最新競馬コラム

最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.1・G1天皇賞(春)編〜
執筆者:競馬プロ予想MAX 2016年4月27日(水) 12:01
閲覧7,008ビュー   コメント 0     ナイス 11



当コラムは、ウマニティ「プロ予想MAX」が週半ば時点の“今のあなた”にお届けする予想系スペシャルコラムです。(コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。)

本日のターゲットは、5/1(日)G1天皇賞(春)。
今回は、ウマニティ公認プロ予想家の中からスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓の5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て4/25(月)時点のものです。

●プロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近9年中8年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適正が向く馬を狙う予想スタイル。

●各馬へのコメント
ゴールドアクター
 スガダイ おそらくこの馬が1番人気だと思うんだけど、有馬記念も日経賞も展開的に恵まれていたのは間違いないし、完璧な騎乗だったからね。レース運びが上手いし、状態もかなり良さそうだから今回も大崩れは考えにくいけど、京都だとキレ負けする危険性があるし、出入りの激しい競馬になった時にどうなるか。そもそも長距離戦は全体のレベルが低下していて、このレースは1番人気が9連敗中。今回のメンバーもやる度に着順が変わる構成だと思うんだ。1番人気馬から買うこと自体が馬券的にはハイリスクローリターンだと思うよ。その意味で今のところ◎にはしないつもり。
 サラマッポ どこからでも折り合って運べるほどレースセンスが良く、ペースや馬場も不問。はっきり言って弱点が見つからないですね。菊花賞では今回も出ている2頭に負けての3着だったが、これは内有利な馬場で2頭よりも外を回らされたロスの分負けただけ。胸に深さもあり、3200mに対するスタミナ面での不安もない。古馬になり力を付けており、僕は今回も馬券圏内は堅そうなイメージをもっています。
 河内一秀 指数面では、昨秋の復帰以降は3戦続けてG1レベルの好指数を記録しているよ。好位で流れに乗ってのもので信頼性も高い。前走はやや指数を下げたけど、本番に向けての一叩きとすれば悲観材料にはならないと思う。
 くりーく 調教面では、前走の日経賞時の追い切りではまだ重たい感じの動きに見えましたが20日の1週前追い切りでは併走相手を追いかけ仕掛けられると内から一気に抜き去り前走を使われて確実に良くなっているように見えました。今回は関西への輸送もあるのでこの調子なら今週は馬なりでテンションを上げないような追い切りで十分仕上がりそうです。 
 加藤拓 血統的には、スクリーンヒーロー産駒自体の長距離(2500m以上)出走自体がほとんどなく、馬券になっているのはゴールドアクターのみといった現状です。そういう意味ではまだまだ未知数な種牡馬ですが、モーリスのように覚醒したロベルト系の馬は爆発的な強さを保ち続けるように、今回も有力馬の一頭でしょう。ただ、ロベルト系自体は天皇賞春ではそれほど結果が出ていない。実力通りには走るかもしれないが、血統的な上積みはそれほどないと考えてもいいのでは?

