ロゴタイプ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

ロゴタイプの関連ニュース

 牡馬クラシック3冠最終戦「第78回菊花賞」(GI、芝3000メートル)が、22日に京都競馬場で行われる。ダービー1〜3着馬が不在で混戦ムードが漂うなか、神戸新聞杯の2着好走で一躍注目を浴びているのがキセキだ。鞍上は菊花賞を勝てば外国人初の3冠ジョッキーとなるミルコ・デムーロ(38)=栗東・フリー。“頼れるイタリアン”はゾッコン惚れ込んでいる素質馬とともに、大輪を目指す。

 −−今年の菊花賞キセキがパートナー

 ミルコ・デムーロ騎手「素晴らしい馬に乗せてもらえます。能力が高くて、とってもいい馬です」

 −−初コンビを組んだ2走前の新潟・信濃川特別は古馬を相手にV。上がり3F32秒9のすごい切れ味だった。続く神戸新聞杯はダービー馬レイデオロの2着

 「新潟のときはすごく、いい勝ち方ができました。前走は菊花賞の練習と思って、それをイメージして乗りました。落ち着いていて、折り合いがとてもついていた。スタートはいつも遅いし、3、4コーナーの間で内でゴチャゴチャしてしまって、あんまりスムーズではなかったけど、最後まで一生懸命に走ってくれました」

 −−3000メートルへの手応えも得られた

 「距離が初めてなのは、どの馬もみんな同じで大変だけど、2400メートルで折り合いがついていたし、最後まで伸びてきたから、問題はないと思います」

 −−18日の追い切りは芝コース馬なりでラスト1F11秒9

 「動きは素晴らしかった。追い切りでもいつも一生懸命に走る馬で、今回も同じだった。前走で少し馬体は減っていた(マイナス12キロ)けど、それも問題なかった」

 −−淀の坂越えの長丁場。レースプランは

 「3000メートルは初めてだし、できれば中団で流れに乗っていきたい。どんなペースになるかも分からないけど、道中、折り合いをつけて運びたいですね」

 −−今週末も雨の予報が出ている。道悪はこれまで経験していない

 「そういう馬場は悪くないと思います。追い切りも雨の影響で芝は少し重かったけど、走りは全然問題なかった。たぶん大丈夫」

 −−ダービーの上位3頭が不在で、混戦模様といわれている

 「ライバルはいっぱいいます。でも、レイデオロが走らないのは良かったかな(笑)。強いのは中山で勝った(横山)ノリさんの馬(ミッキースワロー)です」

 −−ライバルを押さえて優勝すれば、今年のGI4勝目。皐月賞(03年ネオユニヴァース、04年ダイワメジャー、13年ロゴタイプ、15年ドゥラメンテ)、ダービー(03年ネオユニヴァース、15年ドゥラメンテ)と合わせて、日本の牡馬3冠完全制覇がかなう

 「今年、クラシックをひとつも勝っていないので、どうしても勝ちたい。素晴らしい馬で能力には自信があります。ぜひ応援してください」

★角居厩舎3勝目へ調整万全

 キセキは19日朝、いつもの追い切り翌日と同様に、運動のみの微調整を行った。「追い切りは馬の後ろでよく我慢できていた。あとは競馬までしっかりカイバを食べてくれればいい。今のところ食べているし、リラックスしていますよ」と辻野助手。角居厩舎は04年デルタブルース、13年エピファネイア菊花賞を勝っており、「キセキは距離が延びてどうかだけど、春より力をつけているし楽しみ」と、3勝目へ手応え十分だ。



★“デム&ルメ”で今季GI7勝

 今年のGIはデムーロとクリストフ・ルメール(38)=栗東・フリー=の“デム&ルメ”コンビが席巻している。先週までデムーロ3勝、ルメール4勝で、今年行われた平地GI14レースのうち半分を制している。なおGIでの直接対決は12レースあるが、デムーロ4勝、ルメール8勝となっている。

 また、2人はJRAリーディングでも熾烈な争い。現在のトップは戸崎圭太騎手(37)=美浦・田島厩舎=の145勝で、ルメールが141勝、デムーロが137勝で追う。あと2カ月半の間に、順位は激しく入れ替わりそうだ(数字はすべて16日現在)。



 ■ミルコ・デムーロ 1979年1月11日生まれの38歳。イタリア・ローマ出身。弟のクリスチャンも騎手として活躍中。本国で97年から4年連続でリーディングに輝く。短期免許での初来日は99年で、2003年に皐月賞ネオユニヴァース)でGI初制覇。15年にJRA騎手免許試験に合格し、クリストフ・ルメールとともに外国人初の通年免許を取得した。これまでに重賞68勝(うちGI21勝)を含むJRA通算741勝をあげている。

