最新競馬コラム

【山崎エリカのダートグレード攻略】〜白山大賞典2017年〜

2017年10月2日(月) 14:49

 864

 世界最高峰の凱旋門賞が終わり、今週は3日間連続でダートグレードが行われます。その第1弾は、日本海側唯一の金沢競馬場で行われる白山大賞典。この時期は『Road to JBC』と称して、日本テレビ盃、東京盃、レディスプレリュード、マイルチャンピオンシップ南部杯などのJBC指定競走が行われていますが、唯一それに所属しないのがこのレース。

 金沢でJBCが行われた2013年は、1着馬に高額賞金が用意されていたこともあり、同年の川崎記念の勝ち馬ハタノヴァンクールが出走してきたこともありました。しかし、基本的にJBCに繋がるというよりは、この先の浦和記念、名古屋グランプリへと繋がって行くレース。長距離志向が強く、過去1年以内にG2以上のダ2000m以上戦で連対実績のあった馬が活躍しています。

 過去1年以内にG2以上のダ2000m以上戦で連対実績のあった馬のこのレースでの成績は、過去10年で【7・4・5・2】。昨年のこのレースを優勝したケイティブレイブや2着馬アムールブリエを始めとする、多くの馬が活躍しています。一方、4着以下に敗れたのは、2012年のピイラニハイウェイ、2013年のランフォルセ。それぞれ4着、5着でした。しかし、この2頭は、前走で1.1秒差以上大敗していた馬。つまり、過去1年以内にG2以上のダ2000m以上戦で連対実績がある馬ならば、ここで3着以内を死守する可能性が高いということになります。

 さらにこのレースの穴馬は、2006年に7番人気で2着入線したビッグドンや2010年に5番人気で2着入線したジャングルスマイルなどの金沢所属の馬たち。この2頭の共通項は、地元のトップクラスが集結する同年の百万石賞(当時はダ2300m、現在はダ2100m)の勝ち馬で、近3走とも3着以内だった馬です。2013年に地元のナムラダイキチが2番人気で2着入線したこともありましたが、この馬の場合は、百万石賞で2着に敗れて以降、連勝を重ねたタイプ。同年の百万石賞で優勝かつ、近走では崩れていない地元馬の一発には注意しましょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 過去1年以内にG2以上のダ2000m以上戦で連対実績のある馬。(前走で1.0秒以内に好走していることが条件)

 ●穴馬候補
 同年の百万石賞の勝ち馬で、近3走とも3着以内の金沢所属馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

関連キーワード

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連コラム

新着コラム

人気コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

10月29日()
天皇賞(秋) G1
10月28日()
毎日スワンS G2
アルテミスS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月22日()
菊花賞 G1
10月21日()
富士S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
67,345万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 キセキ 牡3
21,316万円
6 ディアドラ 牝3
20,361万円
7 アエロリット 牝3
18,391万円
8 リスグラシュー 牝3
17,854万円
9 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
10 モズカッチャン 牝3
13,758万円
» もっと見る