最新競馬コラム

最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.1・G1天皇賞(春)編〜

2016年4月27日(水) 12:01

 7,291



当コラムは、ウマニティ「プロ予想MAX」が週半ば時点の“今のあなた”にお届けする予想系スペシャルコラムです。(コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。)

本日のターゲットは、5/1(日)G1天皇賞(春)
今回は、ウマニティ公認プロ予想家の中からスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓の5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て4/25(月)時点のものです。

●プロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近9年中8年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適正が向く馬を狙う予想スタイル。

●各馬へのコメント
ゴールドアクター
 スガダイ おそらくこの馬が1番人気だと思うんだけど、有馬記念日経賞も展開的に恵まれていたのは間違いないし、完璧な騎乗だったからね。レース運びが上手いし、状態もかなり良さそうだから今回も大崩れは考えにくいけど、京都だとキレ負けする危険性があるし、出入りの激しい競馬になった時にどうなるか。そもそも長距離戦は全体のレベルが低下していて、このレースは1番人気が9連敗中。今回のメンバーもやる度に着順が変わる構成だと思うんだ。1番人気馬から買うこと自体が馬券的にはハイリスクローリターンだと思うよ。その意味で今のところ◎にはしないつもり。
 サラマッポ どこからでも折り合って運べるほどレースセンスが良く、ペースや馬場も不問。はっきり言って弱点が見つからないですね。菊花賞では今回も出ている2頭に負けての3着だったが、これは内有利な馬場で2頭よりも外を回らされたロスの分負けただけ。胸に深さもあり、3200mに対するスタミナ面での不安もない。古馬になり力を付けており、僕は今回も馬券圏内は堅そうなイメージをもっています。
 河内一秀 指数面では、昨秋の復帰以降は3戦続けてG1レベルの好指数を記録しているよ。好位で流れに乗ってのもので信頼性も高い。前走はやや指数を下げたけど、本番に向けての一叩きとすれば悲観材料にはならないと思う。
 くりーく 調教面では、前走の日経賞時の追い切りではまだ重たい感じの動きに見えましたが20日の1週前追い切りでは併走相手を追いかけ仕掛けられると内から一気に抜き去り前走を使われて確実に良くなっているように見えました。今回は関西への輸送もあるのでこの調子なら今週は馬なりでテンションを上げないような追い切りで十分仕上がりそうです。 
 加藤拓 血統的には、スクリーンヒーロー産駒自体の長距離(2500m以上)出走自体がほとんどなく、馬券になっているのはゴールドアクターのみといった現状です。そういう意味ではまだまだ未知数な種牡馬ですが、モーリスのように覚醒したロベルト系の馬は爆発的な強さを保ち続けるように、今回も有力馬の一頭でしょう。ただ、ロベルト系自体は天皇賞春ではそれほど結果が出ていない。実力通りには走るかもしれないが、血統的な上積みはそれほどないと考えてもいいのでは?

キタサンブラック
 河内一秀 菊花賞の指数は中の下レベルで展開や鞍上のファインプレーにも恵まれての勝利だし、有馬記念は比較的距離適性が問われないレースだった。近2走はG1レベルをクリアしているけど、長距離への適性と言う意味では今回が試金石になると思う。
 サラマッポ 血統の字面からは想像できないほど、......

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。

続きを読む

登録済みの方はこちらからログイン

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連コラム

新着コラム

人気コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

10月22日()
菊花賞 G1
10月21日()
富士S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月15日()
秋華賞 G1
東京ハイJ G2
10月14日()
府中牝馬S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る