(夕刊フジ)

菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

ロゴタイプが富士Sを回避 2017年10月13日(金) 05:02

 秋初戦の富士Sを目標に調整を進めていたロゴタイプ(美・田中剛、牡7)は、体調が整わないために同レースを回避することなった。「背中などに少し疲れがあったので、水曜(11日)に放牧へ出しました」と田中剛調教師。回復次第でマイルCS(11月19日、京都、GI、芝1600メートル)や阪神C(12月23日、阪神、GII、芝1400メートル)への参戦を検討する。

★ロゴタイプの競走成績はこちら

[もっと見る]

【若駒ピカイチ】ボウルズ2017年9月20日(水) 05:01

 《戦評》スタートは今ひとつで、後方で折り合いをつける。かなりのスローペースだったため、序盤はやや行きたがるそぶりを見せたが、その後はスムーズな走り。4コーナーで大外を回って手応えよく先団に取りつくと、稍重の馬場で上がり3ハロン33秒5の瞬発力を発揮。着差こそクビだったが、最後も目一杯に追われておらず、余力のある勝ちっぷりだ。

 《血統》近親に1993年のローズSを制したスターバレリーナがおり、その他にもロゴタイプやパドトロワなど活力ある母系。牝馬ながら見栄えのする好馬体は、新種牡馬の父エイシンフラッシュ譲りといえる。

 《将来性》前向きなタイプで、今後は精神面の成長がポイントとなりそうだが、レースぶりからは距離延長にも対応できそうだ。小牧騎手も「もっとワーッと行くかと思っていたので、イメージしていた競馬とは違ったけどうまくいった」と内容を評価する。

[もっと見る]

【古馬次走報】アエロリット、秋華賞へ直行2017年9月13日(水) 05:00

 ★NHKマイルCとクイーンSを連勝したアエロリット(美・菊沢、牝3)は秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)へ直行する。紫苑S2着カリビアンゴールド(美・小島太、牝3)、3着ポールヴァンドル(美・上原、牝3)、4着ブラックオニキス(美・加藤和、牝3)も秋華賞へ。

 ★コリアC2着クリソライト(栗・音無、牡7)は順調ならJBCクラシック(11月3日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を目標にする。

 ★安田記念2着ロゴタイプ(美・田中剛、牡7)は予定通り、富士S(10月21日、東京、GIII、芝1600メートル)で秋のスタートを切る。

 ★産経賞セントウルS2着ラインミーティア(美・水野、牡7)はスプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)。3着ダンスディレクター(栗・笹田、牡7)は引き続き浜中騎手で同レースへ。

 ★京成杯オータムHを左前挫跖(ざせき)で取り消したダノンプラチナ(美・国枝、牡5)は状態に問題がなく、ポートアイランドS(10月1日、阪神、OP、芝1600メートル)を予定。11着ボンセルヴィーソ(栗・池添学、牡3)も同レースへ。

 ★ながつきSを勝ってオープン入りを果たしたウインオスカー(栗・飯田雄、牡4)は東京盃(10月4日、大井、交流GII、ダ1200メートル)へ。

 ★サマーチャンピオンを勝ったラインシュナイダー(栗・沖、牡5)は登録があるオーバルスプリント(20日、浦和、交流GIII、ダ1400メートル)は除外対象で繰り上がり順1位。出走できない場合、グリーンチャンネルC(10月9日、東京、OP、ダ1400メートル)に向かう。

[もっと見る]

【関屋記念】連覇へ!さあ巻き返すよヤングマン 2017年8月9日(水) 05:05

 今週の新潟メインは、好メンバーがそろって激戦ムードの関屋記念。そのサマーマイルシリーズ第2戦に連覇をかけて出陣するのがヤングマンパワーだ。一昨年も3着で舞台適性は随一。好調な手塚厩舎の勢いに乗って、2001、02年のマグナーテン以来、レース史上3頭目の連覇を目指す。

 得意の新潟マイルでパワー全開だ。昨年のこのレースを1分31秒8の好タイムで制したヤングマンパワーが、連覇を狙って出陣する。

 「カイ食いが良く、体をキープできている。前走は枠が外だったし、この馬にとっては厳しいペース。前に行って残ったのはロゴタイプ(2着)ぐらいだからね。この時期は例年、状態がいいし、コース適性の高さで期待しているよ」

