェポン10着) 「ゲートのタイミングが合わなかったことが響きました」

 ◆北村友騎手(ローズウィスパー11着) 「もう少し前めでレースをしたかった」

 ◆松若騎手(ショウナンバーキン12着) 「外枠だったから、出していったんですが…」

★11日阪神11R「マーメイドステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

47件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。