キタサンブラック
 河内一秀 菊花賞の指数は中の下レベルで展開や鞍上のファインプレーにも恵まれての勝利だし、有馬記念は比較的距離適性が問われないレースだった。近2走はG1レベルをクリアしているけど、長距離への適性と言う意味では今回が試金石になると思う。
 サラマッポ 血統の字面からは想像できないほど、......
馬体の各パーツ(アシなど)が長く、菊花賞を勝ったのも頷ける。着順も安定しているけど、ほとんどが展開や馬場に恵まれたもので、着順通りの評価はできないですね。特にハナにたった近2走は道中で耳を立てるほどリラックスして走っており、相当気分よく走れた結果でしょう。今回、番手追走なら近2走よりはパフォーマンスが落ちるはず。近走の着順と武豊騎乗で上位人気は確実ですが、上記の理由もあり今回は割り引いて考えたいと思っています。
 スガダイ そうだね。本当にこの馬は運がいいというか何と言うか、とにかくセントライト記念以降常に展開的に恵まれ続けているからね。常に人気以上に走っているから馬券的に嫌う必要のある馬ではないと思うけど、今回はもしかしたらゴールドアクターに次ぐ人気になるかもしれない。もし2番人気に支持されるならば馬券的はバッサリ切るのもアリだと思うな。
 くりーく この馬はもともと調教では速い時計の出る馬なんですが前走時の追い切りでは折り合いを欠き、終いも止まるのが早くいかにも休み明けといった印象でした。前走でガス抜きができたのか20日の1週前追い切りではリラックスした走りでだいぶ良くなってきており、最終追い切りでも折り合いがしっかりついているようなら菊花賞ぐらいの出来で出走できそうな印象です。
 加藤拓 父ブラックタイドは全弟ディープと違い、切れ味よりもパワータイプ、差し追い込むよりも先行で押し切るタイプが産駒に多いのが特徴です。京都自体は通算で複勝回収率が100%を超えるように好相性ですが、何せ3200mの距離はまだ走ったことがありません。芝1800mなどに好走例が集中していること、母父サクラバクシンオーであることなどを総合的に考えると、菊花賞馬とはいえ血統的には中距離がベストと言わざるを得ないですね。ただし、ディープが走らないコースでブラックタイドが走るという場面もよく見られます。そういう意味ではこのコースでディープが馬券になり切れてない現状(キズナラストインパクト等)、このコースはブラックタイドのものかもしれませんよ。地味なサンデー系が馬券になりやすいのも天皇賞春の特徴ですから。それにしてもスムーズに省エネで先行できる展開、枠が必須になりそうです。

フェイムゲーム
 くりーく 前走は海外競馬出走後の競馬でしたが追い切りでは遅れていたものの迫力のある動きで予想以上に仕上がっていた模様。この中間もしっかり乗られ20日の1週前追い切りでも迫力のある動きをみせており、ほぼ前走と同じ調整過程で出走できそうです。
 加藤拓 父ハーツクライはスタミナ抜群で長距離重賞に強く、去年の同レースで2・3着するなど、好相性です。一昨年も、ウインバリアシオンが2着と好走していように同レースでは最も注目すべき種牡馬ですね。スタミナ血統であるトニービン持ちが好走するというのがこのレースの特徴でもある以上、トニービン持ちのハーツクライは見逃せませんね。ただし、馬場が高速馬場になってしまうと弱さを見せてしまうことも多く、当日の馬場状況には注意しないといけないですね。
 サラマッポ 無尽蔵のスタミナが武器で、距離は長ければ長いほど良い馬。ただ繋ぎの緩さから、加速するまでに時間がかかるタイプで、上がりの勝負になると厳しいですね。去年はゴールドシップのまくりで展開が向いたため2着に来られた印象。自分からレースを作れるタイプではないので、どうしても展開待ちになるのがネックですね。
 河内一秀 指数面では3000m以上のレースでは安定的に高い指数を記録している馬。前走はトゥインクルの激走の前に大敗したけど、指数的には中の下レベルで臨戦過程を考慮すれば悪くはないと思うよ。
 スガダイ みんないろいろ言ってるけど、この馬の魅力は何といっても鞍上のボウマンでしょ。そのこと忘れてない?ボウマン騎手の去年の日本での騎乗を見ていて驚いたよ。こんな上手いジョッキーがいるかと。騎乗馬のレベルの問題もあって勝ち星の数は大した事はなかったけど、技術は物凄いよ。デムーロとかルメールより全然上。次元が違う。馬はまだ衰えたって感じもないし、ボウマン騎乗なら勝つ可能性もあると思うな。



各馬の見解は、基本的には大崩れのなさそうなゴールドアクターに、やや割り引いて考えたいとの声が聞かれるキタサンブラック、鞍上も含めハマれば怖いフェイムゲームといった構図のようですね。