 森厩務員が巻き返しに意欲を見せる。前走後は放牧でリフレッシュし、ここを目標に立て直しを図った。前走は坂路中心のメニューで挑んだが、今回はWコース主体のメニュー。気を抜かせないように調整され、気配の良さが伝わる。関屋記念は一昨年も勝ち馬から0秒2差の3着と相性抜群のレース。安田記念16着からの大変身は十分に考えられる。

 1週前は初コンビを組む石橋騎手が騎乗し、美浦Wコースで3頭併せ。5ハロン68秒1−12秒9で僚馬と楽に併入した。「雰囲気がいい。実績のある馬だし、いい結果を出したい」とジョッキーも好感触を得た様子だった。

 「帰ってきた当初は気持ちが緩んでいた感じがしましたが、今はそんな感じはなく、順調に来ています。文句のつけようがなく、言い訳がきかない舞台。一変を期待できる状態にありますよ」と大村助手も自信の表情だ。そして、厩舎の調子もいい。今夏の新潟競馬では【2・2・1・5】。連対率40%、複勝率50%の好成績を残している。

 メンバー中最多タイのマイル戦5勝、重賞3勝を誇る昨年の覇者。5歳になった今年も、ヤングマンパワーが素晴らしい走りを見せてくれるに違いない。(花田隆)

★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【安田記念】ロゴタイプ、クビ差連覇ならず2017年6月5日(月) 05:04

 第67回安田記念(4日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億300万円=出走18頭)連覇はあとわずかのところでするりと逃げてしまった。8番人気のロゴタイプは、昨年同様にマイペースの逃げ。ゴール寸前まで粘ったが、最後は勝ち馬の末脚に屈して、2008、09年のウオッカ以来、史上3頭目の連覇の夢はクビ差で逃した。

 「あれで残れないんだからね…。ハナに行って自分の競馬はできたし、時計的にはよく走っています」と田辺騎手が悔しそうに振り返った。昨年より1秒5速い1分31秒5で走っているだけに、田中剛調教師は「一瞬、夢を見ました。でも7歳でこれだけのパフォーマンス。偉い馬です」とたたえた。この後は様子をみてになるが、ジャックルマロワ賞など海外遠征も選択肢に入っている。

★4日東京11R「安田記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【安田記念】ロゴタイプ、連覇へ1秒先着 2017年6月1日(木) 05:04

 連覇に向けて視界は良好だ。中山記念3着から参戦のロゴタイプは、Wコースでキーフォーサクセス(500万下)を相手に1秒先着。直線で末脚を伸ばして5ハロン64秒5、3ハロン37秒7−12秒5をマークした。

 「リズムよく、大きなアクションをしないでも楽に動けていい感じでした」と田辺騎手は好感触。先々週に落馬し、先週の騎乗を取りやめた影響はなさそうだ。「連覇するのは難しいことだけど、去年勝ったのが“ラッキー”だけではなかったことを示したい」とV2への意欲を見せた。

安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【安田記念】ロゴタイプ陣営強気2017年5月31日(水) 10:49

 連覇を狙うロゴタイプは田辺騎手を背に美浦Wコースで併せ馬。抑え切れない手応えで外からキーフォーサクセスに並びかけ、一気に5馬身突き放した。重心の低い走りはさながらチーターのようで鋭さ満点だった。

 「先週の段階でほぼできているので、最後だけ気合をつけるような感じで。まだ衰えはない」と田中剛調教師。フレグモーネでダービー卿CTを回避するアクシデントがあったが、「すぐに乗り出せたくらいで影響は最小限。昨年より歩き方はすごく良くなっている」と強気だ。(夕刊フジ)

安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【安田記念】ロゴタイプ、フレグモーネも放牧で立て直し2017年5月31日(水) 05:04

 連覇を狙うロゴタイプは、昨年同様、中山記念(3着)のあとはダービー卿CTを使って本番に向かう予定だったが、レース1週前にフレグモーネ(皮下の組織に見られる急性の化膿性疾患)を発症。しかし、放牧で立て直され、調整は順調に進んでいる。「頭の位置、首の使い方、トモの入り方がしっかりして、去年より、常歩(なみあし)が良くなっています。フレグモーネもすぐに発見できて対応できましたし、問題はありませんよ」と田中剛調教師は状態の良さに自信を示した。

安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【安田記念】ロゴタイプ、連覇へ文句なし 2017年5月25日(木) 05:02

 《美浦》連覇を狙うロゴタイプ田中剛、牡7)は、Wコースで5ハロン65秒2−12秒5を直線一杯に追われてマーク。時計、動きとも文句なく、田中剛調教師は「きょうが(実質的な)本追い切り。去年より雰囲気がいい」と上機嫌。

