最新競馬コラム

【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2017スプリンターズS~

2017年9月29日(金) 14:00

 1,764



旧勢力vs新興勢力のスプリンターズステークス
この夏に勢力図の入れ替わりは、あったのか?

__________________________

 いよいよ、待ちに待った秋のG1シーズンが到来。春も秋も私が得意の芝1200mのG1からスタートするため、せっかく好発を決めてもだんだん尻窄みのG1予想成績になってしまうこと多いのですが、この秋は序盤でリードを奪って最後まで逃げ切る予定です。密かにかつてのスプリンターズSの覇者カルストンライトオのように、逃げ切り圧勝を狙っておりますので、どうか最後までお付き合い下さい<(_ _*)>。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


 そんなこんなで、まずは当てたい秋のG1第1弾のスプリンターズS。今年のスプリンターズSは、世間では“大混戦ムード”と言われています。それもそのはず、今年のサマースプリントシリーズで次々と新興勢力が現れたからです。函館スプリントSも、CBC賞も、アイビスサマーダッシュも、北九州記念も、キーンランドCも、セントウルSも、全て古馬重賞初制覇の馬ばかり。

 さらに春の高松宮記念を制したセイウンコウセイが函館スプリントSで4着に敗れたことで、一見、勢力図が入れ替わったかのように見えますが、実は全く勢力図が入れ替わっていません。それまでにオープン特別勝ちの馬はおろか、準オープン勝ちの馬やそれさえも勝ったことがない馬が、この夏の重賞で即通用したのはレベルが低いからです。実際にPP指数の決着指数を見ても、函館スプリントSがややレベルが高い程度で、他は準オープンとそれほど変わらない決着でした。

 セイウンコウセイが函館スプリントSで4着に負けたのは、高松宮記念好走後の休養明けの一戦だったことや・・・

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月22日()
マイラーズC G2
フローラS G2
4月21日()
福島牝馬S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月15日()
皐月賞 G1
アンタレスS G3
4月14日()
中山GJ G1
アーリントン G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る