最新競馬コラム

河内一秀の「カツラギ的」有馬記念2012前走分析

2012年12月17日(月) 00:00

 781

有馬記念と言えば1年の総決算であると共に、3歳馬と古馬の世代間の争いにも注目が集まる。今年の3歳馬からは皐月賞菊花賞の二冠馬が有馬記念に駒を進めてきたが、果たして古馬に通用するのか検証してみたい。

以下は、過去10年の有馬記念における3歳最先着馬の前走と、最高指数を記録したレースの一覧である。

■2011年
1着 オルフェーヴル
58.5 菊花賞(1着)

■2010年
1着 ヴィクトワールピサ
55.4 ジャパンカップ(3着)
56.3 日本ダービー(3着)

■2009年
2着 ブエナビスタ
56.1 エリザベス女王杯(3着)
56.1 オークス(1着)

■2008年
9着 フローテーション
55.0 ステイヤーズステークス(2着)
56.4 菊花賞(2着)

■2007年
2着 ダイワスカーレット
59.1 エリザベス女王杯(1着)

2008年のフローテーションを除くと、次の二つのパターンに分かれる。

【パターン1】前走で58.5以上の過去最高指数を記録してGIで勝利している。
【パターン2】過去最高指数が56.1以上で、前走の古馬混合GIで3着以内に入線している。

いずれにしても、前走で最高指数を記録するか上位に入線していて、言い換えれば伸び盛りで勢いがある馬が最先着していることが分かる。

次に、今年の出走予定馬の最高指数を見てみよう。

ウェルテクス
54.3 南部特別(4着)

ゴールドシップ
56.7 菊花賞(1着)
57.2 皐月賞(1着)

スカイディグニティ
56.0 菊花賞(2着)


ゴールドシップは前走でGIに勝利しているが、菊花賞の指数は56.7と低く【パターン1】には当てはまらない。
ウェルテクススカイディグニティは、最高指数が56.0以下なので、【パターン2】には当てはまらない。

以上の分析により、今年の3歳馬はレベルが低く、オルフェーヴルを欠いた古馬勢が相手であっても、互角の勝負は難しいと結論づけたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連コラム

新着コラム

人気コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月26日()
ジャパンC G1

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月19日()
マイルCS G1
11月18日()
東スポ2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
149,796万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
68,375万円
5 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
6 サトノクラウン 牡5
48,604万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る