 マイラーズCを勝ったイスラボニータ(栗田博、牡6)は、Wコースで5ハロン67秒5−12秒7を馬なりでマーク。鋭い反応を見せた。「気分良く走らせた。馬が精神的にどっしりしてきたし、この中間もすこぶる順調に来ているのは何より」と栗田博調教師。

 《栗東》大阪杯2着のステファノス(藤原英、牡6)はCWコースで6ハロン85秒4−12秒2を馬なりでマークして、僚馬に1馬身半先着。戸崎騎手は「状態は良さそう。反応も良くなっている」と好感触だ。

 マイラーズC2着のエアスピネル(笹田、牡4)は4ハロン50秒8−12秒3という坂路の一番時計を馬なりでマーク。僚馬に1馬身先着した。「いい動き。今年前半の目標に向け、しっかりと仕上げてきた」と笹田調教師。

 ブラックスピネル(音無、牡4)とアンビシャス(牡5)は坂路で併せ、ブラックが4ハロン52秒0−13秒0で2馬身先着。「ブラックは順調だね。アンビシャスもけいこ駆けしないから遅れたのは仕方がない」と音無調教師。

 

[もっと見る]

ロゴタイプ、フレグモーネ発症でダービー卿CT回避2017年3月23日(木) 05:00

 来週のダービー卿CTを予定していたロゴタイプ(美・田中剛、牡7)は、フレグモーネを発症したため、同レースを回避。宮城県の山元トレセンへ23日、放牧に出される。「(22日に)乗って確認しましたが、症状は治まっています。当面の目標(安田記念)はありますが、まずは牧場で状況を確認してからになります」と田中剛調教師。

ロゴタイプの競走成績はこちら

[もっと見る]

【中山記念】ロゴタイプ力強く12秒52017年2月23日(木) 05:10

 4年連続の参戦となるロゴタイプは、Wコースで田辺騎手を背に単走。長めから入って直線でびっしりと追われ、6ハロン81秒9、3ハロン37秒2−12秒5。海外遠征帰りの疲れを感じさせない力強い脚さばきを見せた。田辺騎手は「先週はしまいでモタモタしていたので、きょうは気合をつけてしまいの反応を見た。まだ休み明けの感じがあるので、このひと追いで変わってくれれば」と慎重なジャッジ。「7歳でもまだまだ元気だし、中山の開幕週は合うと思う」と地力に期待している。

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】ロゴタイプ荒れ馬場苦にせぬ動き2017年2月22日(水) 14:19

 香港の疲れもなく、美浦Wコースで田辺騎手を背に直線をビッシリ追われた。馬場の荒れた時間帯でもラスト1F13秒1を出せるあたり、さすがGI2勝馬だ。ただ、鞍上のジャッジは辛め。

 ■田辺騎手「少し休み明け感があるかな。先週モタモタしていたので今週も気合をつけた。これで変わってくれれば」

(夕刊フジ)

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】ロゴタイプ、“4度目の正直”2017年2月22日(水) 05:04

 GI3勝と実績最上位のロゴタイプは、過去3年が(3)(2)(7)着で4年連続の中山記念参戦。前走の香港マイルは5着と健闘したが、ゲートで待たされて出遅れ、田中剛調教師は悔しさをにじませていた。「前走は馬がすごく良かったので、ゲートが残念でした。遠征帰りでいつもより疲れがありましたが、トレセンに帰ってきてからはいつも通りに順調です。安田記念の連覇に向けていいスタートを切りたいですね」と気合が入っている。

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】ロゴタイプ、好感触13秒02017年2月16日(木) 05:01

 《美浦》香港マイル5着以来のロゴタイプ田中剛、牡7)はWコース5ハロン69秒4−13秒0を単走でマーク。「雰囲気はいいですし、いいスタートが切れそうです」と自ら手綱を取った田中剛調教師は好感触を口にする。

 香港ヴァーズ4着のヌーヴォレコルト斎藤誠、牝6)はWコースで直線一杯に追われて6ハロン81秒6−12秒6。外アーバンキッド(1600万下)と併入した。「先週より動きがガラッと良くなった。馬体は多少太めだけど、来週やればちょうど良くなるでしょう」と斎藤誠調教師。

 《栗東》ジャパンC5着以来のリアルスティール(矢作、牡5)が、CWコースで6ハロン78秒9−12秒3の好タイムをマーク。僚馬のタイセイラビッシュ(500万下)に6馬身先着した。「順調にきています。このまま無事にレースまで行ってくれれば」と安藤助手。

[もっと見る]

17件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。