最新競馬コラム

【濃霧注意報DX】~有馬記念(2017年)展望+ホープフルS注目馬短評~

2017年12月22日(金) 15:00

 2,106



 12月ももう中盤を過ぎ、中央競馬の開催も23日、24日、28日を残すのみ。
 本来であれば締めに向けて気持ちが高ぶってくる時期なのですが、先々週、先週、そして今週に至るまで床に臥せっていた私には、どうにも元気が足りません。
 初めに熱が出て喉が痛くなり、3日間ほど苦しんだ後に症状が和らぎ、「よしこれで全快!」と思っていたら今度は咳が止まらず、熱と喉の痛みがぶり返し、喉が嗄れてオネエみたいな声になるというオマケ付き。今この原稿を書いている段階でも咳は止まっていませんし、声も出ません。
 一時はインフルエンザも疑ったのですが、検査の結果はただの風邪。
 これまでも数えきれないくらい風邪は引いてきたつもりですが、今回のような……別種のウイルスに二度やられたような長期化は初めてでした。周りの人達に聞いても、今年の風邪はタチが悪いという声ばかり。皆さんも気を付けてくださいね、割とマジでしんどいので!(泣)
 ……と、泣き言ばかりこぼしていても時間は待ってくれません。年末の大一番・有馬記念はもう数日後。当コラムも、今年はこれが最終回です。しっかりと有馬記念(とホープフルS)を的中させて、”終わり良ければ全て良し”と行きたいところ。
 それでは、有馬記念&オマケのホープフルS展望、まいります。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354




 今年の古馬王道路線全てにおいて最も様々な意見が飛び交っていたのが、”キタサンブラックをどうするか”という点。
 ラストランとなる有馬記念も例外ではなく、本馬が取りこぼすことの多い叩き3戦目だったり、極悪馬場の天皇賞(秋)と真っ向から力勝負を仕掛けたジャパンカップを使ったことによる疲労の蓄積……などなど、嫌う要素はいくつもあります。
 ……が、今回の出走馬達を見てみると、未知の部分の多い3歳馬を除けば、本馬を上回るパフォーマンスを発揮できる可能性があるのは・・・

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月22日()
マイラーズC G2
フローラS G2
4月21日()
福島牝馬S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月15日()
皐月賞 G1
アンタレスS G3
4月14日()
中山GJ G1
アーリントン G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る