●その他の馬へのコメント
あと、その他の馬では、河内プロが「前走はメンバー構成は小粒だったが、勝ち馬の指数としては標準より上のレベル。」と評したシュヴァルグランくりーくプロが「坂路での動きが良くなっていて変り身も。」とコメントしているトーホウジャッカル加藤拓プロ推奨の「トニービン持ちということで狙いたいのはアドマイヤドン産駒。」のアドマイヤデウスアルバートあたりも非常に気になります。





それではまた次回、G1NHKマイルC編(5/4頃公開予定)でお会いしましょう!


⇒気になる最終結論は、レース当日のプロ予想MAXでチェック!(予想をアップする時間帯は予想家によって異なります。)

スガダイプロの最新予想ページはこちら
サラマッポプロの最新予想ページはこちら
河内一秀プロの最新予想ページはこちら
くりーくプロの最新予想ページはこちら
加藤拓プロの最新予想ページはこちら
※週末の枠順発表までは直前週結果ページへ遷移します。


☆☆予想家を注目予想家に登録しておくと、いち早く予想が登録されたことを教えてくれる「注目予想お知らせメール」機能がご利用頂けます。


▼「注目予想お知らせメール」機能の設定方法
各種メール設定(または各種メール設定(携帯側))で「注目予想お知らせメール:受信する」にする
注目予想家一覧ページで「メール(配信間隔)」欄で予想家毎のON/OFF、配信間隔の詳細設定を行う


-----------------------------------------------------------------------------------------------------
最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!〜 とは?
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
ウマニティ「プロ予想MAX」の中から指数、馬体・走法、調教、血統......など、様々な予想法分野で活躍中の予想家複数名に、今週末行われる注目競走※1に出走予定の有力馬やその他の気になる馬などの見解をいち早く直撃取材。各予想家から集まったコメント※2を週半ば(火曜または水曜公開)にお届けします!先行取材だからこそ聞ける貴重な情報や、最終予想(プロ予想MAXで提供する買い目付き予想)には載らない一歩踏み込んだ詳細コメントなど、週半ば時点の“今のあなた”にウマニティ「プロ予想MAX」がお届けするスペシャルコラムとなっています。そういった内容で構成されるため、本コラムは公開と同時に最速でお読み頂けるVIPクラブ会員にご入会の上、ご活用頂くことをお勧め致します(レース当日正午からは一般会員の方にも無料開放となります)※3。
※1 コラム対象のレースは、当初G1競走全22Rの予定です。
※2 最終的にコメント馬が対象重賞に出走しない場合も御座いますが予めご了承下さい。
※3 レース当日正午まではVIPクラブ会員限定公開となります。


ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻

ナイス! (11)

このコラムへのコメント

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。
コメントはありません。
会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月26日()
高松宮記念 G1
マーチS G3
3月25日()
日経賞 G2
毎日杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

3月20日(月)
フラワーC G3
3月19日()
阪神大賞典 G2
スプリングS G2
3月18日()
ファルコンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
106,750万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
74,266万円
3 ゴールドアクター 牡6
67,588万円
4 イスラボニータ 牡6
59,751万円
5 ロゴタイプ 牡7
54,091万円
6 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
7 ラストインパクト 牡7
44,359万円
8 メイショウマンボ 牝7
43,520万円
9 ディサイファ 牡8
41,166万円
10 ヒットザターゲット 牡9
40,466万円
» もっと見る

3歳
1 ソウルスターリング 牝3
12,494万円
2 カデナ 牡3
10,012万円
3 サトノアレス 牡3
9,945万円
4 レーヌミノル 牝3
9,653万円
5 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
6 レイデオロ 牡3
8,477万円
7 ウインブライト 牡3
7,471万円
8 ブレスジャーニー 牡3
7,350万円
9 リスグラシュー 牝3
7,268万円
10 ペルシアンナイト 牡3
7,176万円
» もっと見る